お金を借りる相談【Q&A】

パチンコの借金がやばいのはなぜ?理由や負けすぎて借金地獄から抜け出す方法等解説

  • パチンコで負けすぎて借金がやばい
  • パチンコの借金地獄から抜け出したい
  • 家族がパチンコで借金まみれになってしまった

このような、パチンコによる借金で苦しんでいる方は大勢います。

多くの方は、現代のストレス社会から離れるためにパチンコに向かい、気が付いたら借金地獄に陥ってしまいます。

借金問題を放置すると、自分だけでなく家族の人生まで破滅してしまいます。
しかし借金を解決しても、パチンコをやめなければ解決したことにはなりません。

  • パチンコで借金すると、どのような悲惨な末路をたどってしまうのか
  • パチンコの借金地獄から抜け出すには、どうしたらいいか
  • 家族がパチンコにはまってしまったら、どう接したらいいのか

この記事では、これらについて詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • パチンコの借金がやばいのは依存症でやめられないから
  • パチンコの借金は年収の3分の1を超えると返せないからやばい
  • パチンコの借金は自己破産できない場合もある
  • パチンコで借金の末路は離婚・生活の破綻・闇金・犯罪
  • パチンコ依存症は専門機関にて相談・治療し、債務整理する
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
18歳・19歳以下の方:収入証明書の提出が必須です。※高校生は申込不可(高専生・定時制含む)

―――――――
プロミス ※最短即日借りられる ↓原則在籍確認の電話なし↓
\初めてなら30日間無利息/

SMBCグループの安心感『プロミス』

簡単申込のプロミス!借りるまで最短当日 ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
アコム ※最短当日借りられる 35日毎の返済可:返済額1,000円~
\21時迄の審査申込で最短即日借りられる/

↓最新版ランキング↓

>>この記事の監修者情報

パチンコでの借金がやばい理由

パチンコにのめり込んだ結果、借金をするとやばいことになると言われています。
理由は以下の通りです。

パチンコでの借金がやばい理由
  • パチンコがやめられず借金をしている状態はギャンブル依存症
  • 家族や友人からお金を借りれないと消費者金融で借りることになる
  • パチンコで勝つ快感を得るために借金を重ねる
  • 仕事でのミス、欠勤が増えた結果評価が落ち収入が減る
  • ギャンブルの自己破産は裁量免責がないと認められない

ギャンブル依存症になると、自分の意志でパチンコをやめることができません。

手持ちの資金が尽きると家族や友人からお金を借りることになりますが、それも長続きしないため、消費者金融でお金を借りることになります。

パチンコで勝つ快楽を味わうために資金をつぎ込みますが、パチンコの仕組み上勝ち続けることは難しいです。

そこで負けた分を取り返すために、さらに借金を重ねることになります。

パチンコのことばかり考えているため、仕事でもミスが増え、仕事をさぼってでもパチンコに行きたいと思うようになり、欠勤が増え収入が減ってしまいます。

最終的に返済不可能な額まで借金が膨れ上がり、自己破産するしかない状況になってしまいますが、必ずしも自己破産が認められるわけではありません。

ギャンブル依存症になっている可能性がある

借金をしてまでパチンコをしている場合は「ギャンブル依存症」である可能性が高いです。
依存症」について、厚生労働省では以下のように説明されています。

Q.依存症ってなに?
A.特定の何かに心を奪われ、「やめたくても、やめられない」状態になることです。
人が「依存」する対象は様々ですが、代表的なものに、アルコール・薬物・ギャンブル等があります。
このような特定の物質や行為・過程に対して、やめたくても、やめられないほどほどにできない状態をいわゆる依存症といいます。
(引用元:依存症についてもっと知りたい方へ |厚生労働省)

ギャンブル依存症は、プロセスへの依存にあたります。
アルコールや薬物などの物質ではなく、行為にのめり込んでしまう状態です。

依存症になると、もう自分の意志ではやめることができません。
パチンコから得られる快感に慣れてしまい、より刺激を求めるようになります。

適度に楽しむのであれば問題はありませんが、本人や家族の生活に支障が出ているのであれば問題です。

借金をしている時点で支障が出ていると考えるべきです。

パチンコ資金を親や友達・消費者金融から借りる

パチンコ資金が尽きると、親や知人にお金を借りることもあります。

しかし最初の1、2回は貸してくれても、頻度が増えると相手も呆れてしまいます。
借りた分を約束通りに返さないと、もう貸してはもらえません。
家族や友達との信頼関係もなくなってしまいます。

