どこでお金を借りる?

結婚式代でお金を借りるブライダルローンとはどんなプラン?みんな借りてるの?費用で利用するデメリットや審査など徹底解説

生涯を誓い合う2人の新スタート、両家の絆を祝う結婚式・披露宴は、会場や招待客数などにより必要となる資金も幅広いもの。まして、2人の門出には新婚旅行や新居費用なども必要となりますから、貯金だけでは足りないこともあるでしょう。

そんな時には、結婚資金をしっかりとサポートをしてくれる「ブライダルローン」を検討してみてはいかがでしょうか。

今回は結婚式でお金を借りるブライダルローンについて、メリット・デメリットなども含め、詳しくご紹介していきます。

このページの要約点
  • ブライダルローンは使途を結婚資金全般に限定。
  • 妥協せず最高の思い出作りを重視する人におすすめ。
  • 提供先は銀行や信販会社など、式場提携ローンもあり。
  • ブライダルローンの金利は3~10%の設定が多め。
  • ブライダルローンの審査はかなり厳しめ。
  • 利便性が高く審査通過しやすいカードローンもおすすめ。
↓最新版ランキング↓

【目次】このページ先読み

結婚式代でお金を借りる場合のブライダルローンとは?

まずはブライダルローン自体がどのようなローンなのか、簡単にご説明しましょう。

※金融機関・業者によってはウエディングローンとなっていることもありますが、こちらではブライダルローンと表記していきます。

結婚式費用分の貯金がない、そのお金足りない時のローン

結婚となると一般的に、挙式や披露宴に加えて婚礼衣装・結婚指輪、新婚旅行、家具や家電などを含めた新居費用も必要となってきます。ブライダルローンは、そういった結婚資金全般を使途として限定しているローンです。

今では趣向を凝らした結婚式も多く、その費用は意外と高くなるものですから、ブライダルローンを利用する人も増えています。

ブライダルローン利用者の口コミ・評判・体験談※みんな借りれるの?

実際にブライダルローンを利用して挙式・披露宴を行った人たちの口コミ・評判・体験談も気になりますよね。

ということで、ネットでの口コミ・評判、利用者の体験談をまとめてみました。

  • 貯金はあったものの、妊娠がわかりお金を残しておきたいと思い、ローンを利用しました。体調にも問題はなくすぐに返済できたため、結局利用の必要はなかったが、安心感が得られてよかった。
  • 収入が少ないために親からの借り入れを考えていたものの、無理だったために利用しました。返済のことも考え借りたので、返済中の現在も無理なく支払いができています。
  • 結婚式の見積もりが予想以上の高額だったために利用しましたが、他のローンと同じ感覚で、月々の返済も大きな負担ではなかった。

もちろん、満足している人たちばかりではありません。

  • 急な挙式で貯金は間に合わず、親からのサポートもなしだったためにブライダルローンを利用しました。ですが3年経った今もローンを返済中。支払利息のことを考えると、できれば借りずに自分たちの貯金だけでしたかった。
  • 結婚というハイテンションのまま借金の認識なく気軽に借りてしまいました。挙式当日は希望通りの1日となり大満足だったものの、その後のローン返済のために節約生活となり、新婚旅行は延期。もっと冷静に考えるべきでした。

ローン返済が現実となってから、疲労感を抱えている人たちもいるようですね。

ですが中には、以下のような声も。

  • ローン返済は確かに大変だけれど、憧れの式場でゲストにも満足してもらえた挙式・披露宴ができ、幸せでした。結婚式の準備中である友人から、「あれほどの式ができてすごい、私達は貯金が少ないから」と言われます。

返済が大変とはいえ、ブライダルローンで叶えられた結婚式は、周囲にも満足してもらえたとのこと。

妥協せずに素晴らしい思い出にしたいと強く願っている人には、ブライダルローンの利用も大きなサポート力となるはずです。

結婚式費用は分割も可能?

