基礎知識

カードローンの審査に不安がありますか?審査に通らない理由や対策を解説

各金融機関・業者のクレジットカードやローンの審査は、その基準が非公表であるため、申込者にとって通過への不安はつきもの。さらに審査落ちとなった場合には、理由やその後の対策に悩んでしまいますよね。

ということでこちらでは、カードローンの審査に不安がある人に、審査に通らない理由や対策についてご解説していきます。

このページの要約点
  • 審査なしのカードローンはない。
  • 審査なし・絶対借りれる等と誘うヤミ金には要注意。
  • 審査には申込者個人・勤務先情報・信用情報等重要。
  • 信用情報がクリーンなために審査落ちとなることも。
  • 審査落ち後は対策を万全にし再申込することが大切。
お金を借りたい人向け【最新版】
>>借入先を絞り込み検索で探す
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可
―――――――
プロミス ※最短即日借りれる \初めてなら30日間無利息(条件下記参照)/
―――――――
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
※銀行ならではの金利 月々返済1000円~可!三菱UFJ銀行の口座不要
―――――――
アイフル ※最短当日借りれる \20時迄の審査申込で最短即日借りれる/
↓最新版ランキング↓

【目次】このページ先読み

審査なし・審査が甘いカードローンすぐに借りれるところは?

今すぐお金が必要という時に便利なカードローン

ですが審査があり、誰もが借りられるというわけではありません。

カードローン審査が不安!無職OKで審査なしはある?

カードローンで審査がないところはありません。カードローンに審査がある大きな理由には、

  • 基本的に無担保・無保証人で借りられる

ことが挙げられます。

加えてカードローンは、他のローン商品とは違い業者によっては最短即日融資としているほど高い利便性を特徴としています。その分、申込者が持つ信用度返済能力を判断するために、金融機関・業者は審査を行っているわけです。

カードローンの審査が不安という無職の人には、以下の記事で借入方法をご紹介しています。

また、無職の人で条件を満たせる人は、公的機関での借り入れもおすすめです。

「ネット銀行カードローン審査甘い」は本当?

近年利用者が増えているネット銀行ですが、カードローンも人気です。ですが、ネット銀行と都市・地方銀行のカードローン審査では、難易度の差に大きな違いはない、とされています。審査通過となる目安としては、以下のことが推測されます。

  • 独身であれば年収150万円以上の会社員

とはいえ、他にも複数あるいは多額の他社借入がある、信用情報で問題があるなどとなれば、審査通過は難しくなります。

「銀行カードローン審査甘い極甘審査ファイナンス」はあり?

カードローン審査に落ちた人、不安がある人は、以下のようなネット検索をする傾向にあります。

  • 銀行カードローン審査甘い極甘審査ファイナンス
  • ローンが通らない人の為のローン
  • 激甘な銀行ローン
  • 激甘地方銀行カードローン
  • 絶対借りれるカードローン
  • 審査甘いカードローン
  • 必ず通るカードローン
  • 審査なしのカードローンで安全
  • 即金のカードローンで審査なし

特に、過去に延滞や債務整理などの事故情報がある、既に何度もカードローン審査に落ちている人には、必要な情報なのでしょう。

ですが結論からいうと、このような検索で見つかるWEBサイトの極甘審査ファイナンスとは、高い危険性のみの借り方なのです。

しかも銀行となれば、審査の厳しさは有名です。基本的に、審査時間は1~2週間以上となることがほとんどです。審査が甘い、あるいは必ず通る銀行カードローンは存在しないことを覚えておいて下さい。

少額融資なら即金で審査なしの安全な消費者金融カードローンあり?

切羽詰まった状態の人には、「極甘」や「激甘」、「審査なし」といった言葉は魅力的に感じるかもしれません。特に消費者金融はお金を借りる時に即日対応の最短即日融資を可能としており、銀行カードローンよりも審査が甘いと認識している人が多いことも事実。

