お金借りる今すぐナビ
お金借りる

未成年がお金を借りる方法・必要な時の工面の仕方

※左右(← →)にスクロールします。
未成年でお金を借りる方法
注意点
未成年がお金借りる以外
Yahoo!知恵袋での借りる理由
未成年がお金を借りれない理由
学生ローン
同意書偽造は違法
不用品を売る
生活費
民法で契約行為不可
クレカのキャッシング枠
親にバレずに借りれない
日雇い・日払いバイト
遊び
消費者金融カードローン
審査なし(無審査)で借りれない
アルバイトの前借り
キャバクラ
銀行カードローン
貸金業法違反の闇金(ヤミ金)の危険性
風俗
信販カードローン
友人への借金返済
結婚(既婚者)
ギャンブル
会社経営
クレジットカード
親・兄弟・友達

【目次】このページ先読み

未成年がお金を借りる事が難しい理由

未成年が消費者金融などからお金を借りる場合には、民法上での契約を結ぶことになりますが、未成年の場合には契約自体が違法になります。

お金を借りる以外にも携帯電話の契約など、すべての契約行為が違法になるので、当然未成年がお金を借りることはできません。

また民法に反した契約をした場合には、契約自体が無効になることもあり、その場合にはお金を貸した側は返済を求めることが出来ません。

このように法律面での未成年の契約行為が違法であることから、未成年がお金を借りることは基本的には不可能です。しかし利用するサービスによっては、親や親権者などの同意や承諾が得られていて、同意書にサインをしてもらえた場合には、未成年でも借りることが可能な場合もあります。(関連 >>今すぐお金借りる手段!安全・確実に即日で借りたい人用の方法『お金借りる今すぐナビ』)

 

未成年がお金を借りれない法律がある

未成年でもお金が急いで必要なときに、成人とは違って消費者金融からはお金を借りることはできません。

その理由は、法律で禁じられているからです。というのも民法ではまだ社会経験もなく判断が未熟な未成年は消費者金融も含めて単独で契約することはできないとされており、仮に契約をしたとしても後で取り消しができます。

ですから、消費者金融でも未成年からの申し込みがあったとしても、門前払い融資は行いません。ただし、学生向けの融資を行っているところであれば、未成年でも利用ができます。もちろん、民法の規定がありますから、保護者の同意は必要です。

それから、既婚者は未成年であっても法律的には成人と同じ扱いになります。なので安定した収入を持っていて結婚をしていれば、融資を行う会社もあります。(関連 >>お金借りるための審査内容)

親の承諾があればお金を借りれる(親の審査有)

殆どのカードローンは20歳以上であることが条件となっていることが多く、未成年だとお金を借りるのが難しいことがあります。

ただ、一部のカードローンは18歳以上としている会社もあって、この場合でも安定した収入があることが条件です。安定した収入があれば正社員でなくてもパートやバイトでも大丈夫です。18歳以上で安定した収入があっても親が承諾している同意書が必要で、この時には親の審査もされます。
利用出来るカードローンにはいくつかあり、学生ローンや奨学金、限定されますが銀行などです。

他にはクレジットカードも可能で、キャッシング付きならその範囲内でお金を借りられます。

未成年だとクレジットカードは作れてもキャッシング枠は付かないこともあって、学生用ならキャッシング枠も付きやすいですがついても5万円程度と少額です。

 

未成年でもお金を借りる方法がある

まず正規の消費者金融や銀行から、未成年がお金を借りることは不可能です。民法で定められているように、成人にならないとお金を借りることができませんので、貸金業者や金融機関で借りることは諦めるようにしてください。ただし借りられる可能性がありますので、まだ諦めないようにしましょう。

たとえば結婚や会社経営をしているのであれば、未成年としてではなく成人とみなされる可能性があります。こちらは貸金業者金融機関によって判断がわかれますが、それでも中小になると借りられるチャンスがありますので、まずひとつの手段です。

学生ローンも借りるための方法となります。ただしこちらは個人で動くことでお金を借りることができるわけではなく、親の同意が必要になってきます。

クレジットカードのキャッシング枠の利用もひとつの方法であり、高校を卒業した未成年であってもクレジットカードを持つことができ、そこにキャッシング枠がついていればお金を借りることが可能です。(関連 >>クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法と危険性)

