支払い滞納・延滞・遅延の時

修学旅行の費用が払えないとどうなる?お金がない時の対処法や支払い方法等を解説

学生時代の最大の楽しみと言えば修学旅行だと思いますが、そんな修学旅行は費用も高いですし、支払いをするのが大変という実情もあります。

子供達には楽しみな旅行ですが、親からすると大変な出費になります。

そんな修学旅行の費用が払えない時にはどうすればいいでしょうか?

お金がないときの対処法やどうやって支払っていけば良いのかなどを詳しくご紹介します。

この記事でわかること
  • 修学旅行は小学・中学・高校と次第に費用は上がる
  • 修学旅行の費用は高校では10万円を超える事もある
  • 修学旅行の費用が払えないと修学旅行に行けないこともある
  • 修学旅行の費用支払い方法は一括払いや旅行社払いなど様々
  • 修学旅行の費用を支払いで一時的に無利息期間のあるカードローンを利用する
お金借りる今すぐナビ子
お金借りる今すぐナビ子
修学旅行の費用が払えない時に一時的に借りれる安心・安全なカードローンは下記になります。↓
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
18歳・19歳以下の方:収入証明書の提出が必須です。※高校生は申込不可(高専生・定時制含む)

―――――――
プロミス ※最短即日借りられる ↓原則在籍確認の電話なし↓
\初めてなら30日間無利息/

SMBCグループの安心感『プロミス』

簡単申込のプロミス!借りるまで最短当日 ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
アイフル ※最短当日借りられる 郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから内緒で借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査もWEB申込なら最短18分。(平日~土日祝でも当日可能)
\金利3.0~【借り換え可】/
↓無利息期間30日間あり【人気上昇中】↓
↓最新版ランキング↓

>>この記事の監修者情報

修学旅行でかかる費用はいくら必要?

