銀行カードローンでお金借りる

楽天銀行スーパーローンの特徴や審査・お金を借りるメリット・デメリット

楽天銀行の「スーパーローン」は、限度額内で何度でも利用可能のカードローンです。

銀行系のカードローンは多くあり、低金利設定を特徴としています。楽天銀行もその一つで、金利の低さを特徴としていますが、ネット銀行ならではの強みも持ち合わせています。

ということで、今すぐお金借りる方法の一つ、楽天銀行スーパーローンの特徴や審査について、ご紹介していきます。(関連:今すぐお金借りる必要がある人用の方法!即日で借りたいなら『お金借りる今すぐナビ』)

 

このページの要約点
  • スーパーローン利用で、楽天ポイントなどの特典あり
  • 楽天銀行口座なしでも利用可能
  • 条件を満たすことで無利息期間サービスが受けられる
  • アルバイトやパートも申込可能
  • 24時間ネット申し込み完結だが、土日祝日は審査をしていない
  • スーパーローンは即日融資に対応していない

 

↓最新版ランキング↓

【目次】このページ先読み

楽天銀行スーパーローン(旧マイワン)の特徴

楽天銀行のスーパーローン(旧マイワン)では、銀行ならではの特徴に加え独自サービスも展開、利用者の満足度をさらに高めています。では、その特徴をご紹介していきましょう。

楽天銀行発行、人気のカードローン

スーパーローンは、ネット銀行である楽天銀行㈱発行のカードローンです。楽天銀行(旧イーバンク銀行)は、楽天グループの銀行ですから、様々な楽天サービスとの併用で、お得に借り入れができます。

会員にはポイントプレゼントなど

安心と信頼を誇る楽天グループですから、楽天への入会・利用でポイントプレゼントや審査の優遇など、会員特典を提供しています。詳細は以下でご説明しています。

口座数が多い安心のネット銀行

楽天銀行は、国内のインターネット銀行口座数・利用者数が最大級の銀行とされており、信頼性も高いもの。利用限度額内であれば何度でも利用可能、保証人や担保不要のスーパーローンは、安心感とともに使える銀行カードローンなのです。

最大借入限度額800万円&ネット銀行ならではの金利

銀行ならではの金利に加え、最大限度額は消費者金融並み800万円というゆとりある金額となっています。

もちろん他にも多くの特徴を揃えており、以下をご参考にして下さい。

借入方法は3タイプから選択可能

借入方法は、以下の3タイプから選択ができるようになっています。

  1. インターネット利用による借り入れ
  2. 電話利用による借り入れ
  3. 提携CD・ATMでの借り入れ

①ネット利用による借り入れ

パソコンやスマホを利用して、登録している口座へ振込を行うサービスです。どこからでも24時間、手数料無料での振込依頼が可能です。

特に、楽天銀行口座を指定している人は、24時間いつでも即時振込が可能です。他行の場合は、平日遅くても14:45までの申し込みで、当日振込が可能となります。

②電話利用による借り入れ

楽天銀行では、24時間いつでもカードローン専属オペレーターが対応中。電話一本で、指定口座への振込を手数料無料で行ってくれます。

③提携CD・ATMでの借り入れ

全国各地で約10万台もの提携CD・ATMがあり、旅先・出張先であってもキャッシングが可能です。また、以下の提携金融機関であれば、借り入れで利用するATM手数料が無料になります。

ローソン銀行 イーネットATM ステーションATM
イオン銀行 セブン銀行 三井住友銀行
北都銀行 東京スター銀行 栃木銀行
愛知銀行 名古屋銀行 高知銀行
大光銀行 きらぼし銀行

スーパーローンでの借り入れには、上記に挙げた提携金融機関ATMの利用がおすすめです。

返済日が選択可能

月々の返済は、基本的に登録している口座より自動引き落としとなります。返済日は、以下から選択可能です。

  • 1日
  • 12日
  • 20日
  • 27日(※楽天銀行口座をしている場合のみ)

