支払い滞納・延滞・遅延の時

追証が払えないとどうなる?対処方法や事前にできる対策等解説

FXなどの追証とは取引において、ポジションを維持するために必要な証拠金が足りなくなった場合に、取引所から通知が来て、さらに証拠金を追加するよう要求されることを指します。

この要求が来た場合、トレーダーは追証を払わなければなりません。もし追証が払えない場合は、取引所との協議や資金調達、ポジションクローズなどの対応が必要です。

追証の要求に関連する法律に基づいた義務を果たすためにも、適切な法的アドバイスを受けることも大切です。

もしも追証が払えない人や、追証とはどんなものなのか気になるという人にわかりやすく説明していきます。

どうぞ参考にしてください。

この記事でわかること
  • 追証=追加保証金・追加証拠金のこと
  • 追証が払えないと保有建玉が強制決済される場合がある
  • 追証が払えないと財産差し押さえになる可能性がある
  • 追証が払えない時は分割で支払えないか証券会社に相談する
  • 追証が払えない時は一時的にお金を借りて追証する
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
18歳・19歳以下の方:収入証明書の提出が必須です。※高校生は申込不可(高専生・定時制含む)

―――――――
プロミス ※最短即日借りられる ↓原則在籍確認の電話なし↓
\初めてなら30日間無利息/

SMBCグループの安心感『プロミス』

簡単申込のプロミス!借りるまで最短当日 ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
アコム ※最短当日借りられる 35日毎の返済可:返済額1,000円~
\21時迄の審査申込で最短即日借りられる/

↓最新版ランキング↓

>>この記事の監修者情報

【目次】このページ先読み

追証が払えないとどうなる?

追証が払えない場合、トレーダーは大きなリスクを負うことになります。まず、トレーダーがポジションを持っている際に、取引所から追証の要求が来た場合、トレーダーはその要求に応じて追証を払わなければなりません。

もし追証を払えない場合、取引所はトレーダーのポジションをクローズすることができます。このようにトレーダーのポジションがクローズされることによって、トレーダーは大きな損失を被ることになります。

具体的には、トレーダーがショートポジションを持っている場合、取引所はトレーダーのポジションをクローズすることで、トレーダーに大きな損失を引き起こす可能性があります。

また、トレーダーがロングポジションを持っている場合でも、トレーダーが追証を払えない場合、取引所はトレーダーのポジションをクローズすることで、トレーダーが負債を負う可能性があります。

このように、常に追証の要求が発生する可能性を十分に考慮して、トレードに必要な証拠金を保持するよう努める必要があります。また、トレードのリスクを管理するために、トレーダーはトレードのサイズを適切に制御し、常に十分な証拠金を保持することが重要です。

これらのことを意識して、FXトレーダーはリスクマネジメントの戦略を構築しするのが大切です。

追証が払えないと保有建玉を維持できず、強制決済になってしまい、追証不足により証拠金がマイナスになり、追証を支払う義務が生じます。

不測の事態では、証券会社から追証不足により生じた損失について訴えられ、財産差押えや強制執行の対象となる可能性があります。

保有建玉を維持できず強制決済になってしまう

保有建玉とは、株式や商品などの資産を保有し続けている状態のことを指します。強制決済とは、売買取引を行った際に買い手または売り手が決済期限までに履行不能となった場合、相手方が強制的に履行することを指します。

保有建玉を維持できない場合、買い手や売り手は決済期限までに履行不能となります。
このような場合、取引所や金融機関は強制決済を実施することがあります。

強制決済によって、買い手または売り手は自分の責任で資金を提供し、履行不能のリスクを回避することができます。

ただし、強制決済によって生じた損失は、買い手または売り手の責任となりますので、強制決済を実施する前に十分なリサーチや判断が必要です。また、強制決済は市場に悪影響を与える可能性もありますので、慎重に検討することが大切です。

