アコム

アコムはやばい?審査や本当に借りたら終わりなのか実際の口コミ・評判等から調査

大手消費者金融の中でも特に有名なアコムについて紹介をします。

アコムは、消費者金融の中でも歴史のある企業で、信頼感のある金融業を営んでいます。初めて消費者金融を利用する方にもおすすめできる、安心の金融系会社です。

アコムが実施する利用前審査は、どの程度厳しいのでしょうか。また、実際に申し込みをする際には、どのような手続きになるのか不安な方も多いかもしれません。

このページでは、アコムの審査基準や申し込みの流れ返済方法及び増額申請などの方法についても紹介します。アコムを実際に利用したことのある方々の口コミについても解説するので、利用する消費者金融を決める際の参考にしてください。

この記事でわかること
  • アコムの審査は比較的通りやすい
  • アコム利用者の口コミは高評価なものが多い
  • アコムの申し込み方法はネット・窓口・電話(郵送)・アプリの4種類
  • アコムの返済方法は口座振替・ネット・ATM・振込から選べる
  • アコムカードローンはWeb完結すれば最短20分で借入ができる
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
18歳・19歳以下の方:収入証明書の提出が必須です。※高校生は申込不可(高専生・定時制含む)

―――――――
プロミス ※最短即日借りられる ↓原則在籍確認の電話なし↓
\初めてなら30日間無利息/

SMBCグループの安心感『プロミス』

簡単申込のプロミス!借りるまで最短当日 ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
アコム ※最短当日借りられる 35日毎の返済可:返済額1,000円~
\21時迄の審査申込で最短即日借りられる/

特別枠 特徴※各銀行口座がなくても利用可能
>>auじぶん銀行 カードローン auユーザーに おすすめ
>>みずほ銀行 カードローン みずほ銀行の口座を お持ちの方におすすめ
>>楽天銀行 スーパーローン 楽天サービスを お使いの方におすすめ
↓最新版ランキング↓

>>この記事の監修者情報

【目次】このページ先読み

アコムの審査はやばい?審査に通る条件は厳しいことはない

アコムに限らず、カードローンなど金融サービスを利用する際には、金融会社側の審査を受けて通過する必要があります。審査の基準を明確に公開している金融会社はほとんどないため、審査が厳しい会社がどこか判断するのは難しいです。

アコムの審査はやばいという意見も見られますが、現実はどれほどの厳しさで審査が実施されているのでしょうか。明確な基準が公開されていないため判断は難しいですが、審査通過率の高さなどを考えると、極端に厳しいという事実はないと考えられています。

アコムの審査について、現実はいくら借りられるのか、借りやすくなる条件はあるのかなどについて具体的に紹介します。また、申し込みの際の注意点や増額申請のポイントについても解説するので、アコムについて知るきっかけとして活用してください。

総量規制以内の年収の3分の1までなら借り入れ可能

アコムに限らず、消費者金融のカードローンサービスでお金を借りる際には、総量規制に抵触しないことが最低条件と考えられています。

総量規制とは、貸金業法に定められている規制で、貸金業を営む企業が順守するべき規制の一部です。総量規制は、申込者の年収の3分の1を超える貸付を行なってはいけないという規制です。

(参考:貸金業法 第13条2)

アコムに申し込みをした際、申込者の年収は必ずチェックされます。借入希望額が総量規制に抵触している場合は審査に通るのは難しいです。この総量規制は、アコム1社だけで判定されるのではなく、他の消費者金融での借り入れがある場合は、考慮されます。

アコムに申し込みをする前に、他の消費者金融からの借入額も含めて年収の3分の1を超過していないか、必ず確認をしましょう。

申込条件からずれなければOK!審査通過率は40%以上

アコムの審査が比較的厳しくないと考えられる要因として、審査通過率の実績が挙げられます。2023年3月におけるアコムの新規申込者に対する審査通過率は、40.8%です。(参考:アコム マンスリーレポート 2023年3月末

この実績は、他の大手消費者金融と比較しても高い水準であることを示しています。例えば、消費者金融のレイクでは、2023年3月における新規申込者に対する審査通過率は26.4%です。(参考:SBI新生銀行 四半期データブック 2023年3月末

審査通過率で審査基準が緩いと判断することはできませんが、1つの指標として有用な情報と考えて差し支えありません。他の消費者金融で審査に通らなくても、アコムであれば融資が受けられるかもしれません。

アコムの申し込みは、満20歳以上で安定収入があれば誰でも可能です。パートやアルバイトなどの属性でも審査に通る可能性があるため、利用可能な範囲が広い消費者金融といえます。

年収36万円(月収3万円)あれば年間12万円(月1万円)は借りられる

アコムは消費者金融であるため、前述のとおり総量規制の対象となります。年収の3分の1を超えた借り入れは受けられません。

このことを逆に考えると、収入が安定していれば、たとえ年収が少なくても総量規制の範囲内のお金を借りられる可能性があるということになります。例えば、年収が36万円で月収が3万円のアルバイトの立場の人でも、毎月1万円を借りられるといえます。