とはいえその分、消費者金融カードローンの金利は銀行より比較的高い設定となっています。

平均的な金利の比較
消費者金融カードローン 最大18.0%
銀行カードローン 最大14%前後

そして消費者金融カードローンも審査基準について非公表ですが、審査が甘いと感じられる理由は他に、以下のことも考えられます。

  • コンピューターにて申込者の属性を点数化する「スコアリングシステム

このシステムにより信用度をスピーディに点数化、申込者の返済能力を判断する上、最短即日融資も可能としているのです。

つまり、銀行よりも審査は甘めと認識されている消費者金融カードローンであっても、審査は確実に行われているのです。

審査なし・絶対借りれるカードローン等甘い謳い文句に要注意

過去に、金融庁による貸金業者の広告調査結果が報告されています。(参考:金融庁「貸金業者による広告の調査結果について」)法的な登録業者であっても、甘い謳い文句で顧客獲得を目指す広告をしていたわけです。

貸金業法では、誇大広告禁止についての条項があり、近年厳しく取り締まりがされています。

とはいえ今でも、様々な甘い謳い文句を使い、経済的な困窮者を誘う貸金業者は絶えません。このような貸金業者は法外な超高金利や違法な取り立てを特徴とするヤミ金であり、一度借りると危険な状況に陥ることに。

近年WEB上では、SNSなどを利用した個人間融資掲示板も多く存在しています。ですがこちらも、裏でヤミ金が繋がっていることが多々であり、危険ですから利用は絶対にしないで下さい。

少額融資であっても、審査がないカードローンはありません。必ず貸金業者として法的な登録を行っている金融業者や銀行などから借入先を選ぶことが大切です。メガバンクに加え、大手消費者金融なら安心安全でクリーンなイメージが強く、おすすめです。

また、1万~5万円程度の少額融資であれば、審査なしの借入方法、親や知人から借りることも試してみましょう。その場合も後の金銭トラブルを避けるために、金利設定や借用書の作成を自ら提案することが重要です。以下ではその注意事項など詳細をご紹介しています。

必ず通るカードローンなし!通りやすい金融機関・業者は?

このように、必ず審査に通るカードローンはありえません。ですが、審査に通りやすいかもと考えられるカードローンの発行先としては、以下を試してみることもおすすめ。

  • 給与振込や定期預貯金、他ローン商品などで既に口座を所有し利用している金融機関

特に地域密着型のろうきん農協信用金庫などのカードローンは、金利優遇などの利点も多く、試してみる価値ありです。

また記述通り、審査の厳しさでいえば、銀行よりも消費者金融カードローンのほうが難易度は低めといえます。特に大手消費者金融であれば、安心安全で利便性も抜群です。無利息期間サービスを提供しているところも多くありますから、新規で少額融資を検討中の人におすすめでしょう。

公式サイトで公開されている成約率でいうと、40%以上の高い率を誇る大手消費者金融は、以下の通り。

社名 金利 特徴
アイフル 3.0~18.0% WEB申し込みで最短15秒の審査、最短60分というスピーディな融資が特徴。無利息期間サービスもあり。
プロミス 4.5~17.8% アルバイトなど比較的幅広い利用者を対象とし、新規顧客との契約に積極的なイメージがあります。カードローンの審査が不安な人にも審査通過率が高めの大手消費者金融といえるかもしれません。WEB申し込みで最短60分融資可能、無利息期間サービスもあり。
アコム 3.0~18.0% WEB申し込みによる無利息期間サービスあり。本審査も最短30分で完了、最短即日融資に対応しています。

カードローン審査が通らない理由を知りたい人必見!

カードローンで審査落ちとなった場合、その結果だけが知らされ、当然審査落ちの理由は教えてもらえません。

ですが、カードローンの審査基準が非公表とはいえ、ある程度審査でチェックされる重要項目は挙げられます。

まずはその項目における自身の情報を把握することが大切です。

審査が不安?!事前にカードローンの審査基準・項目を確認

カードローンの審査で影響力が高めとされる情報とは、大きく分けて以下の4種類が挙げられます。

カードローン審査に影響する情報
  1. 家族構成など個人情報
  2. 会社規模など勤務先情報
  3. 過去の借り入れ・返済履歴など信用情報
  4. その他~希望融資額(利用限度額)について

