どこでお金を借りる?

ろうきんでお金を借りる方法【種類や審査条件・銀行との違いなど】

ろうきん

ろうきん(労働金庫)」の存在は知っていても、預け入れ以外に借り入れもできることを知らない方は多いのではないでしょうか。
銀行や消費者金融などで提供されているカードローン(関連:カードローンでお金を借りる)とは違って、既に労働組合生活協同組合に加入中の組合員には有利な審査が受けられるため、おすすめといえます。(関連 >>今すぐお金借りる手段!安全・確実に即日で借りたい人用の方法『お金借りる今すぐナビ』)

ろうきんとは??

ろうきんとは

ろうきんと銀行の違い

ろうきん(労金)」は、労働金庫の略称であり、通常はひらがな表記となっています。
労働金庫法をベースに、「労働組合」と「生活協同組合(生協)」が運営している金融機関で、労働者が互いを助け合うことを目的に、出資金を出し合い成り立っている組織です。
預金や貸し付け、資産運用など銀行と同じような業務内容をメインとしていますが、最も異なる大きな点といえば、ろうきんが営利目的ではない、ということが挙げられます。
営利目的ではないことから、民間主体の金融機関でありながらも、公的要素を強く持っているという特徴があります。

以下、ろうきんと銀行の違いをまとめてみました。(関連>>銀行ローンでお金を借りる方法や種類・デメリットを解説

ろうきん

労働金庫法をベースに運営。
・共同組織ということで、労働者である会員自ら、運営への平等な参加が可能
・非営利目的であり、利益は会員へと還元される
・勤労者をメインに融資を行い、その生活支援を目的としている
・預金者からのお金が勤労者への融資とされている

銀行

銀行法をベースに運営。
・株主のみ運営に参加できる株式会社である
・利潤追求目的であり、その還元は株主に限られている
・企業をメインとして融資を行い、その発展をサポートしている
・預金者からのお金は企業への融資とされている

上記の比較通り、ろうきんとは労働者のサポーターといえるでしょう。

ろうきんの会員について

ろうきんは、以下の会員によって構成されています。

団体会員の構成員

労働組合」、「国家公務員・地方公務員などの団体」、「一定条件を満たしている勤労者において福利共済活動を目的とした団体」といった、ろうきんに出資している団体を指し、これら団体の構成員。勤務先の労働組合が、団体会員に該当しているのかどうかわからない場合は、勤務先かろうきんへご確認を。

また、ろうきんローンについて相談したい場合には、所属している団体に定期訪問している担当者に伺うことも可能です。とはいえ、勤務先で借り入れ相談を内緒にしておきたいという場合には、地域のろうきんのサイトにある「ローンご相談シート」を利用するのもいいでしょう。
必要事項を入力、送信すれば、担当者から後日連絡がくることになっています。来店して相談することも可能ですが、優先的な対応をしてもらうためにも、サイトで事前に来店予約をしておくことがおすすめです。

生協会員の組合とその家族

ろうきんに出資しており、「生協組合員融資制度(コープローン)」を導入している生協にて、組合員である人と、その同一生計にある家族のこと。ただし、同一生計にある家族がろうきんでの借り入れを行う場合は、「ろうきん友の会」への入会が条件となっています。

また、単身赴任中の同一生計にある家族が借り入れを希望している場合、単身赴任先の居住エリアや勤務先のエリアが、ろうきんの事業エリアであることが必要になります。
ろうきんの生協組合員融資制度を申し込む場合には、
組合員証
生協にて購入時のOCR注文書
共済掛金請求書
のいずれか1点が必要になります。

一般勤労者

ろうきんの対象地域に在住、もしくは勤めている人のうち、団体会員の構成員または生協会員の組合員に該当しない人のこと。一般勤労者でもろうきんのローンを利用することは可能ですが、どの組合員でもない場合は、ローン利用に以下の内どちらかが必要となります。
ろうきん友の会に加入
ろうきんに個人会員として出資している(1,000円以上)
ただしろうきんの小口ローン利用では、上記の条件のいずれも満たしていなくても、借り入れができるケースもあります。逆に、ろうきん店舗や商品によっては、一般勤労者が利用不可とされている場合もあるため、事前に地域のろうきんへ確認を取っておきましょう。

ろうきんの利用は組合員のみ?

