プロミス

プロミスで増額できない理由はなぜ?増額審査に落ちた時の対処方法等解説

  • プロミスで増額申込をしたけれど、審査に落ちてしまった
  • プロミスで増額ができなかった理由を知りたい

急にお金が必要になったので、プロミスで増額申込をしたのに、審査に落ちてしまったら、資金が調達できず途方に暮れてしまうと思います。

増額は金額が大きくなる分、審査も厳しくなりがちです。
増額の審査に通るためには、いくつかの条件を満たす必要があります。

この記事を読めば、

  • なぜプロミスの増額審査に落ちたのか
  • プロミスの増額審査に落ちないための方法
  • プロミスの増額審査に落ちた時はどうすればいいのか
  • プロミスで増額申込する方法

について理解が深まります。

プロミスで増額を希望している方には役に立つ情報ですので、ぜひ読んでみてください。

この記事でわかること
  • プロミスで増額できない理由は実績・返済能力・信用の不足
  • プロミス増額の審査に落ちないために6ヶ月滞納せず実績を積む
  • 返済能力が下がった状態で増額申請すると逆に減額になる
  • プロミスでの増額以外でも資金調達はできる
  • プロミスの増額審査は9:00~21:00で実施
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
18歳・19歳以下の方:収入証明書の提出が必須です。※高校生は申込不可(高専生・定時制含む)

―――――――
プロミス ※最短即日借りられる ↓原則在籍確認の電話なし↓
\初めてなら30日間無利息/

SMBCグループの安心感『プロミス』

簡単申込のプロミス!借りるまで最短当日 ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
アコム ※最短当日借りられる 35日毎の返済可:返済額1,000円~
\21時迄の審査申込で最短即日借りられる/

↓最新版ランキング↓

>>この記事の監修者情報

プロミスで増額できない理由はなぜ?

増額の場合でも、審査は必要になります。
ですので、増額の希望が必ず承認されるわけではありません。(プロミスってやばい?)
また、新規と増額では審査のポイントが異なります。

増額審査に落ちるのには、いくつかの理由があります。

主な理由を以下にまとめました。
まずは自分の今の状況と照らし合わせて、現状を把握することが大切です。

プロミスで増額・増枠できない理由
  • プロミスの利用期間が6ヶ月以下で実績不足 
  • 過去の滞納が信用情報に記録されている 
  • 新規申込より年収が下がった 
  • 総量規制は使用していない借入枠も含まれる
  • 増額による返済期間の長期化リスクで審査は厳しくなる
  • 申込が営業時間外だった 

プロミスでの利用・返済実績が少ない

新規にプロミスを申し込んだばかりの場合、利用期間が短く、十分な利用実績がないため、増額審査が困難になります。

増額審査では、プロミスでの利用実績も重要な判断基準となります。そのため、利用実績が少ないと、プロミス側も審査の判断が難しくなります。

返済実績を築くためには最低6ヶ月が必要です。

プロミスにて期日を守って6ヶ月間返済を続けると、信用が積み上がり「お金の管理ができる人」と判断され、増額がしやすくなります。 

プロミスを含む借入返済を滞納している

プロミスだけでなく、他社での借入を滞納していた場合は、増額審査に通るのは難しいです。

支払い期日が61日以上遅れると、信用情報機関に記録されてしまいます。

増額審査では信用情報が照会されるため、記録された延滞情報を見て、増額審査を否決します。(プロミスの延滞)

審査では「この方はきちんと返してくれる人なのか」を審査で見られます。

滞納すると信用が落ちてしまうため、期日通りに支払う必要があります。

新規申込み時よりも返済能力が下がっている

新規申込にて契約後に転職し、年収が下がってしまった場合は返済能力が下がった状態になってしまいます。勤務先の経営状態悪化によるボーナスカットも同様です。

現在、転職活動中の場合も、無職と見なされてしまいます。

また、プロミスは他社からの借入が増えてしまった場合、新たにローンを組んだ場合も返済能力が下がったと判断され、増額審査に落ちる原因になってしまいます。

他社借入を含む借金額が総量規制いっぱい

プロミスは消費者金融であり、貸金業者に分類されます。貸金業者には総量規制が適用されるため、現在の借入総額が、他社借入の分も含めた状態で年収の3分の1付近の水準まで達している場合は、総量規制により増額は否決されます。