そして、この4種類の基準それぞれで、審査に影響を与えるであろう項目を絞ることが可能です。

①カードローン審査落ちの理由に個人情報の場合があり

まずは個人情報について、細やかな項目をまとめてみました。当然ながら虚偽申告はNG、正しく伝えましょう。

項目 審査への影響
年齢 返済能力を確かめる上で、年齢も重要なポイントとなっています。カードローン発行先の多くでは、申し込み対象者を「20~65歳未満」と設定しており、対象年齢外は審査落ちとなります。(関連:未成年がお金を借りるなら)
継続的な安定収入 返済能力に大きく関係することから、とても重要な項目といえます。各金融機関・業者カードローンの申し込み条件では、「安定した収入」、「定期的な収入」と設定されていることがほとんど。年収と支出のバランスが悪いことも、審査落ちの原因となる可能性大です。
家族構成 申込者の年収では、生活に支障をきたすほど多人数の家族構成である場合、返済能力に問題ありと判断されることもあります。
現住居の状況 賃貸住宅の場合、家賃負担の大きさにより、返済能力も変わってきます。また住宅ローンを保有している場合、年収によっては毎月の固定費負担が過剰と考えられ、返済能力なしと判断される可能性大。
自宅固定電話の有無
固定電話の契約が成立している場合、社会的信用ありと判断されやすいといわれています。ただし近年では、携帯電話のみという家庭が増えており、審査への影響はそれほど大きくはないでしょう。

②カードローンの審査基準では勤務先情報も重要

そして、申込者の勤務先情報です。審査では、電話での在籍確認を行うことも原則的。

項目 審査への影響
会社名と規模 申込者の返済能力を確かめる上で、勤務先の安定性や規模が重視されます。特に社員数は規模の判断材料であり、申込者における収入の安定性を確かめる要因となることも。また勤務先自体が極めて零細企業と判断された場合は、審査落ちとなる可能性が高まります。
勤務形態

審査で有利とされる勤務形態を順に挙げる場合、以下のようになります。

  1. 公務員(関連:公務員がお金を借りる共済組合貸付制度)
  2. 正社員
  3. 契約社員
  4. 派遣社員
  5. アルバイト(関連:アルバイトがお金を借りれるカードローン)とパート(関連:パートでもお金が借りれるカードローン)

そして個人事業主であれば、事業内容から判断される場合が多々です。(関連:個人事業主・自営業者がお金を借りる)

勤続年数 勤続年数が長ければ長いほど、退職リスクは低めと判断されやすく、同一の会社に長期勤務をしている人ほど審査通過の可能性大です。

③カードローンでどうしても審査が通らない!信用情報を確認!

当然のことですが、信用情報もとても重要視されています。信用情報とは、クレジットカードやローン商品などの利用履歴であり、個人信用情報機関で照会、返済能力確認に必須な情報です。

項目 審査への影響
他社借入件数・金額 ローン商品などでは、月々の最低返済額である「約定返済額」が設定されています。(関連:お金借りた後の毎月の最低返済額)他社借入の件数が増えるにつれ約定返済の総額は大きくなり、カードローン発行側の貸付リスクが高まることに。(関連:他社借入はばれる?)そのため、他社借入件数が4件以上ともなれば、審査落ちの確実性ありといえます。さらにその総額が過大の場合、多重債務者を疑われ申込者に返済能力なしと判断されるケースが多々です。(関連:お金を借りる「借金癖」は病気?)特に消費者金融のカードローンは、借入総額は年収の1/3までという総量規制がベースにあり、審査への影響は高め。(参考:日本貸金業協会「総量規制について」)
申し込み・審査履歴 申込者の中には、困窮状態のために今すぐお金が必要ということから、短期間に複数のローン申し込みをする傾向にあります。(関連:土日・祝日に即日お金を借りるカードローン)ですが、短期間で多くの審査履歴を残してしまった申込者は、「申し込みブラック」とされ、審査通過はほぼないといえるでしょう。もちろん申し込みブラックの基準は非公表ですから、「申込履歴が複数の場合のみ」とは限りません。1社の申込履歴であっても、カードローン審査で落ちてしまう可能性もあるといえるのです。
延滞・滞納履歴

申込者に延滞・滞納履歴がある場合、信用度はかなり低めと判断され、審査落ちとなる可能性大です。(関連:延滞すると信用がなくなり借りられなくなるので注意)カードローン審査で悪影響となる延滞・滞納履歴例については以下の通り。

金融事故情報履歴

金融事故とは「ブラックリスト」のことであり、債務整理などの手続きがあったかどうかの情報が記載されています。(関連:ブラックでもお金を借りる方法はある?)事故情報記載となれば、審査通過はほぼないと考えられます。カードローン審査の影響を受ける債務整理例については、以下の通り。