ろうきんは、組合員はもちろんのこと、労働組合がない会社で働いていても、ろうきんが対象としている地域に居住している人であれば、利用することが可能です。生協の利用者を含め、パートやアルバイトをしている人、未成年でもシンプルな手続きを経て利用が可能ですから、是非ともお問い合わせすることをおすすめします。

ろうきんは全国10地区以上、トータルで620店舗以上もあり、利用のしやすさ、地域住民に密着した支援を行っていることが魅力です。

ろうきんが対象とする地域外に在住、または勤務している場合は利用不可能となりますが、一度検索してみてはいかがでしょうか。

ろうきんの全国一覧

ろうきんでお金を借りる方法とは?

ろうきんへの申し込みについて

ろうきんでの申し込みには、下記の条件を全て満たしている必要があります。
※ただし、必要書類については、利用するろうきんやローンの種類により違いがあるため要注意です。

・年齢…満18歳~65歳未満
・地域…ろうきんの営業区内に住居または勤め先があること
・勤務先…1年以上同一の勤務先に在籍していること、ただし自営業などの給与所得者以外では3年以上
・収入…継続して安定した収入があり、年収150万円以上であること
・必要書類…借入申込書、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類、給与明細書や源泉徴収などの収入証明書類など

さらに、資金使途により新たな書類が追加必要となることもあります。また、融資決定となれば、

・ろうきんローン契約書(金銭消費貸借契約書)
・保証委託契約に基づく抵当権設定契約証書
・登記取次依頼書
・委任状
・領収書
・印鑑証明書2通
・新住所の住民票1通
・登録識別情報通知書
・登記済証(権利証)
などの書類提出が求められます。

そして、団体会員の構成員以外の申し込みでは、

・住民税決定通知書などの公的収入証明書類
・国民健康保険証以外の健康保険証
・住民票
を追加提出書類として求められることも覚えておきましょう。

ろうきんの申し込みは、店舗で行うことが基本ですが、団体会員の構成員であれば、仮申し込みをインターネットやFAXで行うことが可能です。

ろうきんの借り入れによる利用限度額

ろうきんのカードローン、「マイプラン」の利用限度額についてご紹介しましょう。

マイプランの仕組みについては、各金融機関で提供されている一般的なカードローンと大差はありません。そして最大利用限度額は、300万~500万円と設定されていることが多々。

ろうきんで申し込み~審査と進み、無事通過となれば、申し込み者の返済能力に適した利用限度額に設定されます。(関連:お金が借りれる限度額)

その後にローンカードが発行となり、限度額範囲内でATM利用により借り入れを自由に行なえるようになります。

以下、各ろうきんの代表的なカードローン、マイプランについていくつかご紹介します。
※地域によって内容に違いがあります。

中央労働金庫(中央ろうきん)のマイプラン

・金利…3.875~8.475%
・利用限度額…最大500万円

東北労働金庫(東北ろうきん)のマイプラン

・金利6.000~8.950%
・利用限度額…最大300万円

近畿労働金庫(近畿ろうきん)のマイプラン

・金利…6.150~8.950%
・利用限度額…最大300万円

ろうきんマイプランの申し込み~カード発行

上記で挙げた申し込み条件を満たしていれば、ろうきんのカードローン、マイプランに申し込みが可能です。

1. 公式サイトより仮審査に申し込み
居住・勤務先の地域を管轄しているろうきんの公式サイトへアクセスし、「マイプラン仮審査申込」から入力フォームに進みます。必要事項を入力していきますが、希望借り入れ額や日程などでは、希望通りにいくとは限らないことを覚えておきましょう。そして、信用情報に関しても、ろうきん側がしっかりと確認をします。内容は正しく、ミスがないように入力しましょう。

2. 仮審査
仮審査の申し込み完了後、内容確認のために担当者より自宅か勤務先に連絡があります。仮審査の結果は、約1週間後になります。

3. 本審査の手続き
仮審査を通過となったら、本審査への申し込みに、既述した本人確認書類など必要書類を持って店頭へと出向くことになります。状況に応じて追加書類を求められることもありますから、それぞれに要確認です。

地域のろうきんによっては、サイト上で書類の提出を可能とするサービスを行っていますが、基本的には窓口での手続きとなります。

本審査への申し込み後、日本労働者信用基金協会より勤務先へと在籍確認連絡が入るため、周囲にろうきんの借り入れがバレたくない人には要注意

4. 本審査通過~カード発行
審査結果の通知は、本審査の申し込みから約1週間後となります。正式に契約締結となり、カード発行がされると、借り入れが可能になります。カードは自宅へ郵送されますから、家族にバレたくない人は、郵便物に注意しましょう。どうしても家族にバレたくない、郵送にしてほしくないという人には、ろうきんのカードローンは向いていないといえます。

