お金借りる今すぐナビ
お金借りる

お金借りることに罪悪感は不要だがあてにしすぎてもダメ

今は借り入れのための賞品やサービスがたくさんありますが、中には罪悪感から申し込みができないままになっているという方もいるのではないでしょうか?実際に、お金を借りること、つまり借金をすることに罪悪感を抱いている方は多いものです。ただ、その罪悪感というのは不要なものです。かといって、借り入れのための商品やサービスといったものをあてにしすぎてしまってもいけません。お金を借りることとほどほどの距離を保って、うまく付き合っていくことが大切なのです。

お金を借りることは悪いことではない

お金の話をすると、必ずといっていいほど「お金よりも大切なものがある」という意見が出てくるかと思います。確かにお金で買えないものもありますが、今の世の中がお金で回っているのもまた事実です。特に、今の時代は何をするのにもお金が必要です。住まいを借りるのにも住まいを購入するのにもお金がかかりますし、その住まいで日々の生活を送っていくのにもお金がかかります。お金があるからこそ病院へ行くこともできるのです。極端な言い方をすると、人間というのは何をするわけでもなくただ存在しているだけでお金がかかるのです。日本では税金だってこれでもかというほどに搾り取られています。

今の世の中で生きていくためには、お金が欠かせません。しかしながら、だからといって誰もが生きていくのに十分なお金を持っているわけではありません。最近ではまるで自分に言い聞かせるかのように「景気が回復している」という表現を使う方がいますが、景気が回復していると感じている一般市民の方はほとんどいません。むしろ、どんどん景気が悪化し、経済的に厳しくなっているという方がほとんどでしょう。

かつては「いざとなったら国が支援してくれる」「国が助けてくれる」と希望を持っていた方もいるかもしれませんが、年金制度の崩壊が現実のものとなり、いよいよ夢も希望もなくなってきました。それでも年金は払えというのですから、もう何も信じられません。いざというときのサポートやヘルプというのは、夢のまた夢なのです。追い打ちをかけるかのように消費税増税もありますし、経済状況というのはどんどん悪化し、厳しくなっていくことが予想されます。

こういう世の中になり、自分の稼ぎだけでどうにかやりくりするという当たり前のことすら難しくなっているのです。こんな世の中になってしまったからこそ、お金を借りざるを得ないという状況になりやすくなっているのです。お金を借りることは決して悪いことではありません。むしろ、このような状態になっているからこそお金を借りないと生きていけないようなこともあるのです。

確かに、お金を借りるということに罪悪感を持ってしまう気持ちはわかります。ただ、その背景に何があるのかをきちんと見なければいけません。そうすれば、無駄に大きく膨らんだ罪悪感も消えていくでしょう。

お金を借りられるのが当たり前と思ってもいけない

先でもお話しましたように、今の世の中ではお金を借りることに罪悪感を持っていられないような状況です。景気は回復しているどころかどんどん不景気になっていますし、一般的なご家庭では経済的な厳しさといったものも増しています。すでに悲惨な状態なのに、年金制度の崩壊に消費税増税と追い打ちをかけるかのように状況は悪化していきます。

ただ、だからといってお金を借りられるのが当たり前と思ってもいけません。確かに今は借り入れのための商品やサービスも充実していますし、それを求めている方もたくさんいます。むしろ、ニーズがあり、需要が高いからこそ、借り入れのための商品やサービスといったものがどんどん増えているのです。だからこそ、借り入れ自体がかなり身近なものになってしまっている部分もあります。

自分の稼ぎだけでやりくりをするという当たり前のことが難しくなっている今の世の中ですが、だからといって借り入れをあてにしてしまうのはいけません。借り入れをあてにしすぎてしまうと、借金がどんどん膨らんでいき、多重債務の状態に陥ってしまう危険性もあるのです。借り入れというのは安易に頼るものではなく、最後の最後に選択すべきものなのです。

大切なのは使い方

お金を借りることに罪悪感は不要ですが、かといってあてにしすぎてしまってもいけません。「どうすればいいの!?」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、大切なのは使い方です。例えば、体にいいものであっても過剰摂取となってしまえば体に悪影響を与えることになります。これと同じことです。

今の世の中を生きていくために欠かせない大切なお金というものを借りるからこそ、使い方が大切なのです。適度な距離を保って、借り入れというものとうまく付き合っていくようにしましょう。借り入れに振り回されるのではなく、こちらが使いこなすべきなのです。