条件別でお金を借りる

土曜・日曜・祝日の休日に即日お金を借りる方法※今すぐ融資OKのカードローン

急にお金が必要となる時は、何も平日だけではありませんね。どちらかといえば、土日祝日の方が多いかもしれません。とはいえ、金融業者の多くは平日だけが営業日となっており、銀行窓口に限っては、平日夕方前にその日の営業を終えてしまいます。では、土日祝の休日でもお金を借りるにはどうすればよいのでしょうか。

今回は、そういった疑問を解消するため、土日祝日にお金が借りられる即日融資にスポットを当ててみました。(関連 >>今すぐお金借りる)

 

このページの要約点
  • 土日祝日に即日融資可能な方法はカードローンがおすすめ
  • 大手消費者金融のカードローンなら利便性が高く借り入れも簡単
  • 土日祝日にも借りられるように、契約を事前に済ませておくことが最適
  • 銀行カードローンの即日融資は無理だが、事前契約なら便利
  • クレジットカードのキャッシング枠も可能、ただし使い方に要注意

 

↓最新版ランキング↓

土日祝の休日にお金を借りる方法とは?

土曜日日曜日祝日といった休日には、銀行は営業をしていません。とはいえ、金融業者全てが営業時間外というわけではなく、今ではインターネットの普及により、土日祝日であっても借り入れができるケースも多くあります。

基本的に、土日祝日でお金を借りる方法といえば、以下の通り。

土日祝日にお金を借りる方法
  1. カードローン
  2. クレジットカードのキャッシング
  3. その他、土日祝日にお金を借りる方法

 

1. 土日祝に「カードローン」でお金を借りる

カードローンは、銀行消費者金融で提供されている、借り入れ専用サービスです。発行している金融業者により、審査や借入限度額、金利などに違いはありますが、クレジットカードのキャッシング枠を利用することに比べて、一般的に金利は低めの傾向にあります。また、基本的に毎月決められた額を返済するということから、家計における影響も少なく、利便性が高いというメリットも。

そして、カードローンは契約しているだけであれば、年会費がかかることもありません。つまり、日常的にお金を借りる人の場合、クレジットカードのキャッシング枠(関連:クレジットカードでお金を借りるキャッシング利用・返済方法【注意点・現金化の違法性等解説】)を利用するよりも、カードローンを利用したほうがお得といえます。

土日祝日にカードローンで即日融資を可能にするには?

残念ながら、カードローンを発行している金融業者の全てが、土日祝日の即日融資に対応しているのではありません。そのための条件として、

  • 即日融資可能
  • 土日祝日でもローンカード発行可能
  • ネットバンクへの振り込み可能

と謳っているところを利用することになります。

即日融資可能な金融業者を選ぶ

急にお金が必要となれば、誰もが「即日融資」と「金利」を気にするはず。急なこととはいえ、やはりお金を借りるということは、後々の返済が重要ですから、借り入れする方法・場所も慎重に選びたいものですね。

まずは、平日、土日祝日と関係なく、申し込みをした日に融資が受けられる「即日融資可能」としているところを選択しましょう。

ちなみに、お金を借りることがはじめての人は、借り入れ方法には十分注意する必要がありますので、以下の記事も合わせてご参考にして下さい。

「銀行」より最短即日融資可能な「大手消費者金融」

「即日融資」を重視すれば、結論的にやはり銀行よりも消費者金融を利用することが最適といえます。しかも、充実したサービスの提供を実施している大手消費者金融のカードローンを選択することがおすすめ。大手消費者金融では、無担保最短即日融資可能、さらにはじめての契約者には無利息期間サービスを行っているところも多くあります。

カードローンで土日祝日の審査や在籍確認について

土日祝日であっても、審査基準・内容は平日と変わりません。消費者金融では特に、審査担当者のシフトが上手く組まれていて、業者側は常に審査可能な担当者を待機させているため、営業時間内はいつでも審査を行っています。

