支払い滞納・延滞・遅延の時

保釈金が払えないとどうなる?保釈保証金がない時の対処方法や相場など解説

保釈金は、被告人を拘束されている状態から解くために必要なお金です。しかし保釈金の相場は150万円〜300万円と言われており、誰もが必ず支払えるような金額ではありません。

さらに保釈されるまでには、弁護士を介して裁判所とのやりとりを行う必要があります。しかし保釈金を支払うだけでは保釈されず、保釈されるために必要な条件を満たすこともポイントです。

大金でもある保釈金を支払えない場合は、弁護士に相談したり日本保釈支援協会の立替システムなどを活用するなどいくつか対処方法はあります。いくつかある対処方法の中でも、最終手段としてカードローンを活用することもおすすめです。

この記事でわかること
  • 保釈金は、身柄拘束を解くために必要な費用
  • 保釈金の相場は150万円〜300万円だが、事件内容によって異なる
  • 保釈金は電子決済での支払いもできる
  • 保釈金は裁判終了後に返ってくるが、場合によっては一部または全額没収されることもある
  • 保釈金が払えない場合にはカードローンも検討すべき
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
18歳・19歳以下の方:収入証明書の提出が必須です。※高校生は申込不可(高専生・定時制含む)

―――――――
プロミス ※最短即日借りられる ↓原則在籍確認の電話なし↓
\初めてなら30日間無利息/

三井住友銀行グループの安心感『プロミス』

\申込も簡単「プロミス」/ ↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
アコム ※最短当日借りられる 35日毎の返済可:返済額1,000円~
\20時迄の審査申込で最短即日借りられる/

―――――――
アイフル ※借り換え可 電話・郵送物は原則なし・24h365日振込可
\スマホで申込~返済まで完結できます/

↓最新版ランキング↓

保釈保証金の相場はいくら?

保釈保証金は、「保釈金」と略されることもあり、被告品を身柄拘束を解くために必要な費用です。

保釈金を支払えば、裁判まで拘置所で過ごす必要はなくなります。保釈金を支払う大きなメリットといえば、裁判に向けて弁護士と入念に打ち合わせができることです。

拘置所にいながら弁護士と打ち合わせするには、限られた面会時間で行う必要があります。面会時には警察官がつきっきりである場合がほとんどであるため、何でも話せるような雰囲気ではありません

また保釈金の相場は、被告人が犯した罪などによって異なります。裁判所に出頭しなければ保釈金は没収されるため、「きちんと出頭しよう」と思わせるような金額であることがポイントです。

保釈金とは

【保釈金とは】

正式には、保釈保証金といいます。被告人が裁判所に納める費用であり、保釈を認めてもらうために必要です。保釈金を支払うことで保釈が認められ、遵守事項を守ることを条件に普段通りの生活ができるようになります。

保釈金を支払えば拘置所を出られますが、支払わなければそのまま身柄拘束が続きます

さらに保釈金は裁判所に出頭すれば、裁判が終了したときに返却されます。逆をいうと、裁判所に出頭せずに逃亡すれば保釈金は没収されます。

そのため裁判所が提示する額は、被告人にとって没収されては困る額である必要があります。保釈金を支払うということは、裁判所に出頭することを約束するようなものです。

裁判によって罰金刑が科された場合は、事前に納めた保釈保証金から差し引かれることもあります。

保釈金の相場

保釈金の相場は、犯した罪の程度によって定められます。事件別で保釈金の相場をご紹介します。

事件内容 保釈金の相場
【交通事故】

無免許運転やスピード違反などの場合:150万円前後

死亡事故の場合:300万円前後

【財産事件】 単独犯の場合:150万円前後

組織ぐるみによる犯行の場合:500万円前後

【薬物事件】 大麻所持・使用の場合:150万円前後

覚醒剤所持・使用の場合:200万円前後

【性犯罪】 痴漢や盗撮などの場合:150万円前後

強制わいせつの場合:200万円前後

強制性交の場合:300万円前後

犯した罪や事件内容によって保釈金は異なりますが、150万円〜300万円が相場だといえます。中には振り込め詐欺などの、組織での犯行の場合には500万円前後と金額は高くなります。

また被告人の生活環境によって金額が上げられることもあり、1億を超えるケースもあります。特に芸能人などの著名人は、1億以上の保釈金を支払った例も実際にあります。

保釈金が払えないとどうなる?