そして消費者金融でお金を借りることになってしまいます。

少額から利用できるため気軽に借りてしまい、それが癖になってしまい借金が膨れ上がってしまいます。

パチンコに勝つ快感でやめられないからカードローンでお金を借りる

パチンコで勝つと、簡単にお金が手に入ってしまいます。

ビギナーズラックで勝ってしまうと、そのときの強烈な快感が忘れられなくなり、あの時の興奮をもう一度体験したいと渇望するようになります。

しかし、パチンコ店も商売ですので、お客さんが勝ち続けるとお店が存続できなくなってしまいます。そのため、パチンコは仕組み上、勝つことが難しくなっています。

そして次も勝てると錯覚した結果、負けすぎてしまいお金がなくなります。

次第に貯金を切り崩してでも打ちたい、貯金が尽きたとしても、お金を借りてでもパチンコをしたい、という衝動が抑えられなくなります。

その結果、勝って返せばいいと安易に考え、カードローンでお金を借りてしまいます。

そしてカードローンで借りたお金を返すためには「パチンコで勝つしかない」という思考に陥り、深みにはまって抜け出せなくなります。

パチンコへの依存度が高くなり仕事へ影響して収入が減る

パチンコや借金のことで頭がいっぱいになると、仕事での生産性が落ちてしまいます。

ミスが頻発し、職場での評価が下がった結果、人間関係も悪化し、職場の方とトラブルを起こし、口論になってしまうこともあります。

そのストレスにより睡眠不足になり、お金がないために食事も満足に摂れなくなることがあります。その結果、体調も崩しやすくなり、体力が落ちるため労働時間も減少してしまいます。

体調不良により欠勤が増えることで信頼を失い、仕事をまかせてもらえなくなることもあります。その結果昇給ができず、キャリアアップが難しくなり、仕事がつまらなく感じられるようになります。そうなると、余計にパチンコに行きたくなってしまいます。

仕事をさぼってパチンコに行くと、職場の方に見つかり、噂が広がって上司の耳に入ることもあります。周囲からの評価が下がり、職場にもいづらくなってしまいます。

さらに、会社のお金や物品を横領してしまう、またはパチンコで作った借金からのストレスによる飲酒運転で逮捕され、解雇されることもあります。

そして収入がなくなり、それを解決するためにはパチンコに勝つしかないと判断しパチンコへ向かいます。

パチンコの借金の場合には自己破産できないケースもある

返済できなくても、自己破産すればいいと安易に考える人は多いです。
しかし、パチンコやボートレース・競艇の借金などギャンブルでの自己破産は「免責不許可事由」により、認められない場合があります。

破産法には、以下のように記載されています。

破産法
第二百五十二条 裁判所は、破産者について、次の各号に掲げる事由のいずれにも該当しない場合には、免責許可の決定をする。
四 浪費又は賭と博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと。
(引用元:破産法 | e-Gov法令検索)

上記では「ギャンブルによる借金は、免責許可に該当しない」つまり、自己破産できないと明記されています。

しかし「裁量免責」が認められれば、自己破産は可能になります。
裁量免責とは、裁判官の裁量によって免責が判断されることをいいます。

法務省のホームページには、以下のように記載されています。

第二部 個人の破産手続の特則及び免責手続等
四 免責の裁判
1 裁量免責
(二) 裁判所は、免責不許可事由がある場合であっても、破産手続開始に至った経緯その他一切の事情を考慮して免責を相当と認めるときは、免責を許可することができるものとする。
(引用元:法務省:破産法等の見直しに関する要綱)

この裁量免責が適用されるための正確な判断基準はありませんが、以下のような手続きが必要になります。

  • 反省文を提出する
  • 収支に見合った生活をするための具体的な案を書類にて提示する
  • 調査に真摯に対応する
  • 面談にて生活再建への意欲を見せる

しかし、そこで本人に反省の色が見えなければ、免責は認められません。

  • 反省文の内容がいい加減
  • 裁判所の手続きに協力しない
  • 必要書類の提出が遅れる
  • パチンコをやめていない

また、書類提出の際に財産を隠すような虚偽の申告をすれば、免責が受けられなくなるばかりでなく、「詐欺破産罪」により刑罰を受けることにもなります。

破産法
第十四章 罰則
(詐欺破産罪)
第二百六十五条 破産手続開始の前後を問わず、債権者を害する目的で、次の各号のいずれかに該当する行為をした者は、債務者(相続財産の破産にあっては相続財産、信託財産の破産にあっては信託財産。次項において同じ。)について破産手続開始の決定が確定したときは、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。情を知って、第四号に掲げる行為の相手方となった者も、破産手続開始の決定が確定したときは、同様とする
一 債務者の財産(相続財産の破産にあっては相続財産に属する財産、信託財産の破産にあっては信託財産に属する財産。以下この条において同じ。)を隠匿し、又は損壊する行為
(引用元:破産法 | e-Gov法令検索)

虚偽の申告をした結果、自己破産できず債務が残るだけでなく、10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金と、重い罪が課されてしまいます。

パチンコの借金はいくらからやばいの?

