どこでお金を借りる?

クレジットカードでお金を借りれるキャッシング枠利用方法やリスク・注意点等解説

クレジットカードは、商品やサービスの購入をするときの決済方法の1種ですが、お金を借りることもできます。

クレジットカードの総利用枠は、ショッピング枠とキャッシング枠の合計で構成されていますが、キャッシングを申し込んでいなければキャッシング枠は0です。

そのため、クレジットカードでお金を借りたい人はキャッシングの申し込みが必要ですが、キャッシング枠は総量規制の対象となるため、審査が必ず実施されます。

審査に通過できれば、1枚のクレジットカードで立替と借入の2役利用できるようになります。

しかし、キャッシングの限度額は同じような借入方法のカードローンに比べて、限度額が低い傾向にあります。

限度額が低くても返済期間が長引けば支払う利息は増えるため、返済方法をリボ払いにするときは返済総額に気をつけなければなりません。

リボ払いの設定金額を大きくしたり、余裕があるときは追加返済してリボ払い対策を行い、無理のない借り入れを心がけることが大切です。

この記事でわかること
  • クレジットカードにはお金を借りる機能を追加することが可能
  • クレジットカードの総利用枠はキャッシング枠とショッピング枠の合算
  • クレジットカードでお金を借りると総量規制の対象になる
  • クレジットカードのリボ払いは返済の長期化に注意
  • クレジットカードのキャッシングは限度額が少ない傾向にある
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
18歳・19歳以下の方:収入証明書の提出が必須です。※高校生は申込不可(高専生・定時制含む)

―――――――
プロミス ※最短即日借りられる ↓原則在籍確認の電話なし↓
\初めてなら30日間無利息/

SMBCグループの安心感『プロミス』

簡単申込のプロミス!借りるまで最短当日 ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
アコム ※最短当日借りられる 35日毎の返済可:返済額1,000円~
\21時迄の審査申込で最短即日借りられる/

↓最新版ランキング↓

>>この記事の監修者情報

【目次】このページ先読み

そもそもクレジットカードでお金を借りれるキャッシング枠って何?

クレジットカードは、商品の購入やサービスを利用するときに現金を支払わずに決済を行い、後日支払う「立替」の機能を有しています。

この立替に利用できる限度額のことをショッピング枠といいます。

これに対して、キャッシング枠はATMなどでお金を借りることができる「借入」の機能を利用することができる限度額のことです。

キャッシング枠は本人の申し込みに応じて、ショッピング枠とは別に審査が行われるため、キャッシング枠は必ず付帯しているわけではありません。

キャッシング枠に似た商品としてカードローンがありますが、カードローンで発行されるローンカードは借入以外の機能を利用できないのに対し、キャッシング枠は立替と借入の2つの機能をクレジットカード1枚で利用することができます。

クレジットカードのキャシング機能でお金を借りる方法

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法は次の2通りです。

  • 提携ATMで借り入れ
  • 振込で借り入れ

提携ATMでの借り入れは最寄りのATMまで出向く必要はありますが、利用するATM次第ではメンテナンス時間を除けば、24時間いつでも利用することができます。

これに対して、振込での借り入れは自宅にいながら借り入れができる一方で、申し込んだ当日に借り入れができないこともあります。

そのため、自分の利用する時間帯や場所に応じた利用方法を選択するのがベストです。

なお、ATMの借り入れは国内にとどまらず、国際ブランドが対応していれば海外でも利用することが可能です。

ただし、カード発行会社によっては、キャッシング枠と別に海外キャッシング専用の枠を設けており、キャッシング枠があるからといって、必ずしも利用できるわけではありません。

そのため、出国前に海外キャッシングができるか確認しておくことが必要です。

提携ATMでキャッシングを利用する流れ

提携ATMを使ってキャッシング枠で借り入れをするときの一般的な流れは以下のとおりです。

流れ

  1. 「お引き出し」ボタンを押下
  2. クレジットカードを挿入
  3. 暗証番号を入力
  4. 「キャッシング」ボタンを押下
  5. 借入金額を入力
  6. 現金及びクレジットカード、利用明細の受取

