お金借りる今すぐナビ
お金借りる

今すぐお金を借りる手段※本当に即日でお金を借りたい人におすすめの方法【お金借りる今すぐナビ】・ランキングを見てみる >>今すぐお金を借りる最新版ランキング

 

【目次】このページ先読み

今すぐお金を借りる最新版ランキング

総合ランキング
※当サイトおすすめランキング

  • プロミス

    最短10秒での振込も!
    本日中にお金借りる
    あと、7時間36分45秒

    瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。急いでいる方も安心です。

    限度額50万円以下なら所得証明書不要
    審査時間 限度額 金利
    最短30分 最高500万円 4.5%~17.8%

    ここがおポイント

    全銀システム稼働時間拡大に伴い、プロミスは2018年10月15日より原則24時間最短10秒でお振込可能となりました。初めての方でメールアドレス登録とWEB明細の登録で30日間無利息サービスもプレゼント。全国に提携ATMがあるので、返済にも便利。

  • SMBCモビット

    電話も郵送物もなしで安心!
    本日中にお金借りる
    あと、7時間36分45秒

    インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    WEB完結申込は電話連絡なし
    審査時間 限度額 金利
    10秒簡易審査 最高800万円 3.0%~18.0%

    ここがおポイント

    電話も郵送物もないので、誰にも知られることなくインターネットからの申し込みでWEB完結も可能となっています。10秒で簡易審査結果も表示されるので、安心です。提携ATMは約140,000台(2019年9月現在)となっており、銀行やコンビニなど全国で利用することができます。

  • アイフル

    郵送物なしのWEB完結!
    本日中にお金借りる
    あと、7時間36分45秒

    郵送物なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。

    限度額50万円以下なら所得証明書不要
    審査時間 限度額 金利
    最短30分 最高800万円 3.0%~18.0%

    ここがおポイント

    簡単3ステップで借り入れができて、審査は最短で30分です。郵送物が一切なしのWEB完結だからこそ、誰にも知られることなくこっそりと借り入れをすることができます。アプリならスマホがそのままカードに。初めての方であれば最大30日間の利息0円サービスも用意されています。※申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  • アコム

    金利0円サービスが魅力!
    本日中にお金借りる
    あと、7時間36分45秒

    いつでもどこでも使えるカードローンで、最高800万円まで融資が可能となっています。30日間金利0円サービスも魅力です。

    限度額50万円以下なら所得証明書不要
    審査時間 限度額 金利
    最短30分 最高800万円 3.0%~18.0%

    ここがおポイント

    アコムはインターネットや電話による振込での借り入れであれば24時間365日いつでも可能で、全国の店頭窓口やアコムATM、コンビニなどに設置されている提携ATMといった多彩なネットワークでどこでも利用することができます。最高800万円まで融資可能で、初めての方であれば30日間金利0円サービスも。

  • レイク

    初めてなら選べる利息0円!
    本日中にお金借りる
    あと、7時間36分45秒

    初めての申し込みであればふたつの利息0円から選ぶことができます。24時間365日申し込みOKで、最短60分融資も可能。

    限度額50万円以下なら所得証明書不要
    審査時間 限度額 金利
    最短15秒 最高500万円 4.5%~18.0%

    ここがおポイント

    初めての申し込みであれば30日間無利息、または5万円まで180日間無利息が選べるようになっています。インターネットからであれば24時間365日いつでも申し込みがOKで、最短15秒で審査結果を確認することができます。融資は最短で60分で、21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了で当日中の振込も。

 

 

  • 即日融資可能
  • 24時間365日可能
  • 来店不要
  • フリーター主婦可能
  • おまとめローン可能
  • レディース専用ローン
  • 銀行系カードローン
  • スマートフォン対応

 

今すぐお金借りる時の口コミで多い方法・手段

お金というのは、生きていく上で欠かすことのできないものです。家賃を払うのにも食事をするのにも病院に行くのにもお金は必要になってきます。逆に言えば、今の時代はお金があるからこそ生きていくことができるのです。

だからこそ、お金が足りなくなってしまうと毎日の生活に大きな問題が出てくることになります。

かといって、誰もが常に十分なお金を持てるわけではありません。急な出費などでお金が足りなくなってしまうこともあるでしょう。そういった中で、その日のうちにお金をどうにかして用意しなければいけないというシーンも出てくるかと思います。その場合には、即日でお金借りる方法というものを考えていかなければいけません。

結論から言ってしまうと、即日でお金を借りる方法というのは2つあります。ひとつは口コミでも多いのが既に持っているクレジットカードのキャッシング枠を利用するというもので、もうひとつ口コミ・体験談から多いのが消費者金融で午前中に新規手続きをするというものです。
※左右(← →)にスクロールします。

今すぐ借りる口コミで多い方法引き出し可能日備考
既存のクレジットカードのキャッシング枠即日 ATMですぐ出金可能
消費者金融即日午前中に手続きすれば午後には借り入れ可能

 

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

①既に持っているクレジットカードのキャッシング枠を利用

最初に挙げた既に持っているクレジットカードのキャッシング枠を利用するという方法なのですが、これはクレジットカードの発行をする際にキャッシング枠が設定されていることを前提としている方法でもあります。というのも、人によってはキャッシング枠が設定されていない可能性もあるからです。実際に、ショッピング枠のみのクレジットカードを持っているという方も多いでしょう。

クレジットカードを発行する際にキャッシング枠を設定していない場合には、キャッシング枠を設定するところから始めなければいけません。比較的早くにキャッシング枠が設定できる可能性もあるのですが、逆に数日かかる場合もあります。そうなってくると、即日でお金借りるというのは難しくなってきます。だからこそ、即日でお金借りるのにクレジットカードを使う場合には、キャッシング枠が設定されていることを前提に考える必要があるのです。

②消費者金融なら午前中に新規手続きすれば午後には借りられる

即日でお金借りる方法としてもうひとつ挙げられるのが消費者金融で午前中に新規手続きをするというものでした。クレジットカードにキャッシング枠が設定されていないのであれば、消費者金融で午前中に新規手続きをするほうが確実と言えるでしょう。消費者金融というとその言葉の響きだけで不安を感じる方もいるかもしれません。しかしながら、消費者金融というのは身近な存在でありながら、いざというときの心強い味方なのです。

消費者金融というのは、基本的にお金を貸すことが仕事です。言ってしまえば、お金を貸すプロとも言えるでしょう。だからこそ、お金を借りたいという人のニーズをしっかりとくみ取って、サービスに反映させています。その結果、即日融資が可能な消費者金融というのもかなり増えているのです。

しかも、借入れのことを誰にも知られなくないという人のために郵送物が一切ないWEB完結のサービスも多く見られるようになりました。誰かに知られてしまう可能性があるという部分が不安で消費者金融を敬遠していた方でも、今の消費者金融であれば本当に安心して利用することができるのです。

消費者金融に対してあまりいいイメージを抱いていないという方もいるかもしれませんが、それは使い方の問題です。お金をうまく使える人とお金を無駄に使ってしまう人がいるのと同じです。消費者金融というのはあくまでもお金を貸すことをサービスとして提供しているだけですので、それを正しく使っていけば問題は何も起こらないのです。大切なのは信頼できる消費者金融を選ぶことと借り入れをする際に返済のことをきちんと考慮することです。

・関連ページ >>毎月の返済額は少ないが約半分は金利

 

今すぐお金を借りる即日融資可能な消費者金融・会社・中小企業

生きていれば、「今すぐにでもお金が必要!」「今日中にお金が必要!」ということも出てくるでしょう。引き落としがあるのに口座にお金が足りていない、旅行をするのにお金が足りない、断れない急な誘いがあった……人それぞれで事情や理由は異なってくるかと思いますが、急にお金が必要になることは十分にあり得るものです。ただ、だからといって身近な誰かにお金借りるのは難しいでしょう。そういった場合には、即日融資可能となっているカードローン会社を利用しましょう。
※左右(← →)にスクロールします。

