どこでお金を借りる?

ワーキングホリデーのお金を借りる方法!ワーホリのお金がない時の資金調達方法・注意点や費用等解説

ワーキングホリデーの資金を調達する方法注意点を解説していきます。

観光や就学しながら就労もできるワーホリは他のビザよりも自由度が高いため、魅力的です。

しかし、十分な資金がないせいで、申請をためらっている方もいると思います。

ワーホリのためにお金を準備するには、あらゆる手段があります。

本記事では、それぞれのメリットやデメリットなどを詳細にご紹介しているので、自分に合った手段を知りたい方には有益です。

また、ワーホリにかかる具体的な費用を知りたい方に向けて、必要な出費項目国ごとの相場もまとめています。

ワーキングホリデーのために借り入れを検討している方や、必要な費用が具体的に知りたい方には特に参考になります。

この記事でわかること
  • ワーホリのためにお金借りるなら各ローンの使い道を確認
  • ワーホリのお金借りるならまずは留学
  • ワーホリのお金ないなら日本で働いて貯める
  • ワーホリ資金は返済に注意
  • ワーホリに使える奨学金はほぼない
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
18歳・19歳以下の方:収入証明書の提出が必須です。※高校生は申込不可(高専生・定時制含む)

―――――――
プロミス ※最短即日借りられる ↓原則在籍確認の電話なし↓
\初めてなら30日間無利息/

SMBCグループの安心感『プロミス』

簡単申込のプロミス!借りるまで最短当日 ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
アコム ※最短当日借りられる 35日毎の返済可:返済額1,000円~
\21時迄の審査申込で最短即日借りられる/

特別枠 特徴※各銀行口座がなくても利用可能
>>auじぶん銀行 カードローン auユーザーに おすすめ
>>みずほ銀行 カードローン みずほ銀行の口座を お持ちの方におすすめ
>>楽天銀行 スーパーローン 楽天サービスを お使いの方におすすめ
↓最新版ランキング↓

>>この記事の監修者情報

【目次】このページ先読み

ワーキングホリデーのお金を借りる方法

ワーキングホリデーのためにお金を借りるなら、使い道に制限のないローンを組むのがおすすめです。

たとえば、銀行のフリーローンです。

消費者金融で借り入れするより低金利でお金を得られます。しかし、即日融資には対応していません。資金を調達するまで最大数週間もかかるので、計画的に申し込むとよいです。

また、銀行や消費者金融のカードローンを利用する手もあります。

しかし、返済には注意が必要です。月に1度、口座から自動的に引き落とされる場合が多いため、出国前に返済額を用意した方がよいです。

全額を用意できない場合は、日本にいる家族や親しい友人に返済を任せるのがおすすめです。

海外から送金した際の手数料や交換レートを節約できます。家族や友人には、帰国後お金を返すとよいです。

銀行のフリーローンなら金利を抑えられる

銀行のフリーローンを利用すれば、消費者金融より低い金利で融資を受けられます。(銀行からお金を借りる方法!個人向け融資の種類や条件・審査や借入までの流れ等解説)

消費者金融カードローンの上限利子は、年18%が相場です。対して、銀行のフリーローンなら、高くても14%ほどでお金を借りられます。

ローン名 金利(年利) 金利の種類
三井住友銀行「フリーローン」 5.975% 変動型
イオン銀行「フリーローン・目的型ローン」 3.8~13.5% 固定型
りそな銀行「フリーローン」 6.0~14.0% 固定型

また、資金の使い道が自由なため、ワーキングホリデー目的でも借り入れできる可能性があります。ただし、融資の使用用途を申告する必要があります。

フリーローンは、借り入れできる回数が1度のみです。そのため、追加で今すぐお金が必要になっても用意できません。

また、申し込みから融資を受けるまでには、数日から数週間かかります。余裕を持って申し込むとよいです。

銀行・消費者金融のカードローンは借りれるが返済は要注意

ワーキングホリデーの資金は、銀行や消費者金融のカードローンでも用意できますが、返済には注意が必要です。(お金を借りた後の具体的な返済方法)

口座振替にしている場合、あらかじめ返済額を用意しておく必要があります。

しかし、出国前に返済額をすべて準備するのが難しい方もいると思います。

現地で口座を開設し、稼いだお金を日本の引き落とし口座へ送金する方法を考えているかもしれませんが、おすすめできません

手数料や交換レートが多くかかります。

可能ならば、返済は日本にいる家族や親しい友人にお願いした方がよいです。帰国後、借金を肩代わりしてくれた人たちに返済するのがおすすめです。

語学学校・留学資金をワーホリ費用として借りる事は可能?

