基礎知識

他社借入は隠してもばれる?カードローンで申告が必要な他社借入とは

他社借入

金融会社の審査に落ちたのは他社で借入をしていることが影響したのではないか。

そうだとしたらどれぐらい他社で借入をしていたら審査が厳しくなるのかを知りたいですよね。もし何社ぐらいまで大丈夫かを先にわかっていれば審査の前に準備できた可能性もあるのに。

そんな人のための他社借入について説明しています。

 

この記事でわかること
  1. 他社借入の件数上限(大手と中小の違い)
  2. 他社借入件数と総量規制は違う
  3. 総量規制抵触なら他社借入件数の整理で解決不可能
  4. 借入件数に含まれるローンの種類
  5. 審査前にしておきたい理想の準備

 

審査前にしておきたい他社借入の整理

他社借入

他社借入が審査に影響しているとお考えの皆さんにとっておきの情報です。

毎月の支払いに困っている人にとっては難易度は高いかもしれませんが新たにカードローンの審査を受ける前にここで紹介するポイントおさえて準備しておけばきっと道がひらけます。

 

  1. 大手の審査は他社借入2件が目安
  2. 中小の審査なら他社借入件数よりも今の返済能力を優先
  3. クレカのキャッシング枠を0円にする
  4. おまとめローンは銀行カードローンで金利節約

消費者金融と銀行は総量規制などの部分で審査の基準が若干異なります。他社借入件数が3件以上ある場合は銀行のおまとめローンなどを使えば借入件数を減らすことが可能です。

その他にはクレジットカードもキャッシング枠が借入にカウントされるので0円にしておくことも審査通過のためのコツです。

そしてなにより他社借入が心配な人はおまとめローンができないかを検討してみましょう。

他社借入は件数と金額が重要

他社借入件数

他社借入が問題になるのは審査のときに返済能力への信用度が低いとみなされたことが原因です。

金融会社は過去の膨大なデータを元に返済が滞りそうな人を事前に把握してリスクを最小限に抑えるための審査を行います。

それを判断する材料は大きく分けて次の3つです。

 

  1. 収入
  2. 他社借入件数
  3. 借入総額

お金を借りるときには収入と借入のバランスで返済能力が確かなものかを確認することが必要です。

借入希望者本人は切迫している状況なので無理な状況でも融資を求めることが多いことから金融会社が法律に基づいた自社基準を作り厳しく審査することによって返済に無理のない範囲での貸付が行われるようになっています。

もし返済が滞る可能性がある借入希望者に融資して返済できなくなれば金融会社は貸し倒れの被害を受けるだけでなく無理な融資を行ったとして法律違反に問われるかもしれません。

したがって金融会社の審査は自社を守るだけでなく借金を希望する人を守るための抑止力とも言えます。

審査段階で自社に対する融資希望額以外に他社借入件数と借入総額が多いことがわかれば借金を借金で賄っていたり借金ありきでで生活しているとみなされて返済能力への信用度が下がり厳しい結果になります。

他社借入は2件までに抑える

他社借入

カードローンの審査を申し込む前に借入件数はできる限り整理しておいた方が良いでしょう。

例えば大手消費者金融に対して「借入件数が6件以上あると審査通過は厳しいようだ」という評判がたくさん出ています。

大手消費者金融の審査で好まれるのは「信用情報がクリーンな人」と言われていることから審査の前にできる限り準備をしておくことが必要です。

審査基準の詳細は各社ともに公表していませんが大手の他社借入件数の目安は2件以内と言われています。

 

借入に関する禁止事項

お金借りる今すぐナビ子
お金借りる今すぐナビ子
絶対にしてはいけないのが他社借入を隠すことや虚偽申告をすることです。

もし借入希望者が他社借入を隠して審査を受けたら件数が多いことに加えて虚偽申告で更に信用度を落としてしまいます。

金融各社は加盟組織を通じて信用情報に関する情報共有を行っているので不正等があれば他社での借入も永久的にできなくなると考えていいでしょう。

返済途中の他社借入は隠してもすぐにばれます

 

借入件数の限界値とは

他社借入件数はカードローン各社ともに独自で審査基準を設けています。

カードローンを申し込む人は経済的に厳しい状態であることが多く申込み段階で他社でも借りている人や借入経験がある人が多いのではないでしょうか。

大手はお金を貸すときにリスクが小さい人を選びますので借入件数の上限が少なく設定しているはずです。

公表はされていないものの大手消費者金融の審査の目安としては2件以内といった口コミが多いことから他社借入が3件以上ある人は審査に落ちやすいと考えていいのかもしれません。

対策としては新たに審査を受ける前におまとめローンなどに借り換えて借入件数を減らしておくことが大切です。

借入総額を年収の1/3以内に抑える(総量規制)

