お金を借りる相談【Q&A】

カードローンの借金地獄から抜け出す方法!借金まみれになる人の特徴や絶対にやってはいけないことなど解説

カードローンは便利ですが利用方法を間違えると、短期間でも返済完了が困難になる借金地獄を招くリスクがあります。
収入・収支から適正な借入金額・利用回数・返済プランなどを考え、計画的にカードローンを利用することが重要です。

借金地獄から抜け出す方法は借入総額を精査繰上げ返済おまとめローンで効率的に借金元本を減らすことを優先してください。
借金まみれになる人には収支管理能力欠如リボ払い依存症の疾患などの特徴があり、借金問題を深刻化させる原因になっています。

借金地獄は精神的・肉体的につらいものですが、何があっても自殺という選択肢でなく問題解決への行動を選択すれば抜け出すことができます。

この記事でわかること
  • カード地獄から抜け出す方法は借入総額を把握繰上返済おまとめローンを活用する
  • カードで借金まみれになる人は収支管理能力欠如 買い物ギャンブル依存症などが原因
  • カードローンで借金を抱える年代は3040代離婚リストラ介護などのタイミングで借金リスクが高くなる
  • 借金地獄でつらくても闇金個人間融資の利用 税金社会保険の滞納 自殺は絶対してはいけない
  • 借金返済が不可能になっても一人で抱え込まず自己破産任意整理個人再生特定調停など債務整理生活保護などを検討
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
18歳・19歳以下の方:収入証明書の提出が必須です。※高校生は申込不可(高専生・定時制含む)

―――――――
プロミス ※最短即日借りられる ↓原則在籍確認の電話なし↓
\初めてなら30日間無利息/

SMBCグループの安心感『プロミス』

簡単申込のプロミス!借りるまで最短当日 ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
アコム ※最短当日借りられる 35日毎の返済可:返済額1,000円~
\21時迄の審査申込で最短即日借りられる/

↓最新版ランキング↓

>>この記事の監修者情報

カードローン地獄を抜け出すための方法とは

契約しているカードローンの返済完了の目処が立たず、長期間に渡り返済を繰り返すことをカードローン地獄といいます。
毎月返済を繰り返しても過去の消費者金融滞納分・複数の借入により、何度も督促状や取り立てを受けながら生活している債務者もいます。

カードローン地獄を抜け出すためにはカード借入金額の総額を精査し、借入先金融機関返済期日返済金額など内訳を把握することが重要です。

返済方法に繰上げ返済を取り入れ、債務者が繰上げ返済できるタイミングで借金の元本を減らすことを目指しましょう。
カードローン返済目的で違う金融機関との契約は、借金額借入件数が増え悪循環となるので避けるようにしてください。

例外としておまとめローンで借金総額が減らせる場合はその限りではありません。
カードローン地獄で一人では対処できない事態になったら弁護士による債務整理で借金減額・免責を検討しましょう。

カード借入金額の総額をハッキリさせてる

カードローンで曖昧な利用を継続すると、トータルの借金総額が不明瞭になり危険です。

カードローン地獄とよばれる状況には、債務者が現在の借入状況を正確に把握できていないケースがあります。
複数の金融機関から借入した場合は、それぞれの借入金額が混在し返済の道筋がハッキリしません。

無計画な借入は返済金遅延滞納を招く悪循環への入り口です。
まだ大丈夫だろうとカードローンを利用していると、債務者が思っている以上の借入金額になってしまうことも珍しくないのです。

まず最初にカードローン契約を確認し、借入金額の総額をハッキリさせることが重要です。

借金がいくらあるのかを把握できれば、次にとるべき返済金額に適した選択肢が見えてきます。

繰上返済をして月々の返済額を増やす

カードローン契約では毎月決まった金額を返済しますが、返済金額が少なければ返済完了までが長期化します。

そこで有効な選択肢となるのが繰上返済という方法です。

繰上返済
毎月の返済金額とは別に任意金額を追加で返済する方法
決まった返済日を設けず債務者が繰上返済できるタイミングで返済可能
繰上返済により利息を除く借金の総額が減少し返済期間の短縮が見込める
返済回数が増えることで振込み手数料が増加する

