支払い滞納・延滞・遅延の時

auの支払いに遅れたらいつ利用停止や強制解約になる?延滞したときの対処法を紹介

auの支払いに遅れても「しばらくは使えるだろう」と、支払いをせずに放置してしまう人もいるようです。

しかし、支払い遅れの放置にメリットは1つもありません。

メリットがあるどころか、au支払い遅れはauの回線が止まり、その後に強制解約、さらにはそのまま放置すると裁判になることも!

auの支払いに遅れたらその後の対処をどうすればいいのか、また利用停止になってしまった場合や、強制解約後の対処法について紹介していきます。

この記事で分かること
  • auの支払いに2週間程度遅れると回線停止になる
  • auの支払い遅れが2カ月を超えると強制解約に
  • auの支払いに遅れるとかんたん決済も利用できない
  • auを強制解約されるとブラック状態になる
  • 強制解約後も放置を続けると裁判になることも
↓最新版ランキング↓

auの支払いに遅れたらいつ利用停止?強制解約となるまでの流れ

auの支払いに遅れると、一定期間後に利用停止になり、その後も放置しているとauを強制解約させられてしまいます。

では、いったい支払い遅れが何日続くと利用停止、強制解約になるのか確認していきましょう。

支払い延滞から何日経過で利用停止?

繰り返しになりますがauの支払いが遅れると、まずは督促があり、そのまま放置していると利用が停止されます。

利用停止になるまでの流れは支払い方法によっても違いますが、今回は口座振替クレジットカード払いの場合を紹介します。

口座振替の場合

支払日に口座から引き落としができなかった場合、1週間~10日後にハガキやショートメッセージでauから支払い督促の通知が届きます。

督促通知に書かれている支払期日までに支払いをしないと、契約している回線が順次停止します。

当初の支払期日から2週間程度遅れると回線が停止されますが、2週間以内を目安として、支払い手続きをしておけば停止されることはないので、できる限り早めに支払いの手続きをしておきましょう。

クレジットカード払いの場合

クレジットカード払いの場合、支払日はクレジットカード会社によって違います。
カードの支払日に遅れると、まずハガキや電話などで督促がきます。

カード会社によっては、支払日に引き落としできなかった場合に、再引き落としされることもありますので、再引き落とし日がいつなのか確認しておくと安心ですね。

カードの支払いが遅れたまま放置していると、その後カードの利用を止められますが、止められるまでの日数についてはカード会社によって対応が違います。

カードの返済をしないでいると、auの督促が始まり、口座振替と同様の流れで回線が停止します。

利用停止から強制解約になるまでの流れ

auの回線が止まっても、支払いが完了すれば停止を解除してもらえます。

しかし、回線が止まってもさらに支払いをせず、延滞が2ヶ月を超えてしまうと、auから強制解約されてしまいます。

強制解約になってしまうと、自分がauに支払っている、同一名義の他の携帯も使えなくなってしまいます。

また、強制解約後も支払い義務があり、auから「一括で支払ってください」という通知がくるうえ、個人信用情報にも「ブラック」として登録されてしまいます。

このように、強制解約されるまで放置しても、なにひとついいことはありませんので、早めに対処することをおすすめします。

auの支払いに遅れるとauかんたん決済も利用できない?

auかんたん決済は、スマホで購入したコンテンツや、ネットショッピングの代金を毎月の利用料金と合算請求して支払いできますので、au利用者であれば使っている人が多いのではないでしょうか。