 特典
備考
年齢
借り入れ条件
性別
申し込み受付
プロミス初回30日間無利息サービス
瞬フリ
20歳以上69歳以下
安定した収入がある方
男女
24時間365日
SMBCモビット
セブン銀行ATMで入出金可能、最短3分で振込融資可
Myモビ
20歳以上69歳以下
安定した収入がある方
男女
24時間365日
アイフル
30日間何度でも無利息
WEB完結借り入れ可
20歳以上69歳以下
定期的な収入や返済能力を有する方
男女
24時間365日
アコム
借り入れ3秒診断
最高800万円借り入れ可
20歳以上69歳以下
安定した収入と返済能力のある方
男女
24時間365日
レイク
初回5万円まで180日間無利息
全額60日間無利息(キャンペーン中)
20歳以上69歳以下
安定した収入のある方
男女
24時間365日
お金を借りる申し込み条件・必要な審査用入力項目

お金借りる際の条件というのは、それぞれのカードローン会社で決まっているものです。ただ、各社にそれほど大きな違いはありません。年齢と安定した収入というのがポイントになってくるものと考えていいでしょう。審査入力項目に関しても細かなところを見ていけば多少の違いはあるものの、各社似通っています。(関連 >>お金借りるための必要書類)

カードローン会社でお金借りる条件と審査入力項目においては、虚偽の申請やいい加減な入力をするといったことは絶対にしてはいけません。中には「審査に通らないかもしれないから」と虚偽の申請をしてしまったり、「どうせ細かいところまでは見ないでしょ」といい加減な入力をしてしまったりする方もいるかもしれませんが、本当にお金を借りたいのであればそういった行為は自分の首を絞めることになります。(関連 >>お金借りる時に嘘をつく危険性・借入金額の虚偽申告はバレるが借りれる)

基本的に申し込みの後には電話確認がありますので、その電話確認のときに矛盾点が発覚すると信用されなくなってしまいます。お金の貸し借りというデリケートな問題だからこそ、信用というのはとても重要になってくるのです。だからこそ、信用を失ってしまうような行為は絶対にしてはいけないのです。(関連 >>お金借りるための審査内容)

カードローン会社にもいろいろなところがありますが、やはりプロミス、SMBCモビット、アイフル、アコム、レイクの5社がおすすめです。

・ランキングを見てみる >>今すぐお金を借りる最新版ランキング

 

プロミスで今すぐお金を借りる方法や評判・評価

プロミス
プロミスは30日間まるごど金利ゼロのサービスを提供しています。メールアドレス登録とWeb明細の登録で30日間無利息サービスをプレゼントしてもらえるのです。無利息期間内であれば、本当に借りた分だけを返せばOKです。お財布にも優しいので、うまく活用していきたいサービスです。
また、Web契約であれば店舗へ足を運ぶ必要もありません。いつでもカードが申し込める上に、当日振込も可能となります。自動契約機でカードの申し込む場合には、9:00~22:00※契約機により営業時間が異なります。さらに、プロミスには瞬フリ(振込キャッシング)というものがあるのですが、これなら24時間365日、本人の口座へ即日での融資も可能となっています。もちろん、返済は全国の提携ATMで可能となっています。
そして、プロミスには女性専用のダイヤルを用意しています。口コミでも女性の方でも安心して借り入れを利用することができてきます。 >>プロミス(ページ途中に飛びます)

プロミスでお金を借りる条件と審査入力項目

 プロミス

お金借りる条件 年齢20歳以上、69歳以下で安定した収入のある方(主婦、学生の方でもパート、アルバイトによる安定した収入があるなら申し込みは可能)
審査入力項目 氏名、生年月日、性別、家族構成、子供の有無、電話番号、自宅電話の有無、運転免許証交付の有無、郵便番号、自宅住所、お住まいの種類、、雇用形態、公務員、個人事業主、法人経営者、勤務先名、郵便番号、勤務先住所、所属部署、電話番号、社員数、最終学歴、入社年月、税込年収、健康保険証の種類、業種、希望の契約方法、現在の他社借入れ、今回の借入希望額、メールアドレス、パスワード、審査結果の連絡方法、書面の受取方法

SMBCモビットで今すぐお金を借りる方法

SMBCモビット
SMBCモビットは来店不要で即日融資も可能(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)となっています。本審査完了までは最短30分なので、とてもスピーディーです。また、カードローンでありながら、スマホATM取引を開始したのでカードレスでの利用が可能となりました。SMBCモビットアプリであれば、スマートフォンで簡単にキャッシングができます。セブン銀行ATMであれば、スマートフォンのみで入出金が可能となっています。セブン銀行ATMはセブンイレブンやイトーヨーカドーなどに全国で24000台以上設置されています。24時間いつでもOKなので、本当に隙間時間や移動中でも利用できます。
もちろん、提携ATMで近くの銀行やコンビニエンスストアなどでも利用することができます。全国の提携ATMは約140,000台(2019年9月現在)と言われています。インターネットからの利用であれば、パソコンやスマートフォンで最短3分で振込融資も可能となっています。そして、SMBCモビットにはWebセルフマネージメントシステム「Myモビ」というものがあります。SMBCモビット会員専用のネットサービスなのですが、振込キャッシングや返済シミュレーション、電子領収書ダウンロードなど契約後もきめ細やかなサービスでしっかりとサポートしてくれます。 >>SMBCモビット(ページ途中に飛びます)

SMBCモビットでお金を借りる条件と審査入力項目

 SMBCモビット

お金借りる条件 年齢満20歳から69歳の安定した定期収入のある方(SMBCモビットの基準を満たす方)アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能
審査入力項目 契約希望額、利用目的、名前、旧姓の有無、性別、生年月日、メールアドレス、携帯電話・PHS番号、携帯電話・PHS名義、自宅郵便番号、希望連絡先、自宅電話番号の有無、勤務先の種類、税込年収、最終学歴、国籍、自宅の住所、単身赴任をしているかどうか、居住宅の種類、居住歴、家族構成、扶養家族の有無、家賃や住宅ローンの支払有無と支払額、無担保ローンの有無と借入件数、有担保ローンの有無と借入件数、運転免許証の有無、勤務先の情報として会社名、住所、連絡先、社員数、本社所在地、業種、就業形態、入社年月、健康保険証の種類

アイフルで今すぐお金借りるには

アイフル
アイフルは、たったの3ステップで借り入れを完了させることができます。パソコンやスマートフォン、携帯電話を使ってインターネットからであれば24時間365日いつでも申し込みができるようになっていますし、最短30分で審査も完了します。審査後にはそのままインターネットで契約手続きもできるので、即日での融資も可能となっています。
また、アイフルは誰にも知られることなく、WEB完結をさせることができます。郵送物は一切ありませんので、郵送物から借り入れのことが誰かに知られるというリスクもありません。スマートフォンのアプリがあれば、近くのセブン銀行ATMで取引が可能になります。スマートフォンがそのままカードになるので、カードレスですべての取引がスマートフォンでできるようになります。
そして、アイフルでは初めての方で無担保キャッシングローンを利用する方であれば最大で30日間利息0円のサービスがあります。契約日の翌日から30日間が無利息期間となりますので、この無利息期間内であれば本当に借りたお金のみを返すだけでOKとなります。お財布にも優しいサービスです。 >>アイフル(ページ途中に飛びます)

アイフルでお金を借りる条件と審査入力項目

 アイフル

お金借りる条件 満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方
審査入力項目 申込金額として希望限度額、利用目的、当日融資の希望有無、名前、生年月日、性別、結婚有無、扶養家族の有無、メールアドレス、運転免許証の有無、住所、携帯電話番号、住居の形態、家賃負担額、入居年月、同居内容、勤務先名、勤務先電話番号、雇用形態、業種、会社規模、給料日、入社年月、税込年収、他社でのキャッシング利用状況

