プロミス

プロミスでお金を借りる方法【審査のコツや条件の解説で不安解消】

はじめての方にプロミスのアプリローンやパッとピッとプロミスのCMでおなじみのプロミスでお金を借りても大丈夫なのでしょうか?はじめての方なら審査や金利、利用方法など契約から返済に至るまで不安もあるのは当然です。ここではプロミスでお金を借りることについて少しでもあなたの不安を解消していきたいと思います。(関連:即日でお金借りる)

この記事でわかること
  1. はじめての方にプロミスが最適な理由
  2. 運営会社が安心のSMBCグループ
  3. はじめてなら30日間利息0円
  4. Webからなら24時間365日申込可能
  5. 即日融資も可能な最短1時間で振込!
  6. プロミスの審査をクリアする6条件
↓最新版ランキング↓

【目次】このページ先読み

はじめてならプロミスでお金を借りるのが安心です

はじめてならプロミスでお金を借りるのが安心です

プロミスは「はじめての方」が安心してお金を借りれる仕組みが充実しています。プロミスをはじめて使うことには、「消費者金融を使うのがはじめての方」と「プロミスを使うのがはじめての方」の2種類あるのはおわかり頂けるでしょうか。また、消費者金融がはじめての方の中には「お金を借りること自体がはじめての方」もたくさんいるはずです。そうしたことから「プロミスならはじめてお金を借りる人でもわかりやすい」ということを伝えたいと考えているようです。

プロミスならはじめての方の不安は安心に変わる

はじめての方が持つ不安のひとつに「お金を借りたことによってこれからの人生が悪い方に変わってしまうのではないか」というものがあります。消費者金融でお金を借りる時の不安を初めて体験するので審査契約金利返済の4つがとても心配になっているはずです。中でも「審査が通らなかったらどうしよう」と「返済できなくなったときがこわい」のふたつが一番のストレスですよね?そんなときに安心感を得られる一番の方法が「プロミスでお金を借りる」という選択です。その理由を紹介します。

プロミスは銀行グループのサービスだから契約も安心

誰でも「自分がお金を借りようとこの会社はどんな会社だろうか?」と不安になりますよね?消費者金融がはじめての方なら尚更のことだと思います。ですが、プロミスを運営している会社のことを知ればその不安を解消できるはずです。

プロミスは会社名ではなくサービスの名称です

プロミスという名前は社名ではなくサービスの名称です。元々はプロミスが会社名で東証一部上場企業でしたが、2004年のSMBCグループとの業務資本提携を経て2012年にSMBCコンシューマーファイナンス株式会社に社名を変更したあとはサービスの名称としてプロミス(約束を意味する)が使用されています。サービスとしてのプロミスと2014年に完全子会社化したSMBCモビット(関連:SMBCモビットで借りる)を提供するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社は三井住友銀行で有名なSMBCグループでコンシューマーファイナンス(貸金業・保証業)を担当する企業です。

銀行グループが与える安心感の理由とは

銀行グループに所属する金融企業は社会に与える影響の大きさから法律や規定などで特に厳しい規制を受けながら運営しています。

その規制がある限り誇張した商品案内や無理な貸付だけでなく取り立てやトラブル処理などについても法律に従った運用が行われるので借りた人が悪質な違法行為をしたとしても丁寧な対応を進めなければなりません。したがって、はじめてお金を借りるなら中小消費者金融でお金を借りるよりも遥かに安心できるということがプロミスを選ぶ理由になっています。

正規の貸金業者だから契約しても良い

プロミスは金融庁に登録された正規の貸金業者です。正規の貸金業者は決められた表示をして貸金業法など法律に基づいたサービスの提供をしなければなりません。

登録番号:関東財務局長(13)第00615号 日本貸金業協会会員 第000001号

これが2020年5月時点にプロミスのホームページに掲載されているSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の登録番号です。実際に登録されているかを確認したい場合は関東財務局のホームページから調べることができます。正規の貸金業者に登録する条件に貸金業法を遵守することがあり融資や返済、利息など細かく設定された法律を遵守したサービスが提供されているので安心です。非正規の貸金業者でお金を借りてしまった場合、「返済できないような金額まで借りてしまう」といったことが起こります。貸金業法の総量規制により返済可能な範囲までと融資上限が決められているにも関わらずこれを超える貸付が行われたら厳しい取り立てや自己破産にまで追い込まれてしまうといったことも起こります。したがって、「はじめて」でもそうでなくても、プロミスに限らず消費者金融でお金を借りる時は「正規の貸金業者であること」を条件にして選ぶようにしたいですね。

