基礎知識

200万円借りたい!おすすめの方法や借りる時の注意点・返済シミュレーション等解説

200万円借りたいときは、使い道が決まっていれば目的ローン、使い道が決まっていなければフリーローンを利用しようとする人もいますが、これらは審査結果までに時間がかかってしまいます

そのため、200万円借りるなら即日融資に対応しているカードローンがベターです。

カードローンには消費者金融と銀行の2種類がありますが、消費者金融カードローンは総量規制があるため、200万円借りるなら年収が最低でも600万円必要になります。

これに対して、銀行カードローンは年収による上限規制はない上、低金利で利用することができます。

もっとも、年収は多いほうが審査通過できる可能性が高まるため、収入が少ないパートやアルバイトよりも収入が安定している正社員であることが望ましいです。

なお、カードローンは性質上、返済期間が長くなってしまうため、金利や最低返済額などを比較して利息の支払いが少ない融資会社を利用するのが得策です。

この記事でわかること
  • 200万円借りるなら低金利の銀行カードローン
  • カードローンなら最短即日で200万円借りられる
  • 消費者金融で200万円借りるなら600万円以上の年収必須
  • 安定収入がある正社員が200万円借りれる可能性が高い
  • 200万円借りるなら比較して利息負担が少ない業者を選ぶ
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
18歳・19歳以下の方:収入証明書の提出が必須です。※高校生は申込不可(高専生・定時制含む)

―――――――
プロミス ※最短即日借りられる ↓原則在籍確認の電話なし↓
\初めてなら30日間無利息/

SMBCグループの安心感『プロミス』

簡単申込のプロミス!借りるまで最短当日 ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
アコム ※最短当日借りられる 35日毎の返済可:返済額1,000円~
\21時迄の審査申込で最短即日借りられる/

↓最新版ランキング↓

>>この記事の監修者情報

【目次】このページ先読み

200万円借りたい!借りる方法は3つ

200万円を借りたいときに利用できるローンは以下の3つです。

200万円借りる方法
  • カードローン
  • フリーローン
  • 目的別ローン

どのローンを利用すべきかは個々の状況によって変わってくるため、一概には言えませんが、低金利で利用できることが多いのは目的別ローンです。(低金利でお金を借りる方法)

しかし、目的別ローンは必要金額以上が借りられないため、自分の懐にお金は入ってきまん。

余裕をもってお金を借りるならフリーローンが適していますが、追加融資を受けることはできません

カードローンを利用すれば、限度額内で必要に応じて追加借入ができるため、返済途中に資金不足になっても対応することができます。

また、カードローンは即日融資に対応しているため、申し込んだ当日に借り入れをすることもできます。

このように、ローンにはそれぞれメリットデメリットがあるため、自分に合った方法で200万円を借りるのが得策です。

カードローン

カードローンはローンカードを使ってATMやインターネットで利用できる借入方式です。

極度方式貸付のため、一度契約をすれば限度額を超えない限り、繰り返し借り入れができるのが特徴です。

カードローンは必要なときに必要な金額を自由に借り入れができる。

カードの発行元によって銀行カードローンや信販カードローン、消費者金融カードローンに大別され、銀行カードローンは低金利ですが、審査に時間がかかる場合があり、即日融資を受けられないことがあります。

これに対して、消費者金融カードローンは金利は高い傾向にありますが、申し込む時間帯によるものの、即日融資に対応しているため、急な出費にも安心です。

なお、最近はローンカードがないカードローンもありますが、ATMでの借り入れができない金融機関があるなどの問題もあります。

フリーローン

フリーローンは借入金の使い道が限定されておらず、自由に使うことができる借入方法です。

証書貸付と呼ばれる契約方式を採用しているため、契約途中に追加融資を受けることはできず、お金が必要になったときは再び審査を受けなければなりません

フリーローンは借り入れを希望するたびに審査が必要。

カードローンよりは金利が低いですが、目的別ローンよりは金利が高い傾向にあるため、必要な金額が未確定な場合の利用に適しています。

カードローンが小口融資であるのに対し、フリーローンはある程度まとまった金額を借りるときに利用されるため、審査に時間がかかり、即日融資を受けられないことが多いです。

そのため、フリーローンを申し込むときは時間的な余裕を持つことが大切です。

目的別ローン

目的別ローンは自動車ローンや教育ローンのように、資金使途が限定されたローンです。

審査には申込金額の根拠となる見積書や請求書などの書類を提出しなければならないため、使い道と金額が確定していることが条件となります。

目的別ローンは借入金額を証明する書類が必要。

そのため、金銭的な余裕を持って借り入れができず、手元にお金は残りません

手元にもお金が必要なときは、カードローンやフリーローンを利用することになります。

フリーローンよりも低金利で利用できることが多いですが、目的物が担保(所有権留保)となることもあるため、返済途中は自由に処分ができない場合があります。

どうしても200万円借りたい時はカードローンがおすすめ

200万円を借りるのに最適なのはカードローンで、その理由は以下のとおりです。

200万円借りる時にカードローンがおすすめされる理由
  • 早ければ当日にお金を受け取れる
  • 200万円借りるなら金利も安い
  • 必要書類も少なく済む

