アコム

アコムから電話がかかってくるのはなぜ?タイミングやしつこい電話の理由や対処方法等解説

アコムから何度も電話がかかってくるのには、きちんと理由があります。

申し込み手続きの段階では、不備の訂正・本人確認・在籍確認・審査結果と契約内容の確認といった、手続き上必要な内容の電話に限るでしょう。

しかし一度利用を始めると、電話の内容は人によって異なるでしょう。住所や勤務先の情報の修正依頼やお得なキャンペーンのお知らせといった内容もありますが、一番重要なのは「延滞/滞納」に関する電話でしょう。

借入金の返済を放置すれば、遅延損害金もかかりますし、強制解約や訴訟が待ち受けています。アコムとしてもそのような事態は避けたいでしょうから、支払いをしてもらえるまで何度も電話がかかってきます。延滞金は一括返済が基本ですが、もしできないのであればその旨を誠実に伝え相談をしましょう。何か対応策を考えてくれるはずです。

このように、アコムからの電話はいずれも重要な内容となっています。もし営業の電話であれば断って構いませんので、着信があればとりあえず電話に出てみましょう。

この記事でわかること
  • アコムの電話は基本的に出ておいた方が良い
  • アコムから営業の電話が来る可能性があるが、断っても問題ない
  • アコムから電話がしつこいなら、電話をしないように相談しておく
  • アコムから電話がかかってくるのは延滞/滞納料金があるから
  • アコムには問い合わせ内容に応じて5つの電話番号がある
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
18歳・19歳以下の方:収入証明書の提出が必須です。※高校生は申込不可(高専生・定時制含む)

―――――――
プロミス ※最短即日借りられる ↓原則在籍確認の電話なし↓
\初めてなら30日間無利息/

SMBCグループの安心感『プロミス』

簡単申込のプロミス!借りるまで最短当日 ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
アコム ※最短当日借りられる 35日毎の返済可:返済額1,000円~
\21時迄の審査申込で最短即日借りられる/

↓最新版ランキング↓

>>この記事の監修者情報

アコムから電話がかかってくるタイミング

アコムのカードローンを契約すると、何かと電話がかかってくるかと思います。実は、電話がかかってくるのには、いくつかの理由があるのです。

ここではまず、どのような状況で電話がくるのか、知っておきましょう。

  • 申し込み時の本人確認
  • 在籍確認
  • 審査結果/契約内容の確認
  • 返済未納時の確認
  • 支払いの催促
  • 基本情報の変更確認
  • 収入証明書の再提出の確認
  • 増額/再借入れの勧誘
  • お得な情報の提供

「申し込み時の本人確認」・「在籍確認」・「審査結果/契約内容の確認」に関しては、アコムのカードローンを申請するうえで必要不可欠な手続きです。基本的に、カードローンが利用開始されるまでの電話は全て重要な内容だと思っておいて良いかと思います。

もし支払い期限までに返済がすんでいないのであれば、「返済状況の確認」や「督促」の電話が来ます。放置しても遅延損害金が増えたり、信用情報に傷がついたりと良いことは何もありませんので、電話には出るようにしましょう。

また登録済みの基本情報が変わったのに変更手続きをしていない場合や、最初に収入証明書を提出してから一定期間経過した場合、などにも電話は来ます。内容としては必要な続きを済ませるように言われるだけですので、心当たりのある方は電話に出た方が良いでしょう。

上記の電話はカードローンの利用上必要不可欠なものでしたが、出なくても特段困らないものもあります。「増額や再借入れの営業」や「お得なキャンペーンのお知らせ」といった内容の電話はあくまでアコム側の都合によるものです。

ただし、これらの内容の違いは電話に出ない限り分からないのが難しい点です。何か問題が起きている場合もありますので、アコムからの電話には極力出るようにした方が良いでしょう。

申し込み後の本人確認

まず、申し込み時の本人確認の電話は避けられません。アコムに関わらず、カードローンの申し込み時には必ず行われることでしょう。

契約者と利用者が同一人物でないと犯罪行為などに利用されてしまう恐れがありますので、この時点での電話は非常に重要なものとなっています。消費者金融からの電話がかかってくるのは嫌だと思う方も多いかもしれませんが、これは仕方がありません。

