基礎知識

借金返済のコツ教えて!完済に向けて返済額を減らす早く返す上手な方法

借金返済は、とにかく毎月コツコツ返していくこと…それだけと思ってはいませんか?もちろんその心意気は大切なのですが、借金返済のコツを活用すれば、スムーズに短期間での完済が可能となります。

こちらでは、そんな借金返済のコツ、完済に向けて返済額を減らしながら早く返す方法についてご紹介していきます。是非ご参考に、早い完済を目指して下さい。

このページの要約点
  • 借金返済のコツはまず返済計画を立てることが大切。
  • 返済シミュレーションを活用して返済額を決める。
  • 約定返済額より多く返済、繰り上げ返済も積極的に。
  • 副業収入や節約など完済に向けて生活を一変する。
  • 借金返済が困難な場合は法的な対処で減額を試す。
お金を借りたい人向け【最新版】
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
―――――――
プロミス ※最短即日借りれる \初めてなら30日間無利息(条件下記参照)/
―――――――
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
※銀行ならではの金利 月々返済1000円~可!三菱UFJ銀行の口座不要
―――――――
アイフル ※最短当日借りれる \20時迄の審査申込で最短即日借りれる/
↓最新版ランキング↓

【目次】このページ先読み

借金返済のコツとは?完済への上手な借金返済方法

借金を完済すると、その不安やストレスが一気に解消され、生活も改善されること間違いなし。まずは借金返済のコツを掴み、できる限り早めの完済を目指しましょう。

そのポイントとは、以下が挙げられます。

借金返済のコツ
  1. 綿密な返済計画
  2. 新しく借金を増やさないライフプラン
  3. 借金完済を目指すモチベーションをキープ
  4. 借金返済が難しい場合のコツ

①借金返済のコツはまず綿密な返済計画を立てること

借金返済のコツで最も重要なことは、綿密な返済計画を立てることです。ですが、単に返済日を遅れないようにすることだけではありません。

正しく綿密に返済計画を立てることで、借金総額を減らしながら返すことも可能になるのです。

借金返済のコツは借金返済計画から!表作成で現況把握を

返済計画は、なるべく早くに完済するための重要なステップです。既に借り入れがある人は特に、現在の状況を把握することから始めましょう。

どこからいくら借りているのかなど、以下のような表にまとめていきます。

  • 借り入れ総件数まとめの一例
借入先 返済日 返済額/月 金利 借入残高
△△銀行 毎月25日 1万3,000円 14.5% 50万円
▲▲会社 毎月20日 1万円 17.8% 30万円
借入件数 返済総額/月 借入残高総額
2件 2万3,000円 80万円

借入先件数が多く、確認方法がわからなくなってしまった場合は、以下の方法でご確認を。

  • 利用している金融機関・業者の公式サイトにて会員ページにログインし確認。ログインで必要となるIDやパスワードなどを忘れてしまった場合には、再発行を。
  • 利用している金融機関・業者のコールセンターへ直接電話し確認。

さらに、どこで借りているのかさえもわからなくなっている場合は、個人信用情報機関へお問い合わせしましょう。個人信用情報機関は主に以下の3つがあります。

個人信用情報機関は、ローン商品やクレジットカードなどの利用履歴・個人の情報を登録している機関です。その審査にも利用される信用情報機関ですが、問い合わせをすることで自身の借り入れについての現況確認が可能です。手数料がかかる情報開示請求ではなく、ネットあるいは電話にての問い合わせになるため要注意。

借金返済可能額/月計算に家計の把握も借金返済のコツ

月々に返済できる額を割り出すためには、まず家計について把握しておく必要があります。毎月の収支状況を細やかに知ることも、借金返済のコツなのです。その詳細を整理してみましょう。

市販の家計簿を利用すると手早くまとめられます。他に、裁判所のサイトにてダウンロード可能なPDF版・Excel版の家計収支表の利用もおすすめです。(参考:裁判所「申立て等で使う書式例」)

