条件別でお金を借りる

転職したばかりでもカードローンでお金を借りれる?転職直後の借入時の注意点等解説

勤務していた会社を退職して、新たに別の会社に就職することが転職です。日本でも最近ではひとつの会社で定年退職まで勤める終身雇用から、より自分自身が働きやすい環境を求めて転職を積極的におこなえる社会に変わりつつあります。

しかし、実際に転職を目前にすると転職前後のお金に関して心配する方も少なくはないでしょう。大手企業に所属していれば勤務年数に応じて退職金などが支給される場合もありますが、転職前後では金銭的負担が大きくなるケースが考えられます。

どうしてもお金が足りなくなった場合には、一時的にカードローンでお金を借りるのが現実的な対応方法です。
今回の記事では転職直後にカードローンの審査通過は可能か、また申し込む際の注意すべきポイントなどを詳しく解説します。

この記事でわかること
  • 転職したばかりでもカードローンの申し込みは可能
  • 転職直後の申請は勤続期間が短く審査にはマイナスの影響がある
  • 転職後の変更はカードローン会社に速やかに申請するべき
  • 転職後の年収が低くなる場合には借入限度額が引下げられる場合がある
  • 転職後の変更を申請しなければ虚をついているとみなされる恐れがある
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
18歳・19歳以下の方:収入証明書の提出が必須です。※高校生は申込不可(高専生・定時制含む)

―――――――
プロミス ※最短即日借りられる ↓原則在籍確認の電話なし↓
\初めてなら30日間無利息/

SMBCグループの安心感『プロミス』

簡単申込のプロミス!借りるまで最短当日 ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
アコム ※最短当日借りられる 35日毎の返済可:返済額1,000円~
\21時迄の審査申込で最短即日借りられる/

↓最新版ランキング↓

>>この記事の監修者情報

転職したばかりでもカードローンでお金を借りることはできる

総務省が発表した労働力調査では、2022年度に転職を経験した人数は全国でおよそ303万人、1年間で全労働者数の4.5%が転職をしています。

転職をする理由は様々ですが、転職の際には新しい仕事への期待と同時に転職前後のお金のやり繰りには不安を感じるかたも多いのではないでしょうか。
転職先がうまく見つかり、途切れることなく給料がもらえれば良いのですが、1ヶ月から2ヶ月程度の収入がない期間が発生して生活費や様々な支払いが苦しくなる場合も少なくありません。

その際に頼りになるのが無担保・無保証人でお金が借りられるカードローンなのですが、はたして審査は転職直後でも通過できるのでしょうか。
結論は、転職直後であってもカードローンの利用は可能です。

カードローンは安定した収入がある成人であれば申し込みできるので、転職先での収入の継続が重要なポイントになります。ただし、転職直後というのは審査に対してマイナス条件になるのは間違いありません。

慎重な申し込みが必要です。

カードローン申込み条件は年齢と安定収入

カードローンの申し込み条件は、年齢と継続した返済が可能な安定した収入です。主なカードローンの申し込み条件は次のとおりです。

三菱UFJ銀行バンクイック 20歳以上の安定した収入がある方
三井住友銀行 カードローン 20歳以上の安定した収入がある方
アコム 20歳以上の安定した収入がある方
プロミス  18歳以上の安定した収入がある方

カードローンを申し込める年齢は多くのカードローンでは満20歳以上です。また、全てのカードローンで返済能力がある安定した収入を条件にしています。収入が安定していれば、正社員・契約社員・アルバイトといった雇用形態は問われません。

成人であっても退職して再就職活動中の場合は収入が0円という事になります。たとえ退職金である程度のお金をもらっていたとしても審査の通過は難しいでしょう。

転職直後の年収は月給×12ヶ月で申告する

カードローンの申し込みの際には、必ず年収を記載しなければなりません。しかし、転職直後では1年間給料をもらっていないので年収を記載するのは難しいと考えるかもしれません。
だからといって申込書の年収欄が空欄の場合は、必ず審査に落ちます

転職直後の年収に関しては、予定されている月給の12ヶ月分を記載すればOKです。また、ボーナス額決まっているのであればプラスして記載できます。ただし、年収に関しての審査は返済能力を見極めるうえで最も重視されるので、給与などの報酬金額が証明できる書類の提出を求められる場合が少なくありません。

最初の給料がまだ出ていない状況であれば、雇用契約書などの報酬額が明記されている書類の提出でも審査は可能です。

証明書類の提出ができない場合には審査通過は難しいかもしれません

「転職したばかり」は審査落ちの要因となり得る

カードローンは、転職したばかりでも申し込み可能とはいっても、本当に転職直後の場合は審査に落ちる要因となる場合があります。それは、収入の安定性が心配されるからです。

