プロミス

プロミスの銀行振込の入金が反映されるまでの時間とネット振込返済方法やデメリット等解説

プロミスは、個人を対象にカードローンを提供している消費者金融です。プロミスからお金を借りる方法は以下の4種類があります。

  • インターネット振込
  • コンビニATM・提携ATM
  • プロミスATM
  • プロミスコール(電話)

なかでも公式サイトから指定した銀行口座へ振り込みで入金されるインターネット振込は「瞬フリ」と呼ばれるほど申し込みから入金までが素早く処理されます
しかも、インターネット振込であれば原則24時間365日いつでも利用可能です。

ただし、プロミスの瞬フリと呼ばれるインターネット振込は全ての銀行でいつでも使用できるわけではありません。
今回の記事ではプロミスのインターネット振込でお金を借りる具体的な方法やメリット、デメリットを詳しく解説します。

また、同時にインターネット振込で返済をする場合の方法やデメリットなども合わせてご説明します。

この記事でわかること
  • プロミスの銀行振込はATM入金とインターネット振込の2種類がある
  • プロミスのインターネット振込の反映は最短10秒で確認できる
  • プロミスのインターネット振込は手数料無料
  • プロミスの振込返済でコンビニ・提携ATMを使用した場合には手数料がかかる
  • プロミスで銀行振り込みで返済する場合には事前に振込口座の確認が必要
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
18歳・19歳以下の方:収入証明書の提出が必須です。※高校生は申込不可(高専生・定時制含む)

―――――――
プロミス ※最短即日借りられる ↓原則在籍確認の電話なし↓
\初めてなら30日間無利息/

SMBCグループの安心感『プロミス』

簡単申込のプロミス!借りるまで最短当日 ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
アコム ※最短当日借りられる 35日毎の返済可:返済額1,000円~
\21時迄の審査申込で最短即日借りられる/

特別枠 特徴※各銀行口座がなくても利用可能
>>auじぶん銀行 カードローン auユーザーに おすすめ
>>みずほ銀行 カードローン みずほ銀行の口座を お持ちの方におすすめ
>>楽天銀行 スーパーローン 楽天サービスを お使いの方におすすめ
↓最新版ランキング↓

>>この記事の監修者情報

プロミスの振込入金の反映時間は最短10秒

プロミスのインターネット振込入金は、申し込みから入金反映までの時間が最短10秒、消費者金融系カードローンの中でも最速反映時間の一つです。
ただし、振込が反映する時間は銀行によって違いがあるので注意して下さい。

24時間10秒振込が可能な主な銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • イオン銀行

そのほかにも、地方銀行・ネット銀行などあわせて200社以上で対応しています

同じインターネット振込でも曜日や時間帯によって反映時間が違う銀行をいくつかピックアップしました。

auじぶん銀行
  • 0:00~0:15:当日8:45~9:30頃
  • 8:45~14:50:約10秒後
  • 14:50~24:00:翌営業日8:45~9:30頃
SBI新生銀行
  • 0:00~8:30:当日8:45~9:30頃
  • 8:30~18:30:約10秒後
  • 18:30~24:00:翌営業日8:45~9:30頃
  • 土日・祝日:翌営業日8:45~9:30頃
広島銀行
  • 平日0:00~24:00:約10秒後
  • 土日、祝日0:00~7:00:当日8:45~9:30頃
  • 土日、祝日7:00~21:00:約10秒後
  • 土日、祝日21:00~24:00:翌営業日8:45~9:30頃

その他にも地方銀行や信用金庫によっては曜日や時間帯によって振込反映時間に違いがあります。

プロミス公式ページの「金融機関別振込実施時間検索ページ」で振込を希望する銀行の反映時間を確認できます。

ネット振込(瞬フリ)方法・やり方

プロミスカードローンのネット振込とは、銀行口座への振込入金でお金を借りる方法です。
借り入れの申し込みから入金まで早ければおよそ10秒、瞬間的に振り込まれるので「瞬フリ」と呼ばれています。

プロミスのネット振込(瞬フリ)は次の3種類の方法で利用できます。

ネット振込方法
  • パソコンを使用してプロミス公式サイトの会員ページから申し込み
  • スマートフォン専用アプリをダウンロードして活用
  • プロミスコールに電話して申し込む