カードローンは申し込みから融資実行までの時間が早いため、申し込んだその日に融資実行まで完了させることもできます。

ただし、あくまで最短の場合であり、審査状況や申し込んだ業者が即日融資に対応していない場合は、当日の利用は不可能です。

カードローンはフリーローンの中では金利が高いほうですが、上限額によって金利は変動するため、200万円の利用であれば低金利で利用できる可能性があります。

また、一般的に申込金額が高額になると多くの必要書類を提出することになりますが、カードローンは基本的には本人確認書類と収入証明書だけで申し込みすることができます。

最短即日融資で200万円を借りることができる

200万円を融資するとなると、金融機関や貸金業者はリスクを踏まえて慎重な審査を行って然るべきです。

そのため、審査結果が出るまでに数日から1週間程度かかることもあり、今すぐ200万円が必要なときに対応できません。

しかし、即日融資をしているカードローン業者に申し込めば、最短で申し込んだ当日に200万円を手にすることができます。

カードローンは原則無担保無保証ローンであり、申込者が審査基準を満たしているかで融資の可否を判断するため審査が早く、最短30分ほどで結果が出ます。

ただし、銀行カードローンには即時融資を行っていないところもあるため、申し込み前に確認が必要です。

200万円借りるなら銀行カードローンと消費者金融カードローンはどっちがおすすめ?

カードローンは取扱業者によって、銀行カードローンや消費者金融カードローンなどにわかれますが、200万円借りるなら銀行カードローンがおすすめです。

200万円借りる時に銀行カードローンがおすすめな理由
  • 総量規制の影響を受けない
    (年収の3分の1以上借りれる)
  • 金利が低いため返済の負担を減らせる
  • 300万円やそれ以上借りたい時にも対応可能

消費者金融カードローンは総量規制の対象となるため、600万円以上の年収が必要になりますが、銀行カードローンは総量規制の対象外であり、高年収ではなくても借り入れができる可能性があります。(消費者金融と銀行の違い)

そのため、200万円を超えて300万円や500万円以上の高額利用も検討することができます。

金利については、カードローンは限度額に応じて金利が下がるようになっていますが、銀行カードローンは消費者金融カードローンより上限金利が低いです。

したがって、銀行カードローンのほうが設定される金利が低い傾向があり、返済金額も抑えることができます

200万円借りる時は本人確認書類・収入証明書が必要

カードローンを借りるときに必ず必要になるのは本人確認書類ですが、200万円を借りるときは収入証明書も必要になります。

本人確認書類や収入証明書として提出できる書類は以下のとおりです。

200万円借りる時の
主な本人確認書類
200万円借りる時の
主な収入証明書
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・個人番号カード
・住民基本台帳カード
・源泉徴収票
・課税証明書
・住民税決定通知書
・納税証明書(その1・その2)
・確定申告書(第1表・第2表)

本人確認書類は1点のみの提出でいい融資業者が多いですが、2点提出を求めるところもあるため、事前に確認して書類不備にならないように注意が必要です。

また、健康保険証は顔写真がついていないため、追加書類を求められることがあります。

収入証明書は給与所得者と個人事業主で提出できる書類が異なり、給与所得者は源泉徴収票または課税証明書、住民税決定通知書が提出でき、個人事業主は納税証明書または確定申告書となります。

200万円借りたい時におすすめの銀行カードローン6社を比較

200万円借りるときにおすすめの銀行カードローンは次の6社です。

200万円借りる時におすすめな銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • みずほ銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン
  • オリックス銀行カードローン
  • 横浜銀行カードローン

200万円も利用すれば支払う利息は大きく変わってくるため、カードローンを申し込むときに一番気をつけるべきは金利です。

カードローンの金利は限度額によって変動するため、金利が少しでも低い銀行を選ぶと負担を抑えることができます。

ほかに注意するべき点は融資実行までの時間と郵便物の有無です。

多くの銀行が最短即日での借り入れができますが、銀行によっては対応していないところもあるため、申し込み前に確認する必要があります。

また、銀行からの郵便物であっても、郵便物が届くと家族にバレる可能性があるため、家族に内緒で利用したいときは郵便物が届かないところを選ぶのが賢明です。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
限度額 500万円
金利 年1.8%〜年14.6%
申込条件 ・年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さま
・保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられるお客さま
・原則安定した収入があるお客さま
審査時間 最短即日
融資までのスピード 最短即日
在籍確認 原則電話での在籍確認あり
郵送物の回避 テレビ窓口でカード受け取りで可能