このような理由から、本人確認の電話には必ず出るようにしましょう。出なければ、契約手続き自体が取り消されてしまう恐れもあります。

電話で聞かれる内容は、基本的に「生年月日」と「住所」のみと言われています。これに答えさえしてしまえば、電話も簡単に終わります。

審査時の在籍確認

また契約手続き上で電話がかかってくるケースはもう一つあります。それは審査時の在籍確認です。

カードローンは、申込者ならだれでも利用できるわけではありません。十分な返済能力を有していると判断された人だけが、カードローンを利用できるのです。審査とは、要はその人の信用力を判断するためのものです。

そして、申し込み時点で自身の職場について記入するかと思いますが、その職場情報に誤りがないかどうか確認するために、審査の一環として職場に在籍確認の電話が来ます。

基本的にアコムでは電話での在籍確認は行われていませんが、場合によっては在籍確認が行われる可能性もあることは十分に理解しておきましょう。ただし、在籍確認時には「アコムからの電話であること」は一切伏せた上で、電話をしてくれますので、職場にバレる可能性はありません。

審査完了時の審査結果・契約内容確認

上記で説明した「審査」が完了すると、晴れてカードローンを利用できるようになります。この時点でもアコムから電話がかかってきます。

電話の目的は

  • 「審査に無事通過したこと」
  • 「契約内容の確認をすること」

の2点を伝えるためです。

カードローンではただたんに審査に通過すればよいだけではありません。審査結果に応じて、申込者は利用可能な借入限度額は異なります。

申込者の年収が高かったり、他社での過去の取引実績が優れていると多くのお金を借り入れることを許してもらえます。しかし、逆に年収が低かったり他社での過去の実績が悪ければ、その分借入可能額は減ることになるでしょう。

また借入可能額以外にも、契約に関するいくつかの重要な項目を確認されるかもしれません。カードローンを利用したいのであれば、必ず電話に出るようにしましょう。

返済未納時の支払い状況確認

ここまでで紹介した電話は、カードローンを利用するためにかかってくるものでした。しかし、カードローンの契約が完了した後でも電話がかかってくることはあります。

カードローンは毎月定められた返済期限日が設けられています。借り入れたお金はいつか返さなくてはいけません。月々の返済期限日に、必要な分をそれぞれ返済していくことになります。

この返済期限日までに入金が出来ていないと、その旨を知らせるための電話がかかってきます

しかし、「返済期限日の翌日にすぐ電話が来る」ということはあまりないようです。各金融機関からアコムに引き落としが出来ていない事実が伝わるまでには数日間のタイムラグがあると言われています。そのため、返済期限日の数日後に電話が来ることが多いようです。

もし、支払いが出来ていないことに気づいたら、その日のうちに入金しておくことをおすすめします。もしかすると、電話が来ないようになるかもしれません。

返済延滞時の督促

一つ前のところで「返済未納時の支払い状況確認」の電話について説明しましたが、この返済未納の状況が長引けば「督促」の電話が来るようになります。

状況確認の段階では、「支払いが出来ていないようです」という確認が行われるにすぎません。しかし督促の段階に入ると、「期限を過ぎているので、すぐに支払いを行うように」という内容に変わります。もちろん電話の応対自体は高圧的な部分は一切なく、あくまで事務的なものですが、支払いを催促されることには違いありません。

この段階になると、返済を延滞していることになりますので、いわゆる遅延損害金も発生します。遅延損害金は一日ごとに利息が増えていきますので、電話が来たタイミングですぐに支払ってしまうことをおすすめします。

また、督促に関しては登録済みの電話番号への連絡以外にも、自宅に督促状が届く可能性もあります。

住所や電話、メールアドレス、勤務先が変わったのに連絡をしてなかった時

住所や電話番号、メールアドレス、勤務先など、アコムに登録済みの基本情報が変わったのに、変更した旨を連絡していなかった場合も、確認のための電話がかかってくるでしょう。

こういった情報は、アコムと契約者がやり取りをする上で必要なものですので、変わった場合は変更の手続きを行っておきましょう。特に勤務先に関しては契約者の返済能力に関わる問題ですので重要です。

また、携帯電話の番号を変えたのに、変更手続きをせずに放置していると、自宅や職場に電話がかかってくる可能性も十分にあります。本人の携帯電話には連絡がつかないため当然の対応と言えますが、家族や職場にバレるを可能性を少しでも減らしたいのであれば、変わったタイミングでアコムに変更手続きも行っておきましょう。

