条件別でお金を借りる

一時的にお金を借りたい時に使える方法23選!用途別の借り方徹底解説

毎月のお給料、計画的に使っているつもりでも、予期せぬ出費でお財布がピンチになってしまうことはありませんか?

急なケガで入院しなきゃいけなくなった
友達の結婚式の招待が続いて、ご祝儀代が不安…
パソコンが壊れて買い換えなきゃいけない

など、お金が必要なタイミングは急にやってくるものです。

この記事では、そんな一時的にお金を借りたい・用意したいときに使える23個の方法をご紹介します。

金融機関での借り入れから、自分でお金を作る方法までを細かく解説するので、自分の目的に合った方法を見つける参考にしてください。

この記事でわかること
  • 早く借りたいなら消費者金融がおすすめ
  • 銀行のローンは時間はかかるが低金利で借りられる
  • 公的制度を利用してお金を借りることもできる
  • 条件が合えば審査なしでお金を借りる方法もある
↓最新版ランキング↓

【即日融資】とにかく今すぐにお金を借りたい人向け

今すぐにお金が必要な場合、即日融資可能な金融機関で借りるのが、一番手早く、おすすめです。

その日のうちに融資をしてもらう方法としては、大手消費者金融に申し込む方法や、クレジットカードのキャッシングを利用する方法、すでに利用している金融機関で増額をしてもらう方法などがあります。

3つの方法について、特徴や注意してほしいことを解説していきます。

大手消費者金融で借りる

すぐにお金を借りたい人向けの1つめの方法は、大手消費者金融を利用することです。

大手の貸金業者の場合、申し込みから審査までにかかる時間が短く、最短30分ほどで審査結果が出る場合もあり、申し込む時間にもよりますが、その日のうちに融資を受けることも可能です。

また、SMBCモビットを除いて、ほとんどの会社で、初めての利用時には無利息期間を設けているので、上手に利用すると良いでしょう。

大手消費者金融を利用する最大のメリットは、来店申し込みだけでなく、インターネットからの申し込みにも対応している点です。

土日も平日同様に申し込みができ、即日融資も可能なので、急ぎでお金が必要な場合に強い味方になってくれるでしょう。

下の表は、主要な貸金業者の金利と無利息期間の有無、審査時間をまとめたものです。利用する会社を選ぶときに参考にしてみてください。

消費者金融 金利 無利息期間(初回利用時) 審査時間
プロミス 4.5~17.8% 最大30日間 審査:⇒最短30分
アイフル 3.0~18.0% 最大30日間 審査⇒最短30分
アコム 3.0~18.0% 最大30日間 審査⇒最短30分
レイクALSA 4.5~18.0% 30日間、60日間(WEB申し込み限定)、180日間(5万円まで)から選択 審査⇒最短15秒
SMBCモビット 3.0~18.0% なし 審査⇒最短30分

プロミスはカードレス契約が魅力

カードローン契約の申し込みを手軽に行いたい人は、プロミスの利用をおすすめします。

プロミスの「WEB完結」なら、24時間いつでも申し込みができ、本人確認書類の提出もWEBやアプリで手続きできるので、手間のかかる郵送でのやり取りをせずに契約を行うことが可能です。(関連:お金借りる時にいる必要書類)

また、契約後はカードレスですぐに利用することができます。

プロミスの公式アプリをダウンロードすれば、カードなしでコンビニのスマホATMを利用して借入や返済をすることができます。

なお、借り入れも2020年12月までできたのですが、アカウントを乗っ取りした不正取引が増加したため利用が停止されております。

レイクALSAは無利息期間が豊富

大手消費者金融では、初めて利用する際に無利息期間を設けているところが多いですが、その中でもレイクALSA無利息期間のプランが3つあり、都合にあわせて選べるのが特徴です。

