条件別でお金を借りる

審査なしでお金を借りる確実・安全な方法・即日融資希望の時は消費者金融

銀行などからお金を借りる場合、契約の際には口座開設が必須であったり、審査が厳しかったり申し込みから審査結果が出るまでに数日待たされることが多いので、急いでお金を借りたい場合には不向きな弱点があります。

厳しい審査なしで家族や知り合いなどにバレずに安全に、そして急いでお金を借りたい場合に便利でおすすめしたい方法が消費者金融の利用です。(関連:誰にもバレずにお金を借りる事は可能なのか)

消費者金融はパソコンやスマートフォンがあればいつでもどこからでも申し込みができるので他人にバレずに契約がしやすいですし、最短で即日融資にも対応しているので急いでいる場合にも便利です。

またカード発行や自宅へ郵送物が届かないWEB完結で契約をすれば、家族にも内緒でお金を借りることができます。(関連 >>今すぐお金借りる必要がある人用の方法!即日で借りたいなら『お金借りる今すぐナビ』)

※左右(← →)にスクロールします。

おすすめ 審査甘め 借りたい人の特徴 審査が必要な理由 クレカ現金化の危険性 最終手段
消費者金融 中小消費者金融 ブラック 履歴 詐欺被害 市役所「生活福祉資金貸付制度」
ヤミ金 生活費 裁量規制 手数料が高い 質屋
ギャンブル 返済能力 規約違反 親・兄弟(親族)
無職 貸付金額設定 友達
給与前借り

この記事を読むとわかること
  • 店頭申込でもWEB申込でも審査は必ずある
  • 審査なしではないが甘いのは中小消費者金融
  • 最短、即日で借りれるのは大手消費者金融
  • 最終手段は、質屋や買取業者を利用する
↓直近3か月の最新版ランキング↓

即日で今すぐお金を借りれるのは消費者金融

今すぐにお金が必要となったとき、銀行などの金融機関に申し込みをしても基本的には即日融資には対応していないため、緊急時には利用しにくい側面があります。

急にお金が必要となったとき最短で即日で借りれるのは大手消費者金融であるため、今すぐお金が必要となったときには大手消費者金融に申し込みをするのがおすすめです。

スマートフォンが一台あれば申し込みから、必要書類の提出、審査通過後の契約手続きや実際の借り入れ手続きまですべて一貫して行えますし、申込時の利用限度額が50万円以下の場合は原則収入証明書類などの書類提出も不要とされています。さらに最近ではカード発行無しで契約ができるWEB完結契約に対応する消費者金融も増えています。

少額融資(1・3・5万円)でも審査なし・甘いという事はない

住宅や車の購入、学費など目的が決まっている資金は金融機関で借入することができます。

また、生活費だったり、旅行費だったりなど自由に使用できるお金も借入は可能です。数百万円や数千万円という大きな金額に比べると1万円や3万円、5万円は少額です。

そのため、少額融資なので甘い審査だったり、審査なしだったりなど借入しやすいイメージを持っている場合があります。ただ、少額融資だからといって審査なしや甘いという事はないです。金融機関が決めた条件を満たしているかどうかで判断されることになります。

ですから、まずは審査を受ける前に自身が条件を満たしているかどうかを確認することが大事です。その方が無駄な申し込みが減る分、効率的に借入できます。

(関連 >>お金を借りられる限度額はいくらまで?お金借りるための審査内容)

審査なしでお金を借りたい人の特徴やタイプ

審査なしでお金を借りたい人の特徴として、すぐにでもお金を必要としているタイプがあります。

家賃や光熱費の支払いが迫っていたり、欲しい物を購入したかったりなどは審査を受けてから結果が出るまでの時間がもったいないので、審査なしでお金を借りたいと考えています。

現金を引き出すまでのスピードを重視する人は審査なしで借りたいタイプに当てはまっています。また、審査を通過できるかどうかわからないと考えている人審査なしでお金を借りたいタイプの特徴です。

審査をクリアするには収入面だったり、信用情報だったりなどが条件を満たしている必要があります。審査なしなら収入面や信用情報の影響を受けにくいため、余計な心配をせずに済みます。

(関連 >>カードローンの審査が不安な人向けの申し込み時の注意点)

なぜお金を借りる時に審査が必要なのか

金融機関でお金を借りる時には、基本的には審査なしで融資を受けることは不可能であると言えます。

特に正規の金融機関においては、お金の貸し付けをして返済可能かどうかや、どれ位の金額であれば貸し付けを行なっても問題ないかなど、貸し付けの申し込み者の返済能力の判断をする為の審査が行われます。

