支払い滞納・延滞・遅延の時

電気代滞納したらどうなる?電気料金支払い遅れで起こる事態と対処法

様々な事情があるとはいえ、電気代滞納となれば、当然ながら最終的に電気が止まることになってしまいます。ですが、生活に必要な電気は、支払期限を1日過ぎてすぐに止められるわけではありません。

では、電気代滞納から供給停止までの流れ、その対処法などについてご紹介していきます。

このページの要約点
  • 電気代滞納から供給停止までは、他公共料金の滞納に比べて期間が短め。
  • 支払いができない場合、まずは電力会社へ相談を。
  • 電気代滞納の予防対策として、カードローン利用がおすすめ。
  • 契約している電力会社により、滞納の延滞金、保証金など取り決めの違いに要注意。
  • 予告書通りに供給停止となり、その後も滞納し続ければ契約解除の可能性あり。
  • 悪質な事情で電気代滞納の場合は、裁判になるケースもあり。
↓最新版ランキング↓

【目次】このページ先読み

電気代滞納から電気を止められるまでの流れ

生活に絶対不可欠である電気ガス水道ではあるものの、やはりその料金を滞納すれば最終的に止められることに。

まずは、電気代滞納から電気を止められるまでの基本的な流れを解説していきましょう。以下、大手電力会社10社についてまとめてみました。

電気代滞納したらどうなる?電気止まるまでの流れ

請求書の支払期限は各会社により違いますが、基本的に検針日より20~30日目とされています。その期限を過ぎてしまえば、滞納扱いとなるのはどの会社も同じ。では、その後の一般的な流れをご紹介します。

電気代滞納から供給停止までの流れ
  1. 支払期限切れから約10日で延滞金発生
  2. 電気供給の停止予告書が届けられる
  3. 予告書の支払期限を過ぎても未払いの場合、供給停止

①電気代滞納で延滞利息加算による延滞金発生

電気料金では、2013年3月末に廃止された「早遅収料金制度」に変わって、同年4月から「延滞利息制度」を導入しています。そして検針後に届けられる検針票、「電気使用量のお知らせ」には、請求額とその支払い期限が記載されています。その期限を過ぎても未払いの場合には、延滞利息が加算されていきます。ただし家庭・商店などの低圧電気使用の顧客については、支払期限日翌日より10日以内に支払い完了で延滞利息は発生しません。

また、請求される場合の延滞利息については以下の通り。

  • 経過日数に応じ、延滞利息が年利率10%(約0.03%/日)

※ただし上限額は延滞利息対象額の3%が設定されています。

延滞利息額は以下の計算式で算出されます。ただし、電気料金と日数は各電力会社により設定の違いあり。

  • 延滞利息額=電気料金×年利10%×日数×365日

②電気代滞納で供給停止予告書のハガキなどは来ない?

延滞利息が加算されている間にも、電気料金を滞納し続けている場合、当然ながら供給停止予告書が届けられます。各電力会社により、最終支払期限と電気供給の停止予告が記載されたハガキや封書となっています。

予告書通りに支払いを行うと、電気の供給停止は避けられます。

③電気料金未払いの最終確認後に供給停止

電気の供給停止予告書が届いてもなお支払いがされていない場合は、予告通り電気が止められます。

電力会社により供給停止日に多少の違いはありますが、一般的に支払期限日から約20日後に供給停止となります。
※沖縄電力の一部地域では、支払期日から約30日後となっています。

催促無視で電気代滞納!裁判になる恐れあり

電力会社と契約し電気を使用したからには、料金を支払う義務が発生します。それなのに滞納を続けていると、大きなリスクを背負うことになることも。

自己破産すれば電気代滞納分は未納のままでOK?

電気料金など公共料金の支払いに加え、住宅ローンといった借入金の滞納が嵩み、自己破産をするケースも不思議ではありません。

電気料金の滞納も債務扱いとなりますから、債務整理による減額や踏み倒しの可能性大。ですが自己破産にて踏み倒しが可能となるのは、電気代の滞納額のみとなっています。つまり、自己破産後に発生する電気料金については、支払い義務があるということ。

自己破産をする場合は、電気代以外にも未払いが多く複雑な手続きが必要となりますから、弁護士など専門家への相談がおすすめです。

引っ越しで電気代滞納分を未払いのまま契約解除可能?