修学旅行はとても楽しい思い出になりますが、小学・中学・高校であり、親としての負担は相当な物になります。

小学校では6年生の時に修学旅行がありますが、平均費用は2~3万円と言われています。

中学校では5~7万円、高校になると10万円以上かかるのが当たり前と言う事です。

なかなか急に捻出出来る費用ではありませんので、前もって準備しておきたいところです。

そんな修学旅行の費用について詳しくご紹介します。

小学校6年生の修学旅行の平均費用は、2万円~3万円

小学校6年生の時に修学旅行が行われるのが一般的ですが、平均費用は2~3万円と言われています。

自分が住んでいる場所により、どこに行くのかは変わってくるでしょうが、小学校の場合は近隣エリアに行く事が多いです。

ただ、公立と私立により、修学旅行の費用は大きく異なり、公立では平均7,000円ぐらい、私立では44,000円となり、かなりの差があります。

また、修学旅行にかかる費用と言っても旅費だけではありません。

他にも修学旅行に持って行くお小遣いや、修学旅行の準備にかかる費用もあります。

お小遣いは学校で設定金額があるでしょうが、普通に考えるとそれ以上持たせるのかなとも思います。

他に準備の費用ですが、着ていく服や、修学旅行用のバッグや靴など色々と物入りです。

そういったことを考えても修学旅行の費用は多めに用意しておいてください。

中学校2・3年生の修学旅行は公立と私立で大差があり、5万円~7万円

中学校の修学旅行ですが、小学校の修学旅行よりも費用はかかります。

こちらも公立と私立では費用も変わってきますが、公立で2万5千円ほど、私立では7万4千円もかかるという事。

その差は5万円近くと言う事で、私立はお金がかかるのが分かります。

行き先で人気があるのは、京都や奈良、東京などですが、自分がどこに住んでいるかにより、場所は変わってくると思います。

修学旅行の目的として「遺跡・史跡見学など歴史学習」をするというのがあるので、やはり京都や奈良が多いと言うことです。

小学校の修学旅行よりも移動距離が長くなり、泊数が増え、2泊3泊という形になります。

また中学校の修学旅行は2年生に行くところもあったり、3年生になって行くところなど色々あります。

進学校などは、中学3年生で高校受験などもひかえているので、中学2年生のうちに修学旅行と言うところも多いです。

中学3年生で修学旅行に行く場合でも時期的に4月5月ぐらいが多く、早い時期に済ませるということ。

お小遣いに関しても1万円~2万円という設定が多いようですが、こちらも学校により違いはあります。

お小遣いを余分に持たせても問題は無いと思いますが、紛失したり、色々なトラブルになっても困るので、程々にしておいてください。

高校の修学旅行は国内・海外に分かれ10万円以上となることも

さて、小学、中学の修学旅行の費用を調べて書きましたが、高校の修学旅行はグンと費用もかかります。

公立で8万7千円ぐらい、私立で12万円ぐらいと言われています。

また、行き先が海外の修学旅行になると20万円以上かかるというのもありました。

海外旅行になるとパスポートを用意しなくてはいけませんし、色々と手間もかかります。

公立高校であれば国内旅行になりますが、それでも沖縄や北海道などとなると飛行機代もかかり高額になります。

また高校の修学旅行になると宿泊日数も伸びますし、行き先も色々と増えるので、その分お小遣いも増えることになります。

高校などにより、国内や海外を選択できるシステムなどもありますが、親への負担は相当な物といえます。

可愛い子供のためには修学旅行の費用は工面してあげたいですが、そのためにも準備は早めにしておいた方がいいです。

修学旅行費以外にもお小遣いや旅行に必要な服や物を買う準備費用がかかる

先程も書きましたが、小学・中学・高校と修学旅行の旅費はかかりますが、そのための準備やお小遣いにもお金が必要になります。

例えば、修学旅行へ行くために衣類や身の回りの物を入れるためのバッグなども新調する必要があるかもしれません。

高校で海外旅行へ行くとなれば、スーツケースを購入する必要もあります。

何泊も旅行をするわけですし、そのために新しい服を購入したいという気持ちにもなりますし、準備費用だけでも〇万円以上かかりそうです。

お小遣いにしても、小学校よりは中学校、中学校よりは高校と金額は高くなりますし、学校で決めた金額よりも多めに持たせてあげたいと思うのがが親心です。

また服だけでなく、必要な物を購入するにもお金はかかります。

旅行慣れしてる人なら良いですが、普段から旅行に行かない場合だと、余計なものまで買ってしまって費用がかさむ事も考えられます。

いずれにしても、修学旅行は旅費だけでなく、色々なお金が多めにかかると認識しておけば間違いありません。

>>修学旅行の費用が払えない時に一時的に借りれる安心・安全なカードローン

修学旅行の費用が払えないとどうなる?

小学中学高校と年齢が上がるに伴い、修学旅行の費用も高額になりますが、修学旅行の費用が払えないとどうなるでしょうか?

原則としては修学旅行の費用が未払いだと修学旅行には行けません。

例外として、後日支払いを約束して行ける場合もありますが、基本的には旅行代金は前払いになります。

また、払わずに修学旅行に行けたとしても、旅行費用は催促されますし、費用を払わないで済むということにはなりません。

それでは、修学旅行の費用が支払えないとき、また支払えないけど旅行に行った場合にはどのような催促がくるのかをご紹介します。

原則、費用未払いだと修学旅行には行けない

原則、修学旅行の費用が未払いだと、修学旅行には行けないということになります。

例えば、家庭の事情で子供を修学旅行に行かせられないということもあるかもしれませんが、学校側で特別な措置を取るという事も基本的にはありません。

後日支払いをきちんとすると言う約束があれば行ける可能性もありますが、基本的には前払いになりますので、修学旅行費用を納めて旅行に行くということになります。

この後払いですが、以前は学校が費用を立て替えてくれて修学旅行に参加出来ると言う事もありましたが、現在は保護者が費用を支払わない事も多くなり、あまり行われていないようです。