なぜ金融機関ではお金を借りる時に審査が必要であるのかと言うと、この人であればお金の貸し付けを行なっても大丈夫であるという返済能力を判断する為です。
逆に、金融機関の審査に通らない場合は、審査が通らない状態でお金を借りたとしても返済することが出来ず、自己破産など後々困難な状況に陥る恐れがあるといった一種の警告であると言えるでしょう。

・関連ページ
>>お金借りるための審査内容
>>銀行系カードローンの審査が通らない人の特徴・理由

審査なしでお金を借りる事が難しい理由

審査なしでお金を借りることが難しい最大の理由のは、その人に返済する能力があるかどうかを確認するためです。

逆に審査なしで借りれる業者がいたとすれば、それは違法な闇金融業者と判断して問題ありません。店頭でもWebでも必ず審査が行われます。

総量規制という言葉をご存知でしょうか。総量規制とは貸金業法に定められた、貸し付けを行う業者に関する規制を定めた法律です。

多重債務や過度の借り入れから借りる側を保護するために、年収などを基準にその3分の1を超える貸し付けを禁止しています。

つまり借りる側の年収を把握しないと貸金業者はお金を貸すことができない、このため年収を把握するために審査が必要という立て付けになるのです。

(関連 >>お金を借りられる限度額はいくらまで?)

中小消費者金融は審査がなしではないが甘め

街を歩けば多くの大手消費者金融を目にすることになりますが、そこでも断られてしまうと先が見えなくなることもあるでしょう。

だからといって闇金のような正規の金融業者以外からお金を借りることは推奨できません。大手で断られても、中小消費者金融があり、審査なしではありませんが大手と比べてかなり甘くなっているのが特徴です。

大手と比べると経営も苦しいのが中小消費者金融であり、審査が甘いのが特徴ですので、大手で落ちたとしてもこちらにチャンスの可能性があります。

大手のようなネットを使ったシステムがないのが欠点になりますが、それでもお金を借りることができるチャンスがまだ残されていることになりますので、中小消費者金融にあたってみることをおすすめします。

・関連ページ >>銀行系カードローンの審査が通らない人の特徴・理由

審査なしでもクレジットカードの現金化業者は危険

クレジットカードの現金化を利用すれば、カードローンなどと違い、審査なしに現金を得ることができます。この「審査なし」という点に惹かれてその利用を検討している方も多いかもしれません。ただ、現金化業者の利用には危険が伴います

特に、商品を購入したにも関わらず現金が振り込まれなかった詐欺被害が実際に数多く報告されている点には注意が必要です。年々その相談数は増しているので、現金化業者の利用には危険が伴う可能性が高いことを理解しておきましょう。

また、その利用はクレジットカードの利用を停止されてしまうリスクのある行為です。これはカードの種類にもよりますがその行為は多くのカード会社の利用規約において禁止されているためです。
さらに、現金化を利用すると自己破産できなくなる点にも注意しましょう。

・関連ページ
>>クレジットカードでお金を借りるキャッシング利用・返済方法【注意点・現金化の違法性等解説】
>>未成年がお金を借りる方法・必要な時の工面の仕方

どうしても審査なしでお金を借りたい時の最終手段

どうしても審査に通らない時に審査なしでお金を借りる最終手段は、お金になりそうなものを質屋にもっていくという方法があります。

価値がある時計やブランド品や貴金属なら、その場でお金にすることができます。
その後、お金が出来たらそれを買い戻しに行くこともできますので、一時的に足りないというときに役立つのがメリットです。

親や兄弟は、信頼性が高ければ貸してもらうことができますが親や兄弟も、経済状況が厳しかったりすると金額によっては借りられないこともあるので注意が必要です。貸してあげたことがあるような関係だと、比較的借りやすいでしょう。

友達は、親や兄弟に借りられなかったら、お金を借りる言い訳・理由を考えた上で声をかけてみる価値はありますが金額が大きい場合は借りられない場合が多いです。

5千円や1万円くらいなら持ち合わせがないと言って借りられますが、その金額の貯金が無いのに返済できるのかと思われてしまうこともあります。

合法的にまとまった金額を借りるなら、給与前借という方法なら自分が稼いだ金額なので、お金を借りる罪悪感もなく借りることが可能です。(関連:会社からお金を借りるには)

しかし、毎月借りていると経理からの印象も悪くなりますしイメージが悪くなることは避けられませんので注意しましょう。

質屋でお金を借りる

急にお金が必要になったり、今すぐに現金が必要な場合は金融機関の審査を待っている時間がありません。今すぐに必要な方はどうすれば良いでしょうか。

審査なしでお金を借りるには質屋でお金を借りるのが一番早く借りることができる借入方法です。質屋では自分の所有する物を担保にすることでお金を借りることができるシステムです。