証拠金がマイナスになる

証拠金とは、株式や商品などの取引において、買い手や売り手が保有する資金のことを指し
取引においての信用の保証やリスクを回避するために必要となります。

追証がマイナスになるという状況は、取引者が持つ株式などの資産が減少したことを意味します。このような状況が発生すると、取引者は追証を補充する必要が生じます。

マイナスの証拠金を維持することは、取引者にとってリスクが高まると同時に、取引先にとっても信用の低下や損失の原因となることがあります。そのため、マイナスの証拠金を適切に対処することが重要です。
通常は、証拠金をアップグレードするか、取引を中止することで対処することができます。

証拠金がマイナスになった場合、すぐに対処することが大切であり、十分なリサーチや判断が必要です。また、市場の状況や自分の財政状況に合わせて適切な対応をすることが大切です。

証券会社から訴えられ財産差押え、強制執行となる

証券会社は、顧客から証拠金として提供された資金を基に取引を行います。
もし顧客が証拠金や追証などの支払い義務を果たさなかった場合、証券会社はその顧客に対して負債の回収を試みます
そのために、証券会社は、顧客の財産を差押えまたは強制執行することができます。

例えば、差押えについては、顧客の財産(預金口座や不動産など)が差押えされ、その財産から証券会社に支払いされることになります。

また、強制執行については、顧客の財産が売却されて証券会社に支払いされることになります。証券会社と顧客との間で協議が行われることもありますが、顧客の不払いや負債回収の担当者からの接触もあります。

追証が払えなくても踏み倒しはできない

追証が払えない場合に踏み倒しを実行することは、重要なリスクを伴います。

取引者は、市場状況や信用情報などに応じて追証を要求されます。追証が払えない場合に踏み倒しを実行すると、証券会社は、取引者に対して適切な保証を行っていないと判断し、損失を回避するために追証を要求するか、そのまま取引を強制的に終了させることがあります。

取引者が追証を補充しないまま踏み倒しを実行した場合、証券会社は、取引者の信用不良に対して措置を講じることができます。これにより、取引者は今後の証券取引に制限を受ける可能性があります。
また、証券会社は、取引者に対して損害賠償請求をすることもできます。

追証が払えない時の対処方法

追証の支払いに困っている場合は、金融機関や債権者とのコミュニケーション、または金融アドバイザーなど専門家の援助を受けることを検討することが望ましいです。

負債者と債権者との間で連絡を取り合い、返済スケジュールの調整など協議することが望ましいです。このような協議を通じて、負債者が返済することができるようになるかは、交渉により返済期限などを延長することができるかもしれません。

しかし、連絡を取り合わない、調整もされない場合、債権者は裁判所に訴えることができます。裁判に勝った債権者は、借りた金額の返還や賠償金の支払いなどを命じられることがあります。また、裁判費用や弁護士費用なども負債者の負担となる場合があります。

保有建玉を決済する

追証が払えない時の対処方法では保有建玉を決済する方法があります。
この方法は、貸し付け元(銀行など)から借りた金額を返済することで、建玉を決済することを意味します。

このためには、まず借りた金額の返済計画を立て、定期的に返済を行います。その上で追証を支払うことが困難な場合は、銀行との調整が必要になります。

「保有建玉」とは、株式市場などで買い入れた証券をまだ売り手に渡さずに保有することを意味します。これは売買の目的が決まっていないか、相場の変動を見てからの売買を狙っているためです。

保有建玉の決済にはいくつかの方法がありますが、主に2つの方法があります。

保有建玉の決済方法
  1. 売買契約の続き
    株式市場などで買い入れた証券を売り手に解除することを意味します。
  2. 建玉決済オプション
    保有建玉を手数料などを支払い、取引所が直接買い求めて決済することを意味します。

保有建玉の決済は、投資家にとって非常に重要な作業です。
目的に応じたタイミングで決済することで、投資のリターンを最大化することができます。リスクを増大させる可能性もあり、適切なタイミングでの決済が重要です。

分割で支払えないか証券会社に相談

投資家が追証を一括で支払えない場合、手順としては、証券会社に対して分割払いを相談することができます。

この場合、証券会社は投資家と払い方のアレンジメントを行いますが、場合によっては証券会社が承認しないこともあります。

分割払いの申し出には、投資家の財政状況や返済スケジュールなどを含めた説明が必要です。また、分割払いが承認された場合も、投資家は指定された期日までに支払いを果たす義務があります。

