基礎知識

自社ローンはやばい?理由・デメリットや体験談・優良店一覧や審査に通らない人の特徴等解説

「自社ローンがやばい」のは中古車トラブル・高額な手数料・ローン会社の不適切なサービス内容などが挙げられ、金利0円でも車体価格が高く設定されるため、思った以上にお得にローンを組めない事例があることが理由です。

「ガリバー」「トヨタクレジット」「ココカー」など優良ローン会社で熟考すれば、独自審査で契約しやすく納車までスピーディに進みますが、悪質ローン会社と契約すると名義変更に時間がかかったり、突然閉店してカスターサポートを受けられないというトラブルも起こり得ます。

自社ローンでも審査はしっかりと実施されるため、収入が不安定・無職で収入証明ができない・保証人を立てなれない・希望購入車種が高額過ぎるというケースでは、審査に落ちてしまう可能性は高いと考えるべきです

この記事でわかること
  • 自社ローンは信用情報ブラックでも契約できる
  • 自社ローンがやばいのは手数料が高い
  • 自社ローン審査は独自審査で契約しやすい
  • 自社ローン審査落ちは収入が審査基準を満たしていない
  • 自社ローンは金利0円でも車体価格が高額
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
18歳・19歳以下の方:収入証明書の提出が必須です。※高校生は申込不可(高専生・定時制含む)

―――――――
プロミス ※最短即日借りられる ↓原則在籍確認の電話なし↓
\初めてなら30日間無利息/

SMBCグループの安心感『プロミス』

簡単申込のプロミス!借りるまで最短当日 ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
アコム ※最短当日借りられる 35日毎の返済可:返済額1,000円~
\21時迄の審査申込で最短即日借りられる/

↓最新版ランキング↓

>>この記事の監修者情報

【目次】このページ先読み

自社ローンがやばい理由・デメリットはどうして?

「自社ローンがやばい」と言われる8つの理由を検証し、自社ローンの契約で起こりうるデメリットを確認します。

ひとつめは自社ローンが取り扱う中古車の品質が低い場合、納車後にトラブルが起こることです。
中古車とはいえローンを組んで購入した車が整備不良・パーツの寿命間近の車体だと、契約者が大きな不満を感じるのは当たり前です。

ふたつめは手数料が一般的なカーローンに比べて高く設定されていることです。
手数料負担が必要な契約では、金利分が手数料に含まれているため割高な自社ローンが少なくありません。

三つめは自社ローンの契約中は、車の所有権は契約者ではなくローン会社に帰属します。
この事実を知らずに勝手に売却や改造をすると、ローン途中でトラブルになるので注意してください。

四つめはローン会社の取り立てについての誤解です。
自社ローンは金融機関の法律の対象外で取り立ての縛りはありませんが、滞納時は督促や遅延損害金などペナルティが課せられます。

五つめは自社ローン契約中に、ローン会社が音信不通・閉店のリスクがあることです。
小さなローン会社では経済的な不審に伴い、突然適切なサービスを受けられない状態になることも考えられます。

六つめは自社ローン完済後に、名義変更が遅延する可能性があることです。
悪質な自社ローン会社と契約してしまうと、こちらに非がないにも関わらず名義変更を渋られて無駄な時間をとられるケースがあるようです。

七つめは自社ローンは約定返済金額が高いことです。
金利分を車体価格に上乗せしたローン契約では、分割回数に対して約定返済金額が高額になるため、毎月の返済負担が増加してしまいます。

八つめは契約者が約定返済を守れない場合、利用中の車を差押えられてしまうことです。
滞納後すぐに支払いを済ませれば問題ありませんが、長期間放置すると信頼を失い契約破棄と車が没収されてしまうので気を付けてください。

中古車が多く故障やトラブルが多い

自社ローンは一般的な自動車ローンと違い、契約後に乗車するのは「中古車」というケースが圧倒的に多いのです。

そのため「整備が適切におこなわれていない中古車」を引いてしまうと、車を丁寧に利用していても安全な運転ができなくなります。

また整備を繰り返しカーディーラーの基準はクリアしていても、「車体の寿命が近い中古車」で自社ローンを契約することはハイリスクです
新車と中古車を比較した場合、同じ利用方法でも中古車の方がトラブルを起こす確率が高いことはご理解いただけると思います。

