条件別でお金を借りる

来店不要のネット完結(Web)のカードローンで即日お金を借りる方法・条件・流れ・注意点等を解説

家族の治療・入院費や周囲で冠婚葬祭が続いた時など、突然の出費に役立つ「即日融資対応のカードローン」は、お金を借りる様々な方法の中でも、利便性が高くとても人気。

しかも近年では、来店不要でお金借りることが可能なカードローンも増えています。忙しい現代人のちょっとしたすきま時間を利用し、「申込手続き~契約~借入」を当日中に済ませられるため、とてもおすすめのキャッシング方法といえます。(関連 >>即日でお金借りるなら

 

このページの要約点
  • 来店不要にはWEB(スマホアプリ)完結のカードローンが最適
  • 来店不要で即日融資を可能とするカードローンは消費者金融
  • 大手消費者金融なら、無利息期間サービスなどがあり
  • 銀行などの金融機関や信販会社は、即日融資不可
  • 即日融資のためにはWEB完結を始める時間帯や書類準備に要注意

 

↓最新版ランキング↓

来店不要のカードローンでお金を借りる方法全3種類

カードローンは、金融機関貸金業者が提供している個人向け融資サービスであり、無担保・無保証での借り入れ、分割返済を可能としているローンです。原則として使いみちは自由であり、設定された利用限度額内であれば(関連ページ:お金を借りられる限度額はいくらまで?)、提携金融機関での振込コンビニATMなどでキャッシングを可能としています。提供会社によっては返済方法にも選択肢があり、とても便利な借り入れ方法といえます。

来店不要で申込手続~契約、即日キャッシングの条件

来店不要の条件としては、以下の2点が挙げられます。

来店不要の条件
  • カードローンの申し込みから契約までをWEB上で完結(WEB完結)可能
  • ローンカードなしでキャッシング可能

今では多くの金融機関・業者が、公式サイトスマホアプリを運営していますから、利用者はインターネットさえあれば、自動契約機や店頭窓口に出向くことなく、申し込みから契約までを完結できます。

WEB完結については注意点を次にまとめていますので、そちらもご覧下さい。

そしてローンカードとは、借り入れ時に必要であるICカードのこと。提携ATMでの借り入れなどに使用しますが、このローンカードの受け取りには、「店舗に来店」か「自宅へ郵送」のいずれかになります。当然、店舗で受け取るとなれば来店不要の条件には当てはまらず、郵送での受け取りには、即日融資を不可能としてしまいます。

つまり、来店不要かつ即日融資を希望する人には、ローンカードなしで借り入れを可能とするカードローンを選択することが重要なのです。

契約機も不要のWEB(スマホ)完結で参考にしたい注意点

WEB(スマホアプリ)完結であれば、自宅や勤務先、外出先であっても、インターネットに繋がるデバイスさえあれば、24時間いつでもスピーディに申し込みといった手続きが可能です。ネット上での手続きは、家族など周囲の人にバレにくいというメリットもあり、人気の借り入れ方法でもあるのです。

ですが、以下のようないくつかの点に注意する必要もあります。もちろん、その注意点の解決策を講じているカードローン会社もあるのですが、まずは注意点を見ていきましょう。

後に書類やローンカードなどの郵送がされる場合あり

契約までの手続きをWEB完結できるカードローンの中には、後日契約書類やローンカードを送るケースもあります。WEB完結を利用したために必要書類などが郵送されるということで、家族にバレる可能性も考えられます。

原則として在籍確認の電話は行われる

基本的に、WEB完結であれ、どの会社でも在籍確認の電話は行っています。ただし、在籍確認を行うのに会社名ではなく、担当者の個人名を使うことが一般的ですから、周囲にバレる心配はほぼないと言えるでしょう。

振込先銀行を指定される場合多々、その口座設定が必要

WEB完結の借り入れで便利なことといえば、自身の口座へ借入金を振り込んでもらえることも1つでしょう。ですが、カードローン会社によっては、振り込み先となる銀行の指定をしていることがあるのです。既に自身が利用している銀行であれば問題なしといえますが、そうでなければ、振込での借り入れが難しくなってしまいます。

当日中の借入希望者には、送金時間の確認が必要

振込先銀行により、当日送金の締め切り時間は異なっています。その時間に間に合わなかった場合には、入金が翌日か翌営業日となり、即日融資を希望する人には、少し厳しい条件となることも。

もちろん、振込先の銀行によっては、振込をほぼ24時間いつでも対応、または平日であればほぼ24時間いつでも対応としています。WEB完結で即日融資希望とするのなら、振込先銀行の送金条件について確認をしておくことが大切です。

銀行振込の場合、通帳記帳に要注意

銀行振込はとても便利なのですが、記帳することで配偶者などにバレる可能性が高まります。借り入れのことをバレたくない人は要注意ですね。

記帳でバレることが心配な人には、振込以外のキャッシングがおすすめです。

スマホなどの使用が習慣的でなければ時間がかかる

WEB完結は、日頃からスマホやパソコンといったデバイスを使い慣れている人には、最後まで手続きをスピーディに終えることができます。逆に、スマホやパソコンを使い慣れていない人、タイピングが苦手な人であれば、画面上の操作に戸惑ったりタイピングに時間がかかったりして、大変な作業になってしまうことも。タイミングによっては、当日の振り込みに間に合わないかもしれず、要注意。

