誰がお金を借りる?

パート主婦(主夫)がお金を借りる方法・カードローンの審査条件・注意点(今すぐ融資可能)

主婦(主夫)といえば、家計のやりくりも家事として含まれていることがほとんど。パートナーの急な出張費、子供の教育費など、様々なシーンでうまくいかないことはあるものです。もちろん、パートで仕事をしている主婦(主夫)で安定した収入を得られているとあっても、それは同じことですよね。(関連:最低賃金が改定)

そういった時には、お金を借りるということも一つの手段です。特に、パートに出ている主婦(主夫)は、ある程度自身の収入がありますから、本人名義でお金を借りる方法にも、いくつかの選択肢があるのです。

今回は、パート主婦(主夫)がお金を借りる方法注意点などについて、ご紹介していきましょう。(関連 >>今すぐお金を借りる方法)

 

このページの要約点
  • 銀行よりも大手消費者金融のカードローンがおすすめ
  • 銀行など金融機関のローン商品もおすすめだが審査は厳しめ
  • 低所得者世帯では、低金利の公的融資制度も要チェック
  • クレジットカードは、節約にも繋がるカードを選択
  • 定期預金担保自動貸付や質屋などバレずに審査不要で借入可能
  • 給与前払いや従業員貸付制度の対象者ならご検討を
↓最新版ランキング↓

【目次】このページ先読み

パート主婦(主夫)がお金を借りる方法

一言に「パート主婦(主夫)」といっても、やはり正社員とは違いますから、基本的に時給での収入となり、働く日数も人によって様々。「主婦(主夫)だから審査通過は無理」、「定収入のパートだと即日融資は不可能かも」、「家族にバレない借り入れをしたい」などと不安に思っている人も多いことでしょう。

ですが、注意点に気をつけることで自身のライフスタイルに適した借り入れ方法はありますから、ご安心下さい。

アルバイトとパートの違い

アルバイトパートはよく分けて使われるものですが、どちらも「パートタイムジョブ」ということで、法律的な違いはありません。ですが、パートという言葉は、家事や子育ての両立ということもあり、正社員のようにフルタイムで働きづらい主婦(主夫)の働き方として知られています。

こちらでも、パート主婦(主夫)がお金を借りる方法としてご紹介していきます。

また、パートを始める予定の専業主婦(主夫)、学生アルバイトやフリーターの人、就職が内定している人などの借り入れ方法については、それぞれの記事でご紹介していますので、そちらも合わせてご参考にして下さいね。

そして、もし公務員や個人事業主である配偶者を持つパート主婦(主夫)で、配偶者から借り入れの同意が得られるのであれば、お得にお金を借りる選択肢は他にもあります。是非以下の記事をご参考にしてみて下さい。

パート主婦(主夫)の借り入れ方法をご紹介

では、パート主婦(主夫)に適した借り入れ方法をご紹介していきましょう。

パート主婦(主夫)がお金を借りる方法
  1. 銀行や消費者金融のカードローン
  2. 消費者金融の配偶者貸付
  3. 銀行など金融機関のローン商品
  4. 銀行の定期預貯金担保自動貸付け
  5. クレジットカードのキャッシング枠
  6. 公的融資制度
  7. 生命保険の契約者貸付制度
  8. 給与前払い制度
  9. 従業員貸付制度
  10. 質屋
  11. 親や知人からの借り入れやその他の方法

 

1. 銀行や消費者金融の「カードローン」が便利

結論からいうと、やはりパート主婦(主夫)に適した借り入れ方法といえば、利便性の高さが人気の「カードローン」でしょう。カードローンは、「銀行」と「消費者金融」で提供されている融資サービスです。

銀行カードローンを申し込む前に注意しておきたいこと

カードローンはやはり銀行の方が比較的低金利ということもあり、銀行カードローンを申し込むパート主婦(主夫)は珍しくありません。ですが、以下挙げる、申し込み前に注意しておきたい点をチェックしてみて下さい。