自社ローン契約後早々にカートラブルに巻き込まれてしまう事例は、残念ながらそう珍しくないのが現実のようです。

手数料が高い

自社ローンで車に乗ることを考える人は、手数料負担が高額になることを了承しなければいけません

自社ローンは通常のカーローンに比べて、契約に必要な手数料が高い傾向にあります。
中古車に乗るのに高い手数料を払わなければいけないのは、自社ローンで少し抵抗を感じる部分かもしれません。

これは自社ローンが金利を必要としない契約形態のため、手数料を高くしてローン会社の利益を確保しているためです。
契約直前に支払う金額に驚くことがないように、金利だけでなくトータルでいくら必要か、事前に見積もりをかけておくことをおすすめします。

全額完済しないと売却ができない

いくら中古車といえども、自社ローン契約中に利用している車を売却することは許されません

自社ローンも一般的な自動車ローンと同じく、ローン完済まで中古車の所有権はローン会社が保持しています
契約者として利用していても、ローン期間中に勝手に売却すればトラブルが起こります。

もし売却する場合は、先に「自社ローンの残債を払い切る」ことが必要です。

自社ローンで利用している中古車に不満があり売却を希望するときは、ローン完済とセットで考えなければいけません
本当に乗りたい車が見つかるまで、「残価設定ローン」を組んで短期間で乗り換えるという方法も有効です。

貸金業ではないので取り立てのしばりはない

自社ローンを運営する会社は、金融機関ではありません。

一般的にローンを組む時は銀行・消費者金融などの金融機関を介して契約すると考えると思います。

しかし、実際は自社ローンは金融機関に該当せず、銀行法・貸金業法が適応されない「独自基準のローン」として実施されています。
そのため自社ローンを運営している会社には、貸金業登録番号と呼ばれる金融機関の識別番号がありません

貸金業登録番号は、金融機関が融資事業を立ち上げる際に、地方自治体に金融業の許可を届け出ることで付与される番号です。
貸金業登録番号は、闇金などの業者を判断する時にも役立つ情報ソースになります。

しかし自社ローンでも契約違反を起こすと、独自の督促・ペナルティが順次実施されることは変わりません

販売店と連絡がつかなくなる、閉店してしまう

自社ローン契約中の運営会社にトラブルが起こると、契約途中にも関わらず音信不通状態でコンタクトできない状況にもなり得ます

自社ローンを積極的に運営している会社は、信販会社と提携せずに独自のルールでローン契約をおこないます。
これは借り手としてもメリットがありますが、デメリットになることもあります。

例えば悪質な自社ローン業者と契約してしまうと、ローン金額が新車購入より高額に設定されていたり、適切なカスタマーサポートを受けられないケースも考えられます。

最悪の場合、突然音信不通になり連絡が取りづらくなったり、閉店して「夜逃げ状態」になるという可能性もゼロではありません
安心感という視点から考えると、怪しい自社ローン会社ではなく大手マイカーローンを選んだ方が良いかもしれません。

完済後の名義変更をしてくれない、時間がかかる等のトラブルがある

悪質な自社ローンを運営するローン会社と契約してしまうと、ローンを完済してもスムーズな引き渡しがされません

自社ローンで中古車を管理している会社の中には、契約者がローンを完済したにも関わらず、名義変更をスムーズに実施しないケースもあるようです
ローン期間中は、中古車の所有権はローン会社になりますが、契約満了・残債がなければ早急に名義変更を契約者に変更しなければいけません。

この事務手続きが杜撰なローン会社の場合、名義変更に時間がかかることになります。
通常ではありえないトラブルですが、マンパワー不足や契約者を蔑ろにするような悪質なローン会社では起こり得る事態です

自社ローンで中古車を利用したい方は実績豊富な大手カーディーラーを使い、無用のトラブルを避けることも重要になります。

返済期間が短く月々の返済額が高額になる

自社ローンは通常のマイカーローンに比べて、毎月支払う金額が高く設定されているのが特徴です

ローンを組む時、返済期間を短くするためには、返済回数を増やす・1回辺りの返済金額を大きくする2パターンの方法が有効です。
自社ローンは後者の契約プランが多く、毎月の返済額が高額になるため、経済状況によっては約定返済が大きな負担になります。