最も行ってはいけないのが、クレジットカードを使った現金化、そして闇金に手を出すことになります。結果的に高い金利を払うことになりますし、そもそも闇金は犯罪ですのでけっして手を出さないようにしてください。

未成年が学生ローンで即日でお金を借りる

大手消費者金融では「20歳以上」という条件がついているので、未成年は利用ができません。未成年が即日でお金を借りるなら、学生ローンがおすすめです。学生ローンなら「18歳以上」を条件にしてお金を貸してくれる会社があります。

昔は学生証一枚あれば利用ができた時代もありましたが、現在は学生証と本人確認書類が必要です。

未成年がクレジットカードでキャッシング枠をつけるには基本的に親の同意書が必要ですが、学生ローンでは親の同意書なしで借りられるところもあります。なので、会社によっては親にバレずに即日融資も可能です。

18歳以上20歳未満で借りられ、かつ親の同意書不要の学生ローンとなると数が限られてきます。ネットの口コミ・評判なども参考にしてください。

 

18歳19歳は学生ローンでおすすめのところ

18歳19歳の未成年がお金を借りる場合に重要なことは、安心して借りることができること、そしてできる限り金利が安いことです。

そこでおすすめのは、一般のフリーローンではなく、学生に特化した学生ローンです。

カレッヂ・フレンド田(デン)・ニリデン・イーキャンパス・友林堂・アミーゴ・キャンパス・学協・学灯社などが、その学生ローンになりますが、とにかく安心感があります。

たとえば、学生ローンの元祖であるフレンド田は、1976年の創業以来40年以上にわたって、学生の町である高田馬場で学生専門の貸金業を営んできました。

事務所は小さいのですが、抜群の信頼度を誇ります。学生ローンの看板がどこも黄色を使っているのは、フレンド田が目印として黄色看板を掲げたことに由来しています。

カレッヂも歴史があります。創業は1977年ですのでフレンド田の1年遅れとなりますが、やはり高田馬場からスタートしています。2013年には他社に先駆けて金利を1%下げました。セブンイレブンと提携したことによって利便性も追求しています。

さらに学協も創業1979年と古い学生ローンの会社ですが、あえて高田馬場には進出せず、三軒茶屋駅や向ヶ丘遊園駅などの前に4店舗を経営しています。審査は必ず対面で丁寧に行っていきます。敷居が高そうなイメージですが、実は逆にだからこそ信頼があるのです。

 

学生ローンの注意点

学生ローンは、未成年でも借りられるローンということで人気がありますが、いくつかの注意点があります。

一般的な金融商品に比べると金利が高めになりますので、返すことができる範囲で借りることが重要です。又、法律によって収入の3分の1までしか借りられないことになっており、一般的に多いのが50万円以下となっています。

未成年が簡単にお金を借りる方法にはいくつかありますが、その中でも学生の場合には学生ローンを使うのがスピーディーで効率の良い方法です。

金額はそれほど多くはありませんし、用途を聞かれることもありますが学生と言っても免許を取得したり資格と取るために必要ということもあるでしょう。

又、何らかの事情で学費を工面しなくてはならなくなるということも少なくありません。手持ちのお金だけでは足りない時に、こうした学生ローンがあると非常に助かるため多くの人がアルバイト代で足りない分は学生ローンで賄っています。

何らかの事情で他に方法がない人は、学生ローン専門業者なら融資をしてもらえる可能性は高いです。ただし、用途は聞かれますし返済能力がないとみなされた場合には金額が低い場合もあります。審査は、一般的なローンより緩めになっています0。(関連 >>お金借りられる限度額)

 

未成年がクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる

未成年がお金を借りる方法で、クレジットカードのキャッシング枠を使う方法があります。

クレジットカードには、あらかじめキャッシング枠が設定されており、学生向けなら少額ではありますがショッピングの枠の範囲で借りることができます。

金利は高めにはなりなすが、例えばバイト代が入ったらすぐに返済することができるといったケースでは、このサービスはとても便利です。未成年でもクレジットカードを作ることができますし、買い物ができる範囲で借りられますのでショッピング枠は減りますが友達や親に借りにくいという方は、誰にもばれないのでお勧めします。

未成年では成人よりも制約があるので、この方法ならスマートに借りることができます。(関連 >>クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法と危険性)

 

未成年がクレジットカード作る時の条件

未成年がクレジットカードを作る時の条件は、高校生以外の18歳以上で、さらに親権者の同意があることになっています。

そのため18歳以上であっても、高校に在学中の場合はクレジットカードを作ることができません。また高校生以外であり、さらに18歳以上であっても、申し込みの時に親権者の同意がなければ作ることができないことになっています。