ただでさえ、逮捕や犯罪、裁判所・警察・検察など日常生活とかけはなれた場面におかれ、お金が必要となれば、本人も家族も混乱してしまうことでしょう。

保釈をしてもらうためには保釈の請求をしなけばいけません。その被告人の親や兄弟、配偶者、または弁護士から請求をすることができます。

【保釈請求ができる人】

  • 被告人本人
  • 被告人の弁護士
  • 法定代理人
  • 保佐人(判断能力が低下した人のために同意権、代理権、取消権を持つ人)
  • 配偶者(夫・妻)
  • 直系の親族
  • 兄弟姉妹

保釈の請求が通ったとしても保釈金が払えなければ、拘置所、または警察の留置場から出て自宅に帰ることができません。

捕まった本人が容疑をかけられたまま、自由がなく、監視下におかれて精神的にも肉体的も休まらない時間を過ごすことになります。

慣れない見知らぬ場所で、裁判が始まって罪が確定するまで身柄を拘束されなければいけないという状況は、辛すぎます。

その上、罪が確定してしまえば家に帰るということは、しばらくできないかもしれません。

保釈金は、逃げたり、隠れたり、証拠をごまかそうとしたりしなければ、返却されます。悪いことをしなければ、預けるだけになるお金なので、できることであれば、なんとしてでも身内のためにもお金を用意し、裁判までは自宅で過ごせるようにしてあげたいものです。

保釈されるまでの流れ

保釈されるまでには、保釈申請を行い保釈金を支払う必要があります。保釈金の支払いは、弁護士を介することがほとんどであり、その際には弁護士への報酬金も支払わなくてはいけません

さらに保釈されるには、保釈金のみを支払うのではなく、保釈されるための条件を満たす必要もあります。再犯を防ぐためにも、厳しい条件が設けられています。

また保釈金の支払い方法は、現金または電子決済から選べます。近年では電子決済による支払い方法の利用が増え、24時間365日好きなタイミングで支払えるというメリットがあります。

さらに支払った保釈金は、保釈後の裁判に出れば返ってきます。しかし返ってくるのかも審査が行われ、必ず全額が返ってくるわけではありません。裁判所が設ける遵守事項を破れば、一部または全額が没収されることもあります。

保釈される条件は?

保釈金を支払うのみでは、簡単に保釈されることはありません。保釈されるためには、以下のような条件を満たす必要があります。

  • 重罪ではない
  • 前科がない
  • 常習性がない
  • 証拠隠滅をする可能性がない
  • 住所と氏名が明らかである

重罪ではないことが保釈の条件の1つですが、具体的に「死刑・無期懲役ではない」または「法定刑の刑期の下限が1年以上の懲役・禁固刑ではない」ことをいいます。

さらに前科はがないということは、「法定刑の上限が10年を超える罪の前科がない」ということでもあります。

また裁量保釈義務的保釈によって保釈されるケースもあります。

裁量保釈は、被告人が職業柄どうしても仕事で必要な場合や、病気などで治療が必要である場合に適用されます。義務的保釈は、拘置所で拘束される期間が不当に長期化された場合に適用されるものです。

保釈金を納めてから保釈されるまでの流れ

まず保釈を認めてもらうために、保釈申請を行う必要があります。上記でご紹介した保釈の条件を満たしていることを確認してから申請します。

保釈申請は、起訴された後にしか行うことができません。

保釈申請が通ったら、裁判所に保釈金を納めます。その際に弁護士に依頼する必要があり、保釈金自体は親族から弁護士へ渡されることが一般的です。保釈金を収めたときに、保釈許可決定書に領収印を押してもらう必要があります。

保釈金を支払うとの同時に、保管金受領証書の提出も必要です。保管金受領証書を提出し、保釈金の還付先の口座を指定します。還付先の口座は、被告人本人のものでなくてはいけません