カードローンの借金は利息を軽視できません。お金を借りる時の金利(年利)や利息の計算をあらかじめしておくことが賢明です。

借入総額が高ければ上乗せされる利息も割高になるため、効率よく借入総額を減らすことが返済完了の近道になります。
利用する金融機関によっては銀行口座・提携ATMの振込手数料が発生するので注意が必要です。

手数料負担を軽減したい場合は、毎月の返済期日にあわせて繰上返済を行うようにしてください。

借金額・借入件数を増やさない

借金返済を完結させるためには、極論を述べるとこれ以上カードローンを利用すべきではありません。

現在、支払いが残っているカードローンからは新規借入せず、借金返済に集中することが最善策になります。

利用中の金融機関からの借金を返済するために、違う金融機関で借入する債務者も一定数存在します。
しかし、返済目的であっても、借入件数を増やすことは危険です。

借金返済のための借入は多重債務のリスクがあり、根本的な解決策ではありません。

多くの場合で借金返済目的で契約した金融機関の利息も高く、債務者の負担が増えるだけで両社間のカードローンで返済に苦しむことになるのです。

返済が難しくなった場合はまず借入をストップし、状況の改善を検討してください。
返済目的での借入は問題先延ばしでしかないので、安易な他社借入で借入件数を増やさない努力が必要です。

おまとめローンで借入先を減らし一本化する

複数の金融機関で借入があれば、返済の管理が難しく非効率な返済を繰り返します。

毎月違う返済期日に違う返済金額の支払いは、債務者の時間労力の消費に繋がります。
返済回数も増えるので、振込手数料が必要であれば無視できない金額になります。

おまとめローンを利用すれば上記のデメリットを回避することができます。

おまとめローン
複数の金融機関の返済総額をひとつの金融機関でまとめて返済するローン
契約内容の1本化により毎月の返済金額・期日・利息などが固定
現在より金利が安い金融機関で契約することで利息を含む返済総額を削減可能

おまとめローンは金利を比較せず誤った契約をすると、現在の支払いよりも高い返済金額を長期間続けるリスクにもなります。
現在のローン契約と比較検討し、借金総額を削減できるときに限られるため、すべてのおまとめローンが債務者にとって有効な選択肢ではありません。

弁護士に相談し債務整理を検討する

借金地獄に陥ると冷静な判断ができず、解決策をみつけることが困難になります。

返済滞納から財産差押えになる前に弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士は客観的な立場から債務者をサポートし、法律専門知識に沿った具体的な行動を提示してくれます。
自力での返済能力がないときは債務整理を検討してください。

債務整理
自己破産・任意整理・個人再生・特定調停の4種類
任意整理以外の債務整理は裁判所の申請が必要
裁判所が認可すれば借金減額・一部または全額の返済義務を免責可能

債務整理は債務者個人でも申請可能ですが、必要書類作成や裁判所とのやりとりには専門的な知識が必須になります。
弁護士費用は発生しますが、円滑な債務整理には必要な資金と考えるべきでしょう。

悪意がなくても虚偽申告と判断されることもあるため、提出書類は弁護士の指示のもとで作成してください。

一人で解決をしようと思わず家族や身近に人に相談をする

カードローン返済が不可能になっても、一人で解決をしようと抱え込むと必ずしも良い結果になりません。
債務者の中には家族・身近な人に借金の心配をかけたくないと相談を躊躇する人がいますが、かえって悪手となり悪戯に時間だけが経過してしまいます。

借金問題を解決できなければ、遅かれ早かれ家族を巻き込むことになると理解してください。

時には借金について家族身近な人に相談し、助力を仰ぐことも必要になります。
早い段階で家族から借金の全額一部を借りて返済に充てることができれば、問題が深刻になることはありません。

お互いがしっかりと相談できれば、家族・友人からの借入には利息・返済期日で困ることはないはずです。

一人で解決をしようという気持ちは大事ですが、空回りからの長期滞納は最悪の選択肢ということを忘れないでください。

カードローン地獄になってしまう人の特徴や傾向

カードローン地獄になる人には共通の特徴傾向があります。

毎月の収入支出とライフスタイルが乖離している人は日常生活に支障が起き、カードローンを利用する機会が増えます。
頻繁にリボ払いクレジットカードのキャッシング枠を利用する人は、買い物のハードルが低い反面、返済完了までが長期化し総額も大きくなります。