借金は、年収の3分の1を超えるとやばいです。
借金額が返済能力を超えているため、返済すると生活費が残りません。

パチンコで負けすぎた結果、借金を重ねると返済不可能な金額になり、それを取り返すためにさらに借金をしてパチンコをしてしまいます。

リボ払いだと、どれだけ借りても毎月の返済額が変わらないため、さらに借入を重ねてしまいます。

すると完済までの期間が延びるため、利息の負担が増えてしまいます。

その結果、毎月の返済が困難になり、滞納を繰り返すことになります。
遅延損害金が課され、それも放置すると最終的に裁判を起こされます。

目安は年収の3分の1

借金が年収の3分の1を超えている場合は、やばいと言えます。
生活費は、ほぼ借金返済で消えてしまいます。

そのため、貸金業法では年収の3分の1を超える貸付は禁止されています。
これを「総量規制」といいます。

日本貸金業協会のホームページでは、以下のように説明されています。

借り手の収入や借入状況、借入目的などに応じた適切な貸付条件などに照らして、借り手が返済期間内に完済することが合理的に見込まれない貸付け、つまり、「返済能力を超える貸付け」は禁止されています。

この「返済能力を超える貸付け」に該当するか否かを判断する基準の一つとして、新たな貸付けにより借入残高が、年収の3分の1を超える場合に、原則として返済能力を超えるものとして禁止されるのが、いわゆる総量規制です。

(引用元:お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会)

返済期間内に完済することが合理的に見込まれない」とは、つまりやばいということです。

借りては返すを繰り返している

パチンコで作った借金を返すために、パチンコで勝たなければならないと考え、そのためにさらに借金を重ねてしまいます。

勝った場合は、もっと勝ちたくなります。
負けた場合は、もっとお金を投じれば勝てると思い込んでしまい、負けた分を取り戻したくなります。

最終的には「負けてもいいから、とにかく打ちたい」となり、勝っても負けても、パチンコをやめることができません。

そして借入枠からの借入が、自分の口座からお金を引き出す感覚になってしまい、借金をしているという感覚が失われます。

例えば、毎日1万円ずつ借りた結果、総額が300万円になってしまう場合もあります。
そして「一発当てて完済しよう」と思ってしまいますが、それで解決することはありません。

もう自己破産するしかないのですが、前述の通り、できない場合もあります。

リボ払いを多用している

リボ払いは、どれだけ借りても毎月の返済額が一定なため、毎月の負担が少なく感じられます。しかしその分、自分が現在いくら借金しているのかが把握しにくくなります。

総額は自分から確認しないと分からないため、パチンコに夢中になっている状態では、借入総額を確認するのは難しくなります。

毎月返済していれば、借金は減っていると思いがちですが、実際には利息分しか減っていない場合が多いです。自分が利息をいくら支払っているのかを把握していないことも多く、いつ完済できるのかが分かりにくいです。

そのような状態で少額ずつ追加で借入しても、毎月の返済額は変わらないため、それほど借入れしていないように思い込んでしまいます。そして気が付けば、総額がとんでもない金額になって最終的には、リボ払いが払えないという状況になりかねません。

完済までの期間が長くなっている

パチンコをするために借金を繰り返すと、完済までの期間が延びてしまいます。

金利は借りた期間の分だけかかりますので、長期にわたるほど金利の負担は増えてしまいます。

金利が多い場合、ほとんど利息しか支払っていないため、返済しても元金はなかなか減りません。

利息は借入残高に対してかかりますので、残高が減らなければ、利息も減らないことになります。その結果、永遠に利息を払い続けることになってしまいます。

いつ完済するつもりなのか、返済計画も立てないまま借入を重ねた結果、借金地獄にはまってしまいます。

滞納・遅延が増えている

借金の支払い期日を過ぎてしまうと、遅延損害金が発生します。
遅延損害金は20%と高金利のため、余計に負担が増えてしまいます。

そのため、滞納してしまった場合は速やかに支払いを済ませる必要があります。
しかし、支払いよりパチンコを優先してしまうと、さらに事態が悪化していきます。

滞納を放置すると、まずカードローンやクレジットカードは利用停止になります。
それでも返済しなければ、強制解約になってしまいます。

最終的には裁判を起こされ、家や車、給料などの財産を差し押さえられてしまいます。

パチンコで負けすぎた借金の平均と借金率

多くの人は、自分がパチンコで借金をしている場合、他の人がパチンコでどの程度借金をしているのかに興味を持つことがあると思います。

依存症に関する調査研究事業によると、ギャンブルによる借金の平均が300万円という調査結果が出ています。

そして、パチンコにはまっている人は100%の割合で借金をしているようです。

勝って返せばいいと安易にお金を借りてしまうため、浪費癖がついてしまいます。

パチンコでできた借金の平均金額

公的機関にて「ギャンブルに関連して借金した総額がいくらか」について、調査結果が以下のようにまとめられています。

公的相談機関について、ギャンブルに関連した借金額の平均値は3,939,773円、中央値は3,000,000円、範囲は 50,000-10,000,000円、標準偏差は 2,848,798円であった。
(引用元:令和2年度 依存症に関する調査研究事業|久里浜医療センター)