他社借入は件数以上に総量規制の法律に基づく融資制限が大きく関係しています。

お金借りる今すぐナビ子
お金借りる今すぐナビ子
総量規制は借入総額(他社借入を含む)は年収の1/3を超えることができないという法律です。

この法律を破って融資をすれば金融会社が法律違反として罰せられることになるので審査段階で借入希望者の個人信用情報を入念にチェックしています。

大手の場合はこのチェックを自動的に行うことができるので審査は短時間で終わりますが機械的なので基準に少しでも満たなければ審査に落ちる可能性が高い審査となります。

その結果として大手消費者金融の審査通過率は約45%と言われています。

 

総量規制をクリアするために他社借入を整理する

他社借入

借入件数や借入総額が多い人が他社で新たに借入を行うことはかなり難しいと言えます。

お金を借りることができない原因が総量規制なら解決方法は年収を増やすか借金を減らすの2択しかありませんが他社借入の数と総量規制の関係で重要なポイントは次の3つです。

 

  1. 借入件数を減らすと審査に通りやすい
  2. 銀行カードローンなら総量規制対象外
  3. 総量規制が原因なら中小消費者金融でも借りれない

もしここで収入を増やすことを選択した場合は副業または転職で収入を増やした状態で3ヶ月程度維持するなどの方法が考えられます。時間がかかるだけでなく体力面にも負担が大きくなりますがこの方法なら年収を増やす目的を達成するよりも先に増えた収入で少しでも借入総額を減らすことができるのではないでしょうか。

お金借りる今すぐナビ子
お金借りる今すぐナビ子
おまとめローンに借り換えたい場合にも審査が必要となりますので収入を増やし借金総額を減らしておくことができれば審査でも有利になる可能性があります。

借入件数を減らすと審査に通りやすい

借入件数が多ければ審査に通りにくくなってしまいますので借入残高が少ないローンから優先的に完済状態にしていくことが一つの解決方法となります。

住宅ローンの審査などでは毎月の支払いで少しでも家計の負担になりそうなものがあれば先に完済できないかを確認されるのではないでしょうか。例えばマイカーローンなどが該当します。総量規制とは関係ない住宅ローンの場合は毎月単位の支払い能力を確認するための基準を設けていますので収入と新たに組むローンによる支出のバランスが保てなければ先に他のローンを完済することが求められます。

カードローンも各社ともに事前に相談すれば「残額が少ないローンは先に完済してほしい」などのアドバイスを行っています。

そうすることで貸し倒れリスクを減らしていけるので当然と言えば当然です。

ですがカードローンの場合はお金がない状態で申し込むことが多いので借入希望者もわかっていてもできないというのが実情ではないでしょうか。そもそも今回のカードローン申し込みが他社借入を完済するためのものかもしれません。

銀行カードローンなら総量規制対象外

総量規制が原因で今回の審査が通らないという場合は銀行カードローンなら僅かに審査通過の可能性が残っています。

銀行は総量規制の対象外となっています。

お金借りる今すぐナビ子
お金借りる今すぐナビ子
しかし今は自主規制という方法で審査を厳しくして返済に無理がある融資を自粛するようになっています。

銀行も総量規制対象外ということで少し前までは銀行カードローンを積極的に売り出していましたが結果として消費者金融などで借金を抱えている人が銀行カードローン契約を結び支払不能に陥るケースが急増したことが原因です。

他社借入が問題で審査に通らない人が銀行カードローンを使いたい場合はやはり借入件数と借入総額ともに少ない人が有利と言えます。

総量規制が原因なら中小消費者金融でも借りれない

大手消費者金融や銀行カードローンで審査に落ちた人は次に中小消費者金融に審査を申し込むことになりますが中小消費者金融に申し込む場合も絶対審査が通らないパターンというものが存在します。

総量規制に消費者金融会社の規模は関係ありません。

総量規制が原因で審査に通らない人は正規の貸金業者ならどこで審査を受けても結果は同じです。

 

 

借入6件をおまとめローンで解決!他社借入件数を減らす方法

他社借入

おまとめローンは複数の貸金業者からの借入を新たに契約するローン1件にまとめるものです。

他社借入が消費者金融からのものであれば銀行でおまとめローンをするのがおすすめです。複数の消費者金融から年利18.0%で借入をしていた場合は借入総額が100万円未満の場合でも銀行カードローンにまとめたら金利は年率15.0%以下になり利用者にとって大きなメリットです。

 

会社名 分類 借入額50万円 借入額100万円
プロミス 消費者金融 17.8%以下 15.0%以下
SMBCモビット 消費者金融 18.0%以下 15.0%以下
三井住友銀行カードローン 銀行 14.5%以下 14.5%以下
みずほ銀行カードローン 銀行 14.0%以下 14.0%以下

