誰がお金を借りる?

無職でも本当にお金を借りる方法を深堀(ニート・失業中・学生・専業主婦(主夫)・年金受給者)

お金を貸してくれる金融機関、業者などは、当然ながら貸付金の回収をベースに考え融資を行っているので、ある程度の収入がある人を貸付の対象としていることが多々。ですが、失業中や学生など、収入が全くない人も、まとまったお金が必要になることはありますよね。

無収入」、「無職」と一言にいっても、様々なケースがありますが、それぞれで利用可能な借り入れ方法はあります。ここでは、無職の人がお金を借りるための方法について、まとめてみました。(関連 >>今すぐお金を借りなら

 

このページの要約点
  • 超低金利で安心の「公的融資」、「預貯金の担保貸付」
  • 無審査なら「生命保険の契約者貸付」や「質屋」
  • 「クレジットカードのキャッシング枠」も便利
  • 不動産を所有している人は「不動産担保ローン」も検討
  • 「学生」や「専業主婦(主夫)」、「年金受給者」にも借り入れ方法あり
  • 無職の人がお金を借りるための「注意点」も押さえておく

 

↓直近3か月の最新版ランキング↓

【目次】このページ先読み

無職の人はお金を借りることが難しい?

無職の人がお金を借りる方法はありますが、やはりどこからでも借りられる、というのではなく、その人の現状によって、方法も限定されてしまいます。

無職の定義について

無職とは基本的に、「仕事がない、仕事をしていない状態」のことを示します。ただし、学業に専念する学生や職を失った人、職に就いている配偶者を持つ専業主婦(主夫)など、その状態は細かく分類されています。

確実な定義、というものはありませんが、無職の人の主な分類は以下のように考えられます。そしてこれらの共通点には、「労働で得られる収入がない」ことが挙げられます。

  • ニート…就職せず、教育を受けてもいない15~34歳の若年無業者
  • 失業者…自主退職、リストラなどにより、職を失った人
  • 学生…アルバイトをしておらず、学業に専念している人
  • 専業主婦(主夫)…結婚して家事に専念し、収入がある配偶者を持つ人
  • 年金受給者…仕事をしておらず、年金とこれまでの貯蓄に頼る生活をしている人、定年退職者

無職の人が貸金業者からは借りにくい理由

最初にも少し触れていますが、お金を貸す業者、「貸金業者」からは特に、無職の人がお金を借りにくいとされています。それは、「『無職=収入がない』ということから、返済能力がないと判断されるため」と考えられます。貸したお金が回収できない状況ということは、貸金業者側にすれば、「貸し倒れ」になることであり、そんな状況を起こしたくないため、「定職に就いていない人」を貸付の対象にすることが難しいのです。

無職でもカードローンが契約できる可能性について

無職では契約しづらいカードローンですが、審査通過に重要とされるポイントは返済能力ですから、勤務していない状態であっても、定期的な収入があれば、カードローンを契約できる可能性があります。この場合の定期的な収入とは、

  • 不動産収入
  • ネットビジネスなどによる収入

などが挙げられます。

駐車場や入居者から毎月得られる賃貸収入、またはネットビジネスや転売などによる事業収入を、カードローンの申し込みで年収として申告可能。ただしこの場合、カードローンの審査にて確定申告書の提出を求められますので、確定申告をしていない、または副業をスタートしてまだ1年経っていない人は、カードローンの申し込みができないことになります。

無職の人でもお金を借りる方法

貸付を行っているところからお金を借りるとなれば、一般的に「安定した収入」が1条件として求められます。ということは、ニートや失業者など無職の人にはこの条件が満たせないということになります。ということで、収入がなくても借り入れ可能なところをまとめていきます。

1. 超低金利で安心の「公的融資」

失業中の人には、「公的融資」である「総合支援資金」という制度の利用がおすすめです。総合支援資金は、社会福祉協議会を窓口として、失業はもちろん減収などから生活困窮となっている人をサポートする制度です。

この対象には、

  • 住民税が非課税対象となってしまうほどの低所得者
  • 住居がある人
  • 自立支援や就労支援を受けられる人、自立・就労への意思がある人
  • 支援を受けて自立への見込みがある人
  • 他の公的給付金や公的貸付金などを受けていない人

といった項目に該当している必要があります。無職、無収入であっても満たせる条件となっていますが、この支援資金は貸付制度ですから、審査を行い、申し込み者に返済能力があるかどうかの確認も重視しています。つまり、病気など健康状態に問題を抱えている人は、返済能力に欠けると判断される可能性が高いということ。申し込み前に、自身の返済能力について、見直す必要があります。