ただし、利用する提携ATMによっては、クレジットカードを挿入するタイミングや操作画面などが異なる場合があります。

はじめて利用するときは、あらかじめカード発行会社のホームページなどを確認しておけば安心です。

また、利用するATMによりますが、24時間借り入れが可能なため、急な出費にも対応できます。

なお、提携ATMでの借り入れは利用手数料がかかることがあります。

手数料無料で利用できる提携ATMもあるため、いざというときに困らないように前もって確認しておくのが得策です。

振込で借りたいならWEB(インターネット)で借入申込み

振込で利用したいときは専用ダイヤルに電話するか、会員サイトから手続きを進めることになります。

以下は電話で申し込むときの一般的な流れです。

流れ

  1. 専用ダイヤルに電話
  2. 音声案内に従って操作
  3. クレジットカードの番号を入力
  4. 暗証番号を入力
  5. 借入金額を入力
  6. 再び音声案内に従って操作して申し込み完了

電話申し込みは自動音声であれば24時間申し込みができますが、オペレーター対応となると時間が制限されたり、電話がつながりにくい場合もあります。

そのため、振込で利用するときは会員サイトからの申し込みが得策です。

なお、振込での借り入れは振込手数料が発生したり、振込先や申し込む時間帯によっては即日融資が実行されない場合もあります。

特に、土日祝日や夜間などの銀行が営業していない時間帯は翌営業日の対応となることもあるため、今すぐ必要なときは提携ATMでの借り入れが確実です。

海外でもクレジットカードでお金を借りる事ができる

海外のATMでもキャッシング機能を利用することができます。

海外ATMを利用したキャッシングの一般的な流れは国内ATMの流れと似ていますが、言語を選択する点が異なります。

具体的には以下のとおりです。

流れ

  1. 対応ブランドを確認
  2. クレジットカードを挿入
  3. 言語を選択
  4. 暗証番号を入力
  5. 借入金額を入力
  6. 現金及びクレジットカード、利用明細を受取

対応ブランドとはVisaやMastercard、JCBなどの国際ブランドのことで、クレジットカードの発行会社と混同しないよう注意が必要です。

利用する海外ATMに対応した国際ブランドのクレジットカードでなければ、キャッシングを利用することはできません。

なお、借入金額は現地通貨で出金されるため、為替レートによって利用可能金額は変動しますが、両替する手間が省ける上、利用手数料が両替手数料よりも割安な場合もあります。

クレジットカードのキャッシング利用時の注意点

クレジットカードでキャッシングを利用するときは、キャッシング枠が設定されていなければならないため、総利用枠の中にキャッシング枠がない場合は、まずはキャッシング枠の申し込みが必要です。

設定されているキャッシング枠が低いときは増額申請すれば、限度額を増やせる可能性がありますが、逆に減る可能性もあります。

なお、増額審査は1週間程度時間がかかるため、前もって申し込むことが重要です。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する上で、特に注意すべき点は以下のとおりです。

  • 総利用枠はショッピング枠とキャッシング枠の合計額
  • リボ払いは元本が減りにくい

キャッシング枠が設定されていても、ショッピング枠で利用枠をすべて使ってしまっているときは、キャッシングを利用することはできません。

また、返済は一回払いとリボ払いのいずれかとなり、リボ払いは返済管理がラクですが、支払う利息が多くなってしまって残高が減りにくく、長期化するリスクがあります。

キャッシング機能(枠)がなければ借入できない

クレジットカードのキャッシング枠は自動的に付帯されるものではありません。

クレジットカードの申し込みとは別に、カード申し込みと同時または申込後にキャッシング枠の申し込みが必要になります。

キャッシング枠を付帯できるかどうかは審査があり、ショッピング枠とは別で審査が行われるため、二重で審査を受けることになります。

さらに、キャッシング枠は総量規制が適用されるため、ショッピング枠よりも審査基準は厳しいです。

クレジットカードで現金を借りるキャッシングは、総量規制の対象となり、年収の3分の1を超える貸付けが禁止されます。クレジットカード会社は、「貸金業者」として「貸金業法」に基づき、金銭の貸付けを行うからです。

(引用元:お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会)

総量規制とは、借り入れの合計を年収の3分の1までに制限する借入上限に関するルールのことで、貸金業者からの借り入れが対象となります。

そのため、収入がない人や借り入れが多い人はカード発行の審査は通過できても、キャッシングの審査を通過することはできません。(総量規制オーバーでも借りれる?総量規制対象外・年収3分の1以上でも借りれる方法・ローン等を解説)