できる限り数字を明確にするために、クレジットカードの明細やお店のレシートなどをベースに整理してみて下さい。

また家計収支表を作成していると、意外と無駄遣いに気づくなど、見直しのチャンスも多くあるはずです。

そしてこの収支から、月にいくらまでなら返済に充てられるかがわかります。

約定返済だけでは借金返済額を減らすことにはならない

カードローンなどでお金を借りた後は、毎月の返済日である「約定返済日」に、決められた返済額を返すことになります。

その約定返済額は、借入先ごとの契約で決められた最低返済金額であり、返済日には最低でもこの約定返済額を支払う必要があります。

カードローンの約定返済額を例に挙げると、元本と利息の双方が含まれ、利息を優先的に支払うことになっています。つまり約定返済額による元本には、利息を支払った残額が充てられることになるのです。

このように借入先の設定による約定返済額では、元本に充てられる分は十分ではありません。返済日に約定返済額だけをきっちりと支払っていても、単に利息だけを支払っていることとなり、元本の減額にはならないのです。

借金総額を減らすためには、元本の減額を意識することが重要です。そして元本減額には、約定返済額よりも多く返済することが必要です。できる限り約定返済額より多めで月々の返済を続け、余分な支払いを避けて元本を減らし、早めの完済を目指しましょう。

借金返済シミュレーションを行う!アプリ等の利用もおすすめ

自身の借金総額・件数、家計を把握したら、返済シミュレーションを行いましょう。

まずは1ヶ月分の利息計算を。

こちらではわかりやすいように、1ヶ月30日として、借入残高が100万円、金利15.0%を例に計算してみます。

  • 利息の算出方法…借入残高×金利(実質年率)÷365日×利用日数(30日)
借入残高100万円で金利15.0%の場合
利息計算 100万円×15.0%÷365日×30日=1万2,500円
返済額3万円/月の場合
  • 1ヶ月目…利息1万2,500円、元金1万7,500円、借入残高98万2,500円
  • 2ヶ月目…利息1万2,281円、元金1万7,719円、借入残高96万4,781円
  • 完済までの期間…44ヶ月
  • 返済総額…130万1,704円
  • 利息総額…30万1,704円

エクセルなどを使い、月々の借入残高から1ヶ月分の利息額を計算、表にしていくと、利息総額・返済総額がわかりやすいもの。

ですが、なかなかその手間も大変です。そこで、返済シミュレーションのアプリなどを利用するのも、借金返済のコツとしておすすめです。また金融機関・業者の公式サイトでも、返済シミュレーションのページが設けられていることも多々。是非とも利用してみましょう。

ということで、借金返済計画に役立つ返済シミュレーションの方法について、以下にまとめてみました。

借金返済のコツ:返済シミュレーションを利用する
アプリ スマホ一つで利用できるアプリは、無料、有料のものと数多くあります。「借金返済計画・リボ払い計算」、「ローン計算IQ」など、自身が使いやすいアプリを試してみてはいかがでしょうか。基本的に匿名での使用が可能ですから、スマホだけで手軽にシミュレーションを行いたい人におすすめです。
WEBサイト PCでは、「ke!san」、「知るぽると」などのWEBサイトがおすすめです。無料かつ匿名にて気軽に利用可能です。
銀行

大手銀行の公式サイトでは、借金返済シミュレーションページの設置が多く、簡単入力で行えます。これから銀行での借り入れを考えている人には、まず返済シミュレーションを利用することがおすすめ。(関連:銀行でお金を借りる)以下2つをご紹介しますので、是非お試しを。

消費者金融 これから借り入れをする人に無理のない返済を実現してもらうため、公式サイトに返済シミュレーションが設置されています。もちろん、既に消費者金融で借り入れがある人も、利用してみるといいでしょう。

②借金の返し方・減らすコツ「借金を増やさないライフプラン」

ベースとなる返済計画を立てた後は、実行に移しながら、完済を目標に早く上手に返す方法も試していきましょう。

借金返済のコツとして借金を増やさないこと

返済日が迫っているのにその余裕がない…その圧迫感に耐えられず、借金を返済するために新たな借金をする人も珍しくありません。その繰り返しが借金を増やすことになる上、多重債務者となり、健全な生活さえ送りにくくしてしまうことも。金利も考えず単に借金を借金で返すことは、借金返済のコツというどころか、破滅への第一歩といえるのです。