便利な個人融資サービスが過剰融資に繋がることも

WEB完結を可能とするカードローンは、申し込み~融資までとてもスムーズに行えることから、人によってはお金を借りるという実感が次第に薄れ、過剰な借り入れをしてしまうことにもなりかねません。シンプルに借り入れができるという便利さが、返済を困難にしてしまう状況を作らないように心がけることも重要です。

インターネット利用で店頭窓口不要のカードローン

来店不要のカードローンは、以下に挙げる3種類に大きく分類されます。

種類 審査時間 特徴
消費者金融でお金借りる 最短即日 即日融資対応&無利息期間サービスあり、ただし比較的金利が高め
銀行など金融機関 最短翌営業日 低金利&高い信頼・安心性、ただし即日融資不可
信販会社 最短翌営業日 高い信頼・安心性、低金利&独自のサービス提供、ただし即日融資不可

各種、店舗の規模によっても違ってはきますが、今では基本的に来店不要としているところがほとんど。ですが、いずれも利用にはまず審査通過を条件としており、全てが即日融資に対応しているわけではありません。

まず、銀行や信販会社のカードローンは、信頼度抜群かつ低金利であることがメリットですが、審査が厳しく、その結果までには時間が最短でも1日以上はかかるため、即日融資には向いていないのです。

来店不要で即日融資に対応しているカードローンを選ぶのなら、消費者金融、特に無利息期間サービスを提供している大手の消費者金融がおすすめです。

消費者金融 おすすめ度 来店不要可否 融資スピード
プロミス 最短60分
SMBCモビット 最短60分
アイフル 最短60分
アコム 最短30分
レイクALSA 最短1時間

 

↓最新版ランキング↓

WEB完結で最短即日融資対応!消費者金融カードローン

今では多くの金融機関・業者が、WEB・スマホ完結でのカードローン契約を可能としていますが、やはり即日融資に対応しているのは、「消費者金融」ですね。しかも、大手の消費者金融では、無利息期間サービスも実施されていているので、低金利の銀行や信販会社のカードローンよりも、お得に借りられる可能性も高いといえます。

来店不要で最短即日融資を受けるまでの流れ

来店をしないまま即日融資を受けるには、以下のような手順を行うことが必要です。

  1. WEB(スマホアプリ)完結かつ即日融資可能なカードローンを選択、インターネットを利用して申し込み手続きを行う。
  2. 必要書類をアップロードする。
  3. 融資を受ける。

では、それぞれについて詳細をご説明していきます。

1. WEB完結で即日融資のカードローンを申し込む

来店しなくても即日融資が受けられるカードローンには、WEB完結にて契約まで済ませられるという条件が必要です。その条件を満たしているカードローンを選択することが大切ですが、おすすめといえばやはり、大手消費者金融のカードローン。中でも、少額融資で短期間の完済が可能というのであれば、無利息期間サービスを提供している会社を選ぶといいでしょう(関連ページ:どうしてもお金借りたい)。

また、家族や勤務先など周囲に借り入れのことをバレたくないという人は、電話による在籍確認について相談を受け付けてくれる会社、ローンカードや書類の郵送なしでWEB完結を行っている会社の選択が最適。公式サイトなどで事前にチェックしておきましょう。

カードローン会社が決まったら、公式サイトやスマホアプリにて、申し込み手続きを進めていきます。

2. 審査通過~必要書類のアップロード

カードローンの申し込み完了となれば、最短30分ほど審査結果が通知されます。審査通過なら、あとは必要書類のアップロードのみ。契約時で必要となる書類は主に以下の通り。

  • 運転免許証やパスポートなどの顔写真付き本人確認書類
  • 収入証明書

WEB完結をスムーズに済ませるためにも、上記の書類は事前に準備しておきましょう。そして、必要書類のアップロードは、スキャナーで取り込んだデータ、またはカメラ撮影した画像を使います。

カードローン会社は、申し込み者による申告情報に虚偽がないかどうかを確認するために、本人確認書類の提出を求めています。ですから、アップロードが不完全で、氏名や住所などの個人情報が読み取れない場合は、本人確認書類データの再提出を求められる可能性もあります。無駄な時間を作らないためにも、アップロードする前に、そのデータの文字が読み取れる状態であるかどうかを、しっかりと確認しておきましょう。

また、顔写真付き本人確認書類が用意できなければ、来店にて契約が必須とされることもあり、要注意。

さらに、カードローンの申し込みで収入証明書の提出を必要とするケースは、基本的に借入希望額の設定が50万円を超える場合など。借入額を50万円超過で希望する人は、事前に準備し忘れないようにしましょう。

3. 提携金融機関での振込か提携ATMにて融資を受ける

必要書類の提出~カードローン契約完了となれば、以下に挙げる方法にて、融資が受けられます。

  • 公式サイト・会員ページより、提携金融機関への振込依頼
  • スマホアプリを利用して提携ATMにて借入金の引き出し

来店不要にて即日融資を受ける方法は、カードローン会社により異なります。自身が契約した会社の公式サイトやスマホアプリにて、来店不要で即日融資を受ける方法についてよく確認しておきましょう。