アコムで今すぐお金を借りるには

アコム
アコムは金利0円サービスが魅力となっています。初めての方に限りますが、契約日の翌日から30日間金利がかかりません。つまり、借りたお金だけを返せばいいのでお財布にも優しいのです。また、審査回答は最短で30分となっており、即日振込も可能となっています。「今日お金が必要!」という方でも安心して利用することができるでしょう。アコムのカードローンの借り入れであれば来店は不要で、振込みによる借り入れであればインターネットや電話から24時間365日日本全国で借り入れが可能となっています。借り入れが可能なのかどうかを診断するための3秒診断が用意されているのも嬉しいポイントです。
さらに、アコムは2018年3月の時点で全国の店舗・自動契約機コーナー数1,042か所を誇ります。同じく2018年3月の時点で提携ATMの合計設置台数は56,128台となっています。ATMの利用が可能となっているコンビニエンスストアとしては、セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン、ナチュラルローソン、ポプラ、デイリーヤマザキなどのATMでアコムを利用することができます。これだけの利便性でありながら、最大の借り入れ可能金額は最高で800万円となっています。しかも、利用可能金額の範囲内で何度でも繰り返し利用することができます。約9割もの方がスマートフォンを経由して申し込みをしているという手軽さも魅力です。 >>アコム(ページ途中に飛びます)

アコムでお金を借りる条件と審査入力項目

 アコム

お金借りる条件 20歳から69歳までの安定した収入と返済能力があり、アコムの基準を満たしている方
審査入力項目 個人の情報として名前、生年月日、性別、独身か既婚か、メールアドレス、自宅の情報として住所、電話番号、住居種類、入居年月、家賃・住宅ローン、家族の人数、勤務先の情報として会社名、所属部署、住所、電話番号、社員数、事業内容、職種、収入形態、年収、給料日、保険証種類、休日、他社借入状況、希望極度額、審査結果を通知する連絡先、振込口座

レイクでのお金の借りる簡単な方法

レイク
レイクは申し込み後、最短15秒で審査結果を表示してくれます。これはトップクラスのスピードと言えるでしょう。もちろん、審査が早い分、融資のほうもスピーディーです。最短で60分での融資も可能となっています。「今すぐにでもお金が必要!」という方でも安心して利用することができます。また、最近では「○○レス」といった表現をいろいろなところで見聞きするようになりましたが、レイクは「カードレス」での借り入れもできるようになっています。セブン銀行「スマホATM取引」を利用すれば、カードレスでの借り入れが簡単にできます。
さらに、レイクは都合に合わせて2つの無利息から選ぶことができます。ひとつは借入額のうち5万円まで180日間利息0円というもので、もうひとつはキャンペーン期間内に60日間無利息を選択して契約すれば借入額が全額60日間利息0円になるというものです。どちらも契約額1万円から200万円の方で初めての方に限ります。後者は期間限定となっていますので、利用するのであれば早めに申し込みをしたほうがいいでしょう。そして、レイクであれば全国のコンビニエンスストアなどに設置されている提携のATMや提携先の新生銀行レイクATMで借り入れも返済もいつでも何度でも利用手数料が無料となっています。手数料というのも積み重なっていくと結構な金額になりますので、手数料無料というのは大きな魅力です。 >>レイク(ページ途中に飛びます)

レイクでお金を借りる条件と審査入力項目

 レイク

お金借りる条件 満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)
審査入力項目 名前、生年月日、性別・独身か既婚か、メールアドレス、住所、電話番号、自宅固定電話の有無、居住形態、居住年月、家賃または住宅ローン、本人を除く同居人数、勤務先の情報として有職・無職、勤務形態、会社名、電話番号、従業員数、業種、職種、保険種別、勤続年数、給料日、月収、年収、他社借入れ件数、現在の他社借入れ金額、運転免許証交付の有無、利用希望額
・関連ページ
>>お金借りた後の具体的な返済方法
>>お金借りた後の毎月の最低返済額

 

・まずはランキングを見てみる >>今すぐお金を借りる最新版ランキング

 

本当・絶対にお金を借りられる?借り入れ診断※不安な人用

そもそもお金が借りられるのか不安という方は多いでしょう。特に、人生で初めてお金借りるということであれば、その不安はより大きなものになるかと思います。ただ、そういった方のために、最近ではお借入れ診断というものが各カードローン会社で用意されているものです。アコム、レイク、アイフル、SMBCモビット、プロミスの大手5社に関しても、それぞれ名前や入力する項目などに違いはありますがお借入れ診断が用意されています。不安な方はお借入れ診断を活用しておきましょう。
ただし、各社のお借入れ診断というのは、あくまでも借り入れを検討する際の目安にすぎません。というのも、実際に借り入れの申し込みをした後の審査というのはもっといろいろな情報を詳しくチェックしていくことになるのです。お借入れ診断というのは一部の情報を入力し、その情報のみで診断結果を表示するものになりますので、実際に借り入れをする際の審査結果とは異なってくる可能性もあるのです。その点はきちんと理解しておきましょう。受験の際の模試の判定のようなものと考えておくといいでしょう。
※左右(← →)にスクロールします。

 お借入れ診断の有無
お借入れ診断の名前
入力項目の数
入力項目
入力形式
審査時間
評価
プロミス
あり
お借入シミュレーション
3つ
生年月日、年収、現在のお借入れ金額
生年月日の昭和・平成のみ選択式、それ以外の生年月日、年収、現在のお借入れ金額はすべて入力式
数秒
5
SMBCモビット
あり
お借入診断
3つ
生年月日、税込年収、現在他社借入金額
生年月日の月日のみ選択式、それ以外の生年月日の生年、税込年収、現在他社借入金額はすべて入力式
数秒
5
アイフル
あり
1秒診断
4つ
年齢、雇用形態、年収、他社借入金額
年齢と雇用形態は選択式、年収と他社借入金額は入力式
1秒
4.5

アコム
あり
3秒診断
3つ
年齢、年収(総支給額)、カードローン他社お借入状況
年齢、年収(総支給額)、カードローン他社お借入状況のすべてが入力式
3秒
4

レイク
あり
お借入れ診断
4つ
生年月日、本人年収(税込み)、他社からの借入れ件数、現在の他社借入れ金額
生年月日のみ選択式、それ以外の本人年収(税込み)、他社からの借入れ件数、現在の他社借入れ金額はすべて入力式
数秒
3.5

 

・ランキングを見てみる >>今すぐお金を借りる最新版ランキング

 

50万円以下のキャッシングなら金利に差がない

借り入れをするにあたって、その金額というのはその時々で違うかと思います。ちょっと足りないだけだから数万円を借りたいという方もいれば、まとまった出費があって20万円ほど借りたいという方もいるかもしれません。ただ、金額に関係なく、やはりお金借りるときには金利を気にする方が多いのではないでしょうか?お金を借りてそのお金を返すときには、基本的に金利を上乗せした金額を返済していくことになります。

ただし、もし借入する金額が50万円以下なのであれば、金利にはほとんど差がありません。もちろん、どこで借り入れをするのかによって微妙に金利が異なってくることはあるかもしれませんが、基本的には50万円以下の借り入れであれば大差ありません。仮にあったとしても、本当に微々たるものです。

一般的にお金借りるときには、金利をチェックすべきだと言われています。確かに、同じ金額を借りるにしても金利によって返済の大変さというのは違ってくるものです。ただ、借り入れが50万円以下なのであれば、基本的にはどこで利用するにしても金利はほとんど変わりません。だからこそ、金利以外のところをチェックしておいたほうがいいでしょう。

もちろん、金利をまったくチェックしなくていいというわけではありません。金利は金利でチェックしたほうがいいのですが、もっと別のところに目を向けましょう。例えば、提携ATMがどこにあって全国にどれだけの台数が設置されているのかといった部分や手数料などの部分です。50万円以下の借り入れであれば金利に差がないからこそ、その他の部分で選んでいったほうがいいのです。

・関連ページ >>金利を気にするよりも大切な返済総額や資金繰り等のポイント

 

50万円以上になると事前に収入証明書の提出が必須

どこで借り入れをするにしても、基本的には50万円以上になると事前に収入証明書の提出が必要になってきます。収入証明書というのは文字通り、本人の収入を公的に証明する書類のことを指します。ただ、収入証明書にもいろいろなものがあります。どういう形で収入を得ているのかによって、収入証明書として提出できるものは異なってきます。