次に領収印が押された決定書を、弁護士が担当部署に提出します。書記官から検察庁に「保釈金が支払われた」という旨が伝えられ保釈されることになります。

保釈許可決定書を担当部署に提出してから、約1時間〜2時間ほどかかります。そのため朝に保釈金を支払うなどの手続きを行ったとしても13:00以降場合によっては翌日になる可能性もあります。

保釈金の支払い方法

保釈金は、原則現金での支払いとなっています。

さらに弁護士を介して保釈金を支払ってもらうことが一般的です。しかし弁護士以外の第三者が支払うケースも見かけられます。

保釈請求を弁護士に依頼する場合、報酬金として10万円〜20万円程度支払う必要があります。

保釈金の支払い先は、裁判所の会計課または出納官史のどちらかです。また受付時間は平日9:00〜17:00である場合がほとんどであり、地域によって異なります。

現金での支払いが原則といいましたが、近年では電子決済で支払いを済ませることも可能になりました。電子決済を利用すれば、コンビニのATMから簡単に振り込めます。また依頼を受けた弁護士にとっても、大金を持ち運ぶ必要がなくなるためトラブルが起こることも避けられます。

ただし電子決済で保釈金を支払うには、電子納付利用者登録申請書を提出し事前登録を行う必要があります。電子納付利用者登録申請書は、各地方裁判所のHPからダウンロードできる場合があります。

保釈金は戻ってくる?いつ戻るのか

支払った保釈金は、保釈後の裁判に出頭し裁判が終了すれば戻ってきます。

裁判が終了した日から、数日程度で指定した口座に振り込まれます。遅くても1週間後には振り込まれていることがほとんどです。

もし1週間以上経っても振り込まれない場合は、担当した弁護士や裁判所に問い合わせてみるといいでしょう。

また保釈金は、遵守事項を破っていないかの審査によって返ってこない場合もあります。もし審査に落ちれば、保釈金の一部または全額没収されてしまい、振り込まれないこともあります。

保釈金の還付に関する審査に落ちた場合は、裁判所などに決定通知が伝えられるため、何も伝えられずに没収されることはないでしょう。

保釈金が返還されないのはどんな時?

保釈金が返還されない場合は、主に以下のケースに該当します。

  • 裁判に出ない
  • 逃亡する
  • 禁止されていることを破る

保釈金は、保釈後でも必ず裁判所に出頭することを約束するお金でもあります。そのため出頭しなかったり、逃亡してしまうと当然保釈金は全額没収になります。

また禁止されていることとは、一般的に以下のようなことをいいます。

  • 居住場所は特定した範囲内でなくてはならない
  • 証拠隠滅、またはそう思わせる行動はしてはいけない
  • 許可なく海外旅行や3日以上の旅行をしてはいけない

保釈している裁判所や拘置所の立場からすると、再犯を防ぎたいものです。そのためには、このように遵守事項を定める必要があるのです。

禁止されていることを破った場合は、裁判所に出頭しても保釈金が返ってこない場合がほとんどです。返ってきたとしても、一部のみである場合があります。

保釈金が払えない時の対処方法

保釈金が払えない場合には、以下の対処方法が考えられます。

  • 弁護士に相談する
  • 日本保釈支援協会の立替システムを活用する
  • 保釈保証保険制度を利用する
  • 知り合いにお金を借りる
  • カードローンで立て替える

弁護士に相談することで、少しでも保釈金が下げられる可能性があります。資金が少しはあるという方は、弁護士に相談することをおすすめします。

また日本保釈支援協会の立替システム保釈保証保険制度は、被告人本人ではなく身元引受人が申し込む必要があります。そのため弁護士を通して、身元引受人に申し込むようお願いすることも1つの方法です。

さらに知り合いからお金を借りれば、ほとんどの場合では利息がつきません。相談できる知り合いもいない場合は、無利息期間が設けられているカードローンを利用するといいでしょう。

