基礎知識

お金を借りるデメリットとは?銀行や消費者金融カードローンでお金は借りない方がいいと言われる理由

お金を借りるデメリットは何がある?

お金は借りない方がいいと言われるけど理由は?

銀行・消費者金融でお金を借りるのはやめとけってなぜ?

お金が無いと食事も出来ませんし、家も借りられませんし、人生においてお金は大事だというのがわかります。

一般的にはお金を稼ぐ為に働いて仕事をするわけですが、どうしてもお金が必要な時もあります。

そんなときは消費者金融などでお金を借りることも考えますが、借りすぎには注意が必要です。

お金を借りることによるリスク、そして借金をすることによる生活の乱れなどもあるかもしれません。

今回はお金を借りることでどのような事が身の回りに起こるのか?

どんなお金を借りるデメリットや銀行や消費者金融でお金を借りない方がいい理由などをご紹介します。

この記事でわかること
  • お金を借りるデメリットは信用を失う可能性があること
  • 銀行でお金を借りると審査などで時間がかかる
  • 消費者金融カードローンでお金を借りると銀行よりも金利が高い
  • お金を借りるデメリットは借金癖が付いてしまうこと
  • お金は借りるときはよく考えて借りるべき
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
18歳・19歳以下の方:収入証明書の提出が必須です。※高校生は申込不可(高専生・定時制含む)

―――――――
プロミス ※最短即日借りられる ↓原則在籍確認の電話なし↓
\初めてなら30日間無利息/

三井住友銀行グループの安心感『プロミス』

\申込も簡単「プロミス」/ ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
アコム ※最短当日借りられる 35日毎の返済可:返済額1,000円~
\20時迄の審査申込で最短即日借りられる/

―――――――
アイフル ※借り換え可 電話・郵送物は原則なし・24h365日振込可
\スマホで申込~返済まで完結できます/

↓最新版ランキング↓

消費者金融でお金を借りるデメリット、「やばい、やめとけ」と言われる理由

お金を借りるならどのような方法が良いのか?

それにはさまざま方法がありますが、一般的なのは消費者金融を利用する方法です。

アイフルやアコム、プロミスなどの、大手消費者金融の名前はCMなどで一度は耳にしたことがあるでしょう。このような会社からお金を借りられます。

しかし、消費者金融でお金を借りるデメリットも存在します。

例えば、銀行と比べて金利が高い、住宅ローンの審査などに影響するといったものです。ここでは、消費者金融でお金を借りるデメリットを詳しくみていきましょう。

銀行と比べて金利が高い

消費者金融でお金を借りるデメリットは、銀行と比べて金利が高いことです。

消費者金融の金利は、銀行のカードローンや他のローンと比べて、高い傾向があります。

金利が高いと利息が膨らみ、その分返済額も多くなります。

お金を借りるなら、なるべく低い金利で借りるに越したことはありません。

同じ金額を借りるにしても、金利の違いで返済額には差がつきます。

消費者金融によっても金利は違うので、なるべく金利が低いところを選ぶのがオススメです。

金利は借入額や審査結果によっても変わります。

初めて消費者金融でお金を借りる人は、店頭やサイトに表示されている借入限度額まで借りられるとは限りません。10~50万円程度しか借りられないことも想定しておきましょう。

借入額が少額だと金利は高くなりやすいので、注意が必要です。

最初は少額しか借りられなかったとしても、期限通りに返済して返済実績を積んでいくことで、借入限度額がアップしたり、金利を引き下げてもらえたりすることもあります。

返済実績を積んで消費者金融の信用を得れば、より大きな金額をより低い金利で借りられるようになるのです。

総量規制内でしか借りられない

消費者金融はいくらでも貸してくれる訳ではありません。

貸金業法という法律があり、そこで定められている総量規制により、消費者金融では原則として本人の年収の3分の1を超える貸付けが禁止されています。

また総量規制はすべての貸金業者(消費者金融、クレジットカード会社など)が対象なので、複数の消費者金融から借りる場合も、借入額の上限は年収の3分の1までになります。