電気代を滞納したまま、転居先も知らせずに引っ越しを完了すれば、未払いのままで大丈夫ではないかと考える人もいるようです。では、転居先が同じ電力会社だった場合でも、契約は可能なのでしょうか?

完全に無理とは言い切れませんが、電気代滞納のまま引っ越ししても、転居先住所を調べられ請求されるということもあります。

引っ越し前に支払いを完了させておくことが先決です。

電気代滞納でも供給停止前に別名で契約できる?

電気代を滞納し供給停止の前に、同住所にて家族の別名で電力会社と新規契約したという事例があります。そのまま数カ月間、踏み倒しが可能となった例もありますが、結局はバレてしまいます。

電気代滞納で裁判所から差し押さえ措置の可能性

既述したような明らかに悪質の方法で支払い拒否をし続けた場合、電力会社にネガティヴな印象を与え、裁判になる可能性も。裁判所から財産差し押さえの措置を取られると、拒否や回避は不可能です。

まず電力会社から届いた督促状に従い、支払いをすることが大切です。

電気代滞納の時効は?民法改正で債権関係の規定が変更

民法改正により、2020年4月1日から「消滅時効」期間の統一化が施行されています。

消滅時効とは、一定期間請求権利を行使しなければその権利が消滅となる制度であり、電気代滞納者に対する期間は2年間でした。改正後は、原則的に5年間となっています。

5年に達すると請求されなくなる可能性もありますが、それまでに「悪質な踏み倒し」と電力会社に判断されれば、裁判の可能性大。裁判による請求(催告)となれば、電気料金の滞納分だけではなく、弁護士料など裁判費用が加算されることも考えられます。

電気代滞納回避には支払い用紙以外の支払い方法が便利?

電気代を滞納してしまった場合、延滞金はそれほど高くはないともいえます。ですが、滞納をきっかけに送電停止となっては、生活への支障が大きいもの。また、水道やガスに比べて、滞納から電気の供給停止までは意外と短期間であることにも注意しなくてはいけません。

送電停止に繋げないためにも、電気代滞納をしない方法を試してみましょう。その最もおすすめな方法といえば、支払い方法の最適化です。

クレジットカードなど電気代の支払い方法

電気料金の支払い方法は各会社によりちがいますが、大手電力会社の場合には、以下の3種類が一般的です。

電気代の一般的な支払い方法
  1. 支払い用紙
  2. 口座振替
  3. クレジットカード払い

①支払い用紙~電気料金延滞に繋がるリスク高め

支払い用紙を利用している場合、基本的に金融機関やコンビニなどに出向く必要があります。また、支払い用紙をなくしてしまう人も珍しくはないでしょう。

金融機関やコンビニなどに勤務しているのでなければ、支払い用紙での支払いは、電気代滞納へのリスクが高いといえます。

ちなみに支払い用紙をなくしてしまった場合は、電力会社に電話をし、再発行の手続きが必要となります。

また、LINE PayやPayPayなどのアプリを活用し、支払い用紙のバーコードを読み取り支払う方法も可能です。

ですが、全ての電力会社がアプリによる支払いを可能とはしていないため、確認が必要です。

②口座振替~会社によっては割引サービスあり

口座振替であれば、自動的に引き落とされますから、口座残高不足に気をつけることで滞納を防ぐことができます。また会社によっては、その引き落とし日を選択することも可能。

さらに、口座振替の支払いに限り、割引サービスを提供している会社もあり、お得な支払いとなることも。

③クレジットカード払い~電気代の滞納防止に最適

クレジットカードは決済日が決まっていますから、こちらも支払い忘れの防止に最適といえるでしょう。しかも、クレジットカード会社によっては、電気代の支払いでポイントを貯めることができます。ポイント還元率は会社により違いますが、0.5~1.0%ほど。電気代が6,000円以上/月であれば、ポイント還元率が1.0%のクレジットカード払いのほうがお得のケースがあるといえます。