auの支払期日に1日でも遅れると、auかんたん決済も利用できなくなってしまいますので注意が必要です。

ただし、返済が遅れたとしてもすぐに支払い手続きをすれば、規制を解除してもらえます。

規制解除のタイミングは、支払った日の翌日13時以降ですが、その日の支払いが21時を過ぎると解除が1日遅れて、翌々日の13時以降に順次解除となります。

土日祝日でも同じスケジュールで規制解除されますので、できるだけ早めに支払い手続きをするようにしてください。

auの支払いを延滞しているときの支払い方法

auの支払いを延滞した場合、どこで支払いをするかによって、手続き方法が変わります。
回線停止になる前に、早めに手続きを済ませることが大切です。

auの支払い延滞中はどこで支払い手続きができるのか、具体的な手続き方法について確認していきましょう。

まずは未払い料金を確認しよう

auの支払い手続きをする前に、今現在いくら未払いになっているのか、確認しておいてください。

auの未払い金額の確認は、My auアプリから確認することができます。

なお、My auアプリで未払い金を確認する手順は下記のとおりです。

  1.  My auアプリを起動して、画面の右下のサポートアイコンをタップ
  2. 請求・支払い」をタップ
  3. 請求金額を確認する」をタップ
  4. 請求金額を確認したい電話番号を選んで「選択」をタップ
  5. 契約時に決めた暗証番号を入力して「次へ」をタップ
  6. 画面下までスクロールして「請求・支払関連のお手続き一覧」をタップ
  7. お支払い」をタップ
  8. 料金のお支払い」の中の「未払い料金の確認」をタップ
  9. 未払い料金を確認したい電話番号を選択して「選択」をタップ
  10.  未払い金が表示される

未払い金を確認したら、早速支払い手続きに入りましょう。

また、延滞時の4つの支払い方法については、次の項目で紹介していきます。

延滞時の支払方法は6つ

auの支払いを延滞中は、下記の6つの支払い方法から選択して支払いができます。

  • コンビニ払い
  • クレジットカード
  • auショップ
  • 銀行ATM(Pay-easy(ペイジー))
  • インターネットバンキング(Pay-easy(ペイジー))
  • 支払秘書(アプリ)

それぞれの支払い方法を確認していきましょう。

コンビニ払い

手元に振込用紙があるなら、コンビニで未払い料金を支払うことができます。

また「振込用紙をなくした」という場合も、スマホや携帯でコンビニ店頭、またはコンビニの端末で支払うことができます。

振込用紙をなくしたという場合は、下記の手順で支払えます。

  1. My auからau IDとパスワードでログイン
  2. 料金を支払う電話番号を選択して「選択」をタップ
  3. 支払い方法で「コンビニエンスストアで支払う」をタップし、金額を選択して「お支払い」をタップ
  4. 支払い内容を確認した後に「OK」をタップ
  5. コンビニ」をタップ
  6. 支払いするコンビニを選択してアイコンをタップ
  7. 支払い用のQRコードや番号が表示されるので保存する
  8. 各コンビニで手続きをする

各コンビニでの支払い方法はお店によって違うため、支払い方法を慈善に確認しておきましょう。

クレジットカード

auの未払い金は、クレジットカードでも支払いが可能です。

未払い金をクレジットカードで支払う手順は下記のとおりです。

  1.  My auにau IDでログインする
  2. My au TOP(ご利用料金)」にアクセス
  3. お支払い」をタップ
  4. 料金の支払い項目の「今すぐ支払う」をタップ
  5. 金額を確認して文中の「こちら」をタップ
  6. クレジットカードで支払う」を選択して支払う金額を選択後「お支払い」をタップ
  7. 今回のみクレジットカードで支払う」を選択して「OK」をタップ
  8. 金融機関のサイトへ移動する
  9. 金融機関のサイトの指示に従って手続きをする

クレジットカード払いは当然ですが後日請求がくるため、請求時に支払えるようにしてくださいね。

auショップ

auショップでは、振込用紙があればそのまま支払いができます。

もし「振込用紙をなくした」という場合は、auショップに「本人確認書類」を持参する必要があります。

本人確認書類の提出と契約回線の電話番号などを申告することで、振込用紙なしでも支払い手続きが可能です。

銀行ATM(Pay-easy)・インターネットバンキング(Pay-easy)

