お金借りる今すぐナビ
お金借りる

お金借りる方法は銀行振込か提携銀行ATM

カードローンでお金借りる方法というのはいろいろあるのですが、基本的には銀行振込か提携銀行ATMとなります。ここでは、それぞれのカードローン会社におけるお金借りる方法についてご紹介していきたいと思います。

アコム

アコムのカードローンの場合、楽天銀行に口座を持っている方であれば24時間最短1分となっています。他にも三菱UFJ銀行やゆうちょ銀行、三井住友銀行、振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関、その他金融機関(コアタイム)でも振込が可能となっています。基本的には本人の利用している金融機関によって、振込実施時間が変わってきます。

また、提携している金融機関などのATMでもお金借りることができます。提携ATMとしては、MUFG三菱UFJ銀行やセブン銀行、E-net、イオン銀行、北海道銀行、北陸銀行、東京スター銀行、八十二銀行、第三銀行、広島銀行、西日本シティ銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行、クレディセゾンといったものが挙げられます。提携先金融機関のATMはもちろん、コンビニエンスストアやショッピングセンターなどのATMも利用可能です。アコムのステッカーが貼ってあるATMコーナーが目印になります。

もちろん、アコムの店頭窓口や自動契約機(むじんくん)でもお金借りることができます。

レイク

レイクでは基本的に本人名義の金融機関口座があれば、その金融機関口座への振込が可能となっています。レイクの会員であれば会員ページからの手続きで、即日の振込が可能となっています。

提携ATMでももちろんお金借りることができます。レイクの提携ATMとしては、セブン銀行やローソン銀行、イオン銀行、E-net、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、東京スター銀行、第三銀行、広島銀行、西日本シティ銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行、クレディセゾンといったものが挙げられます。

アイフル

アイフルのカードローンでは、スマートフォンやパソコン、携帯電話からの振込予約で本人の銀行口座に振込をお願いすることもできます。その場合には、アイフルの会員になり、会員ログインから手続きをする必要があります。銀行口座への振込に関しては、電話でも振込予約ができるようになっています。どちらも受付時間によっては当日振込も可能となっています。

もちろん、アイフルと提携しているATMからの振込も可能となっています。アイフルと提携しており借り入れが可能となっているものとしては、セブン銀行やローソン銀行、イオン銀行、MUFG三菱UFJ銀行、西日本シティ銀行、E-net、親和銀行、福岡銀行、熊本銀行といったものが挙げられます。アイフルと提携しているATMはもちろん、アイフルのATMでも借り入れができるようになっています。

ちなみに、アイフルには店舗もありますが、アイフルに関しては店頭での融資はおこなっていません。不動産担保ローンに限って、店頭での融資が可能となっています。

SMBCモビット

SMBCモビットではパソコンやスマートフォン、携帯電話から利用することができるホームページの会員専用サービスである「Myモビ」、または電話で指定した預金口座への振込手続きができるようになっています。ただし、あらかじめ金融機関口座の登録が必要になってきますので注意しておきましょう。

提携ATMでの借り入れもできるようになっています。全国の銀行やコンビニエンスストアなどの提携ATMで利用することができるのですが、SMBC三井住友銀行であればATM手数料が無料となっています。他の提携ATMとしては、MUFG三菱UFJ銀行やセブン銀行、イオン銀行、プロミス、セゾンカード、第三銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行、E-net、ローソン銀行、ゆうちょ銀行、北洋銀行、北海道銀行、みちのく銀行、仙台銀行、常陽銀行、足利銀行、栃木銀行、群馬銀行、武蔵野銀行、千葉銀行、京葉銀行、横浜銀行、第四銀行、北陸銀行、大垣共立銀行、十六銀行、スルガ銀行、中京銀行、百五銀行、京都銀行、池田泉州銀行、但馬銀行、南都銀行、紀陽銀行、トマト銀行、もみじ銀行、西京銀行、百十四銀行、西日本シティ銀行、宮崎銀行、信用金庫、VIEW ALTTE、PatSatといったものが挙げられます。

プロミス

スマートフォンやパソコンでプロミスインターネット会員サービスにログインし、手続きをすれば最短で10秒程度で指定の口座への振込が可能となっています。SMBC三井住友銀行やジャパンネット銀行、MUFG三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行であれば24時間振込可能となっています。みずほ銀行をはじめとしたその他の金融機関でも振込は可能です。仮に振込先の口座を登録していないという方でも、電話で振込を依頼することができます。

借り入れは全国のプロミスATMや提携ATMでも可能となっています。提携先としては、SMBC 三井住友銀行やゆうちょ銀行、E-net、ローソン銀行、セブン銀行、第三銀行、三菱UFJ銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、熊本銀行、イオン銀行、親和銀行、横浜銀行、広島銀行、東京スター銀行、八十二銀行といったものが挙げられます。