プロミスがはじめての方は30日間利息0円があるので安心

プロミスがはじめての方は30日間利息0円があるので安心

消費者金融と聞けば高い利息を想像して心配になりますよね。「違法なサラ金からお金を借りてしまって法外な利息を要求された上に返済不能に陥っても悪質な取り立てを受けた」これはミナミの帝王やナニワ金融道でもよく取り上げられるストーリーです。消費者金融が怖いというイメージはニュース以外にもこのような漫画やテレビも影響しているのでしょう。そんな怖いイメージや返済不能になるリスクを小さくするためにもプロミスを使うという選択肢がおすすめです。

プロミスでは利息制限法に基づいた上限金利が守られます

プロミスでお金を借りるときの利息の金利は利息制限法に基づいた金利が適用されています。上限金利は借りる金額によって変わりますがプロミスの場合は借入利率4.5%~17.8%(実質年率)となっています。これは、利息制限法による範囲(10万円未満:20.0%、100万円未満18.0%、100万円以上:15.0%)よりも低い金利です。

消費者金融の金利は住宅ローンやオートローンに比べてかなり高いのですが、プロミスを検討している時点で「借りれること」の方が大切なので最低限安心できる材料として「適正な金利であること」を判断の条件にすることが良いのではないでしょうか?

そうした場合にはプロミスは「適正な金利でお金を貸してくれるところである」と言えます。

はじめての方は30日間利息0円になる

お金を借りるのがはじめての場合は利息の負担に対して実感が持てないことも多いのではないでしょうか?「借りれるだけ借りたら返済する金額が思ったより高くなって困った経験がある」という人もたくさん居ます。そうした人に対して安心できる仕組みが「はじめての方なら30日間利息0円のサービス」です。プロミスの公式ホームページに「はじめての方の30日間利息0円」について詳細な説明がありますので一部引用しながら説明します。

まず、適用は絶対ではなく次の条件を満たした人に限られます。

プロミスをはじめてご利用いただくお客さまのうち、メールアドレスをご登録のうえ、Web明細をご利用いただくお客さま

(プロミス公式サイトから引用)

実際のサービス内容はこのようになっています。

プロミスとはじめてご契約いただく際、メールアドレスをご登録いただき、あわせて書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択いただいたお客さまにカードローンを30日間無利息でご利用いただけるサービスを提供しております。

(プロミス公式サイトから引用)

メール登録とweb明細の利用が条件となりますが、30日間利息0円は「来月には完済できる分だけ借りたい」という方にはピッタリです。30日間の間は追加融資や完済後の再借入の場合も利息0円が適用されることにも注目ですね

web申込みなら原則24時間365日申込みと返済可能で助かる

プロミスを検討する状況で一番多いのは生活費の不足です。支払日の直前になってからお金がないことに気がついて焦っている方も多いのではないでしょうか?こんなとき、家族や知り合いから借りれるように頼み込む時間もないですし、リスクが大きくて現実的ではありません。そんなときでもプロミスなら原則24時間365日申込みが可能なので大丈夫になることが多いです。ですが24時間いつでもという点にはいくつか注意が必要です。

審査は24時間365時間ではない

プロミスを利用するためには必ず審査が必要です。そして審査は24時間行われているわけではありません。プロミスの審査受付時間は次の通りです。

プロミスの審査実施時間

9:00〜21:00(土日祝含む)

ネット申込みの場合は受付時間は24時間365日なので、審査実施時間外に受付した審査は9:00以降に審査開始となりますので注意が必要です。また、21時に審査が終了しない場合も翌日9時以降の回答となるので即日少額融資が必要な場合は21時までに審査が完了していることが条件となります。

引き出しや返済はアプリやコンビニが便利で安心

お金を借りたら毎月支払い日に返済していかなければなりません。プロミスで延滞になると遅延損害金の支払いが発生するなど本来の返済金額以上の支払いが必要になってしまいますので期日に間に合うように計画的な判断が必要です。(関連:プロミスの延滞で招いた最悪の結末!返済遅延・滞納から解雇までの流れ)返済額は借入金額に応じた利息と合わせたものになりますが、返済計画やシミュレーションで予め把握することができます。また、実際に借入れした場合は会員ページで支払日や返済金額について確認できるので便利です。困ったことに「返済日を忘れていて気付いたら銀行が閉まっていた」場合や「ギリギリまでお金を用意できなかった」という場合はでもプロミスならコンビニATMやアプリを使った返済も可能なので24時まで返済することができます。

ここまで、はじめてのお金を借りる方の「契約」「金利」「返済」の不安を解決できる要素を説明してきました。ここからは実際にお金を借りるための「審査」について説明していきます。

プロミスの審査は在籍確認だけじゃない!年齢、職業、収入も大切です

プロミスの審査は在籍確認だけじゃない!年齢、職業、収入も大切です

プロミスでお金を借りるためには必ず審査が必要です。過去に審査に落ちた経験がある人は「自分は審査におちるんじゃないか?」と不安になるでしょうし、はじめての方の場合は「審査は何をするの?」とか「審査に落ちたらどうなるの?」といった不安を持っていることが多いです。はじめての方は特に「審査を理解して備える」だけでその不安を大きく解消できるようになります。ここでは審査について説明していきますが、まずは「プロミスに申込むことができる人」を確認しましょう。