親権者の同意とは、クレジットカードの作成申込書を作るときに、親権者が同意をするというサインを書く欄があります。

そこに親権者が直筆でサインをしない場合には、同意がないとみなされるので作れないことになっています。

その他にもクレジットカード会社による条件があるので、申し込み前に確認しておくことが必要です。(関連 >>お金借りるための審査内容)

 

未成年がクレジットカードを作る流れ

(ネット申し込み→審査→親の同意書確認→クレジットカード受け取り)

未成年でも留学に行くなどの事情がある場合には、クレジットカードを作りたいという人もいます。
クレジットカードを作る場合には、アルバイトやパートなどで本人収入があったとしても親権者の同意は必要となります。
作る流れとしては、クレジットカード会社を選びます。

それぞれの特徴を比較検討して、会社を選んだら窓口またはネット申し込みを行います。ネット申し込みの場合は、カード会社のサイトから申し込みページを開いて、氏名・性別・生年月日・住所・支払い口座などを入力します。

社会人の職業情報の代わりに、学校名や学年、卒業年月日、アルバイトでの収入、親権者の住所や電話番号などの情報を記入することになります。
このような情報を審査が行われます。基本的に未成年の場合は、審査に落ちることはないとされています。まれに審査が落ちる場合がありますが、これは携帯電話料金の延滞などが原因です。
審査が終わった後に、親の同意書が送られてきてそれに署名を行い、それをクレジットカード会社に渡すとクレジットカードが受け取れます。
未成年でもクレジットカードを持っていると便利ですが、返済してしまうと信用情報に傷がつくため注意して利用することが大切です。(関連 >>延滞すると信用がなくなり借りられなくなるので注意)

 

未成年が消費者金融・銀行・信販等のカードローンでお金を借りる

未成年者は基本的に学校に通っているのが一般的ですが、大人と同じように買い物をしたりサービスを受けたりします。

そのためお金を必要とするシーンも多いのが現実で、借りられる場所が存在すれば嬉しいかもしれません。
お金を借りる場合、手っ取り早く思い浮かべるのは消費者金融であります。

この消費者金融に関しては、大手並びに中小の消費者金融では未成年者にお金を貸すことができずに、20歳以上と規定を設けているので成年者でなければ難しいのが実態です。
もっとも学生ローンが存在し、未成年者であっても18歳以上であればお金を貸してくれるケースが存在します。つまり未成年者がお金を借りる場合であれば、学生であれば学生ローンを検討すると良いです。

学生ローンを扱う消費者金融であれば、バイト先があり安定的な収入を得ている場合には借りられる場合があります。もっとも銀行系や信販会社などでも未成年者向けの融資を扱う商品も存在しますが、必ず保護者の承諾を必要とするケースも多いです。

学生でも持つことができるクレジットカードがありますが、そのキャッシングカードローンに関しては事前に保護者の承諾の範囲内で利用することができます。銀行や信販系のクレジットカードのカードローンであれば未成年者でもお金を借りることが可能です。

 

アコムは未成年が審査通過しない理由

大手消費者金融のアコムでは、未成年者が申し込んでも審査通過しない可能性が高いです。というのは、アコムの申し込み条件の中に年齢制限があり、「20歳~69歳で安定した収入と返済能力を有する方」と決められているからです。

高卒で働いており、安定した収入を得ていたとしても年齢制限に引っかかってしまうので審査は通らないでしょう。これはアコムだけなのかというとそうではなく、他の消費者金融も通常未成年者が審査に通ることはありません。

その理由については明確に説明されていませんが、おそらく民法において未成年者が親権者の同意なしに消費者金融と契約をした場合、その契約を後から取り消せると定められていることから、そのリスクを避けるためだと思われます。

プロミスは未成年が審査通過しない理由

プロミスでは、申し込み条件のひとつに「年齢20~69歳のご本人に安定した収入がある方」という項目があり、20歳未満の方は借りることはもちろんのこと申し込むことも出来ず、審査通過しないようになっています。

消費者金融は貸金業法という法律に則っているのですが、こちらには未成年にお金の貸し付けを行なってはいけないという規定はありません。ですが、民法に定められている未成年を保護する為の条例のひとつである、「未成年者契約の取り消し」ということが関係していると言えるでしょう。