現在、総量規制に達していなくても、増額希望の金額を含めた結果、総量規制に達してしまう場合も同様です。

総量規制の対象になっているものとは、

  • 消費者金融からの借入
  • クレジットカードのキャッシング利用分

になります。

住宅や車のローンでの借入分は、総量規制の対象外となります。
カードローンでも、銀行のカードローンは総量規制対象外です。
クレジットカードでの商品購入分も含まれません。

プロミス公式サイトにて、除外となる貸付について記載されています。
(参考:「除外」となる貸付|重要なお知らせ|プロミス公式サイト)

クレジットカードでお金を借りれるキャッシング枠も総借入額に含まれてしまいます。実際にキャッシングを利用していなくても、枠がある以上、いつでも借入ができる状態ですので審査の際には検討されます。

使用していないカードローンを契約したまま放置している場合も総借入額に影響があります。

新規申込みよりも増額審査の方が厳しい

新規申込の際は、通常少額からの借入が多いため、審査もそれに見合ったものになりがちです。しかし増額となると、借入金額が大きくなることから審査もより慎重に行われます。

プロミス側としては、貸し倒れになってしまうことを避けたいため、確実に返済できる人への貸付を望んでいます。

借入金額が大きくなると、それに比例して返済期間も長期化するため、返済不能に陥るリスクが高まります。病気やリストラなど、予期せぬ事態も考慮に入れなければなりません。

そのため、プロミスは安易に増額を承認することはできません。自己破産などで貸付金が回収できなくなるリスクがあるため、返済能力に疑問がある方を審査に通過させることは難しいのです。

増額申請申込時間を過ぎている

「増額申込したのに審査の結果が届かない、返信がない」と思ったときは、プロミスの営業時間を確認してみます。

WEBでの申込は24時間可能ですが、審査は24時間行われているわけではありません。

申込がプロミスの営業時間外であれば、増額の対応は翌日になります。

プロミスで増額審査に落ちたYahoo!知恵袋・口コミを調査

プロミスで増額申請を行い、審査に不合格となった方々が実際にどのような状況にあったのかについては、様々な体験談が口コミで寄せられています。これらの口コミを調査し、検証してみました。

増額審査に落ちたYahoo!知恵袋のQ&A

Yahoo!知恵袋にて、あるユーザーがプロミスの増額審査に落ちた後の、再申し込みの適切なタイミングについて質問がありました。

  • プロミスの増額審査に落ちた後、レイクへの申し込みも審査落ちしており、事故や延滞の記録はないものの、申し込みブラックになっているのではないか、という質問がありました。その答えとして、審査に落ちる原因は、現在の借り入れが多い、年収が低い、などが挙げられるので、これらの問題が改善されない限り、単に時間を空けても増額は難しいし、プロミスが増額を提案しても、他社への申し込みが多いと審査に通りにくくなる、という回答がありました。

単純に再申し込みの期間を空ければいいだけ、というものでもないようです。

プロミス側から増額の案内が来たとしても、プロミス以外に申込んでしまうと「他社借入が多い」という理由で審査には落ちやすくなります。

新規契約から1年間、延滞もなく返済し年収も高い状態で、総量規制の範囲内で増額申込をした結果、審査に落ちた方もいます。

  • 新規契約から1年が経過し、延滞もなく、年収は約600万円で、現在の借入額170万円を200万円までに増枠希望、直近2か月分の給与明細と賞与明細を提出したにもかかわらず、審査に落ちてしまったのはなぜなのか、という質問がありました。答えとして、クレジットカードのキャッシング枠が残っている可能性もあると回答されています。