自身のライフスタイルに合わせた返済日を選ぶことができますね。返済口座には、一部を除くほぼ全ての金融機関から選択できます。ただし指定している口座によっては、返済日の選択数が少なくなることもあるので、最初に確認しておきましょう。

随時返済、一括返済でお得に返済

またスーパーローンでは、予定よりも元金を早く減らすことができる随時返済一括返済も可能です。その場合の返済方法では、

  • 提携ATM
  • インターネット
  • 振込

が利用できます。

まずは返済プランを検討する

また、楽天銀行のサービスである返済シミュレーションを使って返済計画を立てるのもいいでしょう。

限度額の増額可能だが減額もあり

スーパーローンの利用限度額は、申請することで増額も可能です。会員サイトでのメンバーズデスク、あるいは楽天銀行カードセンターで電話にて申請が行えます。その申請条件では、

  • 前回の増額審査から半年以上が経過していること

とされています。

ですが、増額申請にも審査があり、そのタイミングで利用状況や他社借入状況を再チェックします。そのために、信用度が低くなっていると判断されれば、増額はおろか減額や利用停止の可能性も。

限度額増額の申請をする場合は、慎重に行うことがおすすめです。

体験談・口コミ・評判の傾向を紹介

スーパーローンの口コミ・評判はどのようなものなのか、まとめてみました。

ポジティヴな口コミ ネガティヴな口コミ
シンプルなネット完結申し込み 自動契約機・窓口で申し込めない
入会・利用で楽天ポイントがもらえる 約定返済は自動引き落とし以外なし
契約後即日振込が可能 審査が厳しめで長時間
限度額が高め 返済相談のサポートがあまりない

スーパーローンの評判は、ポジティヴよりの傾向で、利用者が高い満足度を表しているといえます。スタッフの対応にも丁寧さが定評で、カードローンの初心者へのサポートが十分であるといった口コミも見られます。

楽天銀行スーパーローン向きの利用者とは?

スーパーローンは、とにかくお得なキャッシングを希望する人に最適なカードローンです。上限金利は、銀行系カードローンで適切な水準設定であり、支払う利息を少しでも減らしたいという人におすすめです。

また提携ATMは、大手コンビニやメガバンクですから、全国各地に設置場所が多いことも利便性の高さを求める人に好都合でしょう。

逆に、デメリットでも挙げていますが、ネット申し込みのみということでIT機器を苦手とする人には適していないかもしれません。その場合、申込方法に選択肢があるカードローンを選ぶことが先決でしょう。

そして、銀行ならではの金利よりも即日融資を希望する人には、大手消費者金融のカードローンをおすすめします。

 

楽天銀行スーパーローンでお金を借りるメリット

カードローンは、銀行だけでなく消費者金融信販会社など金融業者でも発行されています。その中から自身に最適なカードローンを選ぶためには、メリットを比較したいですよね。

そのため、まずはスーパーローンでお金を借りるメリットについて、ご解説していきます。

急な出費に最適!担保など一切不要

スーパーローンは、担保や保証人、入会金や年会費などが一切不要のカードローンです。急な出費となった時にも、本人確認書類さえあれば申し込みが可能です。

パートや学生アルバイトも申込可能

満20歳以上であれば、パートやアルバイトの人も申し込み可能です。もちろん、20歳以上でアルバイトをしている学生、パート主婦(主夫)でも申し込みができる上、担保や保証人も不要。いざという時のために準備しておきたいカードローンですね。

入会でコンビニATM手数料無料

スーパーローンでは、コンビニATMを利用した場合に、手数料が無料というのも大きなメリットの一つ。全国展開しているローソンやセブンイレブンなどほぼ全ての大手コンビニATMが利用できます。もちろん、メガバンクなどのATMも利用可能ですから、いつでもどこでも最大月に7回まで手数料無料でOK。利便性抜群のカードローンなのです。