収入証明の再提出時期

カードローンの申し込みには、収入証明書が必要不可欠です。さきほど審査時に申込者の返済能力が見られると述べましたが、返済能力の根拠となる一つがこの収入証明書です。

この収入証明書ですが、提出するのは申込時だけではありません。無事契約が出来た方でも、最初に収入証明書を提出してから一定期間経過している場合や、カードローンの利用可能額の増額を申請する場合などにも、収入証明書を提出する必要があります。(収入証明書不要のカードローン)

提出できないとカードローンの利用を継続したり、増額審査に通過しないため、提出の必要性があることを電話で知らせてくれます。

ちなみに収入証明書として利用できるものは「源泉徴収票」、「給与明細」、「確定申告書」などの書類です。思い当たる節がある方は用意しておきましょう。

増額や再借入れなどの営業

利用者側に何の落ち度がない場合でも電話がかかってくる場合もあります。「利用限度額の増額」や「再借入れ」の営業のための電話がそれに当たります。

そもそもなぜこのような営業の電話が来るのでしょうか。アコムも営利企業です。消費者金融は利用者にお金を借して、その分の金利手数料を貰うことで利益を上げています。ですので、各利用者がたくさんのお金を借りてくれる方が嬉しいわけです。

このような背景があるため、増額や再借入れの営業の電話が来ることがさして珍しいことではありません。むしろ、お金をたくさん借りたいと思っている方にとってはうれしいことでしょう。

しかし、安易に借入を増やして返済が出来なくなっては本末転倒ですので、その点には十分気を付けましょう。また、営業の電話が来たからと言って誰でも借入を増やせるわけではなく、改めて審査が行われます。

キャンペーンやお得な情報等お知らせ

また、キャンペーンなどのお得な情報を伝えるためにも電話がかかってくるケースがあります。これも一種の営業と考えてよいでしょう。

アコムには様々なキャンペーンが存在します。代表的な例で言うと、金利無料キャンペーンがあります。これは、初回利用者は最大30日間金利手数料無料で借入が出来る、というものです。

これ以外にも、ポイント制度や金利優遇のキャンペーンがその都度打ち出される可能性も十分にあります。

こういったお得な情報はアコムに限らず様々な消費者金融で打ち出されており、利用者拡大を狙って各社が凌ぎを削っています。アコム以外からも、お知らせの電話がかかってくるかもしれませんね。

アコムからかかってくる時の電話番号一覧

アコムからかかってくる電話には大きく分けて2種類あります。

1つ目はアコム株式会社です。申し込んだカードローンを運営している本体の会社です。アコムから電話がある場合は、電話番号や勤務先など登録情報の確認、限度額の増額の案内、クレジットカードの作成の案内、といった内容の電話がかかってくるでしょう。

2つ目はACサービスセンターです。これは、アコム内の不良債権を取り扱っている部署の名前です。不良債権ですので、返済期限を過ぎても支払いを行わない人に対して電話をかけてきます。滞納や延滞をしている場合、アコムではなくACサービスセンターの表記で電話がかかってきますので、間違い電話だとは思わずに電話に出るようにしましょう。

電話番号一覧 事業者名 電話内容
0120-619-228 アコム株式会社
  • 滞納・延滞等の支払い遅れの連絡
  • 登録情報の確認
  • 限度額増額の案内
  • クレジットカードの案内
0120-397-972 ACサービスセンター(アコム)
0120-397-793 ACサービスセンター(アコム)
0120-397-973 ACサービスセンター(アコム)
0120-407-808 アコム
0120-982-899 アコム
0120-397-863 ACサービスセンター(アコム)
0120-397-662 アコム
045-338-8052 ACサービスセンター(アコム)
06-6910-4141 ACサービスセンター(アコム)
06-6910-4115 ACサービスセンター(アコム)
03-3988-1937 ACサービスセンター(アコム)
03-3985-6244 アコム
03-3985-6146 アコム

また上記の表ではアコム・ACサービスセンターそれぞれの電話番号について、詳しく複数のものを掲載しています。

例えば、同じACサービスセンターでも、0120から始まる場合と06から始まる場合とがあります。一概に分けられるものではありませんので、その都度確認することをおすすめします。

