基礎知識

旅行に行くお金がない時はどうする?行きたい時の対処法や旅行費用を抑えるコツ等解説

「旅行に行きたいけれど、お金がないから行けない」

このように、お金の問題でせっかくの旅行の機会を逃すのは避けたいものです。

お金がない場合でも、資金を調達する方法は多くありますし、工夫次第で旅行費用を節約することも可能です。

この記事では、旅行に行きたい時の対処法旅行費用を抑えるコツについて詳しく解説しています。

お金がなくて旅行に行けないと悩んでいる方に役立つ内容となっていますので、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • 旅行に行きたいけどお金がないときは一時的に立て替える
  • お金がかからない旅行にするために早割などの割引を活用する
  • 旅行に行くお金がないと慌てないために生活費を見直し積立する
  • 旅行費用を借りるときは契約前に内容を確認する
  • 旅行に行きたいのにお金がないからと断ると後悔する
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
18歳・19歳以下の方:収入証明書の提出が必須です。※高校生は申込不可(高専生・定時制含む)

―――――――
プロミス ※最短即日借りられる ↓原則在籍確認の電話なし↓
\初めてなら30日間無利息/

SMBCグループの安心感『プロミス』

簡単申込のプロミス!借りるまで最短当日 ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
アイフル ※最短当日借りられる 郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから内緒で借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査もWEB申込なら最短18分。(平日~土日祝でも当日可能)
\金利3.0~【借り換え可】/
↓無利息期間30日間あり【人気上昇中】↓
↓最新版ランキング↓

>>この記事の監修者情報

【目次】このページ先読み

お金がないけど旅行に行きたい時の対処法

お金がないけれど旅行には行きたい時は、いくつかの方法で旅行資金を用意する必要があります。
以下の対処方法を実施すれば、旅行を諦める必要はなくなります。

旅行に行きたいけどお金がない時の対処方法
  • カプセルホテルや青春18きっぷで低予算の旅行にする
  • フリマアプリで不用品を売ってお金を作る
  • 単発バイトで日払いであればすぐに旅行資金が手に入る
  • クレジットカードで支払いを先延ばしにする
  • カードローンの無利息期間を活用する
  • 旅行会社のトラベルローンで分割払いできる

まず、旅行の優先順位を決めて低予算の旅行を計画します。

資金作りの一環として、フリマアプリで家の不用品を売ることも有効です。
また、短期バイトに数日入れば、旅行資金分は稼ぐことはできます。

ホテルや航空券の予約時にクレジットカードで支払うと、支払いを翌月以降に延期できます。

カードローンを利用すれば、無利息期間を活用して利息負担なしで資金を調達することができます。

旅行会社のプランを利用する場合、トラベルローンを組むことで旅行代金を分割払いにすることもできます。

これらの具体的な方法について、順番に解説していきます。

お金がない旅行(低予算の旅行プラン)を計画する

低予算で旅行プランを計画する場合は、何にお金を使うかの優先順位を決めることが大切です。移動、宿泊、食事、現地での体験の中から、どれに重点を置くかを決定し、可能な限り節約します。

宿泊については、カプセルホテルを利用すれば約3,000円で泊まることができます。
ネットカフェでは個室で眠ることが可能で、シャワーも利用できます。

車を持っている場合は、車中泊も選択肢の一つです。
ただし、歯ブラシやシャンプー、タオルなどは現地で購入すると高くつくため、持参することをおすすめします。

移動手段としては、青春18きっぷを活用する方法もあります。
これはJR全線の普通列車の自由席を1日乗り放題にすることができるチケットで、年齢制限はありません。
グループでの利用も可能で、複数人で使うとさらにお得になります。
金券ショップではバラ売りもされています。