会員ページからインターネット振込

プロミスのインターネット振込はパソコンを利用して、公式サイトの会員ページで手続きできます。
インターネット振込を利用する場合には、会員ページへのログインが必要です。

会員ページへのログイン方法は次の2種類があります。

ローンカードを持っている
  • カード番号
  • 暗証番号
ローンカードを持っていない
  • Web-ID
  • パスワード

カードレスを選択してローンカードを持っていない場合には、公式ホームページでWeb登録をしてIDとパスワードを取得します。

Web-IDの取得方法
  1. プロミス公式ホームページのWeb-ID登録画面にすすむ
  2. 契約時の会員番号とメールアドレスを入力する
  3. プロミスからWeb-ID登録のためのメールが届く
  4. メールの指示に沿ってWeb-IDとパスワードを設定する

Web-IDを登録すれば会員ページの利用が可能になります。会員ページでは以下のような機能が利用できます。

  • インターネット振込の借入、返済
  • 利用限度額変更の申請
  • 取引履歴の照会
  • 登録情報の変更(住所、電話番号、勤務先、メールアドレスなど)

また、会員ページからのインターネット振込を申し込む手順はとても簡単です。

  1. 会員ページにログイン
  2. インターネット振込を選択
  3. 借入希望金額を入力
  4. 内容を確認して申し込み決定
  5. およそ10秒後に入金(時間がかかる場合もあります)

プロミスの会員ページにログインができない場合には、プロミスコールへの問合せが有効です。

アプリからインターネット振込

プロミスではスマートフォンで使える専用アプリが用意されています。

専用アプリのインストール方法
  • android:Google Playからインストール
  • iPhone:Apple Storeからインストール

プロミスのスマホアプリでは、会員サービスだけではなく契約がない方の新規利用の申し込みも可能です。アプリからの申し込みは全てWeb上で完結し、カードの発行も不要です。

また、プロミスのスマホアプリは、カード番号やWeb-IDのほかにも生体認証によるログインも可能です。ただし、生体認証機能が搭載されているアプリに限られます。

生体認証とは・・・
生体認証とは指紋や声、顔などの個人を識別できる生体的な特徴をパスワード代わりに使用してログインする方法。最近のandroidスマホでは標準搭載されている機能です。

またスマホアプリから借り入れを行う場合には、銀行口座への振込のほかにも、コンビニATMで現金を引き出せるスマホATMも利用できます。急に現金が必要になって近くに銀行がない場合でも、コンビニさえあれば現金を手にできます。(プロミスの借入・返済ができるコンビニ提携ATMは?)

ただし、スマホATMは1万円以下であれば110円、1万円を超える場合には220円の手数料がかかります。また、スマホATMの利用はセブンイレブン、ローソンの2社に限られます。

プロミスコールに電話する

プロミスのカードローンでは、公式サイト会員ページやスマホアプリのほかにも、プロミスコールへの電話による申し込みでも利用できます。

プロミスコール

0120-24-0365

女性オペレーターが応対する、女性専用ダイヤルも用意されています。

プロミスレディースコール

0120-86-2634

プロミスコールではオペレーターの案内に沿ってインターネット振込の申し込みができます。

プロミスコールの受付時間は平日の9:00から18:00です。それ以外の時間帯や土日・祝日は自動音声による応対になるので注意してください。

プロミスのインターネット振込のメリット

プロミスでお金を借りる方法のひとつであるインターネット振込は、パソコンやスマートフォンさえあれば24時間いつでもお金を借りられるとても便利な仕組みです。

Web-IDとパスワードさえ覚えておけば、自宅のパソコン以外でも職場やネットカフェなどのパソコンからも申し込み可能、しかも申し込みから入金まで最短10秒で完了です。
例えば、仕事場で夕方になって急に遊びに誘われた場合でも、即座に資金調達が可能です。

またインターネット振込では自分自身の口座にお金が入金されるので、実際に出金する際には銀行のキャッシュカードを使用します。
知人や友人が近くにいても、カードローンを利用していることがバレる心配がありません