証券会社が分割払いを承認しない場合や、指定された期日までに支払いができない場合、証券会社は以前述べたように、投資家の財産を差し押さえることもしくは法的手続きを踏む権利を持ちます。

一時的にお金を借りて追証する

一時的にお金を借りて追証するというのは、短期的な貸付を受けることで、保留を解消することを意味します。これは、通常、銀行や金融機関などから貸付することができますが、いくつかの注意点があります。

まず最初に、貸付を受ける前に、自分のクレジットスコアと比較のレポートを確認することが重要です。

次に貸付を受ける際には、利子や手数料、期限などの条件を明確に理解しておくことです
また、調整次第はスケジュール通り適切な支払いを行うことが重要です。

調整のタイミングや額については、貸付会社と相談し適切な計画を立てることで、さらに一時的にお金を借りて追証することができます。

これらは、譲渡を管理する上での一つの手段であり、他の手と組み合わせて、譲渡の状況を改善することが大切です。支出を見直すことや、銀行の償還期間を短縮することなどが考えられます。

お金を借りて投資はありではありますが、よほどの確実性あるときにのみ有効な手段です。

親にお金を借りる

貸してもらえるのであれば、家族や親族から借りるのが一番安全で金利分を安くすることができます。

消費者金融だと金利がとても高く、15%になることもあります。そのため万が一の場合、まずは家族に相談するのがおすすめです。

家族同士でも贈与税を避けるためには以下の対策が必要です。

ここにボックスタイトルを入力
  • 署名は直筆
  • 契約日はお金を借りた日
  • 金利と遅延損害金も記入
  • 税務署から聞かれた時のために手渡しではなく振込で返済

これらをしっかり守っておけば、万が一税務調査が来た場合でも対処することができます。
家族間でのお金の貸し借りは金利や期限の心配も少ないのですが、贈与税に関する部分には注意が必要です。

消費者金融で融資を受ける

消費者金融で融資を受けるには、次のような手順を踏む必要があります。

申請書の準備

消費者金融会社に対して融資を申請するには申請書が必要です。申請書には、個人情報や収入や負債状況などの詳細な情報が記載されています。

融資金額と期間の決定

融資金額と期間を決定することが重要です。
融資金額は所有する資産や収入などを考慮して決定し、返済に対応できる期間に設定することが望ましいです。

融資申請

申請書を提出し、融資申請を行います。消費者金融会社は申請内容を確認し、クレジットスコアや借り入れ履歴などに基づいて承認するか否かを決定します。

融資承認

融資申請が承認されると、融資金額と返済スケジュールなどの条件が決定されます。承認された場合は、融資金額が指定された期日に支払われます。

返済

融資期間中に定められた期日に返済する義務があります。支払いは月払いや一括支払いなどが選択できますが、期日に返済することが大切です。

追証が払えない!となる前にできる事前の対策

追証が払えないとなる前にできる事前の対策として以下紹介いたします。

事前対策
  1. リスクマネジメント
    トレーディング活動においては、常にリスクマネジメントを行うことが重要です。 例えば、ポジションサイズを適切に管理し、損失を最小限に抑えるためにストップロスの設定などを行うことが大切です。
  2. 資金調達の予備計画
    資金調達の困難が生じる可能性があることを考慮し、予備計画を立てておくことが重要です。例えば、クレジットカードやカードローンなどを利用することができます。
  3. 金利の多様化
    市場リスクを最小限に抑えるために、金利を多様化することが大切です。
  4. 調査・分析
    投資先の評価や市場動向などを調査・分析することが大切です。

保証金を多めに準備しておく

保証金は、取引に関連したリスクをカバーするために証券会社が要求する貯蓄のことです。取引前に足りない資金を補充するために使用されます。

取引中に保証金の残高が不足すると、取引停止や強制売却などが発生する可能性があります。

保証金を多めに準備するためには、投資資金を分散することが重要です。
例えば、複数の株式や先物に投資することで、リスクを分散することができます。また、長期的な投資に対しては、利益を得るために保証金を多めに準備することが重要です。