学校側の温情を保護者が反故する事が多くなったという現実があるということです。

払わずに修学旅行に行けたとしても、支払いは督促される

学校側にきちんと事情を説明し、学校側が納得すれば期日までに修学旅行費用を支払えなかったとしても、修学旅行に行ける可能性はあります。

しかしその場合でも当然ですが、あとから修学旅行費用の催促はくるのできちんと支払いをしてください。

子供が学校を卒業したからといって、催促は無くなりませんし、一括払いが無理なら分割でもいいですし、少しずつでも良いですから返済をしてください。

修学旅行が楽しいの思い出となるように、旅費の返済は確実に行いたいものです。

>>修学旅行の費用が払えない時に一時的に借りれる安心・安全なカードローン

修学旅行の代金の支払い方法

修学旅行の代金の支払い方法ですが、学校により違いがあります。

学校や旅行会社に一括払いという方法もありますが、ほとんどは分割で積み立てるという方法がとられているのが一般的です。

修学旅行費用は高額になりますので、前もって授業料と一緒に学校へ積み立てるというのが一番多いようです。

他にも学校ではなく、旅行会社で積み立てるという方法もありますが、ここでは修学旅行費用の支払い方法について詳しくご紹介します。

学校・旅行会社への一括支払い

修学旅行の費用ですが、年間行事として設定されており、かなり前の段階から料金は分かっていることがほとんどです。

そのため、ある程度どれぐらいの修学旅行費用がかかるのかは把握出来ます。

学校や修学旅行費用により、一括払いの所もあるかもしれませんが、その場合はそれほど高額ではないでしょう。

小学校の修学旅行費用なら一括払いと言う事もあるかもしれません。

学校や旅行会社への一括払いということで、前金として払う方法もあります。

ただし、中学や高校の修学旅行の費用では一括払いというところはほとんどありません。

前もって積立るというのが一番多いと思われます。

授業料と一緒に学校で積立てる

小学・中学・高校の修学旅行費用ですが、一般的にほとんどの学校では積み立てを採用していると思われます。

普通の学校ですと何万円とする修学旅行費用を一括で払えとは言われません。

修学旅行積立などで、毎月、あるいは学期毎に旅行費用を集めるというのが一般的です。

しかしこの旅行費用はあくまで旅行にかかる代金になりますので交通費や宿泊代、食事代などになります。

つまり、修学旅行の為に準備する費用やお小遣いなどは含まれていませんので、そちらに関しては個人的に修学旅行費用として貯めておいてください。

旅行会社のプランで積立てる

修学旅行の費用が高額でなかなか貯めるのが難しいと言うときには、旅行会社のプランを利用して積み立てるという方法もあります。

こちらは学校側でそういうプランを利用している場合も多くあります。

もしくは保護者が個人的に子供達の為に、旅行会社を利用し修学旅行費用を積み立てるという選択もあります。

口座から毎月引き落としなどが適用されるので、毎月きちんと積み立てられるのが特徴です。

修学旅行費用は決まっていますし、前もって準備をしておくのはとても大事です。

切羽詰まってからでは遅いですし、ゆとりある準備をしてください。

>>修学旅行の費用が払えない時に一時的に借りれる安心・安全なカードローン

修学旅行のお金がなくて払えない時の対処法

修学旅行の費用が払えなくて、子供が修学旅行に行けないかもしれない。

そんな可哀相な状況の時に保護者として何をしてあげられるのか?

実際問題、いつ自分の身に降りかかるか分からない問題ですし、どんな対処法があるのかは気になります。

調べてみると就学援助を受ける方法や、修学旅行に行くのが高校生であるならば、みずからアルバイトをして費用を稼ぐといった方法もあります。

また、生活福祉金貸付制度の教育支援費や消費者金融カードローンを利用するというのもあります。

修学旅行費用は高額になりますし、もし支払えないときはどうすれば良いのかの対処法をご紹介します。

学校に相談する

修学旅行の費用の事でまず一番最初に相談するべきなのは学校です。

学校が修学旅行の行き先や料金などを決めているわけですし、一番詳しく修学旅行の内容を知っているのは学校側になります。

修学旅行の費用に関してもどうやって集めるのか、積み立てるのか、毎月集めるのか等を決めるのも学校です。

そのため修学旅行の費用に関する質問もまずは学校に相談してください。

学校には修学旅行の担当の先生もいるでしょうし、アドバイスを貰う事ができます。

また、正直に修学旅行の費用が払えないと言う事を伝えると、何かしらの制度を紹介してくれる可能性もあります。

もしかして、修学旅行に行けない場合にも、子供が傷つかないための方法などが聞ける可能性もあります。

子供のためにどう言う対応が一番良いのかを、よく分かっているのは学校側です。

過去にそういった事例もあるでしょうし、かならずや力になってくれるのではないでしょうか?