ただし、借り入れの申し込みが土日に集中しやすい傾向にあるため、必ずしも審査結果が即日で出るというわけではないことも覚えておきましょう。また、借入希望額が高額の場合も、審査に時間がかかることもあり、結果が翌日以降になるケースもあります。

そして、審査の一つとして行われる、勤務先への電話連絡による在籍確認ですが、一般的に土日祝日は会社のほとんどがお休みとなっていますよね。その場合の在籍確認は、以下のような対処方法が行われます。

後日に在籍確認を行う

…翌営業日に在籍確認のための電話連絡を行い、融資はとりあえず行うというケースが多々。借入希望額が100万円以上となると、業者側のリスクが高まりますが、数万円や数十万円程度であれば回収もそれほど難しくはないと判断し、融資を先に行い、在籍確認を後日に済ませます。

ちなみに、土日祝日で在籍確認ができない場合に、最初に利用限度額を10万円ほどまで減額されることもあります。(関連:10万円借りる方法【今すぐお金を借りたい時に必要な事やおすすめのカードローン】)

融資のスタート日を遅らせる

…在籍確認不可ということから、即日融資ではなく後日に開始とされるケースもあります。とにかく在籍確認を重視するというスタンスを取っている業者もありますから、その場合は、翌営業日が最短の融資開始日となります。

書類にて在籍確認を済ませる

…一部の業者では、電話の在籍確認を行わず、給与明細書などを提出することで、在籍確認の代用としています。特に消費者金融では、電話連絡以外にも申し込み者の負担を少なめにするための柔軟な方法にて、在籍確認を行うところが多くあります。

在籍確認は行わない

少額融資であれば、在籍確認を行わないという業者もあります。

アプリとセブン銀行ATMでスマホ取引が便利

今では多くの消費者金融や銀行で専用のアプリを準備しており、セブン銀行ATMスマホ取引の対応を開始したことで、アプリさえあればカードなしでも借り入れがいつでも可能になっています。こちらの方法もとても便利でおすすめです。

詳細については、以下の記事でまとめていますので、是非ご覧下さい。

消費者金融なら自動契約機とネットで審査もスピーディ

基本的に多くの銀行では、カードローンを契約後、ローンカードを郵送しますが、手元にそのカードが届くまでは借り入れ不可。ですが、消費者金融には自動契約機(無人契約機)が設置されており、審査通過となったその日に、ローンカードの受け取りが可能です。

自動契約機(無人契約機)とは?

自動契約機(無人契約機)は小狭な建物内に設置されていて、1人ずつしか入れない構造になっていることが一般的。「無人」と呼ばれる通り、オペレーターはその場に存在しませんから、人と向き合うことなく手続きが可能です。

建物内では椅子が用意されており、ゆったりと手続きを行うことができます。疑問点などにもすぐに対応できるように、オペレーターへの直通電話も準備されているので、ご心配は無用。

そして、自動契約機では監視カメラが設置されており、別の場所でオペレーターが監視を行い、「無人」とはいうものの、対面での申し込み同様、既に審査はスタートしているのです。申し込み者の態度や表情など、消費者金融側にはしっかりと監視されていますから、不審な振る舞いなどをしてしまうことには要注意ですね。

では、以下にて一般的な自動契約機の利用方法などについてご紹介します。

自動契約機を利用するのに必要な入力項目

自動契約機では、入力に必要な項目として、

  • 名前
  • 性別
  • 年齢
  • 既婚・未婚
  • 家族構成
  • 現住所
  • 勤務先
  • 他社借入の現況

が挙げられます。

これらの項目で正確ではない情報を入力し、申し込みを行うと、最悪の場合には審査通過とはなりませんから、注意しながら必ず正確な情報を入力し、スムーズにお金が借りられるようにしましょう。

