基礎知識

お金借りる時に審査に通らないのはどうして?審査落ちした理由・原因や対策を解説

どうしてもお金が必要でローンの申し込みをしてみたものの、お金借りる時に審査に通らない・審査通過とならなかった…これはなかなか精神的痛手となるもの。しかも、自身にはその原因が全く見つからず、電話などで審査落ちの原因を尋ねても、教えてくれることは絶対にありません。謎が深まるばかりで、さらに落ち込んでしまいますよね。

ですが、ローン審査落ちの原因には実に様々なことが考えられ、次への対策のためにもある程度の原因究明が必要です。

そのためにもこちらでは、お金を借りるのに審査に通らない理由・原因とその対策についてご解説していきます。

このページの要約点
  • お金借りる審査に通らない理由は信用情報がほとんど。
  • 申込条件を満たしているかどうか事前に要確認。
  • 審査に通らない原因不明の場合は信用情報の開示請求を。
  • 希望融資額など総量規制をベースに申告する。
  • 申し込みは1度に1社で、短期の複数申し込みはNG。
  • 申し込み前に借り入れ診断の利用もおすすめ。
お金を借りたい人向け【最新版】
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
―――――――
プロミス ※最短即日借りれる \初めてなら30日間無利息(条件下記参照)/
―――――――
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
※銀行ならではの金利 月々返済1000円~可!三菱UFJ銀行の口座不要
―――――――
アイフル ※最短当日借りれる \20時迄の審査申込で最短即日借りれる/
↓最新版ランキング↓

【目次】このページ先読み

お金借りる審査通らない理由究明はまず申込条件の確認から

当然のことですが、各ローン商品では申込条件が設定されており、この条件を満たしていなければ必ず審査落ちとなってしまいます。金融機関・業者、ローン商品によって細やかな条件が違っていますから、申し込み前によくチェックしておきましょう。

また、利用者が多いカードローンでは、基本的に以下の申込条件が共通しています。

カードローンの基本的な申込条件
  1. 年齢は満20歳以上
  2. 安定した定期的な収入があること

①カードローンでお金借りる申込条件~年齢は満20歳以上

基本的にカードローンは、満20歳以上という年齢制限が設けられています。その理由に、民法が定める未成年の契約においての制限があるため。

結婚していても未成年であれば、原則としてカードローン審査には通過しないため注意しましょう。

またカードローンや他のローン商品でも、金融機関・業者により上限年齢の設定もあるため、事前に要確認です。

②カードローンでお金借りる申込条件~定期的な安定収入

定期的な安定収入とは、「毎月給与収入が得られている」ことを指しています。カードローンの返済では、約定日に返済する方式となっていますから、継続的に安定収入が得られていることが重視されるのです。

ちなみに、高年収であれ月々の収入が安定していない場合は、定期的な安定収入を得ていないと判断される可能性があります。

申込条件を満たしてもお金借りる仮審査に通らない場合

申込み条件を満たしている場合であっても、仮審査で落とされてしまう場合として、以下のことが挙げられます。

無職 例えば年金受給者や生活保護者なども含まれます。給与所得ではなく、当然ながら安定収入がないということで、返済能力なしとみなされます。
現住所不定 滞納した場合に連絡が取れなければ回収不能となる恐れがあるため、審査通過となりません。
連絡先なし
コミュニケーションが取れない 対面であれば、身だしなみに加え、挙動不審な態度・行動なども観察されるため要注意。
外国籍の短期在留者 外国籍の人で在留カードや特別永住者証明書を携帯している場合のみ申込可能です。

お金を借りるローン審査が通らない驚きの理由とは?