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は限度額500万円に対して、下限金利が年1.8%と低いため、低金利で利用できる可能性が高いカードローンです。

審査結果は最短当日に回答がありますが、平日は9時から21時まで、土日祝日は9時から17時までしか回答はなく、それ以降も申し込みできますが、審査結果は翌営業日以降になります。

原則、電話で在籍確認があるため、勤務先へ連絡はありますが、自宅への郵便物はテレビ窓口でカードを受け取れば届かないものの、運転免許証が必要です。

三菱UFJ銀行の口座がなくても申込可能で、三菱UFJ銀行ATMだけではなく、コンビニに設置されているセブン銀行ATMやローソン銀行ATM、イーネットATMも手数料0円で借り入れや返済ができます。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
限度額 800万円
金利 年2.0%~年14.0%
申込条件 ・カードローン契約時の年齢が満20歳以上66歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方
・保証会社の保証を受けられる方
審査時間 最短当日
融資までのスピード 最短当日
在籍確認 原則電話での在籍確認あり
郵送物の回避 WEB申し込みなら可能

みずほ銀行カードローンは、限度額が800万円と高額利用も検討できるカードローンです。

しかし、上限金利は年14.0%と低いですが、下限金利は年2.0%と高いため、高額利用に向いているとは言えません。

最短当日に融資実行まで至ることができますが、みずほ銀行ですでに普通預金口座を開設しており、「キャッシュカード兼用型」を申し込んだ場合に限ります。

口座を開設していない場合は、口座開設を同時に申し込むことになるため、ローンカードなどの郵便物が届きます

コンビニATMの利用手数料が無料になるためには条件がありますが、カードローンの借入残高があれば条件を満たすことができ、月3回までの利用であれば無料で利用することが可能です。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン
限度額 800万円
金利 年1.5%~年14.5%
申込条件 ・お申込時満20歳以上満69歳以下の方
・原則安定したご収入のある方
・三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
審査時間 最短当日
融資までのスピード 最短当日
在籍確認 原則電話での在籍確認あり
郵送物の回避 ローン専用カードを郵送で受け取らない限り可能

三井住友銀行カードローンは下限金利が年1.5%と低く、限度額が800万円もあるため、高額利用に適したカードローンです。

最短当日に借り入れできますが、審査結果の回答時間は9時から20時までのため、時間帯によっては審査結果が翌日以降になることもあります。

カードローンですが、専用のローンカードを発行しないカードレスも選ぶことができるため、毎月遅れずに返済している限り自宅に郵便物が届くことはありません

ただし、カードレスを選択したときはATMでの利用ができないため、借り入れや返済などはすべてインターネットからしか手続きができない点に注意する必要があります。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン
限度額 800万円
金利 年1.9%~年14.5%
申込条件 ・満年齢20歳以上62歳以下の方
・お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
・楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる方
審査時間 最短当日
融資までのスピード 最短当日
在籍確認 原則電話での在籍確認あり
郵送物の回避 不可能

楽天銀行スーパーローンは、楽天会員のランクに応じて審査優遇を受けることができるカードローンです。

年1.9%~年14.5%と平均的な金利ですが、新規会員限定で期間限定の金利優遇キャンペーンを行っていることもあり、通常金利の半額で借り入れができることもあります。

また、配偶者に安定した収入があれば、無収入の専業主婦も申し込みできます

楽天銀行はネット銀行であり、店舗や専用のATMがなく、ローンカードが必ず郵送されてくるため、郵送物なしで借り入れをすることはできません

なお、申し込みのときに「振込融資ご希望金額」に金額を入力しておくと、ローンカード受け取り前に借り入れができます。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン
限度額 800万円
金利 年1.7%~年14.8%
申込条件 ・お申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満である方
・原則毎月安定した収入のある方(専業主婦(主夫)の方は除く)
・オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方
審査時間 速やかな審査に努めていますと記載
融資までのスピード ローンカード受け取り以降のため数日以上
在籍確認 原則電話での在籍確認あり
郵送物の回避 不可能

オリックス銀行カードローンは追加負担なしでガン保障特約付きプランも選択できる、付加価値を備えたカードローンです。

限度額は800万円で、金利は年1.7%~年14.8%、専業主婦(主夫)も申し込みはできますが、本人に収入があることが条件となっています。

具体的な審査時間を明言していないため、審査にどのくらいの時間がかかるか不明です。

借り入れはローンカードを受け取って利用登録を済ませてからのため、借り入れまでに1週間程度かかる可能性があることを覚悟しておく必要があります。

はじめて申し込む人は、契約日の翌日から30日間無利息サービスを受けることができます。

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン
限度額 1,000万円
金利 年1.5%~年14.6%
申込条件 ・ご契約時満20歳以上69歳以下の方
・安定した収入のある方、およびその配偶者
・保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス(株))の保証が受けられる方
審査時間 最短即日
融資までのスピード 最短即日
在籍確認 原則電話での在籍確認あり
郵送物の回避 不可能