  • 年齢20~69歳
  • 本人に安定した収入がある(安定収入があればパートやアルバイト・主婦も審査可能)

以上が申込みの条件となっています。

年齢は20歳から69歳までだけど年金収入だけでは無理かも

金融機関で個人がお金を借りるときにはそれぞれの会社が定めている年齢制限を守らなければなりません。これには返済能力の可能性だけでなく契約の責任能力を果たせるかどうかが影響しています。

20歳未満の未成年は利用できません

民法では未成年の契約が認められていないことから、仮に契約をしてお金を貸したとしても訴訟によって無効とされるだけでなく責任能力が無いことを知りながら融資したとして貸した側が処罰を受ける可能性があります。そうなってしまうと貸したお金を取り戻せないだけでなく事業が止められてしまうかもしれません。このようなことを防ぐためには未成年には貸付を行わないという規定が必要と判断されたようです。

プロミスは69歳まで借りれるが年金収入だけでは審査落ちになる

未成年は一律禁止されることが多い年齢制限ですが、上限は各社異なる設定をしています。65歳を上限とする金融会社もあれば74歳まで可能な金融会社も存在します。ここで大切なのは「安定収入」の解釈です。金融会社の審査において年金は「安定収入」には含まれないこと多いようです。各社定めている融資条件を確認しなければなりませんが「年金収入だけでも審査可能」などと別途記載されている事が多いので確認するようにしましょう。基本的には年金収入だけでは借りれないという認識で良いと思います。プロミスの場合は、69歳までお金を借りることができますがやはり「年金収入だけ」では審査の結果が良くないことが多いようです。年金+収入」があれば解決しますので時々働いて収入がある人ならば審査で問題になることは無さそうですね。

安定収入と借入総額の3倍以上の年収が必要

お金を借りるためには必ず「返済ができる」と判定されるだけの収入が必要です。必要な収入の目安は「借入総額の3倍の年収」です。これは総量規制によって定められており「借入れ総額が年収の1/3以下」「継続した安定収入」のふたつがあれば「返済できる範囲」と判定されます。この借入総額は審査のときに照会される個人信用情報によって他社の消費者金融や銀行、クレジットカード、携帯電話の割賦料金など住宅ローンなど以外のあらゆる借金の総額を元に加えて今回借りたい金額と合わせたものが審査の基準となります。プロミスで借りたいと思ったらまずは自分の借金総額を計算してみることも大切ではないでしょうか。もし、総量規制が原因で借りれない場合は「借金総額を減らす」「収入を増やす」「おまとめローンに借り換える」などの対応ができます。

会社員や専業主婦・無職など審査結果は状況により異なる

プロミスでは職業の確認が重要な審査要素になります。主な目的は「安定収入の有無」を確認することによって「返済能力を判断するため」と返済が滞った時の「身元保証」のふたつです。

収入の有無は返済能力の証明です

収入は借りたお金を返すための重要な資金源ですが、それとともに「実質的な担保」という意味合いも兼ねています。したがって、給料が無い専業主婦や無職では審査を通過することが難しくなってきます。※審査結果はユーザーの状況により異なる(関連:専業主婦がお金を借りる)

毎月安定して給料が入ってくることを前提として審査されるので、収入が無くなった場合や延滞が続いた場合は一括返済を求められる可能性があるので注意しましょう。

給料は延滞継続時の担保になる

もし、会社員の方がプロミスで借りたお金を返済できない状態が続き放置していた場合、プロミスは融資したお金を回収するために訴訟を起こして給料の差し押さえをおこないます。(関連:プロミスの延滞で招いた最悪の結末!返済遅延・滞納から解雇までの流れ)

プロミスの審査に必要な書類と事前相談したい在籍確認

プロミスの審査で重要な本人確認「本人確認書類」の提出と会社への在籍確認によって完結します。そしてプロミスの審査でみなさんが最も悩むことが「在籍確認をどのように対処するか?」ではありませんか?実際に多くの人が消費者金融の在籍確認をどうやったら逃れられるかを探しています。このふたつの確認作業においてもプロミスならWeb完結を使うことによってスムーズに行うことができるのでおすすめです。

本人確認書類はWebでアップロード

電話で審査を申し込んでしまうと本人確認書類はコピー等を郵送しなければならないので審査開始が郵送日数分だけ遅れてしまいます。ですが、Web完結を使って審査申込みをすれば本人確認書類など必要なものをスマホで撮影した画像などにして送るだけでいいのでいつでもできますし、とてもスムーズです。

