誰がお金を借りる?

女性がお金を借りる方法や安心・安全なおすすめカードローン

日本では、未婚を選択する女性が過去最高と言われている現在、女性も突然の出費などでまとまったお金が必要になる時が多々あります。ですが、やはり「お金を借りる」ということは、大きな決断と勇気がいるもの。特に女性は、安心・安全な借り入れ方法を選択したいはず。

こちらでは、女性が安心してお金を借りられる方法、自身に合うカードローンを選択するためのポイントなどをご紹介していきましょう。(関連 >>今すぐお金を借りる方法)

このページの要約点
  • まずは低金利の「公的融資制度」を利用する
  • 対象である生命保険を加入していたら、「契約者貸付」をチェック
  • 「女性専用のカードローン」は利便性が高くおすすめ
  • 勤務先の福利厚生、「従業員貸付制度」があれば検討を
  • 銀行の「担保ローン」や「女性専用のローン商品」は低金利
  • 「クレジットカード」や「質屋」、「親や知人に借りる方法」も活用してみる
↓最新版ランキング↓

女性がお金を借りる方法

法の改正、サービスの改善などによって、お金が借りやすい現代ともいえますから、男女関係なく消費者金融を利用する人がとても増えています。そして女性がお金を借りる方法としても、男性の借り入れ方法と同じく、基本的に以下のような多くの選択肢が挙げられます。

女性がお金を借りる方法
  1. 公的融資制度
  2. 生命保険の契約者貸付
  3. カードローンなどのローン商品
  4. 勤務先の従業員貸付制度
  5. 銀行の定期預貯金担保自動貸付
  6. クレジットカードのキャッシング枠
  7. 質屋
  8. 親や知人からの借り入れ

ただし、未成年学生の場合は、以下の記事で最適な方法をご紹介していますので、そちらをご覧下さい。

そして、公務員の女性がお金を借りる場合には、「共済組合貸付制度」も方法の一つとして挙げられます。もちろん他にも方法はありますから、自身にとって最適な方法を選ぶことが大切です。

個人事業主・自営業者である女性には、国や各自治体が取り扱っているお得な借り入れ方法も視野に入れてみましょう。他に、地域に密着した信用金庫での借り入れもおすすめです。

緊急の場合には、即日融資可能なビジネスローンを提供しているところもあるので、そちらも要チェック。

また、借り入れ総額が年収の1/3という「総量規制」の対象となっている貸金業者からの借り入れ方法が利用できない、無収入の専業主婦など無職の女性には、以下の記事でおすすめの方法をご紹介しています。

様々な借り入れ方法がある中で、おすすめしない借り入れ方法も当然あります。特に、大きなトラブルに発展することが多い「個人間融資掲示板の利用」や、違法行為という見方が強い「クレジットカードの現金化」は、とても危険な方法ですから、絶対に手を出さないようにしましょう。以下に詳しくご説明しています。

1. 「公的融資制度」を利用してお金を借りる

貸金業者や金融機関からの借り入れ申し込みを行う前に、国や地方自治体からお金を借りるという方法、「公的融資制度」の利用を視野に入れてみましょう。

銀行よりも低金利であり、長期に渡って借り入れ可能とする商品が多く、据置期間もあることが大きなメリットといえます。

ですが、即日融資はおろか、手続きや審査に長時間を要するというデメリットがあるため、融資までをスピーディに済ませたい人には、カードローンや自治体が行っている補助金・助成金制度などの併用も考えるといいでしょう。

公的融資制度には、主に以下の種類が挙げられます。

生活福祉資金貸付制度

基本的に、所得が少なめの世帯、障害者や介護を必要とする高齢者がいる世帯の自立支援を目的とした社会福祉制度です。あくまでも「世帯の自立」を支援する制度ですから、世帯員全ての状況などについての確認が行われ、貸付が支援に繋がると判断されてはじめて、対象と認められます。

しかも生活福祉資金貸付制度(関連:市役所でお金を借りれる「生活福祉資金貸付制度」)は、厚生労働省の管轄となっているので、最も安心・安全な融資が受けられるといえます。