横浜銀行カードローンは限度額が1,000万円の高額利用が可能なカードローンです。

ただし、ほかのカードローンの限度額である500万円の金利は年4.5%、800万円では年3.0%と低金利とは言えません

横浜銀行は地方銀行のため地域が限定されており、神奈川県及び東京都全域、群馬県の前橋市、高崎市、桐生市に居住している人が対象です。

ローンカードが郵送されてきますが、カード受け取り前に借り入れできるため、最短即日で利用することができます。

横浜銀行の口座がなくても申し込みできますが、契約には口座開設が条件となるため、スマホアプリなどで口座開設手続きが必要になります。

低金利で200万円借りたい!利息を徹底比較

200万円を借りるなら負担を少なくするために、低金利で利用したいと考えるのは当然です。

以下の6社の銀行カードローンを比較して、低金利で利用できるところを紹介します。

銀行カードローン 金利 限度額
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年1.8%〜年14.6% 500万円
みずほ銀行カードローン 年2.0%~年14.0% 800万円
三井住友銀行カードローン 年1.5%~年14.5% 800万円
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~年14.5% 800万円
オリックス銀行カードローン 年1.7%~年14.8% 800万円
横浜銀行カードローン 年1.5%~年14.6% 1,000万円

下限金利から言えば、三井住友銀行または横浜銀行の利用が最適ですが、金利は設定範囲の中から限度額と審査によって決定されます。

限度額200万円の金利が最も低いのは年9.0%のみずほ銀行で、限度額で金利が決まるため、審査によって変動することはありません。

審査次第で低金利になる可能性が高いのは楽天銀行オリックス銀行です。

楽天銀行は会員ランクで金利優遇されて最大で年3.9%まで金利が下がり、オリックス銀行は審査によって年5.0%まで下がります。

銀行カードローンで200万円借りた時の最低返済額はいくら?

銀行カードローンで200万円借りたときの毎月の最低返済額は以下のとおりです。

銀行カードローン 毎月の最低返済額
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 40,000円
みずほ銀行カードローン 20,000円
三井住友銀行カードローン 25,000円
楽天銀行スーパーローン 30,000円
オリックス銀行カードローン 25,000円
横浜銀行カードローン 30,000円

このように、銀行によって20,000円~40,000円と開きがあります。

最低返済額が少額であれば毎月の負担が少ないため、完済に至るまでに返済不能になる可能性は低くなります。

一方で、金利との兼ね合いもあるため一概には言えませんが、少額の最低返済額は返済が長期化してしまい、返済総額が高額になる可能性が高いです。

そのため、200万円借りるときは、最低返済額が低い銀行を選んで毎月の負担は抑えつつ、ボーナスや家計に余裕があるときは随時返済をするのが得策です。

随時返済は毎月の返済に追加して支払うものであり、支払った金額はすべて元金に充当されるため、将来発生する利息を減らすことができます。

銀行カードローンで200万円借りた時の返済シミュレーション

銀行カードローンで200万円を借りたときの返済総額は以下のとおりです。

銀行カードローン 最低返済額 返済回数 利息総額 返済総額
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 30,574円 120回 1,668,773円 3,668,773円
みずほ銀行カードローン 25,657円 120回 1,053,194円 3,053,194円
三井住友銀行カードローン 28,694円 120回 1,443,207円 3,443,207円
楽天銀行スーパーローン 32,160円 120回 1,826,828円 3,826,828円
オリックス銀行カードローン 30,067円 120回 1,577,829円 3,577,829円
横浜銀行カードローン 27,931円 120回 1,323,651円 3,323,651円

なお、返済回数は120回で固定し、金利は適用される最大の金利と仮定した結果であり、実際の返済総額と異なります。

特に、カードローンは残高スライドリボルビング方式を採用しているところが多く、借入残高に応じて最低返済額が変動します。

そのため、返済金額が減少していくにつれて返済回数が増えていき、返済総額が膨れ上がる仕組みになっているため注意が必要です。

無理なく返済していくために最低返済額で毎月支払うことも大切ですが、余裕があるときは最初の最低返済額で支払うことで、利息の負担を減らすことができます。

200万円借りたい時におすすめの消費者金融カードローン

銀行カードローンより金利は高くなるものの、消費者金融カードローンでも200万円を借りることは不可能ではありません。

おすすめの消費者金融5社を紹介します。

200万円借りる時におすすめの消費者金融カードローン
  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • レイク