また、既述した通り、契約機の設置建物内には監視カメラがいくつか設置されており、申し込み者の不審な動きなどがないかをチェックしています。その印象によっては、審査で落とされる可能性もありますから、無人の自動契約機ということでいい加減な対応をせず、丁寧な申し込みを行いましょう。

自動契約機を利用するのに必要な提出書類

そして、自動契約機での申し込みの際にも、必要な書類を提出しなくてはいけません。機内にはスキャナーが搭載されていますから、提出書類を読み込むことができます。

自動契約機での申し込みに最低限必要となる書類とは、以下の通り。

  • 運転免許証やパスポートなどの顔写真付きの身分証明書

…ただし、その証明書の用意が不可能な場合には、健康保険証とともに住民票1点など、外国籍の人では特別永住者証明書や在留カードなどの外国人登録証明書が必要提出書となります。また、提出の本人確認書類に記載されている住所と、申し込みで記載した住所が違う場合には、納税証明書や領収書、社会保険料や公共料金の領収書などから1点を提出することになります。さらに、借入希望額によっては、本人確認書類以外にも、収入証明書を提出することが必須となります。少額借り入れの場合では、ほとんどの金融業者にて、本人確認書類の提出のみでOKです。

ですが、消費者金融のカードローン契約時では、借入希望額が50万円以上/1社となる場合、または100万円超過/2社となる場合、本人確認書類とともに収入証明書を提出することが義務付けられているのです。

収入証明書は、会社員なら最新の給与明細書や源泉徴収票、賞与を受給した場合には直近1年分の賞与明細書などを準備しましょう。

個人事業主の場合は、収入証明書として最新の確定申告書を提出します。他に、所得証明書に加え住民税課税(非課税)証明書などが効力ありの書類として挙げられます。

ちなみに、審査状況によっては、少額借り入れの場合であっても、例外として収入証明書の提出を求められるケースもあります。

自動契約機での申し込みでも在籍確認はあり

カードローンの審査では、勤務先などに連絡をする「在籍確認」が必須となっています。もちろん、来店での申し込みやWEB完結と同様、自動契約機を利用した場合にも、在籍確認は実施されます。

在籍確認を回避したい申し込み者も少なくはないはず。大手消費者金融の中には、ローンカードを発行せず、在籍確認も条件付きで免除してくれるところもありますから、気になる人はその業者を選ぶといいでしょう。

自動契約機の特徴をご紹介

自動契約機の利用は、対面せずに手続きができるということが大きな特徴です。中には、店舗で担当者に会うことに抵抗があるという申し込み者もいます。お金を借りるということは、それでなくてもとてもデリケートな問題ですから、人に会いたくないという人には、おすすめの方法といえます。

もちろん、土日祝日も契約手続きができるということも大きなメリットですね。自動契約機のほとんどが、土日であっても21時まで申し込みの受付を行っており、基本的に申し込みが夕方以降になってもその日中に審査を終了、カード発行もされますから、コンビニATMなどを利用することで、現金の借り入れがすぐに可能です。

また、契約書やローンカードなどもその場で発行されますから、後日自宅へと郵送物が届くこともありません。全ての手続をその場で終えることが可能ですから、家族や周囲の人に内緒でお金を借りたい人、すぐにお金を借りたい人には、自動契約機を利用してみるのもいいでしょう。

ただし、当然ながらメリットばかりではありません。

申し込みを自動契約機で行ったことが、必ずしも審査通過に繋がるとは限らないのです。自動契約機まで出向いたというのに、お金を借りられなかったとなることもありますから、事前にネットにて申し込みを行い、審査に通過しておく、という効率良い方法が最もおすすめ。そのことについては、後ほどご説明しています。

さらには、自動契約機は申し込み希望者が利用しやすいように、街中に設置されていることがほとんど。そのために、家族や知人に見られてしまうという可能性も考えられます。誰にもバレずに借り入れをしたいという人には、自動契約機を使うことがリスクを高めることにもなります。