この貸付制度は、大きく分けて以下の4種類となっています。

  • 総合支援資金

失業などから生活が苦しくなり、一時的支援を要する人を対象としています。

  • 福祉資金

緊急時の一時金や、日常生活で必要となる費用などを用途とする借り入れを可能としています。

  • 教育支援資金

就学・進学をする子供を持つ低所得世帯を対象としています。

  • 不動産担保型生活資金

対象となる低所得世帯の高齢者所有の不動産を担保に、生活費の借り入れが可能です。

各種の金利は、条件を満たすことによって0~3%ととても低いことが特徴。

この制度の利用を考えている人は、第一に自身が貸付条件に当てはまっているかどうかを確認する必要があります。居住地域の社会福祉協議会へまずはご相談を。

個人向けの公的融資制度

低所得者をはじめ、高齢者や障害者の健康かつ最低限度の生活維持・保護を目的として、国や地方自治体により低金利、または無利息で貸付を行う制度です。

求職者や母子家庭といった利用者の属性に合う分類がされており、その主な種類として以下が挙げられます。

  • 教育一般貸付(国の教育ローン)

子供を持つ人で、受験や入学費用が必要な時におすすめの借り入れ方法です。低金利かつ奨学金との併用が可能というメリットがあるため、金融機関で提供されている学資ローンなどを利用する前に、日本政策金融公庫にて自身が対象となるかどうかを、まずは確認してみましょう。

  • 母子父子寡婦福祉資金貸付

未成年である子供を扶養している母子・父子家庭(配偶者なしの家庭)、寡婦などにおすすめの制度です。保証人を立てることで、無利息での借り入れを可能とするため、対象の人は是非ご検討を。ただし、カードローンのように資金使途を自由としていないことには要注意です。

  • 求職者支援資金融資制度

職業訓練受講給付金の受給者、または受給予定者を対象とした制度であり、単身か家族ありかにより、借り入れの上限額が違ってきます。他に、様々な利用条件を満たしている必要があるため、まずはハローワークで相談してみましょう。

  • 女性福祉資金

配偶者を持たない女性を対象に貸付が行われますが、地域により利用条件などは変わってきます。詳細については、居住地域の自治団体へお問い合わせ下さい。

  • 看護師等修学資金

看護師等養成学校に在籍している人で、看護師・准看護師などとしての就業意思を持つ人が貸付対象となっており、減少傾向にある看護師の人材育成支援を目的としています。

  • 臨時特例つなぎ資金貸付制度

都道府県の社会福祉協議会が主体であり、住居や仕事がない人を貸付対象としています。臨時特例つなぎ資金ということで、上限額は少額です。

  • 年金担保貸付制度

対象者となる年金受給者におすすめの融資制度です。(関連:年金を担保にお金を借りる制度・方法)

2. 生命保険加入者は「契約者貸付」の検討を

生命保険に加入している女性は、その生命保険が「契約者貸付制度」の対象であるかどうかをチェックしてみましょう。多くの生命保険がこの制度を実施しており、契約中である生命保険の解約返戻金を担保として、その保険会社から融資が受けられます。

公的融資制度と比べれば利用条件がそれほど厳しくはなく、金融機関よりも金利がかなり低めですから、対象となる生命保険に加入している人は、積極的に利用してみましょう。

ただし、保険会社や加入しているプランによって、金利や利用条件なども違ってくるため、まずは保険会社にご確認を。

3. 安心の女性専用カードローン「レディースキャッシング」など

近年、多くの銀行消費者金融で、女性専用のローン女性向けのカードローンが提供されています。特に女性が利用しやすい「レディースキャッシング」は、大手から中小の消費者金融まで幅広く取り扱っており、名称は各社で違ってはいるものの、人気のカードローンとなっています。

女性がカードローンを利用する理由・利用目的

2020年1月、カードローンを利用したことがある女性、20~50代の計400人を対象とした調査によれば、初めて利用した時の年収300万円未満の人が約80%という結果が出ています。しかも、カードローン利用の理由については、「生活費の補填」が64%であり、その回答の割合は、既婚者が75%、未婚者が58%となっています。