調査結果によると、ギャンブルによる借金の平均は300万円となっております。

パチンコと借金率

パチンコがやめられない人の借金率はほぼ100%です。
お金を借りることに抵抗がなく、明日勝てばいいと思ってしまいます。

パチンコで借金をしているとは、以下のような状態です。

  • 家族や友人からお金を借りている
  • 家賃や水道光熱費を滞納している
  • クレジットカードのキャッシングを利用している
  • 消費者金融を利用している

キャッシング枠がまだ残っているから、そこから借りてパチンコで勝てば返済できると思ってしまいます。

パチンコだけでなく、他のことにも同じようなお金の使い方をする傾向があります。

  • 毎日外食したりコンビニに行ったりしている
  • お金が目の前にあれば使ってしまう

浪費癖がついてしまい、金銭感覚が狂ってしまいます。
そして支払いを滞納しても気にならなくなってしまいます。

パチンコで借金ばかりになった時の危険性

パチンコで負けすぎて「勝たないとやばい」と焦り借金を重ねると、借金まみれになって抜け出せなくなります。

滞納を繰り返した結果ブラックリストに載ると、これ以上お金を借りることはできません。
そして、審査なしで貸してくれる闇金に手を出し、人生が破滅してしまいます。

配偶者からは離婚を告げられ、水道光熱費も食費も払えず、年金を納めることもできません。

家族・仕事・健康・お金・信頼、全てを失い、残ったのは借金とパチンコだけの人生になってしまいます。

パチンコで借金ばかりになる事の危険性
  • 住宅・車のローンが組めずクレカ作成やスマホ分割購入もできない
  • 闇金でしか借りれず高金利を課され犯罪に巻き込まれる
  • ギャンブルが原因の離婚は裁判で認められ返済義務は本人のみ
  • 水道電気も止められ食事もとれず病院にも行けない

信用情報がブラックになりローン審査に通らなくなる

パチンコによる借金を繰り返し、返済が困難になると滞納してしまいがちです。
そして借金以外の支払いも滞納するようになってしまいます。

パチンコに夢中になっていると、借金の返済期日を忘れてしまうこともあります。

そこで返済期日を過ぎてしまうと、信用情報機関に滞納が記録されてしまいます。
いわゆる「ブラックリストに載る」という状態です。

他のローンの審査を受ける際には信用情報が確認されますので、延滞の記録があると審査に落ちてしまいます。

その結果、以下のようなデメリットが生じます。

  • 住宅ローンや自動車ローンを組みたくても組めない
  • クレジットカードが作れない
  • スマホの分割購入もできない

その結果、人生の選択肢が限られてしまいます。

闇金でお金を借りてしまう

ブラックリストに載ってしまうと、新たな借入は難しくなります。

借入の際は、たとえ少額であっても審査は必ず実施されます。
しかしブラックの状態では、審査はどこも通りません。

そんな時に「審査なしで誰でも貸します」という広告を見ると、つられてしまいます。
今はSNS上でも、そのような投稿が溢れています。

「何でもいいから今すぐお金を手に入れて打ちたい」という状態では、正常な判断ができません。そのため、審査なしで簡単にお金が手に入る闇金から借りてしまいます。

しかし、その後が大変です。

「闇金でお金を借りる」とはどういうことなのか理解せずに利用すると、自分だけでなく大切な家族の人生まで棒に振ることになります。

闇金から借りるのは3万円〜5万円ほどの少額なので、すぐに返せばいいと思ってしまいます。最初は低金利を提示してくる場合もあるので注意が必要です。

その時点で金利が低すぎるのはおかしいと疑うべきです。まともなヤミ金は、ありません。
闇金は高金利なので、契約してから高金利になるパターンが多いです。

上限金利は年率20%と、利息制限法と出資法の2つの法律で規制されています。
ですので、金利が20%以上は違法です。
(参考:上限金利について【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会)

そして、闇金の手口として用いられる「ジャンプ」により、借金から抜け出せなくなることがあります。
ジャンプとは闇金用語で「返済日に利息のみを支払い、返済日を延期すること」を意味します。
返済ができないためにジャンプを選択すると、元金は1円も減らず、来月には利息が加算されるため、結果として永遠に利息を払い続けることになります。