一般的に、ワーキングホリデーの費用に充てる目的でローンは組めません

留学目的なら借り入れできるため、最初は留学し、後でワーホリにシフトチェンジするとよいです。(留学ローンを借りるなら)

語学学校に通ったり、留学したりする目的で融資を受けるなら、日本政策金融公庫の「教育一般貸付」を利用できます。金利が低いのが大きな魅力です。また、学校に通っている間の返済は利息分のみにできるため、海外での生活に集中できます。

銀行の教育ローンで融資を受ける方法もあります。しかし、留学に使えるかどうか事前に確認しなければなりません。

また、留学が借り入れの目的であっても、具体的な使い道には制限があります。何に使えるか、あらかじめ確認することが重要です。

国の教育ローンを日本政策金融公庫で借りる

日本政策金融公庫の「教育一般貸付」は、国が行っている教育ローンで、40年以上の取り扱い実績があります。

海外留学の費用に当てるには、修行年限3カ月以上の外国教育施設に通うことが条件です。

在学期間中は利息のみの返済が可能なので、留学中の負担が減らせます。

最大融資額は450万円です。金利は1.95%とかなり低く、固定型です。返済期間は最長で18年です。

インターネットから24時間365日いつでも申し込めます。

ただし、申し込めるのは、6親等内の血族か配偶者、または3親等内の姻族です。留学する本人は借り入れできません。

また、申し込みは必要時期の2~3カ月前にするのが目安です。立て込んでいる場合もあるため、早めに申請するのがよいです。

銀行の教育ローンは留学に使えるローンかを調べる必要がある

ワーキングホリデーでは、現地の言葉や文化なども学べます。そのため、銀行の教育ローンを検討している方もいるかと思います。

国の教育ローンほどではないにしろ、金利が低いため、魅力的です。

しかし、銀行の教育ローンは使い道が制限されています。そのため、留学でも借り入れできるか、あらかじめ調べておく必要があります。また、住居費や生活費など、具体的に何に利用できるかも確認しておくとよいです。

たとえば、三井住友銀行の「教育ローン」では、大学や専門学校など海外のさまざまな学校へ納付する資金に利用できます。

また、みずほ銀行の「教育ローン」では、仲介業者に払う留学費用などにも充てられます。(参考:教育ローンはどのような使いみちに利用できますか | FAQ(よくあるご質問

ワーホリのお金を借りる以外の調達方法

ワーキングホリデーの資金をどこからか借りようとすると、時間と手間がかかり大変です。また、返済できるか不安に感じる人もいるかと思います。

そこで、ここでは、ワーホリの費用を捻出する借金以外の方法を3つご紹介します。

借りる以外の調達方法 詳細
留学後にワーホリへ切り替える 留学する際は学生ビザを発行します。学校に通いながらでも決まった勤務時間内であれば働けるので、現地でワーホリのお金を準備できます。
身近な人にお金を出してもらう 相手がお金を持っている場合には、すぐに用意できる可能性があります。
日本で働いて資金を貯める ワーホリに必要な金額を稼ぐには時間はかかりますが、誰にも迷惑がかかりません。

留学に目的を変えて借りて後にワーホリにする

留学する場合は、語学などの勉強が主な滞在目的になるので、学生ビザを発行します。

学生ビザを持っている外国人は学校に通いながらでも最大で週に20時間ほど働け、休暇中は無制限で働けます。

そのため、海外にいながら、ワーホリの資金を準備できます。

ただし、現地の人とコミュニケーションを取るため、一定のレベルの語学力がなければ仕事になりません。

また、職歴や語学力があまりないと安い賃金で働かされる可能性があります。思ったような収入にならない場合があるので、注意が必要です。

また、留学からワーホリに切り替える際は、学生ビザから就労ビザに変更しなければなりません。

親やおじいちゃんおばあちゃんに頼む

ワーホリの費用を、親や祖父母など身近な人にお願いする方法もあります。(お金を借りる言い訳や理由は何て言えばいい?親・親戚や友人に借りたい時の言い訳や理由)

