条件別でお金を借りる

1・3・5万円借りたい人向け!今すぐ必要で借りるおすすめの方法・カードローン

1万円・3万円・5万円等の少額融資を借りる場合に、申込み条件さえあえば公的融資制度をお得に利用できますが、今すぐ必要という場合には公的融資制度はやはり向いていません。もちろん、無利子にて貸してくれるであろう親や知人から借りることも一つの方法ですが、何かと理由を詮索されたり、互いの関係性を気遣ったりして、少額融資とはいえ、簡単に借りられることでもありませんよね。今すぐお金借りる方法は多くありますが、やはり条件によって最適な方法を選びたいもの。

そして、今すぐ1・3・5万円借りたいという少額融資が必要とする場合には、「カードローン」の選択がおすすめなのです。

このページの要約点
  • 担保・保証人不要のカードローンなら、即日融資可能
  • 使い途自由なカードローンは利便性高め
  • 初めての方はカードローンの無利息期間利用がおすすめ
  • カードローンは、提携ATMで借入・返済できる
  • 1・3・5万の少額でも審査はあり

 

↓最新版ランキング↓

【目次】このページ先読み

今日中に1・3・5万円借りたい方必見!カードローンが最適

結論的に、今すぐ必要という少額融資には、「カードローン」の選択が最適です。カードローンは、銀行などの金融機関信販会社消費者金融といった貸金業者が展開している個人向け融資サービス商品の一つです。

緊急で1・3・5万円必要な時の第一条件に「即日融資」

1・3・5万円の少額であれ、とにかく今すぐにお金が必要な時には、やはり即日融資を可能としている金融機関・業者を選ぶことが先決ですね。そして即日融資を可能としている貸し付けといえば、「カードローン」です。

ただし、銀行などの金融機関で提供されているカードローン(関連ページ:銀行でお金を借りる方法【ローンの種類や流れ・デメリットを解説】)は、過去に金融庁より過剰貸付の指摘(参考:金融庁「銀行カードローンの実態調査結果について」)があって以来、厳格な審査と自主規制を実施し、即日融資には対応していません。信販会社のカードローンも、審査に時間がかかることが一般的です。

即日融資のカードローンでは、消費者金融を選ぶことが大切なのです。

申込~契約「ネット完結(WEB完結)」が便利

そして、カードローンで即日融資を可能にするには、ネット(WEB)完結の利用がおすすめ。インターネットとスマホなどのデバイスさえあれば、店頭に出向くことなく、申し込みから融資までを済ませることが可能です。

公式サイトへのアクセスで申し込みのページが閲覧できますから、必要事項を入力、アップロードした書類添付で送信すれば、シンプルな申し込みが完了です。

ネットでの申し込みは、24時間いつでも可能ですから、時間に余裕があり、手続きを先に済ませたいという人は、前日に申し込みをするのもいいでしょう。

申込時の用意する必要書類は身分証のみ

金融機関・業者では、様々なローン商品がありますが、商品によっては必要書類がとても多くあるものです。

ですがカードローンでは、基本的に運転免許証やパスポートなどの身分証があればOK。ネットでの申し込みには、スマホで必要情報を入力後、スマホカメラにて身分証明書を撮影、ダウンロードして提出完了です。

融資可能金額上限は800万円!ただし総量規制あり

カードローン利用枠の上限は、会社により違いがありますが、500万~800万円が一般的です。ですが、貸金業者は「借入総額は年収の1/3まで」という総量規制(参考:日本貸金業協会「総量規制について」)をベースに貸し付けを行いますから、申し込み者の希望融資額と年収により判断されることになります。

逆に、安定した収入を継続的に得ている人で、初回に1万~5万円といった少額融資を希望する場合、返済能力は十分と判断され、審査に通過しやすいともいえます。

急な出費にも対応!担保・保証人不要のキャッシングサービス

カードローンは、担保や保証人を不要としていることも大きなメリットの一つですから、急な出費でも個人の信用と必要書類の準備だけで済みます。

忙しい現代人にとって、利用しやすい借り入れ方法といえます。

給料日前で不足している生活費にも!借入れた現金は使途自由

カードローンは、利用限度額内であれば、1・3・5万円と必要に応じた借り入れが可能です。そして、住宅ローンや自動車ローンといった、目的が決められているローンではなく、使途は基本的に自由ですから、急な飲み会や不足している生活費、旅行の費用として使うことが可能です。

カードローンの返済回数とは?