優遇プログラムの会員サービス

無料の「楽天会員リンク登録」で、楽天銀行利用者への優遇プログラム「ハッピープログラム」のエントリー完了となります。この会員サービスとして、ATM手数料が最大月7回まで無料となります。

土日祝日も使用可能の提携ATM

全国各地に多く設置されている提携ATMは、以下の通り。

セブン銀行 イオン銀行 PatSat
みずほ銀行 三菱UFJ銀行 Enet
ローソンATM ゆうちょ銀行 VIEW ALTTE

※ほぼ24時間使用可能ですが、店舗により営業日や時間帯に違いあり、要確認です。

※ただし、VIEW ALTTEのATMでは入金の取り扱いはなし。

最大金利も消費者金融会社より低め

スーパーローンの金利は、

  • 年1.9~14.5%

となっています。これは、上限金利を18%としているところが多い消費者金融よりも明らかに金利に魅力があります。つまり、利息でも当然かなりの差が出ますから、比較的低利息での借り入れが可能となるケースが多々なのです。

利息の計算方法の一例

ちなみに一例として、10万円で借入期間が30日の場合、利息は以下のように算出されます。

年利率 計算方法 算出された利息
1.9%の場合 10万円✕1.9%✕30(日)÷365(日) 156円
14.5%の場合 10万円✕14.5%✕30(日)÷365(日) 1,191円

この利息計算が、以下でご説明する返済額に重要となってきます。

低利息で利用者に有利な返済額

また、低利息により元金の返済額を多くできるため、返済期間の短縮に繋がるというメリットにもなりますね。

カードローンの返済では、借入残高より毎月の返済額が決定される「残高スライドリボルビング方式」が多く採用されています。スーパーローンであれば、以下のように返済額が決まっています。

  • 一例…10万円超30万円以内の借入残高→返済額は5,000円(元金+利息)/月

ここで、借入残高からは元金の支払い分だけが差し引かれることになります。金利が低いほどに利息分が軽減でき、「元金分を多く支払える=返済期間短縮」ということになるのです。

大手銀行カードローンとの比較

そしてスーパーローンの金利は、大手銀行系カードローンと比べても、金利に魅力があることがわかります。

銀行カードローン 金利
楽天銀行スーパーローン 年1.9~14.5%
三菱UFJ銀行バンクイック 年1.8~14.6%
三井住友銀行カードローン 年4.0~14.5%

スーパーローンは、楽天ユーザーに限らず一般の人にも利点が多いカードローンといえます。

借り換え希望者にもおすすめ

低金利で提携ATMの利用手数料が無料、その上最低返済額は月々2,000円から。無理がない返済計画に最適なスーパーローンですから、借り換えを希望している人にもおすすめのカードローンなのです。

利用残高に対し低返済額

借入先により、毎月の金利は当然ながら、返済額も違ってきます。スーパーローンの返済額/月は、以下の通り。

利用残高 返済額/月
10万円以内 2,000円
10万円超30万円以内 5,000円
30万円超50万円以内 10,000円
50万円超100万円以内 15,000円
100万円超150万円以内 20,000円
150万円超200万円以内 30,000円

複数の他社借り入れがある人は特に、返済日の管理も大変なもの。スーパーローンでは、低利息に加え月々の返済額も低めですから、借り入れの見直しに適しています。

返済シミュレーションが使用可能

カードローンでは、利息について十分な知識を得て、お得な借り入れをしたいもの。そのために、しっかりとした返済計画を立てることが大切です。

楽天銀行では、返済シミュレーションが準備されていますから、是非とも利用してみましょう。

最短翌日審査・融資に対応

銀行のカードローンでは、早くても審査や融資にかなりの時間がかかるものですが、楽天銀行では最短翌日審査・融資を可能としています。

インターネット借入も手数料無料

インターネットからの振込で行うキャッシングも、手数料は無料となっています。スーパーローンは、パソコンやスマホからの手続きだけで24時間いつでも登録口座へ振込可能。振込手数料は発生しませんから、いつでも気軽に借り入れを行うことができます。