レバレッジをきかせた取引は控える

レバレッジを利用することにより、取引に必要な資金を最小限に抑えることができますが、同時に大きなリスクも伴います。

取引に失敗すると、元本以上の利益を被ることもあります。レバレッジを利用する取引には十分なリスクマネジメントが必要です。

例えば、ポジションのサイズやリスク・リワードの比率、ストップロスなどのリスク制御手法などを検討することが大切です。

さらに、レバレッジを利用する取引には豊富なマーケット知識やトレーディングスキルが必要となります。市場のトレンドや予想外のイベントなどに対応するために、常に市場情報を注視し、判断力を養うことが大切です。

以上から、レバレッジを利用した取引は、投資家に十分なリスクマネジメントスキルやマーケット知識がある場合に限って行うことが推奨されます。取引を控え、より安全な投資戦略を採ることが進められています。

ロスカットルールを自分で決めておく

ロスカットルールとは、トレーダーが売買する際に損失を最小限に抑えるために設定するルールのことです。自分でロスカットルールを設定することにより、トレードに対するリスクを管理することができます。
ロスカットルールを自分で決める際には、次のような点を考慮することが重要です。

ロスカットルール
  1. 資産の状況
    自分の資産の状況やリスク許容度などに応じて、ロスカットのレベルを決定することが大切です。
  2. トレードのタイプ
    長期投資と短期トレードではロスカットのレベルが異なる場合があります。短期トレードには低いロスカットレベルを設定し、長期投資にはより高いロスカットレベルを設定することが一般的です。
  3. マーケットコンディション
    市場状況や投資対象の性質に応じてロスカットレベルを調整することが大切です。
  4. 収益目標
    収益目標を達成するためには、十分な利益確定の余地が必要です。ロスカットレベルを適切に設定することで、収益目標を達成するためのリスクとバランスをとることができます。

ロスカットルールを自分で決めておくことは、トレードのリスク管理に重要な役割を果たします。適切なロスカットレベルを設定することで、トレードに対するリスクを最小限に抑えることができます。

追証(おいしょう)(=追加保証金・追加証拠金)とは

追証とは、トレーダーが保有するポジションのために支払わなければならない追加の資金のことです。

この追証は、市場の急激な変動などによりトレーダーのポジションが不安定になった場合に、金融機関やブローカーから要請されます。これは、トレーダーのポジションを維持し、リスクを最小限に抑えるための保証となります。

追証は、市場変動に応じて変わる可能性があります。例えば、トレーダーがユーロ/ドルペアのポジションを保有している場合、ドルが強くなると追加証拠金が求められる可能性が高くなります。逆に、ドルが弱くなると追加証拠金の割合が減少することもあります。

追証が求められた場合、トレーダーは応じなければなりません。追証が払われない場合、トレーダーのポジションは閉じられることがあります。

また、追証の支払いが遅れた場合には、融機関やブローカーから手数料やペナルティを請求されます。

追証とは委託保証金が最低保証金率を保てない時に追加するお金のこと

委託保証金は、外国為替取引などを行うために、トレーダーが保有するポジションを保証するために支払う保証金のことです。

この保証金は、トレーダーが外国為替市場の急激な変動に対応できない場合に、損失を軽減するための補償となります。

例えば、FXの委託保証金では、取引所やブローカーが定める規則に基づいて決定されます。通常、トレーダーは、取引する通貨ペアやポジションのサイズなどに応じて、委託保証金を支払う必要があります。