カードローンの返済方法は、定額を毎月返済するという「約定返済」が基本です。契約時に決定した返済額を、同じく決められた返済方式で返していくことになります。

多くの場合、登録している銀行口座からの引き落としですが、コンビニATMなど提携ATMからの返済、ネットバンキング利用による返済など、貸付側により様々な方式が用意されています。ちなみに、毎月の返済額も利用者に無理がないように決定されます。

また、カードローンの金利が日割り計算ということから、支払う利息を減らすために早めの返済、「臨時返済」も可能としていますから、利用者にとって返済計画が立てやすい借り方ができるのです。

カードローンで負担する利息について

たとえ1万円であれ、金融機関・業者からお金を借り入れた場合、必ず利息が発生します。

利息は、利息制限法をベースに決められていて、10万円までの借入額であれば、上限金利は20%となっており、それ以上の利息を取られた場合、貸付側は処罰を受けることになります。

利息については、以下の記事でも詳しくご説明していますので、是非チェックしてみて下さい。

上限金利20%で1万円借りたい場合の利息

  • 1万円×20%=利息2,000円(年間)

翌月に全額返済すれば、1ヶ月分は以下の通り。

  • 2,000円÷12(月)=利息166円(無利息期間を除く)

上限金利20%で3万円借りたい場合の利息

  • 3万円×20%=利息6,000円(年間)

翌月に全額返済すれば、1ヶ月分は以下の通り。

  • 6,000円÷12(月)=利息500円(無利息期間を除く)

上限金利20%で5万円借りたい場合の利息

  • 5万円×20%=利息1万円(年間)

翌月に全額返済すれば、1ヶ月分は以下の通り。

  • 1万円÷12(月)=利息833円(無利息期間を除く)

利息なし?!無利息借り入れ成功ポイントとは?

カードローンは、シンプルかつスピーディに借り入れができるということが人気ですが、それでもやはり「借金」には間違いありません。返済には利息も含まれ、返済期間が長くなるほど、利息も膨れてしまうものです。

ですが、大手消費者金融カードローンで少額融資を受ければ、無利息期間サービス内に完済することで、全く利息なしで返済が可能なのです。

では次に、そんな大手消費者金融カードローンの利用について、ご紹介していきます。

今すぐ1・3・5万円の少額借りる方法はカードローン

即日融資かつ無利息期間サービスお得な少額借り入れをしたい場合には、大手消費者金融のカードローンが有力といえます。

 

おすすめ度 会社 申込から融資実行 限度額
1位 プロミス 最短60分 最高500万円
2位 SMBCモビット 最短60分 最高800万円
3位 アイフル 最短60分 最高800万円
4位 アコム 最短30分 最高800万円
5位 レイクALSA 最短60分 最高500万円

 

ではここで、その理由である特徴をまとめていきましょう。

簡単に希望通りの1~5万円の借りれる

無担保かつ保証人なしで利用可能なカードローンは、「いつでも少額融資がシンプルに受けられる」ということがコンセプトになっています。もちろん、100万円以上といった高額融資にも対応しているのですが、大手消費者金融だから高額融資に向いている、というわけではありません。カードローンのコンセプト通り、利用限度額内で自由な借り入れと返済が行えます。

そして、大手消費者金融だからこそ、以下に挙げる無利息期間サービスなど、利用者にお得なサービスがあること、全国各地に店舗が多く、利便性が高いことも、少額融資希望者(関連:少額融資には審査が必要?少額融資の審査に合格できる4つの条件)に有利の借入先である大きな理由です。