食事については、特にこだわりがなければ、コンビニで済ませることも一つの方法です。

不用品を売って旅行資金を作る

旅行資金を作るためには、家にある不用品を売ることから始めてみます。

リサイクルショップに持ち込んでも値段が付かないことが多いですが、最近ではメルカリなどのフリマアプリが発達しています。

これらのアプリは匿名でのやり取りが可能で、プライバシーが守られます。
また、代金未払いなどのトラブルについても対応してもらえます。

ただし、注意点として、商品がすぐに売れるわけではなく、必ずしも売れるとは限りません。

また、発送や梱包には手間がかかり、商品のサイズによっては送料が異なるため、コストも考慮する必要があります。

発送時の梱包材は自分で用意する必要がありますが、ネットショップで購入した商品の梱包材を再利用すると、新たに梱包材を購入するコストを節約できます。

短期バイト・日雇いバイトで働く

日雇いや短期アルバイトを利用すれば、直前の旅行計画にも対応できます。
日払いや週払いで報酬を受け取ることができれば、旅行資金をすぐに準備することが可能です。

バイトを探す際は、以下の条件で検索します。

  • 単発・1日OKの案件
  • 時間や曜日が選べる
  • 日払い・週払い可能

イベントスタッフとして1日働くと、日給1万円から3万円を得ることができます。
体力に自信がある場合は、建設現場や引越し作業でより多く稼ぐことも可能です。

シフトが自由に選べる案件であれば、予定も立てやすくなります。
(参考:様々な条件のアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し)

旅行費用をクレジッドカードで決済する

手持ちの資金が不足している場合、旅行の費用を支払うことができません。

そのような時は、ホテルや飛行機、新幹線の予約をネットで行い、クレジットカードで決済することで支払いを先延ばしにできます。

また、カードによっては旅行保険が付帯されており、旅先での怪我や病気に備えることが可能です。

現地での飲食やお土産代もカードで支払えば、手持ちの資金を減らす必要がありません。

ただし、クレジットカードの利用限度額を超えると、カードが利用停止になる場合があるため注意が必要です。
旅行中に使い過ぎてしまうと、帰宅後の生活費などの支払いで困ることがあります。

カードローンで一時的に立て替える

「せっかくの旅行の予算を削りたくない」
「不用品で売れるものもなく、バイトをする時間もない」
「クレジットカードの利用限度額が足りない」

このような場合は、カードローンで旅行費用を一時的に立て替えることも可能です。

カードローンは、金利が17.8%〜18%と、高めに設定されていますが、初回利用であれば無利息期間サービスが利用できます。

旅行前にカードローンで旅行費用を調達して、無利息期間内に借りた分を完済できれば利息の負担をゼロにできます。(1日だけお金を借りる)

無利息期間サービスが提供されているカードローン会社の特徴を、以下の表にまとめました。

カードローン 限度額 金利 審査時間
(融資までの時間)
無利息期間
プロミス 最大500万円 4.5%~17.8% 最短3分
※審査状況によって異なる
最大30日
アコム 最大800万円 3.0%~18.0% 最短20分
※審査状況によって異なる
最大30日
アイフル 最大800万円 3.0%~18.0% 最短18分
※審査状況によって異なる
最大30日
SMBCモビット 最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
※審査状況によって異なる
なし
レイク 最大500万円 4.5%~
18.0%
最短25分
※審査状況によって異なる
60日または180日

これらのカードローンでは、申込後に最短3〜30分で融資を受けることができるため、急に決まった旅行でも対処できます。

資金用途も自由なため、旅行費用にも使えます。

クレジットカードの枠を残しておくことができるため、現地でも安心してお金が使えます。
また、旅先ではクレジットカードが使えないお店も多いです。
手持ちの現金を多めに用意しておけば、旅行先でお金がない時も安心です。

トラベルローンを組む

旅行会社では、ツアーの申込と同時にトラベルローンの申込も可能です。
利用可能なのは、プランで申し込んだ宿泊費や交通費などに限られます。

このように資金用途が限られているため、借りすぎる心配がありません。
ただし、お土産代や食事代は含まれないため、現地で使う分を借りることはできません。

また、ローンの申込には審査が伴います。
現在の借入れに滞納がある場合は、審査に通過することはできません。

トラベルローンの一例として、JCBトラベルローンの特徴を以下の表にまとめました。

サービス名 JTBトラベルローン
金利 11.9%
限度額 3万円以上の旅行代金
返済期間
返済回数
返済回数:1・3・6・10・12・18・24・30・36・42・48回から選択
支払方法・返済日 分割払いは以下から選択