実際にはどんな流れなのか説明したいと思います。先ず物を質屋に預けて、身分証明書を提出します。そして査定を受けたら現金と質札が渡されます。この質札はこの預けた物の情報や金額が記されていて後で物を返してもらうときに必要な書類ですので返してもらうつもりであれば、この質札は大事にとっておかなければなりません。

このような流れなので最短で一時間くらいで借りることができます。

親にお金を借りる

親にお金を借りるなら、書類を提出したり、本人確認を行うといった手続きは必要ありません。審査なしでお金を借りたい、そんな場合の最終手段だといえるかもしれません。

ただし親に心配をかけてしまう、不安にさせてしまうといったデメリットがありそうです。また信頼度が下がってしまい、その後仕事や私生活など様々な面について口を出されることになるかもしれません。

一人暮らしをしている人の場合、お金を借りるようなことがあると、実家に戻ることを要求される可能性もあるでしょう。
親にお金を借りる時は、なぜ必要になったのか、どう使うのかということをきちんと説明する必要がありそうです。

誠実に事実を話せば、理解してもらうことができるでしょう。

兄弟にお金を借りる

お金に困ったときは、兄弟に借りるという方法があります。金融機関ではありませんから、兄弟から借りるときは当然ながら審査なしですし、返済するまでの猶予も長くしてもらえるなどの魅力があります。

ただ兄弟だからといって、金銭的なことで甘えてしまうのは良くありませんから、借りたら絶対に返済をするということが大前提になります。審査なしなだけでなく、無利息で貸してもらえる可能性も高いですが、そんな時にもお礼をすることは忘れないようにします。

兄弟にお金を借りることになっても、返済日を明記する書類を交わしたり、利息が発生する場合にも具体的な数字を明記しておくとよいです。お金のことで兄弟間のトラブルが起きないように、親しき仲にも礼儀あり、という言葉を念頭に入れておきましょう。

友達にお金を借りる

お金に困ったときは、友達に借りるという方法があります。友達なので気軽に頼むことができますし、審査なしですから面倒な手続きは一切必要ありません。ただ気を付けておきたいのは、お金の貸し借りによって信頼関係が崩れてしまうと友情まで壊れてしまいます。

そのためいくら仲良い友達であっても、お金を借りるときは具体的な期日を話し合って何日までに返済をするとか、利息を付ける場合にはきっちり数字をメモに書き留めておくことをおすすめします。

友達なので利息は必要ないという場合にも、お金を借りたということは重大なことですから、何かプレゼントを贈ったり食事に誘っておごるということをすることが大事です。絶対に返済することを忘れないようにしなければ、大事な友人をなくしてしまうこともあります。

給与の前借をしてもらう

お金に困ったとき、働いている場合は給与の前借をしてもらうことで工面することが可能です。自分で働いた代価を給料としていただくのですから、お金を借りるわけではありませんし、利息が発生することもないというメリットがあります。

もちろんお金を借りるわけではないので審査なしですから、面倒な手続きも必要ありません。

ただ給与の前借をしている会社や事業主はそれほど多くありませんし、申し出をしても断られてしまうことがあります。会社の方針や事業主の考え方によって左右されるので、前借を申し出たとしても必ずしもお金を前借できるわけではないので注意が必要です。

また前借を申し出るとお金に困っているのではないかとみなされることもあるので、慎重に行動することをおすすめします。

・関連ページ >>お金借りるための必要書類

市役所で「生活福祉資金貸付制度」の相談をする

お金に困ってどうしようもないとき、多くの人が思いつくのが消費者金融からお金を借りることではないでしょうか。

しかし、消費者金融は当然のことながら金利が発生します。そこでおすすめなのが、市役所の生活福祉資金貸付制度です。これは低所得者や高齢者、障害者など生活が困窮している人たちを経済的に支えることと、在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度で、基本的に無利子で借りることができます。

ただし、連帯保証人が必要です。連帯保証人がいない場合でも借りることは可能ですが、その場合は年1.5%の利子が発生します。

それでも消費者金融と比べれば、とても少ないです。なお上限は、生活支援費であれば1人世帯の場合は月15万円以内、2人以上の世帯の場合月20万円以内です。

・関連ページ
>>銀行でお金を借りる方法【ローンの種類や流れ・デメリットを解説】
>>未成年がお金を借りる方法・必要な時の工面の仕方

【直近3ヵ月】申込数ランキング

※当社調べ
WEB申込で完結&最短1時間カードレス郵送物なしだから誰にもバレずに借りれます。

瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。急いでいる方も安心です。

 

インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。

 

郵送物なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。