プロミスのインターネット振込の主なメリットは、以下の通りです。

プロミスのインターネット振込のメリット
  • 申し込みから入金まで最速10秒で完了する
  • 手数料が無料
  • 通帳に記帳される振込人名義にプロミス以外を選択できる
  • 借り入れは1円単位で可能

瞬フリと呼ばれていたくらい早く反映される

プロミスカードローンのインターネット振込による借り入れは、申し込みから入金まで最速10秒という素早さで完了します。瞬間的に手続きが完了するので「瞬フリ」と呼ばれる場合もあります。

たとえば、彼女とデートの最中にお金が足りなくなっても、ローンカードをその場で使用するのは少しバツが悪いかもしれません。
プロミスの瞬フリであれば、少し席を外してスマホから借り入れを申し込めば、銀行のキャッシュカードでお金をおろすことができます。パートナーに知られることなく、デートの最中でもスマートに追加資金の調達が可能です。

しかもプロミスカードローンのインターネット振込(瞬フリ)であれば、土日や深夜でもOK、24時間いつでもお金が借りられます。ただし、一部の銀行では曜日や時間帯によってインターネット振込が利用できない、あるいは振込まで時間がかかる場合があります。
対応銀行はプロミス公式ページの「金融機関別振込実施時間検索ページ」で事前確認が必要です。

瞬フリは、銀行口座からお金をおろす感覚で利用できます

手数料がかからない

プロミスカードローンのインターネット振込は借り入れの際の手数料が無料です。プロミスカードローンの借入方法ごとの手数料は、以下の通りです。

インターネット振込 無料
コンビニ・提携ATM 1万円以下:110円、1万円超:220円
プロミスATM 無料

インターネット振込は借り入れのための手数料は無料です。ただし、現金を引き出すためのキャッシュカードの利用手数料は発生するので注意してください。キャッシュカードの手数料は、利用する銀行やATMによって違いがあります。

振込人名義が選べる

プロミスカードローンのインターネット振込では、振込名義人の名称が次の2種類から選択できます。

  • プロミス
  • パルセンター

あまり意味がないように感じるかもしれませんが、実は、カードローンでお金を借りていることが銀行の通帳からバレてしまうケースが少なくはありません。
もしも家族に通帳を見られたとしても、プロミスという名前が出ていなければ消費者金融でお金を借りたとバレずに済むのではないでしょうか。

一人暮らしなどで通帳を見られる心配がなければプロミス名義の振込のほうがわかりやすくて管理もしやすいと言えます。しかし家族と同居であれば、念のため名義はパルセンターを選択したほうがバレるリスクが少なくなります。

もっとも最近では通帳レスの口座開設を銀行では推奨しているので、通帳を作成していなければ気にする必要はないかもしれません。

1円単位で金額を決められる

プロミスカードローンのインターネット振込では、借りる金額を1円単位で指定できます。実際に銀行から引き出す際には1,000円単位になりますが、本当に必要な金額だけが借りられるのもインターネット振込の大きなメリットといえるでしょう。

急な出費でお金が必要な時は必ずおとずれるものですが、 借りるお金は必要最低限にとどめておくべきでしょう。
そのためにも、1円単位で借りられるインターネット振込の利用がおすすめです。

プロミスのインターネット振込のデメリット

プロミスカードローンのインターネット振込(瞬フリ)はパソコンやスマホで完結できて即座に現金を引き出せるとても便利な仕組みです。
しかし、かならずしもメリットばかりではなく、インターネット振込を利用する際のデメリットも事前にしっかりと把握する必要があります。

プロミスのインターネット振込のデメリット
  • メンテナンス対応で利用できない時間帯がある
  • 年末年始などの特定期間は利用できない
  • 一度手続きした借り入れはキャンセルできない
  • 銀行の通帳に借入履歴が残る

インターネット振込は自分自身の銀行口座に振り込まれて、銀行キャッシュカードで現金を引き出す仕組みです。
とても便利な反面、借金をしているという自覚が薄れてしまう恐れも否定できません。利用する頻度が多くなり、いつの間にか借入残高が大きくなって返済に困るような事態にならないように最低限の利用にとどめる事が重要です。