アコムからの電話がかかってこないようにするためには

アコムから電話がかかってくるのが嫌だという方もいるでしょう。手続き上避けられない場合もありますが、いくつかの方法を使えば極力電話の数は減らすことができるのです。

  • 申込時に「電話なし」を相談しておく
  • 申込時に不備を起こさないようにする
  • 自宅電話ではなく携帯電話に連絡してもらう

まず申し込み時に担当者に極力電話をしない方向で手続きを進めてもらうように、話をつけておくことが重要です。本人確認や在籍確認などは電話しないと仕方ありませんが、基本的な情報提供に関してはメールやショートメッセージ、はがきで済ませることも出来るはずです。

申込時に不備を起こすと、その不備の訂正に関して電話がかかってきますので、不備を起こさないように気を付けましょう。よくある間違いとしては基本情報を誤って記入していたり、必要書類が間違っているケースです。気を付ければ防げるでしょう。

また、もし仮に電話をかけるようなことがあるのなら自宅ではなく携帯にかけるように伝えておきましょう。自宅だと家族が代わりに電話を取ってしまい、アコムと取引があることがばれてしまう恐れがあります。携帯にかかってくる分には自分で出ればよいので、安心です。ただし、携帯に出れないと自宅に代わりに電話がいく点には、くれぐれも注意しましょう。

申込み時に「電話なし」でできる方法を相談しておく

まず、申込を行う時点で事前に「電話をしない」方向で手続きを進めてもらえないか、相談をしておくのが良いでしょう。

例えば、契約情報の確認であったり、審査に通過した報告などは電話でなくてメールや書類、ショートメッセージで連絡をしても変わりはないはずです。アコムの担当者に「仕事が忙しく電話にはあまり出られない」など理屈の通る理由を伝え、納得してもらいましょう。

また、「キャンペーンのお知らせ」や「増額/再借入れの営業」の電話はかけないように伝えるのも効果的でしょう。これは必ずしも必要なものとは言えませんので、すんなり受け入れてもらえる可能性が高いです。

ただし、本人確認や在籍確認など、どうしても電話をしないといけない場合はあります。その点は我慢しましょう。

申込み時の不備や間違いで問合せされるようなことがないようにしておく

またそもそもアコムからの電話自体を減らす努力も必要です。申し込み時には、ミスをしないようにしましょう。

登録情報が間違っていたり、提出した書類に不備があったりすると、手続きは正常に進みません。間違いを修正するために、アコム側から電話が来ることは免れないでしょう。アコムとしては親切心で行ってくれる対応ですが、こちらとしてはあまり電話はしてほしくないのが本音です。

記入した情報に間違いはないか、必要な書類はきちんとそろえたか、など念入りに確認した上で手続きを進めていきましょう。

あらかじめ自宅電話ではなく携帯にかけてもらうように話をしておく

「事前に電話なしで手続きを進める方法」について最初にお伝えしましたが、電話を免れないケースにおいては「携帯電話に電話をするように」話をつけておくのも大変有効です。

そもそも、アコムから電話が来るのは携帯電話だけとは限りません。契約者情報の提出時に自宅電話番号も伝えていれば、自宅に電話がかかってくる可能性は十分にあります。

ご家族と住んでいる場合、自宅に電話が来れば自分以外の人が電話を取ってしまうかもしれません。もちろん詳細に関してはセキュリティ上の観点から本人以外には話せないことになっていますが、アコムと取引があること自体は容易にバレてしまうでしょう。

そこで、まずは携帯電話をしてもらうように話を付けておけば、家族にバレる危険性はありません。ただし、携帯電話に出れないと代わりに自宅にかかってくるかもしれませんので、携帯への連絡には必ず出れるようにしておきましょう。

アコムからのしつこい電話には理由がある

アコムから何度も電話がかかってくる場合、それ相応の理由があります。

  • 延滞/滞納
  • 基本情報の変更
  • アコムからの営業

延滞や滞納をしている場合は、何度も電話がかかってきます。悪いのは自分自身ですから電話には出づらいかもしれませんが、気づいたときにすぐ出てしまいましょう。返済が長引けば、その分遅延損害金などのペナルティがかさんでいきます。電話に出ても、特に怒られるわけではありません。