 

おまとめローンを使って他社借入を完済する場合は総量規制の対象外となることも大きなポイントです。

 

他社借入6件から借りる方法

他社借入

総量規制の場合はどこで審査を受けても結果は同じですが他社借入の件数が原因の場合は解決方法が残されています。

中小消費者金融は大手よりも他社借入件数の許容範囲が広い。

他社借入総額が膨らみ年収の1/3を超える場合は総量規制対象外の銀行カードローンに望みを賭けて準備するしかありません。

しかし他社借入件数が問題であれば中小消費者金融の社会的役割を考えれば審査が通る可能性は大いに残されています。

 

中小消費者金融の社会的役割が関係している

中小消費者金融を利用する人のほとんどが大手消費者金融や銀行カードローンの審査に落ちた人です。つまり中小消費者金融のターゲットは大手の審査に落ちた人であり大手が取らなかったリスクを少し負うことで利用者を増やしています。

中小消費者金融の場合は大手の機械的な自動審査ではなく個別の人による審査が行われていることが多いので現在の経済状況などをしっかりと踏まえた審査をしてくれることが大きなメリットです。

お金借りる今すぐナビ子
お金借りる今すぐナビ子
つまり他社借入の件数が多くても毎月の返済ができる可能性が高いと判断されれば審査は通ります。

したがって中小消費者金融の審査を受ける時に大切なのは毎月の収支を改善するための努力をしていることが証明できる手段を用意しておくことです。

 

おまとめローンに中小消費者金融は適さない

おまとめローンを使う目的は借入件数を減らすためだけではありません。

なぜなら消費者金融よりも銀行の方が金利が低いので利用者にとって最も大きなメリットが有るのは銀行カードローンへの借り換えです。しかし中小消費者金融で年利20.0%の制限いっぱいで借りている場合やまとめると他社借入を全てまとめると100万円以上になる場合は利息制限法の定めにより金利が15.0%以下になるので大手消費者金融への借り換えのチャンスが生まれます。

借入れ金額
(元本)
上限金利
(年利)
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

 

カードローンの他社お借入状況とは

他社借入

カードローンを申し込む時には「他社のお借入状況」の申告が必ず必要になります。

これは自己申告なので嘘の申告をする人も居ますがそもそも何を自己申告しなければならないのかがわからないということが多いのではないでしょうか。

 

他社借入の基準
他社のお借入状況で申告するのは無担保型のローン

 

他社借入にカウントされる借入

自己申告が必要な代表的なものは次の3つです。

 

  1. フリーローン
  2. カードローン
  3. クレカのキャッシング

これらは無担保に該当するので残高があれば他社借入1件とカウントします。

 

 

他社借入にカウントしない借入

逆に担保があるローンの申告は不要です。しかし申告不要分の借入が多ければ新たなカードローンを利用すると毎月の返済に支障が出る事も考えられます。

 

申告不要の注意点
毎月の返済で破綻しないように自己責任で借入が必要

申告が不要な担保型ローンは次のようなものです。

 

  1. 有担保ローン(住宅ローンや自動車ローン)
  2. クレジットカードのショッピング残高
  3. 奨学金
  4. 個人間融資

注意が必要なのは申告不要であっても金融会社は借入があることを把握できるということです。

これらは申告しなくても借入の存在や履歴事項は全て銀行などの金融機関や消費者金融や信販会社などの金融会社が加盟する信用情報機関を通じて照会される個人の信用情報に全て記載されています。

したがって嘘の申告はもとより間違えた申告でも融資をする会社からの信頼を失う可能性があることに注意しなければなりません。

 

他社借入が気になる場合はおまとめローンを検討しましょう

他社借入

他社借入が不安な場合はとにかく大手消費者金融もしくは銀行カードローンでおまとめローンが利用できないかを検討することがベストです。

むやみに消費者金融の審査を受けるのではなくまずは大手のおまとめローンにまとめることで他社借入件数と総量規制の両方を改善しながら金利を節約できる可能性が生まれます。

大手消費者金融の場合はおまとめローンの相談を受け付けているので当サイトのバナーから詳細ページをご確認下さい。

・TOP ランキングへ戻る >>今すぐお金借りる手段!安全・確実に即日で借りたい人用の方法『お金借りる今すぐナビ』

 

【直近3ヵ月】申込数ランキング

※当社調べ
WEB申込で完結&最短1時間カードレス郵送物なしだから誰にもバレずに借りれます。

瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で金融機関口座への振込も。急いでいる方も安心です。

 

インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。

 

郵送物なしのWEB完結だから誰にも知られずに借り入れができます。簡単3ステップで借り入れができて、審査も最短30分。
関連ページ