年収600万に対し、借入200万ですと総量規制ギリギリですので、審査には不利になります。この状態でプロミス以外の借入枠が残っていると審査には落ちてしまいます。クレジットカードのキャッシング枠などは見落としやすいので注意が必要です。

増額審査に落ちたことで、プロミスからの追加借入を停止されてしまった方もいます。

  • プロミスの増額審査に総量規制のために落ち、その後プロミスのカードが使えなくなってしまったが、他の銀行のクレジットカードは使えるかどうか、という質問がありました。答えとして、プロミスの枠が停止したことは、他の無担保借金の増加や収入の減少が原因かもしれないため、銀行のクレジットカードの更新時にも問題が生じる可能性があると回答されています。

他社からの借入が増えた、新規申込から収入が減った状態での増額申込は、避けた方がいいようです。プロミス以外にも悪影響があるかもしれません。

増額できなかった口コミ

増額の申込自体ができなかった方の口コミもあるようです。

  • 2か月前位から毎月1回、増額申請の申込をするのですが、プロミス側から「限度額が最高500万に変わったので、貴方の支払実績なら将来的に限度額の見直しは可能ですが、今はまだ増額申請は出来ません」と言われました。プロミスで契約してから、毎月の支払いも遅れる事なく支払いしています。過去も現在も、他からの借入はありませんし、今の自分の年収は、借入限度額500万が年収の3分の1に収まります。という質問があり、答えとして、通常、返済開始から半年以上経たないと増額申請は通らない、と回答されています。

年収が高くて延滞もなく、他社からの借入がない状態でも、半年経っていなければ増額申込は受け付けてもらえないようです。

年収が低く、他社からの借入が多い場合も、増額の申込はできないようです。

  • プロミスに増額を断られました。現在借金25万円(銀行10万、クレジットカード10万、プロミス5万)を抱え、パートで年収100万円。月々の支払いが2万2千円あり返済が苦しいので借金をまとめたいのですが、どこか貸してくれる所はありますか。という質問があり、答えとして、このような状況でおまとめローンを利用しても、収入が生活費に届かないため返済は難しい。それを知りながら借りる行為は詐欺罪にあたる可能性がある。プロミスが追加貸し付けを断ったのは、デフォルトリスクが高いためであり、これは企業として当然の判断、と回答されています。

返済能力が低いと判断されれば、増額は受け付けてもらえません。

プロミスの増額審査落ちしないコツ

増額審査では、今までのプロミスでの利用状況も見られた上で、増額の可否を判断されます。新規での申込よりも、より返済状況が分かる分、返済実績に傷を付けないように確実に返済しなければなりません。

増額審査に落ちないためには、いくつかのコツがあります。

プロミスの増額審査落ちにならないコツ
  • とにかく半年~1年は期日通り返済を続ける 
  • 収入証明書は転職した場合に注意する 
  • プロミス以外の支払い期日も必ず守る 
  • 安易に増額すると逆に減額になる可能性がある 

返済実績を積む

初回の申込時、プロミスでの返済実績がまだないため、比較的低い金額が提示されることが多いです。通常、初回の限度額は50万円以下のケースが多く見られます。

その後の返済状況に基づき、返済能力が評価されます。プロミスでは、確実に返済できる顧客を好むため、優良顧客には増額審査が通りやすくなります。

重要なのは「半年から1年間、期限通りに地道に返済を続け、返済実績を積むこと」です。

また、決められた返済額を超えて支払うことで繰り上げ返済が可能になり、信頼をより積み上げやすくなります。

なお、全額返済の経験があれば、返済能力が認められることになります。これは、次回の借入がしやすくなるだけでなく、増額審査にも通りやすくなる傾向にあります。

収入証明を準備しておく

以下に該当する場合は、収入証明書が必要になります。

  • 借入額が50万円を超える場合
  • 借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合

収入証明書とは、名前の通り「収入を証明するための書類」です。

収入証明書にあたるものは、プロミス公式サイトにて以下のように説明されています。

次の書類の中から1点をご用意ください。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書(最新のもの)
  • 所得(課税)証明書(最新のもの/「収入額」と「所得額」の記載があるもの)
  • 給与明細書(直近2か月分)+賞与明細書(直近1年分)

