どこでお金を借りる?

JA(農協)でお金を借りる方法【審査・条件・金利やローンの種類】

農業を営む方たちの生活向上を目的に設立された協同組合、「JA(農業協同組合)」では、農家ではない人でも利用可能な金融事業の「JAバンク」があり、銀行と同様、貯金や各種ローンなどサービスが充実しています。

こちらでは、JAでの借り入れ方法やその種類、申し込み手順などについてご紹介していきます。(関連 >>今すぐお金借りる手段!安全・確実に即日で借りたい人用の方法『お金借りる今すぐナビ』)

JAバンクとは

JAバンクの組織

農業協同組合であるJAでは、「JAバンク」と呼ばれる部門があり、貯金や融資などを取り扱っています。つまり、JAで借り入れをする場合には、JAバンクを利用するということになります。

JAバンクは農業協同組合の運営による銀行ですが、他に「信用農業協同組合連合会(信連)」と「農林中央金庫(農林中金)」で構成しているグループとなっています。組合員により全国規模のネットワークを展開、各地域にJAの組織があります。ですが、地域によってJAバンクのサービス内容には違いがあります

ちなみに、JAバンクの金融店舗には、安心安全の目印である「JAバンク会員マーク」が掲げられています。マークがついていないところでは、JAバンクのサービスは受けられません。様々な詐欺犯罪も少なくありませんから注意しましょう

信用農業協同組合連合会(信連)

JA系の信用事業で、都道府県段階における連合会組織。JAの事業運営サポートや、JAとの連携で地域金融機関としての金融サービス提供などを行っています。

農林中央金庫(農林中金)

全国各地に分布し、JAに加え、漁業協同組合(JF)森林組合(森組)などからの出資によって成り立つ協同組織の金融機関。金融円滑化を図ることで、農林水産業はもちろんのこと、国民経済の向上への貢献を目的としています。

JAバンクのサービスを受けられる人

一部のサービスを除いて、JAの組合員ではない一般の人でも、利用可能です。所定の出資金を支払うことで、JAの准組合員として利用できるサービスを増やすことも可能です。

正組合員…従事日数、耕作面積など、条件を満たしている農家が加入できます。
准組合員…農業以外の仕事を持つ人が出資金を支払うことで加入できます。
組合員以外…一部のサービスを除き利用可能ですが、利用できるサービスによっても、制限事項が発生することもあります。

JAでお金を借りる方法

まずは、JAで取り扱っているローンの例をご紹介していきましょう。

全国各地で展開しているJAですが、取り扱っているローンやその金利、申し込み条件、方法などは地域により違いがあるため、取り扱い商品の種類とその詳細については、お近くのJAへ直接お問い合わせ下さい。

各都道府県のJAバンク
こちらでは、あくまで例として、JA東京スマイルの商品を挙げていきます。

JA東京スマイルの場合

 

カードローン

金融機関で利用者が多い「カードローン(関連:カードローンでお金を借りる方法)」」と同じように、発行されたカードを使い限度額内で借り入れができるローンです。窓口でも手続き可能ですが、基本的に来店不要、ネットや郵送での手続きができ、便利です(来店が必要となるケースもあり)。

  • 金利…変動金利で年4.300~12.000%
  • 限度額…10万~500万円以内(10万円単位)※関連:10万円借りる
  • 申し込み条件…契約時に20歳以上70歳未満であること、どの地域のJAでもまだカードローン取引を行っていない人

フリーローン

冠婚葬祭や資格取得、旅行など、まとまった資金が必要という時に利用できるローンで、生活関連資金、事業資金を使途目的としています。ただし、債務整理には利用できません

例外を除き、基本的に来店不要で、ネットにて仮審査の申し込みが可能です。

金利…変動金利で年2.650~6.700%(下限金利は引き下げ後の金利)、取引状況によっては、最大1.0%までの優遇を受けることが可能
限度額…10万~500万円以内
申し込み条件…借入時で20歳以上65歳未満、完済時で72歳未満であること