在籍確認の電話を避けるには事前相談が必要

プロミスは審査の過程で会社に電話をして本当にその人が社員として存在するかを確認します。消費者金融の在籍確認は一般的には電話で行われることが原因で、「会社にプロミスから電話がかかるのはイヤ」という不安を持つ人がほとんどです。しかし、電話を掛けてくるプロミスの担当者は「プロミスではなく個人名を名乗る」のでよほど消費者金融の事情に詳しい人が出ない限りプロミスから電話が掛かっているということはバレません。(関連:誰にもバレずにお金借りる方法※会社・家族(嫁・旦那・親)に内緒で借りれる理由等解説)

それよりも大きな問題は、電話によって在籍確認が行われるので「会社の営業時間外」や「休業日」は対応することができず審査が進まなくなってしまうことではないでしょうか?急いでいるのに会社で在籍確認ができないから審査が進まないとなっては困るので、もしこのような状況になることが考えられるようであれば、審査申込後すぐにプロミスフリーコール(0120-24-0365)に連絡して「在籍確認は電話以外の方法で」と相談すれば解決するので覚えておいてくださいね。

ここまで、プロミスの審査について不安に感じることが多い在籍確認、収入条件、職業について説明してきました。

次は、実際にプロミスで借りるための条件を説明します。

審査が早いプロミスでお金を借りる条件まとめ

審査が早いプロミスでお金を借りる条件まとめ

お金を借りるときにプロミスを選ぶメリットとしてあげることができるのは「審査と融資までが早いこと」です。これは大手ならではの仕組みでシステムによって自動化され効率的に審査ができるため、問題となる部分は在籍確認にかかる時間をどれだけ工夫できるかに限られているからです。審査通過になれば契約して振込ができるまでは最短で約1時間と言われています。これならば申込む時間が審査実施時間外でなければ即日融資も可能と言えるでしょう。

プロミスの審査に関わる融資条件は次の通りです。

はじめてのプロミス
借入限度額 1万円〜500万円
金利 4.5%〜17.8%
無利息期間 はじめての方は30日間
申込み可能時間 Webなら24時間365日
審査時間 最短30分
審査実施時間 9:00〜21:00
申込から融資実行 最短60分

即日融資が可能なほど審査が早いのがプロミス

プロミスの審査にかかる時間は最短30分です。これは最短時間なので本人確認書類を提出し直したり在籍確認の連絡がつかなかったりした場合は遅れることが考えられます。また、審査時間9:00〜21:00を守ることも重要です。また、会社の営業時間外では在籍確認ができないので遅い時間になった場合は在籍確認の方法を書類提出に変えてもらうように相談しておくようにしましょう。スムーズに進めるためには「会社の営業時間且つ審査実施時間」に審査を申込むことが鍵となります。

プロミスの審査申込みに必要な提出書類

プロミスに申込むときに必要になる書類(関連:お金借りる書類)は「本人確認書類」と「収入証明書」のふたつです。借入れ希望額が50万円以上または他社を含めた借入総額が100万円以上の場合に「収入証明書」の提出が必要になるので該当する場合は予め準備が必要です。

本人確認書類として提出できるもの

運転免許証、健康保険証+1点(例:住民票)、パスポート、マイナンバーカード(※注1※)、在留カード/特別永住者証明書、住民基本台帳カードなどが使えます。

※注1※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願い致します。

収入証明書として提出できるもの

源泉徴収票、確定申告書、税額通知書、所得(課税)証明書、給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)などが使えます。

【最短1時間】プロミスはで安心してお金を借りることができる会社です

プロミスはSMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が提供するサービスでお金が足りなくて今月のやりくりに不安になっている人の悩みを最短1時間で解決してくれます。審査を通過することが必要になりますので、これまでに説明してきた内容を踏まえてプロミスでお金を借りるための6つの条件を紹介します。

プロミスでお金借りる6条件
  1. 会社員やパートなど安定収入がある
  2. 融資希望額は少なく始める
  3. 借入総額は年収の1/3以下にする
  4. 必要書類を揃える(運転免許証・収入証明書)
  5. 勤務先の営業時間内に申込む
  6. 審査実施時間内に審査が完了できる時間に申込む

ぜひ「はじめての方のアプリローン」「ピッとパッとプロミス」でおなじみのプロミスで今月のお金の悩みを解決してくださいね。

【最新版】ランキング

【直近3ヵ月の人気・申込数順】※当社調べ
WEB申込で完結&最短1時間カードレス郵送物なしだから誰にもバレずに借りれます。

1位 プロミス
瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。急いでいる方も安心です。

 

2位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。

 

3位 アイフル
郵送物なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。

今月の注目枠
🔰三菱UFJ銀行カードローン
     ▼バンクイック▼