この結果から、年収が低めの人ほどカードローン利用者となることが多い傾向にあり、生活費の補填で利用する場合、毎月継続する人も多いということがわかっています。繰り返し利用することで、多重債務状態となる人も珍しくはありません。まずはしっかりとした返済計画複数社からの借り入れを避けることなど、様々な注意点を十分に理解し、正しく利用することが大切です。

おすすめレディースローン/キャッシングの選択ポイント

各消費者金融で取り扱われている女性向けのカードローンはどこも同じと考え、サービス内容などを確認せずに選んでしまう人もいるはず。ですが、さらに利便性が高いカードローンを選択するために、以下に挙げる選び方のポイントにも注意することがおすすめです。

対応している女性向けサービスを重視

女性向けのカードローンでは、まず女性スタッフがサポート対応をしていることが特徴にあります。電話のオペレーターが女性ですから、初心者であっても安心感を持って相談ができるものです。

そして、大手の消費者金融では、女性がサポートの窓口を担当していることが多いといえます。

希望に合う借入限度額をチェック

大手の消費者金融であっても、中には限度額が10万円という小口借り入れを女性向けカードローンの対象としていることもあり、個人によっては使い勝手が良くないと感じることでしょう。

まとまったお金を希望する人は、最大500万円までの借り入れが可能なカードローンを選ぶことが最適です。

周囲にバレずに借入可能かどうか

できることなら、家族や同僚には借り入れのことを知られたくないという人がほとんどではないでしょうか。とはいえ、カードローンの審査では基本的に、申し込み者の勤務先へカードローン担当者が電話にて在籍確認を行います。この在籍確認に不安を感じる人も多いことと察しますが、勤務先へ電話をするカードローン担当者は、社名ではなく個人名を名乗ることがベースになっています。つまり、周囲に借り入れがバレる可能性も低いといえるのです。

ですが、在籍確認をどうしても避けたいという人は、収入証明書をオプショナルで提出することで、在籍確認を免除というシステムを設けている一部の消費者金融を理由するといいでしょう。それでなくても、在籍確認免除について、一度相談してみるのもいいですね。

ただし、銀行カードローンでは、このような相談に応じてはくれないため、要注意。

WEB完結で気軽に手間いらず

忙しすぎて営業時間内に店舗へは出向けない…そういう人も多いことでしょう。多忙な人には、手続きがスマホで行えるWEB完結サービスに対応した大手消費者金融や銀行を選ぶことも一つ。

銀行カードローンでは、同銀行口座を持っていることが条件とされますが、消費者金融であれば、多くの銀行口座に対応しているため、WEB完結の利用には、消費者金融がおすすめともいえます。

ただし、WEB完結を行っている消費者金融であっても、後日に契約書類とローンカードを自宅に郵送する会社もあり、事前にその確認をしておくようにしましょう。

スマホアプリ、コンビニATMで気軽に利用

借り入れや返済をシンプルに行えるコンビニATMを利用可能としているカードローンはおすすめです。全国どこでも借り入れが可能で、その利用も周囲にはバレにくい方法ともいえます。

銀行と消費者金融、最適な融資の選び方は?

女性向けのカードローンは、消費者金融銀行の双方で、提供しているところが多くあります。ですが、この2タイプにはそれぞれの特徴があるため、自身が希望するサービスや利便性などに最適なタイプを選ぶことが先決。

まず消費者金融ですが、何といっても人気の秘訣は即日融資にあるのではないでしょうか。(関連:審査なしでお金を借りる方法・即日融資は消費者金融)とにかく今すぐお金が必要という人には、とても便利なサービスですね。とはいえ、金利は18%ほどと少々高めに設定されていることもお忘れなく。

そして銀行のカードローンですが、銀行ということで既に安心感が持てるという強みがあります。金利も大体15%弱と消費者金融より低めではあるものの、即日融資には対応していないというデメリットがあります。