公的融資は、制度や資金使途などにより条件や限度額、金利などが違ってきますが、保証人を立てられれば無利子、保証人がいなくても超低金利での借り入れが可能となりますから、カードローンなどよりもかなりお得に借りられます。

公的融資についての種類や詳細は、以下の記事でも紹介していますので、是非そちらをご参考にして下さい。

2. 審査なし!「生命保険の契約者貸付」

生命保険の契約者貸付」制度の利用もおすすめです。解約返戻金がある生命保険、

  • 終身保険
  • 養老保険
  • 個人年金保険
  • 学資保険

といった積立型保険に加入していることが条件であり、既に加入している生命保険を利用することから、審査を受ける必要がないということが大きな利点といえます。

ただし、借り入れの限度額は、解約返戻金の80~90%が一般的であり、詳細については保険会社やその契約内容により違いがありますから、まずは加入している保険会社に問い合わせてみましょう。そして金利は、2~8%という公的融資に近い低金利となっているのですが、元金に利子を組み込ませる計算方法の「複利」であることが特徴。複利では、返済しない期間が長くなればなるほど、元金とともに利子が増えていくこととなり、返済額はさらに大きくなってしまうので要注意。早めに返済可能な人におすすめの方法といえます。

生命保険の契約者貸付については、以下の記事で詳細をまとめています。

3. クレジットカードのキャッシング枠を利用

無職になってしまうと、カードローンやクレジットカードの新規申し込みでは、審査で落とされることが多々ですが、無職となる前からクレジットカードを持っている人は、没収される心配ご無用。お持ちのクレジットカードで「キャッシング枠」が付いているのであれば、その利用も検討しましょう。借りられる額は大きなものではありませんが、審査もなく借り入れが可能です。ただし、高金利ということから、繰り上げ返済(関連:キャッシング・カードローン用語・単語集)などで早めの完済をすることが大切です。詳細については以下をご参照下さい。

4. 無審査希望なら「質屋」も方法の一つ

無職であり、他の理由も重なって金融機関のローン審査が通過とならない、生活苦であるのに公的支援も無理だった…そういった場合には、無審査(関連:審査なしでお金を借りる確実・安全な方法・即日融資希望の時は消費者金融)で借り入れ可能な方法を選択しなくてはいけません。既述した生命保険の契約者貸付がまさにその方法ですが、その保険にも加入していない人には、「質屋」を利用することも一つです。

質屋は、品物を担保としてお金を借りるところであり、金融機関などとは違っています。万が一貸付金が回収できなかったとしても、業者は既に預かっている品物という担保を回収しますから、督促などの心配はいりません。

また、金融機関で行われる審査も行われませんから、無職の人、金融事故によりブラックとなってしまった人(関連:延滞すると信用がなくなり借りられなくなるので注意)にも利用可能な借り入れ手段といえます。

質屋の利用をご検討の際には、以下の記事に詳細をまとめていますので、是非ともチェックしてみて下さい。

5. 不動産を所有している人は「不動産担保ローン」

無職であっても、不動産を所有している人は、「不動産担保ローン」を利用できるかもしれません。特に、居住用以外の不動産を所有しており、定期的に家賃収入などを得ている人は、不動産担保ローンを利用できる可能性が高まります。

不動産担保ローンについての詳細は、以下の記事でご紹介しています。

6. 超低金利の「定期預金担保貸付」、「貯金担保自動貸付け」

銀行が行っている「定期預金担保貸付」や「貯金担保自動貸付け」は、定期預金・定期貯金を担保とする融資方法であり、定期預金や定期貯金を解約せずに超低金利で借り入れが可能です。金融機関によっては、サービス内容の違いや別途申し込みが必要となる場合があるので、ご利用中の銀行にて貸付条件などをご確認下さい。

基本的な仕組みなどについては、以下の記事にまとめていますので、是非ご覧下さい。

7. 親や知人からお金を借りる

どの方法でも借りられなかった場合には、家族・親戚や友人・知人からお金を借りる方法を検討するのもいいでしょう。まずは信用できる人に相談していてはいかがでしょうか。

ただし、返済が遅れるなど信頼関係を壊すリスクもないとはいえません。家族であれ、お金を借りる場合には、丁重に注意するようにしましょう。

8. 学生には「学生向けローン」や「奨学金」など

アルバイトをしていない学生であっても、安心の借り入れ方法がいくつかあります。

中でも、内定を受けている学生であれば、ろうきんや銀行が提供している「内定者専用ローン」が低金利でおすすめ。ただし、取り扱い先は全国展開をしてはいないため要注意です。