銀行カードローンは審査が厳しめ

収入が少なめのパート主婦(主夫)であっても、月々に一定した収入さえあれば、カードローンの申し込みは十分可能なのですが、銀行カードローンの場合、パート主婦(主夫)が審査で落とされる可能性は大

銀行カードローンで主に貸付条件とされている項目には、

  • 満20歳以上65歳未満であること
  • 収入に安定性があること
  • 保証会社による保証が受けられること

とされており、パート主婦(主夫)であっても借り入れの対象者であることが一見してわかります。ですが実際には、金融庁による過剰貸付の指摘を受け、銀行は自主規制を行うようになり、審査には時間をかけ、その基準も厳しくしています。

会社員公務員なら、一定した収入の安定性がほぼ確実とみなされる上、社会的信用も高いと判断されますから、審査通過は難しくないといえます。ですが、パート主婦(主夫)で月々に安定した収入があるとしても、社会的信用は低いものと判断され、審査通過は困難なのです。

正社員以外不可などの厳しい条件の銀行もあり

一部の銀行では、カードローンの申込み条件で、「正社員のみ」、「年収が400万円以上の人」などと、パート主婦(主夫)にはクリアしづらい申し込み条件を掲げているケースも多くあります。

条件クリアと思い複数の申し込みはNG

申し込み者として条件はクリアしているからと、気軽に申し込みをしてしまう人も多いことでしょう。だからといって審査に通過するとは限りません。中には、どこかで審査通過となるかもと、一度に複数の申し込み、あるいは日にちをあけながら短期間に次々と複数の申し込みをする人も少なくはないようです。

ですが、借り入れ申し込みの詳細は、※信用情報機関に記録されることになります。とにかく申し込みだけと、あちらこちらでしてしまうと、次にカードローンを申し込む際に、かえって不利になってしまう可能性が高まります。

信用情報機関指定信用情報機関(CIC)日本信用情報機構(JICC)

限度額は10万円以上となるケースがほとんど

銀行カードローンでは、10万円以上の貸付額に設定されていることがほとんどです。消費者金融カードローンなら1万円単位で借りられますが、銀行カードローンの場合、10万円単位となるのです。その上、※総量規制対象外の銀行であっても、既述した通り、自主規制によって審査通過には借入額における3倍もの年収が必要としていますから、前年度の年収が少なくとも30万円以上でなくてはいけません。

銀行カードローンは消費者金融カードローンと違って、貸付額が大きめですから、審査通過もかなり難しくなります。

総量規制…多重債務者の減少対策として定められた法律であり、借入総額を年収の1/3までとし、無収入の人を貸付対象者にしないことが義務付けられています。(参照:貸金業法Q&A:金融庁)

低収入でも心配無用!消費者金融のカードローン

パート主婦(主夫)で借り入れが必要なら、収入が少なめであっても利用可能な消費者金融の選択が最適です。消費者金融は銀行ほどの厳格な審査をしておらず、低収入の人への貸付にも積極的です。

例えば、大手消費者金融のホームページ上で、審査通過率をグラフにして公表しているところもあり、融資の受けやすさをアピールしています。その結果によると、消費者金融カードローンの審査通過率は、銀行カードローンの2倍以上とされているのです。

加えて、信用情報機関に記録されることも考えると、収入が少なめのパート主婦(主夫)には、最初から審査通過率が高めの消費者金融に申し込む方がおすすめといえるのです。

パート主婦(主夫)が利用できる限度額とは?

消費者金融の場合、融資の最高額は800万円とされていることがほとんどですが、パート主婦(主夫)が実際に借りられる金額としては、30万~50万円が相場。もちろん、年収や使途により借入可能額に違いはありますが、収入が少なめであれば、30万~50万円という範囲が、返済可能な金額ともいえます。

例えば、配偶者の扶養から外れないようにパート年収を103万円以下にしている主婦(主夫)だと、限度額は30万円ほどになります。

ただし、パート主婦(主夫)だと初回契約時の利用限度額は、10万円ほどになることが多々。正社員に比べて低収入であることは否めず、貸付側としても返済能力を重視しますから、少額融資でスタートし、後々少しずつ増額していくということが一般的です。