結婚式の費用は一括払いが基本であり、分割払いとしている式場などは、ほとんどありません。結婚式のためにローンを利用する人が増えている理由の一つといえるでしょう。

結婚式のお金ない場合はローン組まずにご祝儀で払える?

結婚式場によっては、費用を後払いでOKとしてくれるところもあり、その場合はご祝儀からお支払いが可能です。ですがほとんどの場合、支払い方法を前払い一括のみとしています。

当日払いやカード払いも可能としているところもありますが、多くはありません。

結婚式後に費用が払えないリスク回避のため前払い多々

結婚式は通常、数十万円~数百万円かかるものであり、式場側としても後になって「回収不可能」というリスクを避けたいわけです。そのため、契約時に申込金を支払い、式当日の3~10日前までに総額から申込金を差し引いた金額を一括で支払うことが一般的。

そこで、どうしてもお金が足りないという時に、ブライダルローンの利用を検討する人も少なくないわけです。

結婚式費用を銀行等で借りるブライダルローンの種類

ちなみにブライダルローンの種類としては、以下がメインとして挙げられます。

種類 特徴
式場提携のブライダルローン 利用には、その式場で挙式・披露宴を行う場合を限定としていることがベース。その場合はクレジット扱い、式場以外で挙式・披露宴を行う場合はローン扱いとするケースもあります。式場へ直接払い込まれるため、支払いの手間が省けるメリットがあります。
銀行など金融機関のブライダルローン 目的別ローンの一つであり、多目的ローン(フリーローン)よりも比較的金利が低めであることが特徴的。(関連:銀行でお金を借りる方法【ローンの種類や流れ・デメリットを解説】)基本的に、挙式・披露宴費用以外にも新婚旅行や新生活に必要な家具家電費用など、結婚に関する資金全般に利用可能です。
銀行など金融機関の多目的ローン
(フリーローン)
使途を限定していないため、結婚資金としても利用可能です。ただし、その分利が高めに設定されていることが特徴といえます。
信販系のブライダルローン 信販会社などもブライダルローンを提供しているところが多くあります。高額融資に対応しているところが多々。
金融機関・業者のカードローン
ブライダルローンとは違うものの、使途が基本的に自由であり審査が通過しやすいことから、結婚式代に利用する人も増えています。カードローンは最短即日融資に対応している消費者金融のほか、銀行系信販系とあり、とても便利。(関連:カードローンでお金を借りる方法・申込や審査・注意点等解説)ただし、金利が高めということに要注意。

結婚式でお金を借りるブライダルローンの金利相場

ブライダルローンの金利は、金融機関によってかなり違ってきますが、約3~10%の設定が多く見られます。

結婚式でお金を借りるブライダルローン!申し込みなど流れ

ブライダルローンを組むには、以下の流れが基本となります。

①資料請求

式場や金融機関などからブライダルローンの資料請求を行います。

②借入可能額のチェック

金融機関により借入限度額は違いますが、あくまでも借り入れ可能額ではなく、借り入れ上限額ということ。

それぞれの借入可能額が上限で決定されるとは限らないため、まずは自身の借入可能額を要チェック。

ちなみに、一般的な上限金額は、300万~500万円といえます。

③金利のチェック

固定金利または変動金利で準備されていますが、金融機関のローン商品により違ってきますからご確認を。また、金利だけではなく特約なども確認、検討することが大切です。

ちなみに、契約時の金利が低く返済期間が短期であれば、変動金利を選ぶほうがお得かもしれません。ただし、提供先によっては固定金利のみとしている場合もあります。

④返済計画と借入額の決定

自身が借りられる金額とその後の返済額は、必ずしも一致するとはいえません。また返済方法では、毎月返済のほかにボーナス払いや一括払いなどもあります。

ブライダルローンは比較的金利が低めとはいえ、しっかりとした返済計画を立てなければ、月々の返済が大変なことに。特に他にもローンを抱えている人は、余裕のある収支計画をベースに考えましょう。その上で借入額を決めることをおすすめします。