手元に振込用紙があれば、銀行のATM(Pay-easy(ペイジー))で支払いすることができます。

振込用紙をなくした場合でも、「収納機関番号」「お客様番号」「確認番号」がわかれば支払い手続きが可能です。

3つの番号を確認する方法は下記のとおりです。

  1. My au TOP(ご利用料金)にアクセス
  2. お支払い」をタップ
  3. 料金の支払い項目の「今すぐ支払う」をタップ
  4. 支払い方法選択から「Pay-easy(ペイジー)で支払う」をタップ
  5. 3つの番号を確認する

また、わざわざ銀行ATMで手続きをしなくても、このままインターネットから支払いすることもできます。

インターネットバンキングで支払う手順

上記の手順から続けて、そのままインターネットバンキングで支払う手順は下記のとおりです。

  1. 支払い方法選択から「Pay-easy(ペイジー)で支払う」を選択して、支払いされる金額を確認した後、一番下部にある「お支払い」をタップ
  2. 指定の金融機関を選択
  3. 支払い内容を確認した後に「OK」をタップ
  4. この後は指定の金融機関のインターネットバンキングサイトへ移動するので、画面の案内に沿って手続きを完了する

支払秘書(アプリ)

手元に振込用紙があれば、事前に「支払秘書」というアプリへチャージしておくことで、いつでも支払いができます。

また、振込用紙がない場合でも、My auから支払秘書に画面遷移できるので、そのまま支払いすることが可能です。

My auから手続きする方法は下記のとおりです。

  1. スマホなどからMy au TOPへアクセスする
  2. お支払い」をタップ
  3. 料金の支払い項目の「今すぐ支払う」をタップ
  4. 対象の電話番号を選んで「選択」をタップ
  5. コンビニエンスストアで支払う」を選んで画面の下部にある「お支払い」をタップ
  6. 内容を確認して「OK」をタップ
  7. 電子マネー」の「支払秘書」アプリのアイコンをタップ
  8. 支払いに進む」をタップ
  9. 支払秘書にアプリに移動するので、アプリの指示に従って手続きをする

支払秘書を使用するときは、先に残高を確認しておくようにしましょう。

auの利用停止が解除されるタイミングはいつ?

auが利用停止になってしまうと、仕事でもプライベートでも連絡が全く取れなくなってしまうので、少しでも早く利用停止を復旧させたい人がほとんどでしょう。

auでは利用停止中でも、支払い手続きさえ済ませば利用停止を解除することが可能です。

しかし、支払いをしてからどのぐらいで停止が解除されるのか、気になるところですよね。

auではコンビニauショップ20時までに入金が終わると、支払い後30分程度で利用が再開されますが、20時以降に支払いをした場合は、翌日の朝9時頃まで停止は解除されません。

利用停止になってしまったら、なるべく早く支払い手続きを済ませることをおすすめします。

また、時間内に支払い手続きをしたのに停止が解除されないなど困ったときには、お客さまセンター(0077-7027)に電話で連絡をしてみましょう。

auの支払いを延滞する5つのリスク

auの支払いに遅れると、2週間を超えると利用停止、2ヶ月を超えると強制解約になってしまいます。

しかし、単純にそれだけではなく、日常生活に大きく影響するようなリスクも発生します。

auの支払いを延滞し続けることで発生する5つのリスクについて、順番に確認していきましょう。

遅延損害金・延滞利息が発生する

auの支払いに遅れると、遅れた日数に対して「罰金」のようなものが発生します。

まず、auの利用料金(通話・通信料金など)の延滞に対しては「延滞利息」、auのスマホなど端末の分割払いの延滞に対しては「遅延損害金」が発生します。

auの延滞利息遅延損害金は下記を参考にしてください。

金利 期間
延滞利息
(auの利用料金の延滞)
年14.5% 支払期日の翌日から支払日の前日まで
遅延損害金
(au端末の分割払いの延滞)
年3% 支払期日の翌日から支払日まで

つまり、スマホなどの端末を分割払いにしていて、auの利用料金と合算請求にしている場合、auの支払いに遅れると、「延滞利息」と「遅延損害金」のどちらもかかってしまいます。

