お金借りる今すぐナビ
お金借りる

お金借りるための審査内容

カードローンに限ったことではないのですが、お金借りる上で気になってくるのがその審査内容です。お金に困っているからこそお金を借りたいわけです。お金借りるための審査ということであれば、やはりその審査は確実に通過したいところです。ここでは、お金借りる際にどういったところが見られるのかについてご紹介していきたいと思います。

審査は総合的におこなわれる

カードローンを含めてお金借りる際の審査というのは、総合的におこなわれることになります。申し込みをした際に入力した内容はもちろん、本人確認書類や収入証明書類、信用情報機関から取り寄せる信用情報といったものから総合的に判断されていくことになります。

申し込みをする際に入力する内容としては、本人の氏名や生年月日、性別、電話番号、固定電話の有無、メールアドレス、運転免許証の有無、自宅住所、持ち家か賃貸か、子どもの有無、勤務先名、勤務先住所、勤務先電話番号、勤務先の規模、入社時期、雇用形態、年収、保険証の種類、他社での借入金額、希望借入額などが挙げられます。

また、本人確認書類としては、運転免許証や健康保険証、パスポート、在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書といったものが挙げられます。収入証明書類としては、源泉徴収票や所得証明書、税額通知書、確定申告書、給与明細書といったものが挙げられます。ただ、50万円以下の借り入れであれば基本的には収入証明書の提出がなくても借りられます。逆に、それ以上になると収入証明書の提出が必要になってきますので、注意しておきましょう。

そして、信用情報機関から取り寄せる信用情報についてです。これに関してはカードローンの申し込みをする本人がどうこうすることはありません。というよりも、本人の意思とは関係なく、勝手に調べられるものと考えていいでしょう。信用情報機関というのはクレジットカードやローン利用者の申し込み、契約内容、延滞などの信用情報を集めている機関のことで、基本的にクレジットカードやローンに関する情報は筒抜けになっているものと考えるべきです。

これらの内容を総合的に判断して、融資をするかしないかを決めていくことになります。もちろん、嘘をつくというのは言語道断です。伝えるべきことを伝えて、カードローン会社がどう判断するかを待つしかありません。

返済できるかどうかが大きなポイントに

カードローンに限ったことではないのですが、融資を受ける際に大きなポイントとなってくるのが「返済できるかどうか」という部分です。これは実際に自分がお金を貸す側になったことを想定して考えてみるとわかりやすいでしょう。ある程度まとまった金額を貸すとなった場合、その相手がきちんと返済できるのかどうかを考えるはずです。言うまでもありませんが、返してもらえないということになると困るわけですし、だからこそ返してもらえることを前提で貸すのです。

お金を実際に貸すカードローン会社の立場になって考えてみれば、返済できるかどうかが大きなポイントになってくるというのは言うまでもありません。どういったところで返済できるかどうかを判断するのかというと、安定した収入があるのかどうかという部分です。これはカードローン会社各社においても、申し込みの条件になっています。

例えば、正社員であっても短期間で転職を繰り返しているようなタイプよりは、同じ職場で長く働いているようなタイプのほうが安定感があります。正社員や公務員といった部分はもちろんですが、勤続年数の長さといった部分も安定感につながってくるのです。安定感がすべてというわけではありませんが、お金を貸す側がプラスに判断してくれる部分は確実にあるでしょう。

重視するポイントはカードローン会社によって違う

先でお話した「返済できるかどうか」という部分の他にも、持ち家なのか、居住年数はどれくらいなのか、家族構成がどうなっているのかなど重視されるであろうポイントはいくつかあります。ただ、具体的にどういうポイントにおいてどれだけの基準が設けられているのかというのは絶対に公表されることはありません。というのも、公表してしまうとその部分だけをごまかそうとしてくる人が出てくるからです。

それにカードローンにあたってどこを重視するのかはカードローン会社によって違ってきます。カードローン会社というのはそれぞれがターゲットを設定しており、そのターゲットを多く取り込むためにいろいろな設定をしているのです。カードローン会社によって基準が異なってくるというのは、ある意味で当たり前のことなのです。

カードローンの審査というのはその人のそれまでの歩みが見られることになりますので、日頃からお金のことはきちんとしておくことです。そして、カードローンの申し込みの際に不利だからといって嘘をつかないことです。