⑤必要書類の準備~提出

ブライダルローンの申し込みでは、源泉徴収票や給与明細などの年収証明書や戸籍謄本といった、準備期間がかかる書類が必要です。

そのため、挙式・披露宴までに十分な余裕がある申し込みをしなければ、挙式・披露宴代の支払期限に間に合わないこともあり要注意。

もちろん、本人確認書類のほか結婚式の見積書なども必要となりますから、事前に確認・準備を怠らないようにしましょう。

⑥ローン審査

ローン審査が行われます。審査期間は、1~2週間が一般的。

他にもローンがある人、クレジットカードなどで過去に支払い遅延などがある人は、審査通過が難しい可能性もあります。

ちなみに、ブライダルローンの審査は厳しめといえます。

⑦結婚式資金の借入額振込

審査通過となれば、融資額が振り込まれますから、式場の支払期限までにお支払いを。

結婚式代でお金を借りるブライダルローンの審査について

ブライダルローンの審査は、利用者が多いカードローンに比べ、厳しめとされています。

では、その審査についてご解説しましょう。

結婚式代でお金を借りるブライダルローンの申込み条件

まずは当然ながら、申込み条件を満たしている必要があります。

成人したカップルなら誰でも申し込みは可能ですが、基本的に以下の条件が挙げられます。

ブライダルローンの一般的な申込み条件
  1. 20歳~65歳…働いているとしても未成年は不可。また20歳以上であっても学生であれば申し込み不可としているところもあります。
  2. 安定した定期収入がある人…収入が○○円以上としているところもあります。
  3. 指定の保証会社での保証が受けられる人

結婚式代でお金を借りるブライダルローン審査期間は?

審査期間は、1~2週間かかることが一般的。ですが、式場で最終的な見積もりが出る時期は、挙式の2週間ほど前。つまり挙式・披露宴の代金が前払いの場合、ローンを申し込む時期によっては、審査に時間がかかって融資が間に合わないことも。

ブライダルローンを検討している人は、最終見積もりを早めに出してもらうなど、融資までの期間に注意しましょう。

結婚式代でお金を借りるブライダルローンの審査基準

ブライダルローンはカードローンに比べると審査が厳しめであり、審査通過が難しいとされています。

ブライダルローンの審査基準としては、公開はされていませんが、どのローン商品と同じく以下のことが重要視されるといえます。

  • 返済能力が十分と判断できる、安定した定期収入があるかどうか
  • 過去に返済遅延などがあるかどうか、個人信用度の高さ

安定した定期収入では、年収を一定以上で条件としているところもあります。また返済能力では、正社員といった雇用形態や勤続年数も審査の対象とされています。低年収であっても勤続年数が長ければ返済能力ありと判断されることも。つまり、就職や転職したばかりという人には、ブライダルローンの審査通過が難しいかもしれません。ちなみに、審査で有利とされている勤続年数は、3年以上といわれています。

そして個人信用度についてですが、個人信用情報機関にてクレジットカードの返済歴や債務整理などについてチェックされます。

自身の信用情報について定かではない人は、それぞれのサイトで説明されている開示請求の手続きを行うことをおすすめします。

また、既に他のローンで返済をしている人、実際にまだ借りていなくてもローン契約済みの人など、審査に影響の可能性があります。

ブライダルローンの審査で妻/夫がブラックでも通過可能?