最低保証金率は、保持するポジションを保証するために支払わなければならない最低限の保証金額の割合のことです。この最低保証金率は、取引所やブローカーが定めます。

通常、取引所やブローカーは、トレーダーが外国為替市場の急激な変動に対応できるように、最低保証金率を設定します。

最低保証金率は、通貨ペアやポジションのサイズなどによって異なります。トレーダーは、常に最低保証金率を満たすように保証金を維持する必要があります。

楽天証券の最低保証金率は20%

楽天証券では、アカウントに保証金を提供する必要があります。この保証金は、アカウント内でのポジションを保持するために必要な資金として使用されます。

楽天証券では、最低保証金率として20%を要求しています。
これは、アカウント内でポジションを維持するために必要な最低限の保証金額を示しています。この保証金率は常に変更される可能性がありますので、最新情報を確認することをお勧めします。

トレーダーは、常にアカウント内に十分な保証金を保持するように注意する必要があります。

これは、ポジションを維持するために必要な保証金額が不足した場合に、トレーダーがポジションを強制的に清算することを防ぐためです。

またトレーダーは、アカウント内でのポジションに対するリスクを管理することができるように、常に適切なリスクマネジメント手法を使用することが推奨されます。

追証が発生する仕組みとは

追証は、トレーダーが外国為替市場の急激な変動に対応できない場合などに、損失を軽減するための補償となります。

例えば、FX取引においては、外国為替市場の急激な変動により、トレーダーのポジションが損失を被った場合、最低保証金率だけでは不十分な場合があります。そのような場合、トレーダーは、追証を支払う必要があります。

追証は、トレーダーが損失を被った場合に補償するために支払われる保証金です。この保証金は、トレーダーが取引を続けられるように、損失を軽減するための補償となります。

追証は、トレーダーが保有するポジションの損失に応じて要求されます。

追証によって、トレーダーは外国為替市場の急激な変動から保護されます。これにより、トレーダーは安全に外国為替市場で取引を行うことができます。

また、追証は、トレーダーが市場の急激な変動に対応できない場合に備えておくことが重要です。

追証が発生した時の対処方法

追証が発生した時の対処方法はいくつかあります。

まず最も重要なのは、即座に追証金額を資金口座に入金することです。

追証が発生した場合、証券会社から連絡がある場合がありますが、連絡がない場合でも追証金額をすぐに入金することが望ましいです。

これは、保有するポジションがマージンカットによって強制的に決済されるリスクを回避するためです。

また、追証が発生した時には、ポジションを減らすことも検討することが望ましいです。
ポジションを減らすことで、追証金額を減らすことができます。

さらに、追証が発生した時には、相談することも有効な対処方法の1つです。
証券会社に相談することで、追証金額を減らす方法などについてのアドバイスを得ることができます。

これらの対処方法を適切に行うことで、追証が発生した時のリスクを最小限に抑えることができます。常に自分の資金状況を十分に理解し、適切な対処方法を選択することが重要です。

現金を差し入れて保証金を増やす

現金を差し入れて保証金を増やすことは、追証が発生した場合に資金不足から引き落とされるリスクを回避するために行うことができます。

このような場合、証券会社に対して直接現金を差し入れるか、取引口座から現金を移動することができます。

さらに、保証金の残高が増加するため、新しい取引を行ったり、現在保有しているポジションを維持するために必要な保証金額も増加することがあります。

ただし、常に現金を差し入れて保証金を増やすことが最善の策とは限りません。市場状況や取引戦略などに応じて、現金の増加が必要ない場合もあります。

このような場合、保証金を増やすことによって不要な負担がかかることもあります。
また、保証金を増やすことによって取引コストが増加することもあります。証券会社と相談して、最適な対応を決定することが重要です。

建玉を返済する

建玉を返済する方法として、以下のような方法があります。

売りポジションを終了することで、建玉を返済することができます。この方法では、市場の様相に応じて利益を上げたり損失を受けたりすることがあります。

売りポジションを保有しながら、逆指値注文を行うことで建玉を返済することができます。この方法では、市場の様相に応じて利益を上げたり損失を受けたりすることがあります。

建玉の返済に関する規定や契約に基づき、証券会社に対して返済を要求することができます。この方法では、証券会社から返済を求められた場合には、即座に返済することが求められます。