 

お金を借りるローン審査の基準は、貸付先である金融機関・業者によって違っており、その内容は非公開となっています。ですが、審査で焦点となる情報は、共通して以下の3種が考えられます。

お金借りる審査で対象の情報
  • 個人情報
  • 勤務先情報
  • 信用情報

考えられる審査基準など審査については、以下の記事で詳細をご紹介していますので、そちらも是非ご覧下さい。

こちらでは、ローン審査に通らない様々な理由・原因についてご紹介していきます。

お金を借りたいけど審査が通らない理由の8割が信用情報

ローン審査がどうしても通らないという場合に、理由のほとんどは「信用情報」とされています。特に、利便性が高く利用者が多いカードローンでは、審査落ちとなる約8割の人が、信用情報に問題を抱えているとのこと。

信用情報は、以下の3つの個人信用情報機関にて細やかに登録されています。

そこで、審査に悪影響を与える一般的な信用情報についてまとめてみました。

情報 詳細
他社借入を延滞 他社借入があり、その返済を滞納中であれば、審査通過は無理です。(関連:延滞すると信用がなくなり借りられなくなるので注意)既に他で延滞をしているということから、申し込み中のローンでも返済能力なしと判断されます。(関連:他社に借入があっても審査でバレる)
異動(事故)情報記載 長期滞納(3ヶ月以上)、自己破産などの債務整理や債権者による法的回収、保証会社などによる代位弁済といったブラック情報。この情報がある場合は、ほとんどの金融機関・業者で審査通過は難しいといえます。異動情報は登録期間が長く、特に延滞では解消後も1年間は登録、債務整理では機関により約5年か10年間登録となります。銀行や消費者金融のみならず、クレジットカードなどでも異動情報登録となれば、3機関全てで情報が知られることになります。(関連:クレジットカードの支払いに遅れるとどうなる?)つまり、新規のクレジットカードや携帯電話の分割ローン、住宅ローンといったローン商品全てが組めなくなると理解しておきましょう。
複数のローン申し込み 申し込みブラック」のこと。短期間で複数のローン審査を受けた場合、多重債務者や不正利用などを疑われ、返済能力なしと判断されることが多々です。ブラック情報とは違い、申し込みブラックは貸付側が審査などで申込者の信用情報を照会した時に、その照会情報が登録されます。この情報は、3機関で6ヶ月~1年間保管されます。つまり、照会情報が多いほど、貸付側には悪影響を与えることになると覚えておいて下さい。
登録中の個人情報に違いあり 信用情報機関では、貸付側からの報告により、申込者の住所や自宅・携帯電話番号、勤務先名などが登録されています。ローン審査や契約などの際に、この個人情報が最新情報に更新され、更新日も登録されます。例えば数日前に他社とローン契約をした申込者の信用情報が、現在審査中の申込内容と違う場合、不審な申し込みと判断されます。(関連:お金借りる時の嘘・虚偽申告)数年空いてから住所や勤務先名などが変わっているならまだしも、数日間での違いには、疑わしく思われて当然でしょう。情報の違いが判明した場合、審査通過不可、あるいは限度額減額となります。もちろん、金融機関・業者のミスにより古い情報で登録がされている可能性もないとはいい切れません。
その他情報に問題あり

他にも以下のような情報は、金融機関・業者で貸付可能かどうかの判断に関わってきます。氏名変更以外の情報が登録となっていた場合、原則として審査落ちになります。特に貸付自粛依頼は貸付を禁止しているわけではないのですが、過去に借金癖による困窮状態が考えられ、貸付不可と判断します。(関連:お金を借りることは病気?)

  • 名義の違い…他人・架空名義などで契約がされたという情報。
  • 死亡…個人信用情報機関に加盟している金融機関・業者が顧客死亡と認識している情報。
  • 氏名変更…顧客の氏名変更があったという情報。
  • 貸付自粛依頼の情報…顧客本人あるいはその親族が個人信用情報機関へ貸付自粛を依頼した情報。

①審査通らない驚きの理由~携帯電話利用料金の支払い滞納

信用情報機関でブラックとなる意外な理由には、スマホなどで利用料金の支払い滞納をしてしまうことも挙げられます。スマホ本体における分割払いが利用料金に含まれていることから、その延滞が分割払いの遅延と同じことになるのです。

