お金借りる今すぐナビ
お金借りる

お金借りた後の具体的な返済方法

カードローンに限ったことではないのですが、お金を借りた後には返済をしなければいけません。むしろ、お金借りる段階から「いくらなら返済ができるのか」を考えておかなければいけないのです。ただ、返済方法というのはカードローン会社によって実にさまざまです。ここでは、それぞれのカードローン会社の返済方法についてご紹介していきたいと思います。

アコム

アコムではインターネットからの返済ができるようになっています。24時間いつでもどこでもスマートフォンやパソコンからインターネット返済(ペイジー)ができるようになっています。土日祝日でもOKですし、手数料も無料となっています。

また、アコムのATMや提携ATMでも返済ができるようになっています。土日祝日でもOKです。アコムのATMは一部を除いて24時間利用することができます。カードをATMに入れて、暗証番号を入力します。ボタンで「ご返済」を選択し、現金をそろえて現金投入口に入れ「読取」ボタンを押します。金額に間違いがなければ「確認」ボタンを押します。

明細書とカードを受け取って完了です。コンビニエンスストアをはじめ、全国の提携ATMで返済することもできます。提携ATMもほとんどアコムのATMでの返済と同じなのですが、暗証番号の入力の後に入金する口座の選択が入ってきます。

他にも店頭窓口での返済もできますし、アコムの指定する銀行口座への振込や本人の口座からの自動引き落としでも返済ができるようになっています。

レイク

レイクではまずWeb返済サービスがあります。パソコンやスマートフォン、アプリから返済ができるようになっています。会員ページにログインしWeb返済サービスをクリックします。希望の返済額を入力後に金融機関を選び金融機関のサイトへ行きます。選んだ金融機関のサイトへログインし、サイト内の案内に従って手続きをします。返済額を確認し、振込み実行でOKです。

また、レイクのATMや提携ATMからの返済もできるようになっています。基本的にはATMの案内に従って手続きをしていけば問題はありません。

他にも毎月自動引き落としでの返済もできるようになっていますし、銀行振込での返済もできるようになっています。こちらも一般的な自動引き落としや銀行振込と変わりません。

アイフル

アイフルでは、まず振り込みでの返済ができるようになっています。全国の金融機関の窓口・ATMから返済が可能です。契約したアイフル店舗の指定口座へ振り込むことになるのですが、振込先は会員サービスから確認することができます。

また、口座振替(自動引落)での返済も可能となっています。本人の指定した金融機関から自動引落がおこなわれることになります。利用には別途手続きが必要ですが、一般的な自動引落と同じです。

さらに、アイフル店舗やATMでの返済もできます。手数料は無料で、全国のアイフルの店舗窓口やATMから返済することができます。もちろん、全国の提携先金融機関ATMからの返済もできるようになっています。

そして、アイフルはコンビニからの返済もできます。全国の提携コンビニから返済することができるのですが、ローソンならLoppi、ファミリーマートならFamiポートといったマルチメディア端末を使って、レジにて返済することができます。発券して、それをレジに持っていってお金を払うという流れです。

モビット

モビットではまず口座振替での返済方法があります。三井住友銀行、三菱UFJ銀行またはゆうちょ銀行に預金口座があれば、本人の預金口座から自動引き落としで返済していくことができます。

また、銀行振込での返済方法もあります。現在利用している金融機関口座からモビットが指定する預金口座へ振り込むことになります。手続きとしては、一般的な振込と変わりありません。

そして、提携ATMでの返済もできるようになっています。全国の銀行やコンビニエンスストアなどの提携ATMで返済ができるようになっています。ただし、営業時間は設置場所によって異なりますので、注意しておきましょう。

プロミス

プロミスではインターネット返済ができるようになっています。パソコンやスマートフォンから24時間いつでも返済ができます。会員サービスにログインしたら、「インターネット返済のお手続き」をクリックします。返済金額を指定し、金融機関を選択します。今度は本人の持っている金融機関へログインし、インターネット返済を実行します。必ず各金融機関の振込実行ボタンをクリックし、プロミス画面が表示されることを確認しましょう。これで返済の手続きは完了です。

また、口座振替での返済も可能です。同じように会員サービスにログインし、「口フリ(口座振替)のお手続き」をクリックします。金融機関を選択して、指定した金融機関にログインし、口座振替の申し込みをして設定を完了させます。これで毎月返済日に口座から返済額が引き落としされます。

他にもお客様サービスプラザ(店頭窓口)やプロミスATM、コンビニ(マルチメディア端末)、提携ATM、銀行振込といった形でも返済ができるようになっています。