建玉を返済する方法は市場状況や個人の状況に応じて異なりますので、取引前に必ず証券会社や専門家に相談することをお勧めします。

マイナスのポジションのまま決済する

マイナスのポジションのまま決済する方法としては、主に2つの方法があります。

自分自身でマイナスのポジションを決済
  1. 取引所にログイン
    自分のアカウントにログインし、ポートフォリオを確認します。
  2. マイナスのポジションを確認
    どの銘柄がマイナスのポジションにあるのか確認します。
  3. 売買注文を出す
    売買注文を出して、マイナスのポジションを決済します。
  4. 決済完了の確認
    売買注文が完了し、ポートフォリオのマイナスのポジションが減少したことを確認します。

このように、自分自身でマイナスのポジションを決済するためには、取引所にアクセスし、市場の様相やリスクに応じて、売買注文を出すことが大切です。
これは自分で取引をすることでポジションをクローズすることを意味します。

証券会社にマイナスのポジションを決済
  1. 取引所に決済申請
    証券会社により決済日が決まり、決済日に証券会社により該当銘柄が強制的に売却され、マイナスポジションの支払いが引き落とされます。
  2. マイナスポジションを決済
    負債を解消し、証券会社との信頼関係を回復することができます。
    マイナスポジションは投資信託や株式などに対して、有り得るリスクを考慮するために必要なことがありますが、注意深いトレーディングと十分なリスクマネジメントができるようになることが大切です。

この2つの方法において、決済されたポジションに関連する費用やリスクが存在するため、十分に考慮して選択することが重要です。また、証券会社のポリシーや規則に従って行動することも必要です。

追証の解消期限

追証の解消期限は、証券会社によって異なりますが、通常は追証が発生した日から数日間となります。追証が発生した場合、証券会社から連絡がありますので、追証の解消期限が迫っていることを確認してください。

追証の解消期限内に追証額を支払わないと、証券会社は追証を引き続き保有したり、建玉を売却して追証額を解消することがあります。

また、追証を引き続き保有した場合、追証額は毎日の利子や追加の追証が発生することもありますので、早めに解消することが大切です。

追証解消のためには、追証額に対して現金や株式などの資産を差し入れするか、売買を行って追証額を回収することができます。

また、分割払いなどの対応も可能ですので、証券会社に相談することも検討してください。

楽天証券の追証の期限は翌々営業日の12時

証券会社によって異なりますが、楽天証券では通常、追証が発生したポジションについて、翌々営業日の12時に保証金不足分を補充するように要求することがあります。

これは、株式市場や外国為替市場などの市場条件の変化によって、ポジションの価値が変動することに対応するためのものです。

もし保証金不足分が補充されない場合、楽天証券は追証額に応じて、ポジションを強制的に決済することがあります。追証の期限については必ず証券会社のサイトやサポートなどで確認することが大切です。

追証が払えないでよくある質問

追証とは何ですか?

追加証拠金・追加保証金の略称であり、借り手がある契約や取引において、最初に約定した保証金に加えて追加で分割保証金のことを指します。

追証は、相手方に対する信頼性を高め、契約・取引の実行に際してのリスクを軽減することを目的として用いられます。

株式や先物などの投資能力において、ポジションを維持するために必要な追加資金のことも指し、評価損が顕在化した場合に利用者に通知が行われます。

追証によって拘束される資金は、建玉を維持するための保証となります。

追証を解消するための締め切りはいつですか?

投資規約の規約や契約によって異なりますが、一般的には毎日または週末に設けられています。

追証は、市場の変動によって評価損が発生することがあるため、締め切りの日時を過ぎた場合には追証が発生したと認識され、必要な追加資金が必要になる可能性があります。

追証が発生した場合には、支払い会社や入金などから通知が行われることがありますので、利用者は追証の解消に必要な資金を用意するように注意する必要があります。

追証の支払方法にはどういうものがありますか?

追証の支払方法には以下のようなものがあります。

・銀行振込
・キャッシュカード支払い
・クレジットカード支払い

どの支払い方法を選択するかは、自分のライフスタイルやお支払いに使うことができる手段などによって異なりますので、自分にとって最適な方法を選択することが重要です。

追証を払わないとどうなりますか?