実際に支払いが終わるまで延滞利息と遅延損害金はかかり続けるため、できるだけ早めに支払い手続きを済ませてください。

完済まで新規契約ができない

auの支払い遅れを放置していると2ヶ月越えで強制解約になりますが、強制解約になってしまうと残っている支払いが終わるまで、auとは契約できませんし、ドコモやソフトバンクなど他社との新規契約もできません。

「auがダメならその間ドコモを使おう」などと考える人もいるかもしれませんが、一度強制解約になってしまうと支払い完済までどことも契約できないと考えておきましょう。

強制解約されると「ブラック」状態に

auを強制解約されると未払い金が完済するまでどこのキャリアとも契約できませんが、それどころかauを強制解約になることで、「個人信用情報」に「ブラック」情報として登録されてしまいます。

個人信用情報とは、個人信用情報機関が記録している、ローンやクレジットカードの契約や利用履歴のことです。

強制解約は一般的に「事故情報」として個人信用情報に記録され、5年間は記録が残ってしまいます。

個人信用情報に事故情報が記録されている状態のことを、一般的に金融「ブラック」と呼ばれていて、記録が消えるまで他社のあらゆるローン審査に通らなくなってしまいます。

そのため、記録が消えるまでの期間は自動車ローンはもちろん、住宅ローンの審査にも通りませんし、クレジットカードの審査にも通りません。

このように強制解約になるまでに、auから何度も通知が届くはずです。

支払い遅れをずっと放置するのではなく、支払いが難しくなった段階でauを自分から解約して毎月の利用料金の支払いだけでも減らすなど、早急に対策をしましょう。

延滞を放置すると裁判に

auの支払い延滞が続き、強制解約になってもまだ放置していると、次に待っているのは、裁判所から届く「支払督促」の通知です。

裁判所から支払督促が届いたということは、「裁判になってしまった」ということを意味します。

裁判所から支払督促が届いたら、絶対に放置せず、必ず2週間以内に同封の「異議申立書」を返送しましょう。

異議申立書を返送することで、auの未払い金について分割払いにしてもらうなど、裁判所で交渉することができます。

しかし、ここまで深刻な状態になる前に、できることはたくさんあります。

お金を借りるなどして支払いをするためのお金を作るか、それも無理なら債務整理を検討するなど、早めに対処をするようにしてください。

最終的には財産差し押さえ

裁判所から支払督促がきても異議申立書を返送することなくさらに放置を続けると、最終的には「強制執行」となり、裁判所から強制的に財産が差し押さえられてしまいます。

財産の差し押さえとは、具体的に下記のようなものが対象になります。

  • 給料(手取り額の1/4まで)
  • 口座に入っている貯金
  • 車や貴金属類
  • 有価証券
    など

上記のように給料が差し押さえられるということは、勤務先に連絡が行くということになります。

勤務先での評価は確実に下がりますし、職場に話が広がることも避けられないでしょう。

このように財産差し押さえまでの事態になってしまうと、通常の日常生活を送れなくなってしまいます。

auを強制解約後はどうなる?再契約は可能?