消費者金融カードローンの審査や注意点などを解説

ではここで、パート主婦(主夫)が消費者金融カードローンを利用するに当たり、審査や注意点などについて、詳細をご紹介していきましょう。

審査では「返済能力」と「高い信用度」を重視

審査担当者は、審査において申し込み者が持つ「返済能力」と「高い信用度」を重視しています。

まず、信用評価を高めることといえば、

  • 勤続年数

ですね。高収入であっても単発の仕事を何度も行っている、というより、低収入ではあるものの同じ職場で長く勤めている人の方が高い信用評価に繋がります。そしてその基準は勤続1年。最低でも半年間勤めていることが望ましいです。パートを始めて間もない人となると、収入の安定性がかなり低いと判断され、審査通過が難しくなります。ただし、大手消費者金融では、勤続年数をさほど重視していないところがあることも確かです。

そして、

  • 他社借入件数や借入額

についても、返済能力や信用度に大きく関わってきます。「複数社で借り入れがある」、「借入総額が既に年収の1/3近くである」などでは、返済能力に欠けると判断され、審査通過が困難であることを覚えておきましょう。(参照:日本貸金業協会|お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)【貸金業界の状況】)

さらに当然ながら、クレジットやローンといった信用取引の事実を表す、

  • 信用情報

も確認されます。信用情報については、以下にご説明していきます。

信用情報の重要性は本当?

信用情報は、これまでのローンにおける返済状況だけではなく、クレジットカードや携帯料金など日常的に行われる支払いについても対象とされています。期日までにきっちりと支払われているのであれば、特に心配する必要はありません。

ですが、支払いなどで以下のようなトラブルを起こしている人は、「金融事故」として信用情報に記録されてしまいます。

  • 2~3ヶ月以上の長期滞納を行った
  • クレジットカードの利用停止を受けた
  • 各種サービスが強制解約となった
  • 借り入れを完済できず債務整理を行った

もちろん、上記に挙げた金融事故はほんの一例です。こういったトラブルを起こした人は、5~10年の間、どのような審査も通過しづらいと心に留めておきましょう。

信用情報は、個人であっても開示請求ができますから、過去に上記のようなトラブルで心当たりがあるという人は、開示請求をおすすめします。

また、カードローンの申し込み者がパート主婦(主夫)の場合に、配偶者の信用情報にも将来的な影響があるのかどうか気になる人もいるかもしれませんが、申込内容や審査結果、利用実績など借り入れに関連した情報は、申し込み者だけの信用情報に影響します。配偶者の信用情報に影響することはありませんので、安心して下さい。

逆に、配偶者が金融事故を起こしていたとしても、申し込み者の審査には影響しないことも覚えておきましょう。

勤務会社・店舗への在籍確認も重要

申告した会社や店舗などに勤務しているかどうかの確認も必ずされることになります。その在籍確認に不安を持つ人も多いようですが、審査担当者は確認連絡の際に、会社名を使わずに個人名で行います。在籍確認の内容も、その勤務先に在籍しているかどうかを確認するだけで、勤務先の人に申し込み者の勤続年数など情報を聞き出すことはありませんから、ご安心下さい。

万が一、どうしても勤務先への連絡をしてほしくないという場合は、その旨を担当者に相談してみましょう。電話による在籍確認が困難と判断されれば、電話以外での方法を検討してくれるケースも多々。例えば、大手消費者金融の中には、会社名入りの健康保険証や給与明細書などを提出することで、電話確認を免除してくれるところも多くあります。もちろん、貸付会社によって対応方法は違いますから、まずは担当者に相談することをおすすめします。

勤続年数1年未満でも審査通過しやすいコツ

審査通過には、勤続年数の長さも大きなポイントと既述しましたが、パートに出てまだ1年未満という主婦(主夫)の人も多いはず。そのような人にも、審査通過に繋がる注意点があります。

まずは、虚偽申告を絶対しないこと。正直に申告することは、基本中の基本なのですが、審査通過を望むあまり、勤続年数や年収などについてちょっとした上乗せの申告をしてしまう人も少なくはありません。ですが、その時点で信用評価は全く得られなくなり、審査に落とされてしまいます。