  • 毎月均等分割払い
  • ボーナス併用分割払い
  • スキップ分割払い

返済方法:口座自動振替
返済日:毎月26日
最低支払額:3,000円以上

特徴 申込は旅行出発日の7営業日前まで
(土日祝除く)

JCBトラベルローンの金利は、11.9%とカードローンよりは低めに設定されています。
トラベルローンは、家や車のような担保があるわけではないため、低金利ではありません。

少額であれば、カードローンの無利息期間を利用した方が利息の負担を減らせる場合もあります。

返済方法は、分割払いになります。
スキップ払いで支払い開始月を据え置くことができますが、据置期間中の利息は分割手数料に上乗せされます。
なお、据置月数は7ヶ月以内までとなっております。

申込は、旅行出発前の7営業前までに行う必要があります。

旅行でお金をかからないようにするコツ

旅行にはお金がかかると一般的に思われがちですが、工夫次第で費用を抑えることは可能です。
旅行費用を節約するための主な方法は、以下の項目になります。

旅行費用を抑えるためのコツ
  • 日帰り旅行であれば宿泊費がかからない
  • ホテルや飛行機は早割にすれば安くなる
  • 宿泊と移動がセットになっているものはお得
  • オフシーズンを狙えば費用が抑えられる
  • 民泊やゲストハウスならホテルや旅館より安く泊まれる
  • 飛行機はLCCのセールで格安に乗れる
  • 新幹線は自由席をネット予約で割引になる
  • 夜行バスなら宿泊費がいらない
  • 素泊まりプランは食事がないので安い

まず、日帰り旅行を選ぶことで宿泊費を削減できます。
宿泊が必要な場合でも、早めに予約することで宿泊施設や飛行機、新幹線の割引を受けることが可能です。

また、宿泊と移動手段がセットになったパッケージツアーを利用すると、通常の予約よりも安価になります。

休日や大型連休は割高になるため、オフシーズンに旅行を計画することも費用を抑える一つの手段です。

さらに、民泊やゲストハウスの利用、LCC(格安航空会社)を選ぶことで、費用を節約できます。
新幹線の場合、自由席を選び、チケットはネットで購入するとよりお得です。

夜行バスを使えば宿泊費はかかりません。
ホテルを利用する際は、素泊まりプランを選択すると安くなります。

これらのコツについて、順番に解説していきます。

日帰り旅行で宿泊費用を節約する

宿泊旅行の場合、ビジネスホテルでも1泊あたり約6,000円の費用がかかります。

日帰り旅行であれば、宿泊費は不要です。
移動距離が短ければ交通費も節約できます。

浮いた宿泊費を使って、現地の美味しい食事を楽しんだり、体験にお金を使えるため、日帰りでも旅行の満足度が高くなります。
そのため、国内の近場での旅行も十分に楽しめます。

また、日帰りであれば荷物も少なくて済み、計画の変更もしやすいというメリットがあります。

飛行機を利用すれば、移動時間を大幅に短縮できます。
日帰りバスツアーを利用するのも一つの方法です。

宿泊費用・交通費は早めに予約する(早割の利用)

ホテルや飛行機は、予約する時期が早ければ早いほど安くなるため、日程が決まったらすぐに予約するのがおすすめです。

ホテルは早割プランを利用することで宿泊費を抑えることができます。
例えば、じゃらんの早期割90の場合は、3ヶ月前からの予約が可能です。
(参考:早いとお得なプラン – じゃらんnet)

飛行機や新幹線のチケットも、早期に購入すれば安くなります。
例えば、ANAの東京(羽田)から札幌(千歳)までの「早期購入割引」では、75日前からの購入が可能で、通常価格に比べて約2万円ほど安くなることがあります。