新たな借金をする前に、家計収支を見直し、最適な返済計画を立て直しましょう。

収入を増やし節約することも借金返済額を減らすコツ

収入を増やす方法としては、以下のようなことが挙げられます。

  • 昇進やキャリアアップによる昇給。
  • 勤務先で決められたノルマ達成によるインセンティブ支給を得る。
  • 借金ブログ・サイト運営、アフィリエイト、クラウドソーシングなどで副業をする。
  • ネットオークションや質屋などで不要物を売る、あるいは質流れ覚悟で不用品を担保に融資を受ける。(質屋でお金を借りる時のデメリットや注意点)

ただし、収入を増やすということは、そう簡単なことではありませんし、オーバーワークで体調を崩してしまう恐れも。ですから、借金返済のコツとしてはまず、節約生活をメインとすることがおすすめです。

節約では、まず家計の見直しから始めましょう。

特に水道光熱費や通信費などの固定費は、ちょっとした見直しで節約がしやすい費用です。安いプランや契約会社を変更するなど、情報を頼りに比較しながら最適な方法を試してみましょう。賃貸住宅にお住まいの人は、実家に帰る、同居をお願いすることも検討しましょう。

また食料品・日用品といった買い物も、セールでまとめ買いというだけではなく、ポイントが貯まる方法を試すことがおすすめです。

そして、節約や副収入により浮いたお金で贅沢をするのではなく、とにかく完済を目指して繰り上げ返済に使っていきましょう。

借金返済の重要なコツは繰り上げ返済を積極的にすること

懸賞で10万円が当たった、勤務先で臨時手当が入ったなど、臨時収入は繰り上げ返済へ充てましょう。約定返済だけを続けていても、利息だけを支払い続けているだけで、元金はなかなか減りません。借金返済のコツとして、積極的な繰り上げ返済を行うことで、支払い利息を軽減することが大切です。

上記に挙げていますが、利息は借入残高から日割り計算することがベースになっています。ですから、繰り上げ返済により借入残高を減らすことで、次月に支払わなくてはいけない利息が大幅カットされることに。

臨時収入に限りません。日々の生活で浪費することなく可能な限り節約をすることで、浮かせたお金を返済に充てることができます。返済期間も短くできるため、繰り上げ返済で元金を減らしていきましょう。特に複数社からの借り入れがある人は、高金利の借金を繰り上げ返済していくことも借金返済を上手く行うコツです。

ボーナスで借金返済!きつい状況でなければ借金の減額可能

ボーナスが出た場合にも、今回はなかったものと考え、全てを返済に充てることをおすすめします。せっかくのボーナスなのにと思うかもしれませんが、借金を完済することが先決です。

今の状況を頑張って切り抜けられたら、完済後は借金がない生活ではなく、「借金をしない生活」が自然と送れるようになるはず。とにかく今は借金返済のコツをベースに、完済に向けた考え方・生活の仕方に心を集中させましょう。

借金返済のコツに繰り上げ返済時は手数料無料のATM利用

借金をできる限り早くに完済するのに、繰り上げ返済は最も効率のよい方法といえます。ですがその際に注意しなくてはいけない点として、ATM手数料が挙げられます。

たとえ100~200円程度とはいえ、繰り上げ返済の度に手数料がかかっていれば、かなりの出費となってしまいます。その100~200円も節約することこそ、借金返済の重要なコツなのです。

これから急ぎでお金の工面で借りる人は特に、手数料無料の提携ATMを多く持つ借入先を選ぶことも視野に入れましょう。

利息減額には借り換えも借金返済を上手にするコツ

単に支払う利息を減額したい場合には、借り換えも検討しましょう。

借り換えに適したローンでは、低金利設定であることが多々。ですが、メリット・デメリットも理解し、借り換え専用のローン商品を用意している金融機関・業者選びが大切です。(関連:低金利・無利子でお金を借りる)

複数件の借金・多重債務を返済するコツ~おまとめローン等

既に多重債務者である場合において、借金返済のコツをまとめてみました。重要なことは、とにかく元金を減らすこと。利息ばかりの返済になると、完済が遠のいてしまうため、要注意。