例えば、会社勤めをしている方や年金で暮らしているという方であれば源泉徴収票、会社勤めをしている方であれば給与支払明細書、利用限度額が200万円超の場合には特別徴収税額の通知書、自営業の方や会社勤めをしている方、法人役員の方であれば課税証明書や確定申告書といった具合になります。会社勤めをしている方が多いということを考慮すれば、収入証明書としてメジャーなのはやはり源泉徴収票や給与支払明細書といったものとなってくるでしょう。

基本的に返済可能な金額までしか貸さないというのが大前提となってきますので、その判断をするために収入証明書が必要となってきます。収入証明書にも有効期限がありますので、利用を検討しているカードローン会社の公式サイトなどをチェックして用意するようにしましょう。

 

どこでお金を借りる?借りれるところ・場所・機関

※左右(← →)にスクロールします。

お金を借りるところ
①場所・機関・名称
②場所・機関・名称
③場所・機関・名称
カードローン
消費者金融
銀行
クレジットカード
キャッシング枠
銀行ローン
フリーローン
カードローン
コンビニATM
セブン銀行ATM
年金
年金担保融資制度
高齢者
不動産担保型生活資金
不動産担保ローン
不動産担保融資
郵便局(ゆうちょ銀行)
財産形成貯金担保貸付け
貯金担保自動貸付け
国債等担保自動貸付け
JA(農協)
JAカードローン
ろうきん(労働金庫)
マイプラン
生命保険
契約者貸付制度
親・知人・兄弟
借用書
会社
従業員貸付制度
お金を借りる以外
質屋
買い取り業者
個人間融資掲示板
違法
スマホ
アプリ
市役所
生活福祉資金貸付制度

個人向け融資制度
警察
公衆接遇弁償費

 

カードローンで今すぐお金を借りる流れ

とにかく今すぐに借り入れが必要…そんな時には、申し込みから契約、借り入れまでがスピーディに行えるカードローンが有名です。

カードローンでお金を借りるまでの基本的な流れは、「申し込み→審査→契約→借り入れ→返済」となっていて、他のローンとは流れ的にさほど変わりませんが、カードローンは申し込みから借り入れまでの手続きがシンプルであり、短時間で済ませられることが特徴です。WEB(インターネット)をはじめ、窓口、自動契約機、電話による申し込み方法があり、それぞれにメリット・デメリットがありますから、個人に合う申し込み方法を選ぶといいでしょう。中でも、一時も早く借り入れがしたいという人には、カードローンの契約をさらに早く手短に済ませられ、借り入れ先によっては即日融資も可能とする「WEB完結(インターネット完結)」が特に人気です。

どの申込み方法であれ、その後はカードローン会社による審査が行われます。WEB完結であれば短時間の簡易審査を行いますが、通常は営業日の1~3日で個人の信用情報をチェックし、審査通過となれば契約、カードの受け取りとなります。

最近では、カード発行をしないカードレスローン、自動融資機能、契約完了後にカードが届く前でも融資を可能にするなど、各社が様々なサービスを展開しています。

近年、コンビニなどATMを設置する場所も増えていることから、その後の返済もとてもしやすくなっています。ただし、借り入れ先によって返済方法に違いがありますから、自身のライフスタイルに合わせた返済方法によってカードローン会社を選ぶ人も増えているようです。

また、申し込み前に確認をしておくことも、大切な流れといえます。とにかく今すぐと借り入れすることに気が急いてしまい、最終的に後悔が残る人も少なくありません。カードローンは他のローンと比べ、基本的に金利が高めに設定されている傾向にあるため、なるべくお得な借り方をしたいもの。

カードローンのサービス提供先によっては、期間限定の無利息期間や、一定期間の利息だけをキャッシュバックしてくれるキャンペーンなどの設定をしているところが多くあります。また、できる限り金利が低いカードローンを選択するためにも、適用される可能性が高い上限金利をチェックしておくことも大切です。そして、カードローンは一般的に、利用限度額が高くなるほど金利が低くなることも覚えておきましょう。

・関連ページ >>カードローン利用でお金を借りる上手い方法・流れ等解説

 

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる流れ

国内外でショッピングやキャッシングに利用できるクレジットカードは、とても便利ではありますが、それほど大きなリスクはないとは言い切れないもの。

まずは、クレジットカードでキャッシング枠を利用したい場合、自分のカードにキャッシング枠が付帯されているかどうかを確認しましょう。付帯されていない場合は、申し込みに加え、1週間~10日間の審査を経て、キャッシング枠を持てるかどうかの結果を得ます。

クレジットカードのキャッシング枠については、後々大きなリスクを抱えてしまう前に、ある程度の知識を得ておく必要があります。特に、利用限度額については要注意。消費者金融のカードローンなどよりも上限金額が低めであり、提携ATMさえあれば、24時間いつでも国内外で使えるということもあって、利用のしやすさが人気ではあります。とはいえ、キャッシング枠はショッピング枠の一部となっているため、キャッシング枠の利用額に応じて、その分ショッピング枠で使用できる額が減ることに。さらに、クレジットカードのキャシング枠が総量規制の対象となっていますから、利用状況や借り入れの希望額によっては、カードローンを利用する方が良い場合もあります。

また、「1回払い」と「リボ払い」という返済方法の最適な選択も慎重に行いましょう。借り入れの金額やライフスタイルによっては、どちらかの選択が後に家計にとって重すぎる負担になりかねません。その上、返済期日を守れなかった場合、金利の急激なアップやカードの利用停止、強制解約など、厳しいペナルティを課せられることもあります。クレジットカードのキャッシング枠が便利とはいえ、借り入れは返済期日の厳守を鉄則として利用することが重要です。負担の大きさを注視し、必要であればカードローンとの併用も考えましょう。

そして、「クレジットカードの現金化」にも十分な注意を。業者より指定された物品をクレジットカードのショッピング枠で購入し、その購入品を業者に売却、現金を受け取る方法ですが、違法行為との見方が強く、どのような勧誘にも絶対に乗ってはいけません。日本クレジット協会の公式サイトでも、クレジットカードの現金化を認めておらず、各クレジットカード会社もこの行為に対し、カードの利用停止、強制退会、返済残額の一括請求といったペナルティを課すことを可能とする約款を制定しています。国内外問わず、クレジットカードの現金化は、絶対に実行しないようにしましょう。

他に、キャッシング枠が使えなかった場合や正しく利用するために細やかな規定がありますので、お持ちのクレジットカード会社のサイト、会員ページなどで確認しておくことが大切です。

・関連ページ >>クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法と危険性

 

銀行ローンでお金を借りる時の種類

お金を借りる方法としては、既によく利用されている銀行からのローンが、安全性も高く一般的と言えるのではないでしょうか。とはいえ、やはりデメリットがないとは言い切れません。

まず銀行ローンの種類では、主に、「住宅ローン」や「リフォームローン」、「マイカーローン」、「事業者ローン」、「教育ローン」、「ブライダルローン」、「フリーローン」、「カードローン」が挙げられます。

フリーローンとカードローン以外では、利用目的が決まっており、それぞれに特徴があるものの、審査期間は共通して長め。

フリーローンとカードローンの利用目的は、事業や投資、ギャンブル、犯罪目的など以外、自由で、審査期間も短く、少額融資を考えている人にはおすすめです。

ただし、カードローンは利用限度額まで借り入れを自由にできるものの、フリーローンでは借り入れのタイミングが一度だけなので、利用目的や返済のことなどある程度プランを立ててから、どちらか有利な方を選択するようにしましょう。

そして銀行ローンでは、申請から審査、必要書類の提出、契約完了後にカード発行か振り込み、という流れが基本ですが、申請の際にも少なくとも、「満20歳~65歳までの国内在住者」、「継続的かつ安定した収入がある人」、「銀行指定の保証会社で保証が受けられる人」といった3点を満たしている必要があります。