その利息も返済できなくなると、それを返済するために他の違法業者から借入することになり、さらに借金が増えます。

また、借入の際は本人だけでなく家族の連絡先も聞かれます。
そして返済できないと、家族にまで取り立てが行われます。

その情報は他の違法業者にも流されるため、他の闇金からも借入の勧誘電話が頻繁にかかってくるだけでなく、犯罪組織や暴力団に情報を流される可能性もあります。

犯罪組織に情報を利用され家族が危険に晒されると、自分はどうなってもいいが、家族には手を出されたくないと思い、言いなりになるしかなくなります。

警察に訴えようとしても、証明できる書類がない場合は、法律に反する行為が確認できないため、警察は対応できません。

その他の闇金の手口として、借入の際に以下のことを依頼されます。

  • キャッシュカードを渡すこと
  • 携帯電話の新規契約をすること

ここでキャッシュカードを渡せば、犯罪組織に資金提供をしたことになります。
契約した携帯電話が犯罪に利用されれば、犯罪に加担したことにもなります。

その結果、逮捕されてしまいます。

闇金からお金を借りると、たった1万の借入からでも自分や家族の人生が狂ってしまいます。

離婚の原因となる

パチンコで借金を作ってしまうと、結果的に配偶者に離婚を突きつけられてしまう危険性があります。

主人がパチンコにばかり行っていると、生活費をくれないだけでなく、知らないうちに、財布からお金が抜かれていることが増えていき不信感が募ります。
そして借金が発覚し、それが返済できる金額ではないと分かるともう生活が成り立たない、子供にも悪影響を及ぼしてしまう、何で結婚したんだろう」と思われ、離婚を告げられることになります。

主婦がパチンコで借金をすると、家事が疎かになり、生活費までパチンコに入れてしまいます。お金を稼ぐために風俗に走るケースもあります。
給料を全てパチンコに使われてしまうことを、受け入れられる男性は少ないです。
家族を養うために必死に働いて稼いだお金が、すべてパチンコに消えた」と分かった時点で、もう離婚しか選択肢がなくなります。

パチンコが原因による離婚は、話し合いによる「協議離婚」では双方が合意しないと成立しません。

しかし配偶者から合意を得られなくても、法定離婚事由」にあたれば裁判により離婚は可能です。

民法
第四節 離婚
第二款 裁判上の離婚
(裁判上の離婚)
第七百七十条 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
(引用元:民法 | e-Gov法令検索)

婚姻を継続し難い重大な事由」とは

  • 多額の借金により生活が成り立たない
  • 夫に暴力を振るわれる

などがあたります。

離婚すれば、パチンコによる借金の返済義務は本人のみになります。
生活による借金ではないので、配偶者は背負う必要はありません。

状況が改善せず悪化していけば、行きつく先は離婚になります。

生活が破綻する

月々の生活費までパチンコ代につぎ込んでしまうと

水道代滞納で払えない、光熱費も払えず、今日の夕食の食材も買えない。
家賃や住宅ローン、子供の学費が払えない
体調を崩しても病院に行くお金がなく、年金も支払えない。

パチンコを最優先にした結果、生活が破綻してしまいます。
それを解決するためにパチンコで勝とうとすると、もう地獄からは抜け出せません。

パチンコの借金地獄から抜け出す解決方法

パチンコによる借金地獄から抜け出さないと、何もかも失い、晩年を貧しく孤独に過ごすことになってしまいます。

まずは、根本の原因であるギャンブル依存症を治療しなければいけません。
そのためには、まず依存症の専門機関にて相談してみます。

そしてこれ以上借金をしないように、貸付自粛制度を活用する、固定費を見直す、借金額を書き出すことで、生活を立て直していきます。

パチンコをやめたことによる喪失感は、家族の協力によって徐々に埋めていきます。

借金額が返済できない額まで膨れ上がっている場合は、早急に弁護士に債務整理の相談をしなければいけません。

家族がギャンブル依存症の場合は、家族の中で解決しようとせず、勇気を出して外に助けを求める必要があります。

ギャンブル依存症で苦しんでいる方々と交流することで、心も軽くなり解決の糸口も見つかります。

公的な専門機関による電話無料相談も実施されており、全国でセミナーや相談会も開催されています。

依存症について正しい知識を得ることで、パチンコの借金地獄から抜け出すことができます。

パチンコの借金地獄から抜け出すには
  • 依存症は病気のため、専門の医療機関にて治療する
  • これ以上借金をしない、借金の現状を正確に把握する
  • 家族に協力してもらい趣味や副業を始めてみる
  • 自己破産はできなくても債務整理は可能
  • 自助グループ、専門機関にて悩みを共有する

依存症の診断・治療の為に病院で相談する

自分が依存症かどうかは、こちらでチェックできます。
ギャンブル依存度チェック
(参考:日本貸金業協会 診断コンテンツサイト)