複数件(多重債務)の借金返済のコツ
借金の一本化(おまとめローン) 多重債務の返済方法として有名なおまとめローン。利息が低い金融機関・業者のおまとめローンを利用することで、返済・管理がしやすいことが大きなメリットです。ですが、メリットばかりではありません。(関連:借金の一本化でまとめて金利を下げる)特に、借入件数が3~4社以上という場合には、審査に通らない場合も多くあり、審査通過が難しいローンともいえます。(関連:おまとめローンの審査に通らない理由)おまとめローン審査通過の可能性を高めるためには、まず借入件数を少なくしておくことをおすすめします。
借入件数を減らす

借入件数があまりに多い場合、借金の一本化は難しいといえます。とにかく1件でも減らしていくことをおすすめ。借入件数が多い場合に限りますが、低金利のローンで高金利のローンを完済する方法も1つです。例を挙げてみましょう。

  • B社より金利が高めのA社で借入残高が20万円
  • A社より金利が低めのB社で借入残高が20万円、ただし融資限度額は50万円
  • B社で20万円を借り、その20万円でA社を完済する

借入総額としては変わらないものの、件数が減り低めの金利でまとめることができます。

少額債務から返済 1件分の借金額が少なめのところ、完済が近いところの返済を先に進め、完済に持ち込むことも複数の借金返済のコツです。
高金利の借金から返済
複数件のうち高金利の分をできる限り多く返済していくことで、利息の増加を抑えることが可能です。とはいえ、それ以外を返済しないというのではなく、高金利分を多めに返済、返済負担の軽減を試みます。

利用可能な制度を積極的に利用することも借金返済のコツ

例えば、2010年6月17日以前に借金をしている人であれば、過払い金請求の可能性があります。過払い金請求で借金を完済にできたというケースもあるのです。

ただし、過払い金請求権は最後の借り入れ・返済日から10年で時効など、細やかな注意点にも気をつけなくてはいけません。

過払い金請求のノウハウについては、まずは専門の窓口にて相談することがおすすめ。以下に無料相談窓口をご紹介しますので、まずはご連絡を。

過払い金請求の無料相談窓口
各市区町村の法律相談 対象者は、各地域の在住者・在勤者に限られます。約30分間の無料相談となりますが、各地域により相談方法など細やかな制約があり、まずは各市区町村にお尋ねを。
国民生活センター 国民生活センターは、自治体管理の消費者生活センターとの連携により、消費生活全般に関連した無料相談を実施しています。(参考:国民生活センター「全国の消費生活センター等相談受付」)相談窓口では、専門的知識と経験豊富な消費生活相談員の対応がメインとなっていますが、内容により弁護士などの紹介もあり。休日でも電話による相談を対応してもらえるため、今すぐという人にも便利な窓口です。(参考:消費者庁「消費者ホットライン」)
法テラス 法務省所管の日本司法支援センター運営の法テラスは、借金などの法律問題を抱える人を対象とした総合案内所となっています。1つの問題あたり3回まで無料相談が受けられる上、必要であれば弁護士・司法書士費用の立て替えもしてもらえます。まずは法テラスへお問い合わせ下さい。(参考:法テラス「お近くの法テラス(地方事務所一覧)」)

 

また、借金で生活が困窮状態にあるという人には、公的機関による補助が受けられる可能性もあります。生活サポート基金など、自治体によって相談できるところがあり、まずはお問い合わせを。

ちなみに、借金返済中の人でも生活保護が受給可能となっています。原則として生活保護受給金を借金返済に利用できませんが、ケースワーカーとの相談で借金問題を改善していく方法が得られるはず。

以下の記事でも生活困窮にある人の対処法などをご紹介していますので、是非ご覧下さい。

③完済へのモチベーションキープも借金返済の重要なコツ!

借金を完済したい…その思いは強くあっても、モチベーションをしっかりとキープしなければ、挫折することにもなりかねません。まさにダイエットと同じですよね。

ということで、借金返済のコツとして、完済へのモチベーションをキープする方法をまとめてみました。モチベーションが下がっている人は特に、是非お試し下さい。

完済後の生活を考える

まず「とにかく完済したい!」とだけ考えるのではなく、「完済した後には○○を実現させたい!」などと具体的な目標を持つこと。

完済すれば、月々の返済額から解放される上、充てていたお金が手元に残ることになるのです。そのお金で行きたいところや買いたい物などをイメージすることで、モチベーションをキープしやすくなります。

借金返済のコツにブログ等で現況報告の公開もGood!

