お金を借りる相談【Q&A】

バーチャルカードとは審査なしの後払い決済方法!デメリットや選ぶ時のポイント・おすすめ等解説

バーチャルカードはリアルカードを発行する必要がなく、即座に利用を開始できることが特徴です。クレジットカードを持っていなくても(スマートフォンだけで)後払い決済が利用できてしまうことから、若い世代で利用が普及しているとも言われています。

実際にバーチャルカードの利用を始めるにあたって、気を付けるべきポイントはあるのでしょうか。この記事ではそれぞれメリットとデメリットの両面から詳しく説明していきます。

記事の最後では、おすすめのバーチャルカードを5つ紹介しています。数あるバーチャルカードの中からどれを選んだらよいかわからないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • バーチャルカードとはクレジットカードの審査に通らなくても利用できる決済サービス
  • バーチャルカードとクレカの違いは利用できる場所や支払い方法
  • バーチャルカードにはポイント制度があるため、お得に買い物が出来る
  • バーチャルカードは利用限度額を自分で設定できるので使いすぎを防げる
  • バーチャルカードは前払いか後払いでその商品性は大きく異なる
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
18歳・19歳以下の方:収入証明書の提出が必須です。※高校生は申込不可(高専生・定時制含む)

―――――――
プロミス ※最短即日借りられる ↓原則在籍確認の電話なし↓
\初めてなら30日間無利息/

SMBCグループの安心感『プロミス』

簡単申込のプロミス!借りるまで最短当日 ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
アコム ※最短当日借りられる 35日毎の返済可:返済額1,000円~
\21時迄の審査申込で最短即日借りられる/

↓最新版ランキング↓

>>この記事の監修者情報

バーチャルカードとは

バーチャルカードを理解する上で抑えるべきポイントは以下2つです。

  • 審査が不要
  • クレジットカードとの違い

バーチャルカードの利用を検討する人の多くは、「審査が不要」というポイントに惹かれたことがその理由ではないでしょうか。過去に金融事故を起こしていたり、現在の借入額が総量規制に達していても、審査不要のバーチャルカードなら利用できるでしょう。

また、クレジットカードと同様に「後払い」に対応していることも魅力と言えるでしょう。しかし、クレジットカードとバーチャルカードにはそれぞれ特徴がありますので、その違いをしっかりと理解しておきましょう。

バーチャルカードは審査なしですぐに使える後払い決済方法

通常、後払い(お金を借りる)を利用しようと思うと、審査が必要不可欠です。「審査」ですので誰でも利用できるわけではありません。クレジットカードやカードローンを利用してみたいと思っても、こういった理由から断念したことがある方も多くいるのではないでしょうか。

バーチャルカードなら基本的に審査は必要ありません。このことがバーチャルカードの最大の特徴と言えるでしょう。申込を行えば、誰でも後払い出来るようになります。

ただし、バーチャルカードと言えども必ずしも審査不要というわけではありません。中には審査があるものもあります。

(お金を借りる即日審査なし方法ってあるの?今すぐ借りたい時の借入先を解説)

クレジットカードとバーチャルカードの違い

先ほどお伝えしたように審査の有無がクレジットカードとバーチャルカードの違いです。しかし、違いは他にもあります。

  • リアルカードの有無
  • 利用できる場所
  • チャージ方法

バーチャルカードは「バーチャル」という名前が示すように、リアルカード(実物のカード)が発行されません。カードはアプリ上で表示されます。これに対してクレジットカードはリアルカードが発行されます。

バーチャルカードはカードの特性上、利用できる場所が限られています。基本的にインターネット上の決済にしか利用できません。この点はクレジットカードに劣ると言えるでしょう。クレジットカードは、加盟店であれば実際のお店でもインターネット上でも利用できるからです。

バーチャルカードとクレジットカードはともに「後払い」決済ですが、バーチャルカードの中には「前払い」にしか対応していないものもありますので、気を付けましょう。

バーチャルカードのメリット

バーチャルカードには他の後払い方法にはないメリットが3つあります。

  • ポイント制度がある
  • カード番号がないため、悪用されづらい
  • 利用可能額を自分で決められる

ポイント制度はクレジットカードやバーコード決済サービスにも共通のメリットと言えますが、後者2つの「カード番号がないため、悪用されづらい」「利用可能額を自分で決められる」はバーチャルカード独自のメリットと言えるのではないでしょうか。

ポイントが貯まる

ネット通販の支払い方法には口座引落やコンビニ払い、携帯料金とまとめて引き落とす、などのものがありますが、いずれの場合もポイントは付かないでしょう。よりお得にお買い物をするためにバーチャルカードで支払ってポイントを貯めましょう。