※賞与明細書がお手元にない場合は、直近2か月分の給与明細書をご提出ください。
(引用元:キャッシング・カードローンなら消費者金融の【プロミス】公式サイト)

これらの書類を、増額審査のために準備しておきます。

転職したばかりで給料明細書が1ヶ月分しかない場合は、収入証明書として認められないので増額ができません。

現在の勤務先が新規契約時と異なる場合、プロミスに登録されている情報と収入証明書の情報が一致しないと、確認のための電話が入ります。

また「正確な申告をしなかった」と見なされ、信用が低下してしまう恐れがあります。

そのため、勤務先が変わった場合は、会員ページで情報を事前に更新することが重要です。

なお、借入額が50万円以下であっても、収入証明書を提出しておくことで審査に通りやすくなることもあります。

返済期日を守り返済に遅れない

増額審査を通過するためには、プロミスでの返済期日を守ることが必須ですが、他のすべての支払いに関しても返済期日を守ることが重要です。(プロミスの引き落とし時間は?)

他のすべての支払いにあたるもの
  • 住宅、自動車ローン
  • 銀行カードローン
  • 家賃の支払い
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • スマートフォン端末の分割払い
  • クレジットカードでの支払い

これらの支払いを延滞してしまうと、信用情報機関に延滞が記録されてしまいます。

そうなれば、増額審査を通過するのは難しいです。

ですので、すべての支払いの期日を守り、確実に支払うことが大切です。

増額審査2回目以降の場合の注意点

プロミスでの増額を希望する際に、新規申込時に比べて返済能力、信用が低下している場合は、注意が必要です。

返済能力、信用が低下した例
  • 他社からの借入が増加した
  • 支払いの延滞をしてしまった
  • 年収が下がってしまった

これらの状況で増額を申し込むと、現在の借入にも悪影響を及ぼす可能性があります。

増枠審査では新規申請時の状態ではなく、現在の返済能力や信用情報が反映されます。

もし状況が悪化している場合は「返済能力が低下した」と見なされ、現在の借入枠が減額される可能性があります。さらに追加の借入が難しくなり、利用は返済のみになることもあります。

「お金が必要になってしまう時に備えるため、念のために借入枠を多めに持っておきたい」と安易に増額申込してしまうと、現在の借入枠の減少につながるリスクがあります。

増額を望んでいたのに、逆に減額されてしまう事態を避けるためには、増枠申請は慎重に行う必要があります。

プロミスの増額審査に落ちた時の対処方法

「増額の審査に落ちてしまったけれど、資金を調達しなければいけない」

そんな状況では、焦ってしまいがちです。
まず、増額審査に落ちた後に、再度申込をするのは逆効果です。

だからといって、間違ってもヤミ金に手を出してはいけません。

資金を調達する方法は、増額以外にもいくつかあります。
冷静になって、出来ることから実行していきます。

プロミスの増額審査に落ちた時の対処方法
  • 再申し込みの期間を空けて増額審査に通りやすくする
  • クレジットカードのキャッシング利用前に契約書を確認する 
  • 他社で増額希望額だけ借りる 
  • 契約者貸付を利用すれば保険は解約しなくていい 
  • 定期預金を担保に借りれば審査不要で低金利 