アコムの利用条件は、年齢と安定収入があることが重要です

収入額が低くても、毎月安定して収入を獲得している場合は審査に通る可能性は十分あります。

アコムの別サービス(ACマスターカード・ビジネスサポートカードローン)で実績も加味される

カードローン以外でアコムが提供する別のサービスである、ACマスターカードやビジネスサポートカードローンの利用は実績として加味されます。ACマスターカードは、アコムが発行するクレジットカードです。

ビジネスサポートカードローンとは、個人事業主向けのビジネス目的で利用できる融資サービスです。総量規制の対象外であるため、年収の3分の1以上の資金を借りられます。

これらのサービスの利用により、アコム側に実績として記録され、通常のカードローンの審査に有利な条件として加味されます。審査を通りやすくするため、ACマスターカードを発行して繰り返し利用をするのも効果的です。個人事業主の方は、ビジネスサポートカードローンの利用により審査においてさらに有利になります。

滞納などで信用情報にキズがあれば審査落ちの可能性がある

アコムは、比較的審査に通りやすいと紹介をしてきました。しかし、必ず審査に通るというわけではありません。状況によっては審査に落ちてしまう可能性もある点は理解しておきましょう。

特に、アコムの返済が遅れて滞納などで過去に信用情報上の事故履歴がある場合は、審査に通る可能性が非常に低くなります。カードローン利用時のトラブルだけでなく、クレジットカードの返済遅延や携帯端末の分割払いにおける支払い遅延なども該当します。

アコムに限らず、消費者金融は申込者の過去の信用情報を閲覧する権限があるため、事故履歴は確実に発覚すると思っておきましょう。過去の信用情報において欠陥がある場合は、時間を置いて事故履歴が消滅するのを待つ必要があります。

借入希望額は3万円・5万円・10万円など少額で必要な額にする

アコムの審査に通りやすくするためには、初回利用時に高額の借り入れを希望しない方が良いです。利用実績のない初回申込者から、いきなり高額の借り入れを希望したとしても、消費者金融側は簡単には希望額を貸してくれません。

借入希望額が50万円を超過した場合は、申し込みを行う際に本人確認書類に加えて収入証明書の準備も必要になります。審査に時間がかかる可能性も高くなってしまうかもしれません。

高額の申し込みをするよりも、初回は3万円・5万円・10万円程度の少額の方が審査に通りやすいと考えられます。まずは最低限必要な金額で申し込みをして、借り入れと返済を繰り返し、信用と実績を積み上げるのが良いと考えられます。

限度額の増額申し込みは借り入れ・返済の実績が重要

アコムでは、利用登録後に任意で借入限度額の増額申し込みができます。

増額申請の方法は、アコムのマイページからの申請や店舗での手続き及び電話による依頼の3通りです。しかし、増額申請をすると再度アコム側の審査を受ける必要があり、場合によっては希望の増額申請が受理されない可能性もあります。

アコムで借入限度額の増額申請を受理してもらうためには、借り入れや返済の実績を十分に積んでいることが重要です。アコム側の信頼を得ることが、増額申請において何よりも大切な条件です。

契約からすぐに増額申請をするのではなく、一定期間において借り入れと返済を繰り返し、返済遅延を起こすことなく一定期間継続して利用しましょう。そのうえで増額申請をするとうまくいくケースが多くなります。

申込時の虚偽や記入ミスを避けて仮審査通過後の本審査にも通りやすい

アコムに初回の申し込みをする際は、虚偽の内容で申告をしてはいけません。虚偽の申告が発覚すると、審査に通る可能性は非常に低くなってしまう可能性が高いです。消費者金融は、申込者の信用情報を照会できるため、虚偽の申告内容は発覚しやすいです。

また、申込時の記入ミスも同様に避けなければなりません。記入ミスも虚偽の申告とみなされ、審査において不利になってしまいます。記入ミスを起こさないよう、申込時は一度見直しをして、慎重に対応する必要があります。虚偽の申告であると認定された場合、信用を失って審査に通らなくなってしまいます。

申込内容に虚偽や誤りがない場合は、本審査でも通りやすいといえます。審査をスムーズに通過するため、申告は正直にありのままを記載しましょう。

アコムで借りたら終わりなのか?実際の口コミ・評判から調査

インターネット上の口コミなどで、アコムで借りたら終わりだという意見が散見されます。アコムでお金を借りると本当に終わりなのでしょうか。

アコムは、大手消費者金融の1つです。貸金業法などの法令に則って、適正な金融サービスを展開しています。決して違法な取り立てを受けたり、法外な金利を負担を強いられたりすることはありません。自身の返済能力の範囲で利用するなど、計画的な利用を心がければ、便利でスピーディーにお金を借りられる便利なサービスです。