バーチャルカードを提供する会社は様々ありますが、各社とも独自のポイント制度を備えています。

例えば、三井住友VISAカードの「三井住友VISAバーチャルカード」ならVポイント、エポスカードの「エポスバーチャルカード」ならエポスポイントが貯まります。Vポイントもエポスポイントも買い物時に利用できます

以上は一部の例です。普段の買い物をバーチャルカードに変更するだけで、賢く買い物が出来るようになります。

カード番号が必要なく詐欺など悪用されるリスクを抑えられる

実はバーチャルカードにはそれ専用にカード番号が存在しません。クレジットカードのようにカード番号が付いていると思われがちですが、違うのです。

カード番号がないことで、「カード情報が流出しづらい」というメリットが生まれます。

クレジットカードであればリアルカードに記載された番号を読み取られたり、インターネット上で入力した番号をハッキングされたりしてカードが悪用される可能性があります。ですが、そもそもカード番号を持たないバーチャルカードには、そんな心配は一切不要です。

またバーチャルカードにはリアルカードがありませんので、外出先で落としたり無くしたりする心配もありません。

利用可能額を自分で設定でき使い過ぎを防げる

クレジットカードやカードローンを利用していると、利用可能額が高いせいでついつい使いすぎてしまうということがあります。利用者にたくさんカードを使ってもらうことがカード会社のメリットですので、利用可能額は高く設定されがちです。

しかしバーチャルカードなら自分自身で利用可能額を設定できます。自分自身の支出の状況を鑑みて、利用可能額を選べます。この仕組みのおかげで使いすぎを防げるのです。

例えば、エポスバーチャルカードであればWEBサイト上から「いつでも好きな時に」利用可能額を変更できます。1万円単位から変更可能で、変更内容はその場ですぐに反映されます。

バーチャルカードのデメリット

魅力の多いバーチャルカードですが、デメリットが全くないわけではありません。

  • オンライン/ネット通販でのみ使える
  • 決済上限が低い

実際に利用を開始する前に、バーチャルカードが不得意としている部分もきちんと理解しておく必要があります。

オンライン・ネット通販でしか使えない

バーチャルカードはそもそもオンライン決済専用の決済サービスとして作られています。そのため実店舗での支払いには対応していない点に気を付けましょう。

この点はクレジットカードやデビットカード、バーコード決済サービスと異なる点です。クレジットカードやデビットカードは実店舗でもオンラインでも利用できます。またバーコード決済サービスであれば、例えばPayPayはPayPayフリマ上で、メルペイはメルカリ上で、それぞれ支払うことが可能です。

以上の理由から、バーチャルカードは主にオンライン・ネット通販での支払いに利用したい人におすすめです。

決済上限が低いので大きな買い物はできない

正直なところバーチャルカードの決済上限額はあまり高くはありません。やはり審査が不要であることが、限度額は高くない理由にあるようです。

バーチャルカードの利用限度額は高いものでも10万円程度と言われています。クレジットカードであればショッピング枠の限度額の最小値が10万円程度ですので、この差は大きいでしょう。

もしインターネット上で高額の支払い(数十万円~数百万円)をしたいのであれば、迷わずクレジットカードを作るべきでしょう。

しかし利用限度額が低いことは、見方を変えればメリットでもあるでしょう。無駄遣いを防いでくれるからです。

バーチャルカードを選ぶ時のポイント

ここまでで、バーチャルカードの商品性について理解していただけたかと思います。ここからは実際にバーチャルカードを選ぶ際に、参考になるポイントについて紹介していきます。

  • ポイント還元率
  • 年会費
  • チャージ方法
  • 国際ブランド

いずれもバーチャルカードを選ぶ際に重要なポイントですが、全てを満たした商品を選ぶことは難しいかもしれません。もしそうなら、どのポイントが自分にとって最も重要か、前もって優先順位をつけておくと良いでしょう。

ポイントの還元率が高い、ポイントが使いやすい

もっとお得に買い物をするために、支払い手段を検討する際にポイントを重視する方は多いのではないでしょうか。バーチャルカードはポイント還元率の高さが特徴です。

以下では代表的なバーチャルカードのポイント還元率を表にして比較してみました。

バンドルカード 最大5%
エポスバーチャルカード 0.5%
Kyash 最大1%
楽天バーチャルプリペイドカード 1%
三井住友VISAバーチャルカード 0.50%~1.50%

バンドルカードのポイント還元率が最大5%と抜きん出て高いことが分かります。

ですが他のバーチャルカードも特段に還元率が低いわけではありません。平均的な還元率は1%です。仮に1%の還元率で10万円分の買い物をすればそれだけで1000円もキャッシュバックされます。買い物をしただけで1000円も返ってくれば、お得だと言えるのではないでしょうか。