auを強制解約されてしまうと、「二度とauと契約できないのでは」と心配になる人もいるかもしれませんが、実は再契約することは可能です。

auでは、一度強制解約になったとしても、未払い金を完済さえすれば再契約することはできますので、まずは未払い金の支払いを終えることをおすすめします。

ただし、スマホ端末の分割払いについてはローン契約となりますので、強制解約した記録が個人信用情報に残っている間は、分割払いの審査に通ることが難しくなります。

そのため、auと再契約はできるものの、新たにスマホ端末を購入するといったことはできないと考えておきましょう。

auの延滞している料金が払えないときの対処法

auの支払いをしたくても「手元に支払うためのお金がない」という場合は、どうすればいいのでしょうか。

ここでは、auの延滞を一日でも早く解消するために、「お金を稼ぐ」方法と「お金を借りる」方法について紹介します。

お金を稼ぐ方法

まずは「お金を稼ぐ」方法をいくつか紹介します。

お金を稼げるまでに時間がかかる場合もありますが、自分のがんばり次第でまとまったお金が稼げる場合もありますよ。

お金を作る方法 メリット デメリット
アルバイトで稼ぐ
  • 短期間でまとまったお金を確実に作れる
  • ある程度時間に余裕がないとできない
  • 会社員の場合はアルバイトができない場合がある
不用品を売って稼ぐ
  • リサイクルショップなら即日にお金を作れる
  • 商品によってはたいしたお金にならない
  • フリマアプリで売る場合は購入者がでてくるまで現金化できない
クラウドワークスで稼ぐ
  • 専門知識や技術があればまとまったお金が作れる
  • 在宅で誰でも利用できる
  • 即日にお金にするのは難しい
  • 技術がないとなかなか稼げない
ポイントサイトで稼ぐ
  • 誰でも簡単に利用できる
  • ポイントを貯めるのにかなり時間がかかる

上記の方法には、それぞれ良い面と悪い面がありますが、確実にお金を作るなら即日に支払い可能な単発のアルバイトがおすすめです。

ただし、会社員の場合は会社によってはアルバイト禁止の場合があるので、事前に会社に確認をしておくことをおすすめします。

お金を借りる方法

お金を稼ぐ時間がない、一日でも早く延滞を解消したいという場合は、お金を借りるという方法もあります。

お金を借りる方法とメリット・デメリットを、下記の表にまとめましたので参考にしてみてください。

お金を借りる方法 メリット デメリット
親や知人から借りる
  • 高い利息を払う必要がない
  • 親から借りた場合は余裕を持って返済できる
  • 親が貸してくれる保証はない
  • 知人から借りるとトラブルになりやすい
銀行カードローンで借りる
  • 消費者金融より金利が低めで借りられる
  • 銀行から借りることで安心感がある
  • 即時に借りられない
  • その銀行の口座が必要な場合がある
消費者金融で借りる
  • 即日に借りられる
  • 借入、返済ともに利便性が高い
  • 無利息期間が利用できる会社もある
  • 銀行よりも金利が高め
  • 消費者金融で借りていることが家族にバレるとトラブルになりやすい
クレジットカードのキャッシングで借りる
  • キャッシング付きカードを持っているなら即日で借りられる
  • 銀行より金利が高め
  • あまり多くの金額を借りられない

親から借りられれば高い利息の支払いや返済の督促に悩まされないのですが、知人から借りた場合は早めに返済しないトラブルになる可能性もあります。

その点、金融機関で借りれば自分だけの責任でお金を用意することができますが、金利の支払いが必要なことや、返済に遅れると督促に悩まされることになります。

auの支払い遅れよりもさらに高い遅延損害金が請求されるため、金融機関でお金を借りる場合は十分に注意が必要です。

au支払い遅れについて:まとめ

auの支払いに遅れると、利用停止になるだけでなく、長期間延滞が続くと強制解約されてしまいます。

強制解約後は他社のローンが組めなくなるなど日時用生活にも大きな影響がでます。

たかが携帯料金」と甘く見て放置を続けると、最終的には裁判になることも。

どうしても支払いができない場合は早めにauに相談するか、支払うためのお金を作る方法を検討するなど、早めに対処することが大切です。

 

【最新版】ランキング

【直近3ヵ月の人気・申込数順】※当社調べ
WEBで完結&最短1時間在籍確認なし郵送物なし!
【審査通過の簡単な3つコツ】①借入上限額を高くし過ぎない②年収を偽らない③情報の入力ミスに注意

1位 プロミス

三井住友銀行グループ

審査⇒借入まで最短60分即日借りれる!瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。電話・在籍確認なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)

 

2位 アイフル
郵送物なし・在籍確認なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。(平日~土日祝でも当日可能)

3位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短60分で借りれる!(平日~土日祝でも当日可能)

今月の注目枠
🔰三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
↑バンクイック↑