②審査通らない驚きの理由~申込内容のミス

金融機関・業者では、申込内容に不備などが見つかった場合に、確認の電話連絡をすることになっています。ですが貸付側が間違いを確認しないまま審査が行われることが稀にあり、審査落ちのリスクを高めてしまう結果に。

例えば、年収の入力で一桁をミスするだけでも大きな問題となります。400万円を40万円、あるいは4,000万円と入力、審査担当者がミスを疑い電話連絡をすることが通常です。とはいっても、ミスに気づかないまま確認してもらえないこともあるのです。

このような単純な記入ミス・記入漏れによる審査落ちが発生していることも事実です。

③審査通らない驚きの理由~消費者金融で借入がある場合

金融機関のローン商品によっては、申し込み時点で消費者金融に借り入れがあることが審査に影響を与えます。借り入れていなくてもカードローンなどで利用限度額枠が残っている場合、将来的に利用するかもしれないと判断されることも。

④審査通らない驚きの理由~個人信用情報が白紙状態

クレジットカードやローン商品の申し込み・利用などのヒストリーが一切ない、個人信用情報が白紙状態という人もいます。一見、計画性のある現金払い主義にも思えますが、逆に抹消された金融事故が過去にあったのではと疑われることもあるのです。そのため、審査に通りにくいとされています。

お金を借りたいが審査が通らないのは総量規制の可能性

貸金業者では、借入総額は年収の1/3までという「総量規制」をベースに貸付を行っています。(参考:日本貸金業協会「総量規制について」)つまり既に消費者金融などから借り入れをしている場合、その借入総額が年収の1/3以上であれば、審査に通らない可能性大

ちなみに銀行などの金融機関であっても、過去に金融庁から過剰融資の指摘があって以来、自主規制を行っています。

どうしても審査が通らない理由に他社借入件数・総額の多さ

申込情報や信用情報機関の照会で、その時点での申込者の他社借り入れ件数・総額が明確になります。借入件数が1社であっても、記述した通り借入総額が既に年収の1/3以上であれば審査通過は困難です。

また、他社借入件数が3件以上などあまりに多い場合は、その時点での借入総額に限らず、借金癖を疑われ審査落ちとなることに。また他社借入件数の多さは、希望額を満たすため、あるいは困窮状態にあると判断され、信用度が低いと印象付けられます。

年収に対し希望の利用限度額が高額過ぎる

申し込みしやすいカードローンでは、金融機関・業者により利用限度額が違ってきますが、最高で500万~800万円が一般的。

とはいえ当然ながら、誰もが最高の利用限度額を受けられるというわけではありません。

申し込みの際には、希望融資額を申告することになりますが、こちらも審査の対象となっています。上記で挙げた総量規制の適用、自主規制のこともあり、最高融資額は年収の1/3までと決まっています。申告した希望融資額がそれ以上であれば、審査落ちとなる可能性は高まります。

お金借りたいけど審査が通らない理由に属性も考えられる

上記にも少し挙げていますが、申込者の個人情報によっては、お金を借りる審査に通らないことも多々です。申込者の属性が良くない、低めであれば、返済能力にも悪影響と判断されるからです。

対象となる属性とは、申込者の家族構成や居住状況、年収、勤務先や勤続年数などが挙げられます。この属性によっては、他社借入が1件のみであっても審査通過が難しいことも。

以下、その属性についてまとめてみました。

属性 審査で低めと判断される場合
家族構成 年収は高くても、養う家族の人数が多い場合。
居住状況 賃貸住宅の家賃負担や住宅ローンの負担が年収に対してあまりに大きめである場合。また居住年数が3ヶ月未満の場合。
年収 一般的な平均収入よりもかなり低めである場合。
勤務先 会社の規模や安定性も返済能力の判断に必要な情報であり、あまりに零細な会社である場合。また自営業では、携帯電話のみで経営をしているなど、勤務状況の確認が難しい場合。
勤務形態

審査に有利となる勤務形態の順は、以下の通り。

  1. 公務員(関連:公務員がお金を借りる共済組合貸付制度)
  2. 正社員
  3. 契約社員
  4. 派遣社員
  5. アルバイト・パート(関連:パートでもお金を借りれるカードローン)

