どこでお金を借りる?

生命保険でお金が借りれる『契約者貸付制度』の利用方法や注意点・デメリット

契約者貸付制度

借り入れでは、誰もが銀行や消費者金融のカードローン(関連:カードローンでお金を借りる方法)をまず考えるようですが、厳しい審査を考えると、必ず誰もが簡単にお金を借りられる方法とは言い難いもの。
そして、結局審査に通らなかった、融資が受けられなかったとなった場合には、多くの人が生命保険の解約を考えるとか。

ですが、実際には生命保険を解約しなくても、お金を準備する方法もあるのです。

(関連 >>今すぐお金借りる手段!安全・確実に即日で借りたい人用の方法『お金借りる今すぐナビ』)

このページのポイント
  • 生命保険の契約者貸付制度の理解
  • 契約者貸付制度とは解約返戻金の一部を借りれる
  • 契約者貸付制度は審査なしで借りれる
  • 契約者貸付制度も利息がつく(無利子ではない)

生命保険でお金を借りる方法

生命保険でお金借りる

ではここで、生命保険を解約せずに借り入れができる方法、「契約者貸付制度」についての基礎知識を、ご紹介していきましょう。

契約者貸付制度とは?

契約者貸付制度」とは、加入中の生命保険における※解約払戻金を利用する貸し付けのこと。
従来であれば、満期を迎えた後に満期保険金の受け取りとなりますが、満期前であっても、それまでに積み立ててきた分を解約払戻金として受け取ることが可能です。
そのため、まとまったお金が今すぐ必要という時に、保険を解約するという人も多くいるのです。つまり、会社としては顧客減少となり、保険加入者にとっては、再度生命保険に加入する時にそれまでよりも高額な保険料を払わなくてはならないということに。解約をするということは、双方に損害をもたらしてしまうのです。

そこで、解約払戻金より一部を貸し付ける制度、「契約者貸付制度」を契約者本人が利用することで、保険加入者は保険を途中解約することなくお金を準備でき、保険会社は顧客をキープできることに。さらに、もしも返済がされなくなっても、積立の一部を貸していたということで、保険会社に損失発生とはならないのです。

解約返戻金とは…生命保険に加え、終身保険や養老保険などで、解約時に契約者へ払い戻しされるお金のことであり、その金額は契約者が保険料として支払ってきた総額、または保険会社による解約返戻金の種類で違ってきます

銀行のカードローンとの違い

この制度と、低金利が魅力である銀行のカードローン(関連:銀行ローンでお金を借りる方法や種類・デメリットを解説)とは、以下に挙げる大きな違いがあります。

低金利での借り入れ
自由度が高い返済

銀行のカードローン(関連:カードローンでお金を借りる方法)は低金利とはいえ、融資額100万円以下の場合、金利が10%超となることがほとんど。
ですが、契約者貸付制度であれば、1~6%の金利にて融資を受けることができます。

また返済についても、契約期間内にいつ返済してもOKという余裕が持てる方法であり、銀行と大きく違っています。もちろん、その間に利息は増えますが、確実に返済準備が整ってから返済できる点は、契約者貸付制度ならではといえます。

貸付限度額と金利について

契約者貸付制度は、積立金を担保として借り入れを行うパターンと似ていることから、保険会社にとっては低リスクであるため、利用者に低金利での融資を可能としています。とはいえ、無制限の借り入れができるわけではありません。

貸付限度額

貸付限度額は保険会社によってそれぞれ差はありますが、基本的に解約返戻金の70~90%で設定されています。
定められていない返済期間のために、借りっぱなしとなってしまうと、その分利息は増えることになり、融資額が解約返戻金を超過してしまう可能性もあります。
そのような状態で利用者が債務整理などとなれば、保険会社にも当然損失が発生することになりますから、その予防対策としても貸付限度額は低めに設定されているわけです。

金利

保険商品により金利は違うものですが、一般的に商品の予定利率に1~2%をプラスした金利に設定されています。つまり現在では、1~6%という金利が相場。借入希望額にもよりますが、小口融資の場合、カードローン(関連:カードローンでお金を借りる方法)よりさらに低金利で借りられることが、この制度の魅力といえます。

借入期間について

借り入れがしやすいカードローン(関連:カードローンでお金を借りる方法)であれば、借り入れを始めた翌月、または翌々月より返済がスタートします。

対して契約者貸付制度では、「追われることがない返済」という特徴がありますから、保険が満期となるまでに返済するなら、いつ、いくら返済しようと自由なのです。借り入れを始めた翌月より、毎月1万円を返済するということも可能ですし、満期直前に全額返済としてもOKです。自身の収入が安定していない場合など、ライフスタイルによっては、無理な返済に縛られないこの借り入れ方法は有り難いものです。

契約者貸付制度の利用の仕方・方法

利用するための条件とは?