  • 債務整理(保管期間は最長5~10年)…任意整理、個人再生、自己破産。
返済履歴

過去の借り入れに対し、期日通りに返済を行っている場合、信用力高めと判断されやすいといえます。

④カードローンの審査が不安な人は希望融資額にも要注意

カードローン審査では、希望融資額についても総量規制範囲内かどうかのチェックが行われます。

法的に総量規制をベースとしている借り入れ例としては、以下が挙げられます。

  • 消費者金融や信販会社のカードローン
  • クレジットカードのキャッシング機能

総量規制の対象となっている借り入れですから、希望融資額を含め借入総額が年収の1/3を超える場合、審査通過は難しくなります。

そして、銀行は総量規制の対象ではないものの、過去に金融庁より過剰融資の指摘があったことから、自主規制を敷いています。その規制内容は非公表ですが、金融庁の指摘を含め多重債務者を増やさない措置として総量規制同様の自主規制と考えられます。(参考:金融庁「銀行カードローンの実態調査結果について」)

つまり希望融資額あるいは他社借入総額が年収の1/3を超えている場合、銀行でお金を借りるカードローン審査にも通過は難しいでしょう。

必ず通る誰でも借りれるカードローンはない!審査落ちの理由

「カードローン審査には誰でも必ず通る」、「誰でも借りれるカードローンがある」…そんなことはありません。カードローン審査では落とされることも多々です。

ということで、審査落ちとなる大きな理由を挙げていきましょう。申し込み前に是非ご確認を。

申込情報で虚偽申告あるいは間違いがあった

申込情報は、間違いがないようにしなくてはいけません。また、審査通過を狙うあまり、虚偽申告をしてしまうことは絶対にNGです。カードローンの発行先では、必ず詳しくチェックをしますので、バレることは間違いなしです。

申込情報のちょっとした間違いで審査落ちということも珍しくありませんから要注意。

勤務先での在籍確認が取れなかった

勤務先での在籍確認がうまくいかずに審査落ちとなるのも不思議なことではありません。返済能力を確かめるための大きな要因となる年収は、勤務先がベースとなることですから、在籍確認は必要なわけです。

条件付きにより電話による在籍確認を免除しているところもありますが、ほとんどのところで在籍確認は必須です。

過去にローン商品やクレジットカードで長期延滞をしている

過去にローン商品やクレジットカードを利用し、3ヶ月以上もの長期延滞をした場合、信用情報機関に登録されることに。

既にその経験がある人は、新規でカードローンの申し込みをしても審査通過は難しいと考えましょう。

自身が長期延滞をしたのかどうか不安に感じる人は、情報開示の請求をすることもおすすめです。

携帯電話本体料金での長期延滞

携帯電話の本体料金が割賦払いの場合、支払期限には要注意。こちらも長期延滞となれば、信用情報機関へ登録されることになります。延滞の対象期間は、3ヶ月以上となっています。

延滞に心当たりがある人は、要注意。

カードローン審査が不安な人は申し込みブラックの傾向

カードローンの審査が不安なあまり、とにかくどこかで審査通過となればいいと、短期間に複数の申し込みをする人も多々。このような申し込みブラック状態も、信用情報機関に登録されるため注意が必要です。

申し込みブラックの人は、「多重債務者」へのリスクを疑われることに。

カードローン審査が不安な理由に債務整理の経験

自己破産といった債務整理を過去に行っている場合、信用情報機関にて5~10年の間、その情報が登録されることになります。そして、その情報が削除となるまで、新規ローンは審査通過とならないと考えましょう。

また情報削除となった後にも、信用実績を新たに積み重ねていく必要があります。そのため、半年以上はカードローン審査に通過しないと心しておきましょう。

カードローン審査が通らない驚きの理由とは?

カードローン審査が通らない驚きの理由もあることをご存知でしょうか。

こちらでは、上記のような一般的理由以外にも考えられる理由を挙げてみましょう。

カードローン審査落ち!信用情報に利用履歴がないため?

  • 自身の信用情報に自信あり、情報開示請求でも問題は全くなし、個人情報なども問題がないのに落ちた!