追証を払わないと、証券会社から追証の金額を支払うように請求されます。
また、追証を支払わない場合、証券会社は証券取引を停止させられたり、証券会社から財産差し押さえ、強制執行の請求を受けることもあります。

追証の支払い期限に達していない場合には証券会社からの請求が増加し、さらに重大な法的責任も生じることがあります。

しかし、追証を払うことが困難な場合には、証券会社に連絡を取り、分割での支払いや保証金の増額などの対応を要請することもできます。

追証の請求が来ても無視したら踏み倒せますか?

ブローカーまたは取引所が追証を要求する場合、トレーダーはその要求に応じる必要があります。

証券会社や取引業者によっては、遅延損害金を請求してくる場合がある点にも注意が必要です。

追証の請求を無視した場合、証券会社によっては法的措置が取られることがあります。
追証は負債となっているため、すぐに解決すべきものです。

委託保証金を超えたマイナスによる追証の支払いを無視し続けた場合、証券会社や取引業者によっては、最終的に裁判所を通じて一括請求をしてくることもあり得ます。それでも払えない場合は、最終的には財産の差し押さえの可能性もあります。

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ【ランキングの根拠
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

1位 プロミス


SMBCグループ

審査⇒借入まで最短3分即日借りられる!(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
●瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で口座振込可。在籍確認は原則電話なし!郵送物なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)
↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
✅申込~融資/最短3分※土日祝も当日
  (申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
✅原則在籍確認の電話なし
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即日振込も可
✅コンビニATMでも借りられる
✅最低返済額は1,000円~
審査が不安な人は1秒診断後に申込を。
\申込も簡単「プロミス」借りるまで最短当日/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

2位 アイフル

郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから内緒で借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査もWEB申込なら最短18分。(平日~土日祝でも当日可能)
\金利3.0~【借り換え可】/
↓無利息期間30日間あり【人気上昇中】↓

↑【審査通過のコツ】①記入ミス・書類不備に気を付ける ②希望額は必要な分だけにする ③ウソは書かない

3位 アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。土日祝でも最短20分で即日借りられます。※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。(原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施)
\原則電話なし郵送物なしでバレない/

↓返済は35日ごと:返済額1,000円~・借り換え可↓

4位 レイク
\融資まで最短25分・在籍確認は原則連絡なし/
審査が不安な方は簡易診断【最大60日間無利息】

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








この記事の監修者 山口みき
自己紹介 金融WEBメディア運営・管理経験(3年以上)を活かし「お金借りる今すぐナビ」の編集・監修を担当。FP技能士貸金業務取扱主任者・クレジット債権管理士の資格取得にも前向きに取り組んでおり、借り入れに関する疑問や不安に応えるため、常に正確で専門的な情報提供に努めています。
事業所 トイントサロン
Twitter @okanekariruima
YouTube お金借りる今すぐナビ – YouTube
お問い合わせ 下記フォームよりお問い合わせ下さい。
フォーム
関連ページ
支払い滞納・延滞・遅延の時

住宅購入の手付金が払えないとどうなる?対処方法や家・土地・マンションを買う時の手付金はいつ・いくら必要か等を解説

2022年7月4日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
住宅購入の手付金が払えない場合、手付金の減額を交渉する方法があります。 交渉しても減額してもらえない場合には、手付金がない物件や手付金 …
支払い滞納・延滞・遅延の時

インターネット料金を滞納して払わないとどうなる?未払いで利用停止・強制解約のリスク・対処法や復活する方法等解説

2022年7月12日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
この記事ではインターネット料金を滞納した場合に起こる事、またそれに対する対処方法について解説していきます インターネット料金の支払いは …
支払い滞納・延滞・遅延の時

緊急帝王切開で出産費用が払えない!使える国の制度と急ぎで用意して支払う方法を解説

2022年2月26日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
妊娠・出産時には思った以上に多くのお金が掛かります。正常分娩で出産した場合、出産一時金で賄える場合が多いですが、帝王切開となれば手術費用が上 …