自社ローンの返済回数は36回迄を目安に払い切る契約プランが一般的です。

いくら中古車金額といっても60回以上の返済回数が主流のマイカーローンに比べれば、自社ローンの契約は滞納トラブルを誘発する要因になります。

「自社ローンは金利がありません」というセールストークに魅力を感じて契約すると、思った以上に毎月の返済が厳しく、「家計がやばい」と頭を抱えることになるかもしれません。

滞納すれば車を取り上げられる

自社ローンの支払いができず滞納になってしまうと、契約期間中であっても所有する車が差押えられます

厳密にはローン完済までは車の所有権はローン会社にあるため、約定返済ができなければ車を取り上げられてしまいます。
これは契約者側の問題も大きく影響するケースになるため、一概に「自社ローン会社だけがやばい」とは言い切れません。

前述している通り自社ローンは、短期間で高額な約定返済を繰り返し、返済回数を少なくしてローンを完済しなければいけません。
返済能力をオーバーする自社ローンを組んでしまうと、完済までに経済状況が悪化すると車を差押えられるリスクは増加します。

自社ローンのやばい・よかった体験談

自社ローンでメリット・デメリットを感じる人はどのようなローン体験をしているのでしょうか?

20代男性はカーディーラーでローンを検討していた時に、金利0円というワードに惹かれてインターネットから自社ローンに申し込みました。
しかし車体選びに時間をかけなかったことで、納車後の車のクオリティに満足しておらず、今後中古車が車体トラブルを起こすと自社ローンを契約したことを強く後悔することになりそうです。

50代女性はパートでカーローンが難しく、独自審査の自社ローンで中古の軽自動車を購入しました。
対面契約ではなくサービス内容に齟齬が発生したこと、ローン回数に対して借金総額が割高のローン契約をしたことに不満を感じています。

30代男性は過去の金融事故で金融機関のローンに落ちてしまう経験を多くしているようです。
このような状況下では信用情報に依存しない、自社ローンの独自審査に大きな魅力を感じることが窺えます。

傷ありの中古車で自社ローンを組むことになった体験談

20代会社員男性の体験談
僕は就職してからバイクを売却して車を自社ローンで購入しました。カーディーラーを何社か訪れて色々検討していた時に、スマホで「金利0円」というワードを見つけて自社ローンを知りました。書いてあった電話番号にすぐに連絡すると、オペレーターの人が丁寧に対応してくれたので、深く考えずその日に自社ローンを契約しました。車の知識がなくオペレーターが候補に挙げた車種の中からローンを組む車を決めました。今思うとこれが大きな間違いでした。1週間後納車された車は走行距離が長く、一見綺麗な外見ですがよく見ると細かな傷・凹みが無数にある車体状態でした。事前に中古車とは聞いていましたが、カーディーラーに展示されている新車を想像してたのでがっかりしました。「この車でローンを組むのか」という残念な気持ちで毎月返済を繰り返しています

即納車のはずが3日後、しかも割高なローンを組むことになった体験談

50代主婦女性の体験談
パート勤務ですので何社かマイカーローンに落ちてしまい、自然と自社ローンで中古車を買おうと思いました。軽自動車を36回払いで契約しました。店舗が遠くホームページから申し込みました。即日納車と書いてあったけれど、私の場合は実際納車されたのは3日後でした。私は急いでいないので大丈夫でしたが、利用を急ぐ人には誤解を招く案内だと思いましたね。毎月3,000円程度の支払いになり「これなら払えそう」と満足していましたが、後日夫から「36回払いでこの価格は高くないか?」と言われ、カーディーラーでシミュレーションしてもらうと、あまりお得な契約ではないことがわかりました。ローンって分割で結局いくら支払えばいいかわかりにくい仕組みなので、返済回数と毎月いくら払うかを色々検証しないと損をすると実感しました。

マイカーローンは組めないが自社ローンで車が買えて良かった体験談

30代社会人男性
20代後半に大きな借金を抱えたことでカードローンでトラブルを起こしました。あれから何年か経ちましたが、どうやら信用情報というものが邪魔をして審査に落ちてしまうようです。僕のような状態の人はマイカーローンの契約ができません。でも自社ローンなら契約できます。ポイントはとにかくお金を稼ぐことと、保証人を用意すること。この二つがしっかりしていればローンを組むことができますよ。何度も審査で落とされると「またかよ、もういいよ」とうんざりしますが、自社ローンで久しぶりにローンを組めたことに感謝しています