ローンの審査に落ちてしまったり、ワーホリを反対されたりしていなければ、検討するとよいです。また、費用を自分で用意するこだわりがない人にもおすすめです。

相手がお金を持っていれば、すぐに用意してもらえる可能性があります。

ローンを組めても返済額が足りなかったり、ワーホリ中の返済をお願いしたりするくらいなら、最初から出してもらった方がよい場合もあります。

ワーホリの目的や熱意などを相手が納得できるように説明することが重要です。もし、費用を出してもらったなら、感謝の気持ちをしっかり伝えるとよいです。

社会人になって働いてお金を貯めてからワーホリに行く

社会人として働き、十分な資金が貯まった状態でワーホリに行く手もあります。

ワーホリのためにお金を借り、返済するのは大変です。

フリーローンにしろ教育ローンにしろ、融資を受けるには書類を用意し、審査に通らなければなりません。

また、手数料や交換レートで振込額が減る点を考えれば、出国前に返済額を口座に用意しておくのが望ましいです。

しかし、ローンを組むくらいお金に困っているなら、事前に準備するのは難しいと考えられます。

現地で口座を開設して送金する方法もありますが、見知らぬ地での口座開設はハードルが高いです。

費用をあらかじめ用意できれば、さまざまな手間を省けるばかりでなく、ワーホリ中に借金で頭を悩ませる必要もなくなります。

充分な金額を貯めるまでには時間がかかりますが、誰にも迷惑はかかりません

ワーホリのお金を借りる時の注意点

ワーホリ目的で借り入れする際は、通常とは違う点に気をつけなければなりません。

まず、返済が始まる時期に注意が必要です。ワーホリの後か、借り入れ翌月にスタートするかで返済計画が変ってきます。また、どんな返済計画を立てるにしろ、現地で得た収入に期待するのはおすすめできません。外国で思ったような金額が得られるとは限らないためです。

そもそも、ワーホリ目的で受けられる奨学金はほとんどありません。留学目的に借りると良いです。

審査に通り、融資を受けることになったなら、返済方法にも気をつけた方がよいです。選択をミスると余計な手間と手数料がかかります。

ちなみにお金に困ったら、日本大使館でお金を借りれるのではないかという考えは、持ってはいけません。

これからワーホリ目的の借り入れをする方や、すでに融資を受けている方には参考になる内容です。

返済スタート時期に注意しておく

ローンによって、返済が始まる時期が異なります。そのため、ワーホリ後に返済するのか、借り入れした翌月から返すのか確認が必要です。

たとえば、日本政策金融公庫の「国の教育ローン」では、融資を受けた日の翌月か翌々月から返済が開始します。(参考:よくあるご質問 国の教育ローンのご利用をお考えの方|日本政策金融公庫)

しかし、就学中は元金の返済を据え置くことが可能です。利子のみ返せばよいので、留学中の負担を減らせます。

ローンの返済が始まる時期は、各金融機関のホームページや電話で確認できます。

返済計画は借入先によって変えた方がよいです。

現地で働いたお金をあてにして返済計画をたてない

現地で働いたお金でローンの返済をしようと考えている人もいると思います。

しかし、すぐに仕事が見つかる保証はありません

海外では、履歴書を書いたり面接を受けたりするだけでも一苦労です。時間もかかります。

採用されたとしても、語学力が低かったり、職歴がなかったりすると安い賃金で働かされる可能性があります。

日本と同じような時給、給料で働けるとは限りません。

また、思わぬ出費が必要になったり、病気やけがで急に働けなくなったりする可能性もあります。

現地での収入だけをあてにするのではなくお金を使わない生活を実践し、出国前から余裕のある返済計画を立てるのがおすすめです。

ワーホリ資金で使える奨学金はない

ワーキングホリデーは、あくまでも休暇が目的の渡航です。そのため、利用できる奨学金はほとんどありません。(奨学金を借りる方法!借りたい人が知っておくべき借り方・種類・条件など解説)

独立行政法人日本学生支援機構では「海外留学のための貸与奨学金(返済必要)」が設けられています。

しかし、留学支援が主な目的のため、ワーホリには利用できません。

ただし、自治体や大学などが行っている奨学金の中には、ワーホリでも利用が可能な場合があります。

また、ワーホリ中に学校に通ったり、最初に留学したりするのであればお金を借りられる可能性があります。

ワーホリのためにお金を借りる際は、認められた使い道を確認した方がよいです。

返済方法も考えておかないと手間がかかり手数料もかさむ

大半の銀行では、海外からの直接振り込みによるローンの返済ができません

そのため、海外に滞在しているときに返済するには、現地で口座を開設し、日本の口座にお金を入れる必要があります。

しかし、不慣れな地で口座を開設するのは手間がかかります。必要な書類を揃えたり、現地の銀行に出向いて外国語でコミュニケーションを取ったりしなければいけません。

また、海外の口座からお金を送金すると、以下の4つの手数料が引かれます。

  • 送金手数料
  • 受取手数料
  • 中継銀行手数料
  • 為替手数料

実際に入金した金額より低くなってしまうため、思うように返済できない可能性があります。

ワーキングホリデーとは?

