条件別でお金を借りる

保証人なしでお金を借りる方法!必要がない理由や保証人不要のカードローンの審査や条件

お金を借りる時に出てくるワードとして「保証人」があります。

未成年が一人暮らしを始める時に保証人をつける

入社の際に保証人が必要

という身元を保証する意味もありますが、ここではお金を借りる時に必要な保証人ということを中心にまとめていきます。

聞いたことはあるけど、説明をしてみようとするとわからないこの「保証人」。

今すぐお金を借りる方法として、意外と身近で簡単なカードローンではこの保証人が必要ありません

どうして保証人が不要なのか

保証人が必要な借入方法と不要な借入方法では何が違うのか

など保証人なしでお金借りる事についてまとめて解説をしていきます。

この記事でわかること
  • 保証人なしでお金を借りられるのはカードローン
  • 保証人なしでお金を借りると金利が高め
  • 保証人なしなら早くお金を借りられる
  • 保証人なしでも保証会社はつく
  • 保証会社への返済はより厳しいので返済は確実にする
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
―――――――
プロミス ※最短即日借りれる \初めてなら30日間無利息(条件下記参照)/
三井住友銀行グループの安心感『プロミス』

\申込も簡単で今すぐ借りれるプロミス/ ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
※銀行ならではの金利 月々返済1000円~可!三菱UFJ銀行の口座不要
―――――――
アイフル ※最短当日借りれる \20時迄の審査申込で最短即日借りれる/
↓最新版ランキング↓

保証人とは、保証人の仕組み

お金を借りる時には、保証人、担保が必要なケースがあります。ここでは保証人に特化して考えてみます。

保証人と言えば、保証人連帯保証人を思い浮かべる人が多いと思います。

どちらも借金をする時に、もし返済ができなくなった時、代わりに返済を負ってくれる人のことです。連帯保証人=債務者となりますので、保証人より連帯保証人の方がより確実に返済義務が生じます

例えば、家賃が発生する賃貸物件を契約をする時、年収に対して高額な住宅や土地購入でローンを組む時などに保証人をつけるように言われることが多いです。

保証人になった場合、お金を借りた本人が返済ができなくなった時には、返済をその人の代わりにしないといけなくなります。

保証人なしでお金を借りる方法

保証人を頼むことができる関係というのは、身近な親や兄弟までの関係ではないでしょうか。友達や恋人などでは、保証人として認められないケースも考えられます。

できれば保証人なしでお金を借りられる方が気分的にも楽ですし、時間や手間もかかりません。

カードローン

銀行をはじめ、消費者金融のサービスにカードローンがあります。

お金を借りる手段としては、保証人や担保が必要なく、審査を受ける必要はありますが、比較的早くキャッシングをすることができます。無利息期間があるところもあり、上手に利用をすればお得にお金を借りられます。

保証会社の保証を受けられるかどうかでお金を借りれるかどうかが決まります。

フリーローン

カードローンは借入金額が決まっていて、その金額内であれば、繰り返し借りたり返したりを繰り返すことができるローンで、フリーローンは一旦借りるとあとは返済のみというローンです。

期間を決めて計画的な借入ができる場合には、こちらのフリーローンを利用することがあります。

フリーローンも保証人がなく、無担保で借りられます。

住宅ローン

カードローンは、目的が決まっていなく生活資金として、少し足りないなという時に便利なローンですが、目的別ローンは、その名の通り目的がしっかり決まっていてそれに使うことを前提にお金を貸してもらえるローンです。