ローンの申込者がブラックである場合、審査通過は無理といえます。ローンは返済されるべき商品ですから、審査では「返済能力」が十分にある人かどうかを重要視しています。

ブラックに関しては、以下の記事で詳しくご紹介していますので、気になる人は是非ご覧下さい。

結婚式代でお金を借りるブライダルローンのメリット・デメリット

ブライダルローンを組む前に、そのメリット・デメリットを熟知しておくことも大切です。

ブライダルローンとカードローンを比較

まずはわかりやすいように、利便性が高く利用者が多いカードローンと比較してみました。

メリット
ブライダルローン
  • 金利が低め
  • 式場提携ローンの場合、手間なく式場へ直接振り込まれる
  • 使途限定のローンであるため、借りすぎ防止が可能
  • 高い融資額が可能なため、妥協なしの結婚式が挙げられる
カードローン
  • 使途が自由のため、結婚資金以外にも利用可能
  • 必要書類が少なめ
  • 最短即日融資に対応
  • 限度額内で何度でも借入可能
  • 金融業者によっては、基本的に新規契約者限定で無利息期間の設定あり
  • コンビニなどの提携ATMで借り入れ・返済可能
デメリット
ブライダルローン
  • 使途が限定されている
  • 提出書類が多め
  • 申し込みから融資までの時間が長い
  • 審査が厳しめで通過しづらい
  • 追加融資が受けられない
カードローン
  • 金利が高め
  • 返済方法によっては延滞のリスクが高め
  • 限度額内で何度でも借りられることから、借りすぎの可能性大

メリット!ブライダルローン利用で全額前払いも可能

ブライダルローンを利用する大きなメリットといえば、結婚における幅が広がることでしょう。一般的にフリーローンよりも低金利なブライダルローンを利用することで、前払いのみとしている式場との契約も可能になります。

また、新居のことなどで急な出費となった時にも、すぐに対応できるという安心感が持てます。

デメリット!ブライダルローン利用で住宅ローンが組めない?

またデメリットでは、ブライダルローンの審査通過が難しい、かつすぐに利用できないケースがあること。

そして、将来的にマイホームのために住宅ローンを考えている場合にも要注意。ブライダルローンの返済が残っていることで、住宅ローンやマイカーローンなどの審査が通らない可能性もあります。

結婚式代でお金を借りるおすすめブライダルローン

ブライダルローンを取り扱っているところは、銀行などの金融機関や信販会社など多くあります。こちらではおすすめのブライダルローンをご紹介していきましょう。

楽天銀行ブライダルローンの「目的型ローンブライダル」

商品名 目的型ローンブライダル
金利 固定金利 年7.0%
利用限度額 10万~300万円(1万年単位)

書類郵送なし、ネットで契約完了可能。借入期間は最長8年4ヶ月。借入額が50万円以下で元利込定額返済方式の場合、月々の返済額を1万円から設定できるので、返済がしやすいといえます。

スルガ銀行ブライダルローンは無利息期間あり!ご祝儀返済可能

商品名 結婚式費用立替えプラン
金利 固定金利 年8.8~12.8%(資金使途・審査により適用金利決定)
※カードローン機能の選択も可能、カードローンは固定金利年7.0~14.9%
利用限度額 10万円以上800万円以内(1万年単位)
※選択制のカードローンは10万円以上790万円以内(10万円単位)

リクルート支店の専用プランであり、最大3ヶ月の無利息・無返済期間が設定されています。初回返済日は、利用日より2ヶ月経過後に来る月の第1営業日。つまり、1日が利用日であれば、最大3ヶ月間の無利息になるわけです。その間に、ご祝儀による一括返済をすれば、無利息での借り入れが可能。

また、繰り上げ返済手数料無料ですから、自身のペースで無理のない返済で残高を減らせます。

JA(農協)ブライダルローンなら超低金利で利用可能

地域のJAによっては、ブライダルローンを設定している場合があります。

他のブライダルローンと比べて低金利である上、JAを既に利用している人であれば、金利優遇の可能性もあり。

地域のJAへ是非お問い合わせを。(参考:JAバンク店舗・ATM検索

ろうきんはブライダルローンの代わりにフリーローン

ろうきんでは、ブライダルローンという商品はありませんが、結婚費用にはフリーローンが利用可能です。

以下、中央ろうきんを例としてご紹介します。

商品名 フリーローン
金利
  • 団体会員の構成員…変動金利で年5.825%、固定金利で年7.000%
  • 生協会員の組合員と同一生計家族の人…変動金利で年6.105%、固定金利で年7.280%
  • 上記以外の一般勤労者…変動金利で年6.325%、固定金利で7.500%
利用限度額 最高500万円