キャッシング枠とショッピング枠を合わせて総利用枠

クレジットカードには利用枠(限度額)が設定されています。

キャッシング枠が付帯していないクレジットカードの総利用枠はショッピング枠を指し、分割払いやリボ払いの利用枠も含まれることになります。

分割払いやリボ払いも立替にあたるため、ショッピング枠を超えて利用することはできません。

これに対して、キャッシング枠は立替と異なる借入に関するものですが、ショッピング枠と別枠で利用枠が設定されるわけではありません。

総利用枠はキャッシング枠とショッピング枠を合算した金額になります。

総利用枠はキャッシング枠とショッピング枠の合計のため、一方の利用枠を利用すれば他方の利用枠は制限される場合があります。

そのため、総利用枠が100万円のクレジットカードで、ショッピング枠で90万円利用していた場合、キャッシング枠が20万円あったとしても、10万円までしかお金を借りることはできません。

キャッシング限度額が低い場合は増額申請してから日数が必要

キャッシング枠はあくまでもクレジットカードのメイン機能ではないため、限度額は低めに設定されるケースがほとんどです。

そのため、希望額よりも低い限度額が設定されているときは増額申請が必要になります。

カード発行会社や申し込むタイミングなどによって異なりますが、増額申請してから結果が出るまでに1週間前後かかります。

急な出費には対応できないため、余裕を持って申請しておくか、ほかの手段でお金を準備することも検討しなければなりません。

また、増額申請をすると、減額されるリスクがあることも頭に入れておく必要があります。

総量規制の適用を受けるため、他社の借り入れが増加していたり、年収が減っていたりして年収の3分の1を超えるときは、減額または利用停止になる場合があります。

なお、キャッシング枠が50万円を超えるときは、収入証明書の提出も求められます。

リボ払いの返済額の約半分は利息になり完済しにくい

クレジットカードの返済方法にリボルビング払い(リボ払い)があります。

リボ払いは、毎月の返済金額が一定になるため、管理がしやすく負担が少ない一方で、返済が長期化するおそれもあります。

リボ払いの多くは利用残高に関わらず一定額を支払う定額方式と、利用残高に応じて返済金額が変動する残高スライド方式のいずれかです。

両者とも利用残高が少ないときはさほど問題になりませんが、利用残高が大きくなるとリボ払いの利息がかさんでしまい、下表のようになかなか元本が減らなくなってしまいます。

返済方式 利用残高 返済金額 利息(年18%) 返済額に占める利息の割合
定額方式 10万円 1万円 1,479円 14.7%
30万円 1万円 4,438円 44.3%
残高スライド方式 5万円 5千円 739円 14.7%
25万円 1万円 3,698円 36.9%

このように、利用残高が増えるにつれて利息も増加し、返済金額の半分近くを利息が占めるようになり、毎月返済していても利用残高が減りにくくなり、リボ払いが払えないという状況に陥りやすくなります。

そのため、余裕があるときは追加返済をして、利用残高を少しでも早く減らす努力が必要です。

クレジットカードのキャッシングの支払いに遅れた時にはペナルティがある

キャッシング枠の返済に遅れたときは、以下のようなペナルティが課されることになります。

なお、ペナルティの適用日はクレジットカード会社によって異なります。

いつ頃から行われる? 状況
翌日 遅延損害金の発生
翌日 利用停止
1週間程度 電話で催促・郵送物で督促状がくる
1ヶ月程度 信用情報に滞納の記録が残る
61日以上経過 信用情報に異動情報が記載されブラックになる
61日以上経過 ローンの審査に通らなくなる
61日以上経過 クレジットカードが強制解約になる
61日以上経過 一括請求される

第一に、返済期限の翌日からは遅延損害金が発生します。

遅延損害金の金利はクレジットカード会社によって異なりますが、通常の金利よりも高いです。

なお、クレジットカード会社によっては返済が遅れた時点で利用停止措置がとられます。

1週間程度経過しても支払いの確認ができなければ、電話による催促や督促状が郵送されてくるため、返済を忘れていたときは直ちに返済を済ませるべきです。

1ヶ月程度経過しても返済がなければ、信用情報機関に支払が遅延していることを示す情報が登録されます。

さらに、61日以上遅れてしまうと、単なる滞納から異動情報に信用情報が更新されてしまいってブラックとなり、今後のローン審査に影響が出るようになります。

また、同じようなタイミングで強制解約が行われ、支払残高と利息、遅延損害金を合計した金額を一括で請求されてしまい、最悪の場合、裁判手続きに着手して強制執行されることもあります。