多くの会社では、就職後3ヶ月から6ヶ月間程度の試用期間が設定されています。試用期間だからといってもそう簡単に解雇されることはありませんが、安定性が低いと判断される期間でもあります。また、労働基準法では試みの使用期間が14日以内であれば予告なく解雇することが可能とされています。

転職後のカードローンの審査通過の可能性を高めるためには、資金繰りが苦しいとしても最初の給料を受け取って給与明細を手にしてからの申し込みがおすすめです。

「転職したばかり」がカードローン審査落ちになってしまう理由

カードローンで審査が通過しなかった理由は、実際には教えてもらえません。そのため、審査落ちの理由は自分自身の状況から推定するしかないのですが、信用情報に問題がない場合には収入面に不安をもたれたと考えるのが妥当です。

収入面では一過性の金額の多さよりも、継続して返済できる安定性が重視されます。転職は収入の安定性が一旦途切れたと判断される場合が高いといえます。

転職が審査落ちになる理由
  • 転職は収入の安定性に不安を持たれれてしまう
  • 転職によって収入が低くなったり雇用形態が変わっている
  • 極端に短い勤務期間が審査にマイナスの影響がある
  • 勤務している会社の規模が小さくなる場合もマイナスの影響がある

収入が安定していないから

カードローンの審査で最も重視されるのが返済能力です。借りたお金は、毎月数年間にわたって返済をし続けなければなりません。カードローンを運営している会社も、利用者が返済不能になり貸し倒れになる事を恐れているのです。

そのため収入の安定性を確認する目的で収入証明書の提出が求められます。

主な収入証明書類
  • 給与明細
  • 源泉徴収票
  • 課税証明書
  • 確定申告書
  • 住民税特別徴収税額決定通知書

転職直後の場合は、当然上記のような収入証明書は提出できません。年収に関しても昨年の実績ではなく、今後の予定年収となります。

収入証明書は、貸金業法の規定では50万円以下の借り入れの場合は不要とされています。

第13条
貸金業者は資金需要者である個人の顧客から源泉徴収票その他の当該個人顧客の収入又は収益その他の資力を明らかにする事項を記載し、又は記録した書面の提出又は提供を受けなければならない。
一金額を合算した額が五十万円を超える場合
引用:貸金業法|e-Gov法令検索

ただし転職直後の申し込みの場合には、50万円以下の借り入れでも収入証明を求められる場合があります。その場合は転職前後の収入証明書を合わせて提出することになります。

転職直後は収入が不安定と見なされる可能性が高いでしょう

転職することで収入が低くなった、属性が変わった

カードローンの審査では申込者の雇用形態も返済能力の判断に少なからず影響を与えます。一般的に雇用形態は以下の順位でプラスに判断されます。

  1. 正社員
  2. 契約社員
  3. パート・アルバイト
  4. 日雇い

企業や団体で正社員として働く形態を正規雇用、それ以外の契約社員やパート・アルバイトは非正規雇用として区別されます。もしも転職により正規雇用から契約社員などの非正規雇用に変更になった場合には間違いなく審査にはマイナスの影響があります。

また企業規模においても、一般的には公務員や株式公開をしている大手企業勤務の方が審査に有利とされ、規模の小さい会社に転職をする場合には年収がほぼ維持されるとしても審査にはマイナスの影響は、否定できません。

審査には部長や課長などの役職や肩書の変更も審査に影響します

転職直後、仕事が決まってすぐで勤続年数が短すぎる

カードローンの審査で返済能力を判定する重要な指標のひとつが勤続年数です。勤続年数が長い、イコール収入の安定性が高いという判断につながります。同じ会社に長く勤務しているのであれば、今後も安定して給料を継続できると考えられます。

大手銀行のカードローンでは一般的にカードローンの審査を通過する目安は、勤続年数3年以上といわれています。もちろん、勤続年数が1年から2年程度であっても通過している事例は少なくありません。しかし3年以上の勤続年数があれば、収入面が理由での審査落ちは極めて少なくなります。

銀行よりも消費者金融系のカードローンは審査が甘い・緩いといわれていますが、返済能力に関しては厳格な判断をくだします。
審査が通過する見込みを高くするのであれば、少なくとも3ヶ月以上の勤務してからの申し込みをおすすめします。

また、勤続年数と同時に転職回数も審査に影響をおよぼす場合があります。転職回数が多いと、また転職するのではないかと思われて安定性に疑問を持たれてしまいます。
転職をした際のカードローン申し込みには、転職後の勤務期間と過去の転職回数を検討して慎重な申し込みが必要になります。

