お金借りる今すぐナビ
お金借りる

即日お金借りる方法は銀行振込

生きていれば、今すぐにでもお金が必要というシーンに遭遇することもあるでしょう。引き落としがあるのに口座にお金が足りない、旅行へ行くのにお金が足りない、断れない急な誘いがあった……人それぞれさまざまな事情や理由を抱えているでしょうが、やはりお金は必要になってくるものです。そういったときに便利なのがカードローンなのですが、即日でお金借りるためにはどうしたらいいのでしょうか?それはズバリ、銀行振込でお願いすることです。

①基本的にはインターネットからの申し込みをする

即日でお金借りるのであれば、基本的に申し込みはインターネットからにしておきましょう。パソコンでもいいでしょうし、スマートフォンからでもいいでしょう。即日で銀行振込を希望するのであれば、インターネットからの申し込みがもっともスピーディーです。わざわざ店舗に出向いてカードを受け取る必要もありませんし、カードに関しては後日郵送で送られてくることになります。そもそもさすがに即日では専用のカードも手元には届きません。

特に、今は何に関してもインターネットからの申し込みが主流になっています。そのため、消費者金融カードローンも銀行カードローンも24時間いつでも申し込める体制が整っているのです。少しでも時間があるなら、その時間でパソコンからでもスマートフォンからでもいいのでインターネットからカードローンの申し込みをすることです。

言うまでもありませんが、即日で銀行振込をしてもらう必要があるなら即日融資を謳っているカードローンを選びましょう。即日融資と即日審査では意味合いが異なってきますので、必ず即日融資を謳っているカードローンに申し込みをすることです。

②必要な書類は画像でアップロードする

カードローンに限った話ではないのですが、基本的にお金借りるときには身分証明書など本人確認書類の提出が必要となってきます。ただ、即日での銀行振込を希望しているのであれば、郵送しているような時間はありません。幸いなことに、今はスマートフォンなどからでも画像でアップロードができるようになっています。

本人確認書類としては、運転免許証や健康保険証、パスポート、個人番号カードといったものが挙げられます。以前は、郵送やFAXといったもので提出するのが当たり前だったのですが、今は先でもお話しましたようにパソコンやスマートフォンからでも画像としてアップロードすることができます。必要書類を写真撮影し、それをアップロードするだけなので誰にでもできます。

③契約する際に振込先の口座を登録する

銀行振込でお金借りるのであれば、言うまでもなく振込先の口座を登録しなければいけません。振込先の口座の登録は、カードローンの契約をする際におこなっていきます。振込先の口座を間違って登録してしまうと、元も子もありません。

即日で間違いなく銀行口座に振込をしてもらうためには、銀行名はもちろん、支店名や口座番号といった情報を確実に正確に入力するようにしましょう。慌てて間違った情報を入力してしまうと、即日での銀行振込に間に合わなくなってしまいます。

④最低でも13時までには申し込みをする

即日で銀行振込をしてもらう必要があるなら、申し込みをする時間も意識していかなければいけません。即日で銀行振込を希望しているのであれば、タイムリミットは13時までと考えておいたほうがいいでしょう。銀行振込は通常であれば銀行営業時間の15時までに完了させなくてはならないので、それよりも前に申し込みをしなければいけないのです。

しかも、申し込み後には諸々の手続きが必要になります。最低でも14時には契約と振込依頼をしておくべきでしょう。カードローンの審査時間は早いところでも30分ほどはかかります。ただ、申し込みが集中すれば審査にも時間がかかります。だからこそ、早いに越したことはないのです。13時までに申し込みをして、14時までに契約完了といった具合です。

ただし、最低でも13時という話です。もっと早くに申し込みができるのであれば、それに越したことはありません。特に、週末や月末、年末はカードローンの申し込みが増えると言われています。そのため、週末や月末、年末は午前中に申し込むようにしておいたほうがいいでしょう。申し込みが多いと審査結果が出るまでに時間がかかってしまい、本当にギリギリで間に合わないという可能性も出てきます。

銀行口座にお金が振り込まれるまでには、タイムラグが発生する場合もあります。銀行口座に即日振込してもらう場合であっても、実際に振り込まれるまでにはタイムラグが発生する可能性があるからこそ、早めにアクションを起こす必要があるのです。15時ちょうどに銀行口座にお金が入るとは限りませんし、少し遅くなるようなこともあります。ギリギリでの申し込みを避けるというのは、こういったリスクを減らすことにもつながってきます。