弁護士に相談をする

保釈金が払えないとき、弁護士に相談すれば保釈金の金額を下げてもらえる可能性があります。

どうやって保釈金の金額を下げるのかというと、弁護士が直接裁判官に保釈金を下げるように交渉する方法があります。弁護士を通じて交渉してもらうことで、具体的な内容で主張が可能です。

保釈金を下げるための要素は以下の通りです。

  • 身元引受人がいるため逃亡のおそれはない
  • 証人の連絡先を知らないため証拠隠滅のおそれはない
  • 資力がない
  • 執行猶予が見込まれる

このような理由から、保釈金の金額の引き下げが認められることがあります。

さらに上記の要素を証明するために、証明書類を準備しておくと主張に信憑性が生まれます。例えば資力がないことを証明するために所得証明書通帳残高のコピーを提出すれば説得力は増します。

日本保釈支援協会で立替システムを使う

【日本保釈支援協会とは】

弁護士公認会計士で構成している一般社団法人です。被告人の拘束期間を最小限に抑えることが目的であり、一時的に保釈金の立替を行ってくれます。資力がない方が積極的に利用できる場としても重宝されています。

日本保釈支援協会が行っている「保釈保証金立替システム」は、一時的に保釈金を立て替えてくれるシステムです。利用するには、被告人以外の方が申し込む必要があります。

保釈保証金立替システムの立替期間は2ヶ月であり、2ヶ月を過ぎた場合には延長手数料として、さらに立替手数料を支払わなくてはいけません。ただし延長してから1ヶ月以内に保釈金が返された場合は、延長手数料の半分が返されます

立替手数料は、以下のように保釈金の金額によって異なります。

立替金額 2か月立替時の立替手数料(税込)
〜50万円 13,750円
〜100万円 27,500円
〜150万円 41,250円
〜200万円 55,000円
〜250万円 68,750円
〜300万円 82,500円
〜350万円 96,250円
〜400万円 110,000円
〜450万円 123,750円
〜500万円 137,500円

(参照:保釈保証金立替 – 日本保釈支援協会では、全国の保釈保証金の立替(保釈の手続や保釈金の準備にお困りの方々への支援)を行っております。)

ただし保釈保証金立替システムでは、立替金額500万円までしか対応していないため要注意です。

また申し込む際には、事前に準備しておくべき書類もあります。

  1. 本人確認書類
  2. 印鑑
  3. 保釈支援申込書

本人確認書類は、運転免許証・マイナンバーカード・住民基本台帳カード・住民票の写し+証明写真・国民健康保険被保険者証+証明写真の5つのいずれかが必要です。

印鑑はゴム印やシャチハタ以外でなくてはいけません。保釈支援申込書は公式HPからダウンロードできます。Web上で申し込みを行う場合は、保釈支援申込書の準備は必要ありません。

申し込みを行う際には、申込人・被告人・弁護人の3人の情報を記入する必要があります。スムーズな手続きを進めるために、事前に確認しておくことをおすすめします。

【保釈保証金立替システムの申込先】

  • 電話番号:03-3663-6655
  • 受付時間:平日9:00〜17:30

保釈保証保険制度(全国弁護士協同組合連合会)を利用する

【保釈保証保険制度とは】

身元引受人が保険会社と契約し、保釈保証保険証書を差し入れることで保釈が許可される制度です。全国弁護士協同組合連合会が行っている事業です。

保釈保証保険制度を利用するには、以下のような流れになっています。

  1. 身元引受人などが利用したい旨を弁護人に伝える
  2. 弁護人は全国弁護士協同組合連合会に事前申し込みを行う
  3. 弁護人審査結果を受け取る
  4. 弁護人が裁判所に対し、保釈請求保証書による代納許可の請求を行う
  5. 保証委託者全国弁護士協同組合連合会保釈保証委託契約を締結
  6. 手数料と自己負担金を全国弁護士協同組合連合会に支払う

6つ目の手数料と自己負担金は、手数料は保証委託者が、自己負担金は弁護人が支払います。手数料は保釈金の2%、自己負担金は保釈金の10%です。裁判終了後、自己負担金は弁護人へ返されます。