インターネット上の口コミを見ても、高評価のものが多く見られます。口コミはあくまで個人の感想であるため、鵜呑みにはできませんが、金融サービスの質を推し量るうえで1つの参考にできます。

アコムで即日借りれて助かった人の良い口コミ・評判

アコムは、消費者金融の中でも融資までのスピードが特に早いです。即日融資はもちろんのこと、最短20分で融資が完了する迅速さが特徴です。今すぐにお金が必要にある場合でも、アコムのスピーディーな金融サービスは頼りになります。

実際に、インターネット上の口コミにおいて、アコムの即日融資が利用できて助かったという投稿がみられます。「インターネットから申し込んですぐに契約が終わった。最寄りのATMで現金を受け取れて、本当に助かりました。」といったものが例です。

アコムのスピーディーな対応は、緊急性の高い状況でも頼りになる魅力的な金融サービスといえます。インターネットであれば、自宅にいても手軽に融資が受けられる便利さも大きな魅力として評価されています。

電話対応が丁寧で安心でき相談しやすかった

アコムの口コミの中には、オペレーターの電話対応についての高評価のコメントも寄せられています。「電話対応が丁寧で安心でした。」などのコメントがみられます。

アコムの申し込み方法は、インターネットや店舗以外では電話によるものもあります。また、各種相談を電話で受け付けているため、不安や疑問がある場合は気軽な相談が可能です。

電話応対のオペレーターの方が親切に対応してくれると、安心して気軽に相談ができます。電話応対への高評価は、消費者金融の利用に不安を感じる方にとっては、アコムを利用しやすい大きな要因となるのではないでしょうか。

アコムの滞納時に催促・督促はあるが取り立ては厳しいわけではなかった

アコムで借入金を滞納した際の状況についての口コミもあります。「アコムの滞納時に催促・督促があったものの、厳しい取り立てを受けることはなかった」とのコメントがみられます。

アコムをはじめ、消費者金融は取り立てが厳しいというイメージを持っている方も多いかもしれません。自宅まで取り立て専門の人が来て、脅迫めいた行為を受けるのではないかと心配する人もいるのではないでしょうか。しかし、アコムでは基本的には厳しい取り立ては実施されません。返済期限が過ぎた場合、書面による督促を受けるのが一般的です。

しかし、取り立てが厳しくないからといって返済を遅らせていいというわけではありません。返済遅延の履歴は、信用情報に記録されてしまいます。その後の金融サービス利用に支障をきたす可能性が高いため、返済期限を守って正しい利用をするべきです。

アコムで100%借りる方法はなく厳密に審査があり通らなかった

アコムで申し込みをしたものの、審査に通らなかったという口コミも少なからずあります。アコムは、審査に通りやすい大手消費者金融ですが、100%通過する保証はありません。前述のように審査通過率は40%前後の実績であるため、10人に6人は審査に落ちていることになります。

アコムは絶対借りれるということはなく、利用前に厳密な審査が実施されます。安定した収入があり、適正な返済能力を有しているかどうかが判断されます。審査基準は他の消費者金融と比較して甘いと予想されますが、厳密な審査が実施される事実には変わりがありません。

ACマスターカードなど他のカードの利用実績を積んだり、勤務先における勤続年数を伸ばしたりして、審査に通りやすくなる条件をそろえるなどの対策を取るのがおすすめです。

アコムでアプリから簡単申込で借りれた良い口コミ・評判

アコムで借り入れを受ける際に、専用アプリから簡単に申し込めたことに対して高評価の口コミが寄せられています。アコムでは、スマートフォンアプリを利用した借入方法も用意されています。店舗や無人契約機に足を運ぶ必要がなく、手軽に利用できる便利な方法です。

アコムの申し込みをスマートフォンアプリで行った場合、来店不要(ネット完結(Web))でカードレスを選択すると専用カードの発行を待たずに最寄りの提携ATMで現金の借り入れが可能です。アプリ画面で読み取り用バーコードが表示され、すぐに利用できます。

アコムは、最短20分で申し込み開始から融資まで完結する便利な金融サービスです。審査にスムーズに通った方にとっては、簡単に申し込みができて良かったと思う口コミが寄せられるのも自然の流れといえます。

アコムで借りて家族にバレて人生終わった人の口コミ・評判

アコムでお金を借りた後、消費者金融の利用が家族にバレて人生が終わってしまったとの口コミも見られます。家族に黙って消費者金融を利用した場合、バレてしまうと家族の信用を失う結果になりやすいです。

誰にもバレずにお金を借りる事ができるアコムでは、融資を受けた事実が家族に内緒にできるよう配慮がなされています。自宅への郵送物は、社名を伏せて送付されるため、すぐに家族にバレる心配はあまりありません。しかし、内容不明な封筒が届いた場合、家族に不審がられるのも当然です。