※ただし、ネット振込の借り入れは、インターネット会員サービスの「メンバーズデスク」で会員登録している利用者のみとなります。

楽天銀行口座開設の必要なし

スーパーローンは、口座開設なしで利用可能です。銀行カードローンでは、カードを発行する銀行の口座を必要とするケースが多々ですが、楽天銀行はその心配なし。

返済で利用中の他銀行口座を指定できることも、スーパーローンの大きなメリットといえます。

とはいえ、楽天銀行口座を開設することで、楽天ポイントがゲットできるなどのメリットもあります。

口座との同時申込後に無利息期間

スーパーローンと楽天銀行口座新規開設の同時申し込みをすれば、30日間の無利息期間サービスが受けられます(参考:楽天銀行スーパーローン無利息特約)。詳しい対象者は、以下の通り。

  • 新規で楽天銀行口座開設とスーパーローンを同時申し込み、成約した人。
  • スーパーローンの返済で、楽天銀行口座を指定した人。

そして、初めて借り入れをした日の翌日から30日間が、無利息期間となります。

スーパーローンは、口座なしでも他銀行口座を指定できることがメリットでもあります。ですが、楽天銀行口座を同時に開設することで、このようなサービスが受けられることも覚えておいて下さい。

スマホで簡単手軽に申込完結

申し込みから審査、契約までをスマホで完結できるということも魅力でしょう。来店不要で、楽天銀行アプリや公式サイトから必要書類も提出可能です。

PointClubでポイント獲得

スーパーローンの入会・利用で、楽天PointClubのポイントが獲得できます。楽天銀行ならではのオリジナルサービスで、金利や最低返済額も低めのスーパーローンを、さらなるお得さプラスで利用可能です。

お得なポイント獲得方法をご紹介

サイトの特定ページから申し込み、入会した人に、もれなく1,000ポイントがプレゼントされます。その際に、楽天ポイント口座の登録など、条件をクリアする必要があります。

 

お得な借入は申込方法に注意!

入会・利用の特典では、サイトの特定ページから申し込みをした人が対象となっています。他の申込方法では、対象から外れてしまいますから注意しましょう。また、既にスーパーローン(旧マイワン)カードをお持ちの人や申込内容で不正入力が見つかった場合などは対象外とされます。

キャンペーン期間を要確認!

楽天銀行では、過去に様々なキャンペーン期間を設けています。入会や利用といった期間中の条件クリアでポイント進呈や借入金利の50%オフなど、スーパーローンをさらにお得に利用できます。

カードローンでは、初契約者の無利息期間や即日融資を強みとする大手消費者金融が有名です。ですが楽天は、銀行系カードローンでは珍しい初契約者限定の無利息期間を設定している上、オリジナルサービスを多く提供しています。

スーパーローンは、キャンペーン期間以外でもリーズナブルな特典を設けていることもありますから、お見逃しがないように。

 

楽天銀行スーパーローン利用のデメリット

メリットが多い楽天のスーパーローンですが、やはりいくつかのデメリットもあるものですね。では、そのデメリットをご紹介していきましょう。

即日借入には非対応

やはり銀行系カードローンですから、基本的には即日融資に対応していません全国銀行協会が、カードローンなど個人向け融資審査で、警察庁保有の情報データベース照会を義務付けているからです。楽天銀行も協会の加盟銀行となっていますから、即日融資に対応できず、最短翌日もしくは申込日によって翌営業日となっています。

ちなみに、消費者金融なら警察庁データベースの照会が義務付けられていません。即日融資を希望している人は、大手消費者金融カードローンの選択が最適です。

自主規制で総量規制導入

現在の銀行カードローンは、多重債務防止を目的とし、自主規制として総量規制を導入しています。そのため、融資は年収の1/3~1/2までとみておきましょう。借入希望額は、前年の年収で1/2ほどを目安と考えておくといいでしょう。

申込方法がインターネットのみ

スーパーローンの申し込みは、インターネットから行う方法に限定されています。パソコンやスマホに慣れている世代にはとても便利なことですが、高齢者やIT機器が苦手という人には問題ありとなってしまいます。