また保釈金を没収されるケースになってしまった場合、全国弁護士協同組合連合会が保釈金を支払うことになります。保証委託者は自己負担金分が差し引かれた保釈金を支払う形になります。

被告人側が負担する金額は弁護士に依頼した際に発生する報酬金のみであるため、貧富の差関係なく保釈される可能性があります。

両親、親戚、兄弟、友人に借りて払う

保釈金が支払えない場合、両親・親戚・兄弟・友人からお金を借りることも検討してみましょう。

金融機関等を通さずに知り合いからお金を借りることで、利息がつきにくく返済期限も相談できます。返済が滞ってしまっても、ブラックリストに載ることはありません

しかし知り合いからお金を借りるとはいえ、保釈金のような150万円以上の大金を借りるとなると、ある程度相手の資力も必要となってきます。お金を貸しても生活に響かない方を選んでお金を借りるといいでしょう。

またお金を借りるということは、人柄や日頃の行いも関係します。同じような罪を繰り返すような人には、保釈金を貸したがらない方が多いのではないでしょうか。きちんと返せる自信がある方、または周りから信頼されている方は、知り合いからお金を借りてみましょう。

カードローンでお金を借りて立替える

周りの知り合いに、お金を借りられるような人がいない場合には、カードローンを活用することもおすすめです。カードローンであれば、最短即日にお金が手に入ることもあります。

カードローンの中でも、以下の4つのカードローン会社が有名です。

会社名 特徴
【プロミス】 申込みから借入までアプリで完結
【アイフル】 WEB申込なら最短25分で融資OK
【SMBCモビット】 即日融資・提携ATM数が多くて便利
【アコム】 30日間金利なし

カードローンでお金を借りる際には、さまざまなカードローン会社を比較することをおすすめします。最も魅力と感じたカードローンを選び、1日でも早く保釈金を納めましょう。

プロミスなら申込みから借入までアプリで完結

プロミスでお金を借りるなら、「アプリローン」を利用することをおすすめします。

アプリを活用すれば、申込〜借入までスマホ上で完結します。そのため面倒な手続きも必要なく、24時間365日いつでも申請が可能です。

さらにスマホATMを利用することで、カードの作成が必要なしです。原則24時間利用であるため、好きなタイミングで返済取引を進めることもできます。

プロミスのフリーキャッシングの商品内容では、最大500万円まで借入が可能です。返済回数は1回〜80回で、最長6年9ヶ月と決まっています。最短15秒事前審査&最短30分融資であるため、今すぐに借り入れたい方におすすめです。(最短15秒事前審査について:事前審査結果ご確認後、本審査が必要※新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。

またプロミスの公式HPからは、お借入シミュレーションを行うこともできます。無理なく返済できるのかを確かめるために、事前にシミュレーションしておくと助かります。初めて利用する方は、利用翌日から30日間は利息なしであるためぜひ活用してみてください。

WEB上での申し込みの際に、問い合わせたいことがある場合は以下の電話番号から相談できます。

【プロミスの問い合わせ先】

プロミスコール:0120-24-0365

女性専用ダイヤルコール:0120-86-2634

アイフルならWEB申込みなら最短25分で融資OK

アイフルでお金を借りる場合は、WEB申込なら最短25分で融資可能なWEB申し込みがおすすめです。WEB完結での契約の場合、郵便物が一切送られてこず誰にも知られることはありません。

また初めてアイフルを利用する方は、最大30日間は利息ゼロで利用できます。24時間365日対応可能であるため、営業時間までに返さなくちゃと焦ることもなくなります。

融資可能額は1万円〜800万円であり、保釈金の相場は150万円〜300万円であるため、収入が安定していれば余裕を持って借りられます。返済回数は1回〜151回です。

さらにアイフルの公式HPでは、年齢・年収・雇用形態・他の借入金額の4つを入力するだけで、借入が可能であるのかを診断してもらえます。借入可能か不安な方は、ぜひ1度は診断してみてはいかがでしょうか。