短期間の借入なら「初回借入無利息期間」サービス

初回契約者限定無利息期間とは、借り入れたお金に対し、利息(金利)が全くかからない期間のこと。例えば、

  • 30日の無利息期間を設定している業者で1万円を借り入れ

した場合には、以下のような比較ができます。

比較 返済額(30日まで) 返済額(31日以降)
30日の無利息期間あり 元本1万円 元本1万円+利息発生
無利息期間なし、通常の借り入れ 元本1万円+30日分の利息 続けて利息発生

このように、無利息期間サービスがある場合は、30日目までは一切利息を支払う必要がなく、返済は元本の1万円のみ、そして31日目から利息発生となります。

低金利の銀行よりもお得!30日間無利息が一般的

大手・中小消費者金融の中には、この無利息期間サービスを実施していますが、30日間という期間が一般的です。以下、実際に提供されているサービス内容を挙げていきます。

  • 初回出金の翌日より30日間
  • 初回契約日の翌日より30日間
  • 初回契約日の翌日より180日間
  • 初回契約日の翌日より60日間
  • 出金の翌日より14日間

銀行カードローンでも無利息サービスを実施しているところが数件だけありますが、即日融資には対応していません。もちろん、初回借入で一般的に適用される上限金利は以下の通りですから、銀行が低金利であることは確か。

1・3・5万円借りれるところ 初回借入の適用金利
消費者金融カードローン 約18%
銀行カードローン 約15%

無利息期間終了後からは、上限金利が適用されることになりますが、最初の30日間が無利息ということで、その後数ヶ月は銀行よりも消費者金融カードローンの方が低い返済額となることが多々。

消費者金融で初めて借り入れをする人の中には、不安を感じる人が多いかもしれませんが、短期間で必ず返済できる少額融資には、無利息期間サービスを実施している消費者金融を利用することが最適といえるのです。

無利息期間は無制限でなく初回が基本!再申請で利用可?

当然、無利息期間サービスを提供している消費者金融では、初回借入限定という以外にも、以下のような適用条件を設けているところが多くあります。

  • WEB明細サービスの利用
  • 対象金額は借入額トータルのうち5万円まで
  • 契約額○○○万円まで
  • 初回契約で完済後、3ヶ月が経過してから再利用可

上記は一部ですが、最後の「再利用可能」としているところは稀です。

無利息期間サービスを無駄なく利用するためにも、自身が希望する借り方に合う適用条件を選ぶことにも注目して下さい。

そして、無利息期間終了後に追加した借り入れに関しては、通常の利息がプラスされることに注意しましょう。

1万・3万・5万円程度の借入金額に最適!ただし起算日に要注意

とても便利な無利息期間サービスですが、利用前にチェックしておきたい点があります。それは、無利息期間サービスがスタートする日、「起算日」です。

無利息期間の起算日は、そのサービスを提供している会社により違っています。パターンとしては、以下の2通りに大きく分かれています。

  • 初回契約日の翌日~
  • 初回借入日の翌日~

特に、前者には要注意。

借り入れは明日以降でいいから、とりあえずカードローンを契約しておきたい」というのであれば、無利息の借入期間を無駄にしないためにも、初回借入日の翌日が起算日となっている会社を選ぶことが重要です。

審査は最短30分!最短即日融資に対応

大手消費者金融カードローンの審査は、最短30分申し込みから融資までには、最短60分が一般的で、最短即日融資に対応しています。

もちろん、銀行でもカードローンを取り扱っており、低金利であることから人気でもありますが、即日融資には対応していません。

どうしても今日中、遅くても翌日中に現金が必要という場合には、大手消費者金融を検討することがおすすめです。

自動契約機などで来店不要、土日祝日でも即日融資が可能

ほとんどの大手消費者金融では、ネットとスマホさえあればWEB完結、24時間いつでも振り込みOKの銀行口座があれば、来店不要で即日融資可能です。

また、大手消費者金融の自動契約機は、全国各地に多数設置されていますから、土日祝日でも利用できます。

夜間の即日融資にも対応

今すぐお金が必要という時は、朝から夕方までに限ることではありませんね。夜に行われた飲み会の帰りに、代行を頼みたい、タクシーを呼びたい、夜間だから家族や友人に頼みにくい…交通費ほどの少額を必要とする時に、全国各地に提携ATMを多く持つ大手消費者金融のカードローンがあれば、すぐに融資を受けることができます。