融資期間は最長で10年となっていますが、最終返済時は満76歳未満であることが条件となっています。

ろうきんでは、団体会員・生協会員限定で、金利引下げ制度が設けてあり、フリーローンも対象商品となっています。場合によってはさらに金利が下がることも。

地域のろうきんにより条件などで違いもありますから、既にろうきんを利用している人は特に、地域のろうきんへお問い合わせを。(参考:地域のろうきん検索

アニヴェルセル提携ブライダルローンの「プレシャンテ」

信販系で有名なブライダルローンといえば、ジャックス提供のプレシャンテです。アニヴェルセルやワタベウエディングなどの提携ブライダルローンにもなっています。

商品名 プレシャンテ
金利 固定金利 年6.50%
利用限度額 10万円~500万円(500万円超を希望の場合、申込時に相談可)

国内外合わせて400以上もの式場と提携しており、高額融資にも対応しています。提携式場であれば、プレシャンテから式場へ直接支払ってくれるため、支払いの手間なく済ませられます。一部繰り上げ返済可能。

ブライダルローンとして利用可能!オリコの「多目的プラン」

商品名 多目的プラン
金利 年6.0~13.2%(金融情勢の変動で利率変更となる可能性あり)
利用限度額 10万~300万円(1万年単位)

多目的プランなので、結婚式費用に限定されていないところが大きなメリット。事業資金やローンの借り換え資金以外の使途に利用できます。

ブライダルローンとして会社の従業員貸付制度は利用可能?

勤務先で従業員貸付制度が導入されている場合、結婚資金として利用できる可能性は高くあります。

従業員貸付制度の利用には、資金使途が明確である必要があります。福利厚生の一環である従業員貸付制度は、低金利での借り入れが可能でおすすめ。まずは勤務先の担当者にご相談を。

公務員にはろうきんのフリーローンや共済貸付もおすすめ

公務員の人には、ろうきんのフリーローンはもちろんのこと、共済組合貸付制度の結婚貸付を利用するのもおすすめです。

共済貸付を利用する大きなメリットは、とにかく超低金利であること。国家公務員の場合は、地方公務員より比較的高金利の傾向にありますが、銀行などと比べても、かなり低金利です。繰り上げ返済手数料もかからず、審査も比較的緩めといえますから、是非ご確認を。

ブライダルローン以外で結婚式代の借金にはカードローン等

審査通過が難しいとされるブライダルローン。審査通過とならなかった場合の対処法もご紹介していきましょう。

結婚式代全額を借りたい場合には銀行系フリーローン

銀行など金融機関によるブライダルローンは、比較的低金利で資金使途が限定されていることから、審査は厳しいもの。審査落ちとなることも珍しくはありませんから、その対処法には資金使途を自由としている「フリーローン」を検討しましょう。ブライダルローンの審査では駄目だった場合でも、フリーローンに通過する可能性はあります。

フリーローンは高額融資に対応しています。参列者数や式場のタイプなどによっては、結婚式代も予想以上となることも。結婚式代の全額をローンで支払いたい人には、フリーローンの検討もおすすめです。

結婚式代でお金を借りるなら銀行カードローンも利用価値あり

カードローンも基本的に使途が自由であり、利便性の高さからおすすめの借り入れ方法といえます。審査はブライダルローンより比較的緩めといえます。

銀行カードローンの上限金利は、平均して13~17%、ほとんどの場合14%ほどですから、他のカードローン会社よりも低めです。初めての契約者(関連:はじめてお金を借りる)は利用限度額が低く設定されることもありますが、結婚式代の不足分だけを借りたい人にはおすすめ。