アコムの申し込みをインターネットで行い、かつカードレスサービスを選択した場合、自宅に郵送物が届くことは原則無くなります。また、無人契約機で手続きをするケースで、その場で契約書の受け取りが完了させた場合も自宅への郵送物をなしにできます。

アコムは家族にバレずに利用しやすい消費者金融ですが、返済遅延により督促状が自宅に届くなど、何らかの要因で家族にバレてしまって家庭関係が悪化してしまう恐れがある点は理解しておきましょう。

アコムで借りて返済できず人生終わった人の口コミ・評判

アコムでお金を借りた結果、返済ができずに人生が終わってしまったといった内容の口コミを寄せている方もいます。アコムの返済額が減らないほどの高額の借り入れをしてしまい、苦慮するケースは誰にでも起こる可能性があります。

アコムなど消費者金融からお金を借りるのは、大変手軽で便利です。借入限度額の範囲内であれば繰り返し簡単に借りられるため、つい無計画に使ってしまう方もいるかもしれません。その結果、気が付いた時には返済が難しい負債を背負ってしまう恐れがあります。

アコムで返済ができないと、債務整理の手段が用意されています。負債の減額や免除を受けられる方法ですが、自己破産を選択した場合は保有資産を没収されるなど、大きな不利益を被る結果となるかもしれません。アコムを利用する際は、返済できる範囲を念頭に置き、常に計画的な利用を心がけましょう。

無利息期間は30日間あったので1ヵ月だけ金利なし借りる事ができた

アコムの無利息期間について、高評価を寄せているコメントも見られます。アコムでは、初回利用時に限り30日間の無利息期間が設定されています。原則発生する利息が、30日間は発生しない大変お得な設定です。

無利息期間の30日以内に返済ができれば、実質負担なしでお金を借りられることになります。例えば、50万円を金利18.0%で借りた場合、30日で7,397円の利息が発生します。(500,000×0.18×30÷365) 無利息期間の設定のおかげで、この利息が発生しないため、とてもお得であることがわかります。

無利息期間は、初回利用時のみの特典であるため、繰り返し利用する際には適用されない点は理解しておく必要があります。お得に利用できる無利息期間を最大限に利用して負担を軽減しましょう。

営業電話がかかってきて面倒くさかった

アコムの利用後、営業の電話がかかってきて面倒に感じたという内容の口コミ投稿も見られます。一度利用をすると、連絡先などの情報がアコム側に登録されるため、電話連絡が来る可能性があります。

手続きの中でかかってくる電話もありますし、場合によっては返済の督促を求める電話がかかってくる可能性もあります。しかし、特に問題がなくても、各種キャンペーン情報の紹介のため営業目的の電話がかかってくることがあります。

基本的に、営業目的の電話には応対する必要がありません。しかし、場合によっては重要な連絡がアコムより来る可能性もあります。面倒だと感じるかもしれませんが、アコムから電話がかかってくる際には極力対応しておいた方が良いです。

アコムはサラ金で怖いイメージでしたが丁寧な対応で良かった

アコムに対して、サラ金の怖いイメージを持っていた方が、意外に丁寧な対応で良かったと高評価を寄せている口コミも見られます。消費者金融に対して、怖いイメージを持っている方は、意外に多いのではないでしょうか。

しかし、アコムのような大手消費者金融は、厳しい取り立てをすることもなく安全に利用できる信頼感があります。無理な勧誘なども基本的には実施されません。オペレーターの方の対応も優しく丁寧であるケースがほとんどです。

消費者金融に対して怖いイメージを持っている方は、アコムを利用してそのイメージを払拭するケースが多いです。初めての利用でも安心して相談できるオペレーターサービスがあるため、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

アコムの申込みから融資実行までの流れや借りる方法

アコムに申し込みをする前に、あらかじめ融資実行までの流れを理解しておくと安心できます。アコムでは、申込方法として以下の4通りの方法が用意されており、自分に合った方法を選択できます。

  • インターネットからの申し込み
  • アコムの店舗の窓口にある無人契約機での申し込み
  • 電話及び郵送対応による申し込み
  • 公式スマートフォンアプリ「myac」を利用した申し込み

また、アコムには3秒診断という簡易の審査判定ツールが用意されているので、申込前に試しておくことができます。アコムは、基本的に勤務先への在籍確認の電話がなかったり、選択次第で自宅への郵送物を無しにできたりするため、周囲に利用がバレづらい消費者金融です。融資の利用を秘密にしておきたい方は、アコムの利用を検討してはいかがでしょうか。

インターネットで申込みから融資実行までの流れ

インターネットでの申し込みは、アコムの申し込みの中で最もポピュラーで現在広く利用されている方法です。自宅にいながらすべての手続きを完結させられるため、非常に利便性が高いです。申し込みから短時間で融資まで完結できる可能性があるため、急ぎで現金が必要になる場合でも頼りになるサービスといえます。