女性向けカードローンも安心安全で利用しやすい

大手消費者金融では、女性向けカードローンの提供も行われています。女性の担当者による窓口や電話での相談を可能とし、基本的に最短即日融資となっています。

近年、カードローンも女性の利用者が増加している傾向にあり、自動契約機など女性が安心して使いづらいという点を考慮し、女性ならではの利便性が高められた借り入れ方法となっており、とてもおすすめです。

安定した収入がある場合、正社員でなくても申込OK

ローンと言えば、正社員のほうが有利とは言われていますが、カードローンの場合、年収が100万円未満であるパートやアルバイトなどであっても、毎月安定した収入を得ているのであれば申し込み可能です。

ただし、1万3万5万円程度の少額融資であっても、専業主婦(主夫)といった無職(無収入)の場合、大手消費者金融での申し込みは困難です。また、未成年も基本的に申し込みはできません。以下の記事でご紹介しているような、他の方法を選ぶようにしましょう。

ちなみに、専業主婦(主夫)であっても配偶者が継続的に安定した収入を得ている場合、一部銀行などの金融機関や中小消費者金融が提供している「配偶者貸付」を利用することが可能です。

スマホアプリ(ネット完結)と提携ATM利用で便利

上記でもWEB完結をご紹介していますが、近年では、スマホアプリを利用して申し込み~融資までスピーディにできるカードローン会社が人気です。大手消費者金融のカードローンでは、その上即日融資にも対応しており、全国展開している大手コンビニのATMほか、提携ATMにて、借り入れ・返済を可能としているのです。

基本的に24時間365日オープンのコンビニに設置しているATMが利用できるのですから、いつでも利用できてとても便利です。

在籍確認など周囲にバレそうな時も相談可能

カードローンの審査では、少額融資の希望であっても、申し込み者が提出した個人情報通り、実際に勤務先で働いているかどうかを確かめるため、会社へ在籍確認連絡を行います。ですが、申し込み者の中には、周囲にバレたくない、在籍確認で同僚たちに怪しまれるかもしれないなどと、不安を感じる人もいることでしょう。自宅への郵送物についても同じことですね。

その場合、担当者に相談することで、対応を変更・改善してもらえることも可能です。

カードローン機能がついたクレジットカードもあり

大手消費者金融の一部は、銀行グループの傘下に入っており、キャッシング枠とは違い、カードローン機能をつけたクレジットカードを発行しているところもあります。クレジットカードということで、ATMの利用でも周囲にはバレにくく、契約もしやすいといえます。

1・3・5万円をカードローンで借りる時の注意点

1万~5万円ほどの少額融資とはいえ、以下に挙げる点に注意しながら、正しく無駄のない借り入れをおすすめします。

初めてのカードローン申込者には大手消費者金融がおすすめ

ほとんどの大手消費者金融では、初回契約者限定で無利息期間サービスを提供しています。また、丁寧な接客体制を徹底し、専用ダイヤルでの相談も可能にしているなど、サービスは抜群といっていいでしょう。しかも、一部の大手消費者金融は銀行グループの傘下に入っていますから、安心感もさらに強く持てるはず。

初めてお金借りる為に消費者金融を利用する人で、不安を感じている人は特に、大手消費者金融での契約をおすすめします。

無利息期間サービスの起算日に要注意!

上記でご説明した無利息期間サービスに詳細をまとめていますが、初回契約者限定の無利息期間サービスをうまく受けるためには、その起算日が重要なポイントとなっています。必ず1日でも損をしないように、申し込み前でしっかりと確認をしておきましょう。

1・3・5・10万円の少額でも審査はあり!