転職したばかりだけどカードローンの審査に通るための対策

転職した直後はカードローンの審査を通過する可能性が低くなるとしても、生活費が足りないなどで本当にお金に困っているのであれば、審査を通るために最大限の努力をしなければなりません。

転職直後の審査対策
  • 希望限度額を最低限必要な金額におさえる
  • 信用情報にキズがつかないように注意する
  • 審査に通過したいばかりに申込書に嘘の記載をするのは逆効果

転職の前後では予想外の出費があったり、あるいは最後の給料が目減りをしていたりして資金繰りが思うようにいかないことが少なくはありません。

転職を決意した時から倹約をしてお金を貯めておくことが重要です。あるいは転職するまえにカードローンの申し込みをしておくのも対策の1つといえるでしょう。

最初の借入希望額を低くしておく

カードローンの審査の厳しさは、希望する借入限度額と比例しているともいえます。借りたい金額が大きければ、それだけ毎月の返済額も大きくなり、返済回数も長くなります。
そのため、返済能力の審査が慎重になるのも当然といえるでしょう。

カードローンでお金を借りた際には、元金の月割り分と1ヶ月分の利息を毎月返済します。
毎月の利息は以下の計算式で算出できます。

毎月の利息額=(借入残高×金利)÷365日×30日

カードローンの金利(年率)が18%と仮定した場合の10万円と50万円借りた場合の1ヶ月間の利息は以下のとおりです。

  • 10万円の場合:(100,000円×18%)÷365日×30日=1,479円
  • 50万円の場合:(500,000円×18%)÷365日×30日=7,397円

金利だけでも5,918円の違いが発生します。また、それぞれのカードローンで毎月の最少返済額は決められています。大手消費者金融アコムの例をご紹介します。

借入限度額 最少返済額
30万円以下の場合 借入金額の4.2%
100万円以下の場合 借入金額の3.0%
100万円超の場合 借入金額の1.5%~3.0%

1,000円以下の端数は切り上げられます。この規定による10万円と50万円の最少返済額は次のとおりです

  • 10万円借りた場合:5,000円
  • 50万円借りた場合:15,000円

毎月の返済額が1万円違うのがわかります。

できるだけ少ない借り入れを希望して月々の返済額を少なくするのが、審査に通りやすくなるコツといえます。

信用情報に滞納や債務整理がない状態にしておく

カードローンの審査の際には、返済能力と同時に信用情報の状況も重要なポイントになります。

信用情報とは・・・

信用情報機関に登録された、これまでの申込情報や借入状況、返済の遅延や延滞、債務整理をおこなった事実などの情報です。

延滞や債務整理の情報が残っていると審査の通過はほぼ不可能です。この状況を一般的に「ブラックリストに載る」と表現します。

信用情報が登録される民間機関は次の3社です。

大手企業に正社員として長く勤務していたとしても、信用情報にキズがついている場合には審査を通過するのはかなり難しいのは、間違いありません。

ましてや転職直後では審査の通過は絶望的です。

年収や勤務歴などでウソを申告しない

転職直後で勤続期間が極端に短い、あるいは確定した年収が申告できない場合にはカードローン審査を通過する可能性は低くなります。しかし、だからといってカードローン審査・契約後で年収に嘘をつくのは厳禁です。

勤務先などに嘘を記載した場合には、在籍確認電話などでバレる可能性が高く、信用情報機関に登録されている情報などから年収額を高く記載したのもバレてしまいます。

もしも、カードローン申し込みの際の嘘の申告をしたのがバレたら審査は絶対に通過しません

それだけではなく、信用情報に登録され現在借りているローンやクレジットカードなどにも悪影響をおよぼす恐れがあります。

カードローン契約後に転職した時の注意点

転職を決意した際に、その後の備えとしてあらかじめカードローンを契約しておくのも転職後の資金対策として有効です。

しかし転職した後に契約しているカードローンに対して何も手続きをせずに放置してはいけません

契約後に転職した場合に気を付けること
  • 転職後の変更内容は速やかに申告する
  • 転職で収入が低下した場合には限度額も見直される
  • 転職先に在籍確認する電話がはいる可能性がある

転職をした際の変更の申請をしなかった場合には、かなり深刻なデメリットが発生する可能性があります。

申告内容の変更届は速やかに

転職後の変更届はできるだけ速やかな提出が求められます。
カードローンへの勤務先の変更は、次の方法で申請できます。

  • 公式サイトのマイページにログインして申請する
  • スマートフォンアプリを使用して申請する
  • 電話でお客様センターに連絡する
  • 近くの営業所に出向いて手続きをする。