パッケージツアーを利用する

お金をかけない旅行にするためには、パッケージツアーを利用する方法もあります。
パッケージツアーは、宿泊と移動手段がセットになった商品で、セット価格のため通常よりもコストが抑えられます。
レンタカー付きのプランや、観光施設の入場券が含まれるオプションもあります。

また、ツアー型の募集型企画旅行も選択肢の一つです。
これは旅行会社が航空券やホテルを団体予約することで、料金を割安に抑えています。
自分でプランを立てる必要がなく、手軽に利用できますが、その分自由度は低くなります。

プランによっては団体行動が必要になることもあるため、旅行の目的に応じて選ぶことが大切です。

土日祝や旅行シーズンは避ける

土日祝日は多くの人が出かけるため、平日よりも価格が高くなりがちです。
特に大型連休などのピークシーズンは割高になります。

特別な事情がなければ、これらの時期は避けた方が費用を抑えられます。

ホテルや交通機関の価格は、オンシーズンとオフシーズンで異なります。
特に7月から9月の間、そして8月の夏休み期間は最も価格が高くなります。

一方、オフシーズンは以下の期間です。

  • お正月明け
  • ゴールデンウィーク前
  • 梅雨の時期
  • 11月からクリスマス前

もしオフシーズンが無理な場合、観光地のベストシーズンを避けることで少しでも価格を抑えることが可能です。

民泊やゲストハウスで宿泊費用を抑える

宿泊をホテルや旅館にすると、どうしても宿泊費用は高くなりがちです。
お金をかけない旅行にするには、民泊やゲストハウスを利用することで宿泊費用が抑えられます。

民泊は、ホテルが少ない地域で、空き家を使って宿泊サービスを提供しており、ここ数年でインターネットの発達とともに世界的に急増しています。

そして、ゲストハウスとは、交流を目的とした宿泊施設になります。
基本はドミトリータイプのような相部屋になり、トイレやバスルームも他の宿泊客と共用になります。
ホテルのようなアメニティーや食事は提供されない分、格安で宿泊できます。

格安航空会社(LCC)を利用する

飛行機を利用する際には、格安航空会社(LCC)を選ぶことで費用を抑えることができます。

さらに、LCCでは頻繁にセールが行われています。
これらのセールは期間限定であり、人気のためすぐに売り切れてしまうことが多いです。
LCC各社のSNSをフォローすることで、お得な情報を逃さずキャッチすることができます。

格安で利用できるLCCですが、以下のようなデメリットもあります。

  • 空港の乗り場が遠い
  • 手荷物の預け入れ、機内食が有料
  • 座席の間隔が狭い
  • フライトが天候などの問題でキャンセルになっても補償がない
  • 遅延する可能性がある

新幹線は自由席や割引を利用して安く抑える

新幹線を利用する場合は、自由席にすれば、指定席より530円引きになります。
注意点として、大型連休は全席指定席になってしまい、繁盛期の指定席はさらに400円増しになります。

また、新幹線のチケットは、駅の窓口で購入するよりネットで購入した方が安くなります。

スマートEXの、EX早特28ワイドで28日前から予約すれば、のぞみ普通車指定席が安くなります。
(参考:EX早特28ワイド | 商品一覧 | スマートEX)

えきねっとでは、前日に申込しても10%OFFになり、14日前であれば30%OFFでさらにお得です。
(参考:新幹線eチケット(トクだ値)・特急トクだ値(えきねっと限定の割引きっぷ)|えきねっと(JR東日本))