ただし、銀行カードローンは最短即日融資に対応していないことに要注意。

結婚式代をろうきんローンの「マイプラン」で借りる

ろうきんを既に利用している人には、ろうきんのカードローン、「マイプラン」も検討してみましょう。低金利で資金使途自由です。金利引下げ制度もあり、超金利となることも。

以下、中央ろうきんマイプランの金利をご紹介します。

※表の金利は2021年2月1日現在、金利情勢により変動する場合があります。

提示金利(年率) 最大引き下げ後の金利(年率)
団体会員の構成員 7.075% 3.875%
生協会員の組合員など 7.255% 4.055%
一般勤労者 8.475% 5.275%

条件などについては、地域のろうきんにお問い合わせ下さい。

最短即日融資の大手消費者金融カードローンもおすすめ

カードローンの中では銀行の審査は厳しめですから、不安な人は消費者金融のカードローンを申し込むのもいいでしょう。銀行よりも審査通過がしやすい傾向にあります。

とはいえ、消費者金融でも信用情報に金融事故が登録されていれば、審査通過は難しいと覚えておいて下さい。

そして、金融業者のカードローンでは、安心・安全な大手消費者金融の選択がおすすめ。

 

大手消費者金融であれば、審査時間が短く最短即日融資対応はもちろんのこと、無利息期間サービスを提供しているところもあります。

無利息期間内にご祝儀で一括返済ができるのであれば、無利息のまま借り入れが可能です。場合によっては、最適なブライダルローンとなるでしょう。

ですが、総量規制の対象であること、上限金利は大体年15.0~18.0%と、高めであることなどがデメリットといえます。(参考:日本貸金業協会「総量規制について」)無職・無収入の人は利用できませんから、申し込み条件をよく確認した上で申し込むようにしましょう。

ブライダルローンとカードローンの併用も方法の一つ

また、挙式・披露宴関連をブライダルローンで支払い、参列者のお車代や2次会の費用などはカードローンで支払う方法もご検討を。無利息期間を利用すれば、カードローン分をご祝儀で一括返済、ローン全体の支払利息を少しでも抑えられます。

ブライダルローンを申し込む前に注意しておきたいこと

上記でも注意すべきポイントを挙げていますが、他にもブライダルローンを申し込む前にチェックしておきたい点があります。

結婚式代にブライダルローン利用で後悔する?

金融機関・業者では、ブライダルローンを含め、家の購入や車の買い替えなど目的に合わせたローン商品も多く用意されています。そして家や車の場合、ローンの返済が大変となっても、その資産を売ることも考えられます。

一方で、同じく高額融資であるブライダルローンでは、思い出だけが残り、返済のためお金に変えられるものはありません。もしもその後の返済が不安、既に妊娠中である、他ローンを返済中などと少しでも悩みがあるのなら、考え直す必要があるでしょう。

返済計画もしっかりと立ててあり、この先どんなことがあろうと揺るぐことはないと自信がある人にはおすすめのローンです。妥協なく自身が望む結婚式を挙げたいと強く思っている人には、その後のローン返済にも後悔はないはずです。

結婚をスタートさせる上で重視すべきことは、人によりそれぞれ。まずは2人で将来的なことも含め十分に話し合ってから、ローンを申し込むかどうかを決めましょう。

会費制の結婚式にするなどブライダルローン以前に検討を

ちなみに、ブライダルローンが組めなかった場合、もしくはローン契約を最終手段と考えている場合には、以下の方法もご検討を。

  • 親族のみの少人数、または親しい友人たちのみの会費制結婚式にする。
  • 自己負担でできるように、見積もりからさらに節約できるところをチェックする。
  • 結婚式はすぐにする必要はなし、貯蓄をしてから行う。
  • 新婚旅行だけ延期する。

