基礎知識

お金借りるまでの大まかな流れ

「お金借りる」というと何か大ごとのように思えるかもしれませんが、生きていればお金借りるようなシーンも出てくるものです。
初めてお金を借りるときというのは誰もが不安を感じることでしょう。
ここでは、お金借りるまでの大まかな流れについてご紹介していきたいと思います。どこから申し込みをするのかによって違ってくる部分もあるでしょうが、基本的には「申し込み」「審査」「融資」という流れになってきます。

(関連:今日すぐお金を借してくれる)

この記事を読むとわかること
  • 融資申込方法は4つ。電話・ネット・来店・無人契約機
  • 必要書類は本人確認書類と収入証明書が基本
  • 審査では安定継続な収入があるか、返済能力はあるか、他社借入額はあるかなど
  • 審査に違い。消費者金融は早い、銀行系は時間がかかる
  • 融資はATMから借入や指定口座への振込、窓口がある
↓最新版ランキング↓

お金借りる流れ①申し込み

カードローンの申し込みというと、一昔前までは無人契約機のイメージが強かったかと思います。
実際に、カードローンの無人契約機のテレビコマーシャルを見聞きしたことがあるという方も多いでしょう。
ただ、今はカードローンの申し込みひとつとっても選択肢がかなり豊富になっています。

例えば、インターネットからの申し込みもありますし、来店しての申し込みや昔からある無人契約機からの申し込み電話での申し込みと言ったものもあります。
今はご存知のように何をするのにもインターネットを利用する方が多くなっており、カードローンの申し込みに関してもインターネットからの申し込みをする方が圧倒的に多いと言われています。
人に知られにくいのはもちろん、場所や時間を問わずに申し込みができるという部分もあるのでしょう。

かつてはカードローンというと実際に融資をしてもらうまでにかなりの時間がかかっていたのですが、今では最短で当日中に融資が受けられるというところも少なくありません。
もちろん、融資を受けるまでに数日かかるケースもなくはないのですが、思っている以上に早くに融資を受けられる可能性も十分にあるのです。

ちなみに、来店して申し込みをする場合や無人契約機で申し込みをする場合でも、事前にインターネットなどから申し込みをしておくと審査が早く終わることもあります。要はケースバイケースということです。

また、カードローンの申し込みの際には、必要書類を提出しなければいけません。
本人確認書類の提出が必要となってくるのですが、本人確認書類としては「運転免許証」「健康保険証」などの公的証明書が挙げられます。

もし借入金額が50万円以上の場合や他社と合わせて100万円以上の借入をする場合には、収入証明書などの所得証明が必要になってきます。

カードローンにもいろいろなものがありますが、特に銀行系カードローンになってくると借入金額に関わらず提出を求められるケースがあると言われています。
収入のない専業主婦や専業主(夫)がカードローンの申し込みをする際には、配偶者の所得を証明する書類や同意書の提出が必要となってくることもあります。
基本的にこういった書類を含めて不備があると再提出となりますので、不備がないように気を付けていきたいものです。

お金借りる流れ②審査

必要書類の提出も含めてカードローンの申し込みに不備がなければ、カードローン会社による審査がおこなわれることとなります。

カードローン会社の審査では

  • 安定した継続的な収入があるのかどうか
  • 仮に融資をしたとして返済能力があるのかどうか
  • 収入から考えて貸しすぎにならないかどうか

などの部分が判断されることになります。

申込内容で不明なところがある場合やカードローン会社の知りたい情報がわからない場合などには、カードローン会社のほうからメールや電話で確認が来ることもあります
確認が来た場合には、慌てずに伝えるべきことを正確に伝えるようにしましょう。

審査の結果に関しては、メールや電話で連絡されることになるかと思います。
店頭や無人契約機での申し込みの場合には、申し込んだその場で結果がわかることもありますので思っている以上に早くに融資を受けられる可能性もあります
カードローン会社の審査にかかる時間は早いところで30分から1時間ほどとなっているのですが、通常であれば1営業日から3営業日くらいは見ておいたほうがいいでしょう。
このあたりに関してもカードローン会社によって違いがありますので、事前に確認をしておきましょう。
一般的には消費者金融系の審査は早く、逆に銀行系は比較的時間がかかると言われています。

お金借りる流れ③融資

審査が終わったら、カードの受け取りと契約です。
申し込みの際に本人確認書類を提出していない場合には、この契約のときに提出することになります。
カードの受け取り方は「店頭」「郵送」「無人契約機」の3通りが基本となっているのですが、カードを受け取らないカードレスの方法もあります
カードがあるからカードローンなのですが、今はカードのないカードローンもあるのです。

カードを受け取った後には、ATMから借入や指定口座への振込窓口での融資といった形で融資を受けることになります。
ただ、最近ではパソコンやスマートフォンから簡単にインターネットを経由して入金依頼ができるカードローンも増えていますし、カードが手元に届く前でも口座振込をしてくれるようなケースもあります。

【最新版】ランキング

【直近3ヵ月の人気・申込数順】※当社調べ
WEB申込で完結&最短1時間カードレス郵送物なしだから誰にもバレずに借りれます。

1位 プロミス
瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。急いでいる方も安心です。

 

2位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。

 

3位 アイフル
郵送物なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。
関連ページ