加えて、各ローンで設定されている条件もクリアする必要がありますが、契約を完了するためには、審査を通過できるかどうかが最も重要なポイントとなります。

銀行側も、貸付金の未回収というリスクを負うわけにはいきませんから、申請者の職業や勤続期間、年収などの他に、専門機関で管理されている信用情報をベースとして、慎重に厳しい審査を行い、合否を決定します。

また、各ローンによっても審査の基準に違いがあるため、個人の信用情報に自信があったとしても、落とされる可能性もあるわけです。もし自身の信用情報に不安を持っている場合は、3つの個人信用情報機関にそれぞれ開示請求を行い、チェックすることをおすすめします。

銀行でお金を借りるメリットには、比較的低金利であること、周囲にローンがバレにくいことなどが挙げられますが、審査が厳しく結果までの期間が長いこと、即日融資は受けられないことなどのデメリットがあることも確か。

個人のライフスタイルや返済状況、借り入れの種類によっては、国や信用金庫、消費者金融の方がお得に借りられる場合もあるため、銀行は安心だからという理由以前に、それぞれのケースをしっかりとチェックした上で借り入れ先を決定するようにしましょう。

・関連ページ
>>銀行ローンでお金を借りる方法や種類・デメリットを解説
>>銀行系カードローンの審査が通らない人の特徴・理由

 

コンビニでも今すぐお金を借りるならセブン銀行ATMがおすすめ

コンビニATMなら今すぐお金を借りられる!方法やどのコンビニがおすすめなのか

 

各金融機関で多種類のローンが提供されていますが、その利用には、全国各地に多大な設置数を誇っている「コンビニATM」が最適でしょう。

メンテナンス時間以外では24時間年中無休で利用できるということが最大のメリットであるコンビニATMでは、銀行や消費者金融で契約できるカードローンはもちろんのこと、クレジットカードに付帯されているキャッシング枠を使用する借り入れにも利用可能です。

 

おすすめは「セブン-イレブン」の「セブン銀行ATM」

 

特におすすめは、全国各地で展開しているコンビニの最王手、「セブン-イレブン」の「セブン銀行ATM」でしょう。

スマホアプリに対応した金融機関のカードローンを契約しておけば、その利用時間帯にセブン銀行ATMでの借り入れがとてもシンプルにできるサービスがあり、多くのユーザーに人気です。

 

セブン銀行提供のカードローン

 

また、自宅や勤務先がセブン-イレブンに近い、ショッピングなどでセブン-イレブンをよく利用している人には、セブン銀行が提供しているカードローンを契約するのもいいでしょう。

既にセブン銀行の口座を持っている方は、会員専用ページよりカードローンの契約を完了させ、お持ちのセブン銀行キャッシュカードでの借り入れが可能になります。

口座を持っていない方も、簡単申し込みから契約完了、キャッシュカードが手元に届き、利用開始登録の完了後、すぐに使用できるようになります。

返済も手数料無料の自動入金サービスが利用できるので、借り入れも返済もシンプルかつスピーディに行えることが特徴的。

 

各種金融機関発行のクレカ・カードローンもある

 

もちろん、ファミリーマート(E-netATM)やローソン(ローソン銀行ATM)といったスマホATMサービスが提供されていないコンビニATMでも利用できる、各金融機関のカードローンは多くあります。

クレジットカードやファミマTカード、銀行のキャッシュカード一体型カードローンでのキャッシングでも、時間もかからずに行えておすすめです。

 

コンビニでお金を借りるメリットデメリット

 

コンビニのATMでは、自身の口座からお金を引き出す人もいることから、周囲に借り入れと知られることなく利用できることもメリットの1つ。

ただし、24時間年中無休のコンビニであっても、設置されているATMは場合によって利用時間が設定されていること、いずれのカードローンも全コンビニATMが使えるというわけではないこと、1日または1回の利用上限額が違うこと、マルチメディア端末を利用した返済に対応していない会社もあること、手数料も金融機関によって違うことなど、事前によく理解した上でカードローンを契約し利用することが大切です。

そして、コンビニATMが利用しやすいとはいえ、計画性を持った借り入れ・返済を継続しましょう。

・関連ページ
>>コンビニATMなら今すぐお金を借りられる!方法・おすすめのコンビニ
>>お金借りる方法は銀行振込か提携銀行ATM

 

年金を担保にしてお金を借りる制度

お金が必要な時に、年齢制限が設けられていたりして高齢者にはお金を借りる術が少ないのが現実です。
そんな時でも、年金担保融資制度を利用すれば、高齢者でもお金を借りる事が出来ます。
これは、独立行政法人福祉医療機構の制度です。
厚生・国民年金、労働者災害補償保険等の受給者であれば、それを担保にお金を借りることができるのです。
借り入れの利率は、年金担保融資が2.8%、労災年金担保融資が2.1%と金融機関に比べて低利率です。
ただし借り入れ目的は保険費や医療費、住宅改修費などの小口資金のみに限られています。
借入金額は、200万円までか年間受給額の8割までと限度額が定められていますが、急場を凌ぐには充分でしょう。
返済期間は2年半以内です。
返済方法は、年金支給機関から一旦全額を福祉医療機構が受け取って返済額を引いた残りをそれぞれの口座に振り込むという形なので、返済を忘れる事がありません。

不動産担保型生活資金を高齢者がお金を借りる

日本では低所得者が増えています。
特に高齢者の低所得者が多く、社会問題にもなっています。
福祉制度の中には様々なタイプの貸付制度がありますが、高齢者の場合は不動産担保型生活資金を利用することができます。
不動産担保型生活資金というのは、住むための不動産を持っている低所得の高齢者世帯を対象にして生活資金の貸付を行なう制度です。
高齢者は金融機関でお金を借りることが難しいこともあり、多くの高齢者世帯が不動産担保型生活資金を活用しています。
貸付額は1ヶ月あたり30万円以内で、貸付の頻度は3ヶ月ごとになります。
不動産担保型生活資金で融資される額は、土地評価額の7割までです。
貸付限度額に達すると貸付けは停止されます。
不動産担保型生活資金を利用したい場合は、市町村の社会福祉協議会に申し込みます。

不動産担保ローンでお金を借りるには

担保に設定できる不動産がある人は、不動産担保融資に挑戦してみましょう。不動産を担保にしてお金を借りる方法のため、審査の通過率が非常に高くなっています。また無担保融資であるキャッシングやカードローンと比べて金利が低く、限度額が大きい特徴があります。総量規制の対象にもなりませんので、年収の3分の1以上を借りられるのです。

不動産担保融資は担保価値に信用力のウエイトが置かれますので、キャッシングなどの審査に通過できない人も借入できる可能性があります。借入できる金額は担保価値の60~70%程度と考えてください。1,000万円の不動産を担保に入れるならば、600~700万円程度の借入ができます。不動産担保融資が対応している融資額は、1億円にも達するところもあります。

郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる方流れや種類

郵便局では、「財産形成貯金担保貸付け」「貯金担保自動貸付け」「国債等担保自動貸付け」という3つの方法でお金を借りることができます。この際、いずれの方法も貯金や国債などの担保をもとに貸し付けを行っていいるので、申し込みを行うにあたって返済能力を確かめる審査が行われることはありません。そのため、貯金や個人向け国債さえ所有していれば未成年者でも無職の人でもお金を借りられる点が大きな特徴と言えます。
なお、これら貯金や国債を担保とした貸し付けを行っているのは厳密には郵便局ではなく日本郵政グループのひとつである「ゆうちょ銀行」です。ゆえに、郵便局とゆうちょ銀行の窓口でそのサービスの利用を申し込むことができます。

JA(農協)でお金を借りるにはどうしたらいい?