人によっては、自らプレッシャーをかけることもモチベーションキープの方法として効果が期待できるもの。その方法として、自身のブログやサイトなどに借金返済の現況報告を公開するのもいいでしょう。実際に、そのような借金返済ブログ・サイトを持っている人は多くいます。

またその公開により、同じく借金完済を目指す人との繋がりが生まれ、互いに借金返済のコツ・情報の交換ができるかもしれません。時に周囲からモチベーションをアップしてもらうことも、借金返済の大きなコツといえるのです。

定期的なストレス発散も大切

借金返済に追われている人は、当然ながら経済的な余裕は皆無。ですが抑え込まれた日々の生活は、ストレスへの重圧を増すばかりで、モチベーションを下げてしまうことにもなりかねません。

そこで、数ヶ月に1度くらいは以下のようなストレス発散法で「借金から一瞬だけ逃れる」ことも大切です。

  • 家族で外食
  • 釣りやスポーツ観戦など趣味を活かす時間を持つ
  • 同僚と飲み会

自身がリラックスできる空間を設けることで、ストレスを適度に発散させることも、モチベーションキープに繋がります。

また、真面目な性格な人ほど借金返済に一途となり、そのストレスから鬱となることも珍しくないため、要注意です。

借金返済をコツコツと頑張る自身を褒めてあげよう

借金返済をコツコツと頑張っている人は、過去の自身を責める傾向にあります。もちろん、借金返済の状況を作ったのは自分自身ですが、過去の過ちを引きずり続けても状況は変わりません。(関連:お金を借りる時の罪悪感について)

前向きな気持ちを維持するためにも、特に返済日など、完済への目標に近づく自身を思いっきり褒めてあげましょう。

考え方・生活の仕方を変えることも借金返済のコツ

借金返済のコツは、いつまでに完済をするという目標を目指し、家計の収支を考えつつ計画的に実行していくこと。とはいえギャンブルや浪費癖などが借金の原因という人には、計画的な家計管理が困難な傾向にあるといえます。中には、借金返済を借金で行うという借金癖で、完済どころか借金を増やしてしまう人もいます。

そのようなこれまでの自分自身から脱却するつもりで、考え方や生活をすっかり変えてみることも一つ。借金返済中の自分自身をチャレンジャーとして、完済への小さなタスクをクリアしていく方法はいかがでしょうか。

そのタスクは人により違ってきますが、以下に例を挙げてみましょう。

  • 副業を見つける。
  • 食費を1週間で○○円に抑える。
  • 1ヶ月間早起きして数駅分を歩く。
  • 不要品をネットオークションなどで売る。

借金減額に繋がる細やかなタスクを多く書き出しましょう。1つクリアすると、また1つ増やす、という方法もいいでしょう。ゲーム感覚でタスクを1つずつクリアすることでモチベーションが維持され、意外と楽しみつつ完済時期を早められるかもしれません。

家族等に精神的サポートを頼むことも借金返済の重要なコツ

独りで悩みを抱え込んでしまうことを苦手とする人も多いことでしょう。モチベーションをキープするどころか、借金を増やしかねない状況に陥るかもしれません。

それならば思い切って家族や親しい友人などに打ち明け、精神的なサポートをお願いしてみるのもいいでしょう。浪費やギャンブルをしないように監視役を頼むことで、少しでも気持ちが軽くなることも。

ですが、配偶者であっても借金を打ち明けた途端に離婚という場合もあります。打ち明ける相手は信頼できる人に限ります。

借金返済額を含めた家計簿をつける

借金返済のコツとして、家計の収支と借金の現状把握が重要と既述していますが、節約も兼ねて家計簿を習慣化してみましょう。特に借金返済欄は、完済までの返済額/月を記入しておきます。