来店不要&即日融資カードローンでお金を借りるポイント

来店不要で即日融資が受けられる消費者金融のカードローンは、お金を借りる方法としてとても利用しやすいもの。ですが、申し込み時になって困ることがないように、事前に準備・熟知しておくポイントもおさえておきたいですね。

上記で既に、「WEB完結での注意点」としていくつかポイントを挙げていますので、そちらもご覧下さい。こちらでは、WEB完結での申し込みをスムーズにさせ、審査に通過しやすいポイントをいくつかご紹介していきます。

満○歳以上満○歳以下~年齢制限に要注意

当然のことですが、カードローンには年齢制限が設定されています。ただし、カードローンの商品によって申し込み条件は違っており、年齢制限では満60歳以下としている商品もあれば、80歳近くまでOKとしている商品もあります。

来店不要で即日融資を可能としている大手消費者金融では、

  • 満20歳以上満69歳以下(満70歳未満)
  • 満20歳以上満70歳以下

という設定になっていることが多々。

カードローンの年齢制限で上限の設定がされている理由には、返済不能となってしまうリスクを回避することにあります。現在における日本の企業では、労働を希望する社員に対し65歳までの継続雇用が義務づけられていますから(参考サイト:厚生労働省「高年齢者の雇用」)、少なくとも65歳までは返済能力ありと考えられているのです。そして、上限年齢を超えるとカードローンの契約更新、追加融資はできなることが一般的ですので、ご注意下さい。(関連:年金を担保にお金を借りる方法)

そして20歳以上という下限の設定についてですが、クレジットカードでは18歳より利用可能というケースがあることから、カードローンとの混同には気をつけましょう。ただし、民法改正により(参考サイト:法務省「民法改正~成年年齢関係について」)、2022年4月から成人年齢が18歳となるため、今後カードローンの年齢制限でも、満18歳以上と変更されるかもしれませんね。

現在のところ満20歳以上となっていますので、気をつけましょう。

ちなみに、カードローンの利用は、基本的に未成年を対象外としていますが、未成年がお金を借りる方法は他にも多くありますので、未成年の人は以下の記事をご参考にして下さい。

総量規制~学生や専業主婦などの申し込みは要注意!

貸金業法では、「総借入額は年収の1/3まで」という「総量規制」が取り決めされています(参考サイト:日本貸金業協会「総量規制について」)。つまり、消費者金融や信販会社のカードローンも対象になっているということ(関連ページ:お金を借りられる限度額はいくらまで?)。

アルバイトをしていない、つまり年収がない学生や、専業主婦などは申し込みができないため、要注意。

ちなみに、WEB完結&即日融資とはならないものの、収入がなくてもお金を借りる方法はありますので、以下の記事をご参考にして下さい。

 

申込内容では、必ず正確な情報を記入すること

どのような借り入れ方法においてもいえることですが、来店不要で即日融資を可能とするカードローンの申し込みをWEB完結で行う時も、自身の情報は必ず正確に記入しましょう。虚偽申告と判断されるような内容が見つかった場合には、審査時間が長引くか、審査ですぐに落とされる可能性もあります。

しかも、実際に虚偽申告とバレてしまった場合には、カードローン会社に「要注意人物」と判断され、今後その会社のローン商品全てにおいて契約は不可能となることも。

カードローンの申し込みでは、必ず正しい個人情報を申告するようにしましょう。

申し込みの借入限度額は最高でも50万円以下

来店不要&即日融資のカードローンでは、借入限度額を50万円以下として申し込むことがおすすめです。

法律により、消費者金融で50万円を超える借り入れとなる場合には、収入証明書の提出が必要とされています。つまり、50万円を超える借入限度額の申し込みが、収入証明書の確認時間を必要とし、比較的カードローン審査の時間を長引かせることになるのです。結果、その時間帯によっては、即日融資が受けられなくなる可能性も高まります。

必要以上の希望借入限度額にしないようにしましょう。

在籍確認など周囲にバレたくない場合の対応について

家族や勤務先にお金を借りることを知られたくない人には、ローンカードがない、契約書類などの郵送がないカードローン会社を選ぶことが先決。

そして、通常行われる在籍確認についてですが、即日融資を受けるには、カードローンの申し込み後すぐに在籍確認が完了されることが必要です。そのためには、カードローン会社に自身が電話を受けられる時間帯で在籍確認をしてもらうことが大切です。

カードローンの申し込み手続きを終了させた後に、その会社のコールセンターへまずは連絡を入れましょう。そして、自身が確実に在籍確認の電話を受けられる時間帯を伝え、お願いしましょう。

 

【最新版】ランキング

【直近3ヵ月の人気・申込数順】※当社調べ
WEB申込で完結&最短1時間カードレス郵送物なしだから誰にもバレずに借りれます。

1位 プロミス
瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。急いでいる方も安心です。

 

2位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。

 

3位 アイフル
郵送物なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。
関連ページ