返済ができない状況に陥ったとしても、そのままにしておいては上表のとおり状況は悪化していくばかりです。

今後の返済について相談したり、債務整理を検討するなど何らかのアクションを起こすことが大切です。

クレジットカードでのキャッシングは「総量規制」の対象

クレジットカードのショッピング枠は割賦販売法の適用を受けるため、総量規制の対象となりませんが、キャッシング枠は貸金業法の適用を受けるため、総量規制の対象となります。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。

(引用元:お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会)

そのため、年収の3分の1を超えてキャッシングを利用できないことはもちろん、限度額が設定されることはありません。

例えば、年収450万円の人は150万円までしか借り入れをすることができないため、カードローンなどですでに150万円の借り入れがあるときは、キャッシングの審査を通過することはできなくなります。

また、途上審査と呼ばれる契約途中での審査において、総量規制を超えることが判明したときは、キャッシング枠が減額または利用停止になることがあります。

なお、総量規制の適用を受けるのは、除外貸付を除いた貸金業者からの借り入れに限られるため、銀行からお金を借りていても問題ありません。

クレジットカードでお金を借りるのとカードローンの違い

クレジットカードとキャッシング枠とカードローンは、カードを使ってお金を借りるという点では同じですが、貸付条件で比べてみると異なる点が次の2つあります。

  • 限度額
  • 金利

キャッシング枠はクレジットカードに追加できる機能に過ぎないため、限度額が大きく設定されることはなく、100万円を超えることはそうそうありません。

一方、カードローンは借り入れをするためのカードのため、まとまった金額の利用にも対応できるように高額の利用も可能です。

また、カードローンは限度額に応じて金利が変動するようになっているため、金利の下限が低くなっています。

しかし、キャッシング枠は限度額が限られているため、利用金額によって金利が変動することは基本的になく、金利の下限は高く設定されています。

キャッシング枠が金利が高い傾向にあると言われるのは、金利の下限が高いことに由来します。

クレジットカードのキャッシングの返済方法は一括返済・分割返済・リボ払いの3種類

クレジットカードでキャッシングを利用したときの返済方法は次のいずれかになります。

  • 一括返済
  • 分割返済
  • リボ払い

一括返済は文字どおり借入金額を利息とあわせて1回で支払うもので、借入金額が多ければ返済金額も大きくなりますが、返済総額を最小限にとどめることができます。

そのため、理想の返済方法は一括返済ですが、厳しいときは分割返済やリボ払いを選択するのが賢明です。

分割払いとリボ払いは、複数回にわたって返済をするのは同じですが、返済総額が異なります。(カードローンとクレジットカードのリボ払いの違いとは?)

分割払いはあらかじめ返済回数を指定してから支払うため、利息の負担は抑えながら無理なく返済ができますが、採用しているカード会社は少ないです。

リボ払いは毎月一定額を支払うもので、返済計画は立てやすいですが、返済が長期化するケースが多く、返済総額が大きくなってしまいます。

そのため、余裕があるときはリボ払いに追加して返済を進めることが重要です。

金利(年利)には幅がある

貸付条件の金利は幅を持たせて記載されていることが多く、キャッシング枠も同様です。

しかし、カードローンのように限度額によって金利が変動する仕組みではなく、契約したときの金利が適用され、審査によって金利は決定されます。

ただし、クレジットカードのキャッシングの金利は大部分が年18%を採用しており、幅があっても年15%~年18%程度です。

キャッシングの限度額が100万円以内であることを踏まえると、利息制限法の上限金利がそのまま適用されているような状態です。

(利息の制限)
第一条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 元本の額が十万円未満の場合 年二割
二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

(引用元:利息制限法 | e-Gov法令検索)

このような点からも、キャッシング枠の金利が高い傾向にあることがうかがえます。

高額が利用できないため、返済総額は大きく変わりませんが、金利は低いに越したことはないため、申し込むときは金利幅が広く、上限金利が低いカード会社を選択するのが賢明です。

クジレットカード現金化は一括請求や強制退会・利用停止の危険性がある

クレジットカードを利用したお金の調達方法として、クレジットカードの現金化があります。

キャッシング枠を利用してATMなどからお金を借りるのではなく、ショッピング枠を利用して商品を購入後その商品を売却したり、キャッシュバックを受けてお金を得るものです。