住所や勤め先などの情報が変わったのに、その旨を届け出ていない場合も電話がかかってくるでしょう。住所や勤め先に関わらず、利用者の正しい基本情報が登録されていない場合、事実確認のために電話が来ますので、その都度手続きを行っておきましょう。

また、重要な要件でなくても電話が来ることもあります。限度額の増額や再借入れの営業のための電話です。電話に出るまで要件が分かりませんが、このような内容だった場合はすぐに断ってしまって問題ありません。あくまでアコム側の都合に過ぎないからです。

返済期日の支払い遅れ・滞納で払っていない

支払い期日を過ぎても返済が出来ていない場合、支払いを促す旨を伝えるために、電話がかかってくるでしょう。このとき電話をかけてくるのはアコムの場合もありますが、アコムで不良債権を扱っている部署であるACサービスセンターからかかってくる場合もあります。

アコムに関わらず、借金の返済に遅れることは重大な問題です。債務不履行であると判断されます。1日や2日程度であれば、ついうっかり忘れていたと言い訳することも出来ますが、1か月~半年など長期間に渡って滞納を続ければ言い逃れは出来ません。遅延損害金もかさみますし、悪質な滞納と判断されて強制解約や裁判などの措置が取られることになるでしょう。

アコム側としても、もちろん貸したお金を返してほしい気持ちもあるでしょうが、利用者が悪い状況に陥らないために電話をしているという側面も当然あるはずです。支払い遅れで電話がかかってきたら、きちんと出ましょう。もし事情があれば誠実に伝えることが重要です。

職場や住所など変更があった時には即時に連絡をしておく

自身の勤め先や住所が変わった場合は、すぐにアコムでも変更手続きを行っておきましょう。これが変わったのにその旨を伝えていない場合、確認のための電話がくるでしょう。

職場や住所は極めて重要な情報です。職場はその人の信用力や返済能力に直結することですし、住所が変われば必要書類の郵送が出来なくなってしまいます。

またこれら以外にも、メールアドレスや電話番号等、アコムとの契約時に登録した基本情報に関しては、変更があった際に都度手続きを行うことをおすすめします。

増額やキャンペーン等の営業はしっかりと断わらないといけない

何度も電話がかかってくるので何か重要な要件かと思ったのに、出てみると単なる営業の電話だったということも往々にしてあります。

アコムを営利企業ですので、営業の電話をかけてくることはあります。内容としては「増額」や「再借入れ」の案内です。

しかし、借入を増やしたいと本当に思っているのでなければ、このような営業の電話には乗らない方が良いでしょう。

営業の電話をかけてくるのは向こうの勝手な都合です。利益を出すために借入を提案してくるだけで、利用者のことを考えているわけではありません。安易に借入を増やしての負担が増えて、自分が辛くなるだけです。甘い話をしてくるかもしれませんが、意思をはっきり持って断りましょう。

滞納や支払い遅れでアコムからの電話を無視した時のリスク

ここまでアコムからどうような電話がかかってくるのか、について説明してきました。その中でも一番重要な要件は「滞納/延滞」についての電話でしょう。

もし「滞納/延滞」の電話を無視すれば、どんな事態が待っているのでしょうか。

  • 今後の借入は出来なくなる
  • 一括返済が求められる

滞納/延滞の状態を続けれるうちは、新たな借り入れは一切できなくなります。借入を希望する場合は、一度滞納している金額を全て返済する必要があります。

滞納金額の返済に際して、返済方法は必ず一括返済となります。しかし、もし一括返済する余裕がなければ、アコムの担当者にその旨を伝えるべきでしょう。分割払いやリボ払いによる返済に対応してくれるかもしれません。

これらの電話は非常に重要なものです。もし出られなかった場合は、すぐに折り返すべきでしょう。内容によっては、音声メッセージに要件が残してある可能性もあります。放置すれば事態はさらに悪くなっていきます。めんどくさがらずに、電話には出ましょう。

今後の借入ができなくなる

まず、延滞や滞納をしている時点で、一切の借り入れは不可能になります。

カードローンの契約自体が残っているとして状況は同じです。カードローンの利用可能額の項目は常に「0円」と表示されるでしょう。(アコムで借りると住宅ローンは組めない?審査に落ちる原因と審査に通る為の対策等解説)