申込対象の最高年齢は62歳以下

スーパーローンで申込対象となる年齢では、

  • 満20歳以上62歳以下

がベースとなっています。これはほとんどのカードローン金融機関・業者が対象としている「満20歳以上65歳以下」よりも狭め。63歳以上の人は申し込めないため、要注意です。

24時間申込可能、審査は平日のみ

インターネットの申込方法に限定しているスーパーローンは、24時間365日の申し込みを可能としています。ですが、審査業務は平日のみとなっており、土日祝日に申し込んでも翌営業日以降の融資になります。急ぎの人は注意しましょう。

 

楽天銀行スーパーローンの審査は厳しい?

特徴から、スーパーローンがメリットの多いカードローンであることがおわかり頂けたことでしょう。ですがやはり、銀行系カードローンということで、審査通過のハードルがかなり高いのではと気になる人も多いはず。

では、スーパーローンの審査について、詳細をご説明していきましょう。

満たすべき申し込み条件

まずは審査へと導く、申し込み条件をご紹介します。以下の申し込み条件が満たされていなければ、審査以前に申し込みが不可能となります。

申し込み条件
  • 年齢満20歳以上62歳以下(ただしパート・アルバイトの人、ならびに60歳以下であること)
  • 日本国内居住者、または永住権・特別永住権を持つ外国籍の人
  • 勤めている人で安定した定期収入が毎月ある人
  • 楽天カード株式会社、またはSMBCファイナンスサービス株式会社から保証を受けられる人(ただし楽天銀行が認めた場合には不要)

提出すべき書類について

提出する書類は、楽天銀行スーパーローンの申込書・保証依頼書(ただしネット申込の場合は不要)以外に、以下が必要となります。

  1. 本人確認書類
  2. 収入証明書類

また審査結果によっては、上記以外の書類を指定される場合もあります。

①本人確認書類の詳細

本人確認書類では、以下①と②のいずれかが必要になります。ただし本人確認書類が1点の場合、または記載住所が現住所と違っている場合には、他に税証明書などが1点必要となります。

本人確認書
①いずれか1点が必要
  • 住民票のコピー(原本)
  • 印鑑登録証明書(原本)
②いずれか2点が必要
  • 運転免許証のコピー
  • 健康保険証のコピー
  • パスポートのコピー
  • その他(楽天銀行指定の本人確認書類)

②収入証明書類の詳細

収入証明書類では、以下が必要となります。

必要となる収入証明書類
勤めている人 収入の記載がある源泉徴収票・課税証明書(所得証明書)、給与明細のいずれかのコピー
自営業の人 収入の記載がある課税証明書(所得証明書)、確定申告書のいずれかのコピー

 

申込前におためし診断もおすすめ

特に他社借り入れがある人は、スーパーローンで借り入れが可能かどうかを、「おためし診断」で確かめてみるのもいいでしょう。生年月日と職業、他社借入金額、年収(税込み)を記入するだけで、簡易的な診断が受けられます。

ただしあくまでも簡易的なものであり、正式な審査結果とは違う場合もあることを覚えておきましょう。

申込~審査の流れ

スーパーローンは、インターネット申し込みに限定されています。その流れは以下の通り。

申し込みの流れ
  1. 公式サイト・アプリから申し込み
  2. 審査スタート
  3. 在籍確認
  4. 必要書類の提出
  5. 審査完了~通知
  6. ローンカード発送

電話での在籍確認とその時間帯

申し込み情報にある勤務先で、実際に勤めているかどうかを確かめるため、電話での確認が行われます。「楽天銀行」や「カードローン」といったプライバシー関連のワードは一切使うことはありません。担当者は自身の個人名を使い非通知で電話をかけるため、周囲にバレる心配はないといっていいでしょう。