カードローン選びには、それぞれの利点と自身の希望がマッチしているかどうかを重視することがおすすめです。端的にいうのであれば、即日融資希望かつ短期間で返済可能が確実なら消費者金融を、低金利で長期間の借り入れを重視するのなら銀行を選ぶといいでしょう。

ただし、大手の消費者金融では、30日間無利息期間などの無利息サービスを設けている会社があります。一定期間、無利息での融資が受けられますから、自身の希望借入期間によっては、消費者金融を利用したほうがお得ということもあるので、計画的に検討しましょう。

また銀行などの金融機関であれば、女性専用のカードローンを含め、女性専用フリーローンや住宅ローンなど、利用目的によってお得に借りられる方法もあるので、利用中の銀行に問い合わせてみましょう。

カードローンの審査内容や条件などについて

カードローンを利用するのにあたり、やはり審査や申し込み条件が気になる女性も多いことでしょう。

審査自体は、通常のカードローンと変わりはありません。

審査の対象となる項目ではメインとして、

  • 年齢
  • 勤務先と雇用形態
  • 勤続年数
  • 居住形態

などが挙げられ、項目それぞれにスコアがつけられる方法、「スコアリング」によって審査が行われます。勤務先が上場企業、正社員としての勤続年数が長い、持ち家があるなど、一般的に好属性とされる現況であれば、スコアリングの評価もやはり高くなります。

とはいっても、アルバイトやパート、派遣社員では審査に落ちる、というわけではありません。毎月継続して安定した収入があれば、審査通過となる可能性は十分にあるのです。

安定収入とは、週3日以上の勤務を目安としているので、週に1~2日の勤務や、継続ではなく不定期に単発バイトをしている状況であれば、審査通過は難しいでしょう。つまり、収入が全くない専業主婦は、基本的に消費者金融で借り入れができません。最初に既述していますが、消費者金融では、総量規制により利用者の年収の1/3までが融資可能額と決められているからです。総量規制の対象とはなっていない銀行であっても、一部を除き対応は難しいとされています。ただし、収入がない専業主婦であっても借り入れ方法はありますので、専業主婦の方は是非以下の記事をご参考にして下さい。

そして当然のことですが、審査では申し込み者の信用情報もチェックされます。信用情報は、申し込み者が過去にキャッシング契約や申し込みをしたかどうか、現在の借入残高トータルや借入件数、延滞履歴といった金融事故がなかったかどうかなどの記録です。信用情報機関でのチェックによりわかることですから、必ず事実を申告することが大切です。

まず、申し込み現在で他社借入が5社を超過しているとなれば、審査通過は難しいと考えましょう。また、過去5年以内で61日以上の延滞履歴があった場合にも、審査通過は不可能といえます。

カードローンで審査通過に不安を感じる人は、希望借入額を必要最低限にするなど、申し込みの段階で希望を下げることも大切です。

返済について注意しておきたいこと

まずカードローンでお金を借りる時に注意しておきたいこととして、返済方法の一つを挙げておきましょう。

借り入れ後は、毎月決められた金額を返済していくわけですが、返済途中で返済金額が少なくなるという返済方法の「元金スライドリボルビング方式」を設定している業者が多くいます。当然ながら違法ではないものの、この返済方法には注意が必要なのです。

この方式では、「返済途中より月々に返済する元金は減少するものの、利息は変わらず」ということになるため、一瞬返済しやすくなる、と思いがち。ですが、元金を減らせば利息を支払わなくてよいわけですから、長いスパンで考えると、元金を減らすことなく月々同じ返済額をそのまま支払っていくほうがお得、ということになるのです。

当然、生活の基盤を第一に考えれば、返済額が減ったほうが助かる、というのであればまた話は違ってきますが、そうでない限りは、月々の返済額を減らすことなく支払っていくことで、お得な借り入れ方法になる、ということを覚えておきましょう。

そしてレディースキャッシングの返済は、通常のカードローンと変わらず、

  • WEB返済…会員向けのページよりネットバンクで返済
  • ATM返済…指定先に設置されているATMで返済
  • 口座引落…毎月の返済額を口座から引き落としで返済
  • 銀行振込…一括返済での利用が多く、全額を振り込みすることで返済