マイカーローン

新品・中古品に限らず、車やバイクの購入・修理、車検、カー用品の購入費、車庫建設費、運転免許取得費など、自動車関連の資金として融資が受けられます。

金利…固定金利は年5.925%、変動金利は年1.790~3.350%(軽減措置がない固定金利よりも変動金利の方がお得)、取引状況によっては、最大0.5%までの優遇を受けることが可能
限度額…1,000万円以内
申し込み条件…借入時で18歳以上、完済時で71歳未満であることに加え、勤続年数が1年以上で前年度の年収(税込)が200万円以上であること

リフォームローン

住宅においてリフォームや増改築、造園など、リフォーム関連に利用可能のローンです。車庫や物置の建設、太陽光発電システムやシロアリ駆除といった、幅広い用途に利用できることが特徴です。仮審査の申し込みがインターネットでできて便利。

金利…変動金利で年2.000~3.000%
限度額…10万~1,500万円以内(1万円単位)
申し込み条件…借入時で20歳以上65歳未満、完済時で72歳未満であること

一般型教育ローン

子供の就学に合わせ、教育関連の資金として利用できるローンであり、入学金や授業料、学費のほか、アパートの家賃などにも利用可能です。インターネットでの仮審査、来店不要で契約手続きができるケースもあり。

金利…固定金利で年4.060%、変動金利で年2.000~3.500%(下限金利は引き下げ後の金利で、軽減措置がない固定金利よりも変動金利の方がお得)、取引状況によっては最大1.000%までの優遇が受けられる
限度額…10万~1,000万円
申し込み条件…借入時20歳以上65歳未満、完済時72歳未満であり、株式会社日本政策金融公庫による「国の教育ローン」で対象とされている教育施設や学校の就学生、または就学予定の子供がいる人

極度型教育ローン

就学中の子供における教育関連資金を目的としたローンであり、就学中は限度額内で繰り返しの融資が受けられます。また、在学中では元金返済を据え置き、利息を毎月返済することになります。インターネットでの仮審査が可能。

金利…変動金利で年3.350%
限度額…10万~700万円
申し込み条件…借入時で20歳以上65歳未満、完済時で72歳未満であり、株式会社日本政策金融公庫による「国の教育ローン」で対象とされている教育施設や学校の就学生、または就学予定の子供がいる人

住宅ローン

住宅はもちろん、宅地の購入、増改築といった目的に利用できるローンです。0.3%を利息にプラスすることで、9大疾病補償付きローンとして組むことも可能です。

金利…固定・変動の選択型
限度額…10万~5,000万円以内
申し込み条件…借入時で20歳以上66歳未満、完済時で80歳未満ということに加えて、勤続年数が3年以上、前年度の年収が200万円以上であること

農業融資について

JAでは、農業を営んでいる人を対象とした融資も提供しています。

認定農業者
農業者の経営計画提示により市町村で認定を受けた人(認定農業者)であれば、低金利での借り入れが可能となり、機械導入や税制優遇などのメリットが得られます。

利用可能な資金…農業近代化資金、農業経営改善促進計画、アグリマイティー資金、営農ローン、JA農機ハウスローンなど

認定新規就農者
市町村から青年等就農計画を認定された就農希望者は、認定新規就農者となります。就農希望者青年等就農資金を無利息にて借り入れができるといったメリットがあります。

利用可能な資金…農業近代化資金、アグリマイティー資金、JA新規就農応援資金、JA農機ハウスローンや営農ローンなど

認定農業者、または認定新規就農者以外の担い手
認定農業者、または認定新規就農者以外で、総所得の50%以上が農業所得であること、または200万円以上の農業粗収益があることなどの条件を満たしている農業者。

利用可能な資金…農業近代化資金、アグリマイティー資金、営農ローン、JA農機ハウスローン、経営体育成強化資金、農業改良資金など

いずれにも該当しない人
利用可能な資金…アグリマイティー資金、営農ローン、JA農機ハウスローンやJA新規就農応援資金など

JAバンクの金利について

JAバンクでの借り入れでは、何といっても「金利の安さ」が大きな魅力になっています。JAバンクで取り扱われている様々なローン商品で、比較的金利が抑えられた融資が受けられるようになっています。