また、仮審査からカード発行までには、およそ3週間を要します。書類不備、在籍確認がうまくいかなかったとなれば、さらに時間がかかることに。借り入れ希望日を考えていたとしても、予定通りに何もかもが進むとは言い切れませんから、申し込みには十分な余裕を持つことが大切です。

ろうきんカードローンの審査について

ろうきんのカードローン、マイプランでは、上記に挙げた通り、基本的な条件をクリアしていれば、申し込み可能です。

銀行のカードローン(関連:カードローンでお金を借りる方法)であれば、20歳未満だと審査通過にならないことが多々ですが、ろうきんは未成年であっても親権者の同意さえあれば利用可能です。とはいえ、審査が緩め、とは言えません。

申し込み可能とする条件を満たしていない場合、例えば扶養内パートや学生アルバイトなどでは、審査通過へのハードルが高くなるかもしれません。

また、仮審査で通ったとしても、本審査で落とされることも多々あります。その理由の多くが、個人の信用情報により、他の金融機関で既に多額借り入れをしていること、返済履歴に事故情報がみられることなどが証明されているから。仮審査前では、自身のネガティヴなお金借りる言い訳・情報を隠して申し込んでいたとしても、調査により全てが知られ本審査に通過しないことになりますから、注意しておきましょう。

以下に、自己情報がある場合の対処法をいくつか挙げておきます。ご参考にして下さい。

金融事故

支払い滞納やクレジットカードの強制解約、任意整理・自己破産などの金融事故情報がある場合
・対処法…ブラックリストの時効、5~10年を待って申し込む

他社借り入れ状況

複数の金融会社からの借り入れ、多額の借り入れ、審査中にも関わらず他社に申し込み中などの場合
・対処法…審査中には新たな借り入れを行わないこと、できる限り返済をしておくこと。

申し込みブラック

既に複数社の金融機関にて申し込みをしている、短期の間に繰り返し借り入れをしているなどの場合
・対処法…借り入れは1社ずつにしておくこと、申し込みブラックの情報が削除される約6ヶ月間を待ってから申し込むこと

コンビニATMが利用可能

ろうきんのカードローンは、提携しているコンビニATMの利用にて、いつでも借り入れや返済ができるという魅力があります。ろうきんのATMはもちろんのこと、ゆうちょ銀行やセブン銀行、イオン銀行などのATMも利用可能です。
つまり、セブン-イレブンやFamily Mart、ローソンなど大手コンビニに設置されているATMの多くで、借り入れや返済ができるということに。通勤や買い物途中に立ち寄れるため、多忙な人には利用しやすいといえるでしょう。

ただし、手数料はほとんどの場合無料といえますが、ATMや時間帯などによっては有料となっているため、事前に確認をしておきましょう。

マイプラン以外のローン各種

ろうきんでは、マイプラン以外のローン商品も充実しています。ローン商品の内容は、地域により異なる場合がありますが、基本的にどれも低金利なので、自身の居住・勤務先地域のろうきんで是非ともチェックしてみて下さい。地域によっては、マイプラン以外にも少額限度額のローンも準備されています。

以下、マイプラン以外の各種ローンについて、例を挙げておきます。

※地域によって内容には違いがあり。

住宅ローン

融資額は30万~1億円まで。返済期間は35~40年で、保証人不要。

リフォームローン

使途目的がリフォームであり、住宅ローンの条件とほぼ同じ。限度額は2,000万円、返済期間は最長で20年など。

カーライフローン

車はもちろんのこと、バイクやクルーザーなどの購入にも融資可能。最高で3,000万円、返済期間は最長で10年など。

教育ローン

入学費や授業料、奨学金の借り換えといった目的に利用可能。限度額は最高で2,000万円、返済期間は最長で15年など。

福祉ローン

子供の学費や下宿費、留学費などに利用可能。10万~1,000万円まで、20年以内に返済など。

また、ろうきんでは融資制度からの借り方も可能です。「フリーローン」や「福祉ローン」はもちろん、「NPO法人ローン」、「自治体提携融資制度」、「利子補給制度」など多くのローンがあります。また、働く人のために「ろうきんの生活応援制度」から借り入れも可能です。ろうきん生活応援制度では、主に以下のような融資制度が用意されています。