30日間から最大180日間無利息というプランもあり、他社消費者金融の中でもこのように長期間の無利息プランが選べるのはレイクALSAだけです。

プランによって申し込み方法の指定や、契約額、無利息期間終了後の貸付利率が異なりますので、下記の表で違いをチェックしてください。

また、無利息期間の起算は、契約日の翌日からとなります。

借入日の翌日からの起算ではないので、注意してください。

無利息期間 概要 申し込み方法 契約額 無利息期間経過後の貸付利率
30日間0円 借入額全額にかかる利息が30日間無料 自動契約機または電話 1万円~500万円 4.5%~18.0%
60日間0円 借入額全額にかかる利息が60日間無料 WEB申し込み限定 1万円~200万円 12.0%~18.0%
180日間0円 借入額の内、5万円分にかかる利息が180日間無料 自動契約機または電話 1万円~200万円 12.0%~18.0%

クレジットカードのキャッシングを利用する

2つめの方法は、クレジットカードのキャッシング機能を利用する方法です。

クレジットカードを作るとき、多くの場合は、買い物等の支払いで使う「ショッピング枠」の他に、現金の借り入れができる「キャッシング枠」を設定することが可能です。

キャッシング枠がついているクレジットカードを持っている場合、その限度額の範囲内でカード会社からの借り入れが可能となり、コンビニ等のATMから現金を引き出すことができます。

キャッシング機能は、事前にキャッシング枠を設定している場合にのみ使うことができますが、新たにキャッシング枠を設定する場合は審査が必要となります。

その場合は、審査の進捗によっては、即日に借りられない可能性がありますので注意してください。

すでに利用している金融機関での増額

3つめは、すでに利用している金融機関がある人向けの方法です。

現在、すでにどこかの金融機関でお金を借りている場合は、利用限度額の増額申請を行うことで、借入可能額を増やせる可能性があります。

増額を希望する場合、利用している会社に増額の相談をしてみると良いでしょう。

ただし、増額をするには新規の申し込みと同様に審査が行われるので、必ずしも増額できるとは限りません。

初回で申し込んだときよりも収入が下がっていたり、返済状況が滞ったりしているなどマイナスな面があると、増額できないだけでなく、現在の利用可能額を引き下げられるリスクもあるので、注意が必要です。

【急がないなら】なるべく低金利で借りたい人向け

お金が必要なタイミングまで、まだ時間の余裕があるという人は、消費者金融よりも低金利で借りられる、銀行のローンがおすすめです。

即日融資を受けることはできませんが、その分、金利を低く抑えることができます。

銀行でお金を借りる3つの方法を解説します。

銀行カードローン

多くの銀行では、利用限度額の範囲内で、繰り返し何度でも借り入れや返済ができるカードローンを申し込むことができます。

銀行カードローンと消費者金融の大きな違いは金利の低さです。

一例として、三菱UFJ銀行バンクイック、イオン銀行カードローン、楽天銀行スーパーローンの金利をご紹介します。

銀行カードローン名 金利
三菱UFJ銀行バンクイック 年1.8%~14.6%
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8%
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5%

上記の3行の金利を確認すると、先に紹介した大手消費者金融の金利と比べてかなり低く借りられることが分かります。

ただし、銀行カードローンにももちろん審査がありますし、即日融資はできず最短でも翌日以降の融資となりますので、急ぎでお金を借りたい人は注意するようにしてください。

銀行のフリーローン

銀行のローンの中で、カードローンよりも低金利で借りられるのが、フリーローンです。

カードローンとフリーローンは、どちらも個人向けのローン商品ですが、利用枠の範囲内で何度でも借りられるカードローンに対して、フリーローンは借入額が一括で入金されるという違いがあります。

そのため、フリーローンは追加融資ができず、カードローンのように反復利用ができません。

もしも、今後もお金が必要なときに繰り返し借りる可能性がある場合はカードローンを、一時的な利用でできるだけ金利を抑えて借りたい場合はフリーローンを選ぶと良いでしょう。