再申込みはすぐにせず半年~1年待つ

審査に落ちた後に、すぐ申し込みをしても審査に通る可能性は限りなくゼロに近いです。

それよりも、半年〜1年程度待ってからの再申し込みの方が、審査通過の可能性は高まります。

再申し込みの期間を空けるメリット
  • プロミスの利用実績が貯まる
  • 借入残高が減る
  • 滞納による事故情報が消える
  • 勤続年数が増える

これらのメリットにより、半年〜1年後は、増額が可能になります。

クレジットカードのキャッシング枠を使う

使用中のクレジットカードにキャッシング機能がある場合、そちらを利用することで資金を調達することが可能です。

クレジットカードのキャッシング機能の利用は審査不要のため、すぐに利用できます。

利用する場合は、まずは利用可能額と金利、返済方法を確認します。

リボ払いになっていると、元本が減りにくいので返済に時間がかかってしまいます。

ですので、カードの利用規約を確認してから利用することが大切です。

しかし、キャッシング枠の金額は少額なのが一般的です。必要とする金額が足りるかは、手持ちのクレジットカードの契約内容を確認して判断します。

クレジットカードのキャッシングの注意点については、以下の記事で詳しく解説されています。

他の消費者金融カードローンの新規申込みをする

  • 半年~1年も待てない、いますぐお金が必要
  • クレジットカードのキャッシング枠では足りない

このような状況であれば、プロミス以外の消費者金融で新規契約する方法もあります。

消費者金融であれば、即日融資も可能です。
増額したい分だけ必要であれば、借入額は少額で済むはずです。
少額であれば、審査にも通りやすくなります。

銀行カードローンは審査も厳しめで、融資にも時間がかかる傾向があります。

ただし、借入件数を増やしすぎると、管理が大変になるだけでなく、金利の負担も増えてしまい、今後の増額審査にも不利になります。

そのため、必要な分を借入したら、すぐに返済するようにします。

新規であれば、30日無利息サービスが適用されるので、うまく活用します。

生命保険会社の契約者貸付を利用する

「資金が必要だから」と保険を解約してしまうと、いざというときの保障がなくなってしまうだけでなく、解約後に病気になってしまった場合は、保険に再加入するのが難しくなってしまいます。

そんな時は、「契約者貸付」を利用して、生命保険会社からお金を借りることができます。

契約者貸付を利用すれば、契約している保険の「解約返戻金」を担保に貸付が行われるので、せっかく加入した保険を解約する必要がありません。

解約返戻金」とは、保険を解約したときに戻ってくるお金のことです。

解約返戻金があるのは「貯蓄型保険」のみです。
ですので、加入している保険が「掛け捨て保険」の場合は、契約者貸付は利用できません。

自分の加入している保険が貯蓄型保険なのかが分からない場合は、解約返戻金があるかどうかを確認してみます。

生命保険の契約者貸付には、以下のメリットがあります。

契約者貸付を利用するメリット
  • 解約返戻金を担保にするので審査不要
  • 借入分は総量規制に入らない
  • 借入が信用情報に記録されない
  • 金利は2~8%なので低金利で利用できる
  • 基本的に返済期日は決まっていない

審査は実施されないので、他社の借入の審査に落ちてしまった方、返済能力や信用情報に自信がない方でも借入ができます。

保険会社は貸金業者には該当しないため、契約者貸付の利用分は総量規制には適用されません。そのため、すでに総量規制まで借入をしている状態でも利用できます。

また、契約者貸付で借入した分は信用情報にも記録されません。

契約者貸付は借入なので金利はかかってしまいますが、多くの保険会社で金利は2〜8%と設定されているため、低金利での借入が可能です。

なお、金利は契約している保険によって異なるため、一度約款を確認してみます。

返済期日も決まっていない場合が多いため、自分のペースで返済ができます。

審査が不要で低金利である点は大きなメリットですが、当然ながらデメリットも存在します。

契約者貸付を利用するデメリット
  • 保険加入期間が短いと借入限度額も少ない
  • 金利は複利なので長期になるほど借入額が増える
  • 借入額が解約返戻金を超えてしまうと保険が失効になってしまう