JAでお金を借りる場合、農協の金融事業のJAバンクに登録し各種ローンを組む必要があります。農家を営む人向けのコンテンツですが、農家でない人も利用が可能です。JAバンクで取り扱っているローンはカードローン、フリーローン、教育ローンなど多くあります。申し込みはそれぞれに条件が異なりますが、カードローンの場合は契約時の年齢が20歳以上、70歳未満の人でないと申し込みができないため注意が必要です。カードローンは限度額が設定されており、限度額の範囲内であれば自由に借り入れができます。申し込みは窓口やインターネットで可能です。インターネットで申し込みをする場合は来店する必要がないため、手軽に申し込みが行えることもメリットです。

ろうきんでお金を借りる種類や審査条件

ろうきんでお金を借りる場合、様々な種類から選ぶことができます。カードローンはろうきんならではの低金利となっていたり、自動車ローンでは運転免許の取得や中古車の購入、車検などの購入資金として利用できます。
また、住宅を建てるときやリフォームとのときに利用できる住宅ローン、入学金や授業料などの教育資金に使うことのできる教育ローンなどを選べます。
審査基準は基本的に満18歳以上?満65歳の人で、安定継続した年収が150万円以上ある、同一勤務先に1年以上勤務している、または自営業者や個人事業主は原則3年以上同一事業を行なっている、ろうきんの指定する保証協会の補償基準を満たしているということが条件となっています。

生命保険「契約者貸付制度」でお金を借りる事ができる

まとまったお金が必要になった時には金融機関から融資を受ける必要がありますが、どこから借りるのが良いのか分からずに困っている人が沢山います。
出来るだけしっかりとしたところから融資を受けた方が良いのですが、その中で生命保険の契約者貸付制度は保険会社からお金を借りることができるので口コミ・評判が良く多くの人が利用しています。
契約者貸付制度のメリットは保険を継続したまま借り入れをすることができる点にあり、カードローンよりも金利が低いので利用する方からしたらこれほど有難いことはないです。
また契約者貸付制度は今まで積み上げて来たお金を元に借り入れを行うこともあり利用の際の審査が必要ないので、比較的簡単に借りられる点も大きな魅力です。

親や知人にお金を借りる時の頼み方

借金はなるべくしたくないものです。カードローンや消費者金融を使うのも気が引けます。しかし、どうしてもお金の都合がつかない場合があります。そのような時には親や知人に借りるという手があります。
親や知人に借りた場合のメリットは消費者金融などと違い利息が付かないことが多いという事です。相手に利息を付けて返してほしいと言われない限りは大丈夫です。
この様な身近な人から借りる場合には、とにかく信用を作る事です。それは消費者金融でも同じです。頼む場合には、相手に必ず返せるという保証を付けて頼み込むと良いでしょう。もし返せない場合には担保を付けると約束することも大切です。それは金融機関から借りる場合と同じです。とにかく、貸す相手を安心させて頼むことが大切ではないでしょうか。

会社からお金が借りれる「従業員貸付制度」とは

「従業員貸付制度」を利用することで、会社からお金を借りることができる場合があります。別名「社内貸付制度」と呼ばれることもある本制度は、福利厚生の一環として導入されている企業の従業員である場合に利用することができます。このように福利厚生のひとつとしての利用になるので、消費者金融や銀行のカードローンから融資を受けるより堂々とお金を借りられる点がメリットです。
そんな従業員貸付制度の資金源は会社の利益から捻出されるのが一般的です。それゆえに、その利用を行ったからと言って翌月の収入に影響しない点が魅力と言えます。ただし、利用できるのは基本的にまとまったお金が急遽必要になった場合のみに限られます。借りたお金はギャンブルはもちろん、生活費にあてることもできません。

お金を借りる以外で質屋・買い取り業者を使う手段

どうしてもお金が必要になった場合にはカードローンなどを使う方法がありますが、そういったものがない場合には他の方法を探す必要があります。
審査などがなく簡単にお金を借りる方法を探す必要がありますが、即日お金を借りたい場合には質屋や買い取り業者などを使うのが良い方法です。
質屋であれば面倒な審査を受ける必要がなく所有している物を出せば良いだけなので、早くお金が欲しい人にとってはこれほど有難いことはないです。
ただその際にはどのような条件があるのか店員にしっかりと話を聞くことが大切で、後でこんなはずではなかったと後悔しないようにすることが大切です。
このようにカードローンがなくても質屋に行って物を預ければ簡単にお金を借りることができるので、何も心配することはないです。

個人間融資掲示板でお金を借りる危険性

個人間融資掲示板でお金を借りるのは、危険過ぎるので絶対にやめた方がいいです。特に恐ろしいのが闇金業者が入り込んでいることです。闇金業者側からすると、個人間融資掲示板は手っ取り早くカモを見つけることができるところなので、かなり多くの業者が紛れ込んでいるといっても過言ではありません。闇金業者は法外な利息を請求してくるので、一度借りると雪だるま式に借金が膨れ上がり、あっという間に返済不能に陥ってしまいます。また、闇金業者に個人情報が渡ってしまうと、その情報が他の業者にも流れてしまい、次々にカモにされる危険もあるでしょう。個人情報が流出することで、他の様々な犯罪に巻き込まれる危険性も増大します。特に女性は危険なので、絶対に手を出さない方がいいです。

スマホでお金を借りる時のおすすめアプリ

スマホだけでお金を借りたい場合には、楽天カードローンのアプリがおすすめです。楽天カードローンアプリでは、24時間スマホだけで振込融資を受けることが可能で、ATM利用手数料などは完全に無料となっています。お金を借りる際に必要になる、本人確認書類の提出などを、すべてアプリ内で完結できるので、面倒な郵送が必要ありません。申し込みはパートやアルバイトの方でも問題なくできて、本人確認書類を郵送する必要がないので、アプリ内で気軽に申し込みが行えます。また担保や連帯保証人などが必要ないので、周りにばれないようにお金を借りることもできて、とても使い勝手の良いサービスです。金利は最大でも14.5パーセントとなっているので、少しでも安い金利で借りたい場合にも最適です。

市役所でお金を借りれる「生活福祉資金貸付制度」

市役所からお金を借りる制度に、生活福祉資金貸付制度があります。これは低所得者や障害者、高齢者などを対象とした制度で、生活を経済的に支えて在宅福祉や社会参加を促すものです。就職するのに必要なスキルを身に付けるために学校に通ったり、介護サービスを受けるための費用が必要になった場合などに利用します。貸付資金には、総合支援資金・福祉資金・教育支援資金・不動産担保型生活資金などの種類があります。貸し付け条件が定められており、それを満たしている場合に制度を利用することができます。借入を申し込む場合には、原則的に連帯保証人が必要となっています。連帯保証人がいなくても借入の申し込みをすることはできますが、その場合には利率が1.5%となります。

国からお金を借りる「個人向け融資制度」

国からお金を借りる「個人向け融資制度」には低所得者や障害者、65歳以上の高齢者を対象にした生活福祉資金貸付制度があります。この制度は国民の健康的な最低限度の生活を確保できるよう作られたもので、利用する人の様々な必要性に合わせて内容が構成されています。その内容は生活費や住居費を支援する綜合支援資金、介護費用や冠婚葬祭などにあてる福祉資金、子どもの高校や大学の入学金や授業料にあてる教育支援資金、現在住んでいる住居を担保にして高齢者世帯の生活費を支援する不動産担保支援資金に分かれます。この生活福祉貸付制度は連帯保証人をつければ無利子で国からお金を借りることができます。連帯保証人を立てない場合は年1.5%の利率となります。

警察に「公衆接遇弁償費」でお金を借りる方法

公衆接遇弁償費とはお金を盗まれたとか財布を紛失したなどの時に、警察からお金を借りる制度のことを言います。警察に行ってお金が無くて家に帰ることができないという理由を告げて、その理由が妥当性があったのであれば、認められます。金融機関とは違いますので、一時的に帰宅するための費用が必要だと認められれば、誰でもお金を借りることができるということです。

公衆接遇弁償費を利用することが認められたのであれば、借受願書と言われる契約書に必要な事項を記入します。実際には国からお金が出るということになりますので、後に返済をしないといけません。万が一返済を忘れてしまうと、逮捕されるということにもなりかねませんので、返済を忘れないようにしましょう。

