基礎知識

お金借りた後の毎月の最低返済額

カードローンに限らず、お金を借りるときというのは返済のことを真っ先に考えなければいけません。返済にあたってはやはり最低返済額というものが設定されているものです。

例えば、100万円を借りているのに毎月の返済が100円では一生かかっても返済はできないでしょう。

だからこそ、借り入れ後の毎月の最低返済額を設定して確実に返済してもらう必要があるのです。
ここでは、それぞれのカードローン会社における毎月の最低返済額についてご紹介していきたいと思います。(関連:今すぐお金借りる必要がある人用の方法!即日で借りたいなら『お金借りる今すぐナビ』)

このページのポイント
  • プロミス:1,000円~
  • SMBCモビット:4,000円~
  • アイフル:5,000円~
  • アコム:3000円~
  • レイクALSA:4000円~

 

↓直近3か月の最新版ランキング↓

プロミスの毎月の最低返済額

プロミスの毎月の返済金額は、最終借入後の借入残高に応じて変動する「残高スライド元利定額返済方式」が採用されています。もちろん、毎月の返済金額以上であれば、都合に合わせて、多く返済することも可能です。

返済金額の算出方法はとてもシンプルです。借入後残高が30万円以下であれば返済金額は借入後残高 × 3.61% (1,000円未満切り上げ)で返済回数は~36回、借入後残高が30万円超過~100万円以下であれば返済金額は借入後残高 × 2.53% (1,000円未満切り上げ)で返済回数は~60回、借入後残高が100万円超過であれば返済金額は借入後残高 × 1.99% (1,000円未満切り上げ)で返済回数は~80回となっています。

借入後残高が10,000円や20,000円であれば返済金額は1,000円となりますので、プロミスでの毎月の最低返済額は1,000円からと考えていいでしょう。

SMBCモビットの毎月の最低返済額

SMBCモビットでは借入後残高スライド元利定額返済方式が採用されています。計画的に返済できるように、最終借入後の利用残高に応じた返済額を設定しています。

実質年率18%の場合、最終借入後残高が10万円以下であれば 返済額は4,000円、最終借入後残高が10万円超過、20万円以下であれば返済額は 8,000円といった具合になります。

最終借入後残高によりますが、SMBCモビットにおいては毎月の最低返済額は4000円と考えていいでしょう。もちろん、追加返済も可能となっていますので、余裕があるときには多めに返済するということもできます。

アイフルの毎月の最低返済額

アイフルでは支払期日ごとの返済金額は、借入直後残高に応じて決定されることになります。もちろん、設定された返済金額以上であれば、多く返済することも可能です。

例えば、借入直後残高が1円から100,000円の場合、サイクル制であれば5,000円、約定日制であれば4000円、借入直後残高が100,001円から200,000円の場合、サイクル制であれば9,000円、約定日制であれば8,000円といった具合です。

借入直後残高によりますが、基本的にはアイフルでは4000円から5000円が毎月の最低返済額と考えていいでしょう。

アコムの毎月の最低返済額

アコムで借りる各回の返済金額は、借入残高に一定の割合をかけた金額となっています。
返済金額というのは、定率リボルビング方式で計算されることになります。
定率リボルビング方式というのは、「最後に借入されたときの借入残高」に「一定の割合」を掛けた金額を最少返済金額と定め、その最少返済金額以上の返済をしてもらうことを指します。

この「一定の割合」というのは、契約時の契約極度額に応じて決まってきます
例えば、お金を借りられる限度額が30万円以下の場合、一定の割合というのは借入残高の4.2%以上となってきます。30万円超、100万円以下の場合には借入残高の3.0%以上、100万円超の場合には借入金額の3.0%以上、借入金額の2.5%以上、借入金額の2.0%以上、借入金額の1.5%以上といった具合になってきます。

要は、契約限度額や残高によって毎月の最低返済額というのは異なってくるのです。ただ、基本的には最低でも3000円は毎月返済していかなければいけないと考えておくべきです。契約限度額や残高によって、最低返済額も3000円からアップしていくのです。

レイクALSAの毎月の最低返済額

レイクALSAの返済方式は、「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」が用意されています。残高スライドリボルビング方式は、元金と利息を合わせた毎月の最低返済額を利用残高に応じて変動させて返済していく方式となっています。
基本的には新規での借入れの際に借入れした金額に応じて最低返済額が設定されて、以後は追加の借入れや返済後の利用残高に応じて最低ご返済額が再設定されることになります。

例えば、実質年率18%の場合、利用残高が1円から100,000円であれば毎月の最低返済額は4,000円となります。その後は、100,001円から200,000円であれば8,000円といった具合に残高によって毎月の最低返済額が変わってくることになります。

また、元利定額リボルビング方式では、元金と利息を合わせた毎月の返済額を利用残高に関係なく定額で支払っていくことになります。毎月定額で返済するからこそ、計画を立てやすいという部分はあるでしょう。

【直近3ヵ月】申込数ランキング

※当社調べ
WEB申込で完結&最短1時間カードレス郵送物なしだから誰にもバレずに借りれます。

瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。急いでいる方も安心です。

 

インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。

 

郵送物なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。
関連ページ