公式サイトのマイページやスマホアプリを活用すれば、24時間365日いつでも変更の申請が可能です。
もしも実際の変更届の提出方法が不明であれば、まずは借りているカードローンのカスタマーサービスに相談すればていねいに教えてくれます。

【主なカードローンのカスタマーサービス】

三菱UFJ銀行バンクイック 0120-76-5919
三井住友銀行 カードローン 0120-923-923
アコム 0120-629-215
プロミス 0120-24-0365
アイフル 0120-109-437

転職後の収入によっては限度額が下がるケースがある

転職による勤務先の変更を申請した場合には、カードローン会社による途中審査がおこなわれます。その際に年収が申し込み時点よりも低くなるのであれば、その金額に応じて借入限度額も低くなる可能性があります。

しかし、申告をせずに後になってバレた場合には、虚偽申告と同様の扱いとなり、契約の強制解除や残高の一括返済を迫られる恐れがあります。

速やかに変更届を提出して相談をすれば、たとえ今後の借入額が抑えられたとしても、現在借りているお金の一括返済を迫られることはありません。

在籍確認電話があるかも?事前に相談しておく

転職による勤務先や年収額の変更を申請した場合には、その時点で途中審査になります。その時点で新しい勤務先に在籍確認の電話がはいる可能性があります。

在籍確認の電話はカードローンの会社名ではなく、個人情報に配慮して個人名でかけられます。しかし個人名の電話であっても転職間もない会社に電話がかかってくるのは違和感があるのではないでしょうか。

可能であればカードローンに借り入れがあり、在籍確認の電話がある事を事前に相談しておくことをおすすめします。

カードローンの借り入れはあくまでも個人的なことなので、あらかじめ相談をすればマイナス評価になることは少ないでしょう。むしろ、相談せずに在籍確認電話を不審に思われる方が新しい職場ではマイナスです。

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ【ランキングの根拠
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

1位 プロミス


SMBCグループ

審査⇒借入まで最短3分即日借りられる!(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
●瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で口座振込可。在籍確認は原則電話なし!郵送物なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)
↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
✅申込~融資/最短3分※土日祝も当日
  (申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
✅原則在籍確認の電話なし
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即日振込も可
✅コンビニATMでも借りられる
✅最低返済額は1,000円~
審査が不安な人は1秒診断後に申込を。
\申込も簡単「プロミス」借りるまで最短当日/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

2位 アイフル

郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから内緒で借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査もWEB申込なら最短18分。(平日~土日祝でも当日可能)
\金利3.0~【借り換え可】/
↓無利息期間30日間あり【人気上昇中】↓

↑【審査通過のコツ】①記入ミス・書類不備に気を付ける ②希望額は必要な分だけにする ③ウソは書かない

3位 アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。土日祝でも最短20分で即日借りられます。※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。(原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施)
\原則電話なし郵送物なしでバレない/

↓返済は35日ごと:返済額1,000円~・借り換え可↓

4位 レイク
\融資まで最短25分・在籍確認は原則連絡なし/
審査が不安な方は簡易診断【最大60日間無利息】

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








この記事の監修者 山口みき
自己紹介 金融WEBメディア運営・管理経験(3年以上)を活かし「お金借りる今すぐナビ」の編集・監修を担当。FP技能士貸金業務取扱主任者・クレジット債権管理士の資格取得にも前向きに取り組んでおり、借り入れに関する疑問や不安に応えるため、常に正確で専門的な情報提供に努めています。
事業所 トイントサロン
Twitter @okanekariruima
YouTube お金借りる今すぐナビ – YouTube
お問い合わせ 下記フォームよりお問い合わせ下さい。
フォーム
関連ページ
条件別でお金を借りる

他人名義(旦那・会社・親・子ども)でお金を借りる方法はある?勝手に他人名義で借金する危険性や違法性について解説

2021年11月11日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
自分名義で今すぐお金を借りるのは、審査に通る自信がない。 自力でお金を借りるのは、難しそうなので 「旦那の名前でお金を借りれる?」  …
条件別でお金を借りる

夜中にお金を借りる方法はある?深夜でも今すぐ必要で即日融資可能なキャッシング(カードローン)は何時までなら借りれる?

2021年7月9日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
夜中や深夜に突然、お金を借りなければいけなくなった時はどうしたらいいでしょうか。 お金を借りるということは24時間、時間帯を問わず、い …
条件別でお金を借りる

1000万円を借りる方法!審査・条件や個人が高額融資を受ける方法・1000万貸してくれる人はいるのか等解説

2023年4月24日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
1000万円を借りることは簡単なことではありません。 金融機関でフリーローンを借りるとなると、高年収や長い勤続年数などの信用度の高い属 …