【アイフルの問い合わせ先】

初めて申し込む方専用:0120-201-810

女性専用ダイヤル:0120-201-884

SMBCモビットは即日融資・提携ATM数が多くて便利

SMBCモビットは、即日融資可能提携ATMの数が多いため借入に便利です。最大800万円の借入が可能であり、返済回数は最長60回(5年)。ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)です。

提携している主なATMは以下の通りです。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • コンビニATM Enet

申し込む際には、始めにカード申し込み手続きを行う必要があります。ただし三井住友銀行。三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のいずかの口座を持っている場合は、そのままWEB完結申し込みを進めることができます。

さらに利息は借入期間で日割り計算されるため、余計な利息を支払わずに済みます。例として挙げると、10万円を30日間借りた場合の利息は1,479円となります。

【SMBCモビットの問い合わせ先】

モビットコールセンター:0120-03-5000

アコムの30日間金利なしサービスをうまく活用する

アコムは、初めて利用される方なら最大30日間利息なしです。たとえ30日以上が経過してしまっても、利息は借入期間で日割り計算されるため安心です。そのため返済時期が早ければ早いほど、利息はそこまで大きく膨らみません。

また最大800万円の借入が可能であり、返済回数は1回〜100回です。返済期日が近づくと事前にメールで知らせてくれるため、支払い忘れを防ぐこともできます。

アコムではインターネット返済が可能であるため、実際にATMまで足を運ぶ必要がありません。忙しくて返済できないという方でも、安心して利用できます。

さらに最短30分で審査結果を知ることができ、そのまま即日にお金が振り込まれることもあります。まずは事前に借入が可能であるのかシミュレーションをしてみるといいでしょう。

【アコムの問い合わせ先】

フリーコール:0120-07-1000

この記事の監修ファイナンシャル・プランナー、行政書士
志塚 洋介
事業所 志塚行政書士FP事務所
資格 行政書士(登録番号:12080156※東京都行政書士会所属)、CFP・1級FP技能士、宅地建物取引主任者、管理業務主任者、マンション管理士 証券アナリスト協会検定会員補、ビジネス法務エキスパート®
志塚洋介公式Twitter @shizuka_office
志塚洋介公式FaceBook https://www.facebook.com/shizukaoffice/
志塚洋介公式YouTube Sunshine Radio

・TOP ランキングへ戻る >>お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
―――――――
【最新版】ランキング【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ

1位 プロミス

三井住友銀行グループ

審査⇒借入まで最短25分即日借りられる!瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。原則会社への電話なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)※在籍確認(電話)の要望がある場合は、申込完了後すぐに相談をお願いします。
↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
✅原則在籍確認の電話なし
✅Web明細利用でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即日振込も可
✅コンビニATMでも借りられる
✅最低返済額は1,000円~
審査が不安な人は3秒診断後に申込を。
✅申込~融資/最短25分※土日祝も当日
\申込も簡単で早い「プロミス」/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

2位 アコム

三菱UFJフィナンシャルグループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。土日祝でも最短30分で即日借りられます。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
返済は35日ごと:返済額1,000円~可
\借り換え・おまとめも可/

郵送物なし可・バレずに最短即日融資

3位 アイフル
郵送物なし・電話連絡なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査もWEB申込なら最短25分。(平日~土日祝でも当日可能)
4位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短60分で借りられる!(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








関連ページ
支払い滞納・延滞・遅延の時

自動車税はいつまで滞納できる?納めなかったらどうなる?滞納後差し押さえまでの期間等解説

2022年12月18日
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
自動車を持っている人は避けることが出来ないのが「自動車税」です。 仕事で忙しかったり、引っ越しの伴い転居届を出していなかったなど、通知 …
支払い滞納・延滞・遅延の時

アトディーネを滞納するとどうなる?支払い遅れ時のリスクや対処法・弁護士からの連絡について等解説

2022年1月30日
お金借りる今すぐナビなら即日お金が必要で借りたい人にも方法を徹底解説中
アトディーネは便利な一方で、後払いのお金が準備できず支払いを滞納してしまう人も増えています。支払いを滞納すると、最終的に弁護士から支払い催促 …