他にも、学生ローン奨学金制度、カードローンなどもあり、学生はまず、奨学金制度の利用を検討するといいでしょう。

学生の借り入れについての詳細は、以下の記事でまとめていますので是非チェックしてみて下さい。

9. 専業主婦(主夫)には「銀行系カードローン」

消費者金融などでは、貸金業法の総量規制によって収入がない専業主婦(主夫)が基本的には契約できません。ですが、貸金業法ではなく銀行法をベースに貸付をおこなっている銀行系のカードローンであれば、配偶者に安定した収入がある専業主婦(主夫)にも契約は可能です。消費者金融よりも低金利であり、銀行によって短期間無利息といったサービスを行っているところもあるので、専業主婦(主夫)にとって家計にもゆとりが持てる借り方といえるでしょう。

他にも専業主婦(主夫)が借りられる方法はありますので、以下の記事をチェックしてみて下さい。

10. 年金受給者には「年金担保融資」が最適

年金のみの収入となっている年金受給者は、「年金担保貸付制度」の利用がおすすめです。その理由の一つには、多くの銀行や消費者金融によるローン商品の申し込みで、年金が収入と認められていないことがいえます。貸し倒れのリスク回避対策として、「安定した収入」を貸付条件としている場合、給与や事業収入といった毎月1回以上の収入を意味しているため、年金のみを収入としている年金受給者への融資を行わない傾向にあるのです。

一方、日本政策金融公庫などによる年金担保融資は、年金を担保として貸付を行っていることから、年金のみで生活している人も、条件さえあえば融資を受けられる可能性が高いのです。

詳細については以下の記事にまとめています。

無職の人がお金を借りるための注意点

ではここで、無職の人がお金を借りるのに注意しておきたいポイントを挙げておきましょう。

まずは慎重に返済計画を立てること

無職の状態でお金を借りるのに、最も注意しておきたい点としては、やはり借り入れを「必要最小限」に留めることです。過度に借り入れをしてしまった場合、返済ができなくなるリスクが高まることに。そこで、しっかりと「返済計画」を立てる必要があるのです。その重要なポイントとして、

  • ゆとりがない月を基準として毎月の支出を書き出し、返済可能な金額を把握する
  • 既に完済時期を決定しておく

ということが挙げられます。これらのポイントをベースに、まずは返済不能とならない返済計画を立てましょう。

また、カードローン会社の公式サイトなどでは、「返済シミュレーション」が設置されていることもあるので、そちらを活用してみるといいでしょう。

アルバイトやパート、仕事を探す

借り入れや返済がしやすい大手消費者金融のカードローンでは、その契約に「安定した収入」を条件としており、無職の人はなかなか契約しづらいもの。つまり、アルバイトなどで定期的な収入を得ていれば、お金を借りられる選択肢も広がるということなのです。

仕事をしていると嘘をつくのはNG

無職ということからお金を借りられないかもしれない、それなら申し込む時に仕事をしていると言っておけば…そんなふうに思う人もいるかもしれません。実際は無職なのに、審査が有利に進むようにと、適当な会社名や年収といった嘘情報を提出してしまうことは、絶対にしないようにしましょう。

申し込むローン商品の審査によっては、申し込み者の勤務先へ在籍確認をする場合がありますから、嘘の申告はすぐにバレてしまいます。在籍確認の時だけに限らず、嘘の情報はいずれ必ずバレることになります。既に借り入れをしていた場合であれば、強制解約となり、一括返済を求められることも。

そのようなリスクを避けるために、嘘の申告をしないようにしましょう。

派遣会社などに登録だけでは勤務にならない

上記での虚偽申告はリスクが高く、成功することもほぼないと考えられます。では、派遣会社に登録だけ、あるいは個人事業主としての届け出だけを済ませれば、大丈夫なのではと思う人もいるかもしれませんよね。

まず、派遣会社の登録ですが、登録だけでは契約にはならず、社員という扱いにもなりません。つまり、勤務していることにもならないと考えましょう。

また、個人事業主として開業届を出した場合も、有利な立場には感じられるものの、本来個人事業主がカードローンなどで審査に通過しづらい属性ということもあり、思うようにいくとはいえません。

しかも、貸し付ける側によっては収入証明書類の提出を求めてくることもあり、その場合審査落ちは確実です。落ちるだけならまだしも、悪質極まりないと判断されて、今後一切融資を受けさせてもらえないようになる可能性も考えられます。

失業前にしておくこと

どういった理由であれ、職を失う、無職になるということは、お金を借りる状況において、とても不利な条件となってしまいます。そのため、離職する前から経済的な余裕を持つ準備をしておくことが大切です。その重要ポイントとして、