その目的別の中でも代表的ローンと言えば、住宅ローン

家を買うとなると人生の中でも大きな買い物です。住宅ローンを組む人が大半です。

住宅ローンは、家を新築で建てる時の土地購入代から建築費、中古住宅購入、リフォームや増改築で必要なお金を借りる時に使います。

原則、保証人は必要なく、担保として購入予定の土地や家にそのローン会社の抵当権がつきます。

教育ローン

次にお金が必要となるタイミングは子どもにかかる教育費。年々かかる教育に関するお金を借りることができるのが教育ローンです。

大学進学の為の受験費、宿泊費、アパート下宿代、入学金など、留学する為の渡航費、学費などを賄うためのローンです。

教育ローンを借りる時にも原則、保証人はなしです。

例外として、医学部や薬学部などの高額な費用が必要な場合には保証人が必要となるケースがあります。

ブライダルローン

結婚をする時にも、何かとお金がかかってくるもの、ご祝儀だけでは足りない、そういう時にはブライダルローンの検討も必要となってきます。

結婚式や披露宴、新婚旅行、結納、結婚指輪などに使う目的で借りられるローンです。

マイカーローン

自動車やバイクに関係することに使えるのがマイカーローンです。新車、中古車に限らず自家用車の購入はもちろん、運転免許証を取得する時や車検の時にも使える便利なローンです。

マイカーローンの申込み時にも保証人は必要ありません

 

以上の目的が決まったローンは、金利の優遇があるものが多いので、初めから目的が明確なのであればこれらの目的別ローンがおすすめです。

おまとめローン

カードローンを複数社から借入をしている場合に、ひとつにまとめるおまとめローンがあります。

ひとつの銀行、消費者金融会社にまとめることによって返済日がわかりやすくなり、金利も下げられる可能性があるので、返済日や返済額の管理が難しくなった時には利用するとよいローンです。

このおまとめローンは、すでにローンで審査を受けており、保証会社の保証を受けているので、保証人は必要がありません

保証人が必要なしでお金が借りられる理由

保証人が必要なくてもローンを組んでお金を借りられるなら、その方がいいに決まっています。

では、どうして保証人が必要ないのかというと一番の理由は、貸す相手に収入があるかどうか、返済能力があるかをあらゆる方面から確認をしていることがあげられます。

 

申込者の安定継続した収入があることの確認ができている

本人確認をした上で、年収がいくらなのか申告してもらい、職場への電話で在籍確認をして勤務実績が本当にあるのか、貸す金額が大きい・勤務年数が少ない場合には収入証明書を提出させたりして毎月の安定した収入が本当に本人にあるかどうかを確認しています。

収入があることを確認することで貸し倒れのリスクを低くして、保証人なしでもお金が借りられるようになっています。

保証会社が審査、保証をしている

カードローンの申込みには、「保証会社の保証が受けられる」という条件が入っていることが多いです。貸付条件に書かれていなくても、たいていは保証会社の審査を受けて保証が受けられないことには審査には通らないのです。

保証会社は、その銀行はもちろん、信用情報を調べるプロである消費者金融のグループ会社が担っているケースがほとんどです。

保証会社が、その申し込み者の過去の金融事故について調査をして、過去に延滞をしていないか、返済能力があるのかどうかを融資をする前に見極めています。

借入金額が少額(小口)だから

カードローンを申し込んだ最初の時は、希望金額が思い通りにいかないことが多いです。思っていたより低い金額しか貸してもらえなくて不満に思うかもしれません。

最初の借り入れは、信頼関係もありませんから少額からスタートすることが多いのです。年収額や勤務形態にもよりますが、50万円以下となる場合がほとんどです。

少額であるため、保証人をつける必要もありません。

金利が高めに設定してあるから

先述した「借入れ金額が少額だから」とつながりますが、少額なのでどうしても金利は、割高になってきます。

金利が年〇〇%~〇〇%と書いてあったら、高い方の金利が採用されます。低い金利は、限度額が高い場合に採用される利率です。

返済が滞る危険性を回避する為にも毎回の金利は高めに設定されています。

購入したものが担保になっているから

大きなものを購入した場合、土地や家などの不動産、車や船舶などを買う為に大型ローンが必要となった時にも保証人が必要ない場合があります。

これは、もし返済が滞った時や、返済不能となった時にはその土地や家、車などを差し押さえればいいので保証人をつける必要がなくなります。

ですが、借りる人の条件によっては連帯保証人が必要となることもあります。

保証人不要で借りるための審査に通る3つの条件

カードローンを保証人なしで借りるためには、そのカードローンの申込み条件をすべてクリアして審査に通る必要があります。

継続した安定した収入がある

カードローンでお金を借りる時に絶対に入ってくるのがこの「継続安定した収入がある」です。金融機関によって書き方に違いはありますが、毎月の給料があることが大前提です。