収支状況を書き込んでいくうちに、節約可能な部分も気づくようになり、無駄な出費を防ぐようになります。その分を繰り上げ返済などに回せれば、完済の道のりもそう遠くはありません。

完済への目処がついてくると、さらにモチベーションもアップしてきます。

④借金返済のコツ~借金返済がどうしても難しい場合

借金に借金を重ねてしまい、どうしても完済が難しい…生活再建の見込みが望めない場合には、債務整理も1つの方法です。

借金返済できないとどうなる?差し押さえや裁判等のリスク

借金返済を長期延滞すると、様々なリスクが発生します。以下、貸金業者の場合を例にそのリスクをご紹介しましょう。

滞納期間 リスク
延滞翌日~1ヶ月

遅延損害金が発生し、電話などで督促が行われます。遅延損害金は会社により違いますが、一般的に年率14.0~20.0%。その計算式は以下の通りであり、延滞日数を重ねるほどに遅延損害金が増えるため要注意。

  • 返済額の元金×遅延損害金(年率)÷365日×延滞日数

そして督促の電話には必ず出ること。その時に返済予定日を伝えると、その日までは待ってもらえる場合が多々。電話に出るまで督促は続き、最悪の場合は自宅や勤務先にかかってくる可能性あり。また書面による督促では、新たな返済日と遅延損害金がプラスされた返済額を記載した払込用紙が届けられます。

 

~2ヶ月 督促の電話にも出なければ、自宅訪問にて取り立てが行われます。昔とは違い、貸金業法で禁止されているため、登録業者は暴力的な取り立てを行うことはありません。(参考:日本貸金業協会「貸金業法の概要」)ですが、見知らぬ人の訪問により、家族やご近所に借金滞納を知られてしまうリスクは高まります。また貸金業法では、自宅以外の場所へ正当な理由なしの訪問を禁じていますが、滞納者が督促に応じなければ職場に訪問することも。借金の滞納期間が長くなればなるほど、精神的なストレスもかかることを覚えておきましょう。
2ヶ月以上 個人信用情報機関に遅延情報が記録されます(ブラックリスト)。この遅延情報の記録が、将来的にクレジットカードや他ローン商品の審査に影響する可能性大。遅延情報は延滞解消から1~5年間登録されます。ちなみに、3つの個人信用情報機関はそれぞれ情報の保管期間が異なります。(関連:ブラックでお金を借りる)また、内容証明郵便にて遅延損害金と借金残額分の一括請求について記載された督促状が届くことになります。一括請求があった場合には、弁護士や司法書士といった専門家に相談することがおすすめ。依頼により督促を停止させ、差し押さえなどの回避が可能です。
3ヶ月以上 裁判所より差し押さえの予告通知が送られ、その約2週間後に法的に対象となる給与や財産などの差し押さえが強制執行されます。差し押さえとなれば、勤務先に借金滞納を知られることになり、失業や生活破綻のリスクが高まります。また、裁判にて分割払いなど債権者との和解を試みる方法も可能ですが、出廷の負担などデメリットも多くあります。

借金返済のコツに公的機関や弁護士に相談もおすすめ

最悪の場合は、専門家にご相談を。相談先には、以下がおすすめです。

借金返済の相談

場合によっては、債務整理をすすめられるかもしれません。

債務整理の種類 特徴 向いている人の例
任意整理 金融機関・業者との話し合い、債務整理後は利息減額で返済。
  • 結婚前に借金を整理しておきたい人、婚約者にバレたくない人。
  • 多重債務者やヤミ金利用者など(ヤミ金対策の専門法律家に相談も必要)。
  • 長期滞納で債権回収業者へと既に債権譲渡されている場合。
  • クレジットカードのキャッシング枠のみならずショッピング枠が限度額を超えていて、滞納をしている人。(関連:クレジットカードの支払いに遅れで強制解約?)
個人再生 裁判所へ返済不能の申し立てを行い、借金を1/5~1/10ほどに減額、原則的に3年、最長で5年で返済。
  • 任意整理ができないものの、住宅ローンがあり家は維持したい人。
  • 職業的に自己破産では制限を受けてしまう人。
自己破産 原則として財産を全て手放し、借金の支払い義務がなくなる。 リストラや病気などで働けない人。

当然それぞれにメリット・デメリットはありますが、債務整理後は共通して借り入れが困難といえます。

とはいえ、生活破綻となってしまっては、返済どころではありません。債務整理をすることが生活再建への道として、検討すべきケースもあるのです。

専門家との話し合いで、自身に最適な方法を選択しましょう。

無職・専業主婦(主夫)で借金返済できない人のコツとは?