毎週月曜0時から7時はメンテナンスで10秒振込は使えない

プロミスのインターネット振込(瞬フリ)には、毎週メンテナンスのために利用できない時間帯があります。

インターネット振込のメンテナンス時間

毎週月曜日0:00~7:00

また、メンテナンスの都合で瞬フリではなく予約振込となる時間帯もあります。

曜日 受付時間 振込実施時間
毎週土曜 23:30~24:00 翌日8:45~9:30頃
毎週日曜 0:00~4:00 当日8:45~9:30頃
毎週日曜 18:50~24:00 翌日8:45~9:30頃
毎週月曜 7:00~8:00 当日8:45~9:30頃

振込実施時間は、金融機関によって異なる場合があるので注意が必要です

年末年始・ゴールデンウィークは受付停止となる

プロミスのインターネット振込では毎週のメンテナンスのほかにも、年末年始やゴールデンウイークなどの長期休暇の期間では受付停止期間が設けられています。

年末年始
  • 12月31日18:50~1月4日8:00の受付は1月4日8:45以降の振り込み
  • 1月1日、2日は受付停止
ゴールデンウィーク
  • 5月2日18:50~5月6日8:00の受付は5月6日8:45以降の振り込み

年末年始、ゴールデンウィークともに金融機関によって対応が異なる場合があります。

長期休暇期間は資金不足にならないよう、資金調達は計画的に

プロミスのネット振込返済のやり方

プロミスのカードローンをインターネット振込で利用した場合には、返済もインターネット振込の利用がおすすめです。

プロミスの分割返済方法は大きく分けて、口座振替、口座振込、ATM返済の3種類があります。口座振替は給与などが入金する銀行口座から毎月動的に引き落としで返済されるのでとても便利ですが、反面、残高不足などが心配されます。ATMを利用した返済は、プロミスATM以外では手数料が発生するデメリットがあります。

インターネット振込による返済であれば、24時間いつでも手数料無料で返済できます。しかも、パソコンもしくはスマートフォンとインターネット環境さえあればどこでも手続きが可能です。

プロミスのネット振込返済のやり方
  • プロミス公式サイトの会員ページにログイン
  • 「インターネット返済のお手続き」を選択
  • 返済する金額をに設定する
  • 利用する銀行を指定する
  • 銀行のサイトに移動して振込を確定する

インターネット振込みによる返済は24時間365日いつでも可能ですが、プロミスでお金を借りた場合には毎月返済期日を設定します。返済日は5日・15日・25日・末日の4日間から利用者の都合に合わせて設定できます。
ただし、うっかり返済日を過ぎてしまうと遅延損害金の対象になってしまうので注意が必要です。

返済方法は、PC・スマホ・提携ATM

プロミスの返済方法には、PC・スマホ・提携ATMを利用した方法があります。

PC

パソコンを利用したインターネット返済は、メンテナンスなどの時間を除き24時間365日いつでも返済可能。Web-IDとパスワードの登録があれば自宅のPCだけではなく、職場やネットカフェのPCでも手続きできます。

スマートフォン

プロミスの公式アプリをインストールすれば、スマートフォンから返済の手続きが可能です。スマホアプリからは返済だけではなく、カードレスで借り入れもできます。

提携ATM

プロミスの返済ができるATMは、プロミスATM、提携ATMの2種類があります。さらに提携ATMにはコンビニエンスストアに設置されているATMと提携銀行などのATMがあり、三井住友銀行のATM以外では返済に手数料がかかります。

返済日は5日・15日・25日・末日から選択

プロミスカードローンは毎月かならず返済しなければなりません。返済期日は利用者の都合に合わせて5日・15日・25日・末日の4日間から選択可能です。返済期日を給料日の直後に設定すれば、返済のお金を心配することもなくなるでしょう。
返済日は利用中でも変更が可能です。もしも転職などで給料日が変更になった場合には同時に返済日の変更もおこなえば安心です。

またプロミスの返済方法には、毎月1回の返済日のほかにも臨時返済や借入残高の一括返済も可能です。
借入残高をできるだけ早く減らして、利息の負担を軽減する効果的な方法が臨時返済です。インターネット振込の臨時返済はパソコンを利用した会員サイトあるいはスマホアプリから手続きでき、手数料もかかりません。