それ以外にも、往復割引では移動距離の指定がありますが、長距離を移動するのであれば、片道ずつ申込するよりお得です。

なお、金券ショップでチケットを買えば、通常購入より割安になります。

夜行バス・高速バスを利用する

旅行の移動手段には飛行機や新幹線だけではなく、高速バスの利用も一つの選択肢です。
例えば、東京から大阪まで、料金が安い時期であれば約3,000円で移動できます。

さらに、夜行バスを利用すれば、宿泊費も節約できます。
夜行バスに乗る前にお風呂に入っておくと快適に過ごせます。

注意点として、高速バスは渋滞に巻き込まれると到着が遅れる可能性があるため、時間には余裕を持って計画することが大切です。

食事なしの素泊まりプランを選ぶ

素泊まりは宿泊のみで食事の提供がありませんが、その分宿泊費が安くなります。
周辺の飲食店を利用することで、現地のグルメを堪能することができます。

食事付きのプランでは指定の時間に宿に戻る必要がありますが、素泊まりならそのような制限がないため、食事の時間を気にする必要がありません。

ただし、地方では周辺に飲食店がない場合や、あっても閉店時間が早いことがあるため、素泊まりを選択する際は事前に周辺情報をしっかりと調べることが大切です。

旅行前にお金がないと慌てないための普段からできる対策

旅行に行こうとした際に資金不足で困らないためには、日頃からの準備が重要です。

まず、旅行のために貯金しておきます。
旅行会社の積立プランを活用すれば、お得に旅行資金を積み立てることができます。

また、日常の生活費を見直し、無駄な支出がないかをチェックすることも大切です。
副業やアルバイトをすることで収入を増やせば、それを旅行資金に充てることができます。

これらの準備をして、旅行の機会を逃さないようにします。

毎月旅行貯金を積み立てる

旅に出たい時にお金がない、という理由で困らないためには、毎月コツコツと旅行資金を積み立てることが大切です。

銀行預金で貯金する方法もありますが、旅行会社の旅行積立を利用する方法もあります。

例えば、JTBの「たびたびバンク」では年利換算で1.75%の利率で積立が可能なため、銀行預金よりもお得に旅行資金が用意できます。
(参考:定期積立プラン | 旅行積立ならJTBのたびたびバンク)

生活費・雑費を見直す

旅行に行きたいと思ったときにすぐにお金を用意できるようにするためには、普段の生活費や雑費の見直しも必要です。

個々の支出は少額ですが、積み重なると大きな金額になります。
特に固定費を一度見直すと、毎月の節約につながります。

生活費の見直し可能な主な項目は、以下になります。

●生活費ですぐできる見直し

  • 家計簿をつける
  • 格安SIMにする
  • いらないサブスクを解約する
  • コンビニ利用を減らす
  • 外食を減らし自炊する
  • 無駄な保険を解約する
  • 住宅ローンの借換え

など

まず、家計簿をつけることが大切です。
自分が何にどれだけの金額を使っているか把握することで、無駄な支出が明らかになります。

例えば、携帯電話を三大キャリアで契約している場合、格安SIMに変更するだけで月に最大5,000円節約できる可能性があります。

また、契約しているサブスクリプションサービスを見直し、使用していないものは解約します。

コンビニは割高なので、なるべく利用を控えることも大切です。
外食を減らし、自炊を心がけることで食費を節約できます。

付き合いで加入した保険も、必要ないものは解約します。
住宅ローンがある場合は、借り換えによって金利を下げることが可能です。

これらの方法で生活費を見直すことで、旅行費用を捻出することができます。

副業・アルバイトで旅行資金を稼ぐ

本業の収入だけでは足りないときは、副業やアルバイトで旅行資金を作る方法があります。

副業をする場合は、稼げるようになるまでには時間がかかることが多いです。

なお、副業やアルバイトが禁止されている会社もあるため、事前に就業規則を確認することが大切です。
特にアルバイトをする場合、バイト先の源泉徴収で会社にバレてしまいます。

そして、副業やアルバイトで無理をして体調を崩さないように注意しなければなりません。
旅行資金を用意できたとしても、体調不良で旅行に行けなくなってしまったら本末転倒です。

旅行に行くお金がない人はどうしてる?知恵袋等の口コミや体験談を調査

多くの人が「旅行に行きたいけれど、お金がなくて行けない」という悩みを抱えています。
このような悩みについては、インターネット上でも多くの口コミが寄せられています。

これらの口コミや体験談を調査しました。

金が無いのに旅行するのは普通ですか?
共働きですが家計は基本的にカツカツです。ボーナスなんて固定資産税や車検代、月々の赤字補填で消える感じです。
今年は何とか余ったお金でエアコンを買い換えようと思っていました。2台のエアコンを20年使ってます。