年収が300万円だとすると、すべての消費者金融をあわせて100万円までしか借りられないということです。

すでにA社で30万円借りていれば、B社では70万円までしか借りられません。

年収が少ない人は借入額も少なくなると覚えておいてください。

ちなみにクレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象なので、注意してください。

総量規制には返済能力を超える貸付けを禁止して、利用者の借り過ぎを防ぐ役割があります。

銀行のカードローンは総量規制の対象ではありませんが、多くの銀行は年収の3分の1を超える貸付けを自主的に制限しています。

安定した収入のない人や無職・専業主婦は借りるのが難しい

消費者金融に限った話ではありませんが、安定した収入がないとお金を借りるのは難しくなります。

無職の人や、専業主婦の人は借りる事ができない場合がほとんどです。

専業主婦でも配偶者に安定した収入のある人は、「配偶者貸付」を利用してお金を借りられるケースがあります。ただし、利用できる消費者金融は限られます。

無職では基本的に審査に通りませんので、消費者金融からお金を借りるのは厳しいでしょう。

安定した収入がどれくらいの金額なのかも気になりますが、その基準は消費者金融によって違い、一概にはいえません。

安定した収入があれば、パートやアルバイトでもOKな消費者金融もあります。収入が少なく審査が不安な方はこのような消費者金融も候補に含めて検討するとよいでしょう。

消費者金融でお金を借りるには、まず働いて安定した収入を得ることが大事です。返せる見込みがないのにお金を借りるべきではありませんし、そもそもお金を貸してもらえません。

借金に慣れてしまう、借金癖がつく

消費者金融でお金を借りるのをやめとけと言われる理由には、借金に慣れてしまうこともあります。

借金に慣れて、借金癖がついてしまうのは好ましいとはいえません。

借金は後で返さなければなりませんし、利息もかかります。どうしても今必要でないなら、お金を貯めてから買えば借金をせずに済み、余計な利息を支払う必要もありません。

また、借金癖がつくと、お金が足りなければ借りればいいやという甘えにもつながります。

今の消費者金融は人に会わずお金を借りることもできるため、親や知人に頭を下げて借りるような苦労や恥ずかしさがありません。

簡単にお金を借りられる便利な時代だからこそ、むやみに借金をしないように気をつけなければなりません。

借金癖がついて困るのは自分自身なので、気をつけてください。

住宅ローンや新しいクレカを作る時の審査に影響する

消費者金融でお金を借りると、将来住宅ローンや新しいクレジットカードを作るときの審査に影響する可能性があります。

影響するといっても、きちんと返済していれば何も問題はありません。

問題なのは、返済が遅れたり、返済出来なかったりして信用情報に傷を付けてしまうことです。

信用情報はブラックリストとも呼ばれ、借入や返済に関する情報が記録されます(実際にはブラックリストというものは存在しません)。返済が遅れたり、返済できなかったりすると、その履歴(事故情報)が一定期間信用情報に残り、これがいわゆるブラックリストに載った状態です。

住宅ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりする際、金融機関やクレジットカード会社は信用情報を使って審査します。ここで信用情報に傷があると、ローンが組めなくなったり、カードを作れなくなったりするおそれがあるのです。

消費者金融でお金を借りること自体は悪いことではありませんが、借りたお金は期日までにきちんと返さなければなりません。

ブラックリストに載っている間、新たにローンを組むのは難しくなります。

借入れが家族や同僚にバレるとイメージが悪い

消費者金融でお金を借りると、借金しているのが家族や同僚にバレる可能性もあります。

消費者金融は借入の申し込みがあると、申込者がきちんと返済できるのかを審査します。その審査の一環として在籍確認が行われます。

在籍確認というのは、申込者が提出した書類に書いている勤務先できちんと働いているかを確認する作業です。

在籍確認は消費者金融から会社に電話して確認する方法が一般的で、このときに会社の同僚にバレる可能性があります(ほとんどの消費者金融では、社名を出さずに確認を行うため、在籍確認で借入れがバレる可能性は低いといえます)。

また、審査結果の通知やカード、明細などが自宅に郵送で届くこともあります。消費者金融からの郵便物で、家族に借金をしているとバレる可能性があるのです。

借金はあまりよいイメージはありませんし、ほかの人にバレたくない人もいるでしょう。

「あいつ、借金あるんだな、大丈夫か?」みたいな陰口を言われるかもしれません。家族や同僚にバレたくないなら、在籍確認の方法や郵送物の有無などを事前に確認しておくと安心です。