約定日があり毎月決まった日に返済があるカードローンでは、継続安定した収入が大切です。

借りたお金を返すためには収入があること、毎月返済をするためには安定していること、これらの証明をするために会社に在籍確認をされたり、給与証明を提出したりします。

収入が低いだけでは借入れができない理由にはなりませんが、無職や収入がない場合にはカードローンでの借入れはできません。

総量規制内である

総量規制を聞いたことがある方も多いと思いますが、総量規制というのは、借りすぎを防ぐために作られた貸金業に対する規制です。

  • 年収の1/3以内までしか貸してはいけない
  • 複数他社からの借入れがある場合にはすべての合計した金額が総量規制内でなくてはいけない

というきまりです。

例えば、年収が300万円あれば、100万円までだったら返済にも無理がないだろうという狙いです。1/3以内の額の借入れであれば、返済が滞ることはないと判断されるので保証人は必要ないのです。

信用情報にキズがついていない(ブラックでない)

返済能力に問題がある人は、お金を借りることはできません。

審査の時には、保証会社が信用情報を確認します。

CICJICC(日本信用情報機構)・KSC(全国銀行協会)などの信用情報機関で過去に金融事故を起こしていないか、ブラックでないかを調べます。

お金を借りる為には信用情報にキズがついていないことは大事な要素です。

保証人なしで借りるメリット

保証人がいなくてもお金を借りられるメリットは、大きく3つ考えられます。

保証人なしのメリット
  • 保証人を頼む時のわずらわしさがない
  • お金を借りなければいけない状況を誰にもバレない
  • 借入できるまでの時間が短くてすむ

保証人を頼む煩わしさがない

保証人をお願いするのは、なかなか勇気がいることです。

親子の関係であって、お互い信用できる間柄であれば書面上の形式ということで気にならないかもしれませんが、お金がからんでくると少し事情が変わってくるかもしれません。

「どういう目的でお金が必要なのか?」「返済に無理はないのか?」「借りないといけないくらいお金がないのか?」などいろいろ詮索されるのも面倒なものです。

こういう相談や、やりとりをせずに自分だけで完結できるなら、そちらのほうが煩わしさがありません。

お金を借りなければいけない状況がバレにくい

借金をしているというのは、あまりバレたくないことです。できれば、周りの人に秘密にしておきないことです。

保証人を頼む時には、事情を説明しなければいけませんから、その人に言った時点で内緒ではなくなります。

保証人が必要となれば、まったく誰にもバレずにお金を借りるということができなくなります。

保証人なしでお金を借りれたとしたら、家族や同僚にバレる可能性は低くなります。

借入できるまでの時間が短くてすむ

保証人をつけるということで、保証人についても審査が入ります。

お金を借りる時には、必ず審査があり、職場への在籍確認もあり、なかなか時間がかかるものです。スムーズにいけばいいのですが、書類に不備があったり、在籍確認が難航したりして時間がかかることがあります。