まずは、学校に相談しそれでダメなら次の方法を考えて行くという方向で進めてください。

就学援助を受ける

修学旅行というのは、授業の一環と言われていて、全ての子供達が参加出来るように、事前に積立をしている学校が多いのが現実です。

しかし、色々な家庭の事情があり、積立費を払うのも難しいという家庭があるのも事実です。

そういう場合は、旅行の直前でも十分な費用が貯まってないということもあるかもしれません。

そういうときは自治体が行っている制度の中で「就学援助制度」というものがあります。

家庭の経済状況により、給食や学用品、そして修学旅行などの費用を準備できないときに利用出来る制度で、下記の条件に当てはまると申請ができます。

  • 生活保護を受けている
  • 生活保護を受けてはいないが、それに準ずるぐらい生活が苦しい
  • 児童扶養手当を受けている

上記のような場合で、公立学校に通っている場合は、学校を通してこの制度に申し込む事が出来ますが、他にも保護者が直接住んでいる自治体の役場窓口に行って、申し込む事も出来ます。

申し込むと、審査が行われ、「就学援助制度の利用が可能」と判断されれば、費用の援助を受けられるようになります。

しかし、こちらは援助を受けられるということであり、費用を支払わなくて良いと言うわけではありません。

まずは保護者が給食費や学用品代、そして修学旅行費用を支払いを済ませると、その同額が返金される仕組みになっています。

なのでお金を用意しなくてはいけないという事は覚えておいてください。

高校生なら学校の許可を得てアルバイトをする

小学生や中学生なら無理ですが、高校生なら学校の許可を得てアルバイトをして、修学旅行の費用を稼ぐという方法もあります。

学校側がアルバイトを認めていればという前提ですが、そうすれば気兼ねすることなく修学旅行に参加する事が可能です。

たとえば、短期のアルバイトでは難しいとしても高校の修学旅行は2年生のところが多いですから、1年生の時からアルバイトをするというのも良いです。

学校帰りに飲食店でバイトをしたり、朝早くから新聞配達などでも問題ありません。

もしくは土日に集中して働いたり、夏休みや冬休みを利用して一定期間アルバイトをするというのも有りです。

アルバイトをする事により、修学旅行の費用も貯まりますし、社会勉強も出来て一石二鳥です。

保護者への負担をかけないと言う意味でも素晴らしい方法だと思います。

母子父子寡婦福祉資金貸付制度を利用する

母一人子一人、父一人子一人など、ひとり親に有利な貸付制度を利用する方法もあります。

シングルマザー、シングルファザーですが、経済的な不安を抱えている人も多いのではないでしょうか?