消費者金融カードローンを利用するときは総量規制があるため、年収の3分の1を超える借り入れはできません。

借入希望額の3倍以上の年収が必要になるため、最低でも600万円の収入が必要になります。

また、銀行カードローンと異なるのは、SMBCモビットを除く大手消費者金融には無利息サービスがあることです。

ほとんどは30日間ですが、1ヶ月程度の利息の支払いがなくなるため、200万円の利用では大きな違いになります。

ただし、適用期間の起算日が契約日の場合と初回借入日の場合があるため、事前に確認してサービスをもれなく享受できるようにしておくのが得策です。

プロミス

プロミス
限度額 500万円
金利 年4.5%~年17.8%
申込条件 ・年齢18~74歳のご本人に安定した収入のある方
審査時間 最短3分
融資までのスピード 最短20分
在籍確認 原則電話での在籍確認あり
郵送物の回避 可能
無利息期間 初回お借入の翌日から30日間

プロミスはSMBCグループに属する消費者金融です。

審査状況によって変わるものの、審査結果が最短3分で回答されることに加えて、インターネット振込で借り入れをすれば最短10秒で融資が実行されるため、スピーディーな利用ができます。

公式アプリを用いて手続きを完結させるアプリローンで利用すれば、郵便物が届くことなく借り入れから返済までできるため、家族バレを防ぐことができます。

無利息期間は30日ですが、初回借入日の翌日から適用されるため、借り入れをしない限りサービス期間を消費することはありません。

ただし、無利息サービスを受けるためにはメールアドレスの登録とWEB明細の利用登録が必要になります。

アコム

アコム
限度額 800万円
金利 年3.0%~年18.0%
申込条件 ・お申し込み時に20歳以上の方
・安定した収入と返済能力を有する方
・当社基準を満たす方
審査時間 最短20分
融資までのスピード 最短20分
在籍確認 原則電話での在籍確認あり
郵送物の回避 可能
無利息期間 契約日の翌日から30日間

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループに属する消費者金融です。

申込条件の年齢制限に上限規定がないため、高齢であっても申し込みはできますが、年収が低いため高額の利用は難しいと言わざるを得ません。

公式アプリを利用すれば一切の手続きがスマホで完結でき、必要書類の提出もスムーズにできるため、ダウンロードするのが得策です。

無利息期間が30日間ありますが、契約日の翌日からサービス期間がスタートするため、借り入れをしないまま期間が終了してしまうと、恩恵を受けることはできなくなります。

なお、はじめての契約者全員が対象であるため、無利息サービスを受けるにあたって特別な手続きは必要ありません。

アイフル

アイフル
限度額 800万円
金利 年3.0%~年18.0%
申込条件 ・満20歳以上69歳までの方
・定期的な収入と返済能力を有する方
審査時間 最短20分
融資までのスピード 最短20分
在籍確認 原則電話での在籍確認あり
郵送物の回避 可能
無利息期間 ご契約日の翌日から30日間

アイフルはどの銀行グループにも属していない独立したノンバンクの消費者金融です。

WEBや公式アプリから申し込みをすれば自宅への郵便物を回避することができますが、本人確認の方法によっては郵便物が送られてくることがあります。

ただし、アイフルの社名が記載されることはないため安心です。

最短20分で借り入れできますが、初回は銀行登録手続きがあるため振込融資は時間がかかるため、スマホアプリを使ってローソン銀行やセブン銀行を利用するのが得策です。

無利息期間が30日ありますが、契約日の翌日から適用されるため、0円で利用したいときは適用期間内に利用しなければなりません。

SMBCモビット

SMBCモビット
限度額 800万円
金利 年3.0%~年18.0%
申込条件 ・年齢満20歳以上74歳以下の安定した定期収入のある方
審査時間 最短30分
融資までのスピード 最短30分
在籍確認 原則電話での在籍確認あり
郵送物の回避 可能
無利息期間 なし

SMBCモビットは三井住友フィナンシャルグループに属する消費者金融です。

74歳以下であれば高齢者でも申し込みできますが、年金だけしか収入がない場合は対象外となるため、年金受給者はほかに収入があることが条件となります。

審査結果までが最短30分と、ほかの大手消費者金融と比べて審査時間が若干長いことに注意が必要です。

WEBや公式アプリでの申し込みであればカードレスで利用することができますが、ローンカードはローン契約機または郵送で受け取ることになります。

大手消費者金融のうち、SMBCモビットだけ無利息期間がないため、利用した日数分の利息はすべて支払わなければなりません。

レイク

レイク
限度額 500万円
金利 年4.5%~年18.0%
申込条件 ・満20歳以上70歳以下の方
・安定した収入のある方
審査時間 最短25分
融資までのスピード 最短25分
在籍確認 原則電話での在籍確認あり
郵送物の回避 可能
無利息期間 60日間または180日間から選択可能