これは、未成年が法定代理人の同意なしに行なった契約は取り消し出来るというもので、取り消されてしまった契約は契約時にさかのぼって全てが無効となります。よって、未成年へ貸し付けを行なうことはリスクが高く、例外なくプロミスは申し込みは20歳からと定められているのです。

・関連ページ >>カードローンの審査が不安な人向けの申し込み時の注意点

 

結婚していれば「成人」扱いで親権者の承諾なしで借りる事ができる

法律上の未成年は「未婚の20歳未満」と定められていて、法律では既婚者であれば社会的責任能力があるとみなされ20歳未満の人であっても成人として扱われます。

そのため未成年は親権者の同意がないとお金を借りることはできないのですが、結婚して安定した収入があれば親権者の同意がなくてもお金を借りることは可能です。

しかし実際には大半の金融機関はお金を貸すのは未婚・既婚を問わず満20歳以上という制限が設けられているため、ローンを利用することは難しいのが現状です。

ただ会社によって対応が異なるので先ずは金融機関に問い合わせてみることが大切です。またクレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りる場合は、未成年でも既婚者なら借りることができる会社もあります。

 

会社を経営していれば「成人」と扱われる事がある

民法の決まりにより、未成年は携帯や金融などにおける契約行為をすることができません。

未成年が携帯契約を行ったり、学生ローンクレジットカードキャッシングを利用するためには、法定代理人にあたる親の同意が必要になります。

 

しかし、この民法には例外規定が設けられています。その内容には、既婚者や法定契約者は成人とみなされることがあるとあります。

つまり、未成年でも結婚している・会社を経営している場合には、親の同意がなくてもお金を借りるための契約行為を個人で行える可能性があるということです。

ただし、全ての金融機関が例外規定を適用しているわけではありません。金融機関は未成年の契約希望者に対して、状況ではなく年齢で判断することが多いです。

そのため契約できる可能性は高くありませんが、未成年でも会社経営者または既婚者の場合には金融機関に問い合わせてみると良いでしょう。

 

未成年がお金が必要になった時に今すぐ工面する方法

未成年がお金がどうしても今すぐ必要になった場合、どのような工面の方法があるでしょうか。

金額にもよりますがまず一番早いのは親に相談して借りる方法です。借りる目的が納得いくものであれば多少のわがままは聞いてもらえる可能性も高く、返済の際の猶予も家族間なのである程度は調整できるから。

もし親に知られたくない内容の場合は、兄弟から借りたり、友達から借りるというのも一つの方法です。とはいえ兄弟や友達が未成年の場合、まとまったお金を得ることは難しいケースもあります。

ほかの方法としては、不用品(服・漫画等)をフリマアプリで売ったりする方法も。こちらも希少性の高いものではない限り、そこまでまとまったお金にはならないことは理解しておきましょう。

そのほかの手段だと日払いのバイトを探して自力で稼いで、その日のうちに報酬をもらうこともです。また、友達つながりで稼ぎのいいバイトを紹介してもらうというのも手段の一つですね。

最近では人手不足の影響で、アルバイトの前借りや手数料を払うことで支給日よりも早くもらえる「給料前払いサービス」という福利厚生を導入しているお店もあります。そういったアルバイト先を探すのも今すぐというのは難しいですが、得られるタイミングは早まるでしょう。

 

未成年は親・兄弟・友達からお金を借りる

未成年がお金が必要になった時は親から借りる事が一番無難な選択です。

大手の消費者金融では20歳以上でなければカードローンを組む事ができないからです。20歳以上で定期的な収入を得る事ができるかどうかという点が審査されます。

偽って借り入れができたとしても全額返金をしなくてはいけないということになっています。兄弟や友達に借りるという事も選択肢の一つとして考える方もいますが、長く付き合っていく事を望んでいるのであれば借りる事はしない方が無難です。返済ができないと信用を失うことになる可能性もあります。

どうしても借りなければいけない状況であれば、1万円以内で1度だけというルールを作って借りて、返済も必ずできるという確約がある時だけにしましょう。

 

不用品(服・マンガ等)を売って未成年はお金を作る

未成年は急にお金が必要になっても、銀行や消費者金融などから自分で借りることはできません。理由は簡単で、申し込み条件において年齢制限の下限が20歳になっている所が多く、未成年の申し込みを受け入れている所も親権者からの承諾を必要としているからです。
未成年がお金が必要になったときは、借金以外の方法を考える必要があります。例えば、リサイクルショップや買取専門店が全国各地にある現在では、これらの店に不用品を売る方法がお金を確保する方法として有効です。