本来JAは、農業を営んでいる組合員によって、その組合員のために成り立っている組織です。そのため、貸し付けサービスにおいても、お得で利用しやすい設定となっているのです。

各地域のJAバンクによって、金利には違いがあるものの、全体的に見れば低金利となっており、変動金利では借り入れの時期によって変化があるものの、銀行や消費者金融のカードローン(関連:カードローンでお金を借りる方法)よりも、JAの方が低金利での借り入れが可能です。

ただし、大手消費者金融が提供している、「30日間無利息」や「180日間無利息」など独自の無利息サービスはJAバンクでは行われていないため、一時的・短期間での借り入れを希望している方には、消費者金融がおすすめといえるでしょう。

JAバンクでのローン審査は厳しい?

JAは、農業を仕事としている人たちが組合員となり、運営している組織ですが、今では農業以外の仕事を持つ人でも利用可能です(一部のサービスを除く)。ただし、借り入れとなると、銀行といった金融機関よりも融資を受けるまでの期間・流れが面倒に感じることも。

原則的に、JAで借り入れなどのサービスを利用するには、組合員であることとされていますが、その組合員になるには条件を満たす必要があり、出資金の支払いもその一つです。出資金は辞める時に返金されるのですが、その返金までに時間がかかるとのこと。

また、借り入れのために組合に入るには、准組合員になりますが、審査の融通面にて組合員と比較される可能性も多々とされています。

JAのローンは、営利目的ではないために低金利というメリットがあるものの、JA自体のサービスが、組合員のために組合員によって提供されているということから、貸し倒れリスクを高めないように厳密な審査を行っています。
基本的な条件としては、「年齢が20~65歳」「安定した年収」が挙げられますが、地域のJAバンクによっては、勤続年数や年収などに制限が設けられています。それぞれに明記されている条件から外れている場合には、融資の申し込み段階で断られることもあります。

利用しやすいとされるカードローンなどでも、農業従事者である正組合員以外である場合、メインの利用者としては公務員や正社員が設定されているといっても過言ではなく、アルバイトやパートといった非正規雇用者では借り入れが難しいといえます。

もちろん、他の金融機関同様、他社借入状況なども審査に影響します。JAローンは、「三菱UFJニコス」が保証会社となっているため、一定の審査基準があります。審査には「全国銀行個人信用情報センター」と「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」による情報から、他社の契約・返済状況などをチェックしています。他社の借り入れが多い、破産、延滞や債務整理などの事故情報ありとわかれば、審査には通らないと考えましょう。

ちなみに、審査が通りやすくなるポイントも以下にご紹介しておきます。

・JAバンクの口座を、給与の振込口座として設定している
・公共料金や家賃、税金の支払いなどの引き落とし口座として設定している
・JAカードを既に利用している
・JAの住宅ローンを既に利用している
・家族分の普通預金口座が既にある

JAバンクでお金を借りるまでの流れ

ではここで、JAバンクにて融資を受けるまでの基本的な流れをご紹介していきましょう。

※あくまでも基本的な流れであり、各JAバンク、ローン商品によって、多少の違いがあることをご理解下さい。

居住地域を管轄しているJAバンクを探す

まずは自身の居住地域、もしくは勤務先を管轄しているJAバンクを探すことから始めましょう。JAバンクのサイトより店舗の検索が可能です。また、同じくサイトから希望するローンの選択をすると、居住地域や郵便番号の入力ができる画面にコネクトするので、自身の地域を管轄しているJAバンクが、そのローンの申し込みを受付けているのか、ネットでの申し込みに対応しているのかどうかを確認できます。

ネットでの申し込み~契約~返済

申し込み
希望のローンがネットでの申し込みに対応しているのであれば、まずその概要と利率を確認しておきます。
そして、指示通りに入力、申し込みを行いますが、ここでの入力内容は、あくまでも仮審査のためであり、本人確認書類など審査資料を後日提出した時に、仮審査での内容とは違うとなった場合には、融資を断られることもあります。
必ず正確な情報を入力するようにしましょう。