このようなケースも少なくはありません。この場合では、それまでにローンやクレジットカードの利用履歴がないことで、かえって信用情報の登録なしとも考えられます。

借金や延滞などをしたくないという現金主義をベースにしている人は、カードローン審査の通過も難しくないと感じるものでしょう。ですがカードローン発行先にすれば、新卒でもないのに信用情報が全くないことで、必ず返済する人かどうかの判断がしづらいもの。

また、かなり以前に債務整理といった事故情報の保管期間が終了し、削除されているとも考えられます。そのため、カードローンを発行する金融機関・業者は、「もしかしたら金融事故情報があったかも」と疑いの目を向けてしまうのです。

カードローン審査通らない理由に未利用のカードローン枠

こちらも信用情報に自信ありの場合ですが、意外と過去に契約したカードローンが残っていることも考えられます。延滞なく完済、解約しないまま年月が過ぎ、実家から出て暮らし始めたことから、当時の郵便物を受け取っていなかった。その間に、きっちりと完済していたカードローンの利用限度額はかなり上がってしまっていた、という結果に。

過去のカードローンが未解約で高額な利用限度額が残っていることから、将来一気に利用するかもしれないと判断されるわけです。

特に近年、安心安全で利便性が高い最短即日融資の大手消費者金融カードローンが人気で、利用者も増えています。

大手消費者金融は、カードローンのおすすめどころともいえるでしょう。

また大手消費者金融であれば無利息期間などサービスを充実させているところもあり、複数の契約をしている人も珍しくありません。

もちろん、カードローンは生活費不足などの少額融資に、特におすすめの借入方法といえます。

ですが、大手消費者金融など全国各地の提携ATMで借り入れができるという便利さで、多重債務者が増えていることも事実。

クレジットカードのキャッシング枠も同様に考えられます。

利用していないカードローンやクレジットカードなどがあれば、解約しておくことをおすすめします。

「銀行カードローン審査甘い」は嘘!消費者金融の借入に注意

カードローンでは、消費者金融より低金利な銀行カードローンも人気です。基本的に最短即日融資ではないものの、近年ネット銀行も増えていることから、利便性の高さも優秀です。

表向きは総量規制の対象外である銀行カードローンなら、審査が甘めでは…と考える人もいるかもしれません。ですが、銀行は自主規制をベースに、厳しい審査を行っています。

特に、消費者金融で過去に借り入れをしている上完済していない、長期延滞をしたことがあるという場合は、審査通過が困難。

銀行の中には、消費者金融からの借り入れが過去にあったということ自体NGとしているところもあります。上記にも挙げましたが、消費者金融の借り入れを一括返済していても、カードローン枠が残っている場合も要注意。

カードローン本審査落ちた後から再申し込みまでの対策

「カードローンの本審査で落ちてしまったけれど、再申し込みしたい」という前に、まずは以下に挙げる対策のご検討を。

カードローン審査が通りやすい希望融資額・借入限度額にする

希望の借入限度額は、総量規制のことも考え、必要以上の高額にしないことがおすすめ。特に初めての利用者には、10万円借りるほどの希望融資額にすることが無難でしょう。(関連:初めてお金を借りる方法【借りたい男女が安心・安全なところ・場所を解説】)

そして将来的な増額や他ローン商品などの申し込みを考え、期日通りの返済を行い、ポジティヴな返済履歴の記録を目指しましょう。

カードローンの審査が不安な人はまず属性を良好に!

カードローン審査では、個人情報である「属性」も重視されています。カードローン発行先によりスコアリング方法は違ってきますが、上記で挙げている個人・勤務先情報の項目などがキーとなります。

属性情報について不安を感じる人は、カードローンを申し込む前に、良好な属性情報を確立させておきましょう。以下にいくつかの例を挙げておきます。

  • 賃貸住宅なら家賃が低めのところに引っ越すなど、生活の固定費を下げる。(関連:生活費が足りないならどうする?)
  • 昇給などで年収アップ。
  • 勤続年数をアップ。
  • 一部上場企業への転職(半年以上の勤続期間が必要)。
  • 契約社員やフリーターなどであれば、雇用形態を正社員にする。

他社借入で審査通らない!借りれるようにまずは返済を!

他社借入がある人は、できる限り返済をしてから再申し込みを。特に複数の他社借入がある場合は、新たにカードローンを申し込むことで総量規制の範囲外となる可能性があります。そうなればまたしても審査通過にはならず、申し込みブラックとなるため要注意。

以下の記事では他社借入を減らす方法などについてもご紹介していますので、是非ご覧下さい。

申込情報での虚偽申告に要注意!