借入期間が長くなるほど返済総額が膨らむ

消費者金融で借りたお金は、当然返さないといけません。

借りたお金には利息がかかります。

お金を借りている期間が長くなるほど利息と返済総額は膨らんでいきます。

毎月の返済額を減らせば毎月の返済はラクになりますが、完済までにより多くの時間がかかります。結果としてお金を借りている期間が長くなり、利息と返済総額は増えてしまうのです。

最終的な負担を抑えたいのなら、早めの返済を心掛けましょう。

消費者金融では、約定返済という毎月決められた期日の返済が一般的ですが、自分の好きなタイミングで上乗せして返済する「随時返済」も可能です。

余裕ができたときは随時返済をして、返済期間を短縮することも検討しましょう。返済が早く終われば、利息や返済総額を抑えられます。

銀行でお金を借りるデメリット

お金を借りるといえば、一番に思いつくのが銀行で借りる事ではないでしょうか?

他にも親から借りたり、友達から借りたり、消費者金融から借りるなどの方法もありますが、銀行から借りる場合のデメリットはなんでしょうか?

銀行でお金を借りる場合、一般的に審査や条件が厳しい、あるいは審査に時間がかかるといったイメージがあります。

ここでは実際に銀行からお金を借りるデメリットをご紹介します。

審査・条件が厳しい

銀行からお金を借りるでデメリットとして最初に挙げられるのが、審査や条件が厳しいという点です。

銀行は消費者金融に比べて金利が低い反面、審査が厳しい傾向があります。

消費者金融の金利相場は4.5%~18.0%ぐらいですが、銀行の金利相場は3.0%~14.5%と低めに設定されています。

銀行の審査基準は公表されていませんが、消費者金融に比べて厳しい印象です。

審査では年収や居住形態、家族構成、他社からの借入残高や借入件数、債務整理の有無や遅延の状態(信用情報)などがチェックされます。今までに返済の遅延などがあると審査に通らないこともあります。

審査のためお金を借りられるまでに時間がかかる

銀行からお金を借りる時のデメリットとして、審査に時間がかかることもあげられます。

消費者金融では最短即日融資などのスピード融資を売りにしている所もありますが、銀行では即日融資は行われません。

銀行では「警視庁のデータベースを照会して反社会勢力ではないことを確認する」というフローが存在しているので、少なくとも1日以上の審査時間がかかるのです。

お金を借りられるまでに実際どのくらいかかるかは審査状況によっても変わるため、一概にはいえません。しかし、銀行は消費者金融よりも時間がかかりやすいということは知っておきましょう。

もしもすぐにお金が必要ならば銀行系ではなく、消費者金融のカードローンを利用する事を検討してください。

そもそも消費者金融カードローンとは?

お金を借りる方法としてカードローンを利用する方法がありますが、このカードローンにも銀行系、信販系、消費者金融系と大きく3種類があります。

銀行系は銀行が取り扱っているカードローンで、信販系というのは、クレジットカード会社が扱っているカードローンです。

そして消費者金融系は、消費者金融会社が扱っているカードローンです。

下記の表は大手の消費者金融会社の特徴をまとめたものですが、CMなどで名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

消費者金融名 金利 限度額 特徴
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円 最短30分での融資が可能
アイフル 3.0%~18.0% 1万円~800万円 カードが無くても取引可能
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円 WEB申し込みでスムーズに借入出来る
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円 ユーザーにあわせたサービス提供

〇〇日間の無利息期間や、女性専用窓口などもあり、とても利用しやすいのも消費者金融の特徴です。

消費者金融カードローンの疑問

消費者金融のカードローンを利用してお金を借りたいと思っても、よく分からないから借りられないという人もいるのではないでしょうか。

疑問というか不安と言っても良いかもしれませんが、消費者金融にあまり良いイメージを持っていない人もいるかもしれません。

消費者金融でお金を借りると取り立てが厳しかったり、一度でもお金を借りるとブラックリストに載ったり、他のローンが組めなくなってしまうのでは、といった疑問や不安を抱く人もいるでしょう。