年会費が0円もしくは年会費がかからない条件が簡単である

サービス自体は魅力的でも年会費がかかる点がネックだということは良くあります。クレジットカードの場合が良く当てはまるのではないでしょうか。

例えば「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の年会費は税込み3万1900円です。利用者限定のサービスが受けられるため単純には比較出来ませんが、かなりの負担でしょう。

しかし、バーチャルカードの多くは年会費が一切かかりません。もしかかったとしても簡単な条件をクリアすれば年会費を0円に抑えることが可能です。

三井住友VISAバーチャルカードでは通常330円の年会費がかかりますが、インターネット入会をすれば初回年会費は無料になります。

支払方法が後払いなのか、前払いのチャージ方式なのか

利用を始める前にチャージ方法について調べておく必要があります。この違いによって、その商品性も大きく異なるからです。

バーチャルカードで利用した代金の支払いを後日に先延ばしたいのであれば、「後払い」のものを選びましょう。

逆に、事前にバーチャルカードにお金をチャージしておくことも可能です。この場合は「前払い」のものを選択してください。

これら2つは支払い方法が異なるだけではありません。

「後払い」であれば利用限度額いっぱいまで買い物に利用することが出来ます。「前払い」であればチャージした分しか使えませんので、利用金額を抑えることが可能です。

使える国際ブランドが自分の使いたいブランドかどうか

実は、バーチャルカードはインターネット上の買い物であればどこでも利用できるわけではありません。そのバーチャルカードの「ブランド」に通販サイトが対応していることが必要なのです。

「ブランド」とはVISA・MasterCard・JCBといったカードブランドのことです。クレジットカードにも同様のブランドが付いていますので、見覚えがあると思います。

以下、代表的なバーチャルカードのブランドをまとめてあります。

バンドルカード VISA
エポスバーチャルカード VISA
Kyash VISA
楽天バーチャルプリペイドカード MasterCard
三井住友VISAバーチャルカード VISA

やはり世界的に最も普及している「VISA」をカードブランドとして採用しているバーチャルカードが目立ちます。楽天バーチャルプリペイドカードのみ「MasterCard」となっています。

おすすめのバーチャルカード一覧

ここまでくれば、後は実際にバーチャルカードに申し込むだけです。参考としておすすめのバーチャルカードを紹介します。

  • バンドルカード
  • エポスバーチャルカード
  • Kyash
  • 楽天バーチャルプリペイドカード
  • 三井住友VISAバーチャルカード

商品ごとに特徴は異なります。利用される方ご自身のニーズにマッチしたバーチャルカードを選んでください。

バンドルカードは審査も年齢制限もなしで即日使える

今すぐバーチャルカードが使いたいという人はバンドルカードがおすすめです。

オンライン上にアップされた人気商品を買いたくてもクレジットカードが限度額でこれ以上使えない、という状況でもバンドルカードなら申し込で即日で利用を開始出来ます。

なぜこれほどまで素早く利用開始出来るのかというと、その理由は「審査がない」ということにあります。やはり審査を行うと様々なチェックにかけなくてはいけませんので、結果が出るまでに時間がかかってしまいます。

また、年齢制限もありませんので通常であればクレジットカードを契約出来ない未成年の方にも大変おすすめです。

エポスバーチャルカードはエポスポイントが貯まってお得

マルイで買い物をする方や、エポスカード(クレジットカード)を利用している方はエポスバーチャルカードがお得です。

基本的にどのバーチャルカードでもポイント制度はありますが、エポスバーチャルカードのポイントは「エポスポイント」です。

エポスカードで貯まったポイントもエポスバーチャルカードで貯まったポイントも合算されますし、貯まったポイントはマルイでの買い物に利用できます。

請求額に関しても、エポスカードとエポスバーチャルカードをまとめて請求してくれますので支払い管理も非常に楽になります。

Kyashの支払いは翌月末の後払い入金OK

バーチャルカードの中には「後払い」機能に対応せず、「前払い」機能しか使えないものがあります。しかし、Kyashなら利用した代金は「翌月末」に支払えばOKです。

利用状況もアプリ上で一元管理できます。支払いを行うとスマートフォンに通知が届きますし、支払い毎に日付や金額が記録されます。

Kyashの機能は後払いだけではありません。

同じくKyashアプリを有する人同士で共同口座を作ることも出来ます。これによって手数料不要で個人間送金が出来ます。また例えばカップルの食費の管理を共同口座で行えば、レシートごとに食費を計算するといった面倒な手間も省けます。