在籍確認が行われる時間帯は、

  • 平日9~20時

となっており、はっきりとはいえません。ですが、在籍確認の時間帯を指定したい場合には、スーパーローンの専用窓口にて相談してみるといいでしょう。

  • スーパーローン専用窓口(申し込みに関する相談受付)

電話番号:0120-720-115

※祝日・年末年始を除いた平日9~20時

※新規申し込みの受付は行われていませんので要注意

郵送物などには要注意

在籍確認で周囲にバレる心配の可能性は低いとはいえ、ローンカードなどの郵送物口座履歴には注意するようにしましょう。

増額案内などDMは相談可

また、どうしてもバレたくない人には、審査通過後に電話でオペレーターへの相談がおすすめ。ローンカードは郵送されますが、増額案内といったダイレクトメールを省いてもらうことが可能です。

審査基準について解説

やはり銀行系カードローンということで、かなり細やかな審査基準・内容という印象が持てます。とはいえ、専業主婦(主夫)でも審査通過の可能性が高いとされているスーパーローンですから、他の銀行より少し緩めともいえるのです。

審査基準・内容に関しては、どの金融機関・業者でも公開はしていません。こちらでは、考えられるスーパーローンの審査基準におけるポイントをまとめてみました。

 

職種と勤続年数

職種で重視されることといえば、年収の安定性です。会社規模雇用形態なども関係し、比較的正社員であるほうが評価は高めといえます。

ただしスーパーローンでは、大企業勤務でも入社から数ヶ月という人より、10年以上の自営業者のほうが高評価となるケースも。重視される勤続年数は、アルバイトなどでは3ヶ月継続勤務、正社員では1年以上勤務が目安といえます。

他社借入~件数など審査への影響

申込者の中には、他社借り入れを気にしている人もいることでしょう。実際に、他社借り入れの件数が複数となれば、審査通過が難しいといえます。

貸し付けを行う金融機関・業者は、基本的に利用者の信用度を見極め、貸付限度額を決定しています。貸付側との信頼関係が十分であれば、高い貸付限度額・増額を可能とするため、複数社からの借り入れをする必要がありません。逆にいえば、既に複数社の借り入れがある人がスーパーローンを申し込むことは、他で信用度が低いことを表していることに。結果、審査も厳しく行われる可能性が高いといえるのです。

ちなみにスーパーローンでは、既に3社以上もの他社借り入れ件数がある場合、審査に大きく影響するとされています。

個人信用情報~審査落ちの原因に?

個人信用情報は、金融機関・業者などとのローンといった取引に関わる情報のこと。楽天銀行はもちろんのこと、他の金融機関・業者やクレジットカード会社などで過去にトラブルがあれば、高リスクと判断されます。

代表的な金融事故 記録される期間
2~3ヶ月以上に渡る返済の延滞 最長5年間
保証会社からの※代位弁済 最長5年間
契約の強制解約 最長5年
破産などの債務整理 最長10年

自身の信用情報について明らかでない人は、開示請求を行うことをおすすめします。

代位弁済…利用者がローンの返済不能となった時に、保証会社が代行で返済すること。

日本国内の信用情報機関3種

国内には、個人信用情報機関として、

があります。以下で保証会社についてご説明していますが、スーパーローンでは2つの保証会社があります。楽天銀行自体はKSCに加盟していますが、もう1つの保証会社はCICとJICCに加盟しています。つまり、全ての機関から信用情報をチェックしているといえるのです。

どの信用情報機関でも自己破産や返済延滞などの傷があれば、審査通過はほぼ不可能とみていいでしょう。

口座状況~給与振込設定など

スーパーローンでは、楽天銀行の口座を持っていなくても利用可能ですが、口座を持っている場合には審査対象となります。もちろん、口座を持っていなくても問題はありません。

ただ、楽天銀行側としては、口座状況を審査の加点ポイントにしています。考えられるその項目は、以下の通り。

加点ポイントとなり得る口座状況
  • 月々の入金状況
  • 口座残高
  • 楽天デビットカードの利用状況
  • 給与振込の設定がされているかどうか
  • 公共料金などの引き落としで指定口座に設定されているかどうか