契約者貸付制度の利用には、保険加入であることだけが条件というわけではありません。

「解約払戻金」が契約に含まれている保険に加入していること

「終身保険」、「養老保険」、「学資保険」、「個人年金保険」で、掛け捨て型ではなく、「積み立て型」であること。

「契約者本人」であること

子供の時に親が保険契約し、大人になってからも利用している人も多くいますが、この制度での対象者は、あくまでも契約者本人としているため、まずは名義の確認が必要です。

上記2つの条件に適している必要があります。

まず、解約払戻金を利用する契約者貸付制度ですから、解約払戻金を設けていない商品では当然ながら借り入れは不可能となります。自身が積み立ててきたお金の一部を借り入れに充てるため、積立なしの掛け捨て型保険に加入している場合借り入れは一切できません

そして、契約者貸付制度では、担保や保証人を不要としており、安定した収入ということも、利用条件には含まれていません。ただし、どのローンにおいても確実な返済計画は必要ですから、返済できるめどが立ってから利用することが大切です。

契約者貸付制度で借り入れする流れ

では、この制度を利用してお金を借りるまでの基本的な流れについてご紹介します。当然、保険会社によって様々な方法があるのですが、こちらでは多くの会社が採用している流れをご説明していきましょう。

インターネットによる申し込み

近年、ほとんどの生命保険会社が契約者専用サイトを提供しており、契約者は支払状況や解約時の解約返戻金などの確認が可能です。同様に、契約者貸付制度の申し込みもでき、借入希望額や振込先の入力にて、最短即日での借り入れが行えます。

電話による申し込み

電話での申し込みには、
・自動音声案内
・オペレーター
という2種類の方法があります。

初めての利用者、利用上の疑問点などを抱えている人であれば、オペレーターを介して振込処理をしてもらうことがおすすめ。疑問点などが全くない人であれば、自動音声に従い申し込むと、指定口座へすぐに振り込みをしてもらえます。

また、手続きに必要となる書類だけを電話で取り寄せ、受け取り後に書面での申し込みをする方法もありますが、郵送に時間がかかることから、借り入れにもかなりの日数を要します

店頭窓口による申し込み

お金を借り入れるということで、対面でしっかりとしておきたいという人のために、店頭窓口での申し込みを可能としている保険会社も多くあります。当然ながら、営業時間内と限られますが、対面で疑問点を解消してから融資を受けたい人にはおすすめです。

ATMによる申し込み

保険会社から発行されているカードを持っている場合、カード利用で指定のATMより即日融資を受けることが可能です。

契約者貸付制度での返済方法について

既述していますが、契約者貸付制度では、ある程度の自由が効く返済方法が魅力の一つとなっています。
そのため、カードローン(関連:カードローンでお金を借りる方法)のような自動引き落としには対応されていません。返済には振り込みなどを利用しますが、保険会社によりその方法は異なっています。
多くの保険会社が以下のような複数の返済方法に対応しているので、自身に最適な方法にて計画的な返済を行いましょう。

・契約者専用サイトやネットバンキングの利用した返済
・指定口座へ振り込む
・予め用意されている振込用紙を使用
・保険会社窓口での返済
・保険会社のカードでATMより返済

契約者貸付制度を利用する上での注意点

保険解約との違いについて

何であれお金を借りることに抵抗がある借りるくらいなら保険を解約したほうがいい…そう考えておられる人も多いことでしょう。もちろん、個人のライフスタイルによっては、解約したほうが良いということもあり得ます。
こちらでは、保険解約した場合について詳しくご説明します。今後のご参考にして下さい。
まず、解約よりも契約者貸付制度を利用した場合のメリットとして、以下のことが挙げられます。

・満期保険金のほうが解約返戻金よりも返戻率は高い
・新たに保険へ加入となった場合に、支払う保険料が高くなる

生命保険の返戻率は、満期が近づくほど高くなるもの。例えば満期が30年後である保険に加入している場合、15年経過した時に解約したとはいえ、その解約返戻金が満期保険金の1/2というわけではありません。途中解約だと支払額に対し、返戻額の割合は少なく損失となることは明らか。

また解約後に、改めて保険に加入したいとなっても、年齢が前回の加入時よりも上がっていることから、月々に支払う保険料は確実に上がります。その上、年齢はもちろん、その時の健康状態によっては、保険の再加入が不可能になることも。

解約することで得られるメリットといえば、

・保険料を今後支払わなくても良い

ということでしょう。その場合、保険に入っていないということからもしものことがあった場合に、医療費の支払いで問題が生じるなどが考えられます。

契約者貸付制度を利用すると、将来的に手にするであろう金額は減るものの、解約時に生じる問題を解決することになります。
制度利用中にも、保険での保障を継続して受けられることもその一つ。
とにかく今すぐにまとまったお金が少しでも多くほしい、今後の支払保険料は考えたくないという場合を除いて、解約よりもこの制度の利用をおすすめします。

保険契約したばかりでも借り入れはOK?