  • 少なくとも年収の1/2ほどの貯金をしておく
  • カードローンの契約を済ませておく

という2つが挙げられます。

まず、貯金については、重要かつ必須というところ。貯金額は離職後にどのような生活を送るかによって違ってきますが、少なくとも年収における1/2は準備し、予定外の出費にも対応できるようにしておきましょう。ちなみに、退職金や失業保険などをこの貯金額に含めることはNGです。退職金は特に、予想していたよりも少なかった、ということもあるものです。

そしてカードローンの契約ですが、これも将来的なリスクを事前に避ける対策といえます。無職になってからでは契約はできませんから、定期的な収入がある時に契約しておくことは、何ら問題にもなりませんし、お金がかかるわけでもありません。いざとなれば借り入れ可能な状態にあるということが、精神的なストレスの緩和にもなるはずです。離職前に、各金融機関や貸金業者のカードローン商品をリサーチして、借り入れ方法や返済方法が自身のライフスタイルにマッチしており、低金利で使いやすい、他のサービスも充実しているカードローンの契約をおすすめします。

個人間融資掲示板や闇金は絶対NG!

無職ということで、「無職OK」、「審査なし!」といった広告が目に付きやすいかもしれませんが、甘いキャッチで顧客を誘っている広告は、「闇金業者」が絡んでいることがほとんど。このような闇金業者は、最近ではその正体を隠すこともせず、法外な利子を堂々と請求するという「ソフト闇金」も増えています。

ソフト闇金は、厳しい取り立てや脅迫をすることなく、優しさを特徴としているイメージが強くありますが、それでもやはり闇金なのです。返済遅延となれば、何があってもおかしくはありません。闇金との契約は、絶対にしないようにしましょう。

また、「個人間融資掲示板」での借り入れも危険なので、絶対にNGです。

どうしてもお金が借りられない場合の方法

無職の上、金融事故などでお金がどうしても借りられない…そういう場合には、以下に挙げたような、合法的に稼ぐ方法を試してみるのもいいでしょう。

失業給付金の申請

失業した人にはまず、ハローワークにて失業給付金の申請を行い、生活再建を目指しましょう。この給付金は、退職理由や以前の給与額などにより、給付時期や給付額に違いが出ますが、まとまった金額を1ヶ月で受け取れるため、求職活動も安心して行えます。ただし、給付金の受け取り時期は、申請より3ヶ月以降となるケースもあり、既に生活困窮という状況であれば、要注意です。

古本などの不用品を売る

最寄りの買取ショップやネットを利用し、思い切って不用品などを売ってみてはいかがでしょうか。

せどり

中古屋や古本屋などで見つけたものを、Amazonや海外のオークションサイトなどを使って転売します。

ポイントサイトの利用

ゲームのチュートリアルや動画視聴などでポイントが貯まるサイトを利用し、電子マネーや現金などに換金します。

クラウドソーシング

ネットを利用し、アンケートやイラスト、Webライティングなど、仕事発注システムの案件で自身に合った仕事を見つけます。

イラストをネット販売

クラウドソーシングと同じようなことですが、イラストは特にスマホアプリで需要が高まっていますから、イラストが得意という人にはおすすめ。

公募に参加

クラウドソーシングサイトなどでもよく、店舗や企業などのネームの募集がされています。他にも様々な公募があり、自身に合った案件が見つかるかも。

スマホアプリのレビュアー

スマホアプリでのレビューの募集サイトで、アンケート回答やゲームのレビューを行い、報酬を得ます。

治験バイト

新薬開発での安全性確認を目的とした治験バイトは、健康や拘束時間に問題がない人であれば参加可能です。

クイズやパズルの作家

クイズやパズルがお好きな人で、問題作成も得意というのであれば、時間がかかる割に報酬額としては少なめですが、専門雑誌などに応募してみるのもいいでしょう。

キュレーションサイト参加

文章力は不要、Neverまとめなど大手キュレーションサイトに参加し、記事のまとめ作業を行います。

ブロガー

書くことが好きな人なら、ブログ運営~広告収入を経て、高額報酬を得られる人気ブロガーを目指してみるのもいいでしょう。

農業の収穫スタッフ

体力さえあれば農業知識がなくても収穫作業には参加できます。

 

【直近3ヵ月】申込数ランキング

※当社調べ
WEB申込で完結&最短1時間カードレス郵送物なしだから誰にもバレずに借りれます。

瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。急いでいる方も安心です。

 

インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。

 

郵送物なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。
関連ページ