誰がお金を借りる?何をしてる人別で借りれる選択肢

※左右(← →)にスクロールします。

どういう男女・誰がお金を借りる?
①機関・期間・名称
②場所・機関・名称
③場所・機関・名称
個人事業主・自営業者
日本政策金融公庫
ビジネスローン
カードローン
公務員
共済貸付制度
銀行ローン
カードローン
学生
学生ローン
奨学金制度
クレカのキャッシング枠
専業主婦
銀行カードローン
地銀カードローン
クレカのキャッシング枠
無職
生保の貸付制度
総合支援資金貸付制度
内定後就職前
カードローン
女性
レディースキャッシング
カードローン
アルバイト
カードローン
パート主婦・主夫
カードローン
未成年(18歳・19歳以下)
借りれない(不可)

 

個人事業主・自営業者がお金を借りる資金調達方法もある

個人事業主・自営業者がお金を借りる方法は、様々なものがあります。
その中でも特にオススメの資金調達方法が日本政策金融公庫からの借入です。日本政策金融公庫は、個人事業主や中小企業を支援するための機関です。そのため、個人事業主でもお金を借りやすくなっています。しっかり返済計画を行なってから借り入れる必要がありますが、きちんと返済計画を準備できる人であれば高確率でお金は借りることができます。
また、自己資金がなければどこの金融機関であってもお金を借りることは難しくなります。そのため自己資金ができていない場合には、友人や投資家から資金を受けるという方法が行えます。
その他、信用金庫でも借りられますが、日本政策金融公庫に比べて金利が高く、借りるまでに時間がかかります。

公務員がお金を借りれる共済貸付制度とは

公務員がお金を借りることができる制度というのがあります。その制度のことを共済貸付制度といいます。
共済貸付制度とは、自動車や家電の購入などで支払いをしなければならず、支払いに必要なお金を共済組合から借りる際に利用できる融資制度のことで、組合員の救済を目的にしています。貸付の対象が組合員で職業が公務員で、職業が公務員であれば審査の面で有利となります。公務員組合に加入していることや収入が安定していれば、そのままお金を借りれます。また、借りる時の金利が無利息から1.26%と銀行より低く、貸付の幅が広いので住宅や教育、葬祭などといった使用目的に合わせた選択ができます。資金としては一時的ではあるものの、どうしても必要な時に共済貸付制度であれば、気軽に借りれます。

学生がお金を借りる方法

学生がお金を借りるためには奨学金制度をはじめクレジットカードにおけるキャッシング機能や学生ローン、そしてカードローンがありますが大学生もしくは専門学校生などがお金を借りる場合に優先的に思慮すべきなのが奨学金制度です。
奨学金制度に関しては世帯収入が低いほど利用しやすいという特性を有していますし、第一種と第二種のどちらにおいても大学や専門学校などに在籍中であれば、利息が生じずにお金を借りる事ができます。
また、できるだけ速やかにお金を借りたいと考えている場合に適しているのがクレジットカードにおけるキャッシング機能であり、学生であっても20歳を超えていてアルバイトによって安定的な収入が得られていればお金が借りられます。

専業主婦がお金を借りたい時の方法

基本的に収入がない専業主婦はお金を借りることは難しいですが、消費者金融の配偶者貸付制度を利用すれば可能な場合があります。お金を借りる際に、主たる家計負担者の収入が審査の対象となるので、その収入額を基準として借入額が収入の3分の1以下であればお金を借りることは可能でしょう。ただし、全ての消費者金融でこの制度を利用できるわけではないので、事前の確認が必要です。また、クレジットカードのキャッシング枠を利用すれば、専業主婦でも簡単に資金の調達ができます。ほとんどのクレジットカードは10~50万円ほどのキャッシング枠が設けてあるはずなので、その範囲内であれば問題なく借りることができます。しかし、ショッピング枠と共通なので、利用しすぎると通常の買い物に影響を及ぼすので注意が必要です。

無職でも本当にお金を借りる方法

無職,かつ安定的な収入が見込めない方は、残念ながらお金を借りることは極めて困難ですが方法はあります。1つは生命保険の契約者貸付制度です。生命保険の被保険者であることが条件ですが、転職中であったり病気で働けない人であっても利用できる制度です。通常の消費者金融よりもかなり低金利で借りることができるので、どうしても急場をしのぎたい時などは非常に有効です。また、公的融資で生活資金を調達する方法として総合支援資金制度があります。生命保険に加入していなくても、連帯保証人を1人用意できれば無利子で融資を受けることができます。連帯保証人を用意できない場合でも、年利1.5%で融資を受けられます。ただし、生活困窮者自立支援制度を利用する必要があるので、要確認です。

内定後就職前にお金を借りる方法

どうしてもまとまったお金が必要になった場合には色々と考える必要がありますが、それが内定後就職前である時は慎重に物事を進めることが大切です。
消費者金融からカードローンを発行してもらうという方法が一般的ですが、就職前であっても借りることができるかが大きな問題となります。
アルバイトなどであっても一定の収入があれば何も問題はないのですが、全く収入がなくこれから仕事をする場合でもカードローンを発行してもらうことができるのか不安に感じてしまう人もいます。
しかし基本的にはアルバイトなどをしていなくても就職が内定していて将来その会社に入社して安定した収入が見込めるのであればカードローンを発行してもらえる可能性が高いので、一度申し込みをしてみた方が良いです。

女性が安心・安全にお金を借りる方法

お金が必要になった女性が不安に感じることなく、安全にお金を借りるには女性専用のキャッシングやカードローンを検討すべきです。通常との違いは男女共通で利用できるのに対し、女性のみ対象になっている点です。また、電話で申し込みをする時は女性スタッフが対応してくれるため、安心して手続きを進められるメリットがあります。家族構成だったり、仕事の内容だったりなど男性スタッフが相手だとは話しにくいと感じることだったとしても、同性ということで話しやすいため、スムーズに審査の申し込みを行えます。たとえば、レディースのキャッシングを利用する際に自宅や勤務先に電話がかかってくる時は、女性スタッフが対応してくれるので家族や職場の同僚に余計な心配をかけずに済みます。

アルバイトでもお金を借りるおすすめの方法

キャッシングを利用すればアルバイトであってもお金を借りられます。特に、消費者金融のような貸金業者が提供しているものは職業による審査が簡易的になっているものが多いので、一定の年収があれば問題なく借りることが可能です。一般的に、キャッシングの条件はその人物の年収の3分の1を上限とした融資に限定されます。言い換えると、法律的な規制でそういった条件を設けているため、消費者金融側で必要以上に厳しく審査を厳しくする必要がない側面があります。ある倍の場合は、週に5日程度で働いている人ならば問題なく審査に通ります。少額融資に限定はされますが、銀行などで借りられない人でも借りられるため利用しやすいサービスです。

パート主婦・主夫がお金を借りる方法

パートタイマーでも銀行での融資を受けられる可能性はあります。比較的審査は厳しくなりますが、数年以上の勤務歴がある場合はその範囲内で融資を受けることはできるでしょう。ただし、銀行の場合は審査が厳しくなる傾向にあるので、カードローンを利用すれば、安定した収入がある正社員だけではなくパートタイマーでもお金を借りることは比較的容易です。銀行と比較すると少々金利が高くなる可能性はありますが、審査の柔軟性は銀行よりもはるかに高いので、概ね6か月以上の勤務歴があれば審査に通過することは難しくありません。その場合、利用枠は少なくなる傾向にあります。金利は年利14~18%程度で、融資額は総額で10~50万円程度になるでしょう。

未成年(18歳・19歳以下)がお金を借りるのが難しい理由

18歳・19歳以下の未成年者は、銀行や消費者金融でお金を借りたくても借りることはできません。その主な理由は、未成年者の大半は学生であり、定職に就いて安定した収入が得られている身分ではないことと、社会的にあらゆる面で経験が未熟であり、お金を借りることに関する知識も不足していることです。たとえアルバイトをしていて十分な収入があったとしても、もう一つの経験や知識が不足しているという理由で申し込むことが不可能とされていることがほとんどです。
未成年者がどうしてもお金が必要であれば、親をお金が必要であることを説得したり、自分の所有物で要らなくなったものをリサイクルショップなどに売却するなどを試みる必要があるでしょう。