電気料金滞納で供給停止前に確認しておきたいこと

電気料金を滞納してしまっても、供給停止は回避したいもの。それまでに確認しておきたい注意点をまとめてみました。

電気料金支払い用紙が期限切れでもコンビニで支払い可能

ちなみに、支払い用紙に記載されている支払期日が過ぎている場合でも、近くのコンビニなどで支払いが可能です。期限切れとなった時点で払えないわけではありません。督促されないよう、早急に支払うようにしましょう。

口座振替ができず電気代滞納!口座振替解約となる?

残高不足などで口座振替ができなかった場合、各会社によりその後の設定がされていますから、その指示に従いましょう。契約している各電力会社のHPなどでご確認下さい。

こちらでは、東京電力の場合を例に挙げてみます。

  • 振替日が指定日ではなく自由化料金プランの場合

初回振替日から8営業日後が2度目の振替日となります。ただし2度目も振替ができなかった場合は、電力会社より請求書を郵送、コンビニなどで支払いを行います。この場合、口座振替の解約はされませんが、支払期限日に延長はなし。

  • 振替日が指定日ではなく自由化前の料金プランの場合

初回振替日から8営業日が2度目の振替日となります。ただし2度目も振替ができなかった場合には、翌月の振替日に翌月分との合算額が引き落としとなります。翌月も振替ができなかった場合、翌月分との合算額による請求書が送られますから、コンビニなどで支払いを行います。この場合、支払期限日の延長はされない上、口座振替が解約となります。口座振替を再度希望する場合は、請求額を全て支払った後に、カスタマーセンターへご連絡を。

  • 振替日が指定日であり自由化以降の新料金プランの場合

指定日の振替ができなかった場合は、請求書が送られるので、コンビニなどで支払いが可能です。ただし、支払期限日の延長はなし。口座振替の解約はされません。

  • 振替日が指定日であり自由化前の料金プランの場合

指定日の振替ができなかった場合は請求書が送られ、コンビニなどで支払い可能。ただし支払期限日は延長されず、口座振替は解約となります。口座振替を再度希望される場合は、請求額を支払った後にカスタマーサービスへご連絡を。

電気代滞納で個人信用情報機関のブラックリストに?

基本的に、電気代を滞納したことで、個人信用情報機関のブラックリストとなることはありません。とはいえ、電気代をクレジットカード払いにしている場合は、滞納に要注意。

クレジットカードの支払い延滞で、信用情報にネガティヴな記録がされることになります。

電気代滞納で住宅ローンなどローン審査に影響あり?

記述通り、電気代を滞納しただけでは、その後のローン審査に悪影響とはなりません。ですがクレジットカード払いの延滞となれば別です。信用情報の記録によって、その後に新規のクレジットカードや住宅ローンなどを申し込む際、審査に悪影響を与えることに。

ちなみにクレジットカードの延滞は、61日以上あるいは3ヶ月連続で「異動」と記録され、5年間残ることになります。信用力を維持するためにも、クレジットカードの支払いで延滞をしないようにしましょう。

上記では、滞納を避けるためにクレジットカードの支払いが最適としています。ですが、滞納をしてしまう危機を既に感じている人は、口座振替や支払い用紙での支払いが無難といえます。

電気代滞納への対応は契約会社による~ソフトバンクの例

電気の自由化により、各会社で様々なサービスが提供されています。契約によっては、ガスと電気、電気とインターネットなどのセットで割引サービスも。その場合で電気代滞納となると、大手電力会社とは違った対応がされていることも多々なので要注意です。

そこでソフトバンクを例に挙げてみましょう。

ソフトバンクでんきでは、支払期日までに支払い完了とならなかった場合、以下のような対応がされます。

  • 延滞利息について

インターネット+電気料金のセット契約の場合は年14.6%で算出、それ以外の契約では年14.5%で算出した利息額となります。延滞利息発生月の翌々月の料金に上乗せで請求されます。