研究機関では、ギャンブル依存症は脳の機能が低下しているという研究結果も出ています。

ギャンブル依存症の患者は脳の一部の活動が低下している、などとする研究結果を京都大学の研究グループがこのほどまとめ、英学術誌に発表した。治療が十分行われていない患者はリスクに柔軟に対応することができない傾向にあるという。
(引用:ギャンブル依存症患者は脳一部の活動低下 京大グループ | Science Portal – 科学技術の最新情報サイト「サイエンスポータル」)

ギャンブル依存症になりやすい人の特徴は、
まじめで責任感があり、人に頼ることが苦手でストレスを一人で抱え込みがちな人です。

ギャンブルにはまるのは、だらしない人というイメージがありますが、そもそもいい加減な人はストレスもたまりません。周りに愚痴を言い、助けを求めることができます。

責任感があるから限界まで頑張ってしまい、人に弱みを見せることができません。
幼少期に親に甘えることができなかった人が多いです。

そしてストレスを発散するために、買い物やお酒、ギャンブルに向かい「人に相談したところで解決しない」と思ってしまいます。

しかし実際、家族も相談されても知識がなければ、どうしたらいいのかが分かりません。
お互いストレスを抱えて共倒れになってしまいます。

まずは自分は病気なのだという自覚を持つ必要があります。
病気なのだから早めに治療しないといけません。
意志の力でどうにかなるものではないので、精神論では解決しません。
そのためには正しい知識や情報が必要です。

こちらにて、全国の依存症専門相談窓口と医療機関が検索できます
(参考:全国の相談窓口・医療機関を探す – 依存症対策全国センター)

家計を見直す

パチンコがやめられず借金を繰り返してしまう場合は、「貸付自粛制度」を利用するのも一つの方法です。

貸付自粛制度とは、強制的にこれ以上借金できないようにする制度です。
日本貸金業協会にて申告し、その情報が信用情報機関に5年間保管されます。
(参考:貸付自粛制度について 【借金などでお悩みの方へ】 | 日本貸金業協会)

家計の見直しは、家計簿を付け支出を減らすことをゲーム感覚で取り組むことで、
「今月は1万円削減できた」と達成感を得ることができます。
我慢すると、ストレスがたまってしまいます。

まずは固定費から見直すことで、我慢することなく節約ができます。

  • 格安SIMにする
  • 保険を見直す
  • 無駄なサブスクの解約
  • ATM手数料の削減
  • 住宅ローンの借換え

固定費の削減であれば、生活の満足度は下がらないのでストレスも溜まりません。

また、パチンコに使ったお金を記録することで、パチンコにどれだけお金を使っているのかを把握できるので、ブレーキをかけることができます。

借金の状況を書き出すことも有効です。

  • 現在の借金総額はいくらなのか
  • 利息は毎月いくら支払っているのか
  • 今のままだと完済はいつになりそうか

これらを見える化することで、危機感を持つことができます。

家族に協力をしてもらってまともな生活に戻す

パチンコをやめられないことを家族に隠しても、お互い苦しいだけです。
ですので、自分の状況を家族に打ち明け、まともな生活ができるように家族に協力してもらいます。

病院に付き添ってもらうことで、病院への行き帰りに、なるべくパチンコ店の前を通らないようにすることもできます。

財布を預かってもらう、借金の返済を代行してもらうなども有効です。

自己申告・家族申告プログラム」に申し込むことで、パチンコ店を出禁にできます。
(参考:自己申告・家族申告プログラム – パチンコ・パチスロの遊技に関する依存解決を支援します)

しかし今までは、休みの日はパチンコ店に並び、開店前から閉店まで打ち続ける生活をしていたため、パチンコをやめたら休日に何をしたらいいのか分からなくなってしまいます。

パチンコ以外に楽しめる趣味を見つけることも大切です。
ギャンブルで得られる快感を、他のことで得られるようにすれば、次第にパチンコのことも忘れることができます。

そのためには、自分は何を目的にパチンコをしていたのかを知る必要があります。

  • 勝って興奮を味わいたいのか
  • ストレスを発散したいのか
  • お金が必要なのか

それが分かれば、他の方法で満たす方法を家族と一緒に考えます。

趣味も、家族と一緒に取り組めば長続きします。
スポーツで体を動かせば気も紛れ、健康にもいいので一石二鳥です。

お金が欲しいのであれば、副業を始めてみるのも一つの方法です。

好きなこと、得意なことを副業にすれば、夢中になって取り組むうちにギャンブルのことを忘れているかもしれません。
うまくいけば、お金も多少は稼げます。

会社の仕事がつまらないから、ギャンブルにのめりこんでしまった可能性もあります。
副業で成果が得られれば、興奮を味わうこともできます。

借金が返せないなら弁護士に債務整理を相談する

借金が年収の3分の1を超えてしまっている状態では自力での返済は難しいため、早急に弁護士に債務整理を相談するべきです。

返済できないといって借金を放置すると、その分利息は増えていきます。
遅延損害金が発生していれば、その分も毎日加算されていき、金額は膨れ上がります。

ギャンブルによる自己破産ができないのであれば、相談しても仕方がないと考えてしまうかもしれませんが、債務整理の方法は自己破産だけではありません。

債務整理については、法テラスにて以下のように説明されています。

・債務整理とは、借金の減額、免除又は支払の猶予を目的として、利息制限法や、手続についての法律(破産法等)を使って、債務の整理をして、債務者の経済生活を立て直していく手続のことで主に(1)から(4)の方法があります。

