お金借りる今すぐナビ
お金借りる

余裕があったら多めに返済して金利を減らす努力を

借り入れをする前から返済についてはしっかりと考えておかなければいけませんし、借り入れをした後にはその返済を滞らせないようにしなければいけません。理由は何であれお金に困っているからこそ借り入れをすることになるかと思うのですが、お金に困っているからこそ返済を長引かせてでも毎月の負担を減らしたいと考える方も多いのではないでしょうか?ただ、借り入れ後の返済に関しては余裕のあるときに多めに返済するというのが鉄則です。というのも、それが金利を減らすことにつながってくるのです。

金利を気にしながら金利を減らす努力をしていない人が多い

借り入れをする際に金利を気にする方というのは、本当に多いものです。実際に、借り入れの経験がある方であれば、やはり金利をメインに比較検討をしたという方も多いでしょう。確かに金利というのは大切なポイントではあるのですが、金利の低いところを選べばいいという単純な問題ではありません。金利の低いところがいいのであれば、金利の高い商品やサービスというのはとっくの昔に淘汰されているでしょう。商品やサービスによって金利に差があるのは、金利がすべてではないということの証でもあるのです。

そもそも金利の安いからといって借り入れをしても、その返済に時間をかけていたのでは金利だけでかなりの負担になってくるのです。極端な話をすると、高い金利でも短期間で返済すれば、低い金利で長期間返済し続けるよりも金利は少なく済む可能性があるのです。金利の安いものを選べばいいと思っている方は本当に多いのですが、大切なのは返済をどれだけ早くに切り上げられるかという部分なのです。

さまざまな商品やサービスの中から金利の安いものを選ぶことが金利を減らす努力だと思い込んでいる方は少なくありません。もちろん、商品やサービスを比較検討することは大切です。ただ、借り入れの際に金利を減らす努力というのは金利を安いものを選ぶことではなく、余裕のあるときに多めに返済して早くに返済を切り上げることを指すのです。

借り入れする側にとって金利というのは無駄な出費でしかない

お金を貸し付ける側にしてみると、金利というのは利益につながる部分です。お金を貸し付けて、そのお金のみを返してもらったのではプラスマイナスゼロで何も得るものはありません。貸し付ける側だけが返してもらえないかもしれないというリスクを負うことになります。貸し付けるときに金利を上乗せするからこそ、商品やサービスを維持していくことができるのです。

ただ、借り入れをする側にとって金利というのは本当に無駄な出費でしかありません。借り入れをしたら借り入れをした分だけ返していければいいのですが、実際の商品やサービスには金利がついてくることになりますので嫌でも金利を上乗せした金額を返済していくことになります。この金利というのはそもそもお金を借り入れしなければ発生しなかったものですし、借り入れをする側にしてみれば本当に意味のない負担なのです。

もちろん、お金を貸してもらっていると考えれば金利を上乗せすることも納得できるでしょうが、結果的に経済的な負担が大きくなることには変わりないのです。借り入れをする側にとっては無駄な出費でしかない金利だからこそ、金利を減らす努力をすべきなのです。これはある意味での節約ともいえるでしょう。

余裕のあるときには多めに返済して返済を早く終わらせる

借り入れの際の金利というのは借り入れをする側にとっては、無駄な出費でしかありません。金利を減らすということは、その無駄な出費を減らすことでもあります。だからこそ、ある意味では無駄を減らす節約ともいえるわけです。では、どのようにすれば金利を減らすことができるのでしょうか?

多くの方が金利の安い商品やサービスを選ぶことによって金利を減らすことができると考えているものですが、先でもお話しましたように金利が安くとも返済期間が長引けば金利として負担する金額はかなりのものとなります。理想としては、金利の安い商品たサービスを選んだ上で、余裕があるときに多めに返済して、トータルで支払う金利を減らすという形を目指していきたいものです。

もちろん、無理のない返済をしていくことも大切なのですが、だからといって余裕があるのに返済を後回しにするのは好ましくありません。そもそも借り入れというのは、お金を貸してもらっている状態なのです。そのための賞品やサービスではあるのですが、お金という大切なものを一時的にでも貸してもらっているのですから余裕のあるときに前倒しで返済していくというのは当たり前のことでもあるのです。今は気軽に借り入れができるようになっているので、借金であるという意識が薄まってしまっている傾向がありますが、借金であることを改めて意識すれば早くに返済を終えたいと思えるでしょう。