基礎知識

お金借りた後の具体的な返済方法

カードローンに限ったことではないのですが、お金を借りた後には返済をしなければいけません
むしろ、お金を借りる段階から「いくらなら返済ができるのか」を考えておかなければいけないのです。(関連:毎月の最低返済額)

ただ、返済方法というのはカードローン会社によって実にさまざまです。
ここでは、それぞれのカードローン会社の返済方法ついてご紹介していきたいと思います。(関連:お金を即日で借りる方法)

この記事を読むとわかること
  • アコム返済方法は、ネット・ATM・提携ATM・窓口・振込・自動引落
  • レイクALSA返済方法は、ネット・ATM・提携ATM・振込・自動引落
  • アイフル返済方法は、窓口・ATM・振込・自動引落・コンビニ
  • SMBCモビット返済方法は、口座振替・自動引落・提携ATM
  • プロミス返済方法は、ネット・口座振替・店頭窓口・コンビニ・提携ATM・振込
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
―――――――
プロミス ※最短即日借りれる \初めてなら30日間無利息(条件下記参照)/
三井住友銀行グループの安心感『プロミス』

\申込も簡単で今すぐ借りれるプロミス/ ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
※銀行ならではの金利 月々返済1000円~可!三菱UFJ銀行の口座不要
―――――――
アイフル ※最短当日借りれる \20時迄の審査申込で最短即日借りれる/
↓最新版ランキング↓

アコムへの返済方法

アコムではインターネットからの返済ができるようになっています。
24時間いつでもどこでもスマートフォンやパソコンからインターネット返済(ペイジー)ができるようになっています。
土日祝日でもOKですし、手数料も無料となっています。

また、アコムのATMや提携ATMでも返済ができるようになっています。
土日祝日でもOKです。アコムのATMは一部を除いて24時間利用することができます。

カードをATMに入れて、暗証番号を入力します。
ボタンで「ご返済」を選択し、現金をそろえて現金投入口に入れ「読取」ボタンを押します。
金額に間違いがなければ「確認」ボタンを押します。

明細書とカードを受け取って完了です。
コンビニエンスストアをはじめ、全国の提携ATMで返済することもできます。
提携ATMもほとんどアコムのATMでの返済と同じなのですが、暗証番号の入力の後に入金する口座の選択が入ってきます。

他にも店頭窓口での返済もできますし、アコムの指定する銀行口座への振込本人の口座からの自動引き落としでも返済ができるようになっています。

レイクALSAへの返済方法

レイクALSAではまずWeb返済サービスがあります。
パソコンやスマートフォン、アプリから返済ができるようになっています。(関連:お金を借りるアプリ)会員ページにログインしWeb返済サービスをクリックします。希望の返済額を入力後に金融機関を選び金融機関のサイトへ行きます。選んだ金融機関のサイトへログインし、サイト内の案内に従って手続きをします。返済額を確認し、振込み実行でOKです。

また、レイクALSAのATMや提携ATMからの返済もできるようになっています。基本的にはATMの案内に従って手続きをしていけば問題はありません。

他にも毎月自動引き落としでの返済もできるようになっていますし、銀行振込での返済もできるようになっています。こちらも一般的な自動引き落としや銀行振込と変わりません。

アイフルへの返済方法

アイフルでは、まず振り込みでの返済ができるようになっています。全国の金融機関の窓口・ATMから返済が可能です。契約したアイフル店舗の指定口座へ振り込むことになるのですが、振込先は会員サービスから確認することができます。

また、口座振替(自動引落)での返済も可能となっています。本人の指定した金融機関から自動引落がおこなわれることになります。利用には別途手続きが必要ですが、一般的な自動引落と同じです。

さらに、アイフル店舗やATMでの返済もできます。手数料は無料で、全国のアイフルの店舗窓口やATMから返済することができます。もちろん、全国の提携先金融機関ATMからの返済もできるようになっています。

そして、アイフルはコンビニからの返済もできます。全国の提携コンビニから返済することができるのですが、ローソンならLoppi、ファミリーマートならFamiポートといったマルチメディア端末を使って、レジにて返済することができます。発券して、それをレジに持っていってお金を払うという流れです。

SMBCモビットへの返済方法

SMBCモビットではまず口座振替での返済方法があります。三井住友銀行、三菱UFJ銀行またはゆうちょ銀行に預金口座があれば、本人の預金口座から自動引き落としで返済していくことができます。(関連:ゆうちょ銀行で借りる)

また、銀行振込での返済方法もあります。現在利用している金融機関口座からSMBCモビットが指定する預金口座へ振り込むことになります。手続きとしては、一般的な振込と変わりありません。

そして、提携ATMでの返済もできるようになっています。全国の銀行やコンビニエンスストアなどの提携ATMで返済ができるようになっています。ただし、営業時間は設置場所によって異なりますので、注意しておきましょう。

プロミスへの返済方法

プロミスではインターネット返済ができるようになっています。パソコンやスマートフォンから24時間いつでも返済ができます。会員サービスにログインしたら、「インターネット返済のお手続き」をクリックします。返済金額を指定し、金融機関を選択します。今度は本人の持っている金融機関へログインし、インターネット返済を実行します。必ず各金融機関の振込実行ボタンをクリックし、プロミス画面が表示されることを確認しましょう。これで返済の手続きは完了です。

また、口座振替での返済も可能です。同じように会員サービスにログインし、「口フリ(口座振替)のお手続き」をクリックします。金融機関を選択して、指定した金融機関にログインし、口座振替の申し込みをして設定を完了させます。これで毎月返済日に口座から返済額が引き落としされます。

他にもお客様サービスプラザ(店頭窓口)やプロミスATM、コンビニ(マルチメディア端末)、提携ATM、銀行振込といった形でも返済ができるようになっています。

 

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

1位 プロミス

三井住友銀行グループ

審査⇒借入まで最短30分即日借りれる!瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。会社への電話なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)※在籍確認(電話)の要望がある場合は、申込完了後すぐに相談をお願いします。↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
 ※ネット申込で、職場への在籍確認がメールか電話を相談できます。(Web申込後すぐにオペ―レターに電話がおすすめです)
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即振込
✅コンビニATMでも借りれる
✅最低返済額はは毎回1,000円~
返済サイクルは35日で安心
審査が不安な人は3秒診断後に申込を。
✅申込~融資/最短30分※土日祝も当日
\オリコン満足度ランキング1位「プロミス」/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

今月の注目枠
🔰三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

35日毎の返済可!銀行ならではの良金利
月々返済1000円~可!三菱UFJ銀行の口座不要

↑融資まで最短翌営業日↑

2位 アイフル
郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。(平日~土日祝でも当日可能)

3位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短60分で借りれる!(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

4位 アコム

三菱UFJフィナンシャルグループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。平日はもちろん土日祝でも最短1時間で即日借りれます。(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
Web申込で来店不要!限度額最大800万円
郵送物なし可・バレずに最短即日融資

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








関連ページ