自社ローンとは販売店が独自に行っている支払方法のひとつ

自社ローンは金融機関が遵守する貸金業法などの法律に縛られず、独自の運営方針で提供されるローンです。

一般的なローンと比較して「自社の独自性」が強く反映されるため、申し込むローン会社によって契約内容・サービス品質が大きく変わります
自社ローンは審査にも独自の基準を設定しており、「信用情報に依存しない」という特徴があります。

契約者は金利を負担する必要はありませんが、手数料が高く設定されている契約は注意しなければいけません。
また金融機関のカーローンに比べて車体価格が高額な自社ローンが多く、返済回数を少なくすると約定返済金額が高くなります。

これは自社ローンを運営する会社が金利以外の要素で、自社の利益を出すために実施している施策です。
自社ローンは比較的借りやすいローンに分類されますが、トータル金額で考えれば必ずしもお得なローンといえないケースがあります

自社ローンの優良店一覧

優良自社ローン会社としてリストアップした4社を紹介しますので、ローンを組む上で参考にしていただければ幸いです。

「ガリバー」は中古車販売の実績が豊富な業者で、自社ローンを契約する場合も理想の車を見つけやすいのが特徴です。
契約後も適切なアフターケアが受けられる自社ローンのため、中古車の不安を払拭できる安心できるローンが組めます。

「トヨタクレジット」はトヨタファイナンスの信頼できる自社ローンですので、ネームバリューに見合う充実のサービスが受けられます。
自社ローンの契約内容にもよりますが、約定返済金額が3,000円からのローンが組めるので、毎月の返済コストを抑えながら返済を継続できます。

「ココカー」は審査スピードが早く、条件をクリアできれば最短即日納車にも対応してくれます。
カードローンと同様に車の利用を急ぐ人は多いため、納車までの時間を短縮できる自社ローンは人気を集めています。

「プラウド」はインターネットから仮審査まで申し込めるため、店舗来店不要で自宅でローン手続きを進めることができます。
仮審査後には必要書類を郵送してから本審査がスタートするので、即日納車は非対応になることを了承できる人は有力な選択肢になります。

ガリバーなら自社ローン専門店もある

中古車販売大手「ガリバー」の自社ローンで契約すれば、高品質なカスタマーサポートを受けながらローンを返済できます。

自社ローンは取り扱う車体が中古が多いため、必然的にトラブルが起こる確立が上昇します。
自社ローンを契約して車を乗り始めた矢先、車体にトラブルがあれば自社ローンを契約したことを後悔することになります。

ガリバーの優良自社ローン店舗で契約すれば、「スタンダード整備」「あんぜん6ヶ月保証」など充実のサービスを受けることができます

トヨタファイナンスのディーラーローン「トヨタクレジット」

大手自動車メーカーのひとつであるトヨタでは、「トヨタクレジット」と呼ばれるディーラーローンを利用できます。

トヨタクレジットは自社ローンのスピード契約が可能であり、最短即日で審査が完了します
残価設定ローンとは違い車体料金が返済金額に含まれており、ローン完済後はスムーズに車を所有することができます。

トヨタクレジットの最低約定返済金額は3,000円となり、毎月均等払い・不均等払い・ボーナス併用払いの3つの返済方法を選択できます。
優良店舗で自社ローンを契約し、長期的に安心して車に乗りたい方はトヨタクレジットが有力な候補先になります。

ココカーなら即日納車もできる

「ココカー」の自社ローンは手続きが早く、最短即日納車の実績があります。

自社ローンを提供しているローン会社でも、即日納車まで対応していないケースも少なくありません。
ココカーはスピード審査・スピード手続きで短時間のカーローンサービスが強みです。

電話だけでなくLINEから申込ができるので、相談から契約まで迷わず簡単にできるという特徴があります。
支払い回数は24~36回から選択し、約定返済金額は4,980円からスタートできます。