インターネットでの申し込み流れは、以下の通りです。

  1. 公式サイトの申込フォームに必要事項を記載し送信
  2. 本人確認書類など必要書類をアップロードで送信
  3. 審査の実施
  4. 審査結果の受領及び契約
  5. 借り入れ可能

インターネットの場合、契約時に専用カードの有無を選択できます。カードレスの選択をした場合は、専用アプリを利用してカードなしでATMから現金による借入金の受け取りが可能です。

アコムの店舗・窓口・自動契約機(むじんくん)で申込みから融資実行までの流れ

アコムでは、店舗の窓口にある自動契約機による申し込みが可能です。オペレーターに質問をしながら手続きが進められるため、インターネットによる申し込みが苦手な方にも利用しやすい方法です。

無人契約機による手続きの流れは、以下の通りです。

  1. 無人契約機の画面上で必要事項を入力
  2. 本人確認書類などの必要書類を無人契約機に読み込み
  3. その場で審査の実施及び結果の受領
  4. 契約手続き
  5. 専用カードを受け取り借り入れ可能となる

あらかじめインターネットで必要事項の入力を済ませておき、契約及びカードの受け取りのみ無人契約機で完結することも可能です。

店舗内では周囲から手続きの様子が見えないようプライバシーの保護もしっかりとなされているため、周囲の目を気にすることなく申し込みができます。

電話・郵送で申込みから融資実行までの流れ

アコムでは、電話及び郵送による申し込みも可能です。電話の場合は、必要事項をすべて口頭で伝えます。その後本人確認書類などの必要書類を郵送で送付します。書類が先方に届いてから審査が実施され、結果を郵送で受領します。同封の契約書に同意すれば契約完了です。専用カードの受け取り方法は、店舗の無人契約機あるいは郵送から選択します。

郵送による手続きの場合も、最初はアコムに電話をかける必要があります。電話で申込用紙の請求をすると、郵送で用紙が届きます。必要事項を記載し、必要書類を同封して返送しましょう。電話で審査結果を受領し、その後郵送で専用カードを受け取って借り入れが可能となります。

電話あるいは郵送の申し込みの場合は、手続きに時間を要するため、急ぎでお金を借りる必要がある場合は、他の申し込み方法の利用を検討しましょう。

アコム公式スマホアプリ「myac」で申込みから融資実行までの流れ

アコムでは、公式スマホアプリの「myac(マイエーシー)」でも申し込みが可能です。myacは、以前のアコムの公式アプリであったアコムナビを改修して、2020年9月14日に公開されたサービスです。

myacでの初回申し込みをする際は、アプリ内で初回申し込み」を選択すると、ブラウザのアコム公式サイトに遷移して、手続きが開始します。

myacでは、本人確認書類などの必要書類の提出をアプリ経由で実行できる点や、手続き後QRコードを表示させてカードなしでATMでの借り入れが可能になる点など、メリットが多いです。

myacの特徴は、生体認証で簡単にログインできる点が挙げられます。また、返済期日が近づくとアプリによる通知を受信できる機能も便利です。

myacであれば、カードレスで提携のATMから現金の受け取りが可能です。借入残高や追加で借り入れできる限度額が一目でわかる機能もあり、利用状況の管理にも大いに活躍します。

3秒診断で借入可能かどうかがすぐわかる

アコムには、3秒診断という便利なツールがあります。年齢・年収・他社からの借入残高の3項目を入力するだけでアコムでお金が借りられるかどうかを診断してもらえる便利な機能を持っています。アコムの公式サイト上で公開されているサービスですので、会員登録などをせずに誰でも利用可能です。

3秒診断は、簡易な診断ツールであるため、確実に借りられる保証が得られるわけではありません。3秒診断で借り入れ可能という判断が得られたとしても、本審査に通過できないケースもある点はあらかじめ理解しておきましょう。

しかし、3秒診断で借り入れ不可と判断される場合は、本審査に通るケースはほとんどないと考えて差し支えありません。利用は大変簡単ですので、アコムに申し込みをする前に一度は利用しておいて損はありません。

最短20分で本審査が終わり借り入れ可能

アコムでは、申し込み開始から最短20分で審査終了及び融資が完了します。大手消費者金融の中には、非常に迅速なサービス提供を行っているところも少なくありませんが、アコムはその中でも特にスピーディーなサービスが魅力です。

しかし、申し込みから20分で確実に融資が受けられるというわけではありません。申込者の経済状況や申請の込み具合によってはより多くの時間がかかるケースもあります。

インターネットでの申し込みの場合、所定フォームの送信及び必要書類のアップロードが終わった後すぐにオペレーターに電話をしてできるだけ早急に処理をしてもらうようお願いすると、審査を優先的に行ってもらえる可能性があります。急いで融資を受けたい場合は、試してみてはいかがでしょうか。