ブライダルローンのシミュレーションで後悔しない返済を

上記で返済計画を立てることをお話しましたが、ブライダルローンを組む前に、返済シミュレーションを行うこともおすすめ。

こちらでは、返済シミュレーションの例をいくつかご紹介しましょう。

借入額が100万円/固定金利6%/返済期間5年以内
返済額/月 1万9,332円
返済総額 115万9,939円
支払利息総額 15万9,939円
借入額が200万円/固定金利6%/返済期間7年以内
返済額/月 2万9,217円
返済額総額 245万4,189円
支払利息総額 45万4,189円

借入額が大きいほど支払利息総額は大きくなります。ですが、月々の返済額を増やして返済期間を短くすれば、支払利息総額がかなり抑えられます。

ブライダルローンはカードローンよりも金利は低く、高額融資も可能ということから、新婚を迎える2人の強い味方といえます。とはいえ、新婚生活はまだ家計に慣れておらず、何かと細やかな費用がかかるもの。そういったことも考え、返済シミュレーションを行い、返済計画をしっかりと立てることが大切なのです。

ブライダルローンは選ぶ会社に要注意!高利息の場合も

銀行といった金融機関の目的別ローンは、審査が厳しく通過しないことも多々。そのことから、結婚式場で独自提供しているローンや、紹介によって審査が緩めのローン会社の商品を利用することもあるでしょう。ですがその場合、利息が15%になるなど、金融機関の金利より3~4倍もの高利息になることも珍しくありません。

ブライダルローンや結婚式費用にも利用できるローン商品を選ぶ時は、必ず細やかな条件・特約などをチェックするようにしましょう。

ブライダルローンで繰り上げ返済手数料の有無

ローン商品の選択には、金利など比較すべき点が多くありますが、繰り上げ返済手数料もチェックしておきたいもの。月々の家計に余裕があり多めに返済できるとなれば、繰り上げ返済がおすすめです。その場合に繰り上げ返済手数料がなければ、予定よりも早めの完済が可能に。

結婚式のご祝儀でブライダルローンの一括返済も検討

ブライダルローンは当然ながら、支払利息がつく借金です。支払利息を減らすことも考え、できる限り早くに返済したいものですよね。

そこで、頂いたご祝儀をブライダルローンの一括返済にすることもおすすめです。2人でよく話し合ってみてはいかがでしょうか。

住宅ローンなど利用中でブライダルローンの金利優遇あり?

金融機関によっては、住宅ローンなど既に利用している人に、ブライダルローンで金利優遇を設定しているところもあります。該当者は、利用中の金融機関にまずはご確認を。

結婚式代で親からお金を借りる/親に立て替え払いしてもらう

どうしても結婚式代が足りない、ローンも審査通過にならなかったという場合には、親からお金を借りる方法も考えましょう。

また、諸事情からローンが組めない人は、親名義でブライダルローンを組むことも可能です。未成年者が結婚する場合に、親子関係の証明書類や結婚式の見積書、名義人の収入証明書などの準備で、親名義での契約ができます。そしてこの制度は、結婚する人が未成年に限ってはいないため、資金に余裕がない成人でも利用可能。

ただし親名義ということからローン返済も親が行うことになり、親への返済をどのようにするのか、事前に相談し合うことが大切です。

【最新版】ランキング

【直近3ヵ月の人気・申込数順】※当社調べ
WEBで完結&最短1時間在籍確認なし郵送物なし!
【審査通過の簡単な3つコツ】①借入上限額を高くし過ぎない②年収を偽らない③情報の入力ミスに注意

1位 プロミス

三井住友銀行グループ

審査⇒借入まで最短60分即日借りれる!瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。電話・在籍確認なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)

※在籍確認(電話)の要望がある場合は、申込完了後すぐに相談をお願いします。

2位 アイフル
郵送物なし・在籍確認なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。(平日~土日祝でも当日可能)

3位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短60分で借りれる!(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

今月の注目枠
🔰三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
↑バンクイック↑

関連ページ