の方法が用意されています。

女性専用カードローン利用のメリット・デメリット

大きなメリットといえばやはり、申し込み時や疑問点を伺う時にも、女性オペレーターの親切な対応があるということ。初めて利用する人には特に、同性の親しみやすさで安心感が持てるはず。また、店舗へ直接出向いた時にも、女性スタッフの対応で、悩みも打ち明けやすいというところでしょう。このようなメリットを重視したい人には、必ず女性の対応をしてくれるところで契約することがおすすめです。

対してデメリットですが、女性専用カードローンだからと、金利や審査で優遇されるわけではないということがいえます。男性と比較すると、女性はやはり所得がまだ低めという傾向にありますが、金利や審査については、通常のカードローンとあまり変わらないことを理解しておきましょう。

4. 会社の福利厚生「従業員貸付制度」を要チェック

社員それぞれの勤労意欲を高める目的で、会社が行っているサービスが福利厚生であり、その一つとして「従業員貸付制度」を設けている会社も多くあります。

家族が大病を患った、介護が必要といったことで、緊急にお金を必要とする場面は、生きている間に誰にも起こりうることです。そういった状況から社員を救うために用意されたものであり、このような福利厚生を設けている会社に勤めている人には、利用目的によっては是非検討したい借り入れ方法といえます。

5. 銀行の「定期預貯金担保自動貸付」でシンプルに借りる

ゆうちょ銀行やその他の銀行で、定期貯金・定期預金を既にお持ちの方には、その定期預貯金を担保に借り入れを可能とする、「貯金担保自動貸付け」、「定期預金担保貸付」の利用もいいでしょう。普通口座の残高が不足となった場合に、自動的に融資されるというシステムであり、約定返済日が決められていないために、定期預貯金の満期日までなら基本的に返済はいつでもOKという利便性の高さがメリットとして挙げられます。

ですがその分、借りすぎるということなど、注意しておきたいポイントも多くあります。

以下の記事にて、貯金担保の自動貸付、定期預金担保の自動貸付についてそれぞれ詳細をご紹介しています。是非ご覧下さい。

6. 「クレジットカードのキャッシング枠」が便利

キャッシング枠がついているクレジットカードを既にお持ちの人には、そのキャッシング枠を利用するのもいいでしょう。既についているのであれば、新たに申し込み~審査という手続きは不要で、すぐに利用可能です。

ただし、キャッシング枠はカード総額の中に含まれていますので、利用することでショッピング枠へ影響を与えることになります。またその逆もいえますね。

以下の記事でキャッシング枠についての詳細・注意点を挙げていますので、ご利用前に是非お確かめ下さい。

7. 不用品などを利用して「質屋」にてお金を借りる

質屋には、利用者の持ち物を担保に融資を行う「質入れ」と、その持ち物を現金化する「買取」というシステムがあります。審査なしでお金を借りる方法としては、とてもシンプルで融資を受けやすいといえます。特に、高価なブランド物や貴金属などを多く所有している人にとっては、利用しやすいといえるのではないでしょうか。

ただし、質入れと買取をうまく使い分けることや、高利息についてなど、事前に理解しておきたいポイントが多くありますから、気になる人はまず以下の記事をチェックしてみましょう。

8. 親族や知人からお金を借りる

親族や知人など、周囲の人からお金を借りることも一つの方法です。上記で挙げてきた方法が利用できない場合は、周囲に頼むことも最終手段として考えましょう。ただし、ちょっとしたトラブルから信頼関係を壊してしまうことにもなりかねませんから、借用証書を準備する、利息を設定する、必ず全額返済するなど、十分な心がけをしておきましょう。

 

【最新版】ランキング

【直近3ヵ月の人気・申込数順】※当社調べ
WEB申込で完結&最短1時間カードレス郵送物なしだから誰にもバレずに借りれます。

1位 プロミス
瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。急いでいる方も安心です。

 

2位 モビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。

 

3位 アイフル
郵送物なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。
関連ページ