ワーキングホリデーとは、日本と協定を結んだ外国で休暇を目的に長期滞在できる制度です。

申請し、専用の査証を発給された方が利用できます。

大きな特徴は、観光ビザよりも自由度が高い点です。就学や観光だけでなく、滞在期間中の旅費や滞在期間を補うための就労が認められています

そのため、現地の文化や一般的な生活様式をより一層理解することが可能です。また、語学の急速な上達も期待できます。

ワーキングホリデーに申し込みできるのは、査証申請時の年齢が18~30歳の方です。ただし、オーストラリアやカナダなど一部の国では年齢の上限が低いです。

また、年齢制限をクリアしていれば誰でも申し込めるわけではありません。

子どもや被扶養者を同伴しないことや健康であることなど、一定の条件を満たしている必要があります

さらに、ワーキングホリデーは1度しか利用できないので注意が必要です。

ワーキングホリデー制度が使える国

令和5年3月1日現在、 ワーキング制度が利用できる国は以下の27か国・地域です。

  1. オーストラリア
  2. ニュージーランド
  3. カナダ
  4. 韓国
  5. フランス
  6. ドイツ
  7. 英国
  8. アイルランド
  9. デンマーク
  10. 台湾
  11. 香港
  12. ノルウェー
  13. ポルトガル
  14. ポーランド
  15. スロバキア
  16. オーストリア
  17. ハンガリー
  18. スペイン
  19. アルゼンチン
  20. チリ
  21. アイスランド
  22. チェコ
  23. リトアニア
  24. スウェーデン
  25. エストニア
  26. オランダ
  27. ウルグアイ

(参考:ワーキング・ホリデー制度|外務省)

意外にも、留学先で人気の高いアメリカやフィリピンとは取り決めを交わしていません。両国では、ワーキングホリデー制度は利用できないので、注意が必要です。

ワーキングホリデーに必要な費用・相場やどんな項目がある?

ワーキングホリデーにかかる費用は100~200万円が相場です。

しかし、滞在する国や地域の物価や賃金などによって大きく変わるため、一概には言えません

現地で職に就けるか、学校に通うかでも必要な金額は異なります。

そのため、相場の最低金額を用意しても足りない可能性はあります。

ワーキングホリデーに必要な費用の項目は、以下の通りです。

  • パスポート申請費
  • ビザ申請費
  • 渡航費
  • 海外留学保険料
  • 学費
  • 生活費

海外では、すりや食事が合わないことによる体調不良など、いつ何が起こるか分かりません。可能な限り多くのお金を用意しておくことがおすすめです。

フランスでかかる費用例

フランスでワーホリをするための費用は、年間200万円程度が目安です。

フランスでは、ワーキングホリデービザの申請料がかかりません。しかし、申請時に3100ユーロ(45万円程度)の残高証明書を提出する必要があります。

また、海外旅行保険加入証明書の提出も必須です。フランスに入国してから1年間有効な保険でなければならないため、20万円程度が必要になります。

パリに住む場合は、物価が高いため、さらに費用がかかります。

仕事のチャンスは多いですが、家賃や生活費が高額になりやすいです。もし、費用を抑えたいなら、自炊を心がけたり、地方都市に住んだり、シェアハウスを検討したりするとよいです。

イギリスでかかる費用例

イギリスでワーホリをする場合の費用の目安は、以下の通りです。

  • 半年程度なら約130~250万円
  • 1年程度なら約200~300万円

イギリスで6カ月以上ワーホリする場合、イギリスの国民健康保険(NHS)への加入が必須です。

ビザ申請時に加入するため、それまでに費用を用意しなければなりません。

料金は、年間で470ポンド(8万円程度)かかります。2年間の場合は940ポンド(16万円程度)必要です。

(参照:Pay for UK healthcare as part of your immigration: How much you have to pay-GOV.UK)

ワーホリでお金を借りる時によくある質問

ワーホリは何円くらいかかりますか?

ワーホリするのに必要な金額は、100万~200万円が一般的です。

しかし、滞在する国や地域によって物価や賃金が異なります。また、就職先が見つかるか、学校に通うかによっても必要な金額に差が出るため、一概にはいえません

そのため、相場の費用を用意しても足りない場合があります。

海外では何が起こるかわからないため、できるだけ多くのお金を用意しておいた方がよいです。

ワーホリでお金を借りる時の上限はいくらですか?

借金の限度額は、融資先によって異なります。(お金を借りられる限度額はいくらまで?)