社交的な人ほど毎月の飲み会やおごりなどの交際費が高くなり、支出を増やす原因になっているかもしれません。
無計画な支出を繰り返す人買い物依存症ギャンブル依存症などの精神疾患が原因になる場合があります。

お金の浪費が常態化し自制心で浪費が抑えられないと感じるのなら、一度専門の医療機関に相談することを検討してください。

収入内での生活ができない

生活費がなく必要に迫られカードローンを利用している人は、借入をやめると生活できない問題が起こります。
そんな状況ではカードローンがある種のライフラインとなり、生活のために借金を繰り返す悪循環から抜け出すことは困難です。

根本的な問題を見直さない限り、債務者のカードローン地獄が終わることはありません。

収入が極端に少なく今後も安定させることが難しい場合は、公的支援社会福祉制度が利用できないか検討してください。
ある程度収入はあるが借金が増えてしまう場合は、一度自分のライフスタイルを見直し収入支出のバランスを安定させることが必要です。

収入内で生活するにはどうすればいいかを熟考し、計画を立てて毎月生活することで収支の管理能力を身に付けてください。

リボ払いやキャッシング枠利用に抵抗がない

リボ払いは毎月少額ずつ支払いを繰り返し、月々の負担を抑えながら買い物することができます。
少ない金額で高額商品が購入できるため利用者にとってメリットになりますが、返済期間が長期化するデメリットもあります。

毎月の返済金額を抑えすぎると元本の借金総額は減少せず、利息を支払い続けるという悪循環に陥ることもあります。

無計画にリボ払いをする人ほど、「月末にはリボ払いが払えない」となり借金地獄から抜け出せなくなります。

リボ払いでは高額商品でも購入のハードルは下がりますが、返済完了までのハードルは他の支払い方法に比べ高くなるということを覚えておきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠は、限度額範囲までの金額を金融機関が立替えるサービスです。
現金がないときでもキャッシング枠を利用すれば買い物ができますが、便利な反面支払いに高い手数料が上乗せされます。

キャッシング枠の上限は毎月リセットされると間違った認識を持つ人がいますが、返済完了が確定しない限りキャッシング枠は元に戻りません。

キャッシング枠に抵抗がない人は安易にキャッシング枠を使い切り、それに気が付かず返済遅延などのトラブルを起こすことが多いのです。

飲み会など付き合いが断れない、おごってしまう

友好関係を尊重する人であれば、飲み会など毎月の交際費も大きな金額になります。
社会人として円滑な人間関係を築くうえで、飲み会は大事なコミニュケーションの機会です。

会社の上司・同僚・友人・恋人などの交際費は必要ですが、過度な支出の原因になっていれば一度検討すべきでしょう。

お酒や人と話すのが好きという人は、飲み会などで交際費が膨らみ借金地獄に繋がることも考えられます。
すべての飲み会を断ると支障がでるのであれば、毎月の回数を少なくし徐々に支出を減らしましょう

飲み会が断りにくい場合でも普段から飲み会参加を控えている印象を周囲に与えることで、スマートに参加を断る環境が生まれます。

よく食事や飲み会でおごってしまう人も、時には客観的にお財布事情を考えて行動することが求められます。

買い物など消費がストレス発散となっている

買い物でストレスを発散する人は少なくありません。
買い物は人生を豊かにする消費行動ですが、度が過ぎると日常生活に支障をきたす恐れがあります。

消費行動は脳内のドーパミン分泌を促すという化学的な研究結果もあります。

冷静に考えれば無駄な買い物であっても、買わずにはいられない衝動を抑えられない人は注意が必要です。
生活に支障をきたすとわかっていても買い物がやめられない人は、買い物依存症の可能性があります。

買い物依存症
買い物で浪費するなど反復性行動を繰り返す精神疾患
認知症・ストレスが発症原因の場合有り
経済観念などで認知力の異常をきたし高い依存性をもつ

自制心を失った買い物依存症の人が、借金地獄に陥ることは決して珍しいことではありません。

もし過度の浪費を繰り返してしまうなら、一度然るべき医療機関の受診を検討してください。

パチンコや競馬などギャンブルが止められない

ギャンブルを頻繁にする人は借金地獄に陥る傾向が高くなります。

わたしたちの身近にはパチンコ競馬など多くのギャンブルがあり、簡単にギャンブルができる環境で生活をしています。
パチンコ・競馬が入り口となりギャンブル依存症になる人は多くいます。

