基礎知識

カードローンとクレジットカードのリボ払いの違いとは?仕組みや借り換えするデメリットや注意点等を解説

便利に即日お金が借りられるカードローンや、クレジットカードの支払方法として選択可能なリボ払い・分割払い。高額な支払いや急な出費で手持ちがなく困る場面の選択肢になりますが、違いがわからずどの方法を選択すべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

それぞれ便利な方法ですが、選択を誤ると金利や手数料により、総支払額が余計にかかってしまうケースも少なくありません。 この記事では、条件の良い最適な方法を選べるよう、カードローン・リボ払い・分割払いの仕組みを比較しながら解説していきます。

また、現在「リボ払いをやめたい」とお悩みの方におすすめのカードローンへの借り換えについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。仕組みを理解し、誰しも起こりうる「今すぐお金が必要」というシーンに上手に対応していきましょう。

このページの要約点
  • カードローンは使い途が自由で今すぐお金を借りられる
  • リボ払いや分割払いはカードの支払いを分散できる
  • リボ払いからカードローンへの借り換えも可能
  • 借り換えにより支払いが軽くなる場合も
この記事の著者:ファイナンシャルプランナー
中西諒太
公式HP 株式会社了
資格 宅地建物取引士/2級ファイナンシャル・プランニング技能士、住宅ローンアドバイザー/日商簿記検定2級
プロフィール 静岡県出身。株式会社了代表取締役。アパレル販売員をしながら独学で宅建を取得。賃貸仲介・売買仲介・賃貸管理会社にて勤務を経て独立し現在に至る。 WEBメディア運営・監修・不動産賃貸業に従事。

 

お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
18歳・19歳以下の方:収入証明書の提出が必須です。※高校生は申込不可(高専生・定時制含む)

―――――――
アコム ※最短当日借りられる 35日毎の返済可:返済額1,000円~
\21時迄の審査申込で最短即日借りられる/

―――――――
プロミス ※最短即日借りられる ↓原則在籍確認の電話なし↓
\初めてなら30日間無利息/

SMBCグループの安心感『プロミス』

簡単申込のプロミス!借りるまで最短当日 ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
SMBCモビット ※使いみちは自由
WEB完結申込で原則電話・郵送物なし!
\審査通過率NO1!不安な方は10秒簡易審査/

↓最新版ランキング↓

>>この記事の監修者情報

カードローン・リボ払い・分割払いをわかりやすく比較

カードローン リボ払い 分割払い
使い途 自由 クレジットカード利用分のみ
使い方 現金借入(即日融資も) クレジットカード利用が前提
利用可能金額 限度額まで
利用可能回数 限度額以内であれば何回でも
支払方法 口座引落・銀行振込・ATM クレジットカード請求と同様
繰上返済 OK
金利手数料 低~高 中~高
種類 借入のサービス 支払の方法

今すぐお金が必要な人には、使い途に自由度が高い「カードローン」が最適です。リボ払いや分割払いはクレジットカードの利用が大前提になるため、クレジット払いに対応したものに限定される点が大きな違いと言えます。

「カードローン」は借入の”サービス”、「リボ払い・分割払い」は支払いの”方法”と覚えるとわかりやすいですね。

カードローン・リボ払い・分割払いの仕組み

それぞれの方法について、仕組みやメリット・デメリットをより詳しく見ていきましょう。

カードローンとは?

カードローンとは、今すぐお金が必要な時に現金を借りられる便利なサービスです。銀行や消費者金融で取り扱われており、申し込みをして審査を通過することで、お金が借りられるようになります。借入の方法は、銀行振込か提携ATMからの引き出しが一般的です。

借りたお金は利息も合わせて毎月返済していく方法で、借入残高によって元金と利息を合算した毎月の返済額が設定される「残高スライド元利定額方式」や、借入残高にかかわらず元金と利息を合算した毎月の返済額が設定される「元利定額方式」、一定金額の元金に残高によって変動する利息が付される「元金定額方式」などがあります。

なかでも「残高スライド元利定額方式」を採用したカードローンが多いです。 毎月の返済計画を立てやすくしたい方は「残高スライド元利定額方式」or「元利定額方式」、総支払額を抑えたい人は「元金定額方式」を採用したカードローンを選ぶと良いでしょう。