個人事業主の場合は、事業内容で判断されることが多め。

勤続年数

長期であるほど退職や転職のリスクが低いとされますが、勤続3~6ヶ月未満は低属性と判断されがちです。

お金が借りれない理由に在籍確認が不十分であること

在籍確認が取れなかった場合は、審査通過となりません。少数ではあるものの、詐欺目的や虚偽内容でのローン申込者がいることも事実。金融機関・業者はそのような申込者に貸付を行わないよう細心の注意を払っており、在籍確認も重視しているのです。

電話による在籍確認を原則としていますが、会社に借り入れのことがバレるのではと不安になる人も多くいます。

ですが貸付側も個人名で電話をしますし、クレジットカードの新規でも在籍確認があるため、心配することではありません。

在籍確認は本人が電話に出るか、「外出中」や「明日出勤予定」などと、申込者が会社に在籍しているとわかる対応であればOKです。逆に在籍確認とならない例では、以下のような対応が挙げられます。

  • 退職した、離職したという内容。
  • 部署がわからないため取り次げないと言われた場合。
  • 個人情報であるため対応不可能とされた場合。
  • 携帯へご連絡下さいと言われた場合。
  • 全くわからない、と言われた場合。
  • 休んでおり、次回の出勤予定も未定、と伝えられた場合。

ちなみにカードローンであれば、条件付きで在籍確認をなしにして審査を進めるところもあります。どうしても電話での在籍確認をされたくないという人は、その旨を担当者に伝えてみましょう。状況によっては希望通りに対処してくれる可能性はあります。

お金を借りる審査の際に連絡が取れない

ローン審査では申込内容を確認するため、申込情報の電話番号に連絡をする場合があります。その際に、申込者は電話に出て確認事項に回答する必要があるのです。また、申込情報の内容が虚偽・不備ではないかどうか確認のための電話である可能性もあります。

電話に出ない場合、一切の確認ができず、審査通過とならないこともあります。

お金借りる審査に通らないがお金借りたい人の対策とは?

ローン審査に通らなかったものの、また申し込みを予定している人は、事前にしっかりとした対策を練ることが大切です。こちらでは、その対策についてご紹介していきます。

お金が必要なのにどこからも借りれない!原因不明の場合

今すぐお金が必要で借りる時に審査に通らない理由をいろいろと考えてみたものの、原因が全くわからない…そういう人も多くいます。その場合には、金融機関・業者が審査で利用している個人信用情報機関にて開示請求をすることをおすすめします。

ネットや郵送での開示請求に手数料が1,000円かかりますが、審査落ちの理由がわからないまま次を申し込むのはリスクが高め。審査落ちの理由に心当たりがない人は、自身の信用情報に意外な盲点がある場合も多く、次の申し込み前に確認をしておきましょう。

それぞれの開示請求方法については、以下をご覧下さい。

ちなみに銀行ローンを申し込む場合でも、審査を実際に行う保証会社は全国銀行協会(KSC)以外に加盟していることが多々です。

そして開示情報では、以下の点を確認しましょう。

確認する開示情報
申込情報 クレジットカードやローン契約で申し込みの際、貸付側が信用情報機関を審査のために照会したことが記載されています。照会件数が多すぎる場合、クレジットカードやローン契約が難しいといえます。もしその情報が審査に通らない原因と考えられるのであれば、次の申し込みは最低でも6ヶ月経ってから申し込みましょう。
異動情報 過去に延滞などの異動情報が記載されている場合、新規のクレジットカードやローン契約は困難といえます。61日未満の短期延滞の場合は2年で抹消とされています。長期延滞の場合は、その情報が消えるまで5年かかりますから、それまで待つことがおすすめ。また、自己破産などの債務整理では、抹消までに5~10年かかります。

申込情報の入力・記載でミス・虚偽申告はしない

申込情報の入力・記載ミスで審査落ちとなる人も少なくはありません。審査担当者が気づいて電話連絡をしてくれればいいのですが、そのまま審査が行われてしまうこともあるのです。

絶対に間違いがないよう、事前にメモをしておくことをおすすめします。

審査に通らない場合は希望融資額を10万円以下の少額に!