とにかく早急に車が必要というシーンでは、ココカーの自社ローンで車の環境を整備してください。

プラウド自社ローンはweb申し込みで仮審査が可

「プラウド」はホームページから在庫者を確認して、簡単に仮審査に申し込むことができます。

プラウドはわざわざ店舗に来店して中古車を見なくても、詳細がリストアップされた在庫情報にアクセスする方が早く車種を選択できます
もちろん実際に自分の目で実物を確認した方が良い場合もありますが、利便性重視ならweb申し込みが断然おすすめです。

プラウドの自社ローンはweb申し込みで仮審査まで手続きを進められるため、まず「審査の合否を知りたい」という人は専用フォームから申し込んでください。

必要書類は合否の確認後に提出するため、無駄な時間を短縮して手続きの手間を省くことができます。
プラウドは最大48回までローンを組めますが、仮審査後に必要書類を郵送するため即日納車には対応していません

自社ローンで審査落ちた人・通らない人の特徴

自社ローンは比較的審査が柔軟なローンですが、下記の5つの特徴を持つ人は審査が厳しいものになります

ひとつめは申し込み時点で無職・低収入の人です。
自社ローンは利息を徴収されない代償として、毎月支払うお金が高く設定されるため、安定した収入がないケースでは審査難易度が上昇します。

ふたつめは収入証明書が提出できず、申し込み条件を満たせない人です。
自社ローンでも審査は実施されるため、自分の収入を公的に証明できる書類が準備できなければ審査に通ることはできません。

三つめは住所を転々としており、住民票で証明できる住所がない人です。
自社ローンに限らず住所をもたない人が契約できるローンは存在しません。

四つめは保証人が必要な自社ローンに申し込んでしまい、保証人を立てられない人です。
この場合は保証会社の審査を受け代理を立てることで契約できますが、保証会社の審査に落ちてしまうと自社ローンは契約できません。

五つめは自社ローンの契約内容が自分の年収とミスマッチを起こしている人です。
希望する車体価格が高額なケースでは、年収が返済トラブルの要因と判断され審査に落とされることがあります。

安定した収入がない

自社ローンは比較的審査がやさしいというイメージがありますが、収入が安定しない人にとっては厳しい審査になると考えるべきです

自社ローンでも現在無職の人・収入が極端に低い人にとっては、審査に合格することは厳しいです。
約定返済金額が高く設定される自社ローンでは、安定した収入がない人が契約すると高確率で返済トラブルに発展します。

自社ローンは「金利0円」「独自審査で判断」という審査が甘いというイメージとは裏腹に、返済ハードルが高く契約に熟考が必要なローンです

何社も自社ローンの審査に落ちてしまう人は、現在の収入でローンを組むとトラブルになると判断されているため、収入を上げない限り審査通過は難しいと考えてください。

収入証明が出せない

自社ローンを運営する会社は独自審査の判断基準として、申請者が現在どれくらいの収入を得ているかを重視します。

自社ローンでは契約前に収入を公的に証明する必要があり、給料明細・源泉徴収票などの書類提出を求められます

もし審査なし・収入証明不要で自社ローンを提供するという業者がいれば、悪質業社の詐欺を疑った方が賢明です。
収入証明が準備できない無職の方で保証人を立てられないケースでは、自社ローンで車を利用することは現実的に難しいといえます。

住所が不定

住む場所を転々とし本住所をもたない方は、残念ながら自社ローンを契約することはできません。

住所が不明瞭な申請者が契約できる正規のローンは存在しません
これは自社ローンに限らず、銀行・消費者金融カードローン・生命保険などすべての契約で同様です。

万が一契約者が滞納・ローン期間中に車を持ち去るなどの問題行動を起こした時、住所がわからなければ適切な対処ができなくなります。

自社ローンを検討する方は、先に賃貸契約を済ませ住所を確保しなければいけません
もし収入・保証人の問題で賃貸契約が難しい場合は、実家に帰り両親の住所で自社ローンを申し込んでください

保証人がいない、保証会社の審査落ちで保証が受けられない

自社ローンの契約において保証人の有無は審査に大きく影響します

保証人不要の自社ローンで契約すれば、保証人を立てなくても車に乗ることはできます。

しかし申し込む自社ローンがリスクマネジメントを重視しており、申し込み条件に規定している場合は保証人が必要になります
収入が安定している家族・親戚に相談して保証人になってもらうか、お金を払って保証会社のサービスを受けなければ審査に合格することは不可能です。