貸金業法をベースにしているカードローンでは、少額融資なら審査なし、ということは絶対ありません。もし「審査なしのカードローン」などという広告があれば、怪しげで違法的な貸金業者とみて間違いなく、利用は絶対にしないで下さい。

実際には、法律上で正しい貸し付けを行っているカードローン会社は、たとえ希望融資額が1万円であっても、必ず審査を行います。

審査通過をしやすくする為に希望融資額を低めにする

ただ、希望融資額を高い設定にすると、審査基準が厳しめになるといわれています。つまり、1万~5万円といった少額融資の場合、審査通過の可能性が高くなるということ。審査通過を目的として、初回は少額融資希望を申請するということは重要なことなのです。その後に返済実績を重ねて、利用限度額を増額することも可能になりますから、カードローンで少額融資からスタートさせることは、無利息期間サービスを受けやすくするためにも、最適な借り方といえるでしょう。

スピーディな審査にはWEB完結(ネット完結)を利用

多くのカードローン会社が、ネット上で申し込みから融資までを行えるWEB完結を可能としていますが、審査も最短30分で済ませられることが大きな特徴です。少額融資なら特に、最短30分で実際に審査を済ませられる可能性も高いといえますから、WEB完結を利用することがおすすめです。

返済の延滞・滞納に要注意

消費者金融に限らず銀行といった金融機関でも、カードローンでお金を借りた後に返済の延滞・滞納をすれば、電話やハガキにより連絡が届きます。そんなことになれば、周囲にもバレる可能性が高くなりますから、1万円程度の少額融資であっても、返済が遅れる時は、その理由といつまでに返済可能かを伝えておくようにしましょう。

場合により、遅延損害金がプラスされることになりますが、大手消費者金融では20%ほどで、

  • 元金+利子+遅延損害金

という計算になります。

返済の延滞・滞納については、CICJICCといった信用情報機関に掲載されることになりますから、その後に住宅ローンなどのローン商品契約、クレジットカード作成時の審査に影響することは確実。1万円程度でも遅延損害金は大きなものですし、返済は必ず期日までに完了させるようにしましょう。

少額融資なら大丈夫と、複数社への申し込みは絶対NG!

一度に複数社で借り入れの申し込みをすることは、少額融資であっても絶対にしてはいけません。金融機関・業者は、申し込み者がどこで申し込みをしているのかという情報を共有しています。あまりに多くのカードローンなど借り入れの申し込みをしていると、「少額であっても複数社で借りなくてはいけないほどお金に困っている」と判断されてしまい、審査通過どころか、※申し込みブラックとなることに。

たとえ1万~5万円程度の少額融資であっても、申し込みは必ず1回に付き1社にすることが原則です。

申し込みブラック…短期間で複数の金融機関・業者に借り入れの申し込みをしたことにより、審査に通過しづらい状態になっていること。

少額融資でもチケット金融や闇金、個人間融資掲示板などNG

近年、「闇金」やSNSを利用した「個人間融資掲示板」などでの借り入れが問題視されています。

上記で利息制限法について記述していますが、法律上の範囲内ではなく、まさしく法外な金利設定を行っている闇金の利用は絶対にしないで下さい。

また、一般的な闇金とは違った手法を行う、「チケット金融」も増えています。代金は後でいいからと利用者に何らかのチケットを渡し、利用者が販売、その金額に大きくプラスされた金額を、チケット金融業者から請求されることになるのです。この差額が法外な利息と考えられ、違法性が強く、実際に摘発や裁判での違法判決が下されるなどの事例が過去にあります。

たった1万円くらい…そう思い、「審査なし」、「無職でも融資可能」などという広告につられて、怪しげな金融業者からお金を借りる人が跡を絶ちません。少額融資だったのに、最終的には高額になっていた、取り立てに悩まされたということになりかねませんから、利用は絶対にNGです。

正しく安全な即日融資には、大手消費者金融のカードローンを選びましょう。

【最新版】ランキング

【直近3ヵ月の人気・申込数順】※当社調べ
WEB申込で完結&最短1時間カードレス郵送物なしだから誰にもバレずに借りれます。

1位 プロミス
瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。急いでいる方も安心です。

 

2位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。

 

3位 アイフル
郵送物なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。

今月の注目枠
🔰三菱UFJ銀行カードローン
     ▼バンクイック▼

関連ページ