そして、とにかく収入の安定性と高い返済能力を備えていること。どの貸付側も、収入の安定性を条件にすることは、当然のこととされています。特に、収入証明書の提出を尋ねられた時に、勤続年数が1年未満であっても、直近3ヶ月分の給与明細書を提出することで、審査通過に繋がる可能性も高まります。そのために、直近3ヶ月分の給与明細書は必ず保管しておくようにしましょう。

さらに、借入希望額は、返済可能額と判断してもらえるように、年収の1/3位内で申告しましょう。例えば、年収100万円の人が50万円を借入希望額としても、返済が困難になる可能性ありと判断され、審査通過さえ無理になることも。実際の年収に適した借入希望額にすることで、審査通過となりやすい場合もあるのです。

また、近年では社会保険加入者であることも有利という傾向になっています。当然、国民健康保険ということが審査に影響するというわけではありません。雇用形態がどうあれ、加入条件の一つで一定の勤務時間が決められている社会保険の加入者であれば、それだけフルタイムに近い勤務時間であり、勤務先に長期的な労働をしている、つまり安定した収入があるという証明になるのです。

そして最後に、「滞納」しないように「返済期日」を絶対に守ること。(関連:延滞すると信用がなくなり借りられなくなるので注意)

支払い滞納となれば、自宅や職場へ電話連絡がされる可能性もないとはいえません。また、自宅へと督促状が郵送されれば、家族に内緒で借り入れをしていることがすぐにバレてしまいます。どうしても都合により返済期日が遅れそうという場合には、必ず事前に業者への電話連絡をしておきましょう。

今日中の借入希望なら消費者金融で即日融資を

パート主婦(主夫)であっても、月々に安定した収入があり、返済能力も十分と判断されれば、各金融機関、貸金業者にてお金を借りることは可能です。ただし、どうしても今日中に借りたいという人には、即日融資に対応していない銀行よりも、消費者金融のカードローンを選択しましょう。

申し込みは、スマホなどインターネットで公式ウェブサイトにアクセスできれば、24時間いつでも手続きが可能です。もちろん、ネット環境がない、ネット申し込みが苦手という人には、電話での申し込みも可能ですからご安心を。また、消費者金融では無人契約機を設置しているところも多くありますから、スピーディに申し込みを完了させることも可能です。

バレたくない人にはレディースキャッシングなど

個人的な理由から至急お金が必要という場合であれ、やはり家族や勤務先の人たちに借り入れのことが知られてしまうのではという不安にかられるもの。周囲にバレたくないために、お金を借りるための申し込みも躊躇してしまうという人も多いことでしょう。ですが、大手の消費者金融では、ネットでのWEB完結でスピーディに手続きや審査を済ませることもできます。既述していますが、在籍確認の回避にも対応してくれるところが多くあります。カードの郵送が気になる人には、カードレスキャッシングを提供している消費者金融を利用するのもいいでしょう。

特に、パート主婦に人気の「女性専用キャッシング」もサービスしているケースが多く、主婦にはおすすめです。

2. 少し多めに借りたい人必見!「配偶者貸付」

パート主婦(主夫)で収入は少なめ、だけどどうしても年収の1/3以上を借り入れしたい…そんな人におすすめの方法は、「配偶者貸付」です。自身の収入だけではなく、配偶者の年収を合算した1/3までを融資可能としています。配偶者の同意書が必要になりますが、当然ながら貸金業法による総量規制の例外として法的に認められているので、ご心配無用です。

ただし、どの銀行や消費者金融でも配偶者貸付に対応しているというわけではありません。配偶者貸付は、無収入である専業主婦(主夫)に適したシステムであることから、特に銀行では審査がとても厳しいもの。まずは既にご利用中の銀行や消費者金融で、その対応が行われているかどうかを確かめてみましょう。

ちなみに消費者金融で配偶者貸付に対応しているところは、中小の消費者金融がメインです。忙しいパート主婦(主夫)にぴったりな、即日融資対応のところもあります。配偶者貸付の詳細については、以下の記事でご紹介していますので、是非チェックしてみて下さい。