しかし、子供の歯並びが悪いため矯正をすることになり最近30万円使いました。
これは仕方ないので私も賛成です。
それでももういい加減エアコンは買い換えないとと思い、家計外の私のお金からでも買おうと思っています。

そんな家計状況なのに、妻は義実家家族との旅行を計画しています。
7月は義妹家族との旅行、8月は義従妹家族との旅行です。
来年は絶対海外行くとか息巻いています。

正直そんな旅行行っているお金は無いと思うのですが第三者からの意見を聞きたいです。
旅行は思い出のために必須ですか?
私はそれよりも1~2年旅行諦めてでも古くなった家電を買い換えようと思っているのですが…

(引用:Yahoo!知恵袋)

まず、真夏にエアコンが故障すると熱中症のリスクが高まり非常に危険です。
家電製品は分割払いでの購入も可能です。

また、家計が赤字であるにも関わらず旅行に行く場合は、生活を立て直すことが先決ですが、配偶者が自分のお金で旅行に行っている場合は異議を唱えることは難しいです。

さらに、旅行が思い出作りに必須かどうかは個々の価値観によります。
このケースでは、最終的には義母が旅行費用を工面してくれたようです。

お金がないのに旅行にさそわれました。
私も行きたいけどお金ないからきびしいわーと言いました。
安いから。私が立て替えるから。といって友達がバスも予約し、
ホテルも予約したみたいです。
直接電話して行けないって ちゃんと断ってるのに私の話を無視して
旅行の計画を立てようとします。
本気で立て替えてもらっても遊ぶお金がないし、
給料日(15日)までに遊ぶ予定あるのにって言っても
なんとかなるってーと軽く流されます。
ずるずる断りながら説得させられるようなことを話されて、
急に今キャンセルしたらその間暇になるやんとか言われました。
普通に仲良い友達だし、好きなのには変わりないし、
お金があれば旅行に行きたいです。でもお金ないので行けません。
円満に断れる方法ないですか?本気で悩んでます。

(引用:Yahoo!知恵袋)

お金の心配があると、旅行を楽しめません。
立て替えてもらったお金が返せるかどうかも不安です。
そのため、思っていることを正直に伝えるしかありません。

しかし、お金があれば旅行に行きたいという気持ちは確かにあります。
旅行に行きたくないわけでも、友人と仲が悪いわけでもありません。

ひとまず旅行に行き、後日何らかの方法で立て替えてもらったお金を工面して返せば問題は解決します。

卒業旅行??お金ないから私だけ行けなかったよー
ほんとなら今頃usj行ってたのにな 悲しすぎて号泣してる

(引用:X(旧Twitter))