レイクはSBI新生銀行グループに属する消費者金融です。

仮審査結果が最短15秒で回答されるため、今すぐ借りれるかどうか知りたい人にとっては非常に助かるサービスとなっています。

無利息期間がWEBからの申し込みであれば契約日の翌日から60日間、または5万円まで契約日の翌日から180日間のいずれかから選択できます。

どちらのサービスを適用したほうがいいかは、利用する金額や状況によって異なりますが、200万円を借りるときは60日間のほうがベターです。

なお、電話で申し込んだときは、適用期間が半減して契約日の翌日から30日間となるため、WEBから申し込むのが賢明です。

消費者金融カードローンで200万円借りる時の注意点

消費者金融カードローンは銀行カードローンよりも審査通過率が高いため、銀行の審査が通らなくても利用できる場合があります。

しかし、消費者金融カードローンを利用するときは、以下のことに気をつける必要があります。

  • 金利
  • 総量規制
  • 信用情報

銀行カードローンと比べて金利が高くなる傾向があるため、毎月の負担が大きくなり、返済が厳しくなる可能性があります。

また、銀行にはない年収によって借り入れを制限する総量規制があるため、年収は最低600万円なければ200万円を借りることはできません。

さらに、金融事故によって信用情報がブラックになっている場合は、審査通過が非常に厳しくなります。

金利(利息)が高いため返済が難しくなる

消費者金融カードローンは、銀行カードローンと比較すると金利が高い傾向にあります。

銀行カードローンの上限金利が年14.0%台であるのに対して、消費者金融カードローンの上限金利は年18.0%です。

短期返済の場合、4%程度の金利差で大きな違いはありませんが、カードローンは返済途中に追加借入ができるため長期返済になりがちで、消費者金融カードローンは支払う利息が増えて返済総額が高額になります。

加えて、カードローンは、借入残高によって返済金額が変動する残高スライド方式が採用されていることが多く、返済が長期化する原因でもあります。

毎月の負担は少額でも長期的な返済となれば、返済が困難な状況に陥る可能性が高まるのは必然です。

年収が600万円以下の人は200万円借りられない(総量規制)

消費者金融カードローンは総量規制の対象となるため、年収や他社借入額によって借入金額が制限されます。

●総量規制とは?

総量規制とは、債務超過にならないように債務者を保護することを目的に、2010年施行の改正貸金業法で創設された、貸金業者からの借り入れを年収の3分の1までに制限する上限規制です。

そのため、消費者金融カードローンで200万円を借りたくても、年収が600万円以上でなければ制度的に不可能です。

もっとも、総量規制には例外貸付や除外貸付があるため、消費者金融からの借り入れであっても利用できる事業者ローンや自動車ローンなどはあります。

しかし、カードローンは総量規制の対象であるため、年収の3分の1を超えて借り入れはできません。カードローンは何社まで借りられるのかを考えるより、総量規制を考える方が重要です。

信用情報に傷がついている人(ブラック)への融資は難しい

これまでの借り入れで以下のような経験がある人は、信用情報に傷がついている可能性があります。

●信用情報に傷がついている人の特徴

  • 61日以上または3ヶ月以上支払いを滞納した
  • 裁判所から破産を宣告された
  • 保証会社による保証履行を受けた
  • 債務整理を受けた

(参照:CIC「信用情報開示報告書」)

長期的な延滞や借金を何らかの手続きで処理をすると、信用情報に異動情報が登録されます。

異動情報は一度登録されると最低でも5年間は抹消されません。

傷がついた状態では審査通過において大きな障害となるため、通称ブラックと呼ばれています。

もっとも、絶対に審査に通らないというわけではありません。

ただし、審査に通らないからといって短期間に複数社に申し込むと、かえって審査に通らなくなる申し込みブラックになるおそれがあります。

そのため、他社に申し込むときは半年以上期間を空けるのが賢明です。

200万円借りることができる人ってどんな人?