カードローンの審査に不安がある人は、申込情報で入力もれなどに注意しましょう。

カードローンの発行先では、申込者の返済能力を判断するため、申込情報をチェックしています。ですが申込情報で入力漏れや間違いがあれば、返済能力は正しく判断されることなく、審査落ちに繋がることも。

誤字脱字はもちろんのこと、勤務先や他社借入件数など、必ず正しい情報を入力しましょう。

また、明らかに悪質な虚偽申告と認められた場合、詐欺罪などに問われるケースも珍しくはありませんから要注意です。

審査に必要な書類は必ず最新のものを揃える

カードローンの申し込みでは、本人確認書類に加え、収入証明書類などが必要となる場合もあります。必要書類については以下の記事でも詳しくご紹介していますので、そちらもご確認下さい。

書類については、有効期限内のものを提出する必要があります。申し込む予定の金融機関・業者の公式サイトなどで、事前によく確認をしておきましょう。

また、希望融資額によって追加書類が必要ということにも要注意です。

在籍確認をスムーズに済ませられる対策を講じる

カードローン審査では、原則として審査担当者が勤務先へ電話連絡をいれる在籍確認も行われます。カードローン審査を不安に感じる人の中には、この在籍確認もその要因になっていることでしょう。

在籍確認の電話には、本人の応対が必須とされていません。同僚などの応対で「今は席を外しています」となれば、在籍が確認されたことになるわけです。

在籍確認をスムーズに済ませるためには、以下のような対策を講じておくことをおすすめします。

  • 勤務先の人に「自身宛ての電話には退席中と伝えてほしい」と頼んでおく。
  • カードローン発行先の審査担当者に、自身が電話に出られる時間帯を伝えておく。

また、条件を満たすことで在籍確認をなしにしているカードローン会社もあります。

カードローンの審査で在籍確認に不安を感じる人は、条件付きで在籍確認をなしにしている発行先で申し込むのもいいでしょう。

カードローン審査が不安な人に参考事例~審査落ちの体験談

では最後に、カードローンの審査が不安な人に、実際に審査落ちとなってしまった人の体験談をご紹介しましょう。今後の参考としてチェックしてみて下さい。

カードローンで審査落ちとなった理由は収支バランスかも?

  • Aさん…派遣社員として勤続3ヶ月、4人家族で年収200万円、住宅ローンなど他社借入2件で合計55万円あり。

Aさんの場合、家族構成や年収、他社借入といった収支のアンバランスさで、返済能力なしと判断された可能性が高いでしょう。月々の支出状況を把握することが大切です。

アコムで審査落ちした理由は総量規制?

  • Bさん…正社員で年収は300万~400万円未満、他社借入で300万円あり。

明らかに総量規制を超えている上での申し込みであり、この状況ではどの金融機関・業者のカードローンでも審査落ちとなります。まずは現在の借り入れを完済することがおすすめです。

審査落ちの原因は金融事故情報?

  • Cさん…正社員で年収は400万~500万円未満、現在は完済しているものの、過去に2ヶ月以上の延滞あり。

個人情報にて返済遅延の記録がされている可能性ありです。完済後であれその記録がある限り、審査通過は困難といえます。カードローン審査で不安な人は、申し込み前に情報開示請求も検討しましょう。

・TOP ランキングへ戻る >>今すぐお金借りる方法!即日必要で借りたいなら『お金借りる今すぐナビ』
―――――――
【最新版】ランキング
【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ
―――――――
今月の注目枠
🔰三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

↑融資まで最短翌営業日↑
―――――――
【下記ランキングについて】
WEBで完結&最短1時間在籍確認なし郵送物なし!
【審査通過の簡単な3つコツ】①借入上限額を高くし過ぎない②年収を偽らない③情報の入力ミスに注意

―――――――

1位 プロミス

三井住友銀行グループ

審査⇒借入まで最短30分即日借りれる!瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。電話・在籍確認なし!初回30日間利息なし!(土日祝も当日借り入れ可能)

※在籍確認(電話)の要望がある場合は、申込完了後すぐに相談をお願いします。

2位 アイフル
郵送物なし・在籍確認なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。(平日~土日祝でも当日可能)

3位 SMBCモビット
インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短60分で借りれる!(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

絞り込み検索で借入先を選ぶ【開く】

お金を借りるのは初めて?





職業は?







必要な借入れ額は?







借入条件は?











審査時間で選ぶ





審査から融資までの時間





金利は安い方がいい?





金融機関








関連ページ