保険加入期間が短いと、解約返戻金が積みあがっていません。借入できるのは解約返戻金の7〜9割のため、借入できる金額も少なくなってしまいます。

契約者貸付は低金利で利用可能ですが、金利は複利で設定されています。そのため、返済が長期になるにつれて、利息も膨らんでいきます。そして膨らんだ利息分が借入限度額を超えてしまうと、保険が失効してしまいます。

失効してしまうと、いざというときに保険が使えません。

返済期日が決まっていないと、どうしても返済は後回しになってしまいます。ですので、契約者貸付を利用する際は「必要な分だけ利用してすぐ返済」という使い方がお金を借りる安全・安心な方法です。

借入が長期に及びそうな方には、単利のカードローンをおすすめします。

契約者貸付の利用方法などは、以下の記事で詳しく解説されています。

銀行の定期を担保にお金を借りる

普段利用している銀行で定期預金をしている場合は、定期預金を担保に銀行からお金を借りることができます。これを「定期預金担保貸付」といいます。

定期預金担保貸付を利用すれば、せっかく長年積み立てた定期預金を取り崩す必要がありません。

預金額に対してどのくらいの割合で借入できるのかは、銀行によって異なりますが、一般的には90%のところが多いようです。

定期預金担保貸付の利用には、多くのメリットがあります。

定期預金担保貸付を利用するメリット
  • カードローンより圧倒的に低金利
  • 定期預金を担保にするので審査不要
  • 審査がないのですぐに借入できる
  • 借入をしても信用情報に記録されない

ただし、借入をしている期間は定期預金を解約することはできません。

定期預金担保貸付の利用方法などは、以下の記事で詳しく解説されています。

ゆうちょ銀行を利用している場合は「貯金担保自動貸付」も選択肢に入ります。

貯金担保自動貸付とは、預金額より引き落とし額が超過してしまった際に、超過した分が自動で貸付される仕組みのことです。

郵便局は全国にあるので、利用しやすいことも利点のひとつです。

貯金担保自動貸付の利用方法などは、以下の記事で詳しく解説されています。

プロミスの増額審査の流れ

プロミスで増額申込する方法は、以下の3種類です。

  • インターネット(会員サイト・アプリ)
  • プロミスコール(電話)
  • 自動契約機

それぞれの申込から審査までの流れを解説します。

増額申込み方法 審査時間 受付時間 必要書類
インターネット(会員サイト・アプリ) 9:00~21:00 24時間 収入証明書(50万円を超える、もしくは他社分を合わせて100万円を超える場合)
プロミスコール(電話) 平日9:00~18:00 平日9:00~18:00
自動契約機 9:00~21:00 9:00~21:00

会員サイト・アプリからであれば、申込は24時間受付されていますが、審査は営業時間内である9:00〜21:00で実施されます。

増額申込は、誰でもできるわけではありません。増額できない状態だと、増額のボタンがグレーアウトになっているため、増額申込ができないようになっています。

プロミス増額審査にかかる時間は「申込金額が50万円を超えるかどうか」によって変わってきます。

WEB・アプリで申し込んだ場合(50万円以下)
  1. 会員サイト、アプリにログイン
  2. 増額を希望する金額を入力
  3. 審査結果の回答(最短60秒)
  4. 契約成立、会員サイトに増額反映

審査結果の最短60秒回答は、一定の条件を満たす方のみになります。対象外の方は、最短30分で審査結果のメールが届きます。(プロミスの審査結果が来ないけどいつ来る?)