そして、自動契約機で申し込みを終えると、審査終了まで外に出ることが基本的にできません。スピーディな審査で知られるカードローンでも審査時間としては30分、その他手続きでかかってしまう時間も合わせれば、1時間ほど拘束されることになります。混雑状況により審査時間はさらに長くなることもありますから、時間に十分の余裕を持って利用するようにしましょう。

自動契約機とスマホ(ネット)双方で時間短縮手続き

郵送の心配もなく、審査通過後にすぐ現金借り入れができる自動契約機を利用したい人には、24時間いつでも利用可能というネットを併用することがおすすめです。

基本的にネットでは、WEB完結にて申し込み手続きを終了させますが、カード発行は郵送となってしまいます。ですが、申し込みをネットで済ませ、カードの受け取りだけを自動契約機利用で行うと、郵送の心配がない上に、自動契約機の設置場所で長く時間を過ごすこともなく、人に見られるリスクも低くなるもの。

また、WEB完結では、時間帯により翌日入金となるケースもありますが、自動契約機でカードの受け取りをすると、その日のうちに現金の借り入れが可能です。

指定の銀行口座があれば土日祝日いつでも融資OK

大手消費者金融の中には、土日祝日24時間いつでも、申し込みを受け付けている上、受付終了最短10秒後には銀行口座へと融資額を振り込んでくれるサービスを提供しています。(関連:即日お金借りる方法は銀行振込)

この超スピーディな振込融資では、振込先となる金融機関が限定されており、ネットバンクの指定がほとんどですが、日時に限らず即日融資を可能とするサービスは、利用者にとって最も求めている要素といえます。会社によっては受付時間に制限を設けている場合もありますが、ほぼ24時間の受付可能としています。

ちなみに、銀行口座がない場合は、上記でご説明した自動契約機とネットの双方を利用してお金を借りる方法がおすすめです。

銀行では今日中の申し込み~借り入れ不可なので要注意

低金利が特徴である銀行では、2018年よりカードローンでの即日融資が不可となっています。多くの人が、銀行カードローンを利用するほうが安心・安全と考え、その利用者も増えているのですが、銀行カードローンが貸金業法における総量規制の対象外ということに批判的な人が多いことも事実。(貸金業法参考サイト:日本貸金業協会)

銀行カードローンは当然ながら銀行法をベースとしており、「借り入れ総額は年収の1/3まで」という総量規制は適用されません。

ですが、金融庁の指摘(参照サイト:銀行カードローンの実態調査結果について)により、銀行法で貸金業法の総量規制に相当するルールがなくても、銀行では自主規制を行っています。

つまり、土日祝日と関係なく即日融資を考えた場合、銀行での申し込み~借り入れは不可能となるのです。

ローンカードを事前に作っておくことが最適

土日祝日でも、消費者金融であれば即日融資可能ということですが、平日と比べれば時間がかかるものですし、即日融資にならない可能性もあります。

そのことを考えると、お金が必要になった時点でカードローンを契約するのではなく、もしかしたらまとまったお金が必要になるかもというまだ仮定の時に契約しておくことがおすすめです。そのタイミングが想定できるのであれば、平日に申し込み~契約をしておくといいでしょう。

いつでも借り入れができる状態にしていると、土日祝日であれ、コンビニATMなどの提携先で現金を手に入れることができます。カードローンは、使用していない状態では、手数料や利息が発生することはありません。慌てて申し込みをしたものの、結局はお金が借りられなかった、ということを重視し、契約を済ませておきましょう。

そして、銀行では即日融資が不可能とご説明しましたが、銀行のカードローンも事前に申し込んでおけば、土日祝日でも借り入れを可能としているところがあります。キャッシュカードにカードローン機能をつけてくれるところもありますから、お近くの利用している銀行や大手銀行などでご確認を。

また女性には、女性専用のカードローンを事前に作っておくこともおすすめ。専業主婦であれば、配偶者貸付のご利用も検討してみてはいかがでしょうか。是非以下の記事もチェックしてみて下さい。