収入・過去の信用情報問題で保証会社の審査に落ちてしまうと、自社ローンで車を利用することはできません。

収入に見合わない車種を購入しようとしている

「自社ローンは審査に通る」というイメージが先行すると、自分の収入に見合わない車種で自社ローンを申し込んでしまいがちです

しかし自社ローンといえど独自審査で年収を精査するため、購入希望の車種が年収に対して高額なケースでは審査に落ちます
自社ローンは金利負担がない分、毎月の約定返済金額が高額になるという特徴があります。

このローン形態でさらに借金金額を大きく契約してしまうと、収入と支出のアンバランスが生まれ返済トラブルになるリスクが増加します
ローン会社はこの事態を懸念するため、審査でネガティブな判断を受けることになるのです。

自社ローンのメリット

自社ローンは大きく4つのメリットがあるので、通常のマイカーローンの審査がなかなか通らない人は参考にしてください。

ひとつめは審査難易度が比較的低いことです。
独自審査というカテゴリーで顧客層を拡大しており、信用情報機関を介さず合否を判断するため、一般的なカーローンより審査に合格できる可能性は高いと考えられます。

ふたつめは金利が発生しないことですが、こちらは注意点も存在します
貸金業法ではないローン会社は契約に金利を付与できないため、手数料・車体価格が割高になっている契約も多いので熟考した方が良いでしょう。

三つめは一般的なカーローン契約に比べ、自社ローンは納車までの行程が簡単でスピーディなことです。
ローン会社によってはLINEから申し込めたり、独自審査が有利に機能して最短即日で納車まで対応してくれる契約もあります。

四つめは審査基準に総量規制の制限を受けず、年収に関係なく自社ローンを契約できることです。
本来であれば年収の3分の1を超えるローンは組めませんが、自社ローンに限ってはこのルールは適応されません。

審査に通りやすい、信用情報には影響されない

自社ローンは一般的なローンに比べて審査に通りやすく、色々なライフスタイルの人が契約しやすいローンです。

自社ローンを運営するローン会社は信用情報機関に加入していないため、審査を理由に申請者の信用情報にアクセスすることはできません。

一般的なローンでは必ず精査される信用情報ですが、自社ローンに限ってはこの法則は適応されません

過去に債務整理を経験していたり、他社借入件数が多い状態の方は、積極的に自社ローンを使うのもひとつの方法です。
ただし独自審査はしっかりと実施されるので、誰でも簡単に自社ローンを契約できると勘違いするのは間違いです。

金利が0円

自社ローンの大きなメリットのひとつが、金利負担なしでローンを組めることです

金利を設定して利息を回収するサービスをする場合、貸金業法という法律に縛られる貸金業者でなければいけません。
自社ローンを運営する会社は厳密には金融機関ではないため、地方自治体に届け出をせず勝手に金利を適応するローン運営は許されません。

そのため本来金利で得るはずの利益を、手数料として回収するシステムを導入しています。
自社ローンの契約内容で金利なし・手数料なしという商品の場合、ローンを組む車体価格が本来の価格より割高になっている筈です

必ずしも「金利0円=安くローンを組める」という訳ではないので注意してください。

納車や購入の手続きが簡単になる

自社ローンではローン会社が中古車を自社で整備・管理しているので、納車・購入がスピーディに完了します

また自社ローンは審査に信用情報の精査を実施しないため、一般的なカーローンに比べて手続きが簡単なケースが多いのです
ローンを組んで車を利用するまで時間をかけたくない方は、自社ローンのスピード契約が魅力的に感じると思います。

自社ローンの契約によっては、最短翌日納車で車を利用できます
このように自社ローンはスピーディな契約ができるローンですが、希望する車種によっては納車に時間がかかる場合もあります。

総量規制は関係ない

総量規制に関係なく安全にローンが組めると聞くと、「信じられない」という感想をもつかもしれません。

リアルなお話をすると、自社ローンは総量規制の制約を受けません

過去に金融機関で融資を受けたことがある人なら、ローンを申し込む前に年収の3分の1までの借入になるか確認した筈です。
自社ローンの契約では仮に総量規制を超える場合でも、法律で融資を規制されることはありません。

