基礎知識

お金借りる時に嘘をつく危険性・借入金額の虚偽申告はバレるが借りれる

今現在、他社借入があるという方であれば、新たに借り入れをする際にすでに他社から借り入れがあることやその金額を隠したいと思ってしまうかもしれません。
実際に「他社からの借り入れがあると不利になるのでは……」と考える方は少なくありません。

そういった中で、嘘をつけば他社からの借り入れがあってもすんなりと新たな借り入れができるかもしれないと思うこともあるでしょう。ただ、借り入れの際に嘘をつくというのはもっとも避けるべき行為なのです。

(関連:今すぐお金借りる必要がある人用の方法!即日で借りたいなら)

この記事を読むとわかること
  • 借り入れする時に嘘はつかない
  • 借り入れ件数・金額は隠せない
  • 借り入れ限度額の再審査、減額されるかも
  • 強制解約の可能性、最悪一括返済の可能性も
  • 申告の狙いは、現在の借り入れ状況の把握できているかどうか
↓最新版ランキング↓

他社からの借り入れや金額はバレる

他社からの借り入れがあってその金額もどうにかごまかして新たに借り入れをしたいという方も多いでしょう。

ただ、結論から言ってしまうと他社からの借り入れやその金額というのは隠すことはできません。というのも、個人の借り入れの件数や金額というのは信用情報機関というところに記録されているのです。

信用情報機関に記録されている

信用情報機関というのは、借り入れの利用記録を管理するための機関になります。
今の日本には、JICCとして知られている日本信用情報機構、CICとして知られている株式会社シー・アイ・シー、全銀協として知られている一般社団法人全国銀行協会という3つの信用情報機関があります。
貸し付けをおこなっている業者であれば、この3つのいずれかの信用情報機関に加盟しています。

信用情報機関が3つもあるとその違いが気になってくるかと思いますが、違いとしては加盟業者と情報保有期間が挙げられます。ただ、違いがあったとしてもJICCとCIC、全銀協の3つの信用情報機関は信用情報を共有しています。
だからこそ、どこから誰が借り入れをしようとしたとしても借り入れやその金額というのはごまかすことができませんし、隠すこともできないのです。

お金を借りる時に嘘をつく危険性

先でもお話しましたように、基本的にJICC、CIC、全銀協という3つの信用情報機関が信用情報を共有しているからこそ、他社からの借り入れやその金額についての嘘というのは確実にバレます。
ただ、本当にまれに申し込みのときに嘘をついたまま審査を通過できることがあります。
もちろん、その後のさらなる審査でその嘘もバレてしまうのですが、嘘がバレてしまうととんでもないことになります。

新しくお金借りる時は限度額を再審査

まず、新たに借り入れをする場合にその限度額が再審査となり、減らされる可能性が出てきます。というのも、限度額というのは他社からの借り入れの状況によって決定されるのです。
新しく設定された限度額よりも多く借り入れをしている場合には、オーバーしている分をすぐに返済するように要求されることもあります。

契約の強制解約の可能性

また、強制解約の可能性も出てきます。限度額が減らされるのはまだマシなほうで強制的に契約を切られてしまうこともあるのです。そうなってくると、当然、借り入れというのはできなくなってしまいます。

一括返済で請求される可能性

そして、もっとも厳しいのが一括返済を求められるというケースです。
もし借り入れが数万円レベルであれば一括返済でもどうにかなるかもしれませんが、数十万円や数百万円というレベルになってくると一括返済というのはとても厳しくなってきます。これで一括返済ができなかった場合、裁判に発展する可能性も出てきます。裁判まで発展すると、強制執行でお給料や財産が差し押さえられるようなことも出てくるでしょう。

このように借り入れの際に嘘をつくと、思っている以上のダメージを受けることになります。そもそもどのような嘘をついたところで信用情報を共有している信用情報機関の存在があるのですから、確実にバレてしまうのです。
嘘をついてそれがバレたときのダメージよりは、嘘をつかずに正直に申告したときのほうが確実にダメージは少なく済みます。

虚偽申告しなくてもお金を借りれる

他社から借り入れをしていることやその金額について嘘をつこうと考える方というのは、やはり他社からの借り入れの有無や金額によって新たな借り入れができないものと思い込んでいる節があります。
しかしながら、そもそも他社からの借り入れがあったとしてもその金額がそれなりのものになっていたとしても、新たに借り入れができるときには借り入れができるのです。

新たな借り入れをする際に他社からの借り入れ状況やその金額について尋ねるのは、信用情報を確認したいからではありません。信用情報はそれこそ信用情報機関に確認すれば一発でわかるのです。他社からの借り入れ状況やその金額について尋ねるのは、借り入れを検討している本人が自分の借り入れ状況をきちんと把握できているのか虚偽の申請をしないかどうかを確認したいからなのです。

もちろん、状況によっては断られることもあるのですが、最初から正直に申告しないことには何も始まらないのです。借り入れの可能性を少しでも高めたいのであれば、正直に申告することです。

【最新版】ランキング

【直近3ヵ月の人気・申込数順】※当社調べ
WEBで完結&最短1時間在籍確認なし郵送物なし!
【審査通過の簡単な3つコツ】①借入上限額を高くし過ぎない②年収を偽らない③情報の入力ミスに注意

1位 プロミス

三井住友銀行グループ

審査⇒借入まで最短60分即日借りれる!瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。電話・在籍確認なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)

 

2位 アイフル
郵送物なし・在籍確認なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。(平日~土日祝でも当日可能)

3位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短60分で借りれる!(平日~土日祝でも当日可能)

今月の注目枠
🔰三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
↑バンクイック↑

関連ページ