ギャンブル依存症
ギャンブルによる嗜癖障害を伴う精神疾患
日本国内で推定280万人の患者数
ストレスなど心的要因・脳前頭前野の物理的要因などで発症

ギャンブルは短時間で大きな支出を生む原因になり、ギャンブル中の興奮状態は心的・物理的に体への悪影響を及ぼす可能性があります。
重度のギャンブル依存症では本人の自制心と関係なく、借金を繰り返してもギャンブルを止めることができなくなります

ギャンブル依存症は深刻な病気だと認識し、医療機関で適切な処置をしなければ借金地獄が終わることはありません。

借金地獄になってしまうタイミング・年代

一般的に借金地獄に陥りやすいイミング年代があるのはご存知でしょうか?
30代は結婚やマイホーム購入など人生のイベントも多く、カードローン審査にも比較的通りやすいことから借金を抱える人がいます。

40代では子どもの教育費・両親の介護費などが必要になり、カードローンを利用する機会が増加します。
また離婚による経済的不安定がきっかけとなり、シングルマザーの人がカードローンから借金を抱えることもあります。

安定した収入のある社会人でも会社の倒産リストラなどの原因で、無職・非正規雇用での生活を余儀なくされると借金地獄に陥ることがあります。
このように年代別のイベントやトラブルなどが起きることで、カードローンを利用する機会が増え借金のリスクが増加するのです。

カードローンの審査に通りやすくお金が借りやすい30代

カードローン契約には審査が必要です。お金を借りる時の審査はどこまで見られるのかと気になります。

利用する金融機関で審査基準は異なり、審査ではおもに本人情報・収入・債務状況などが精査されます。

過去に金融事故を起こしていない30代の人であれば、カードローン審査を通過することは難しくありません。

30代というタイミングは社会人で収入が安定し総量規制の上限金額も高く、まとまったお金が借りやすいという特徴があります。

また30代では結婚マイホーム趣味などに支出が増える人も多く、子育てでお金がない時などのカードローンを利用する機会も増加します。

しかし、複数の金融機関で無計画なカードローン利用は多重債務に繋がり、それぞれの契約内容が違うことから返済の負担は増大します。

お金を借りるハードルが低い分、安易なカードローン利用から返済金の遅延・滞納などのトラブルを起こすことも少なくありません。
返済管理能力がない30代がカードローンを利用すると、短期間でも大きな借金を抱えることになります。

子どもの教育費と親の介護が重なった40代

40代というタイミングは今までの生活費に加えて教育費介護費が必要になる年代です。

結婚して子どもをもつ家庭では、生活費の他に子どもの教育費として多くのお金がかかります。
子どもの成長にあわせ小学校・中学校・高校・大学までの教育費の準備が必要なため、日頃から計画的な貯金をする40代が多くいます。

生活することで精一杯で教育費を準備することが難しい40代は、カードローンで借金をし教育費に充てるという選択肢もあります。
また40代になると両親の介護問題も起こり、金銭的に苦しい状況からカードローンで借金を抱えてしまう人もいます。

どちらのケースも必要に迫られた結果カードローンを利用しており、借金返済の余裕をもてない状況が多くなります。

離婚をして子どもにも手のかかる非正規雇用の女性・シングルマザー

離婚というタイミングで借金を抱えてしまう人は多くいます。

慰謝料子どもの養育費など大きな金額が必要になるため、費用を工面する目的で借金を抱えることになります。

また離婚によりシングルマザーとなった女性が会社勤めをする場合、非正規雇用になり収入が安定しないケースもあります。

生活に必要な収入・貯金がなくカードローンを利用すると、毎月の支払いが苦しいものになり借金地獄が始まることになるのです。

子育てをするシングルマザーには大きな問題ですが、安易にカードローンで借入を繰り返すと事態は悪化することを覚えておきましょう。

金融機関を利用する前に児童手当自立支援給付金各種税金の免除などの国の支援制度助成金が利用できないか確認してください。

リストラや倒産など突然無職になった時

生活に必要な収入が得られないとき借金地獄から抜け出せなくなる人がいます。

リストラ倒産など突然仕事を失うタイミングは借金を抱え、借金返済の見通しが立たない問題を招くことになります。
無職になるとカードローン契約の審査難易度は高くなり、利用する金融機関の選択肢が制限されてしまいます。