これは前述しているように自社ローン会社が金融機関ではなく、貸金業法の対象外であることがその理由です。
ただし、現実問題として総量規制オーバーでローンを組むことは、返済トラブルのリスクを増加させる事実は変わりません

自社ローンをおすすめする人の特徴

一般的なカーローンではなく自社ローンがおすすめできる人には3つの共通点があります

ひとつめは銀行など一般的な金融機関が提供するマイカーローンの審査に落ちた経験がある人です。
自社ローンは独自審査による柔軟な判断で合否を決めるため、カーローンに落ちてローンを組むことを諦めていた人でも審査合格率が高いローンといえます。

ふたつめは現在自分の信用情報に傷があり、信用情報機関を経由する審査に合格できる見込みが限りなく低い人です。
自社ローンは金融事故を起こして審査に落ちてしまう状況でも、現在の収入が審査条件をクリアできればローンを組むことができます。

三つめは就職してから現在までの勤務歴が長く、ローン会社の信頼を得られる人です。
ローンを組む以上は決められた回数で返済を繰り返すことになるため、短期間で何度も転職する人は「返済リスクがある人」として審査でマイナスに働きます。

銀行マイカーローンの審査落ちしたことがある人

銀行マイカーローンの審査基準が厳しいと感じる人は、自社ローンで車を準備することをおすすめします。

銀行マイカーローンは審査難易度が高く設定されているため、何度も審査に落ちてしまうケースが珍しくありません。
「ローンを組むなら銀行が安心」という認識は正しいですが、経済状況によっては必ずしも正しい選択とは限りません。

銀行マイカーローンに拘り審査に何度もトライしても、根本的な原因を解決しなければ審査に合格することは難しいでしょう。
どうしても期日までに車に乗れる環境を手に入れたい人は、独自審査を実施する自社ローンの方が合格できる可能性を上げてください

信用情報に傷があり他のローン審査も難しい人

過去に金融事故を起こしてしまった人でも自社ローンなら契約できます。

通常であれば直近で金融事故を起こした人が、金融機関のローン審査に合格することはありません。
金融事故などのトラブルが発生した場合、信用情報がブラックに変更され信用情報機関のブラックリストに記録が残ります。

この状態になると審査の度に金融機関から信用情報を精査され、「返済リスク有り」と判断されるためです。

自社ローンは信用情報機関と連携しておらず、独自審査で重要視するのは「過去の信用情報ではなく現在の収入」です
信用情報がブラックになってしまった人でも、しっかりお金を稼いでいれば問題なく自社ローンを契約できます。

勤務歴が長い人

勤務歴が長い人ほど自社ローンの審査を有利に進められます。

自社ローンで車を利用すると毎月約定返済を繰り返すことになるため、完済するまで安定した返済能力が重要視されます
現在、仕事に就いて収入を得ていても、自社ローン契約後にすぐに辞めてしまうと返済トラブルを起こしかねません。

ローン会社はこのような事態を回避するために、勤務歴が短い人との契約を認めないケースがあります
これは自社ローンでも例外ではないため、ある程度長い勤務歴をもつ人の方が、独自審査でも審査に通りやすいことが予想されます。

仕事に就いて短期間で退職を繰り返している方は、ローン契約でも大きなデメリットを被ることになることを留意してください。

自社ローンはやばいと思っている人によくある質問

自社ローンは本当にやばいですか?

自社ローンは優良業者を選んで適切な契約内容で契約すれば有益なローンです。
しかし中古車特有の車体トラブル・高額な手数料の負担と約定返済金額がデメリットになり、契約後に「自社ローンはやばい」と感じる人もいるようです。
もし悪質な自社ローンを運営する会社と契約してしまうと、普通では考えられないような粗末なサービス内容を受けることで「本当にやばい」と後悔することになります

自社ローンのトラブルにはどういうものがありますか?

自社ローンで代表的なトラブルは利用している車体の故障の他に、毎月の支払いが苦しくなることで起こる滞納トラブルが挙げられます。
また悪質な自社ローンの低品質なサービスが原因で、自社ローンを完済したにも関わらず名義変更が遅延する恐れもあります
困った時に連絡がつかず適切なサポートを受けられないケースや、経営状況悪化による突然の閉店なども注意しなければいけません。

自社ローンを払わないとどうなりますか?