卒業旅行は人生で一度きりの機会です。

社会人になると友人とのスケジュールが合わせづらくなり、将来結婚したら共に旅行に行くのも難しくなります。
同級生との旅行ができる時期は限られています。

これは一生の思い出になるため、お金がないという理由だけで卒業旅行を諦めるのはもったいないといえます。

旅行費用でお金を借りる時の注意点

カードローンを利用することで、旅行費用をすぐに用意することができます。

しかし、カードローンの利用には注意すべき点がいくつかあります。
これらの注意点を理解せずに利用すると、後悔する可能性があります。

カードローンの主な注意点について、順番に解説していきます。

旅行にかかる必要なお金だけ借りる

カードローンを申し込む際には、旅行に必要な分だけを借りることが重要です。

無利息期間内に完済できない場合、期間終了後には利息が発生します。
また、返済期間が長引くほど、それに伴う利息も増加します。

借り過ぎると、毎月の支払い負担が増え、返済が困難になることがあります。
返済が滞った場合、遅延損害金が発生し、さらに信用情報に滞納が記録されてしまいます。

そのため、借入前にはシミュレーションを行い、無理のない返済計画を立てることが大切です。

契約前に金利や無利息期間を確認する

金利や無利息期間はカードローン会社によって異なります。

無利息期間が終了した後も返済が続く場合、利息が発生しますので、契約前に金利を把握しておくことが重要です。
適用される金利は、個人の借入状況により変わります。

また、無利息期間の条件も確認が必要です。

無利息サービスは通常、初回利用時に限定されていることが多いです。
さらに、メールアドレスの登録やWeb明細の利用が必要な場合もあります。

無利息期間の起算日もカードローン会社によって異なるため、注意が必要です。
契約する前にこれらの条件を確認することが大切です。

必ず審査に通る訳ではない

カードローンに申し込む際には必ず審査が行われます。

この審査では申込者の返済能力や信用情報が調査されるため、カードローンの利用は誰にでも100%保証されるわけではありません。

旅行直前にカードローンからの借入をあてにしていたにもかかわらず、審査に落ちた場合、旅行資金を用意できなくなります。
このような状況では、他の方法で資金を調達するか、または旅行を諦めるしかありません。

安定した収入があり、過去に滞納の経験がなければ、審査を心配する必要はありません。
しかし、過去にクレジットカードの支払いや家賃を滞納したことがある場合は、審査に不利になります。

現在支払いの滞納がある場合は、審査に通ることが難しいため、申し込み前に全ての支払いを完了させる必要があります。

旅行費用の相場はいくら?

旅行にかかる費用は、旅行の内容によって異なります。

まず、行き先が国内か海外かによって費用が変動します。
国内旅行の場合、宿泊を伴うかどうかでも予算が異なります。

各旅行の内容に応じた費用の相場は以下の通りです。

旅行の内容 旅行費用の相場
国内旅行(日帰り) 19,023円
国内旅行(1泊2日) 63,212円
海外旅行 24.5万円

このように、日帰りと宿泊では、旅行費用が大きく異なります。
海外旅行では主に飛行機代がかかるため、大体25万円ほど必要なことが一般的です。

これらの費用の内訳について、詳しく解説していきます。

国内旅行全体での平均は43,995円

国土交通省観光庁の調査によると、2023年度の1人あたりの国内旅行費用は平均で43,995円となっています。
前述の通り、日帰り旅行は19,023円、宿泊旅行は63,212円となっております。
(参考:旅行・観光消費動向調査 | 観光統計・白書 | 観光庁)

宿泊を伴う旅行を計画する場合、1人当たり少なくとも6万円の予算が必要です。
一方、日帰り旅行の場合は、2万円を用意しておけば十分です。

海外旅行:24.5万円

海外旅行費用の平均は、2017年時点で24.5万円となっております。
内訳は以下の通りです。

  • 旅行参加費:15.7万円
  • 現地旅行費:4.4万円
  • 買い物費:3.4万円
  • その他:1万円

(参考:海外旅行者数と海外旅行費用の推移  |  一般社団法人日本旅行業協会)

海外は国内と異なり、目的地によって宿泊費や買い物費などが変動するため、現地の物価に注意が必要です。
また、交通費も目的地によって異なります。

アジア圏では直行便が多く、物価も比較的安いため、費用を抑えやすいです。

一方、欧米では航空便が豊富で航空券が比較的安く手に入りますが、物価が高いため宿泊費や飲食費が高くなりがちです。

中南米やアフリカは日本から遠く直行便が少ないため、交通費が高額になる傾向があります。

また、訪れる国によってはビザの取得が必要な場合もあります。
現地通貨を用意する際には、為替レートにも注意する必要があります。

海外旅行を計画する際は、目的地を決めた上で適切に予算を立てることが重要です。

旅行には何のお金がかかる?