無職で借金返済ができない人、配偶者に言えないまま借金の悩みを抱えている人は珍しくありません。

だからといって、「無職でも即日融資可能」、「審査なしでお金貸します」などの謳い文句に飛びつくことは絶対にNGです。このような宣伝をする業者はヤミ金である可能性が高く、個人間融資掲示板などを利用することも同様です。

ヤミ金の危険性については、以下の記事でもご紹介していますので、是非ご覧下さい。

そして無職の人が借金返済する大きなコツとしてはまず、仕事や不要品の売却などで収入を得ることを考えてみましょう。(関連:ハローワークでお金を借りる)

収入が得られない場合は、借用書や利息設定などの条件付きで、家族や親戚などに頼むことも検討しましょう。

収入が得られない、どこからも借りられないという場合には、弁護士など専門家にご相談を。無職の場合は、自己破産の手続きを取ることが最善とされるケースが多いといえます。生活保護受給者であれば、弁護士費用・債務整理の手続費用など自己負担不要ですから、まずは法テラスなどにご相談下さい。

また、借金の無料減額診断を受け付けている法律事務所もあります。以下にまとめましたので、気になる人はお問い合わせを。

借金の無料減額診断を受け付けているところ
ひばり法律事務所 過払い金や債務整理など様々な借金問題の無料相談可。メール予約は24時間いつでも受付可能です。日本全国に対応しており、女性専用の無料相談も用意されていて安心感抜群です。着手金は分割払い可能。
東京ロータス法律事務所 債務整理問題において信頼度が高い法律事務所。自己破産・個人再生以外なら、全国に対応しており、休日もOKです。メール相談も受け付けていて、回数に限りなく相談無料という点が魅力。
アース法律事務所 元裁判官の弁護士による初回無料相談が可能。実績件数が多く、全国に対応可能です。メールでの無料相談も24時間いつでもOK、借金問題の解決法について親身になって提案してくれます。
弁護士法人アシスト法律事務所 公式サイトより借金減額の無料診断が行える上、診断後は無料LINE相談も可能。借金問題・債務整理の相談は、回数に限りなく無料で、相談やシミュレーションが気軽にできることがポイント。
弁護士法人サンク総合法律事務所 全国対応で、借金問題の無料相談窓口を24時間365日受け付けている事務所です。初期費用も無料、その他費用は分割払いOKとしており、相談実績が多く経験豊富なスタッフが親身になって丁寧に対応してくれます。
弁護士法人ライズ綜合法律事務所 大宮と横浜、大阪に事務所があり、公式サイトでは借金減額シミュレーターによる無料診断を可能としています。結果とともにメール相談可。信頼度も高い事務所です。
アヴァンス法務事務所 債務整理・過払い金請求を得意とする事務所で、債務者への温かいサポートが特徴、口コミ評判も良好です。女性依頼者のための専用窓口も用意されており、充実したサポート体制が好評です。無料相談は何度でもOK、公式サイトの借金減額シミュレーションも利用可能です。

借金返済のコツ~アイフルで借金返済を上手くする方法

借金返済のコツとして、カードローンに借り換える方法も挙げられます。ですが、どのような状況にある人でもOKというわけではありません。

こちらでは、借り換え専用・おまとめ専用のローン商品も準備されているアイフルで、借金返済の一例をご紹介していきます。

利息減額を可能とするカードローンで借り換え

休日でも来店不要でネット(Web)完結、最短即日融資を可能とするカードローンは、その利便性の高さで人気が高まっています。

中でも銀行系のカードローンは、消費者金融に比べて金利が低く、借り入れがバレにくいことが人気の秘訣となっています。

ですがやはり、最短即日融資を可能とし、無利息期間などサービスを充実させた大手消費者金融の利便性が抜群。利用者も増加傾向にあり、おすすめのカードローンといえます。

そして大手消費者金融でも、借り換え・おまとめローン商品を提供しているところがあります。中でもアイフルは他と比べて金利が低めであり、おすすめといえます。

銀行系の借り換えであれば、アイフルよりも低い金利で提供しているところがあるのですが、銀行の審査はなかなか厳しいもの。とはいえ、アイフルの審査が甘いというわけではありません。金利が若干高い分、銀行系よりも審査通過の壁は低めといえるのです。