カードローンの最大のメリットは、今すぐお金が必要な時に即日借りられる点です。ほかにも、担保や保証人なしで借りられる点や、金利限度額内であれば回数制限なくいつでも現金が借りられる点もメリットとしてあげられます。低金利を実現したい人には、銀行系カードローンもおすすめです。審査に時間を要するため、緊急性を考慮して選び分けましょう。

一方、カードローン最大のメリットである便利にお金が借りられる点が、カードローン特有のデメリットになる可能性もあります。限度額内であればいつでも借りられる性質上、借りすぎてしまう場合も。カードローンを利用する際は、必要性と計画を十分に検討することが大切です。

リボルビング払いとは?

リボルビング払いとは、クレジットカードの支払方法のひとつです。クレジットカードの利用額にかかわらず毎月一定の返済額を設定し、返済回数を定めず残高がなくなるまで支払う方法で高額な支払いを分散できる特徴があります。

リボ払いの利用方法は「リボ払い専用カード・自動リボ払い設定・店頭選択型・あとからリボ」の4つです。利用した分が必ずリボ払いになる「リボ払い専用カード・自動リボ払い設定」、利用時にリボ払いを選択できる「店頭選択型」、利用後にリボ払いへ変更をする「あとからリボ」がそれぞれの特徴として挙げられます。

リボ払い専用カード 利用した分が必ずリボ払いになる
自動リボ払い設定
店頭選択型 利用時にリボ払いを選択できる
あとからリボ 利用後にリボ払いへ変更する

リボ払いの返済方法は、カードローンと同様で「残高スライド元利定額方式」「元利定額方式」「元金定額方式」が一般的です。カード会社により異なるため、事前にチェックしましょう。

リボ払いのメリットは、クレジットカードでの高額な支払いを分散できる点です。ただし、「リボ払い やばい」とよく言われるように危険性も帯びています。

リボ払いはデメリットしかないといわれる理由の一つとして、金利手数料の高さによる総支払額の増加と返済期間の長期化です。リボ払いの残高が増加しても毎月の返済額が一定に保たれるため、利息の支払いばかりで元金がほとんど減っていないケースも起こりえます。元金が減らないということは、その分返済期間が長期化することに繋がるので、気付かぬうちに借金地獄に陥らないよう注意が必要です。

分割払いとは?

分割払いとは、クレジットカードの支払方法のひとつです。クレジットカードを利用し、買い物ごとに指定の回数で支払いを行う方法で、リボ払いと同様に高額な支払を分散できる特徴があります。

分割払いの利用方法は、利用時に支払い回数を選択する「店頭選択型」と、利用後に分割払いへ変更する「あとから分割」の2種類です。分割払いは、指定した回数で元金と金利手数料を支払う仕組みで、指定できる支払い回数は「3,5,6,10,12,15,18回」など、カード会社により異なります。

店頭選択型 利用時に支払回数を選択できる
あとから分割 利用後に分割払いへ変更する

分割払いのメリットは、支払完了までの期間が明確な点です。自分のお財布事情に合わせて支払い回数を設定可能で、回数に定めのないリボ払いに比べて計画も容易に立てられます。

分割払い特有のデメリットは、店舗によっては分割払いに対応していない場合がある点です。店頭で分割払いができなくても「あとから分割」が可能なクレジットカードであれば分割払いに変更可能ですが、分割払いでの高額なお買い物を検討している場合は、事前に店舗に確認をしましょう。

リボ払いからカードローンに借り換えをするメリット

リボ払いをやめたい場合は、カードローンに借り換えをするのも方法のひとつです。総支払額の減少や返済管理の簡略化など、借り換えにより得られるメリットについて解説していきます。

総支払額の減少

リボ払いより低い金利のカードローンを選ぶことで、総支払額が減少する可能性があります。仮に金利18%でリボ払いを利用している場合、金利14%のカードローンに借り換えをすることで、4%分の金利負担が抑えられます。 金利負担が抑えられることにより、総支払額も減少するという仕組みです。