楽天会員には審査優遇もあり

既に楽天会員の人であれば、楽天利用で得られるポイントに応じ、以下のようにランク分けされています。

  • レギュラーシルバーゴールドプラチナダイアモンド

シルバー以上のランクである会員には、スーパーローンの審査優遇もあり、審査通過の可能性が非常に高くなります。

もちろんあくまでも比較的通りやすいということですから、信用情報に問題ありなどでは、期待通りにいくとは限りません。

※必ずしもすべての楽天会員さまが審査の優遇を受けられるとは限りません。

楽天カードローンの保証会社は?

スーパーローンでメインとなる保証会社は、楽天カード株式会社となっています。ちなみに、多くの銀行系カードローンでは、アコムやプロミスなど大手消費者金融が保証会社となっているケースがほとんどです。

保証会社のクレジットカード会社

そしてスーパーローンでも、保証委託約款によればSMBCファイナンスサービス株式会社への委託が記載されています。支払いの延滞が継続的になれば、保証会社がSMBCファイナンスサービス株式会社に委託すると考えられますね。

ちなみに、2012年からスーパーローンの保証会社の1つは、株式会社セディナでした。ですが2020年7月、株式会社セディナとSMBCファイナンスサービス株式会社が合併、社名変更を行っています。

保証会社の重要な役割

銀行が大手消費者金融やクレジットカード会社を保証会社にしているのには、「信用情報における審査」と「債務保証」という重要な役割のためです。

審査では上記通りですが、利用者が返済不能となった場合に、保証会社が代わりに返済する「代位弁済」という債務保証です。

他で審査に落ちた人に可能性あり?

銀行カードローンでは、1つの保証会社の場合と、複数の保証会社を採用している場合があります。スーパーローンでは保証会社が2つということで、どちらも審査をしているのなら、属性などで保証会社を振り分けているともいえます。

そしてメインの保証会社である楽天カード株式会社は、スーパーローン以外の銀行カードローンで保証会社を行っていません。大半の銀行系カードローンは、アコムプロミスといった大手消費者金融が保証会社として業務を行っています。

つまり、申込者が保証会社の大手消費者金融の審査で落ちた場合、同じ保証会社採用の他カードローンでも落ちる可能性大。保証会社を共有しているということは、審査基準・内容もほぼ同じと考えられるからです。

ということで、他カードローンの審査で落ちた人でも、スーパーローンでは審査通過の可能性が高いと考えられるのです。

審査期間~時間がかかる?

スーパーローンは最短翌日で融資可能とされていますが、現実的ではないという口コミも多く見られます。そして申し込みは土日祝日も受け付けているものの、審査は基本的に祝日を除く平日のみ。3日して審査結果が届いたというケースもありますから、審査期間として数日をみておいてもいいでしょう。

審査結果はメールで通知

スーパーローンの審査結果は、申し込み時に入力されたメールアドレスへ通知されます。

審査通過のための注意点

上記以外でも、審査通過のために注意しておきたい点があります。デメリットのところで記述していますが、スーパーローンは自主的に総量規制をベースにしています。そのために、借入希望額は、年収の1/3~1/2を目安としたほうがいいでしょう。

そして申し込み時の情報では、虚偽申告をせず、正確な情報を入力するようにしましょう。

 

 

【最新版】ランキング

【直近3ヵ月の人気・申込数順】※当社調べ
WEBで完結&最短1時間在籍確認なし郵送物なし!
【審査通過の簡単な3つコツ】①借入上限額を高くし過ぎない②年収を偽らない③情報の入力ミスに注意

1位 プロミス

三井住友銀行グループ

審査⇒借入まで最短60分即日借りれる!瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。電話・在籍確認なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)

 

2位 アイフル
郵送物なし・在籍確認なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。(平日~土日祝でも当日可能)

3位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短60分で借りれる!(平日~土日祝でも当日可能)

今月の注目枠
🔰三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
↑バンクイック↑