契約したばかりであっても、解約返戻金での範囲内で借り入れが可能です。ただし、短い契約期間では解約返戻金額も少額ですから、借り入れできる金額も少なくなると理解しておきましょう。

返済できなくなった場合は?

契約者貸付制度はメリットのほうが多いといえますが、やはりお金を借りるということですから、満期までに返済ができなかった場合のことも気になるはず。

借りたまま返済が一切できずに、利息だけが積み重なってしまい、解約返戻金を超えてしまった場合には、対象の保険そのものが失効、もしくは解除となります。
失効となった場合には、決められた期間内で返済することで保険の復活が可能ですが、そのままの状態で完済することは難しく、実際には解除と同様の状態になることが多々です。

また、返済できないままで満期となってしまった場合には、満期保険金より利息をプラスした貸付額を差し引いて払い戻しとなります。このため、満期間近まで借りているケースでは、満期となっても手にするお金はかなり少なくなってしまいます。

利息は増えていくことに要注意

例えば、100万円を年利3%で借りたとしましょう。全く返済しないまま1年が経ってしまうと、返済残高は103万円となります。利率が低いことから、1年経ってもそれほどのこと、と思いがちですが、10年間返済しないままであれば、134万円以上もの返済残高となってしまうのです。

返済期日の心配がないからと安心していたら、大金の損失となることも考えられます。
期日はなくても、やはり月々の返済をしていくことが大切です。そして、長期に渡り返済が不可能というのであれば、解約も選択肢に入れることが適切でしょう。

保険の契約時によっては金利が高い

バブル期といった好景気時代に契約をした生命保険であれば、利率は高く設定されています。
このような保険では、解約返戻金が高額ではあるものの、その分借り入れの金利が高くなります
申し込む前に、お持ちの生命保険で契約日と該当する貸付利率を確認しておきましょう。

死亡保険金との相殺

契約者貸付制度を利用している最中に、契約者が死亡となったケースでは、その死亡保険金より一部を返済に充てることとなります。
例として、死亡保険金が500万円、返済残高が100万円とした場合、遺族に支払われる死亡保険金は、400万円だけということに。
頻繁に起こることではないとしても、遺族のために加入した保険が、結局はあまり残せなかったということにしないためにも、借り入れをする前にまずは家族への相談を済ませておきましょう。

契約者貸付制度のメリット・デメリット

メリット

やはり、生命保険の解約返戻金を担保とする借り入れという形を取るため、低金利であることが最大のメリットでしょう。
ほとんどの場合で年3~6%という設定になっています。
ちなみに金融機関のカードローン(関連:カードローンでお金を借りる方法)では、基本的に無担保融資というメリットがあるものの、保証料が金利に上乗せされていることもあり、年10%を超えるものが多くあります。

加えて、審査がないということも、契約者貸付制度の大きなメリットです。
一般的に、金融機関でのローン審査では、安定した収入などの条件を満たしていない限り、通過しづらいものです。
ですが、契約者貸付制度は、対象となる生命保険を加入してさえいれば、無職であれ利用することが可能です。
もちろん、銀行などのローン審査で落ちてしまった人にも融資可能

審査がないということで、その分の時間も不要であり、最短即日でスピーディに融資が受けられることもメリットです。
今では多くの保険会社がインターネットによる申し込みを受け付け、最短即日融資の対応をしてくれます。銀行での営業時間内(平日14時30分まで)に申し込み完了であれば、その日に指定した口座へ振り込みがされます。
銀行の営業時間外で申し込みを完了させた場合の振り込みは、翌営業日となるため、注意が必要です。急ぎで借り入れをしたいという場合にも対応をしてもらえるため、利便性が高い借り入れ法といえます。

そしてもちろん、返済が生命保険の契約期間内でいつでも行える、という点も、収入が安定していない人には特に、余裕を持てる返済方法として、メリットといえるでしょう。

デメリット

基本的に、大きなデメリットはないのですが、上記で挙げている注意点を理解しておくことが大切です。

返済ができなかった、解約返戻金を借り入れが超えてしまったという最悪のケースも視野に入れて、まずは確実に返済できる計画を立てておくようにしましょう。

 

【直近3ヵ月】申込数ランキング

※当社調べ
WEB申込で完結&最短1時間カードレス郵送物なしだから誰にもバレずに借りれます。

瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。急いでいる方も安心です。

 

インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。

 

郵送物なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。
関連ページ