・関連ページ >>未成年がお金を借りる方法・必要な時の工面の仕方

 

条件別でお金を借りる※状況・条件・いつ借りたいのか

※左右(← →)にスクロールします。

いつ・どういう条件でお金を借りる?
①機関・期間・名称
②場所・機関・名称
③場所・機関・名称
はじめて
コンビニATM
カードローン
クレカのキャッシング枠
土曜・日曜・祝日
ネット申し込み
カードローン
誰にもバレない
大手消費者金融
クレカのキャッシング枠
超ブラック
法律的に不可
中小消費者金融
ヤミ金・ひととき融資
どうしても
生活福祉資金貸付制度
親・友人
来店不要
消費者金融カードローン
低金利・無利子
初回数日無利息のキャッシング利用
質屋
審査なし
不可
質屋
クレジットカード現金化

 

はじめてお金を借りる男女が貸してくれるところ・場所

はじめてお金を借りる男女が貸してくれるところは色々あるのでそれほど心配することはありませんし、危険な目に遭わずに普通に借りられるので何も問題はないです。
特に人気があるのが消費者金融を利用することでカードローンを発行してもらえれば直ぐにコンビニなどで借りることができますし、利用限度額までなら何時でも気軽に貸してもらえます。
コンビニのATMを使えば24時間何時でも簡単に借りることができるので不安に感じることは一切ないですし、それにより何とか危機を脱することができるので大変便利です。
このようにはじめてお金を借りる男女が貸してくれるところは沢山あるのでそれほど考える必要はありませんし、予想よりも多く借りることが出来る可能性もあるので本当に助かります。

・関連ページ >>お金借りられる限度額

 

土曜・日曜・祝日でも今すぐお金借りれる即日融資

即日融資はネット申し込みであれば、ほとんどのカードローンで24時間365日申し込みが可能です。ですから平日と同じように土日祝日にお金借りるということができます。ただ平日と違って注意しなければならないことが二つあります。その一つは土日祝日は審査が混雑し、夜はさらに混み合うので早めの申し込みは必要だという点です。もう一つは勤め先が土日祝日が休みの場合、在籍確認がとれないことです。即日融資を申し込むとカードローン担当者がローンを申し込んだ人の勤め先に電話して在籍確認をします。会社が休みで電話がつながらず、在籍確認ができないと審査がそこでストップしてしまうのです。どうしても在籍確認が難しい場合はローンの担当者に伝え相談してみることが大切です。在籍確認の電話を後日行ったり、書類を提出する代替処置で即日融資ができる場合があります。

誰にもバレずにお金借りる方法

需要の高まりを受けて各消費者金融ではバレずにお金借りる方法が増えていますが、徹底的にバレずにお金借りる上で特に大切な事は3つあります。
それは自宅などに送られてくる郵送物が送られない事と在籍確認が行われない事、カードを必要とせずに借入が完了させられる事です。
郵送物や在籍確認は本人以外が対応してしまうと他者に知られてしまうきっかけになりますし、物理的にカードが存在しているとふとした瞬間に見られてしまう可能性があります。
そのような郵送物と在籍確認、カードを必要とせずにお金を借りる方法としてはウェブサイトを介して申し込みを行い契約する術が挙げられます。
特に大手の消費者金融で導入している事例が多いので、バレずにお金借りる際にはポイントを思慮しながら大手から探していくと円滑です。

・関連ページ
>>誰にもバレずにお金を借りる事は可能なのか
>>お金借りることに罪悪感は不要だがあてにしすぎてもダメ

 

超ブラックでも即日お金を借りる方法

ブラックリストに載ってしまうと、お金を借りたくても大手の審査がなかなか通らない状態になります。そのような場合には、審査が甘い、即日融資可能な街金から借りるという方法もあります。
また、初めて街金を利用しようという場合には試しに中堅消費者金融を利用してみましょう。即日融資可能な中堅消費者金融もあるためその日のうちにお金が入り用という場合でも対応してもらえます。人によってはブラックリストに載っている状態であっても、状況の違いなどもあります。中小の金融機関の審査に落ちたことがあるのか、ないのかなども自身の判断基準となるでしょう。
ブラックでもお金を借りるという場合には、できるだけ審査がゆるい消費者金融をチェックして申し込みしてみましょう。

・関連ページ >>延滞すると信用がなくなり借りられなくなるので注意

 

どうしてもお金を借りたい時はどうする?

どうしてもお金を借りたいと考えているのにも関わらず借りられない時は、国が行っている生活福祉資金貸付制度を利用しましょう。
生活福祉資金貸付制度は所得が低い方や障害を持っている方、高齢者などに対し生活を再建するために必要なお金を1ヶ月あたり最大で20万円借りる事ができる制度です。
生活福祉資金貸付制度以外の方法としては家族や友人、恋人など実情を打ち明けられる身近な方に相談し貸して頂く方法が挙げられます。
身近な存在であるが故にしっかりと借用書を用意して進めていけば、利息やトラブルが無くお金が借りられます。
また、消費者金融では国から直接的に認可を得ている例外貸付という借入方法も存在し、生活と返済が難しい状況になっていても年収を元にした3分の1以上を借入する事ができる上、限度額を既に上回っていても対応してもらえます。

来店不要のネット完結(Web)で即日お金を借りる

生活費や交際費など自由に使用できるお金は銀行や信用金庫で借りることは可能です。ただ、来店不要でネット完結という条件を含めて検討するのであれば、キャッシングを検討すべきです。キャッシングの審査はネットから行うことができるので、来店する必要はありません。また、土日や祝日も審査を行っていたり、24時間受付していたりなど曜日や時間帯に関係なく、来店不要でお金を借りられるのがキャッシングの魅力です。さらに、お試しの審査があるので事前にある程度の結果を予想することが可能です。そのため、時間に余裕がある際はお試し審査から利用した方が借入先を丁寧に選べるようになります。ネット完結型のキャッシングは天候や温度などに左右されない点もメリットの1つです。

・関連ページ >>即日お金借りる方法は銀行振込

 

低金利・無利子で本当にお金を借りれる?

お金を借りたいと思ったときに、ネックになるのが利息の負担です。金利が高いと、少し借りただけなのにいつの間にか債務が膨らんで大変な額になってしまいます。では、低金利・無利子で借りることができないのかというと、はじめて利用する貸金業者であればできる可能性があります。たとえば、よくあるのが初回の30日間の間は、低金利・無利子で何度でも借りられるキャンペーンです。これまで一度もその貸金業者と契約をしたことがなく、すぐに返せる目処がついていればキャンペーンが適用されます。ただし、気をつけなければいけないのが1日でもすぎれば、金利が通常に戻ってしまうことです。30日間というと1ヶ月か余裕があると勘違いしてしまう人がいますが、月によっては31日ですから1ヶ月後の返済だと1日分の利息が発生します。

・関連ページ >>借金の一本化(おまとめローン)して金利を下げるデメリット・注意点を解説

 

審査なしでお金借りれる即日融資可能なローンは利用してはいけない

審査なしでお金を借りることができる即日融資可能なローンは、利用するのは止めることが望ましいです。暴利をむさぼる違法の貸金業者の可能性が高く、簡単に借りることができる反面金利が非常に高いため返済不能に陥る可能性が高くなります。

合法的に借りることができる金融業者には必ず審査がありますので、審査なしを売りにしている業者はその時は甘いことを言いますが返済は非常に厳しいです。勤務先や自宅に時間の関係もなしに連絡があったり強引な取り立てがあるケースもありますので、お金を借りる時にはこうした違法な業者を選ぶことが無いように注意しましょう。審査に落ちて借りられないとしても、暴利をむさぼる業者から借りないほうが良いです。

・関連ページ >>審査なしでお金を借りる確実・安全な方法・即日融資希望の時は消費者金融

 

・まずはランキングを見てみる >>今すぐお金を借りる最新版ランキング