個人事業主の人も、ビジネスではいつ何が起こるかわかりませんから、事前に資金調達の準備をしておくことも大切ですね。

2. クレジットカードのキャッシング枠を利用する

既にクレジットカードを所有している人は、キャッシング枠も付帯されているか確かめてみましょう。一般的にクレジットカードは、使途に応じて「ショッピング枠」と「キャッシング枠」で構成されています。

クレジットカードのキャッシング枠が利用できるのであれば、こちらも即日キャッシングが可能ですから、活用するのもいいでしょう。特に女性には、女性限定の特典などが豊富な、女性向けに発行しているクレジットカードもおすすめです。以下の記事では、女性向けクレジットカードをいくつか挙げていますので、ご参考にしてみて下さい。(関連:女性がお金を借りるカードローン)

ただし、クレジットカードのキャッシング枠は、ショッピング枠との使い方や金利についてなど利用する上で注意する点があり、事前に理解しておくようにすることが大切。以下の記事でまとめてありますので、まずはご参考にどうぞ。

また、万が一紛失や盗難に遭った場合、最悪のケースでは不正利用される可能性も考えられます。キャッシング枠のみが不正利用となった場合には、補償適用対象外とされる可能性もあり、要注意です。

3. その他、土日祝日にお金を借りる方法

他にも、土日祝日にお金を借りる方法をまとめてみました。

上記に挙げたカードローンやクレジットカードのキャッシング枠がどうしても活用できない場合に、お試し下さい。

所有物を担保に貸付を行う「質屋」での借り入れ

質屋」は、自身の所有物を担保として預けることで、融資を受けさせてくれるところです。

質屋のメリットとしては、無収入の人、個人信用情報で金融トラブルが記録されている人にも、担保さえあれば融資をしてもらえる、というところでしょう。

しかも、預けたものも完済によって取り戻せますし、万が一完済できなくても、質屋としては担保を受け取っていますから、取り立ての連絡をすることもありません。特に、審査が不安という人には、おすすめの借り入れ方法ともいえるのです。

質屋の中には、土日祝日に営業しているところがありますから、質屋の利用を考えている人は、まず公式サイトなどでチェックしてみましょう。

とはいえ、質入れよりも買取にしたほうが、高い査定額の傾向にあるともいわれています。完済が無理かもしれないという不安がある人には、最初から買取を選択したほうがお得かもしれません。

「親や知人」からお金を借りる

即日融資では、親や知人などの周囲の人から借りることも一つの方法でしょう。ただし、近しい人との関係性に繋がることですから、最終手段としておくことがおすすめ。どうしても周囲の人からお金を借りなくてはいけない場合(関連:どうしてもお金を借りたい時も焦らずにすぐ借りる方法を探す)は、以下の記事に挙げている注意点に十分お気をつけ下さい。

トラブルの元!「避けておきたい即日融資」の方法

即日融資では、様々な方法がありますが、SNSなどを使う個人間融資の方法は、とても危険ですから絶対にNGです。

また、闇金業者などから借りることも危険性が大きく、絶対にしないようにしましょう。中には、車融資を行っている業者もありますが、車の名義変更もしてしまうことから、悪徳業者と契約してしまった場合、勝手に車を売却されることにもなりかねません。その場合、名義変更が既にされているため、違法にはならないということに。

トラブルへのリスクが高い借り入れ方法には、手を出さないことが一番。土日祝日も、上記で挙げてきた安心安全の即日融資の方法で、お金を借りるようにしましょう。

 

【最新版】ランキング

【直近3ヵ月の人気・申込数順】※当社調べ
WEB申込で完結&最短1時間カードレス郵送物なしだから誰にもバレずに借りれます。

1位 プロミス
瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。急いでいる方も安心です。

 

2位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。

 

3位 アイフル
郵送物なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。
関連ページ