クレジットカードの現金化は違法とは言えませんが、このような行為はヤミ金などの悪徳業者が行っているため、絶対に利用してはいけません。

なお、クレジットカードの会員規約に現金化を禁止するような文言が記載されていることがあります。

この場合、一括請求や強制退会、利用停止などの措置をとられることになるため注意が必要です。

記載されていなかったとしても、今後の利用に影響が出るのは間違いないため、真っ当な方法でお金は準備すべきです。

クレジットカードでお金を借りられない時の対処方法

クレジットカードにキャッシング枠が付帯していない場合、キャッシングを利用するためには申し込みをして審査があります。

審査がある以上利用できるとは限らないため、クレジットカードでお金を借りられなかったときは、次のような方法を試してみると利用できる可能性があります。

  • ほかのクレジットカードでキャッシングを申し込む
  • 即日融資に対応しているカードローンに申し込む

カード会社や商品が異なれば審査結果も変わる可能性があるため、申し込んでみるのも1つの方法です。

さらに、即日融資に対応しているクレジットカードやカードローンに申し込めば、急な出費にも対応できます。

しかし、いずれにしても審査が行われるため、審査を通過できなければ融資を受けることはできません。

そのため、審査通過が難しい人は公的融資制度や親しい間柄の身内や友人に相談するなどの手段をとることも検討する必要があります。

公的融資制度は時間がかかる

公的融資制度とは、貸金業者や金融機関などからお金を借りることが困難な状態にある人を対象として、国や自治体からお金を借りる方法です。

低所得世帯や障害者のいる世帯などが利用できる生活福祉資金貸付制度や、職業訓練中の不足する生活資金を借りられる求職者支援資金融資制度などがあります。

低金利かつ返済期間が長いなど有利な条件で利用できますが、制度ごとに決められている要件を満たさなければなりません。

要件を満たしていればすぐに融資が実行されるわけではなく、申し込みから融資までに1ヶ月程度かかることも少なくありません。

そのため、今すぐ必要なときの利用には向きませんが、利用できる制度がないかの相談も含めて、窓口となる地方自治体の福祉課などの担当部署に相談するのが得策です。

親や友だちに借りると信頼関係に影響する可能性がある

親や友だちなどの相談しやすい間柄からお金を借りれば、審査なしのため融資を受けれる可能性があります。

これまでの付き合いで信頼関係を築くことができていれば、融資を承諾してくれることもあります。

しかし、お金を無心した時点で、信頼関係が壊れるリスクがあることを承知の上で相談しなければなりません。

なお、親や知人にお金を借りる時、相手方は信用して貸してくれているため、貸金業者や金融機関とは異なるからと軽く考えるのではなく、より慎重に返済管理をする必要があります。

そのため、返済が滞ってしまったときは誠意をもって謝罪し、延長した返済期日には確実に返済をするようにしなければなりません。

信頼関係は一度壊れてしまうと、修復できるまでに相当の時間がかかることになります。

即日発行・即日融資のクレジットカードを利用する

クレジットカードは審査に通過後、自宅に郵送されてくるのが一般的ですが、スーパーやショッピングモールなどで受け付けている流通系クレジットカードのように、即日発行に対応しているクレジットカードもあります。

即日発行に対応しているクレジットカードの発行方法は次の2通りです。

  • インターネットで申し込んでカードを店頭で受け取る
  • 店頭で申し込んで審査完了後カードをそのまま受け取る

店頭で申し込みをした場合、審査完了まで最短30分ほど待たなければならないため、自宅で申し込んで店頭で受け取るのが得策です。

キャッシング枠を利用して即日融資を受けたいときは、申し込みのときにキャッシング枠の申し込みを忘れないようにしなければなりません。

カード発行後の申し込みは審査結果までに時間がかかり、即日利用できない場合があります。

三井住友カード(NL)