3. 銀行など金融機関の「ローン商品」は低金利

銀行などの金融機関では、カードローン以外にもパート主婦(主夫)が利用可能なフリーローンといった低金利の「ローン商品」も多く提供されています。金融機関によっては名称や条件などに違いはあるものの、様々な種類のローンが用意されているので、申し込みにはパート主婦(主夫)も貸付対象としているローン商品を選択しましょう。

とはいっても、金融機関での審査では、申し込み者に高い信用評価を求めますから、ローン商品で申し込みをする場合、既に口座を持っている、ローンを契約したことがある、パートの給与振込や配偶者が利用しているなど、取引がある銀行を選ぶことが先決。

また、大手の銀行よりも、地域密着型の地方銀行信用金庫などのほうが、小口貸付を多く行っている傾向にあり、パート主婦(主夫)には借りやすいといえます。お近くのろうきん農協でのローン商品も、店舗により貸付対象者でパートの人を含んでいることがありますから、チェックしてみてはいかがでしょうか。

4. 銀行の「定期預貯金担保自動貸付け」を利用する

家計を預かっているパート主婦(主夫)であれば、既に銀行の定期預貯金を利用中ではないでしょうか。もうしそうなら、その定期預貯金を担保として借り入れする方法の「定期預貯金担保自動貸付け」もおすすめです。ゆうちょ銀行や他の銀行ともに、審査不要で金利面でもかなりのお得となっています(関連:審査無しでお金を借りる確実・安全な方法・即日融資希望の時は消費者金融)。

不足分発生となった時に、自動貸付けをしてくれますから、審査不要で利便性の高さを求める人には、利用しやすい方法といえます。その詳細は、以下の記事でご説明しています。

5. クレジットカードをお持ちなら「キャッシング枠」利用

既にクレジットカードをお持ちの人は、クレジットカードで借りるキャッシング枠」を利用するのもいいですね。

また、新しくクレジットカードを申し込みたいパート主婦(主夫)には、ポイント還元カードがおすすめ。節約派の主婦(主夫)には、さらに年会費無料のカードを選択するといいでしょう。

ほかに、利用することが多いデパート、スーパーや大手量販店などで提携・発行されているクレジットカードも検討してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードのキャッシング枠については、以下の記事で詳細をご紹介しています。注意点も細やかにまとめていますので、是非ご覧下さい。

女性向けクレジットカードもおすすめ

パート主婦であれば、女性向けに発行されているクレジットカードにすると、女性限定の特典・サービスが豊富ですから、普通のクレジットカードよりもお得かもしれません。

女性向けクレジットカード
  • 楽天PINKカード
  • JCB LINDA
  • 三井住友カード アミティエ
  • JCB CARD W Plus L
  • VIASOカード
  • セブンカード・プラス
  • majica donpen card!
  • エポスカード
  • ルミネカード
  • セゾンカードインターナショナル

申し込みには、事前に条件やサービス、キャッシング枠についての詳細もよく確認してから、自身に適したクレジットカードを選ぶようにしましょう。

6. 国や自治体による低金利な「公的融資制度」

国や自治体が提供している、低所得者を対象とした「公的融資制度」の利用も一つの方法です。配偶者も安定した収入を得られている場合は、条件に当てはまらないかもしれませんが、高齢者の世帯、扶養家族が多い世帯、配偶者が病気など何らかの事情で働けなくなった世帯など、パート主婦(主夫)の収入を加算しても、最低限の生活を送ることが難しいとなれば、条件が合う融資制度を申し込めるはず。

以下の記事では詳細をご紹介していますので、是非ご参考にしてみて下さい。

7. 加入中の生命保険による「契約者貸付制度」

生命保険に加入しているパート主婦(主夫)で、その生命保険が「契約者貸付制度」の対象となっている商品かどうかをまずは確かめてみて下さい。対象であれば、契約者貸付制度を利用して融資を受けることもおすすめです。審査不要で借り入れしやすい方法の一つです。