銀行の目的ローン

使用目的が明確に決まっていて、比較的借入金額が大きい場合には、目的別ローンを利用するのも良いでしょう。

例えば、住宅ローンマイカーローン教育ローンなど、銀行によって様々な目的別ローンが用意されています。

銀行のローン商品の中でもかなり低金利で借りられるのが特徴ですが、申し込みの際には、見積書や合格通知書など、使用目的を証明できる各種書類を提出する必要があり、審査もより慎重に行われる傾向にあります。

そのため、借り入れまでに時間がかかることが多いので、申し込みを検討する際は、日数に余裕を持つことをおすすめします。

ローン審査に通るか自信がない人向け

お金が必要な状況の中、大手消費者金融や銀行のローン審査に通るか不安だという人もいるでしょう。

次からは、そんな人に参考にしてもらいたい方法をご紹介します。

中小消費者金融で借りる

中小消費者金融では、大手の貸金業者に比べて審査が柔軟に行われているところが多く、大手消費者金融の審査に落ちた人でも借りられる可能性があります。

大手のローン審査に通るか自信がない人は、一度申し込みをしてみても良いでしょう。

ただし、中小消費者金融で申し込む際は、いくつかのデメリットがあります。

多くの場合、大手のカードローンのように限度額内での反復利用ができません。

また、申し込みや契約時には来店での手続きが必須である場合や、審査に時間がかかるので即日融資が受けられない土日には審査を行っていないなど、業者によって利用方法にかなり違いがあります。

中小消費者金融を利用する場合は、このような注意点をよく理解しておくようにしてください。

質屋で借りる

手元にあるものを担保にお金を借りられる方法の1つに、質屋があります。

質屋では、商品を預けることで、その商品の価値に見合った分だけお金を借りることができ、返済期限までに利息を含めた借入金額を返済すれば、預けた商品が戻ってくる仕組みになっています。

もし期限までに返済できない場合は、預けた商品は質屋によって転売(質流れ)されてしまいますが、見方を変えれば、返済できなくても預けたものの所有権を失うだけでお金の返済義務はないと言うこともできます。

今は、チェーン展開し、よりカジュアルに利用できる質屋も増えていますので、上手に活用すると良いでしょう。

生命保険の契約者貸付制度を利用

現在、生命保険を契約している人は、契約者貸付制度を利用することができます。

この制度は、生命保険の解約返戻金を担保に保険会社から融資が受けられる仕組みですが、他のカードローン等と大きく異なるのが審査なしで借りることができる点です。(関連:審査なしでお金を借りる方法)

担保にしている解約返戻金は、これまでに保険金として自分自身が支払ってきたお金ですので、審査がなく借り入れが必ずできます。

ただし、借り入れできる上限額は、一般的に解約返戻金の約7~8割であることが多いので、契約期間が浅い場合はあまり大きな金額は借りられないこともありますので注意してください。

また、返済ができなかった場合は保険は解約されてしまうので、利用にあたっては、しっかりと返済計画を確認するようにしましょう。

ゆうちょの自動貸付

知っている人は意外と少ないですが、郵便局のゆうちょ銀行でも、自動貸付の仕組みを使ってお金を借りることができます。

自動貸付とは、ゆうちょの総合口座を利用している人が、口座に入金している金額を越えてお金を引き出そうとしたときに、不足している分が自動的に貸し付けられる仕組みです。

ゆうちょの自動貸付には3種類あり、総合口座で定期預金、定額貯金、国債を預けている人であれば、それらを担保に審査なしで貸付を受けられます。

貸付金額の上限は、預入金額の90%以内で、1冊の総合口座通帳につき300万円までとなっており、貸付回数の制限がないのも利用するメリットと言えるでしょう。

親や知人から借りる

親や親戚、知人など、近しい人からお金を借りるのも検討できる方法の1つです。

お金の貸し借りは、信用に大きく関わり、その後の人間関係も左右することがあります。

もし親に借りられるなら、知人よりもまずは親に頼むようにしましょう。

また、知人に借りることになった場合は、トラブル防止のためにも、借入額や返済方法、
期限などを記載した借用書をきちんと用意し、記載内容に沿って、しっかりと返済するようにしましょう。