未成年者が不用品を店で売るためには本人確認書類のほか、親権者からの同意も必要ですが、「部屋に物が増えてきたのでいらないものを処分したい」という理由であれば、親からの承諾を得られやすいでしょう。

 

日雇い・日払いのバイトで未成年はお金を用意する

未成年だけれどお金がすぐに必要という事態になった時は日雇いで日払いのバイトがおすすめです。

日雇い日払いなので最短で1日だけ働いてその日に働いた分のお金を貰うことが出来ます。
仕事先によって銀行振り込みで貰える場合もあれば、手渡しでその日働いた分をすぐに貰えることが出来る場合があります。
更に日雇いの仕事は自給が高いものが多いです。時給は安くても1,000円以上はくれる所がほとんどのため、1日働いただけで10,000円以上のお金をすぐに手に入れることが可能です。

日雇いの仕事は未成年でも募集しているのがたくさんあります。今すぐにでもお金が必要となった時は日雇いで日払いのバイトに募集をしてお金をすぐにでも貰いましょう。

 

アルバイトの前借りで未成年がお金を工面する

未成年がお金が必要なときには、アルバイトをしているならば給料を前借りするという方法があります。それは法的に問題ないのかというと、労働基準法でも認められていることですから大丈夫です。

ただし、前借りをするためには条件があって、事故にあって入院しなければいけなかったり、災害で家が被害にあったので修理をするというように「非常時」でなければいけません。遊ぶお金がほしいから給料の前借りをさせてほしいといっても、それは認められません。

では、前借りができるとして、いくらまで認められるのかというと借りる月の働いた分だけです。つまり働いたけど、まだ支払われていない分の給料をもらうだけで、これから働く分を事前にもらうことはできません。

 

未成年がお金を借りる・借りたいと思った時の注意点

未成年者の中にも様々な理由からまとまったお金が必要となることがありますが、その場合にはどのような点に注意するべきかよく考えることが大切です。
金融機関等に頼めばまとまったお金を借りることができますが、未成年の場合には民法の規定により親権者の同意書が必要となります。
ただ親にバレないようにお金を借りたいと思い同意書の偽造をする人もいますが、後でバレてしまったら大変なことになってしまいます。
同意書を偽造することはとても危ないことでそれにより被害が発生したら色々と面倒なことになるので、そのようなことはしない方が無難です。

そこで何か良い方法はないかYahoo!知恵袋で質問する未成年もけっこういますが、中には面白半分で回答している人もおりヤミ金であれば審査なしなので簡単にまとまったお金が手に入ると答える人もいます。

しかしヤミ金の利息はとても高く返済することができない場合には取り立てが厳しいケースが殆どなので、危険性がより増すことになります。
そのため未成年がどうしてもまとまったお金を借りたいと思ったら偽造などをせずに親にしっかりと説明をして同意書をもらうことが大切で、その方が安全ですし危険に巻き込まれることもないです。(関連 >>お金借りるまでの大まかな流れ)

 

 

未成年が保護者の同意書は偽造すると違法(文書偽造の罪)

未成年が金融機関等にお金を借りる際に保護者の同意書を偽造した場合、それは違法であり私文書偽造の罪に問われます。

もし保護者の同意書を偽造したうえで、金融機関等にお金を借りる相談をしたとしましょう。

通常の金融機関で親が同席していない場合、その同意書が本当に保護者がサインしたものかの確認をするケースがほとんどです。例えば同席ではない場合親に電話し同意の確認をしたり、別途書面で保護者宛に郵送し確認を取る場合もあります。

また、お金を借りる際の保証人を保護者に求めるケースもあります。そこで偽造だとばれた場合「私文書偽装」の疑いで、警察に通報される可能性が極めて高いです。

通報後48時間以内に検察官に送致され、罪が認められた場合逮捕に至ります。その後量刑が判断されてしまうのです。

・関連ページ >>お金借りる時に嘘をつく危険性・借入金額の虚偽申告はバレるが借りれる

 

未成年は親にバレずに金融機関でお金を借りる事はできない

未成年がお金に困ったからと行って、金融機関からお金を借りることはできません。というのも、未成年は法的に一人前と認められていないので、一人で契約を交わしても効力がないからです。