200万円借りるためには申込先の定める審査基準を満たす必要がありますが、雇用形態などの属性情報によって審査通過の可能性は以下のように判断できます。

雇用形態
借りる人の属性
200万円借りれる?
正社員・契約社員・派遣社員
アルバイト・パート
専業主婦
無職・ニートの人 ×

200万円の返済期間は長くなるため、融資会社は完済まで安定して支払いができる人に対して融資を行い、少しでも貸し倒れのリスクを下げることを考えます。

返済原資となる給料が安定して支払われる可能性が高いのは、正社員や契約社員などの会社員です。

無論、アルバイトやパートも安定して給料は支払われますが、会社員と比べて毎月の収入は低いため、200万円を完済できるかとなると疑問が残ります。

専業主婦は本人に収入がなくても、世帯収入で返済能力が認められれば利用できる可能性がありますが、無職やニートで配偶者がいない人は返済能力が認められることがないため、利用するのは不可能と言えます。

正社員・派遣社員・契約社員は安定収入があるので借入できる

サラリーマンは給与が保証されていますが、最も安定しているのは正社員です。

正社員は期間の定めがない雇用契約を交わした正規雇用であるため、会社の経営が傾くなどの雇用が継続できない事情がない限り、定年まで安定した収入を得ます。

そのため、正社員に対する融資会社の評価は高いため、200万円を借りれる可能性は高いです。

雇用形態では正社員が最も評価が高い。

なお、会社員には派遣社員や契約社員も含まれます。

しかし、派遣社員や契約社員は労働期間が決まっているため、期間満了後も更新によって雇用が継続される保証がありません。

加えて、正社員より給料が低いことが多いため、融資会社からの評価は正社員に劣りますが、200万円の審査は通過できる可能性があります。

アルバイト・パートで200万円借りたいと思っても実際の融資は難しい

アルバイトやパートは非正規雇用にあたり、雇用の継続が保証されていないため、完済まで安定した収入があることが保証されていません。

さらに、労働時間も会社員と比べて短いことが多く、収入は少ないです。

したがって、アルバイトやパートが200万円を借りるのは、現実的に厳しいと言わざるを得ません。

もっとも、アルバイトやパートでありながら、会社員と同程度の給料をもらう人もいれば、勤続年数が長い人もいます。

このような高条件のアルバイトやパートであれば、200万円の審査に通ることもあるかもしれません。

アルバイトやパートでも高収入や勤続年数が長いなどの条件が揃えば可能性あり。

しかし、高条件のアルバイトやパートは限られているため、ほとんどの場合、審査通過は難しいです。

専業主婦で200万円借りたい時は「配偶者貸付」を利用する

融資会社は返済能力がない申込者に対して融資をすることはありません。

返済能力があると認められるためには安定した収入が必要です。

したがって、収入がない専業主婦(主夫)は原則200万円を借りることはできません

しかし、配偶者がいるときは世帯収入で返済能力があると認められれば配偶者貸付で200万円を借りれる可能性があります。

ただし、配偶者貸付は配偶者の同意が条件となることが多く、夫や妻に内緒で200万円を借りることはできません。

配偶者貸付は原則、配偶者の同意が必要。

もっとも、200万円という金額を借りなければならない状況に陥っているため、夫婦間でしっかり話し合うことが大切です。

無職・ニートの人は200万円借りることはできない

無職やニートの人は200万円はおろか原則借り入れができません

本人に安定した収入があることが求められているため、無収入である以上借り入れはできないということになります。

配偶者がいれば配偶者貸付を利用する方法もありますが、配偶者がいなければ借り入れについては絶望的です。

したがって、無職やニートの人が借り入れをするためには年金収入しかありません。

しかし、年金を安定した収入とみなすかは融資会社に委ねられているため、すべての融資会社で借り入れができるとは限りません。

年金は安定した収入とみなされないことがある。

ただし、年金収入だけで高年収になることはないため、200万円を借りるのは不可能です。

ブラックでも200万円借りたい時はどうする?

200万円が必要でも、ブラックのときは融資会社から借りるのは不可能に等しいため、以下のような方法でお金を準備することになります。

  • 知り合いから借りる
  • 契約者貸付制度で借りる
  • 自宅を担保に借りる

人から借りるときは信用情報を見られることはないため、ブラックでも借りることはできますが、家族や友人など相談しやすい相手から借りることになります。

そのため、返済できないと関係性が崩れてしまいかねないため、融資会社から借りる以上に徹底した返済管理が必要です。

解約返戻金がある生命保険に加入している場合は、契約者貸付制度を利用すれば200万円を用意することができるかもしれません。

また、ブラックでも借りる方法として担保を差し入れる方法があります。

持ち家がある人は不動産担保ローンやリバースモーゲージを利用することで、200万円を借りることも可能です。

親・家族・友人にお金を少しずつ無心して200万円借りる

業者から借り入れができないときは人から借りるしかありません。

しかし、誰彼頼んでも貸してくれるわけではないため、親や家族、親しい友達などの比較的借りれる可能性が高い人に相談することになります。

関係性ができた相手でもお金のことになるとトラブルに発展する場合もあるため、契約書や返済予定表を作成しておくのが効果的です。

なお、200万円を一度に借りると贈与税が発生したり、同じ相手から反復して借りると貸金業法に触れたりする可能性があるため、借りるときは利息の設定や複数人から少しずつ借りるなどの対策が必要です。