なるべく公的制度を利用したい人向け

一時的にお金が必要だと言っても、貸金業者や金融機関からの借り入れに抵抗があるという人も多いでしょう。

そんな人は、公的な制度を活用するのがおすすめです。

国や都道府県、区市町村では、金銭面で生活に困窮する人に向けたサポート制度を実施していますので、いくつかの公的支援についてご紹介します。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度とは、低所得者や障害者、高齢者の中で生活に困窮している人が、窓口である都道府県の社会福祉協議会を通じて相談や支援と同時に、資金の貸付を受けられる制度です。

一時的な生活費や、住居へ入居するための資金病気療養のための経費や、子どもの教育費など様々な種類があるので、支援を受けたい人は、まずは地域の社会福祉協議会に相談してみてください。

緊急小口資金貸付

所得の低い世帯が、解雇等による収入減や、災害、急な病気等により一時的かつ緊急的に生活援助が必要となった場合に、10万円以内の少額の貸付を受けられる制度緊急小口資金貸付です。(関連:お金を借りる病気電気代滞納で払えない水道代滞納で払えないガス代滞納で払えない)

無利子かつ連帯保証人が不要で、返済開始までには2ヶ月間の猶予があります。

あくまでも一時的な利用に限られますが、利用の可否は社会福祉協議会まで問い合わせをしてください。

年金担保貸付

現在、国民年金や厚生年金を受給している人が、その年金を担保として融資を受けられるのが年金担保貸付制度です。

一時的に小額の費用が必要な場合に利用することができ、担保となる年金は、老齢年金や老齢基礎年金、遺族年金、障害年金のいずれの種類も可能となります。

年金担保貸付は、独立行政法人福祉医療機構が実施しており、同機構の代理店である金融機関のうち、年金受取口座のある店舗の窓口で申し込みを行うことができます。

詳しくは、独立行政法人福祉医療機構のホームページで(関連サイト:独立行政法人福祉医療機構 | WAM)確認するようにしてください。

母子福祉資金貸付(父子・寡婦)

母子父子寡婦福祉資金貸付金とは20歳未満の子どもを扶養しているシングルマザーシングルファザー、寡婦を対象とした制度です。

貸付資金は、子どもの修学資金(関連:奨学金を借りる)や、自らの事業習得資金、生活資金など様々な種類があり、貸付限度額や償還期間、利率が異なっています。

制度の詳細を知りたい人は、お住まいの地域の福祉窓口へ問い合わせをするようにしてください。

求職者支援資金融資制度

求職者支援資金融資制度は、再就職のためにハローワークを通じて職業訓練校に通っている人で、「職業訓練受講給付金」を受給する予定がある人が活用することができます。

職業訓練受講給付金とは、職業訓練に通う間の生活費の補助として、月額10万円の給付金を受けられる制度のことです。

月10万円の収入はとても大きく、家計の助けになりますが、それだけでは生活費が足りないという人もいるでしょう。

そんなときに、追加でお金を貸してもらえる制度が「求職者支援資金融資制度」です。

給付金と違って「借金」になりますが、金利が3%とかなり安いので条件を満たしている場合は利用してみても良いかもしれません。

事業性資金が必要な人向け

今、この記事を読んでいる人の中には、生活費や遊興費など個人で使うお金ではなく、事業に充てる資金を必要としている人も多いでしょう。

事業性資金を調達するにはどんな方法があるでしょうか。

ここでは3つご紹介します。

ビジネスローン

まずは、その名の通りビジネス資金に使うことを目的に借りられる、ビジネスローンです。

事業者ローン」や「自営業者ローン」として打ち出しているところもあります。

通常のカードローンは、事業の運転資金や設備資金などに充てるために借りることはできませんが、事業資金に特化しているビジネスローンなら可能で、法人経営者だけでなく、個人事業主も利用することができます。