土日や祝日も夜間も24時間申込みから借り入れOK

アコムは、土日・祝日にお金を借りたい時でも申し込み及び借り入れまで完結することが可能です。また、夜間に関わりなく24時間利用が可能です。急遽お金が必要になる場合でも、アコムであればいつでも申し込みができるので、いざというときに頼りにできます。

しかし、銀行振込による融資金受領を希望する場合は、土日・祝日では金融機関側が対応していない場合もあるため注意が必要です。楽天銀行の口座を受取銀行に指定する場合は、土日祝日関係なく24時間365日利用が可能であるなど、金融機関によって対応時間は異なるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

アコムはいくらからおろせる?1,000円単位で借り入れ可能

アコムは、1,000円単位での借り入れが可能です。消費者金融カードローンの中では、1万円単位でしか借りられないところも少なくありません。アコムのような1,000円単位で借りられる消費者金融は、必要以上に借り入れずに済むため、余分な利息負担を抑えられます。

アコムでは、借り入れだけでなく返済も1,000円単位で行えます。早めに返済することで利息負担を軽減できるため、少額でも少しずつ繰上返済をすることは効果があります。

ATMを利用して借り入れや返済を行う際には、手数料に注意する必要があります。アコムATMであれば手数料は無料ですが、コンビニATMなど他の提携ATMであれば手数料がかかります。少額の借り入れと返済を繰り返していると、手数料負担が大きくなってしまう恐れがあるので注意しましょう。

借入は振込か提携ATMで引き出しできる

アコムでの借入方法は、以下の2種類があります。

  • 指定口座への銀行振込
  • アコムATMあるいは提携ATMでの現金による受け取り

銀行振込の場合は、楽天銀行の口座であれば最短10秒で口座着金の確認が取れるため、アコムは楽天銀行と相性が良い消費者金融です。

引き落とし口座に資金残高が不足している場合や、現金で受け取る必要がない場合には、銀行口座への振り込みによる融資金受け取りを選択すると便利です。

前述のように、アコムATMを利用する場合は手数料がかかりません。一方、提携のコンビニATMでお金を借りる場合は所定の手数料がかかるため、利用時は注意する必要があります。利用回数によっては手数料負担が思わぬ負担となってしまうかもしれません。

申込可能年齢は20歳以上で年金以外の安定収入があればOK

アコムの申込可能年齢は、20歳以上69歳以下です。年齢要件をクリアしており、かつ年金以外の安定した収入を獲得している方であれば、審査に通る可能性があります。このため、アルバイトやパートの身分でも十分アコムの審査に通り、融資を受けられる可能性があります。

年収額が低くても、毎月一定額の収入を獲得していることが証明できれば、アコムの審査に通過する可能性は十分にあります。収入が少ないと借りられる上限額も低くなりますが、総量規制の範囲内で融資を受けられる可能性が高いです。

しかし、収入が年金のみの高齢者の場合は、アコムでは融資を受けられません。年金受給者は、年金以外にアルバイトなど何らかの収入を得ていれば、アコムで融資が受けられる可能性があります。

信用情報がブラックでなく返済能力がある

アコムの審査に通過するための明確な基準は公開されていませんが、信用情報上に事故履歴があるなど、ブラックリスト入りしている場合は審査に通らない可能性が非常に高いです。過去に返済遅延や債務整理などの実績がある人はブラックでもお金を借りられることはなく、アコムだけでなく消費者金融の融資を受けられないケースが多くなってしまいます。

また、アコムの審査においては、返済能力の有無を重視されると考えられています。安定収入を得ていることを客観的に証明できる方の方が、アコムの審査に通りやすいです。

例えば、同じ勤務先での勤続年数が長い方の方が、返済能力が高いと判断されやすいです。継続して同じ勤務先に所属していることは、今後も安定した収入を得られると判断する材料となります。

限度額は800万円まで融資可能

アコムの利用限度額は、800万円です。大手消費者金融の限度額中でも高い水準であり、高額の借り入れを希望する方でも使いやすいサービスです。

しかし、誰でも800万円の限度額が設定されるというわけではありません。総量規制があるため年収の3分の1以上の金額を上限額に設定できません。このため、800万円の借入上限額が設定されている方は実質的には多くないと考えられます。

また、総量規制の範囲内であったとしても、アコム側で実施される審査の結果によっては、借入限度額を引き下げられる可能性があります。800万円はもちろんのこと、希望する借入上限額の設定を得られないケースもあり得る点は理解しておく必要があります。

審査時に在籍確認は原則電話連絡なし

アコムだけでなく、消費者金融では審査時に在籍確認を必ず実施します。在籍確認とは、申告した勤務先に申込者が間違いなく所属しているかを確認する作業で、審査における重要な要素と考えられています。

多くの消費者金融では、勤務先に直接電話をして申込者の在籍を確認するケースが一般的です。しかし、アコムでは原則的に勤務先への電話は実施しません

プライバシー保護の観点から、在籍確認の電話をしないケースが増えてきています。電話を実施する代わりに、健康保険証や給与明細などの書類によって確認をします。アコムの在籍確認は電話連絡をせず、書類による確認作業を実施する消費者金融の1つです。