返済管理の簡略化

リボ払いを複数利用していて返済管理に苦労をしている場合は、カードローンで返済を一本化することで管理が楽になります。『Aカードは〇日に…。Bカードは〇日に…。』と支払日によって口座残高を管理するのは、手間やストレスがかかりますよね。

遅延による損害金の発生などを防ぐためにも、返済管理の簡略化を目的としたカードローンへの借り換えは有効な選択肢のひとつです。

リボ払いからカードローンに借り換えをするデメリット・注意点

リボ払いからカードローンへの借り換えは大きなメリットがありますが、同時にデメリットや注意点にも注目しなければなりません。返済期間の長期化や審査条件の適否について解説していきます。

返済期間の長期化の可能性

借り換えによって返済期間が長期化する可能性には注意が必要です。金利が下がっていても、元金の支払い額が減少していたら完済まで期間を要します。結果的に返済期間も伸び、総支払額も増加してしまうケースもあるため、借り換えの際は金利だけではなく元金充当額も必ず確認しましょう。

審査条件の適否

カードローンは必ず審査が伴うことが特徴です。借り換えによるカードローンの申し込みの際は、既存のリボ払いがひとつの債務としてみなされた上で、返済能力の有無を判断されます。金額の多寡により、審査に通らない可能性も頭に入れなくてはいけません。不安な場合は、使い途が限定されますが、借り換え専用のカードローンを選択すると良いでしょう。

リボ払いからカードローンに借り換えをする方法

現在利用しているリボ払いの残高を確認し、新たにカードローンに申し込みましょう。

カードローンで借り入れた金額でリボ払いを完済することで、借り換えは完了です。

借り換えの際は、メリット・デメリットでお伝えした通り、金利だけではなく元金返済額や返済期間にも注目してくださいね。(リボ払いの借り換えはどこがいい?おすすめの借り換え先やデメリット・カードローン等紹介)

即日お金が必要な人にはカードローンがおすすめ

差し迫った支払いでどうしても現金が必要な場合は、「カードローン」の選択がおすすめです。1・3・5万円など少額融資におすすめのカードローンや、即日融資可能なカードローンランキングを以下の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

電話による在籍確認なしで借りられるカードローンも

カードローンの申し込みの際、周りにバレてしまわないか気にされる方も多いのではないでしょうか。特に勤務先への在籍確認の有無は気になりますよね。

基本的には勤務先に電話をかけて在籍確認を行いますが、なかには「電話連絡なし」で在籍確認をしてお金を借りられる方法もあります。周りにバレずにお金を借りたい人は、こちらも要チェックです。

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ【ランキングの根拠
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








 

1位 アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。土日祝でも最短20分で即日借りられます。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
返済は35日ごと:返済額1,000円~可
\他社からの借り換え可/

郵送物なし可・バレずに最短20分融資

2位 プロミス


SMBCグループ

審査⇒借入まで最短20分即日借りられる!(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)●瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。原則会社への電話なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)※在籍確認は原則電話なし
↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
✅申込~融資/最短20分※土日祝も当日
  (申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
✅原則在籍確認の電話なし
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即日振込も可
✅コンビニATMでも借りられる
✅最低返済額は1,000円~
審査が不安な人は1秒診断後に申込を。
\申込も簡単「プロミス」借りるまで最短当日/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

3位 SMBCモビット

インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短60分で借りられる!(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
WEB完結申込で原則電話・郵送物なし!
\審査通過率NO1/

4位 アイフル
郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査もWEB申込なら最短20分。(平日~土日祝でも当日可能)

この記事の監修者 山口みき
自己紹介 金融WEBメディア運営・管理経験(3年以上)を活かし「お金借りる今すぐナビ」の編集・監修を担当。FP技能士貸金業務取扱主任者・クレジット債権管理士の資格取得にも前向きに取り組んでおり、借り入れに関する疑問や不安に応えるため、常に正確で専門的な情報提供に努めています。
事業所 トイントサロン
Twitter @okanekariruima
YouTube お金借りる今すぐナビ – YouTube
お問い合わせ 下記フォームよりお問い合わせ下さい。
フォーム
関連ページ