特に、他ローンで審査落ちとなったために、カードローンなどを初めて申し込む人は、希望融資額に注意したいもの。(関連:初めてお金を借りるなら女性がお金を借りたいなら、)カードローンの初契約で利用限度額は、基本的に年収の約10%とされています。つまり、年収500万円で50万円ほどとなります。カードローンで既に落ちてしまった人も、同じく再度カードローンを申し込む場合は、希望融資額に注意しましょう。

審査落ちの原因が希望融資額ではなかったとしても、10万円以下の少額融資希望とすることで、計画的と好印象を与える可能性大。

お金借りる審査に通るコツに収入証明書類の準備も一つ

金融機関・業者のカードローンでは、収入証明書類を必要とする場合があります。申込者の年収額を確認し、返済能力を判断するためです。

法的には50万円以下、あるいは他社借入との総額で100万円以下の借入希望額であれば、収入証明書の提出は不要です。もちろん、金融機関・業者が収入証明書類の提出を求めた場合には必須となります。

もしもの時のために、収入証明書類も準備しておくことをおすすめします。

お金を借りる際の申し込みは1度に1社のみ

ローン商品の申し込みは、1度に1社のみを徹底しましょう。特に少額融資を可能とするカードローンでは、一度に複数を申し込む人が少なくありません。信用情報にて短期間で複数のカードローン申し込みがわかると、貸付側では「申込者は経済的な困窮状態にある」と判断することに。そうなれば審査落ちとなる可能性は高くなります。

ですから、審査に通らないかもと、1度に複数の申し込みをすることは絶対NG。

カードローンの申込情報は、最大で6ヶ月間の記録とされていますが、各金融機関・業者により審査基準は違っています。カードローンで審査落ちとなった場合でどうしてもお金が必要な場合、他社の申し込みは最低でも数週間経ってからにしましょう。ですがおすすめはやはり、6ヶ月以上経ってからの申し込みを。

利用限度額が残っているカードローンなどを解約

金融機関によっては、申し込み時点で消費者金融から借り入れがある申込者を審査落ちとするケースもあります。借り入れをしていなくても、利用限度額のあるカードローンなどが残っていると、将来的に利用する可能性を疑われます。キャッシング枠機能付きのクレジットカードも同様です。

すぐにキャッシング可能なカードローンやクレジットカードで利用していない分は、申し込み前に解約しておくようにしましょう。

借り換えやおまとめローン等総量規制の例外・除外を利用

借入件数・総額が多い人は、借り換えおまとめローンの利用で、件数を減らす/減額することもおすすめです。(参考:日本貸金業協会「総量規制が適用されない場合について」)

どうしても審査に通らないという場合に、他社借入件数・総額が原因という可能性は高くあります。その場合には、金融機関・業者で利用されているおまとめローンなどを利用して、まずは現時点での借金完済を目指しましょう。

また、以下の記事では借入件数・総額が多い場合の借金返済のコツについても、詳細をご紹介しています。そちらも是非ご参考にして下さい。

お金借りる審査に通らないかも?借り入れ診断を利用する

また審査に通らないかもと不安な人は、「借り入れ診断」を利用するのもおすすめです。銀行や消費者金融などカードローンの各公式サイト・アプリにて、簡単入力の後に借入可能かどうかの診断結果が受けられます。

大手消費者金融では審査が柔軟になるタイミングで申し込む

審査落ち後、次の申し込みまでに余裕が持てる人は、大手消費者金融の以下のタイミングで申し込んでみてはいかがでしょうか。

キャンペーン時期 大手消費者金融のカードローンは、最短即日融資可能、無利息期間など充実したサービス、利便性の高さで人気の借入方法です。ですが審査が厳しくないというわけではありません。大手消費者金融の中には、新規顧客の獲得を目的としたキャンペーンを行っていることもよくあります。プレゼントや貸付対象の条件を緩めにするなど、過去にも様々なキャンペーンが行われていました。このタイミングで申し込むと、通常よりも審査通過率が高いかもしれません。
業界における閑散期

