お金借りる今すぐナビ
お金借りる

誰にもバレずにお金を借りる

一昔前と比べると、カードローンというのはかなり身近なものになっています。気軽に利用できるようになってはいるのですが、それでもお金を借りていることを積極的に誰かに伝えたいという方はそうそういないでしょう。やはり、カードローンを含めてお金を借りていることというのは誰にも知られずに隠しておきたいものです。今は誰にもバレずにお金借りることができるようにはなっているのですが、やはりいくつか気を付けるべきポイントはあります。

勤務先への電話確認

カードローンへの申し込みをする場合、本人確認というものが絶対にあります。働いている方であれば、その勤務先に電話がかかってくるという話は見聞きしたことがあるかと思います。実は、この勤務先への電話確認でカードローンを利用していることがバレてしまうこともあります。

アコムを例に挙げてみましょう。アコムでは、本人確認として携帯電話に連絡が来た後に勤務先にも電話確認のお願いがあります。その際にアコムは「ACセンター」と名乗るのですが、これは有名な話なのでバレてしまいます。こういったことを考慮して、別名で名乗ってもらえるか個別に相談が必要かもしれません。

アコムに限らず勤務先への電話確認で借り入れがバレてしまうというケースは実際にあります。カードローン会社も勤務先への電話確認の際には配慮をしてくれるのですが、それでもわかってしまう人にはわかってしまうものです。

ただ、勤務先に電話確認をしてほしくないという方は多いでしょう。カードローン会社によっては勤務先への電話確認を書類確認にしてくれるということもあるでしょうし、電話確認の際に名乗る名前を変更するといったことにも対応してくれる可能性はあります。事前に個別でしっかりと相談をしておきましょう。

自宅への郵送物

カードローンがバレてしまうきっかけとしては、郵送物も挙げられます。ご家庭によっては家族の郵送物も一緒に開封してしまうということもあるでしょうし、開封しなくともどこからの郵送物なのかをチェックしてしまうということはあるでしょう。こういった自宅への郵送物でカードローンの申し込みや利用がバレてしまうこともあります。

先の勤務先への電話確認ではアコムを例に挙げましたが、アコムは郵送物に関しても「ACサービスセンター」という名前で送ってくることになります。これはアコムの公式ホームページにも記載されていることですので、わかる人にはわかってしまいます。

中にはカードローン会社からの郵送物は避けられないものと考えている方もいるかもしれませんが、今の時代、郵送物というのは絶対に発生してくるものというわけではありません。明細に関しても最近では環境にも配慮してWEB明細をメインにしているところは少なくありませんし、カードローンであってもカードレスという形をとっているところもあるくらいです。

基本的に郵送物なしで申し込みや借り入れというのは可能となっていますので、不安であれば申し込みの際に改めて確認を入れておくといいでしょう。今の時代であれば郵送物なしでのカードローンの利用というのは、決して難しくはありません。

無人契約機や店頭での目撃

カードローン会社の中には、無人契約機や店頭での申し込みや借り入れができるところもあります。実際に自分自身が出向く必要はあるものの、だからこそ安心できるという方もいるでしょう。ただ、利用する無人契約機や店頭が自宅の近くであったり勤務先の近くであったりした場合には、無人契約機や店頭に出入りするところを見られる可能性が出てきます。こういった目撃情報からカードローンの利用がバレてしまうこともあるでしょう。

無人契約機や店頭に足を運んでのカードローンの利用を考えているのであれば、まず大前提として自宅や勤務先の近くの無人契約機や店頭は絶対に利用しないことです。無人契約機や店頭に足を運ぶのであれば、自宅や勤務先から離れたところを選ぶようにしましょう。

WEB完結のカードローンであれば安心

カードローンに限ったことではないのですが、誰かのバレる可能性のあるタイミングというのは確実に存在します。ただ、だからといってカードローンの申し込みや利用について誰かに知られてもいいという方はほとんどいないでしょう。仮にそのリスクがあっても、やはり誰にもバレずにカードローンの申し込みや利用をしたいという方が大半です。

100パーセント確実にバレないと言い切れるわけではないのですが、カードローンの中でもWEB完結のものを選ぶと誰かにバレてしまうリスクを減らすことができます。WEB完結できるカードローンであればいつでもどこでも自分のスマートフォンやパソコンから申し込みをして、そのまま銀行口座への振込といったものも可能です。
今は誰にもバレずにお金借りることは十分に可能です。誰かにバレるリスクの少ない補法を自分で選んでいくようにしましょう。