自社ローンを払わないと規約違反となりペナルティを受けま
自社ローン契約中に約定返済を滞納してしまうと、強制的に車を差押えられ日常生活に大きな支障をきたします
滞納日数に応じた「遅延損害金」も大きな問題となり、ローン総額にプラスして支払い義務を負います。
信用情報機関未加入の独自ローンと甘く考えていると、督促・遅延損害金で精神的・金銭的な負担に苦しむことになります。

自社ローンの審査なら絶対通りますか?

自社ローンは誰でも絶対通るローンではありません
一般的なカーローンに比べて審査ハードルが低いことは事実ですが、独自の基準でしっかりとした審査が実施されます
収入が基準より低い人・保証人や保証会社のサービスを受けられない人は、自社ローンでも審査に落ちる可能性は高いと考えられます。
中古車とはいえ高額な車体で自社ローンを希望すると、ローン会社から返済能力に疑義を持たれて審査が厳しくなります。

自社ローンならブラックでも車が買えますか?

信用情報がブラックでも自社ローンなら車を購入できます
これはローン会社が金融機関ではなく、信用情報機関に加盟していないことが理由になります。
ローン会社は過去の滞納を精査できない分、現在の収入状況を審査でじっかり確認するので、独自審査でも安定した収入を確保することが重要です。
自社ローンは信用情報に依存せず収入に見合う範囲で好きな車を購入できるので、信用情報ブラックで頭を抱えている人は検討してはいかがでしょうか。

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ【ランキングの根拠
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

1位 プロミス


SMBCグループ

審査⇒借入まで最短3分即日借りられる!(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
●瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で口座振込可。在籍確認は原則電話なし!郵送物なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)
↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
✅申込~融資/最短3分※土日祝も当日
  (申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
✅原則在籍確認の電話なし
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即日振込も可
✅コンビニATMでも借りられる
✅最低返済額は1,000円~
審査が不安な人は1秒診断後に申込を。
\申込も簡単「プロミス」借りるまで最短当日/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

2位 アイフル

郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから内緒で借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査もWEB申込なら最短18分。(平日~土日祝でも当日可能)
\金利3.0~【借り換え可】/
↓無利息期間30日間あり【人気上昇中】↓

↑【審査通過のコツ】①記入ミス・書類不備に気を付ける ②希望額は必要な分だけにする ③ウソは書かない

3位 アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。土日祝でも最短20分で即日借りられます。※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。(原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施)
\原則電話なし郵送物なしでバレない/

↓返済は35日ごと:返済額1,000円~・借り換え可↓

4位 レイク
\融資まで最短25分・在籍確認は原則連絡なし/
審査が不安な方は簡易診断【最大60日間無利息】

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








この記事の監修者 山口みき
自己紹介 金融WEBメディア運営・管理経験(3年以上)を活かし「お金借りる今すぐナビ」の編集・監修を担当。FP技能士貸金業務取扱主任者・クレジット債権管理士の資格取得にも前向きに取り組んでおり、借り入れに関する疑問や不安に応えるため、常に正確で専門的な情報提供に努めています。
事業所 トイントサロン
Twitter @okanekariruima
YouTube お金借りる今すぐナビ – YouTube
お問い合わせ 下記フォームよりお問い合わせ下さい。
フォーム
関連ページ
基礎知識

カードローンとクレジットカードのリボ払いの違いとは?仕組みや借り換えするデメリットや注意点等を解説

2023年6月16日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
便利に即日お金が借りられるカードローンや、クレジットカードの支払方法として選択可能なリボ払い・分割払い。高額な支払いや急な出費で手持ちがなく …
基礎知識

お金を借りる代わりに保証として預ける品物は何がいい?商品一覧・質屋で質草にはならないものや仕組みや借りる時の流れ等解説

2023年3月6日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
質屋に関する質草や仕組み、借りるときの流れなどについて解説します。 質屋でお金を借りるときは、質草として預ける品物と身分証明書を持って …
基礎知識

貸したお金を取り返す!借用書なしの場合の借金回収方法や注意点・返ってこない時の対処法等解説

2023年3月24日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
個人間で借用書を作らずにお金を貸し借りすることはよくあることです。公式書類であるはずの借用書は、貸す金額や相手との関係性によっては、積極的に …