貸金業者であっても閑散期があるもので、収入が入る時期、給料日やボーナス時期の後には、融資申し込みが減るのです。そのタイミングを狙い申し込んでみるのもいいかもしれません。

  • 一般的に多めとされている給料日の25日前後を狙う。
  • 一般的に多いボーナスの支給日、6~7月、12月を狙う。

審査通過率が高いと公表されているわけではありませんが、閑散期であることは事実なので、試してみるのもおすすめです。

学生の場合は学生ローンや奨学金制度を検討する

学生では、アルバイトをしている人ほどカードローン審査に通過しやすいといえます。ですが、審査落ちとなってしまった人は、アルバイトのシフトを増やし、年収をアップさせてから申し込むことも1つの方法です。

また学費といった高額融資を希望している人には、奨学金制度を申し込むことがおすすめ。奨学金制度は数多くあり、それぞれ申し込み時期が違いますから、事前にしっかりとリサーチをしておきましょう。

また、学生ローンに特化した消費者金融もあり、親にもバレない借り入れが可能なところもあります。

以下の記事では学生がお金を借りる方法をご紹介していますので、是非ご参考にして下さい。

低所得世帯や無職の人等は公的機関の利用も検討する

低所得世帯や無職が原因でローン審査に通らない場合は、公的機関の利用も検討しましょう。

貸付の種類も多く、条件さえ満たせれば低金利・無利子での借り入れを可能としています。

ただし、公的機関からお金を借りる場合も厳しい審査があり、審査時間が長いこともデメリットとして挙げられます。メリット・デメリットをしっかりと理解した上で、申し込みをしましょう。

また、専業主婦(主夫)やパート主婦(主夫)で無収入・低収入で審査に通らない場合は、配偶者貸付制度の利用もご検討を。継続的に安定した収入を得ている配偶者の理解が必要ですが、配偶者貸付制度の提供先は多くあります。

審査通らないけどお金借りたい!審査無しでお金を借りる

審査が通らないけれどどうしてもお金が必要という場合には、審査無しでお金を借りる方法も1つ。

ブランドや高給貴金属など不要品を担保に融資を受ける質屋や、対象となる生命保険があれば契約者貸付制度の利用もおすすめ。ただし、どちらもメリット・デメリットがありますので、上記の記事をご参考にして下さい。

そして既にキャッシング枠付きのクレジットカードをお持ちの人は、審査不要でその利用も可能です。以下の記事では、クレジットカードのキャッシング枠利用についての注意点など詳細をご紹介しています。

また金融機関に定期預貯金がある人は、一般的なローンとは違うものの、定期預貯金を担保に自動融資を受ける方法もあります。銀行ほかろうきんや農協(JA)など定期預金担保自動貸付を提供しているところは多く、取引のある金融機関にお問い合わせを。

他に、勤務先で従業員貸付制度を導入しているのであれば、利用するのもいいでしょう。個人信用情報機関の照会による審査はありませんが、社内審査は行われます。使途が限られているものの、条件さえ満たせれば最短即日融資としている会社もあります。詳細については以下の記事をご参考にどうぞ。

とにかく今すぐに生活費程度のお金が必要、一時的に少額のお金が必要という場合には、親や知人に頼むことも検討しましょう。

ただし親や知人・友人とはいえ、自ら借用書の作成や支払い利息の設定、返済日についてなど提案することが重要です。早めの完済を約束し、その後の関係性も良好を保つため、必ず返済していくことを心に留めておきましょう。

以下の記事では、頼み方や借用書の作成方法など詳細をご紹介しています。

どうしてもお金借りられない場合の最終手段とは?