金額が50万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要になります。

WEB・アプリで申し込んだ場合(50万円以上)
  1. 会員サイト、アプリにログイン
  2. 増額を希望する金額を入力
  3. 収入証明書の提出
  4. 審査実施(最短30分)
  5. 審査結果をメールで受け取り
  6. 契約成立、会員サイトに増額反映

増額する金額が大きいほど、審査には時間がかかります。

勤務先、年収に変化がないか、確認の電話が入る場合もあります。
また、増額を希望する理由を聞かれることもあります。(プロミスから電話がかかってくる理由)

書類が準備できていない状態でも申込は可能ですが、審査にはその分時間がかかります。

勤務先が変わっている場合は、会員サイトから変更できるので、事前に勤務先情報を更新しておくことをおすすめします。

新規申込から勤務先が変わっていなければ、在籍確認は行われません。
転職して勤務先が変わっていれば、在籍確認が実施される可能性があります。

電話の場合、増額の申込、審査は平日の9:00〜18:00でしか実施されません。なお、申込方法によって審査の結果が変わるわけではありません。

自動契約機の場合は、増額申込、審査は9:00〜21:00までとなっております。

増額審査に落ちた時の連絡はどこで確認できる?

増額の審査結果をどこで確認するかは、審査方法によって異なります

最短60秒での審査が適用された場合は、申込画面に直接結果が表示されるので、すぐに審査結果を知ることができます。

一方で、借入額が50万以上の場合は、審査完了の通知がメールにて届きます。このメールを受け取った後、プロミスの会員ページにて審査結果を確認できます。なお、審査完了メールが届くまでは、会員ページに審査結果は表示されません

メールが届かない場合でも、必ずしも審査に落ちたわけではありません。
プロミスでは、審査に不合格でも審査完了メールを送付します。
メールが届かない場合、審査に時間がかかっている可能性があります。

審査完了メールが届かず心配な方は、プロミスコールに電話してみることで、審査の進行状況を確認できます。

利用状況により増額の案内がある場合もある

毎月きちんと返済を続けていると、プロミスの方から増額の案内が来ることがあります。

案内が来たということは一定の水準は満たしているということになります。

増額できる水準
  • 1年以上延滞なく返済している
  • 増額しても総量規制に該当しない

ただし、案内が来たからと言って、必ず増額できるわけではありません。
案内があっても、審査は必ず行われます。

ですので、増額の案内があったときに申込ができるように、普段のプロミス以外の支払いも滞納なく行っておくことが大切です。

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ【ランキングの根拠
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

1位 プロミス


SMBCグループ

審査⇒借入まで最短3分即日借りられる!(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)●瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。原則会社への電話なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)※在籍確認は原則電話なし
↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
✅申込~融資/最短20分※土日祝も当日
  (申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
✅原則在籍確認の電話なし
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即日振込も可
✅コンビニATMでも借りられる
✅最低返済額は1,000円~
審査が不安な人は1秒診断後に申込を。
\申込も簡単「プロミス」借りるまで最短当日/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

2位 アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。土日祝でも最短20分で即日借りられます。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
返済は35日ごと:返済額1,000円~可
\他社からの借り換え可/

郵送物なし可・バレずに最短20分融資

3位 SMBCモビット

インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短60分で借りられる!(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
WEB完結申込で原則電話・郵送物なし!
\審査通過率NO1/

4位 レイク

\申込から融資まで最短25分で在籍確認は原則連絡なし/
審査が不安な方は簡易診断から【最大60日間無利息】

👑5位 アイフル
郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査もWEB申込なら最短20分。(平日~土日祝でも当日可能)

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








この記事の監修者 山口みき
自己紹介 金融WEBメディア運営・管理経験(3年以上)を活かし「お金借りる今すぐナビ」の編集・監修を担当。FP技能士貸金業務取扱主任者・クレジット債権管理士の資格取得にも前向きに取り組んでおり、借り入れに関する疑問や不安に応えるため、常に正確で専門的な情報提供に努めています。
事業所 トイントサロン
Twitter @okanekariruima
YouTube お金借りる今すぐナビ – YouTube
お問い合わせ 下記フォームよりお問い合わせ下さい。
フォーム
関連ページ