  • 請求書発行、送付

請求書が送付されますが、この時発行手数料がかかります。

  • 滞納を2ヶ月継続した場合

契約そのものを解約される可能性があります。契約解除の前には、お知らせが送付されます。

電気代滞納から契約解除!再契約をする方法

電気代を滞納、送電停止となった後も滞納を10日以上続けている場合は、契約解除となる可能性が高くなります。その場合、電気代滞納分全てを支払わない限り、再契約はできないと考えましょう。

送電継続の条件に保証金を支払う可能性もあり

電気代滞納をしている場合、送電継続の条件として、保証金の支払いを求められることがあります。その金額は、予測月額の3ヶ月分までとされています。

電力会社によっては、その保証金に利息を付けるケースもあり要注意。

電気代滞納でも送電停止を待ってもらえる方法とは?

電力会社により送電停止までの期間が設定されているものの、送電停止回避の相談を受けてくれる会社もあります。電気代を滞納してしまうには、それなりの事情があること。とはいえ必ずしも滞納者の希望が通るとは言えませんが、まず相談を受けてもらうために、以下の条件を満たしましょう。

電話連絡などで電気代滞納となった事情を説明

電話連絡あるいは電力会社へ直接出向き、滞納に至った事情を説明する必要があります。支払い義務を果たせていないという事実は変わりませんから、その事情を説明し、誠意を見せることが重要です。

電気代滞納分をいつまでに支払い可能かを伝える

誠意を見せるためにも、支払いを何日までにできるという約束をすることも必要です。

条件を満たすことで、送電停止が延長になるとは言い切れませんが、何らかの解決手段が見つかるかもしれません。電力会社では、一般的に送電停止より10日で契約解除としていますから、できる限り早めの相談がおすすめです。

電気代滞納で電気止められた場合の復旧方法と注意点

電気代滞納から実際に送電停止となってしまった場合、その復旧はどうすればいいのでしょうか?

ではその方法と注意点を挙げていきましょう。

電気代滞納で電気止まった!再開するには?

電気料金を滞納したまま供給停止となった場合には、まず支払いをすぐに行うことが大切です。電力会社より支払い用紙が送られていますから、記載されている支払期限日を確認、コンビニなどで支払いましょう。

支払い完了となれば電力会社へ連絡、支払いを済ませたことを伝えます。そして供給再開の依頼もすれば、基本的に1~2時間くらいで電力供給が再開となります。

電気料金滞納分を払ったのに再開が遅い

滞納分を支払い、電力会社への連絡・再開の依頼も行ったのに、復旧までに時間がかかることもあります。その理由に、設置されている電気メーターの種類が挙げられます。

電気メーターには、「スマートメーター」と「アナログメーター」という2種類があり、スマートメーターはスムーズな再開向き。対してアナログメーターは、電力再開に作業員を必要とするため、そのスケジュール調整や作業時間などにより再開が遅れるのです。

ちなみに、どちらのメーターでも復旧には立ち会いや書類による手続きは原則として不要です。

復旧時の注意点として電気機器の電源を切っておくこと

電気を止められた時点で、電気オーブンやトースター、ドライヤーなどを使用していたかもしれません。電力復旧に連絡は入りませんから、突然の復旧で火災などに繋がる電気機器の電源は、事前に必ずオフにしておくことが大切です。

電気代滞納で停止した電力の土日復旧は要確認

供給停止となった電力は、土日や深夜であっても再開が可能なのかどうか、気になる人もいることでしょう。

多くの大手電力会社が24時間対応としていますが、全てではありません。そして電力会社により復旧の対応は違っているため、各会社に確認が必要です。

会社によってはすぐに対応してもらえないケースもあることを理解しておきましょう。

ちなみに、土日や深夜に送電停止となることは、基本的にありません。ただし、土日や深夜以降に止められるため、支払いにもタイミングが必要です。

電気代滞納分の一括払いは無理なら分割払いの交渉を

電力の再開を望むものの、滞納分をどうしても一括払いできないという場合は、分割払いの交渉を試してみるのもいいでしょう。復旧には滞納分を一括払いすることが原則です。ですが利用者の事情によっては、分割払いで対応してくれる会社もあるようです。もちろん中には分割払い不可としているところもありますから、まずは相談してもらいましょう。