人から借りると贈与税の対象や貸金業に該当する場合がある。

いずれにしても、自分を信頼して貸してくれるため、恩を仇で返すことにならないように遅れずに返済しなければなりません。

生命保険の「契約者貸付制度」で借りる

生命保険には、保険を解約したときにそれまで支払った保険料の一部が返金される解約返戻金というものがあります。

終身保険や学資保険などの貯蓄型保険に解約返戻金はありますが、保険料を納めた金額や期間によって受け取れる金額は決まります。

この解約返戻金の7割から9割を借りれるものが契約者貸付制度です。

将来受け取るお金を前借りするようなものであるため、申し込みをすれば審査なしで借りることができます

契約者貸付制度は解約返戻金を担保に借りるため無審査で借りれる。

保険金の支払いが発生したときに相殺でき、保険会社はリスクを負うことがないため、カードローンよりも低金利で借りれることが多いです。

不動産担保ローン・リバースモーゲージで家を担保に200万円借りる

ブラックの人が融資会社からお金を借りるためには、融資会社が背負うリスクを減らす必要があります。

持ち家に住んでいる人は自宅を担保として提供することで、借り入れができる可能性があります。

自宅を担保にしてお金を借りる方法は次の2つです。

  • 不動産担保ローン
  • リバースモーゲージ

不動産担保ローンは住宅ローン返済中でも利用することができますが、貸金業者から借りるときは総量規制の対象となることに注意が必要です。

リバースモーゲージとは契約者が生存しているときは利息のみを支払い、死亡後に自宅を売却して元金を返済するもので、毎月の負担を減らして借り入れができます。

いずれにしても、自宅の評価額を超える金額を借りることはできません。

他人で200万円貸してくれる人はいない!個人間融資・闇金・詐欺には注意

どれだけ200万円が必要であっても、見ず知らずの他人や違法業者から絶対に借りてはいけません

そもそも他人が200万円なんて大金を貸してくれるはずがありません。

個人間融資は闇金や詐欺である可能性が高く、仮に200万円を借りることができたとしても、借りた後は悪質な取り立てや法外な利息などトラブルが絶えなくなります。

正規業者からも知り合いからも借りれないとなると、わらにもすがる思いで手を出してしまいそうになりますが、借りてしまったら最後です。

そのため、自分が借りようとしている相手方が、銀行業や貸金業の登録を受けているか確認してから取引をするのが賢明です。

万が一、悪徳業者と取引をしてしまったときは、気付いた時点で弁護士や警察などに相談して早期解決に向けて行動する必要があります。

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ【ランキングの根拠
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

1位 プロミス


SMBCグループ

審査⇒借入まで最短3分即日借りられる!(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
●瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で口座振込可。在籍確認は原則電話なし!郵送物なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)
↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
✅申込~融資/最短3分※土日祝も当日
  (申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
✅原則在籍確認の電話なし
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即日振込も可
✅コンビニATMでも借りられる
✅最低返済額は1,000円~
審査が不安な人は1秒診断後に申込を。
\申込も簡単「プロミス」借りるまで最短当日/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

2位 アイフル

郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから内緒で借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査もWEB申込なら最短18分。(平日~土日祝でも当日可能)
\金利3.0~【借り換え可】/
↓無利息期間30日間あり【人気上昇中】↓

↑【審査通過のコツ】①記入ミス・書類不備に気を付ける ②希望額は必要な分だけにする ③ウソは書かない

3位 アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。土日祝でも最短20分で即日借りられます。※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。(原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施)
\原則電話なし郵送物なしでバレない/

↓返済は35日ごと:返済額1,000円~・借り換え可↓

4位 レイク
\融資まで最短25分・在籍確認は原則連絡なし/
審査が不安な方は簡易診断【最大60日間無利息】

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








この記事の監修者 山口みき
自己紹介 金融WEBメディア運営・管理経験(3年以上)を活かし「お金借りる今すぐナビ」の編集・監修を担当。FP技能士貸金業務取扱主任者・クレジット債権管理士の資格取得にも前向きに取り組んでおり、借り入れに関する疑問や不安に応えるため、常に正確で専門的な情報提供に努めています。
事業所 トイントサロン
Twitter @okanekariruima
YouTube お金借りる今すぐナビ – YouTube
お問い合わせ 下記フォームよりお問い合わせ下さい。
フォーム
関連ページ
基礎知識

多目的ローンとフリーローンの違いとは?低金利でおすすめの多目的ローン・フリーローン等解説

2023年2月27日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
多目的ローンとフリーローンは、両方とも借り入れる際に厳密な用途の制限などがなく、消費者が自由にお金を使うことができる点が類似しています。  …