どしてもお金が借りられなかった場合には、副業などで収入を増やす、不要品を売る、公的機関の助成金などに頼る方法もご検討を。場合によっては、専門家に相談の上、債務整理を行うことが最適な方法というケースもあります。

以下の記事ではお金を借りられない場合の最終手段について詳細をご紹介していますので、是非ご覧下さい。

また、お金がどうしても必要なのに借りられなかった人には、以下のような無料相談も利用してみましょう。

消費生活センターなど 消費に関連したトラブルについて相談を受け付けてくれる公的相談機関。借り入れに関する問題にも向き合ってくれますので、是非ご連絡を。(参考:消費者庁「消費者ホットライン」)
市町村社会福祉協議会 居住地域にある社会福祉協議会でも、借り入れなどに関する相談窓口が設けられています。状況により自立支援を目的とする「総合支援資金貸付」利用の可能性も。(参考:厚生労働省「各市区町村の社会福祉協議会検索」)

 

どうしても審査が通らない人のカードローンはある?

利便性が高く利用者が増加傾向にあるカードローンは、最短即日融資や無利息期間などサービスが充実した大手消費者金融が人気。(関連:低金利・無利子でお金を借りる)

来店不要でネット(WEB)完結、いつでも申し込みが可能な上、提携ATMも全国各地に多く設置されており、緊急の対応にも抜群です。

もちろん、銀行系のカードローンも比較的金利が低めで人気ですが、基本的に最短即日融資非対応であることが大きなデメリット。

そして、銀行系や大手消費者金融のカードローンは、審査が厳しめであることも有名です。既にどちらかのカードローンで審査落ちの人は、独自の審査基準で比較的柔軟な審査を行う中小消費者金融を試すのもあり。基本的に中小消費者金融カードローンは利用限度額が低めですが、最短即日融資を可能としているところもあります。

ただし、昨今中小消費者金融でも審査を厳しくしているところが増えてきています。そして、消費者金融のデメリットや注意点などを理解した上で申し込みをすることをおすすめします。

お金借りる審査に通らない時の注意点

どのような方法でもお金が借りられなかった…その場合でも、次に挙げる方法は、リスクがとても高く利用NGです。

審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社は?

残念ながら、審査がどこも通らない人に貸してくれるローン会社は存在していません。どこであってもお金を借りる審査が通らない場合は、自身がブラック状態である可能性が高め。まずは上記でもご解説した個人信用情報機関での情報開示請求を行いましょう。

ブラックであればお金を借りる方法以外にも対処法があります。以下の記事で詳細をご紹介していますので、是非ご覧下さい。

また上記の記事でもご紹介していますが、「ブラックでも融資可能」などの謳い文句で貸付を行うヤミ金の利用は絶対NGです。法外な高金利や暴力的な取り立てなど必ず危険が伴う借入方法であり、ドラマのような光景が現実化となる将来が確実です。

お金借りる審査に通らない!絶対借りれる個人融資は利用可能?

SNSなどで行われている個人間融資掲示板も、利用は絶対にNGです。

「絶対借りれる!」、「審査なしで即日融資」などと甘い言葉で誘ってきますが、裏ではヤミ金が潜んでいることがほとんど。

人生を台無しにするようなお金の借り方は、絶対にしないようにしましょう。

・TOP ランキングへ戻る >>今すぐお金借りる方法!即日必要で借りたいなら『お金借りる今すぐナビ』
―――――――
【最新版】ランキング
【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ
―――――――
今月の注目枠
🔰三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

↑融資まで最短翌営業日↑
―――――――
【下記ランキングについて】
WEBで完結&最短1時間在籍確認なし郵送物なし!
【審査通過の簡単な3つコツ】①借入上限額を高くし過ぎない②年収を偽らない③情報の入力ミスに注意

―――――――

1位 プロミス

三井住友銀行グループ

審査⇒借入まで最短30分即日借りれる!瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。電話・在籍確認なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)

※在籍確認(電話)の要望がある場合は、申込完了後すぐに相談をお願いします。

2位 アイフル
郵送物なし・在籍確認なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。(平日~土日祝でも当日可能)

3位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短60分で借りれる!(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
関連ページ