ここではそういった消費者金融を利用する上での疑問や不安を解消していきます。

消費者金融でお金を借りると取り立てが厳しいのか

消費者金融からお金を借りると厳しい取り立てにあうのではと不安に思われるかもしれませんが、きちんと返済していればそもそも取り立てはありません

しかし、借りたお金をきちんと返済しないのは問題です。

返済日に決まった金額を返済しなければ、消費者金融から連絡が来ます。

1回返済が遅れたくらいなら、電話やメール、郵便物などで返済日を過ぎていますがどうなっていますか?といった確認と催促の連絡が来るくらいでしょう。

それを無視して返済しなければ、返済の催促が厳しくなることはあります。しかし、ヤミ金とは違い、悪質な嫌がらせや危害を加えられるようなことはありません。

もちろん返済は義務であり、法律にしたがって段階をふんで返済を要求されます。

取り立ては法律で規制されており、正当な理由なく早朝や夜間に家に押しかけてきたり、勤務先や親族、知人などに連絡したりはできません。

実際の取り立ての流れは以下のようになっています。

  1. 電話や手紙による催促
  2. 内容証明郵便での催促
  3. 催促状(支払督促申立書)の送付
  4. 裁判による請求
  5. 財産の差押え
  6. 差し押さえた財産の現金化など

違法な嫌がらせなどはありませんが、法的措置を取られる事になるので、支払いはきちんと行ってください。

消費者金融 で一度でもお金を借りるとブラックリストにのるのか

消費者金融でお金を借りると、ブラックリストに載ってしまうと思ってお金を借りるのを躊躇している人もいるかもしれません。

しかし消費者金融からお金を借りたからといって、いきなりブラックリストに登録される(信用情報に傷が付く)ことはありませんので、安心してください。

ただし、返済が遅れたり、返済できなくなってしまったりすると話は別です。

決められた返済日までに決められた金額を返済しないと、遅延や延滞ということで、信用情報にその履歴が残ります。

少し返済が遅れたくらいなら問題ありませんが、延滞が長期間続いたり、遅延を何度も繰り返しているとブラックリストに載ってしまう(信用情報に傷が付いてしまう)ことにもなりかねません。

消費者金融からお金を借りるなら、きちんと返済まで考えて借りましょう。

返済が送れないよう、計画的に借入れ、返済をしていくことが大切です。

消費者金融でお金を借りるとローンが組めないのか

消費者金融でお金を借りると、そのほかのローンが組めなくなるのではないか心配している人もいるかもしれません。

消費者金融でお金を借りているからと言って、ローンが組めないということはありません。

ローンと言っても「マイカーローン」「住宅ローン」など様々あります。

そのどれもが消費者金融でお金を借りたからといって、利用できないということはありません。

ただし、消費者金融の借入れで滞納や遅延があった場合は、ローンが利用できなくなる可能性もあります。

また、消費者金融での借入額によっては、他のローンの借入額が制限されることはあります。

貸金業法により、借入総額は年収の3分の1までと定められていますので、すでに消費者金融で借入れがある場合、他の消費者金融からお金を借りようとして、総量規制に引っかかって借りられないこともあります。

年収に対して借入額が多い人は要注意です。

カードローンの融資枠を持っているだけで別のローンの審査にも影響するのか

カードローンでお金は借りていないが、融資枠を持っている場合、別のローンの審査に影響するのでしょうか。

こちらは融資枠を持っているだけで他のローンの審査に影響を与える可能性があります。これからローンを組む予定があるなら、使う予定のないカードローン(融資枠)はなるべく解約しておきましょう。

キャッシング機能付きのクレジットカードも、キャッシング枠が設定されていると、利用していなくても借金(がいつでもできる状態)とみなされ、他のローンの審査に影響する可能性があるので注意が必要です。