プロミスのネット振込返済するときの注意点

プロミスカードローンのインターネット振込での返済は、24時間利用可能で返済金額も1円から指定可能、毎月の返済日だけではなくお金に余裕がある時の臨時返済もスムーズに可能なとても便利な仕組みです。

ただし、プロミスのネット振込返済を利用する際には、あらかじめ理解しておきたい注意点もいくつかあります。

プロミスのネット振込返済するときの注意点
  • 返済をする際に手数料が発生するケースがある
  • 返済金を入金するプロミスの口座は確認が必要
  • メンテナンス期間中は利用できない
  • 返済額の反映に時間がかかる場合がある

返済方法によっては返済都度振込手数料がかかる

プロミスのインターネット振込返済で手数料は、かかりません。
ただしPCの会員サイトやスマホアプリから返済手続きをした場合であっても、コンビニATMから入金するスマホATMを使用した場合には手数料が発生します。

  • 返済額が10,000円以下:110円
  • 返済額が10,000円を超える:220円

スマホATMはカードレスで借入や返済ができる便利な仕組みですが、都度手数料が発生します。もしもATMを使用した返済を行うのであれば、三井住友銀行ATMは手数料無料で返済可能です。

プロミスカードローンで手数料無料で返済できる方法は次の4種類です。余計な出費を避ける意味でも、これらの方法での返済をおすすめします。

  • インターネット振込
  • プロミスATM
  • 三井住友銀行ATM
  • 口座振替(銀行引き落とし)

プロミスの振込先口座番号は契約者によって変わる

プロミスカードローンでインターネット振込ではなく、コンビニや銀行のATMから振込によって返済をする場合には、プロミスの振込先の口座番号を事前に確認しなければなりません。

振込先の口座番号は契約者によって違うので注意が必要です

振込先口座番号の確認方法

プロミスのカードローン返済のための振込先の口座番号は以下の方法で確認できます。

  1. プロミス公式サイトの会員ページ
  2. プロミスコール(0120-24-0365)に電話して確認

ATMからの返済には、振込先口座番号を確認する手間と返済時の手数料負担が発生します。インターネット振込で借りた場合には、手間も手数料もかからないインターネット振込での返済がおすすめです。

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ【ランキングの根拠
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

1位 プロミス


SMBCグループ

審査⇒借入まで最短3分即日借りられる!(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
●瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で口座振込可。在籍確認は原則電話なし!郵送物なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)
↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
✅申込~融資/最短3分※土日祝も当日
  (申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
✅原則在籍確認の電話なし
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即日振込も可
✅コンビニATMでも借りられる
✅最低返済額は1,000円~
審査が不安な人は1秒診断後に申込を。
\申込も簡単「プロミス」借りるまで最短当日/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

2位 アイフル

郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから内緒で借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査もWEB申込なら最短20分。(平日~土日祝でも当日可能)
\金利3.0~【借り換え可】/
↓無利息期間30日間あり【人気上昇中】↓

↑【審査通過のコツ】①記入ミス・書類不備に気を付ける ②希望額は必要な分だけにする ③ウソは書かない

3位 アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。土日祝でも最短20分で即日借りられます。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。(原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施)
\原則電話なし郵送物なしでバレない/

↓返済は35日ごと:返済額1,000円~・借り換え可↓

4位 レイク
\融資まで最短25分・在籍確認は原則連絡なし/
審査が不安な方は簡易診断【最大60日間無利息】
特別枠 特徴※各銀行口座がなくても利用可能
>>auじぶん銀行
カードローン
auユーザーに
おすすめ
>>みずほ銀行
カードローン
みずほ銀行の口座を
お持ちの方におすすめ
>>楽天銀行
スーパーローン
楽天サービスを
お使いの方におすすめ

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








この記事の監修者 山口みき
自己紹介 金融WEBメディア運営・管理経験(3年以上)を活かし「お金借りる今すぐナビ」の編集・監修を担当。FP技能士貸金業務取扱主任者・クレジット債権管理士の資格取得にも前向きに取り組んでおり、借り入れに関する疑問や不安に応えるため、常に正確で専門的な情報提供に努めています。
事業所 トイントサロン
Twitter @okanekariruima
YouTube お金借りる今すぐナビ – YouTube
お問い合わせ 下記フォームよりお問い合わせ下さい。
フォーム
関連ページ