申込完了後には確認メールが届けられます。

仮審査の結果
例えばフリーローンの場合、仮審査は受付から1~3営業日後に終了します。審査状況により延長することもありますが、結果の確認ができるURLがメールで届きますから、必ず確認をしましょう。

本審査の申し込み~結果
メールにて仮審査の結果を確認したら、担当者の電話連絡により、借り入れ希望の意思確認や利息引き下げ条件についての説明を受けます。その後、契約のための書類一式が郵送されますから、提出に必要な書類とともに返送します。JAバンクの口座をまだ持っていない場合は、この時に口座開設の書類も届けられます。

全てが整って本審査となり、その結果は仮審査同様、URL記載のメールを受け取ってから確認可能です。結果を確認したら、借り入れ希望日など必要な情報を入力し、融資実行となります。その後、振込完了・契約書の控えなどが届けられます。

借り入れ~返済
カードローンの契約完了となれば、その後に送られてくるカードで、JAバンクのATMはもちろんのこと、提携先のコンビニATMにて借り入れが可能です。その他フリーローンなどの場合には、契約手続きの際に申告した振込先へ振り込まれます

返済方法は、JAバンクの普通預金口座より自動引き落としであることがほとんど。申し込みの際に預金口座がない場合は、契約手続きとともに、郵送にて口座開設の手続きが可能です。

ネット申し込みが不可能な場合

ネット申し込みの対応がされていない場合は、店舗窓口へ直接出向き、必要書類を提出、申し込みを行います。審査結果には1~2週間くらいかかる場合もあるため、申し込みは余裕を持って行うようにしましょう。審査結果から契約手続きが決まれば、また来店するケースがほとんどです。

必要書類には、以下のものが挙げられます。

本人確認書類…運転免許証やパスポートなど。
所得確認書類…場合によっては不要ですが、提出要となることが多いようです。給与所得者では源泉徴収票や住民税決定通知書など、自営業者では納税証明書や確定申告書など。
使途確認の書類…マイカーローンといった、はっきりと目的が決定しているローンの場合には、その使途がわかる書類の提出が求められます。教育ローンの場合では、使途確認書類に加えて就学確認の書類も必要です。
その他…他にも、融資を希望するJAバンクによっては、上記以外の書類提出を求められることもあります。必要に応じて、健康保険証や印鑑証明書、実印なども準備することになります。

メリット・デメリットなどJAローンの特徴

地域のJAによりサービスに違いがある

既述していますが、全国展開しているJAでは、それぞれに違ったサービスの提供をしており、融資の概要、審査条件なども違っていることが多々。JAの金融商品を申し込む場合、居住地あるいは勤務地を管轄しているJAでのみ可能ですから、JAローンの利用を考えている人は、まず地域を管轄しているJAを検索することが先決です。

JAの利用におすすめの人とは?

もちろん、出資している組合員であれば、JAローンを低金利で利用できたり、審査をスムーズに進められたりと、優遇が受けられます。既に組合員である人、または組合に加入予定の人は、JAローンの利用がおすすめです。

また、JAバンクのローン商品が全体的に低金利ということから、とにかく低い利率のローンを利用したい人にも向いているといえるでしょう。

ただし、JAのローンは、継続して収入が安定している人のみの申し込みを原則としています。専業主婦は申し込み不可、アルバイトやパートの人は申し込み可能ですが、勤続年数・年収に制限が設定されている場合もあり、要チェックです。

また、JAバンクでは即日融資は難しく、即日融資を希望している人には、JAローン以外の金融機関による融資がおすすめといえます。(関連:カードローン利用でお金を借りる上手い方法・流れ等解説

【直近3ヵ月】申込数ランキング

※当社調べ
WEB申込で完結&最短1時間カードレス郵送物なしだから誰にもバレずに借りれます。

瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。急いでいる方も安心です。

 

インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。

 

郵送物なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。
関連ページ