利用しないカードなら解約したり、キャシング枠を外したりしておきましょう。

必要ないカードはむやみに作らないのが賢明です。

消費者金融カードローンの上手な使い方

消費者金融カードローンにはメリットもデメリットもありますが、上手に使えばとても便利です。

一時的にお金が無いときに、すぐにお金を借りられる消費者金融はありがたい存在です。

返済できる範囲で利用する分には、何も問題ありません。

また、大手消費者金融などでは無利息期間が設定されているところもあり、初回、短期間の利用であれば利息を払うことなく利用できるのもメリットです。

そういった消費者金融カードローンの上手な使い方をご紹介します。

返済できる範囲内で借りる

消費者金融のカードローンを利用する時には、返済できる金額の範囲内で計画的に借りるようにしてください。

自分の給料などから、これくらいなら返せる、借りても大丈夫というラインを設定して借りることが大事です。

また消費者金融の公式サイトなどでは、返済シミュレーションなどもありますので、実際に〇〇万円を借りて、〇〇までに返すと利息はいくらかかる?といった計算も簡単にできます。

返済できると分かっていれば安心して借りられるでしょう。

返済シミュレーションで実際に返済できることを確認してから利用を検討してください。

無利息期間を利用する

消費者金融を上手に利用する方法として、初回の無利息期間を利用する方法があります。

無利息期間内で返済をすれば金利がかからないというのは、とても大きなメリットです。

大手の消費者金融でも無利息サービスを行っています。

会社名 無利息期間
プロミス 30日間
レイクALSA 60日間
アコム 30日間

上記のようになっていますが、気をつけて欲しいのは初回限定と言うことです。

初めて利用する場合に限り無利息キャンペーンを行っていますので、2回目以降は利息がかかることに注意してください。

それでも初回限定でも金利無しで借りられるのは嬉しいですし、初めて利用する方にとっては大きなメリットです。

繰上げ返済、一括返済など余裕がある時は多めに返済する

消費者金融を上手に利用する方法として、繰上げ返済や一括返済の利用をオススメします。

消費者金融では、毎月決まった日に一定額ずつ返済していく「約定返済」が一般的です。

約定返済は計画的に返済しやすい反面、返済が長引きやすい面もあります。返済が長引けば利息や返済総額は膨らんでしまいます。これを避けるには、繰上げ返済や一括返済による返済期間の短縮が有効なのです。

繰上げ返済や一括返済で返済を早めることによって返済総額を少なくできますので、後々ラクになります。

お金を借りたらなるべく早く返すということを心掛けましょう。

できればカードローンで借りない方がいい

ここまで消費者金融カードローンの上手な使い方を紹介してきましたが、最も理想的なのは「お金を借りない」ことです。

お金を借りれば、当然利息がかかります。

1万円借りればその1万円に利息を上乗せして返さなければなりません。この利息はお金を借りなければかからないお金です。

お金を借りる理由が何か欲しいというものなら、本当に今買わなければならないのかよく考えましょう。時間がかかっても問題ないなら、お金を貯めて買えば借金はしなくて済みます。

どうしても今お金がないと困る、あるいは時間をお金で買うという考え方もあるでしょう。このような場合は、返済までしっかり考えて、計画的にお金を借りることも有効な方法です。

 

この記事の監修ファイナンシャル・プランナー
竹国 弘城
事務所 RAPPORT Consulting Office
資格 1級ファイナンシャル・プランニング技能士CFP®
所属 日本FP協会
備考 【監修記事紹介】お金を借りる今すぐナビ

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

1位 プロミス

三井住友銀行グループ

審査⇒借入まで最短25分即日借りられる!瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。原則会社への電話なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)※在籍確認(電話)の要望がある場合は、申込完了後すぐに相談をお願いします。
↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
✅原則在籍確認の電話なし
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即日振込も可
✅コンビニATMでも借りられる
✅最低返済額は1,000円~
審査が不安な人は3秒診断後に申込を。
✅申込~融資/最短25分※土日祝も当日
\申込も簡単で早い「プロミス」/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

2位 アコム

三菱UFJフィナンシャルグループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。土日祝でも最短30分で即日借りられます。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
返済は35日ごと:返済額1,000円~可
\借り換え・おまとめも可/

郵送物なし可・バレずに最短即日融資

3位 アイフル
郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査もWEB申込なら最短25分。(平日~土日祝でも当日可能)
4位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短60分で借りられる!(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








関連ページ
基礎知識

メルカリの分けて支払うメルペイスマート払いの「定額払い」のデメリットややばい理由などを解説

2022年8月11日
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
メルペイスマート払い「翌月払い」では購入した代金の支払いを翌月に回せることが特徴ですが、「定額払い」についてご存じでしょうか。リボ払いと同様 …