その結果金利が高いカードローン契約で借入することになり、利息を含む借金総額が膨れ上がり借金地獄になるのです。

無職で返済の見込みがない状況での借入は、後により深刻な問題を招くことになるので注意してください。
目先のお金のために安易にカードローンを利用すると、返済遅延・滞納による金融事故を起こし信用情報で長く苦しむことになりかねません。

無職で生活費がない場合でも、カードローンで借金を作ることは極力避けるべきです。

借金地獄になってしまっても絶対にやってはいけないこと

借金地獄になると自暴自棄になり、客観的に物事を判断できなくなる債務者もいます。

借入先がどこにもないという理由で闇金個人間融資で契約すると、法定金利を超えた利息で支払いを強制・手段を選ばない取り立て被害にあう危険性があります。
また反社会勢力と繋がりをもつこと自体問題であり、個人情報悪用犯罪まがいのバイトの強要で犯罪に巻き込まれるケースもあります。

お金がないという理由で税金社会保険の滞納は法律で許されず、裁判所の審議なしで貯金や不動産などの個人資産を差押えられ税金に換金されます。
借金地獄の苦しさから逃れたいと自殺を選択する債務者もいますが、冷静に考え行動できれば解決策は必ず見つかります。

上記の選択はすべて間違いであり、どんなに借金地獄がつらくても債務者が絶対やってはいけない行動です。

闇金や個人間融資で借金返済金を借りること

闇金個人間融資は多重債務で利用できるカードローンがない債務者を狙い、甘い言葉で契約を持ちかけてきます。

結論を述べると無償でお金を貸してくれる人・団体や闇金・個人間融資はどんな状況にあっても絶対に利用してはいけません

闇金
金融事故で信用情報がブラックになった債務者にも違法な金利で金融融資をする金融機関
法律を遵守せず悪質な取り立てで返済を強要
契約書など証拠が残る契約をせず貸金業登録番号のない架空業者が運用

 

個人間融資
個人間融資掲示板・個人のSNSアカウントから金融融資を持ちかける
バックで反社会勢力が運用し違法な金利で返済を強要
個人情報を悪用・返済条件として犯罪に巻き込まれるリスク有り

多重債務で信用情報がブラックでもお金が借りれるのは、公にできない裏の理由があるからです。

闇金・個人間融資で反社会勢力と関係をもつと、借金地獄に陥るだけでなく犯罪の幇助を強要されあなたの人生が破滅します。

危険なバイトや犯罪まがいな仕事をする

借金取り立てに耐えられず、冷静な判断ができなくなる債務者もいます。
反社会勢力はそんな債務者の心理を利用し、リスク回避の目的で債務者に危険なバイト犯罪まがいな仕事を強要します。

ほとんどの場合債務者に選択の自由はなく、闇バイトとよばれる恐喝・恫喝の幇助や器物破損、強盗などの加担を余儀なくされます。

これらは全て犯罪行為であり、犯罪が発覚すれば逮捕され法の下で裁かれます。

また依頼された仕事が特殊詐欺であり、振り込め詐欺の受け子として現金の引き出しを指示されたりもします。
闇バイトを断れば家族や会社に危害を加えると脅される可能性もあり、犯罪と知りつつも闇バイトに手を染めてしまう債務者がいます。

犯罪者として裁かれる危険なバイト・犯罪まがいな仕事は断り、警察に相談するのが最善策になります。

税金や社会保険を支払わず放置する

どんなに借金があっても税金社会保険を支払わず放置ることは絶対してはいけません。

税金・社会保険は日本国民の義務であり、放置すると大きなペナルティを受けることになります。

税金・社会保険滞納を放置すると延滞金が発生し支払い金額が膨らむ他に、法的拘束力によって給料・貯金・不動産などの所有財産が差押えられます。
税金・社会保険は時効なく、支払い義務が消えることはありません

財産差し押さえが決定されるまでには段階があり、督促状・財産調査・差押え・税金へ換価の流れを辿ります。
一般的な金融機関の財産差押えと違い、裁判所の判決が不要のため短期間で施行されます。