この審査を保証人にもするわけです。

保証人がないことで、審査は申込者ひとりだけとなりますので時間が短縮されます。

消費者金融のカードローンの場合には、即日融資も可能で最短で借りたい場合には、大手消費者金融であるアコムやプロミス、アイフルなどが早く借りられます。

保証人なしで借りるデメリット

保証人がいないということは、お金を貸す側にとってはリスクとなります。貸したお金が返ってこない可能性が大きくなるからです。

保証人がいないことでお金を借りる方にとってはメリットばかりと言えばそうでもありません。

保証人がいないことで考えられるデメリットは2点です。

保証人なしのデメリット
  • 保証人があるローンと比べて金利が高い
  • もし返済ができなかった時に弁済してくれる人がいない

保証人があるローンと比べて金利が高い

保証人なしでお金を貸すリスクに対応するため、やはり金利は高めとなっています。利便性やスピード感を優先させるためにも引き換えに金利は払わなくてはお金は貸してもらえないです。

金利を節約したいのであれば、他の方法でお金を借りるほうが、よっぽど金利は低く抑えられます。

例えば、市役所や日本政策金融公庫など国・公的機関での借入れをする方法がありますが、保証人を用意したり、準備する資料も多くなる傾向があり、今すぐお金を借りたい場面では少し面倒だと感じます。

もし返済ができなかった時に弁済してくれる人がいない

お金を借りて、返せないという事態にはなってはいけないのですが、もし返済ができなくなってしまった時には、保証人がついている場合には弁済をしてもらえる可能性があります。

保障人をつけていない場合には、保証会社が弁済をすることにはなりますが、今度はこの保証会社に返済をすることになります。しかも遅延損害金というプラスの利息がついてきますので、どんどん返済額が大きくなります。

保証会社の弁済から免れることはできません。

保証人への返済も無かったことにはしてはいけませんが、相手が保証会社となるともっとと確実に厳しい返済となることは予測ができます。

しかも、保証会社が弁済するところまでいくと、金融事故としてブラックリストにのりますから信用情報に傷がつくということです。将来のローンの審査や新規クレジットカードの作成などに影響をしてきます。

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

1位 プロミス

三井住友銀行グループ

審査⇒借入まで最短30分即日借りれる!瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。会社への電話なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)※在籍確認(電話)の要望がある場合は、申込完了後すぐに相談をお願いします。↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
 ※ネット申込で、職場への在籍確認がメールか電話を相談できます。(Web申込後すぐにオペ―レターに電話がおすすめです)
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即振込
✅コンビニATMでも借りれる
✅最低返済額はは毎回1,000円~
返済サイクルは35日で安心
審査が不安な人は15秒診断後に申込を。
✅申込~融資/最短30分※土日祝も当日
\オリコン満足度ランキング1位「プロミス」/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

今月の注目枠
🔰三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

35日毎の返済可!銀行ならではの良金利
月々返済1000円~可!三菱UFJ銀行の口座不要

↑融資まで最短翌営業日↑

2位 アイフル
郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。(平日~土日祝でも当日可能)

3位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短60分で借りれる!(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

4位 アコム

三菱UFJフィナンシャルグループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。平日はもちろん土日祝でも最短1時間で即日借りれます。(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
Web申込で来店不要!限度額最大800万円
郵送物なし可・バレずに最短即日融資

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








関連ページ
条件別でお金を借りる

運転免許証なしでお金を借りられる?借入方法(申込・必要書類など)・おすすめのカードローン

2021年7月1日
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
カードローンでお金を借りる時には、申込み書類と一緒に公的な本人確認書類が必要で運転免許証を提示したり、アップロードで提出することになります。 …
条件別でお金を借りる

夜中にお金を借りる方法はある?深夜でも今すぐ必要で即日融資可能なキャッシング(カードローン)は何時までなら借りれる?

2021年7月9日
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
夜中や深夜に突然、お金を借りなければいけなくなった時はどうしたらいいでしょうか。 お金を借りるということは24時間、時間帯を問わず、い …
条件別でお金を借りる

審査なしでお金を借りられる方法!即日融資が必要な時におすすめのカードローン・借り方も解説

2020年2月23日
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
お金が必要という人には、やはり最短即日融資可能のカードローンがおすすめですね。カードローンは審査通過で利用することが可能ですが、様々な事情か …