借り換えローン提供先の金利を比較
アイフル 年3.0~17.5%
プロミス 年6.3~17.8%
楽天銀行 年1.9~14.5%
auじぶん銀行 年2.2~17.5%

まずはアイフルの返済シミュレーションで返済計画の見直し

返済計画を立てることは、借金返済の重要なコツです。アイフルでおまとめ・借り換えを希望している人は、まずアイフルの返済シミュレーションを活用してみましょう。(参考:アイフル「返済シミュレーション」)

アイフルで借金返済のコツ~24時間WEB完結で利息負担軽減

既にアイフルを含め複数件の借り入れを抱えている人には、アイフルの「おまとめMAX」が利用可能です。他社借入の場合はアイフルの「かりかえMAX」を。

借り入れ先がアイフルだけになることで管理もしやすく、金利負担が軽減されます。24時間手続き可能のWEB完結ですから、来店不要で申し込みできることも大きなメリットですね。

もちろん抱えている借入先の金利によっては、借入先がアイフルのみにならないこともあります。

アイフルでは女性オペレーター対応の女性専用ダイヤルも設置されています。電話やチャット、メールでの相談も受け付けているので、女性でお金を借りたい時は是非お問い合わせを。

Yahoo知恵袋で見る借金返済できない人への借金返済のコツ

Yahoo知恵袋でも、借金返済のコツについて相談が寄せられています。回答者さんたちは、以下のようなコツをおすすめです。

貯金と借金返済のコツは同じ!余計な物は買わない!

借金返済のコツと貯金のコツは同じであり、どちらも「お金を余計なことに使わない」こと。

この癖をつければ、完済した後も貯金ができるようになり、借金をしなくてもいいようになります。

最適な収支バランスを把握すること

借金総額と毎月の返済額、生活に必要な固定費などをしっかりと把握し、ギャンブル・散財は一切しないこと。

節約生活を基本としながらも、お金を正しく楽しく使えることに有り難みを覚えていく。借金返済中には難しいことかもしれませんが、心がけは大切です。

借金を早く返すコツは徹底した節約生活と仕事への高い責任感

借金を早く返すコツとは、節約生活を徹底させることと、毎日の仕事に対し責任感をしっかりと持ってこなしていくこと。

徹底した生活とは、以下のことを試してみるといいでしょう。

  • ランチなどでコンビニに行くことなく、日々の自炊でお弁当も作る。
  • お酒やタバコをやめる、あるいは最低限まで減らす。
  • ギャンブルや外食などお金の無駄遣いをしない。
  • 仕事以外での外出を減らす、遊行費を減らす。
  • 光熱費の節約。

上記以外でも思いつく限りの節約を日々こなし、仕事に集中することで、借金返済も意外と早く済むものです。

・TOP ランキングへ戻る >>今すぐお金借りる方法!即日必要で借りたいなら『お金借りる今すぐナビ』
―――――――
【最新版】ランキング
【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ
―――――――
今月の注目枠
🔰三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

↑融資まで最短翌営業日↑
―――――――
【下記ランキングについて】
WEBで完結&最短1時間在籍確認なし郵送物なし!
【審査通過の簡単な3つコツ】①借入上限額を高くし過ぎない②年収を偽らない③情報の入力ミスに注意

―――――――

1位 プロミス

三井住友銀行グループ

審査⇒借入まで最短30分即日借りれる!瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。電話・在籍確認なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)

※在籍確認(電話)の要望がある場合は、申込完了後すぐに相談をお願いします。

2位 アイフル
郵送物なし・在籍確認なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。(平日~土日祝でも当日可能)

3位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短60分で借りれる!(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
関連ページ