また、借入が出来なくなるだけでなく、返済すべき金額が増えていくことにもなります。本来であれば利用額と同額の返済で済みますが、延滞/遅延時には遅延損害金も課せられます。これは一日ごとに加算されていきますので、長引けばその分負担も大きくなります。

もし再び借入を再開したいのであれば、延滞/滞納している金額を全て返済する必要があります。しかし、返済方法についても決まりがあります。

一括返済を求められる

延滞/遅延した利用額の返済方法は必ず一括返済が求められます。仮に数か月分の利用額を支払っていない場合でも、全てまとめて返済する必要があります。

しかし、延滞/滞納している人の中には、支払う余裕がないためにそうなってしまっているという人もいるでしょう。

もし、一括返済が出来ないのであれば、すぐにその旨をアコムの担当者に伝えましょう。事情をきちんと伝えれば、分割返済に対応してくれる可能性も十分にあります。

一番悪いのは返済から逃げ続けることです。こうなれば、アコムからの信用もなくなりますし、返済金額も増える一方で、良いことは何も起こりません。

電話に出られなかった時、メッセージが残されている場合にはすぐ折り返す

このように、アコムから何度も電話がかかってくる場合、非常に重要な要件である可能性は十分にあります。アコムからの着信に出られなかったときは、すぐに折り返した方が良いでしょう。場合によっては要件をメッセージに残してくれている可能性もあります。

最近のスマートフォンは親切なので、電話番号に加えて相手の会社名を自動的に表示してくれることもあります。「アコム」もしくは「ACサービスセンター」と表示されていれば必ず出ましょう。

また、こちらからアコムに電話をかけたい場合もあるでしょう。延滞/滞納金の分割返済の相談をしたい場合や、登録情報の変更手続きをしたい場合など、理由は様々あるでしょう。アコムでは問い合わせ内容に応じて、電話番号がいくつか分かれています。是非、以下の表を参考にしてみてください。

アコムへの問合せ電話番号一覧

アコムへの問合せの際には、電話番号がいくつか用意されていますの。目的にあった電話番号へかけることで要件が早く伝わり、解決もしやすくなります。

0120-07-1000 はじめてで相談したい時
0120-629-215 会員になってからの問合せ
0120-134-567 返済期日や残高の照会、振込による借入
03-3537-2366 海外からの問い合わせ
0120-036-390 苦情、意見、要望の連絡

メールによる問合せフォームも用意されていますが、カードローンで困った時には受け付けてもらえません。
一刻も早く解決するためにも電話での問い合わせの方が確実です。

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ【ランキングの根拠
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

1位 プロミス


SMBCグループ

審査⇒借入まで最短3分即日借りられる!(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)●瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。原則会社への電話なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)※在籍確認は原則電話なし
↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
✅申込~融資/最短20分※土日祝も当日
  (申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
✅原則在籍確認の電話なし
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即日振込も可
✅コンビニATMでも借りられる
✅最低返済額は1,000円~
審査が不安な人は1秒診断後に申込を。
\申込も簡単「プロミス」借りるまで最短当日/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

2位 アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。土日祝でも最短20分で即日借りられます。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
返済は35日ごと:返済額1,000円~可
\他社からの借り換え可/

郵送物なし可・バレずに最短20分融資

3位 SMBCモビット

インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短60分で借りられる!(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
WEB完結申込で原則電話・郵送物なし!
\審査通過率NO1/

4位 レイク

\申込から融資まで最短25分で在籍確認は原則連絡なし/
審査が不安な方は簡易診断から【最大60日間無利息】

👑5位 アイフル
郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査もWEB申込なら最短20分。(平日~土日祝でも当日可能)

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








この記事の監修者 山口みき
自己紹介 金融WEBメディア運営・管理経験(3年以上)を活かし「お金借りる今すぐナビ」の編集・監修を担当。FP技能士貸金業務取扱主任者・クレジット債権管理士の資格取得にも前向きに取り組んでおり、借り入れに関する疑問や不安に応えるため、常に正確で専門的な情報提供に努めています。
事業所 トイントサロン
Twitter @okanekariruima
YouTube お金借りる今すぐナビ – YouTube
お問い合わせ 下記フォームよりお問い合わせ下さい。
フォーム