旅行にかかる費用は行き先や時期によって異なりますが、一般的に必要となる主な費用は次のとおりです。

  • 交通費
  • 宿泊費
  • 飲食費
  • おみやげ代
  • アクティビティ代

また、旅行には以下のグッズも必要です。

  • スーツケース
  • 服、カバン、靴
  • カメラ

海外の場合は海外用のWiFiルーターも必要になります。
また、初めて海外に行く場合は、パスポート取得費が発生します。

予期せぬトラブルに備えて、海外旅行保険にも加入しておいた方が無難です。

お金がないから旅行を断るのはもったいない

旅行ではまとまった金額が必要になることが多く、多くの方がその支出に抵抗を感じることがあります。

せっかく貯めたお金が一気になくなるのは惜しいと感じることもありますが、旅行に行かないのも、もったいないという考え方もあります。

Yahoo!知恵袋にも、このような口コミが寄せられていました。

Q.旅行でお金使うの怖くないですか??
海外旅行に行きたいです。 貯金はようやく245万貯まったので行こうと思えば行けます。 しかし飛行機代やホテル代、現地で使うお金など考えるとすごい出費ですよね。 貯金を崩すのが怖いです。 皆様は海外旅行で大きなお金が失ってしまうこと怖くないですか??

A.旅行に行くために働いてお金を貯めているので、全く思いません。
今まで30年以上で、1千万円以上使っているかもしれない(笑)。
でも全く後悔無し!
「旅は心の貯金」がモットーなので。
お金を失うワケではありません。
お金を使いたい事に使っただけです。

(引用:Yahoo!知恵袋)

お金は使うために存在します。

元気なうちにしかできない体験があり、病気になれば、外出ができなくなることもあります。時間とお金があっても、体力がなければ旅行は難しいです。

後悔しても、若さは取り戻すことはできませんが、お金は一生懸命働けば取り戻せます。

また、海外の文化に触れることで視野が広がり、教養が高まります。
それによって人間的にも深みが増します。

非日常を味わうことでリフレッシュされ、仕事に対するモチベーションも再び高まります。

旅行ばかり行く人も日ごろからお金は節約している

「旅行ばかり行っている人はお金はどうしているの?」

と疑問に思う人は多いです。
高収入ではないにも関わらず、頻繁に旅行を楽しむ人々がいます。

旅行にばかり行っている人は、普段の生活を質素にして、旅行費用を貯めることに集中しています。

また、旅行慣れしていると、コストを抑えて旅行を楽しむ方法も身につきます。
お得なキャンペーンも常にチェックし、マイルを貯めて飛行機代を節約しています。

また、旅行の目的をはっきりさせることも重要です。
非日常的な体験を求めるのか、それとも美味しい食事を楽しみたいのかを明確にしています。

お土産も、義務感からではなく必要に応じてのみ購入することで、無駄遣いを避けています。

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ【ランキングの根拠
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

1位 プロミス


SMBCグループ

審査⇒借入まで最短3分即日借りられる!(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
●瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で口座振込可。在籍確認は原則電話なし!郵送物なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)
↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
✅申込~融資/最短3分※土日祝も当日
  (申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
✅原則在籍確認の電話なし
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即日振込も可
✅コンビニATMでも借りられる
✅最低返済額は1,000円~
審査が不安な人は1秒診断後に申込を。
\申込も簡単「プロミス」借りるまで最短当日/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

2位 アイフル

郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから内緒で借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査もWEB申込なら最短18分。(平日~土日祝でも当日可能)
\金利3.0~【借り換え可】/
↓無利息期間30日間あり【人気上昇中】↓

↑【審査通過のコツ】①記入ミス・書類不備に気を付ける ②希望額は必要な分だけにする ③ウソは書かない

3位 アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。土日祝でも最短20分で即日借りられます。※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。(原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施)
\原則電話なし郵送物なしでバレない/

↓返済は35日ごと:返済額1,000円~・借り換え可↓

4位 レイク
\融資まで最短25分・在籍確認は原則連絡なし/
審査が不安な方は簡易診断【最大60日間無利息】

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








この記事の監修者 山口みき
自己紹介 金融WEBメディア運営・管理経験(3年以上)を活かし「お金借りる今すぐナビ」の編集・監修を担当。FP技能士貸金業務取扱主任者・クレジット債権管理士の資格取得にも前向きに取り組んでおり、借り入れに関する疑問や不安に応えるため、常に正確で専門的な情報提供に努めています。
事業所 トイントサロン
Twitter @okanekariruima
YouTube お金借りる今すぐナビ – YouTube
お問い合わせ 下記フォームよりお問い合わせ下さい。
フォーム
関連ページ