そんなときに役立つのが母子父子寡婦福祉資金貸付金制度になります。

母子家庭や、父子家庭のひとり親が国から融資を受けられるという制度ですが、利益を目的としておらず、民間金融機関と比較しても審査基準が甘いといえます。

貸し付け条件は母子家庭や父子家庭の、ひとり親であれば、誰でも申し込む事が出来ます。

また子供が扶養から外れたあとも、母子家庭の母親は寡婦として、借入が出来るのも特徴です。

ちなみに寡婦というのは、過去に母子家庭で子供を育てていた母親の事をいいます。

父子家庭よりも母子家庭の方が収入が少ない傾向にあるため、このような制度になっています。

また金利は一律1.0%となっており、最小限に抑えられているので返済の負担も軽いです。

連帯保証人がいる場合は無利子で借りられるというのも嬉しいポイントです。

申請は最寄りの市役所でできますし、とても簡単ですが、公的融資になりますので審査に時間がかかるのはデメリットです。

早めに申し込んで利用するようにしてください。

生活福祉資金貸付制度の教育支援費を利用する

就学援助制度の他にも、生活福祉資金貸付制度の教育支援費を利用するという方法もあります。

自治体の役場の窓口で申請出来る「生活福祉資金貸付制度」ですが、その中には「教育支援資金」というものもあり、学校生活で必要な資金を借り入れする事ができます。

しかし誰でも申し込めるわけではなく、低所得者世帯、高齢者世帯、障碍者世帯の方しか利用出来ないので、注意してください。

本当にお金に困っている人が利用出来る制度なので、そこは注意してください。

ある程度の収入がある人は、民間の金融機関を勧められてしまいます。

また、生活保護や失業等給付金などの公的支援を受けている人は借りる事ができません。

そしてこちらは貸付金になるので、返済が必要になります。

失業しているなどの無職の場合でも、将来返済できる見込みがあれば、融資を受けられます。

保証人がいれば、無利息で借りられますが、あくまで借金と言う事をきちんと把握しておいてください。

消費者金融カードローンでお金を借りて支払う

修学旅行の費用が用意できない時は、色々な方法で借入ができますが、一番手っ取り早くお金を借りる方法として、消費者金融のカードローンを利用する方法もあります。

消費者金融ですが、何よりも即日融資をしてくれるのがメリットです。

また大手の消費者金融ですとアコムやアイフル、プロミスにレイク等がありますが、CMでも流れていますし、有名で安心して利用出来るのも特徴。

さらに、消費者金融では初回申し込みで〇〇日間利息無しという展開も行っています。

普通ですと金利が1.5%~18%とかかるのに、それが0円というのは魅力です。

大体の大手消費者金融は、初回契約の翌日から30日間無料などと謳っています。

つまりお金を借りてから30日間は利息がかからないので、10万円借りたなら、10万円返せば良いと言うこと。

また大手消費者金融のカードローンであれば、申し込みもネットでOKですし、店舗に行かなくても24時間365日いつでも審査を受けられます。

審査スピードも速く、即日融資も可能ということで、至れり尽くせりです。

しかし、借金には変わりありませんので、返済はきちんとしなければなりません。

返す当てがないのに借りるのは厳しいので、きちんと返済計画を立てて計画的に利用してください。

お金借りる今すぐナビ子
お金借りる今すぐナビ子
修学旅行の費用が払えない時に一時的に借りれる安心・安全なカードローンは下記になります。↓

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ【ランキングの根拠
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

1位 プロミス


SMBCグループ

審査⇒借入まで最短3分即日借りられる!(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
●瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で口座振込可。在籍確認は原則電話なし!郵送物なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)
↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
✅申込~融資/最短3分※土日祝も当日
  (申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
✅原則在籍確認の電話なし
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即日振込も可
✅コンビニATMでも借りられる
✅最低返済額は1,000円~
審査が不安な人は1秒診断後に申込を。
\申込も簡単「プロミス」借りるまで最短当日/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

2位 アイフル

郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから内緒で借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査もWEB申込なら最短18分。(平日~土日祝でも当日可能)
\金利3.0~【借り換え可】/
↓無利息期間30日間あり【人気上昇中】↓

↑【審査通過のコツ】①記入ミス・書類不備に気を付ける ②希望額は必要な分だけにする ③ウソは書かない

3位 レイク
\融資まで最短25分・在籍確認は原則連絡なし/
審査が不安な方は簡易診断【最大60日間無利息】

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








この記事の監修者 山口みき
自己紹介 金融WEBメディア運営・管理経験(3年以上)を活かし「お金借りる今すぐナビ」の編集・監修を担当。FP技能士貸金業務取扱主任者・クレジット債権管理士の資格取得にも前向きに取り組んでおり、借り入れに関する疑問や不安に応えるため、常に正確で専門的な情報提供に努めています。
事業所 トイントサロン
Twitter @okanekariruima
YouTube お金借りる今すぐナビ – YouTube
お問い合わせ 下記フォームよりお問い合わせ下さい。
フォーム
関連ページ
支払い滞納・延滞・遅延の時

Kyashのイマすぐ入金の支払いに遅れたらどうなる?滞納時のペナルティと払えない時の対処方法等解説

2022年10月17日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
Kyashのイマすぐ入金は、クレジットカードがなくても後払いが利用できるため、非常に便利なサービスです。 しかし、イマすぐ入金の返済に …
支払い滞納・延滞・遅延の時

三井住友カードの支払いに遅れたらどうなる?滞納時のペナルティや対処方法・再引き落としの有無などを解説

2022年8月22日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
三井住友カードの支払日に遅れても三井住友銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行は当日遅い時間まで引き落としに対応しています。引き落とし当日に入金して …
支払い滞納・延滞・遅延の時

PiTaPaの支払いに遅れたらどうなる?引き落としができなかった時の対処方法・強制解約後のリスク等解説

2022年8月5日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
関西を中心に広く利用されている多機能ICカードのPiTaPaですが、ICカードには珍しくクレジット機能があるのも人気の秘訣ではないでしょうか …
支払い滞納・延滞・遅延の時

葬式費用が払えない時はどうしたらいい?葬儀代を抑える方法や解決策を解説

2022年2月8日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
「親の葬式代がない」「身内に不幸が起こってしまい、まとまった葬儀費用を用意できずに困っている」「できるだけお葬式代を抑える方法を知りたい」  …