即日利用できるクレジットカードには、三井住友カード(NL)のようにナンバーレスカードもあり、審査完了後カードを受け取らずに利用できるものもあります。

三井住友カード(NL)はVpassアプリでカード情報が確認できるため、カードがなくても利用することが可能です。

ただし、手元にカードが届くまでは実店舗での利用はできず、オンラインショッピングやコード決済などのカード情報だけで利用できるものにしか利用できません。

キャッシングもカードがないためATMでの借り入れはできず、振込での借り入れのみになります。

なお、後日郵送されてくるクレジットカードを受け取らなかった場合は強制解約となるため、カードの受取は必須事項です。

カードをお受け取りにならず弊社に返送された場合は、一定期間経過後に解約となり、ご利用いただけなくなります。

(引用元:即日発行・即時発行(最短30秒!)クレジットカードが今すぐ作れる!使える!|クレジットカードの三井住友VISAカード)

銀行・消費者金融のカードローンなら即日融資も可能

即日融資が可能なクレジットカードもありますが、キャッシング枠の付帯審査は時間がかかるカード会社も多く、希望に沿えないことも少なくありません。

今すぐお金が必要なときはカードローンの利用が確実です。

特に、大手消費者金融のカードローンは全社即日融資に対応しており、申し込みから融資実行までが最短30分ほどで完了します。原則、電話での在籍確認なしのカードローンも増えています。

消費者金融 即日融資 電話での在籍確認 融資までにかかる時間
プロミス 原則、なし 最短3分(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
アコム 原則なし(原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施) 最短20分
アイフル 原則、なし 最短20分

銀行カードローンは警察のデータベース照会が必要になってから、現実的に即日融資に対応できなくなりましたが、一部の銀行では即日融資を解禁しているところもあります。

銀行カードローン 金利(年利) 借入限度額 特徴
三井住友銀行カードローン 1.5~14.5% 10万円から800万円 カードレスも選べる
三菱UFJ銀行カードローン・バンクイック 1.8~14.6% 10万円から500万円 口座がなくても申込み可
楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5% 800万円 楽天会員ランクに応じた特典あり

しかし、多くの銀行は即日融資に対応していないのが現状のため、申し込んだ当日にお金を借りたいときは消費者金融カードローンの選択が賢明です。

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ【ランキングの根拠
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

1位 プロミス


SMBCグループ

審査⇒借入まで最短3分即日借りられる!(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
●瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で口座振込可。在籍確認は原則電話なし!郵送物なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)
↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
✅申込~融資/最短3分※土日祝も当日
  (申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
✅原則在籍確認の電話なし
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即日振込も可
✅コンビニATMでも借りられる
✅最低返済額は1,000円~
審査が不安な人は1秒診断後に申込を。
\申込も簡単「プロミス」借りるまで最短当日/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

2位 アイフル

郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから内緒で借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査もWEB申込なら最短18分。(平日~土日祝でも当日可能)
\金利3.0~【借り換え可】/
↓無利息期間30日間あり【人気上昇中】↓

↑【審査通過のコツ】①記入ミス・書類不備に気を付ける ②希望額は必要な分だけにする ③ウソは書かない

3位 アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。土日祝でも最短20分で即日借りられます。※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。(原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施)
\原則電話なし郵送物なしでバレない/

↓返済は35日ごと:返済額1,000円~・借り換え可↓

4位 レイク
\融資まで最短25分・在籍確認は原則連絡なし/
審査が不安な方は簡易診断【最大60日間無利息】

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








この記事の監修者 山口みき
自己紹介 金融WEBメディア運営・管理経験(3年以上)を活かし「お金借りる今すぐナビ」の編集・監修を担当。FP技能士貸金業務取扱主任者・クレジット債権管理士の資格取得にも前向きに取り組んでおり、借り入れに関する疑問や不安に応えるため、常に正確で専門的な情報提供に努めています。
事業所 トイントサロン
Twitter @okanekariruima
YouTube お金借りる今すぐナビ – YouTube
お問い合わせ 下記フォームよりお問い合わせ下さい。
フォーム
関連ページ
どこでお金を借りる?

小規模企業共済の貸付制度はいくらまで借りられる?金利や審査・手続方法等を解説

2020年11月10日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
日本の景気に関係なく、資金繰りに悩む個人事業主は珍しくありません。そんな時でも、小規模企業共済に加入していれば、貸付制度の利用が可能です。  …
どこでお金を借りる?

親や知人にお金を借りるなら理由や頼み方が重要

2020年4月28日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
どうしてもまとまったお金が必要、でも金融機関で借り入れをすることだけは避けたい…そう悩んでしまう人も多いとか。お金が不足している時には、やはり家族や親戚、友人・知人からお金を借りる …