楽天バーチャルプリペイドカードを支払い専用にして無駄使いも防げる

後払いだとついつい使いすぎてしまうかもしれない、と不安な方は楽天バーチャルプリペイドカードにしましょう。

楽天バーチャルプリペイドカードなら利用限度額を事前に自分で決定できます。金額自体も500円~3万円と比較的少額の範囲内ですので、仮に限度額いっぱいまで使ったとしてもそこまで大きな負担にはならないはずです。

ただしカードブランドが「MasterCard」である点には気を付けましょう。

日本国内で最も普及しているのはVISAとJCBですので、MasterCardだと支払えない場合があります

三井住友VISAバーチャルカードは審査ありで上限金額は10万円

三井住友VISAバーチャルカードは他4つのバーチャルカードとは異なり、「審査」かつ「年会費」があります。

審査と年会費があるため、わざわざ利用するメリットはないのではないか?と思うかもしれませんが、きちんとメリットもあります。

ある程度返済能力を有している人にのみ利用を許可しているので、利用限度額は10万円までに設定されています。他の4つのカードは限度額が3万円でしたので、3倍以上の限度額が設定されていることになります。

また年会費も最初の1年目は無料になるという特典が設けられています。仮に2年目に突入しても年間税込み330円しかかかりません。10万円という限度額を考えれば、この程度の年会費なら安いものではないでしょうか。

 カード名 年会費 ポイント 利用枠 国際ブランド 審査
バンドルカード 無料 なし 3万円/1回 Visa なし
エポスバーチャルカード 無料 エポスポイント 10万円 Visa エポスカードが必要でその時に審査あり
Kyash 無料 ポイント 3万円/1回 Visa なし
楽天バーチャルプリペイドカード 無料 楽天ポイント 3万円/1回 Mastercard 楽天カードが必要でその時に審査あり
三井住友VISAバーチャルカード 初年度無料 Vポイント 10万円 Visa あり

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ【ランキングの根拠
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

1位 プロミス


SMBCグループ

審査⇒借入まで最短3分即日借りられる!(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
●瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で口座振込可。在籍確認は原則電話なし!郵送物なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)
↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
✅申込~融資/最短3分※土日祝も当日
  (申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
✅原則在籍確認の電話なし
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即日振込も可
✅コンビニATMでも借りられる
✅最低返済額は1,000円~
審査が不安な人は1秒診断後に申込を。
\申込も簡単「プロミス」借りるまで最短当日/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

2位 アイフル

郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから内緒で借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査もWEB申込なら最短20分。(平日~土日祝でも当日可能)
\金利3.0~【借り換え可】/
↓無利息期間30日間あり【人気上昇中】↓

↑【審査通過のコツ】①記入ミス・書類不備に気を付ける ②希望額は必要な分だけにする ③ウソは書かない

3位 アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。土日祝でも最短20分で即日借りられます。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。(原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施)
\原則電話なし郵送物なしでバレない/

↓返済は35日ごと:返済額1,000円~・借り換え可↓

4位 レイク
\融資まで最短25分・在籍確認は原則連絡なし/
審査が不安な方は簡易診断【最大60日間無利息】

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








この記事の監修者 山口みき
自己紹介 金融WEBメディア運営・管理経験(3年以上)を活かし「お金借りる今すぐナビ」の編集・監修を担当。FP技能士貸金業務取扱主任者・クレジット債権管理士の資格取得にも前向きに取り組んでおり、借り入れに関する疑問や不安に応えるため、常に正確で専門的な情報提供に努めています。
事業所 トイントサロン
Twitter @okanekariruima
YouTube お金借りる今すぐナビ – YouTube
お問い合わせ 下記フォームよりお問い合わせ下さい。
フォーム
関連ページ
お金を借りる相談【Q&A】

子供の歯科矯正のお金がない時はどうする?対処方法や相場・安くする方法やデメリット等解説

2024年4月4日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
毎日、顔を合わせて一緒に食事をする我が子の歯並びが悪いと案外気になるものです。大きくなるにつれて子供本人でも自分の歯並びを気にして悩むという …
お金を借りる相談【Q&A】

メルペイスマートマネーの再開はいつ?新規停止だがいつから使える?審査や申し込み方法・デメリット等解説

2022年9月12日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
メルペイスマートマネーの入会は、現在新規受付停止していますが、再開は未定となっております。当記事では、審査、申込方法や入会するメリット・デメ …
お金を借りる相談【Q&A】

ほぼ借りれる方法はある?審査なし・ブラック・延滞中でも絶対借りれるローン会社はない!注意点など解説

2022年8月18日(広告)
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
絶対に借りられるカードローンというものはありません。消費者金融業者には、貸金業法に基づいて、十分な返済能力がある人にしか貸し付けを行ってはい …