お金借りる今すぐナビ
お金借りる

審査が通るか不安になっても意味がない

借り入れの申し込みをする際に、審査が通るか不安になってしまうという方は本当に多いかと思います。むしろ、借り入れの申し込みをするにあたって審査に一切の不安を抱かないという方はそうそういないでしょう。ただ、正直なところ、申し込みをする前から審査が通るか不安になっても仕方がありません。「絶対審査に通るでしょ!」と自信満々で申し込みをしても審査に落ちるときには落ちますし、逆に「ダメかも……」と絶望感を抱きながらの申し込みで審査に通ることもあるのです。不安に飲まれるよりも、審査をしたほうが早いです。

借り入れが必要なら不安になるよりも申し込みを

必要もなく借り入れをする方というのはほとんどいないでしょう。周りがそれで納得するのかどうかといった部分は置いておいて、自分なりに理由があって借り入れを検討するわけです。ただ、そこで「審査が通るか不安……」と不安感に飲み込まれてしまう方は少なくありません。借り入れというのは確かに借金をすることですので、不安が出てくるのも仕方がないでしょう。しかしながら、不安があるからといってそこで立ち止まってしまっては意味がないのです。

例えば、ものすごくお腹が空いている状態のときに目の前に飲食店があったとします。その飲食店は外から中の様子をうかがうことができません。中の様子を知るためには、中に入らなければいけないのです。中に入ったときに満席で断られることもあるかもしれませんし、席が空いていてすんなりと座れるかもしれません。「満席だったらどうしよう」「断られたらどうしよう」と飲食店の前で悩んでいる人がいたとしたら、客観的に見てどう思うでしょうか?「いやいや、早く中に入っちゃえばいいじゃん」「中に入って確認すればいいじゃん」と思うでしょう。

借り入れの申し込みをする前に審査の不安で立ち止まるというのは、これと同じようなものなのです。借り入れが必要なら、早くに申し込みをして審査を受ければいいのです。申し込み前に審査の結果を正確に把握することはできないのですから、結局は借り入れの申し込みをして、審査を受けてみないことには何ひとつわからないのです。

それに借り入れを考えているという状況なのであれば、それは時間的にも期限が迫っているはずです。「いつになってもいいけど借り入れしたいなぁ……」というケースはほとんどないでしょう。期限が迫っているのであれば、なおのこと早くに申し込みをして、審査を受けるべきです。仮に審査に通らなかった場合には、そこからまた別の方法を探す必要があります。とにかく審査の不安で借り入れの申し込みを躊躇する時間というのは、もったいないのです。

審査をしたほうが早いものの、申し込みブラックにはならないように

先でもお話しましたように、借り入れの申し込みをする前から不安で立ち止まるというのは時間的にもとてももったいないことです。ただ、だからといって何も考えずにあちらこちらに申し込みをしてもいいというわけではありません。というのも、一度に借り入れの申し込みをいろいろなところでおこなうと申し込みブラックになってしまう可能性が出てくるのです。

一般的に月に3回以上の借り入れの申し込みがあると、申し込みブラックになるといわれています。もちろん、ケースバイケースではありますが、いわゆるブラックリストに載ることになりますので、決していい状態ではありません。本来であれば問題なく審査に通るはずの方でも、申し込みブラックになってしまうと審査において不利な状況に陥ってしまいます。

申し込みブラックになると、実際にそうであるかどうかとは関係なく、かなりお金に困っている人物と見なされることになります。いろいろな人に「お金を貸してください」と頼み込んでいるような状態ですので、そう受け取られてしまっても仕方ないでしょう。お金に困っている人物と見なされてしまうと、やはりそれだけで信頼や信用といったものがなくなってしまいます。だからこそ、借り入れの審査で不利になってしまうのです。

さらに、お金に困っているだけではなく、隠れたところに借金がある人物として見なされてしまうこともあります。基本的に個人の信用情報というのは信用情報機関に登録されていますので、そこですべての情報を確認することができます。

ただし、いわゆる闇金などの借り入れといったものは信用情報機関には登録されません。信用情報機関には登録されない闇金などからの見えない借金といったものがあり、その返済のための借り入れなのではないかと疑われてしまうのです。

仮に闇金などの返済に充てるための借り入れであれば、闇金などのへの返済で消えるでしょうから、その借り入れそのもの返済は滞る可能性が高くなります。こういったリスクがあるかもしれないとなってくると、やはり貸し付けるほうは敬遠してしまうのです。