たとえば、日本政策金融公庫の教育一般貸付では最大450万円借りられます。

みずほ銀行の「みずほ銀行教育ローン」や三井住友銀行の「教育ローン」なら、300万円が限度額です。

しかし、審査によって希望の借入金額より少なくなる可能性があります。

また、親や祖父母などからお金を借りる場合は、人によって限度額が異なります。相手の状況を伺いつつ、相談するとよいです。

ワーホリで借りたお金を返済できないとどうなりますか?

返済日を過ぎると、遅延損害金が発生します。

借入先によって異なりますが、日本政策金融公庫の国の教育ローン場合は年率8.70%です。

また、借金を返済できないと、信用情報に傷が付きます。

そのため、記録が残っている間は、新しくクレジットカードを作ったり、別のローンを組んだりすることができにくくなります。(クレジットカードの支払いに遅れるとどんなデメリットがあるの?強制解約になるまでの流れを紹介)

返済できそうにないと分かったら、借入先に相談するとよいです。

理由や今後の返済計画によっては、一時的に返済額を緩めてもらえる可能性があります。

ワーホリで国の教育ローンは使えますか?

日本政策金融公庫の「教育一般貸付」では、海外留学への融資も行っています

対象となるのは以下の場合です。

就業年限3カ月以上の外国教育施設に留学する場合

(引用:教育一般貸付(国の教育ローン)|日本政策金融公庫)

そのため、現地で語学学校や大学などに3カ月以上通えば、借り入れできる可能性があります。

ただし、あくまでも留学目的のため、融資を受けられない場合もあります。

その際は、留学した後ワーホリに変えるとよいです。

ワーホリで使える補助金はありますか?

ワーホリに利用できる補助金はほとんどありません

しかし、留学目的なら借り入れできる融資先があります。

たとえば、日本政策金融公庫の「教育一般貸付」や三井住友銀行の「教育ローン」などです。

そのため、お金を借りたいなら、まずは留学し、後にワーホリに切り替える方法があります。

また、フリーローンなら使い道が自由なため、ワーホリ目的でもお金を借りられる可能性があります。

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ【ランキングの根拠
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

1位 プロミス


SMBCグループ

審査⇒借入まで最短3分即日借りられる!(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
●瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で口座振込可。在籍確認は原則電話なし!郵送物なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)
↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
✅申込~融資/最短3分※土日祝も当日
  (申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
✅原則在籍確認の電話なし
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即日振込も可
✅コンビニATMでも借りられる
✅最低返済額は1,000円~
審査が不安な人は1秒診断後に申込を。
\申込も簡単「プロミス」借りるまで最短当日/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

2位 アイフル

郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから内緒で借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査もWEB申込なら最短20分。(平日~土日祝でも当日可能)
\金利3.0~【借り換え可】/
↓無利息期間30日間あり【人気上昇中】↓

↑【審査通過のコツ】①記入ミス・書類不備に気を付ける ②希望額は必要な分だけにする ③ウソは書かない

3位 アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。土日祝でも最短20分で即日借りられます。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。(原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施)
\原則電話なし郵送物なしでバレない/

↓返済は35日ごと:返済額1,000円~・借り換え可↓

4位 レイク
\融資まで最短25分・在籍確認は原則連絡なし/
審査が不安な方は簡易診断【最大60日間無利息】
特別枠 特徴※各銀行口座がなくても利用可能
>>auじぶん銀行
カードローン
auユーザーに
おすすめ
>>みずほ銀行
カードローン
みずほ銀行の口座を
お持ちの方におすすめ
>>楽天銀行
スーパーローン
楽天サービスを
お使いの方におすすめ

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








この記事の監修者 山口みき
自己紹介 金融WEBメディア運営・管理経験(3年以上)を活かし「お金借りる今すぐナビ」の編集・監修を担当。FP技能士貸金業務取扱主任者・クレジット債権管理士の資格取得にも前向きに取り組んでおり、借り入れに関する疑問や不安に応えるため、常に正確で専門的な情報提供に努めています。
事業所 トイントサロン
Twitter @okanekariruima
YouTube お金借りる今すぐナビ – YouTube
お問い合わせ 下記フォームよりお問い合わせ下さい。
フォーム
関連ページ
どこでお金を借りる?

年金受給者がお金を借りる方法全て!年金を担保に借りたい時に最善の借り入れ方

2020年3月2日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
既に年金生活がスタートしている人も、安心できる老後が約束されているわけではありません。医療費、入院費や自宅のバリアフリー費用など、年齢を重ね …