・(1)任意整理・・・弁護士、司法書士等の専門家に債権者との交渉を頼んで、債務の額を確定させて(高い利息を取られていた場合、かなり金額が減ることやお金を取り戻せることもあります)、支払可能な毎月の支払額を合意して支払っていく方法です。

・(2)破産手続・・・債務が払えない状態である場合に、債務を免除してもらうことを目的とした、裁判所における手続です。

・(3)個人再生手続・・・債務の返済に困っている場合に、一定額を返済した上で、残りの債務を免除してもらうことを目的とした、裁判所における手続です。

・(4)特定調停・・・裁判所に債権者との間に入ってもらった上で、債務の額を確定させて、支払可能な毎月の支払額を合意して支払っていくことを目的とした、裁判所における手続です。
(引用元:詳細 法テラス)

任意整理であれば、支払うはずだった利息をカットできるので、借金を大幅に減額することができますが、返済の免除はできないため元金のみ返済していくことになります。

注意点として、債務整理をすると、信用情報機関に金融事故として記録されるため、新たな借入は一切できなくなります。ローンを組むことも、クレジットカードを作ることもできません。

しかし、闇金から借りない限り、これ以上借金は増えません。
そのため、債務整理をすることで生活を立て直すことができます。

債務整理をするには、弁護士に依頼するのが一番確実です。
法テラス(日本司法支援センター)は、国が設立した法的トラブルの総合案内所です。

収入や資産額が一定以下の方は無料で相談できるため「弁護士に依頼するお金がない」という方も、安心して利用できます。
(参考:初めての方へ|法テラス)

家族がギャンブル依存症の場合の対応策

家族がギャンブル依存症になってしまうと、金銭的にも精神的にも疲弊してしまいます。
しかし、ギャンブル依存症を家族の中だけで解決することは難しいです。

まず絶対やってはいけないことは
ギャンブルによる借金の肩代わりをすること」です。

目の前の借金を解決したとしても、問題が解決したことにはなりません。
ここで借金を肩代わりしてしまうと、本人の回復の機会を奪ってしまうことになります。
根本の原因である、ギャンブル依存症に向き合う必要があります。

そのためには、まず家族が「依存症について正しく理解する」ことが大切です。

家族だと、どうしても感情が入ってしまいます。
本人を責めても、状況は悪化するだけです。
余計ストレスがたまってパチンコに行ってしまいます。

本人はやめたいと思っているのですが、やめたくてもやめられない状態になっています。
正常な判断能力をなくしてしまい、苦しんでいます。

ここで、家族がどう対応するかが重要になってきます。
ですので、正しい知識と情報が必要になります。
そのためには、専門家を頼るしかありません。

しかるべき機関に相談し、依存症が重症化する前に治療しなければなりません。
最悪の場合、犯罪に巻き込まれてしまう危険性もあります。

家族の中だけでなく、外に助けを求めることが大切です。
同じ境遇の方は他にも大勢います。

その場合は、公的な機関に支援を求めることが大切です。
怪しい新興宗教の勧誘には気を付けなければなりません。
心が弱っているときに優しくされると騙されやすいので、見極めも大事です。

専門機関では、本人だけでなく家族支援も行われています。
守秘義務は守られるので、安心して相談できます。

家族が依存症になった場合の対策案としては、以下になります。

ギャンブルをやめる為の自助グループへの参加
  • 匿名で参加できる
  • 同じ悩みを持つ人と交流できる
本人の意識を変える
  • 自助グループに参加することで自分を客観視できる
  • 悩みを聞いてもらい、応援してもらえることで立ち直れる
専門機関への参加
  • 無料の電話相談で話を聞いてもらう
  • イベントやセミナーに参加する
  • オンライン上で交流する

自助グループ」とは、同じ問題を抱えた人達が自主的に集まり、交流することで解決を目指すグループです。

自助グループでは、勉強会や相談会、ミーティングなどが行われています。
同じ悩みを持っている人や、問題を乗り越えた人の体験も聞くことができます。
悩んでいるのは自分だけではないと思えるので、気持ちも軽くなります。