ビジネスローンは銀行での取り扱いもありますが、急ぎで資金調達したい場合は、ノンバンク系の金融機関がおすすめです。

扱っている会社によっては、即日で借りることもできるので、借り入れの際は、どの会社で借りるかしっかりと検討してみてくださいね。

ファクタリング

企業経営者で売掛債権がある人は、ファクタリングという方法をとることも可能です。

ファクタリングとは、企業が抱えている売掛債権を買い取ってもらうことのできるサービスで、新しい資金調達方法として最近注目されています。

自社と取引先とのやり取りにファクタリング会社を絡ませることで、決済日よりも早く現金を回収でき、担保や保証人をたてずに利用することができるなどのメリットがあります。

一方で、ファクタリング会社に支払う手数料が発生するため、本来手にするはずの売掛金よりも少ない金額になることや、まだ新しいサービスのため信頼できる業者を見極めなければならないなどがデメリットとして挙げられます。

仕組みを理解しうまく活用すれば、資金繰りをサポートしてくれる優良なサービスですので、利用を検討してみても良いでしょう。

日本政策金融公庫

政府系金融機関として、中小企業や小規模企業への支援を行っているのが、日本政策金融公庫です。

日本政策金融公庫から融資を受ける場合のメリットとしては、金利が低いことが挙げられます。

反対にデメリットとしては、企業からの融資の申請が多くあるタイミングだと、申請から融資実行までに時間がかかることがある点です。

社会情勢などで景気が悪化するなど、多くの企業で資金調達が困難な場合には、手続きに長い時間を要する場合があるので、注意してください。

【返済不要】お金を自分で作る方法

「お金が必要だけれども、借りた後に返すあてがない」という人は、自分でお金を作る方法を検討してみてはいかがでしょうか。

お金を作ると言うと何か特別なことが必要なように感じてしまいますが、決してそんなことはありません。

個人でも簡単に試せる方法がありますので、いくつかご紹介していきます。

クラウドファンディングで資金を集める

クラウドファンディングとは、自分が実現したいことに対して出資してくれる人をインターネットで募る仕組みのことです。

自分の店を持ちたい」「世の中の役にたつこんなサービスを始めたい」など、自分の想いに共感してくれる人から資金を集めることができます。

資金調達や出資と聞くと企業だけの話のようですが、クラウドファンディングは個人で資金を募ることができるため、今、利用者が続々と増えています。

考えや気持ちに賛同してくれた人が出資してくれるため、募集にあたっては計画をしっかりと練る必要があり、目的が単なる生活費や遊興費のためだと、資金を集めることはできませんので注意してください。

自宅にある不用品を売る

自宅に、古くなった洋服やぬいぐるみ、もらったけれど使っていない食器やタオル、飽きてしまった趣味の道具などはありませんか?

自分では使うことのない不用品は、リサイクルショップフリマアプリで売って、お金に変えてしまいましょう。

「こんなものが本当に売れるのかな?」と心配になるようなものもあるかもしれませんが、実は意外なものが高く売れることも少なくありません。

例えば、数回使った化粧品や、機能の一部が使えなくなった電化製品でも、試しに使ってみたいという人や、修理して使いたいという人がいることもあります。

下に、不用品が売れる場所の一例をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

方法 販売手数料
リサイクルショップ 商品を自分で店舗に持ち込む他、宅配便等での送付も可能。 特になし
フリーマーケット 自治体や民間団体が実施しているフリーマーケットに申し込み、ブースを出展し、直接販売。 出店料金がかかる場合もある
インターネットオークション インターネットを介したオークションで、オークションサイトに販売者として出品する。 無料~10%程度
フリマアプリ オンライン上のフリーマーケット。アプリ内で販売者として出品する。 3%~10%程度