日本学生支援機構奨学生に対する入学金の融資制度

日本学生支援機構における「入学時特別増額貸与奨学金」を予約している人で、入学金資金の交付前にろうきんよりつなぎの融資として、交付予定の増額貸与奨学金範囲内で借り入れを可能としています。

教育訓練受講者支援資金融資制度

厚生労働省が実施している、専門・実践的な教育訓練のための教育訓練支援金給付金だけでは、受講中での生活費などで不足となった時に、利用可能な融資制度。

勤労者生活支援特別融資制度

勤務先の事情によって離職や収入減少などが起こり、生活困窮となった勤労者が、利用中であるローンで返済条件の見直しを行うのに利用できる融資制度。

求職者支援資金融資制度

国による「求職者支援制度」で、職業訓練受講給付金だけでは、受講中での生活費などで不足となった人が利用できる融資制度。

ろうきんのローン利用においての注意点

まず、既述していますが、商品名などが同じであっても、各地域のろうきんによって、申し込みについての概要、利用限度額や金利などが違っています。また、会員種別によっても金利は違ってきます。ろうきんを利用したいと考えている人はまず、自身が利用するろうきんで、最大借り入れ額の確認をしておくことがおすすめです。そして、審査によって利用限度額が設定されること、つまり必ずしも自身の希望額を借り入れできるわけではないことを覚えておきましょう。

また、マイプランでは、旅行やショッピング、冠婚葬祭、リフォーム、教育資金など、使途目的は幅広いものですが、事業性や投資、負債整理における資金運用には利用不可であるため、要注意。

そして、会員種別により金利が違うこと、同額の借り入れでも金利により返済額が違ってくることなども理解しておくことも大切です。例えば、借り入れを希望する人が一般勤労者であっても、親や配偶者などが生協会員であれば、金利をさらに低くできることになるため、まずはしっかりとご確認を。

さらに、以下の条件を満たして(あるいは満たしていれば)、より低い金利で借り入れることも。

・30歳未満であること
・給与や年金振込口座にろうきんを利用する
・財形貯蓄をろうきんで行う
・インターネットバンキングの利用
上記により、団体会員の構成員、生協会員、一般勤労者それぞれで金利をさらに下げて借り入れができるため、利用してみるのもいいでしょう。また、Web申し込みよりも店頭で申し込んだほうが、金利を少し安くできる場合もあります。

さらにもう一つ、ろうきんマイプランでの魅力には、ATM利用でお金を引き出すのに、多くの場合で手数料無料、ということも挙げられます。金融機関によっては、この手数料がなかなかのもの。カードローンを頻繁に利用する人には、ろうきんマイプランはとてもおすすめな方法といえます。

ろうきんローンの特徴

メリット

まずろうきんは、銀行などのように、融資を営利目的では行っておらず、あくまでも「働く人のための福祉金融機関」ということから、基本的に銀行よりも低金利で借りられるというメリットがいえます。

そして、労働金庫法をベースに運営しているろうきんなので、貸金業法で定められている「総量規制」の対象ではないということも大きな特徴でしょう。総量規制では、多重債務者の増加予防対策として、貸付金を年収の1/3までと制限しています。

また、ろうきんのカードローンは、大手のコンビニATMでも利用でき、手数料がほとんど無料ですから、とても利用しやすいといえます。

デメリット

ろうきんの借り入れでデメリットといえば、大手消費者金融でよく提供されている「即日融資」や「無利息サービス」など、お得で利便性の高いサービスがないということでしょう。つまり個人によっては、大手消費者金融で借り入れを行った方がお得に感じるはず。

そして、審査が厳しいことも大きなデメリットに挙げられるでしょう。営利目的ではない金融機関ということから、低金利で借りられるというメリットの反面、勤労者から預かっている資金を各種ローンの資金としているため、利用者の状況によっては、審査が通過しないことも珍しくありません。実際に借り入れができるまでにも時間がかかることもあり、申込みには十分な余裕を持って行うことが大切です。

さらに、職場や家族にカードローンを内緒にしておきたいという人には、在籍確認を行っているろうきんのカードローンは向いていないといえるでしょう。ろうきんの審査は、日本労働者信用基金協会が総括しています。個人の事情に逐一合わせてはくれない上、ろうきんの店舗によっては、担当者が勤務先に定期訪問をするケースもありますので注意が必要です。

【直近3ヵ月】申込数ランキング

※当社調べ
WEB申込で完結&最短1時間カードレス郵送物なしだから誰にもバレずに借りれます。

瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。急いでいる方も安心です。

 

インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。

 

郵送物なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。
関連ページ