したがって、親が同意書をつくれば、未成年の契約に効力をもたせることは出来ますが、そうなるとなぜお金が必要なのかを話さなければいけません。

借金をするというのは、あまり良いことには見られませんから、よほどの理由がないと親は認めてくれないでしょう。

ですから、親にバレないで金融機関等にお金を借りることは基本的にできません。ただ、学生向けのローンのなかには、本人の身元を証明する書類を提示するだけで貸すところもあります。

悪徳業者に騙されたら大変ですが、貸金業の許可を得ているところで合法的に経営をしているので、親にバレないでお金を借りたいときには利用を考えてみると良いでしょう。

未成年が審査なし(無審査)で即日融資可能な方法はない

ほとんどの金融機関では、融資の条件として「20歳以上」をあげています。なので、基本的に未成年は金融機関でお金を借りることができません。クレジットカードなどでは、「18歳以上」で作れるカードがあります。

キャッシング枠についても10万円程度ならつけられることがあります。(関連 >>10万円借りる方法【今すぐお金を借りたい時に必要な事やおすすめのカードローン】)

ただし、キャッシング枠をつけるには親の同意書などが必要になります。審査なし(無審査)で即日融資が可能な方法はないので注意をしておいてください。

公衆電話などに「未成年でも審査なしで即日融資します」などと書かれたチラシが貼ってあることがありますが、ほぼ100%違法な闇金業者です。闇金を利用すると家族や友達にも被害が及ぶので、絶対に利用してはいけません。

・関連ページ >>審査なしでお金を借りる確実・安全な方法・即日融資希望の時は消費者金融

 

年齢制限のない貸金業法違反の闇金(ヤミ金)に騙されてはいけない

未成年で何らかの理由でお金が必要になったとき、自分だけで一般的なカードローンなどを利用してお金を借りることはできません。

これは民法が未成年者の契約行為を認めておらず、法定代理人である親の同意を必要としているからです。そこで親にばれないように年齢制限のなしの闇金(ヤミ金)などから借りようとする人がいるかもしれませんが、これは危険な行為です。借り手の条件に「年齢制限なし」といった宣伝文句で営業している闇金はそれだけで貸金業法違反です。

この他にも、法律で定められている利率を守らずに貸したり、契約書に無い料金を追加で請求してきたりと闇金はさまざまな違法行為で現金を要求してきます。

未成年者はこうした行為の正当性を判断する能力も無く騙されてしまうため、年齢制限のない闇金などは利用することは止めましょう。

 

 

Yahoo!知恵袋で18歳・19歳の未成年がお金を借りたい質問内容はどういうのがある?

毎日様々な質問が寄せられるYahoo!知恵袋ですが、18歳や19歳の未成年者がお金を借りたいという質問も結構な数存在します。この年で何故借りなければいけないのか、きっと気になっている人も多いでしょう。
まず質問内容として最も多いのは、やはり生活費に困ってというものです。学業が忙しくてアルバイトができなかったり、或いは急な入用があった影響で家計が厳しくなったりと、個人個人で色々な事情があります。
次に多いのが、遊びたくて借りたいという理由です。

例えばキャバクラや風俗店に行ってみたいがお金がない、借りることはできますかという内容が代表的です。

更に友人間などでの借金を返すために、お金を借りたがる未成年もいます。

友人や家族間での借金は、厳密に言えば何歳からでも口約束でできてしまうものです。ただそれを返すのが大変になってしまい、いよいよ消費者金融の方で充ててしまおうとする人もいます。
他にはギャンブルで作った借金を返すために借金をしたいと、未成年では信じられないような質問内容も出ていることがあります。

パチンコなどは18歳から遊べますから、そこへ行くこと自体はおかしいことではないでしょう。しかし借金をするほどののめり込む未成年がいる事実、ここは重く受け止めなければなりません。

最後はクレジットカードの支払いをするため、借金をする人もいます。最近は実質無職でも持てるカードなどがあり、目先の欲に釣られて使ってしまうことがあるのでしょう。

Yahoo!知恵袋では冗談半分の質問が出ることもありますが、耳の痛い話であるのは確かです。



・TOP ランキング・絞り込み検索ページへ戻る >>今すぐお金借りる手段!安全・確実に即日で借りたい人用の方法『お金借りる今すぐナビ』

●関連ページ