WEB完結申込はカードレスで郵送物なし

アコムでは、Web申し込みですべての手続きを完結した場合、専用カードの発行を依頼しないカードレスの選択が可能です。カードレスを選択した場合は、自宅に郵送物が届くことなく融資を受けられます。

自宅への郵送物により、消費者金融の利用がバレるケースは多いです。近年は、送付先の企業名を掲載せずに郵送する消費者金融が増えているものの、心当たりのない郵送物に対して不信感を覚える家族も多いかもしれません。

その点、アコムの場合はカードレスの選択肢があるため、郵送物を完全になしにできます。専用カードだけでなく契約もインターネット上で完結するため、家族に消費者金融の利用がバレたくない場合には、アコムの利用がおすすめです。

即日融資は8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)に審査終了すれば可能

アコムで初回利用から即日融資を受ける場合には、22時までに審査が終了する必要があります。アコムの最短審査時間は最短20分ですが、込み具合によっては1時間程度審査完了まで時間がかかるケースが多いです。

申し込みの当日に審査を終え融資を受けるために、1時間程度の時間を見ておくと無難です。即日融資にこだわりたい場合は、期限の時間に関わらずできるだけ早い時間帯に申し込みをすることをおすすめします。

例外として、毎月第3日曜日は19時までに申し込みを終えるのが無難です。毎月第3日曜日は、システムのメンテナンスを行う関係で、夜間の審査対応が遅くなってしまうためです。

アコムで増額する方法

アコムでは、最初に申し込みをした借入限度額を増額する手続きが用意されています。アコムでは、増額申請の方法として、インターネット・店舗の無人契約機・電話による3種類があります。

増額申請時は、初回利用時と同様審査が実施されるのが一般的です。手続き自体は非常に簡単で、希望額をアコム側に伝えるだけです。アコムの場合は、審査結果は原則当日中に告げられ、審査に通っている場合は上限額がすでに増額となっている段階と判断して差し支えありません。

アコムで増額申請を受ける場合には、初回申込時よりも高い信用度を得る必要があります。同じ勤務先での勤続年数を伸ばしたり、アコムで繰り返し借り入れと返済を行って信頼を得たりすると、増額申請が通りやすくなると考えられています。

アコムでお金を借りた後の返済方法

アコムでお金を借りた後は、期日までに返済する必要があります。返済が遅延すると、遅延損害金の負担をしたり、信用情報に事故履歴が記録されブラックになってしまうため、期日までに確実に返済を行いましょう。

アコムでの返済方法は、以下の通りです。

返済の種類 返済方法
インターネットバンキング 保有する銀行口座の残高を利用してインターネット経由で直接返済する
アコムのATM アコムのATMにログインして現金を投入し返済する
コンビニ提携ATM セブン銀行・ローソン銀行ATM・イーネット(ファミリーマート・デイリーヤマザキ・ポプラ・セイコーマート)など提携のコンビニATMを利用して返済する
振込 指定されているアコムの銀行口座に銀行振り込みをして返済する
自動引き落とし(口座振替) 毎月6日に所定の金額が保有口座から自動で引き落としされる

自動引き落としで返済する金額は、残高に応じて自動で計算されます。返済忘れの不安がある方は、自動引き落としの設定をしておくと安心です。返済が遅れないように、確実に支払いする必要があります。

返済ができず滞納・支払いに遅れそうな時は即相談

アコムで借りたお金を返済期日までにどうしても返せない場合は、アコムに連絡を取ってすぐに相談しましょう。返済期日を過ぎてそのまま放置していると、電話や書面での督促を受けてしまいます。

遅延損害金の支払い義務が発生したり、信用情報に事故履歴が記録されてしまいます。消費者金融で滞納や返済遅延を起こす前にあらかじめアコムに相談することで、返済期日を延長してもらえる可能性があるため、できるだけ早めに相談しましょう。

返済期日の延長を認定してもらった場合は、督促を受けることはありません。しかし、一度延長した期日をさらに延ばすことはできません。アコムを利用する際は、確実に返済できる金額の範囲に利用をとどめるように注意しましょう。

アコムのカードローンの基本情報

アコムは、大手金融グループの三菱UFJフィナンシャル・グループが運営するカードローンサービスです。大手消費者金融の中で特に利用者が多く知名度が高いことで知られています。初めてカードローンを利用する方でも、安心して利用しやすいサービスです。

アコムのカードローンの基本情報は、以下の通りです。

アコムの貸付条件 内容
申込年齢 20歳以上69歳以下
金利(年利) 3.0~18.0%
限度額 1万円~800万円
申込から融資までの時間 最短20分
必要書類 本人確認書類(50万円以上借入希望の場合などは収入証明書も必要)
無利息期間 契約の翌日から30日以内
在籍確認 電話による在籍確認は原則なし
遅延損害金 年率20.0%
担保・保証人 不要
保証会社 アコム及びエム・ユー信用保証株式会社
専業主婦の申込 安定収入があれば可能
年金受給者の申込 年金以外の安定収入があれば可能