ただし、場合によっては、その生命保険を解約したほうがお得なこともありますので、以下の記事にて注意点などの詳細をご確認下さい。

8. 信用調査や審査なし!「給与前払い制度」

給与前払い制度」は、企業側が求職者に対し選択・応募してもらいやすくするための改善策として導入している制度です。

ですが、どの企業でも導入しているわけではなく、まずはパート先が給与前払い制度を導入しているかどうかを確かめてみましょう。導入されていれば、労働基準法第九条にある通り、パートも対象者とされているはずです。もちろん、職場によって規定も違ってきますので、そちらも事前にご確認を。

注意点として、給与前払いとは、どのような理由であれ認められる、というものではないということ。労働基準法第二十五条で記載されている緊急理由により、企業側は給与前払いを受け入れる義務がある、ということがベースです。

他にも様々な注意点などがありますので、勤務先へ依頼をする前に、以下の記事にてご確認下さい。

9. 福利厚生の一環である「従業員貸付制度」

前払い」とよく間違われる「前借り」がありますが、これはまた全く別のもの(関連:アルバイトでお金を借りる)。

ですが、企業によっては福利厚生の一環として、「従業員貸付制度」を設けているところもあり、会社が経済的な問題を抱えている従業員をサポートするために、貸付を行っています。もちろん、会社により貸付条件は違っていますから、パート主婦(主夫)といった正社員以外が必ずしも対象とは言い難いところです。パート主婦(主夫)やアルバイトなど正社員以外の人は、短期間で仕事を辞めてしまう可能性が高いために、貸付対象者として認めない会社が多いということが事実。まずはパート先の福利厚生担当者に尋ねてみるといいでしょう。

従業員貸付制度の基本的な詳細については、以下の記事でご紹介しています。

10. 即日融資希望なら「質屋」もおすすめ

パートを始めたばかりの人や、信用情報の金融事故が気になる人には、「質屋」(Wikipedia参照:質屋とは)でお金を借りることも検討してみましょう。特に、処分する予定の貴金属やブランド物などを所有しているパート主婦(主夫)にはおすすめの方法といえます。審査もなく、誰にもバレない借り入れ方法ともいえます。

ただし、融資を受けるよりも買取をしてもらった方が良い場合もありますし、事前に質屋での買取と融資についての違いや詳細を理解しておく必要があります。以下の記事では注意点を含め詳細をご説明しています。

11. 親や知人からの借り入れる方法

パート主婦(主夫)には、収入があるということから、お金を借りる選択肢も多く考えられます。とはいえ、様々な事情から上記に挙げてきた方法が利用できないという人もいることでしょう。そういった時には、最後の手段である、「親や知人など親しい人からの借り入れ」も考えてみましょう。

この場合、審査をしたり信用情報を調べられたりすることはないといえますが、その後の関係性も良好のままキープできるように、借用書作成利息を設定するなど、トラブル対策をしておくこともおすすめ。以下の記事では、借用書作成の詳細や注意点などをまとめていますので、是非ご活用下さい。

関連ページ

>>親や知人にお金を借りるなら理由や頼み方が重要
>>お金を借りる言い訳や理由は何て言えばいい?親・親戚や友人に借りたい時の言い訳や理由

ヤミ金・悪質業者にお金を借りるのは危険

また、上記以外の方法で、ソフト闇金個人間融資掲示板など、何かとリスクが高い方法を選ぶ人もいるようです。残念ながら、融資希望者に優しく近づき違法な貸し付けを行う業者は、未だなお増え続けているのが現状です。個人間融資掲示板であっても、闇金業者が裏で動いていることも多々ですから、このような方法は選択しないようにしましょう。

パート主婦(主夫)は、安定した収入を毎月得ているという強みを既に持っています。着実・安心の返済が可能な、正しい借り方を選ぶようにしましょう。

 

【最新版】ランキング

【直近3ヵ月の人気・申込数順】※当社調べ
WEB申込で完結&最短1時間カードレス郵送物なしだから誰にもバレずに借りれます。

1位 プロミス
瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。急いでいる方も安心です。

 

2位 モビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。

 

3位 アイフル
郵送物なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。
関連ページ