最初に督促状が届いた段階で税金・社会保険を放置せず、解決に向けて行動することが重要です。

返済地獄でつらい!自殺しようとすること

借金による精神的・肉体的負担は、時に債務者の生きようとする意志さえ奪います。
日本における年間の自殺者数は10年連続で3万人を超えるとの統計もでています。

終わりの見えない返済地獄を繰り返す日々のなかで精神を病み、鬱病など精神疾患を発症し社会生活を送ることが難しい債務者も多くいます。

もし自殺が頭に浮かんだら、もし自殺を計画し行動を起こしているのなら、何よりも優先し自殺を踏み留まってください
一度、借金のことは考えなくて結構です、すべて忘れてください。

自殺しようとする自分の気持ちと逃げずに向き合い、何が何でも自殺から自分を守ってください。
自殺に思考を向けるのではなく、生きることに思考をフォーカスできれば、今のつらい状況もあなたの力で変えることができます。

借金が返済できなくても自己破産生活保護などの解決策はあるのです。
返済地獄は一人で悩まず今できる相談行動など前向きに取り組むことで、必ず終わりがくることを忘れないでください。

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ【ランキングの根拠
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

1位 プロミス


SMBCグループ

審査⇒借入まで最短3分即日借りられる!(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
●瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で口座振込可。在籍確認は原則電話なし!郵送物なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)
↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
✅申込~融資/最短3分※土日祝も当日
  (申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
✅原則在籍確認の電話なし
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即日振込も可
✅コンビニATMでも借りられる
✅最低返済額は1,000円~
審査が不安な人は1秒診断後に申込を。
\申込も簡単「プロミス」借りるまで最短当日/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

2位 アイフル

郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから内緒で借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査もWEB申込なら最短18分。(平日~土日祝でも当日可能)
\金利3.0~【借り換え可】/
↓無利息期間30日間あり【人気上昇中】↓

↑【審査通過のコツ】①記入ミス・書類不備に気を付ける ②希望額は必要な分だけにする ③ウソは書かない

3位 アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。土日祝でも最短20分で即日借りられます。※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。(原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施)
\原則電話なし郵送物なしでバレない/

↓返済は35日ごと:返済額1,000円~・借り換え可↓

4位 レイク
\融資まで最短25分・在籍確認は原則連絡なし/
審査が不安な方は簡易診断【最大60日間無利息】

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








この記事の監修者 山口みき
自己紹介 金融WEBメディア運営・管理経験(3年以上)を活かし「お金借りる今すぐナビ」の編集・監修を担当。FP技能士貸金業務取扱主任者・クレジット債権管理士の資格取得にも前向きに取り組んでおり、借り入れに関する疑問や不安に応えるため、常に正確で専門的な情報提供に努めています。
事業所 トイントサロン
Twitter @okanekariruima
YouTube お金借りる今すぐナビ – YouTube
お問い合わせ 下記フォームよりお問い合わせ下さい。
フォーム
関連ページ
お金を借りる相談【Q&A】

ペイディが使えない・承認されない理由はなぜ?いつまで?承認される方法はあるのか等解説

2022年12月3日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
2014年に始まった後払い決済サービスのペイディ。特にネットショッピングでは便利だと定評があります。 しかしながら、今まで使えてたのに突然 …
お金を借りる相談【Q&A】

育休中で旦那の給料だけじゃ足りない時の解決方法!生活ができない時に国や会社からの給付・貸付金等も解説

2022年6月26日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
育休中で旦那の給料だけでは足りなく、生活が苦しい場合、親に話して援助してもらいましょう。親に頼りたくない・親には頼れないというのであれば、少 …
お金を借りる相談【Q&A】

メルペイスマートマネーの再開はいつ?新規停止だがいつから使える?審査や申し込み方法・デメリット等解説

2022年9月12日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
メルペイスマートマネーの入会は、現在新規受付停止していますが、再開は未定となっております。当記事では、審査、申込方法や入会するメリット・デメ …
お金を借りる相談【Q&A】

BANKIT(バンキット)とおたすけチャージ(後払い)の審査や申込・本人確認や在籍確認の有無・使えるまでにかかる時間など解説

2022年8月24日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
プリペイド式決済サービスのバンキットは、新生銀行グループの中核企業である株式会社アプラスが提供しています。プリペイド式ですので現金やクレジッ …