自助グループで代表的なのは「ギャンブラーズ・アノニマス」です。
アノニマスとは「匿名」という意味です。
自主的な活動なので、会費もなく立場も平等です。
全国でミーティングが行われています。
(参考:GA日本インフォメーションセンター<JIC>ホームページ)

本人の意識を変えるには、自助グループに参加することが効果的です。
参加することで、パチンコに行く時間を自助グループに充てることができます。
そこでは誰にも相談できないような、借金や家族の悩みも聞いてもらえます。

また、自分と同じようなギャンブル依存症の方の様子を見ることで、自分の状況を客観視できるようになります。
自分のことは自分では分かりませんが、人のことはよく分かります。
そこで初めて問題意識が生まれ、冷静に現状を把握できるようになります。

自分を見てくれている人がいる、励まして応援してくれる人がいる、それだけでも人は頑張れるものです。

結果的に立ち直って、今は依存症の人を助ける仕事に就いている人もいます。

専門機関のどこに相談すべきか分からない場合は、
一般財団法人ギャンブル依存症予防回復支援センター」のサポートコールに電話することをおすすめします。

電話を通じて、有資格の専門カウンセラーに相談ができます。
そこで話の内容を聞いて、状況に合わせた情報を提供してもらえます。
24時間365日受付、通話料・相談料は無料です。
2021年4月〜2022年3月での相談数は5,276件となっております。
(参考:一般財団法人ギャンブル依存症予防回復支援センター)

借金問題は、日本貸金業協会が実施している「生活再建支援カウンセリング」にて相談できます。
こちらも、電話にて無料で相談できます。
本人だけではなく、家族からの相談も受け付けています。
(参考:生活再建支援カウンセリングについて 【借金などでお悩みの方へ】 | 日本貸金業協会)

NPO法人全国ギャンブル依存症家族の会」では、全国で家族相談会が行われています。イベントやセミナーも各地で定期的に開催されています。
(参考:NPO法人全国ギャンブル依存症家族の会)

忙しくて外出が難しい場合は、「依存症オンラインルーム」にて、オンライン上で交流できます。
(参考:依存症オンラインルーム | ASK認定 依存症予防教育アドバイザー【特設サイト】)

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ【ランキングの根拠
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

1位 プロミス


SMBCグループ

審査⇒借入まで最短3分即日借りられる!(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)●瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。原則会社への電話なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)※在籍確認は原則電話なし
↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
✅申込~融資/最短20分※土日祝も当日
  (申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
✅原則在籍確認の電話なし
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即日振込も可
✅コンビニATMでも借りられる
✅最低返済額は1,000円~
審査が不安な人は1秒診断後に申込を。
\申込も簡単「プロミス」借りるまで最短当日/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

2位 アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。土日祝でも最短20分で即日借りられます。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
返済は35日ごと:返済額1,000円~可
\他社からの借り換え可/

郵送物なし可・バレずに最短20分融資

3位 SMBCモビット

インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短60分で借りられる!(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
WEB完結申込で原則電話・郵送物なし!
\審査通過率NO1/

4位 レイク

\申込から融資まで最短25分で在籍確認は原則連絡なし/
審査が不安な方は簡易診断から【最大60日間無利息】

👑5位 アイフル
郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査もWEB申込なら最短20分。(平日~土日祝でも当日可能)

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








この記事の監修者 山口みき
自己紹介 金融WEBメディア運営・管理経験(3年以上)を活かし「お金借りる今すぐナビ」の編集・監修を担当。FP技能士貸金業務取扱主任者・クレジット債権管理士の資格取得にも前向きに取り組んでおり、借り入れに関する疑問や不安に応えるため、常に正確で専門的な情報提供に努めています。
事業所 トイントサロン
Twitter @okanekariruima
YouTube お金借りる今すぐナビ – YouTube
お問い合わせ 下記フォームよりお問い合わせ下さい。
フォーム
関連ページ
お金を借りる相談【Q&A】

子育てでお金がない時はどうする?貯金なしで子どもを産み育てる教育費はどれくらいかかるのか・必要なお金を作る方法等解説

2022年11月16日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
子育てをするためには十分だといえる資金や収入がなく不安を抱いている人もおられるのではないでしょうか。食べていく生活費に加えて、生まれてきた子 …
お金を借りる相談【Q&A】

美容院でお金が足りない時はどうする?会計時や行く前にお金がない時の対処方法など解説

2022年6月24日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
美容室で会計をしようと思い財布を見てみると「お金が足りなかった」という経験は、当てはまる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 美容室 …
お金を借りる相談【Q&A】

給料前借り・前払いアプリ・サービス・サイトの仕組みやデメリット・選ぶポイントやファクタリングとの違い等解説

2022年12月14日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
無職やフリーターの人とは異なり、定職のある人ならお金に余裕があると思われがちです。ですが、世の中には意外とお金に困っているサラリーマンはいま …