※インターネットオークションやフリマアプリは、販売手数料の他に、振込手数料や決済手数料がかかることもあります。詳細は、各サービスの公式サイトを確認してください。

単発のアルバイトをして稼ぐ

手っ取り早くお金を稼ぎたいという人には、単発のアルバイトがおすすめです。

日給で約1万円前後を稼げるものもあり、条件によってはその日の内に給料を支払ってくれる場合もあるので、すぐに手元に現金が欲しい場合には良いでしょう。

募集は、インターネット求人情報誌で探すことができ、コールセンターや工場の製造ライン、イベント時の交通誘導など、幅広い分野のお仕事があります。

求人によっては、面接や研修もなく、経験も問わないものもありますので、自分にあった募集内容を探してみてください。

在宅ワークをして稼ぐ

勤めに出るのが難しい人や、本業とは別にお金を稼ぎたい方は、クラウドソーシングサービスを利用して、在宅ワークにチャレンジするのも良いでしょう。

クラウドソーシングサービスとは、仕事をしてほしい人と、仕事を探している人をつなぐプラットフォームで、受注契約の仲介をするサービスのことです。

登録をすると、クライアントの発注した仕事を受注することができます。

仕事としては、記事のライティングデータ入力チラシの作成など様々なものがありますが、アンケート入力など、特別なスキルが必要ない仕事もたくさんあります。

案件によっては単価が低いものもありますが、仕事にかかる時間や場所を自分で選ぶことができるので、自分の都合に合わせてお金を稼ぐことができるのが大きなメリットです。

一時的にでも利用してはいけない方法

ここまで紹介してきたように、お金の借り方や作り方には様々な方法がありますが、中には、一時的にでも行ってはいけないこともあります。

それは、「闇金で借りること」と「クレジットカードの現金化」、「個人間融資」の3つです。

1つ目の闇金は、正規に貸金業の登録をせずに、違法な金利で貸付を行う業者のことで、返済をしてもその大半は利子に充てられ、いつまでも元金が減らないといった事態になってしまいます。

また、厳しい取り立てがされることもありますので、闇金からは絶対に借りないようにしてください。

次に「クレジットカードの現金化」です。

これはクレジットカードのショッピング枠を、現金への換金目的で利用することで、現在の法律では違法ではないものの、クレジット会社はこれらの行為をしないよう通達しています。

発覚した場合には、カードの利用ができなくなることもありますので、手を出さないように注意してください。

最後は「個人間融資」です。

近年、SNS等で、個人による融資をうたう書き込みが見られることがありますが、本来、金銭の貸付を行うには貸金業登録を受ける必要があり、無登録のまま貸付をする行為は違法となります。

また、個人間融資では、闇金業者が個人を装って、法外な金利で貸付を行っているケースも報告されていますので、個人間融資の利用はしないようにしましょう。

まとめ

一時的にお金が必要なときに使える23個の方法についてご紹介しました。

お金が必要なタイミングや金額、目的などによっても使える方法は異なります。

お金を借りて一時的にピンチをしのいだとしても、その後返済できないなんてことになったら大変です。

この記事を参考に、自分に合ったお金の借り方、作り方を考えてみてくださいね。

【最新版】ランキング

【直近3ヵ月の人気・申込数順】※当社調べ
WEBで完結&最短1時間在籍確認なし郵送物なし!
【審査通過の簡単な3つコツ】①借入上限額を高くし過ぎない②年収を偽らない③情報の入力ミスに注意

1位 プロミス

三井住友銀行グループ

審査⇒借入まで最短60分即日借りれる!瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。電話・在籍確認なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)

※在籍確認(電話)の要望がある場合は、申込完了後すぐに相談をお願いします。

2位 アイフル
郵送物なし・在籍確認なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。(平日~土日祝でも当日可能)

3位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短60分で借りれる!(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

今月の注目枠
🔰三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
↑バンクイック↑

関連ページ