アコムは、年齢要件をクリアしており、かつ本人に安定収入があれば誰でも申し込みが可能な消費者金融です。他の消費者金融で利用ができなかった場合も、アコムであれば利用できる可能性があるため、試してみる価値はあります。

アコムのカードローン以外の商品

アコムは、カードローンのサービス以外にも、金融関連サービスを実施しています。それぞれのアコムグループを利用することにより、信用を高められる効果が期待できます。

アコムが運営するカードローン以外のサービスは、以下の通りです。

アコムの商品名 内容
ACマスターカード キャッシング機能も付与できるクレジットカード
ビジネスサポートカードローン 個人事業主向けのカードローンで総量規制の制限を受けない
借換え専用ローン 複数の借入先の負債をまとめる専用サービス

これらのアコムサービスを利用している方は、カードローンの利用にも相性が良いため、アコムのカードローンを選択すると審査に通りやすくなります。

アコム株式会社の概要

アコムは、1936年創業、1978年設立の歴史のある企業です。元々は繊維製品の卸業者でしたが、質屋業の開始をきっかけに金融関連のサービスがメインになりました。

アコムは長い歴史の中で、幅広い分野に事業を展開してきました。現在、アコム株式会社が行っている事業を以下に紹介します。

事業の種類 事業内容
ローン・クレジットカード事業 無担保の現金融資サービス及びMastercardRの発行ライセンス取得によるクレジットカードサービス
信用保証事業 アコム及び連結子会社のエム・ユー信用保証株式会社による債務保証ビジネス
海外金融事業 ASEANの市場をターゲットにしたタイ及びフィリピンでの金融事業
債権管理回収事業 各種金融機関の債権買取及び回収委託を受け債権管理・回収を行う事業

以上のように、アコム株式会社はカードローンサービス以外にも幅広い事業を展開している総合的な金融会社です。歴史があり信頼感が高い金融会社であるため、カードローンサービスにおいても安心して利用できます。

問い合わせ内容 フリーダイヤル
アコム総合カードローンデスク 0120-629-215
アコムプッシュホンサービス24・自動音声 0120-134-567
はじめての問い合わせや質問 0120-07-1000

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ【ランキングの根拠
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

1位 プロミス


SMBCグループ

審査⇒借入まで最短3分即日借りられる!(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
●瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で口座振込可。在籍確認は原則電話なし!郵送物なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)
↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
✅申込~融資/最短3分※土日祝も当日
  (申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
✅原則在籍確認の電話なし
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即日振込も可
✅コンビニATMでも借りられる
✅最低返済額は1,000円~
審査が不安な人は1秒診断後に申込を。
\申込も簡単「プロミス」借りるまで最短当日/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

2位 アイフル

郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから内緒で借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査もWEB申込なら最短20分。(平日~土日祝でも当日可能)
\金利3.0~【借り換え可】/
↓無利息期間30日間あり【人気上昇中】↓

↑【審査通過のコツ】①記入ミス・書類不備に気を付ける ②希望額は必要な分だけにする ③ウソは書かない

3位 アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。土日祝でも最短20分で即日借りられます。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。(原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施)
\原則電話なし郵送物なしでバレない/

↓返済は35日ごと:返済額1,000円~・借り換え可↓

4位 レイク
\融資まで最短25分・在籍確認は原則連絡なし/
審査が不安な方は簡易診断【最大60日間無利息】
特別枠 特徴※各銀行口座がなくても利用可能
>>auじぶん銀行
カードローン
auユーザーに
おすすめ
>>みずほ銀行
カードローン
みずほ銀行の口座を
お持ちの方におすすめ
>>楽天銀行
スーパーローン
楽天サービスを
お使いの方におすすめ

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








この記事の監修者 山口みき
自己紹介 金融WEBメディア運営・管理経験(3年以上)を活かし「お金借りる今すぐナビ」の編集・監修を担当。FP技能士貸金業務取扱主任者・クレジット債権管理士の資格取得にも前向きに取り組んでおり、借り入れに関する疑問や不安に応えるため、常に正確で専門的な情報提供に努めています。
事業所 トイントサロン
Twitter @okanekariruima
YouTube お金借りる今すぐナビ – YouTube
お問い合わせ 下記フォームよりお問い合わせ下さい。
フォーム
関連ページ
アコム

アコムで借りたら終わりなのか?借りてみた口コミで分かる恐ろしさや他のローンが組めなくなるのか・返済シミレーション等解説

2022年11月17日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
アコムでお金を借りることは全く悪いことではありません。 アコムは消費者金融として、貸金業法に基づいて誠実に事業を行っています。利息は上 …