どうしても電気代が払えない場合の対処法

送電停止となれば、最悪の場合、命の危険性を高めることにもなりかねません。できる限り電気代の滞納は避けたいものですが、それぞれの事情により支払期日が守れないこともあるでしょう。

その際の対処法をご紹介します。

電気代滞納したらまずは電力会社に相談を

とにかくすぐに電話連絡、あるいは店舗に出向いて相談をすることです。既述していますが、誠意を見せれば、何らかのアドバイスが受けられるはず。

カードローンで一時的にお金を借りる

どうしても電気代滞納分を支払えない場合は、一時的にお金を借りたい時に利便性が高いカードローンで借り入れを行うという方法も一つです。24時間対応のネット完結(WEB完結)やスマホアプリ、提携ATM利用で、全国各地にて今すぐお金を借りる事が可能。

特に、無利息期間サービスや最短即日融資などで人気の大手消費者金融カードローンでお金を借りるのがおすすめです。

1ヶ月分ほどの電気代であれば少額ですから、少額融資に強いカードローンで、送電停止となる前にお支払いを。

もちろん、その後の返済が延滞とならないようにすることも大切です。

電気代滞納分を低金利の借り入れで支払う

ほかにおすすめの借り入れ方法といえば、国や自治体による個人向け融資制度でしょう。申し込みから借り入れに時間がかかる場合もありますが、低金利または無利子でお金を借りる事が可能です。

また、金融機関のカードローンも借りやすくておすすめ。金融機関のカードローンは基本的に最短即日融資に対応していません。ですが、金利は低めであり、金融機関ということから利用しやすさ抜群ともいえます。

さらに、口座振替に利用している銀行であれば、残高不足の時に便利な自動貸し付けを提供している場合もあるはず。口座振替にしている人は、是非確認してみましょう。

ほかにも以下の記事では、低金利で最短即日融資に対応している借入方法をご紹介しています。注意点なども挙げていますので、是非ご参考にして下さい。

電気の供給は生活に欠かせないものですから、なるべく早めの支払いをおすすめします。そのためにも、自身に適した借りやすい方法を選択しましょう。

とはいえ、リスクが高いばかりのSNSなどによる個人間融資は絶対NGです。

所持品を売って電気料金の未納分を支払う

リサイクルショップやフリマアプリなどで、自身の所持品を売ってお金にするという方法も、今は人気です。自身にとっては不要なものであっても、全国各地で必要としている人がいるかもしれません。意外と高額な買い取りをしてくれたという口コミも多いもの。

ただし、フリマアプリでは実際にお金が手元に入るまでに時間がかかることもあるため、要注意。

高価な所持品があり即日融資を考えるのであれば、質屋に直接持っていくという方法もいいかもしれません。利子が高めですが、不要であれば買い取りもしてくれるところが多くあります。

1アンペアブレーカーの設置

経済的事情により電気代滞納となっている世帯にだけ、1アンペアブレーカーの設置が許されています。滞納で送電停止となった後でも、1A(100W)までの電力使用を可能としていますから、照明や携帯充電などが利用できます。

とはいえ、1アンペアブレーカーが設置されていない世帯では、新しく取り付ける必要があります。その上設置期間にも制限がありますから、利用が厳しいという現状にあります。

【最新版】ランキング

【直近3ヵ月の人気・申込数順】※当社調べ
WEBで完結&最短1時間在籍確認なし郵送物なし!
【審査通過の簡単な3つコツ】①借入上限額を高くし過ぎない②年収を偽らない③情報の入力ミスに注意

1位 プロミス

三井住友銀行グループ

審査⇒借入まで最短60分即日借りれる!瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。電話・在籍確認なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)

※在籍確認(電話)の要望がある場合は、申込完了後すぐに相談をお願いします。

2位 アイフル
郵送物なし・在籍確認なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。(平日~土日祝でも当日可能)

3位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短60分で借りれる!(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

今月の注目枠
🔰三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
↑バンクイック↑

関連ページ